モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

新型通勤車は12年ぶりだそうである.4000形が登場してからもうそんなに時が流れてしまったのかと,ちょっと感慨にふけりそうになった.しかし,まずは限られた時間内で,ニュースはもちろんのこと,MODELERS FILEのためにも各部分の写真を撮影しておかねばらない.今週月曜日11月11日午後,小田急電鉄多摩線唐木田の車庫でのことである.
D8A_2018
新宿方から見た小田急電鉄5000形第1編成.川崎重工製である.残念ながらこの日は見ることはできなかったが,列車種別・行先表示装置はフルカラーLEDである.

編成は新宿方からクハ5050(Tc1)+デハ5000(M1)+デハ5100(M2)+サハ5150(T1)+サハ5250(T2)+デハ5200(M3)+デハ5300(M4)+サハ5350(T3)+デハ5400(M5)+クハ5450(Tc2)の5M5T.
 正面は3000形以来の非貫通.ただし形状はがらっと変わって,大きな丸味を与えられた上にスラントノーズに裾あたりで折り返している.これまでの小田急通勤車にはなかったデザインである.地下鉄には乗り入れないので,最大幅は限界一杯の2,900mmで裾を絞っている.これは8000形以来の寸法となる.
 窓下のストライプは,これまでのインペリアルブルーに加え,明るいアズールブルーを加えてイメージチェンジをはかっている.
 側面に回って気がつくのが側扉周辺.日本車両のブロック構造ステンレス鋼製構体に特有の外観である.実際,日本車両総合車両製作所川崎重工の3社により共同で設計され,川崎重工からはレーザー熔接が,総合車両製作所からは構体隅柱のオフセット衝突対策が採り入れられているとのこと.
DSCN9381
電動台車は日本車両のNS-102.GSEこと70000形で採用された日本車両の新技術による台車である.付随台車はNS-102T,先頭台車はNS-102TAである.

日本車両の新技術というのは,2017年12月7日のここで“第5回鉄道技術展で見てきたことl”と題して記したブログでご紹介した“側梁は一体成型・ハットプレス構造,横梁は上下分割・モナカプレス構造”という台車である.熔接箇所を減らし,剛性を高めたのが大きな特徴である.3社からのプレゼンテーションを受け,日本車両製のこの台車を,5000形の統一台車として採用することにしたのだそうだ.

主制御装置は三菱電機製のSiC適用2レベルVVVFインバータ1C4M方式で,すべての電動車の海側に取り付けている.補助電源装置はデハ5100とデハ5300の山側にIGBT素子のSIVを取り付け.電動空気圧縮機はデハ5000,デハ5200,デハ5400の山側にクノール製のオイルフリーレシプロ式を取り付けている…外観が変わっているので,内部にも変化があるのかもしれない…….

さて室内.広幅車体のメリットを活かし開放感溢れるデザインを採用している.その手段のひとつとして荷物棚や腰掛の袖仕切りに強化ガラスを多用し,室内燈は川崎重工製の薄型の埋め込みタイプLEDを使って,より広い空間を演出している.ちなみにこのLED,全車に設けられている優先席部分は電球色として他の部分と区分している.
D8A_1862
明るい壁面や天井と木目調の行け面とのコントラストが印象的な客室.オレンジの腰掛け表地も,これまでの小田急通勤車にはなかった,画期的な色遣いである.1輛当たり防犯カメラを4台と空気清浄機を8台ずつ取り付けているのも,小田急通勤車では初めてのこと.
DSCN9342
強化ガラス製の袖仕切り.扉付近に立っている乗客の背中や髪の毛などが腰掛けている乗客と接触してトラブルとなるのを防ぐために仕切を高くするのが近年の傾向だが,これまでの不透明の材質では客室が暗くなってしまうため,ガラス板を使って明るさを確保しているわけである.

運転室は左手操作式マスコン・ブレーキハンドルをメインとし,その前にモニターを3台取り付けている.正面のモニターにはブレーキ管とブレーキシリンダー圧力計,速度計などを,右手のモニターには編成の状態などを表示する.
 車輛の状態などは,70000形までのTIOSに対してN-TIOSと名付けられた,JR東日本ではINTEROSと呼ばれる車輛情報管理装置の機能の一部である.ちなみにTIOSはTIMS相当の情報管理装置である.
D8A_1887
運転席とその周辺.運転席前のモニターは3面.左手壁面のメーターは電圧計.日除けは巻き上げ式ロールカーテンである.

今年度はこの第1編成のみで,来年度には5編成が追加されることになっている.製造所は第1,2,5,6編成が川崎重工,第3,4編成が総合車両製作所である.日本車両製は再来年度以降に登場の可能性がある.
 注目の営業運転開始時期だが,来年3月の予定と発表されている.複々線を駆けめぐる姿を早く見たいものである.

※2019.11.15:N-TIOS関連一部修正

////隠す用
自社広報

本当に久し振りの,地元の話題である.どのぐらい久し振りかといえば,5月23日付の“久し振りの地元西武池袋線観察”以来のようである.江古田駅が登場するのは.

ということで最初は江古田駅にピアノがやってきたお話.
 これは西武鉄道日本大学藝術学部武蔵大学武蔵野音楽大学と手を組んで展開している“江古田キャンパスプロジェクト”の一環として,駅構内に置かれたピアノを,通りがかった人が自由に演奏できるという企画である.
 始まったのは10月19日の昼前のこと.なにしろ事務所の地元駅だから,お披露目イベントには是非駆けたいと思ったけれど,小田急電鉄GSEこと70000形のブルーリボン賞授与式の取材が入っていて,叶わなかった.そこでおくればせながらこのブログでご紹介する次第.
 演奏できるのは毎日11時ごろから15時頃まで.入場券あるいは江古田駅まで有効の乗車券を持っている人なら,どなたでも,どうぞ!とのことである.
 しかし,だということは,僕が事務所へ出掛ける時や帰宅する時には弾くことも,弾いている人を見ることもできない,と,休み明けの21日に気づいたのだった(プレスリリースにはもちろん,ちゃんと記されている).そこで23日の昼間,用事にかこつけてちょっと改札の内側を覗いてみたら……
DSCN8577
男の人が妙なる調べを奏でていた.横ではお友だちかそれとも通りすがりの人か,ご婦人が聞き入っておられた.
DSCN8574
駅のコンコースや改札外の階段には,音符やキャッチフレーズが大きくラッピング(というのだろうか)されていて,なんだか一気に華やかになっている.

この催しは来年春まで続く予定である.ぜひともチャンスを作って江古田駅でピアノを演奏していただければと思う.

2番目は練馬駅のホームドアが一部完成したこと.
 つい先日,11月5日の始発から,練馬駅1番ホームでホームドアが使用開始となったのである.僕の周囲の西武鉄道では,これまで池袋駅でホームドアが稼働していただけで,この練馬駅が2番目ということになる.
DSCN9294
5日の夕刻の情景.設置されたホームドアは,池袋駅のものと同じタイプに見える.ドア幅は約3mぐらいありそう.これなら少しぐらい停車位置がずれても問題はおきないだろう.
DSCN9300
これは翌朝の3番ホームからの眺め.2番ホームのホームドアもほぼ完成状態にある.まもなく使いはじめることになるのだろう.

具体的には,2番ホームと3番ホームが12月ごろ,4番ホームが来年2月ごろに完成して使いはじめるとのことである.
 他の駅で計画されているのは,来年度中の完成が西武新宿と高田馬場と所沢,そして国分寺の4駅.令和3年度以降に整備を検討する駅は石神井公園,中村橋,富士見台,練馬高野台,新桜台の5駅だそうである.

暦は少し戻って10月24日の朝,鉄道総研R291系の撮影取材に向かう途上,少し時間があったものだから,練馬高野台の駅で“なにか来ないかなぁ”と待っていたら現われたのが東急電鉄の5118編成だった.
 昨年の秋に西武線内で踏切事故に遭遇し,該当のサハ5518が総合車両製作所に送り込まれていたものである.甲種輸送でこの8月に長津田へ戻り,9月半ばからめでたく営業運転に復帰したのだった.以来,なんどか見かけることはあったのだが撮影できる状態ではなく,ようやくちゃんと見ることができた次第.
C8A_9983
練馬高野台駅に到着する東急電鉄5000系5118編成.元町・中華街方先頭車だから車号は5818である.
C8A_9990
5号車サハ5518.足廻りも車体も屋根も,編成中の他の車輛と違和感がない状態である.床下機器は取り替えられているだろうし,乗車できたラッキーな友人からは,床が新しくなっていたとの話しを聞かされている.今度は乗ってみなくては,である.

早起きするといいことがあるもんだと,数え切れないほど再認識してきたことを,またこの日も思ったことである.

※2019.11.08:一部語句修正

////隠す用
自社広報

191102_nanko_hachijyoguchi

長年、京都のファンに愛された八条口模型が2019年11月4日に閉店します。
今までありがとうございました。

ただ今セール中だそうですので、3日、4日お時間のある方はぜひ足をお運びください。

-----------------------------------------

◆八条口模型
〒601-8413
京都市南区西九条春日町 春日ビル1F
TEL.075-681-8532 FAX.075-681-8808

【営業時間】午前11時~午後7時

-----------------------------------------

店主のご尊顔は本人の希望により非掲載とさせていただきます。
(撮影 2019.11.2 なんこう)
////隠す用
自社広報

先週のここで紹介した鉄道総研の燃料電池ハイブリッド電車R291系のあとも,新型車の公開や試乗会が続いている.
 翌日には首都圏新都市鉄道…いわゆるつくばエクスプレスの最新型交直流電車TX-3000系が守谷の総合基地で発表された.週明けの28日には,JR東日本の新観光車輛“海里”が,鉄道趣味月刊誌向けに撮影のチャンスを設けてくださった.昨日30日には,JR東海の東海道新幹線N700Sの報道関係者向け試乗会が東京と豊橋の間で催された.
 11月には小田急電鉄の新通勤車5000形…いままさに,神戸の川崎重工https://www.khi.co.jp/から松田へ向けて甲種輸送の途上にある.その情報は残念ながら11月号には間に合わなかったのだが,有料会員制のウェブ版“月刊とれいん 甲種・特大情報”に掲載している…,既にくぬぎ山の基地に搬入されている新京成電鉄80000形,そしてJR東日本の次世代特急“踊り子”ことE261系の出場も間近…これも上記ウェブ版“月刊とれいん 甲種・特大情報”に情報を掲載している…という具合.まさに目白押し状態.
 これらをどのように採り上げるのがよいか,僕の頭の中は正解のないパズルのように混沌としている.このブログだって,原則として週に1回.木曜日の掲載だから,さてどうしたものやら…日常の話題は,先週にようやく,3ヵ月前に発売のレイルNo.111をご紹介できただけ,という状態である.11月号のMODELERS FILEで採りあげた“きらきらうえつ”の取材余話なども記したいのに.さて…….

いきなり愚痴で始まった今回のブログ,結局のところは,題名でお察しのとおり,三題噺として,それぞれをかい摘まんでご紹介することに,した,次第.

最初は,つくばエクスプレスのTX-3000系.2005年に同線が開業した時に用意された直流のTX-1000系と交直流のTX-2000系に続く,久し振りの新形式車である.
 システム的には主制御装置はシリコンカーバイド(SiC)適用PWMインバータ素子など,14年の間の進化を採り入れている.
 接客設備も防犯カメラや大型液晶情報表示装置やLED照明を採用している.特筆すべきは,相模鉄道20000系や12000系に続いて“座りやすく立ちやすい”ユニバーサルデザインシートを導入したことが挙げられる.
 そして外観.これまでのTX-1000とTX-2000は,鋭角的な時代の先端を走るようなデザインだったのが,一転して丸味のある形状となった.鋭さはLED前照燈の形状に継承されたといえよう.
D8A_0225
報道公開は大雨の中で敢行された.外観撮影ではちょっと苦労したが,なんとかモノすることができた,つくば方からの編成写真.車号はTX-3681から秋葉原方へTX-3581と続く.列車種別・行先表示装置はコイト電工のセレクトカラーなので,早いシャッターを切っても文字は欠けない.
D8A_0299
ユニバーサルデザインシート.とフリースペース.優先席とフリーペースは全車に設定されている.貫通扉の衝突防止柄は筑波山をモチーフにしている.

今後,12月下旬と1月下旬に2編成ずつが日立製作所から搬入されて今年度の5編成が揃う予定である.そして来年3月には営業運転を開始する予定とのこと.
 なお,11月3日に開催予定の“TXまつり”では来場者に公開されることになっている.

続いてJR東日本の“海里(かいり)”.“きらきらうえつ”にかわる観光車輛で,交直流区間及び非電化区間でも走行可能なディーゼルハイブリッド車としたのが特徴.形式はHB-E300系.4輛編成は変らないが,4号車,新潟方先頭車はグリーン車扱いとして旅行商品扱い用のダイニング車としたのが新しい.3号車は売店とイベントスペース.2等車と1号車は通常のきっぷで乗車可能だが,2等車はコンパートメント,1号車はリクライニングシートとして趣きを変えている.配置は新潟車両センター.既に10月5日から営業運転を開始している.
D8A_0808
秋晴れとなった新潟車両センターでの“海里”.シックな装いのカラーデザインは日本海の自然によく似合うことだろう.近いうちに走行中の写真も撮影したいものである.
D8A_1044
4輛のうちのハイライト的存在である4号車HB-E302-6の客室.山側は2人掛け,海側は4人掛けとなっているが,一部には海向きの座席もしつらえられている.テーブルはガラス製である.

そして昨日の朝,JR東海のN700S系に,東京から豊橋まで乗せていただいた.東海道新幹線の“性能追及タイプ新型車”としては究極の存在となるかもしれない電車だけに,興味津々だったのだが,これまで何度か行なわれた車輛基地での撮影取材は参加が叶わず,ようやく間近に観察することができた次第.とにかく乗り心地は最高,特にグリーン車は文句のつけようがない完璧さである.車椅子を2台積み込むことができるし,ロック可能な大型荷物置場なサービス面でも格段の進歩を遂げている.そんな中で“これは!”と思ったのが,停車駅が近くなると客室荷棚上部の照明がパッと明るくなること.お客さんの目を荷物棚の方に向けさせて忘れ物をなくそうという親切設計なのだそうである.これはなかなかのアイデアである.
D8A_1181
東京駅到着シーン.N700Aに似ているが,センターのエッジが強くなり,前照燈周りの造形が新しくなったことによって,一段と引締まった表情を得ている.
D8A_1277
グリーン車の車内.室内燈は完全な間接照明となり,より和らいだ空間を作り出している.背摺りの中央部分で光が反射しているように見えるのは目の錯覚で,織り柄の色遣いによるものである.

普通車も間接照明となり,電源コンセントは全席の肘掛けに装備,リクライニング機構も座面と背ずりが連動して動くようになった.そして各車妻部の情報表示装置は超大型の液晶になり,遠くからでも内容を読み取ることができるようになった.
 量産車が登場して営業運転に就くのは,2020年夏の予定である.

さて,誌面ではどれをいつ,どのように紹介しようか.楽しい悩みは尽きない.


////隠す用
自社広報

8月29日付のここでお知らせした,鉄道総研の燃料電池ハイブリッド電車R291系.リニューアルを果して性能がアップし,試験は新しい段階へと進むことになったわけだが,走行可能状態への整備が完了したということで,今日の午後に報道公開が催された.

車内はデータ採取中とのことで各部分のクローズアップなどの撮影は叶わなかったけれど,むしろ臨場感溢れる情景を記録することができた.
C8A_0063
クモヤE291の車内.さまざまな計測機器が積み込まれているものの,普通のロングシートが設置されているのが,最大の変化である.

まずは試乗して電気の流れを大画面のモニターで観察する.
DSCN8677
停止状態.左がリチウムイオン電池,右が燃料電池で,矢印で電気の流れを示す.バッテリーは放電と充電の双方向,燃料電池は放電のみである.
DSCN8679
力行中.燃料電池の針はそれほどでもないが,リチウムイオン電池の針は右(放電)方向に振り切れている.
DSCN8686
惰行状態.リチウム電池は主電動機からの回生電力によってフルに充電中.


そして走行風景撮影!スチール写真では,パンタグラフを降ろしたまま走っているということを表現しづらい.流し撮りが唯一の表現方法だといえるだろう.
C8A_0100
手前がクモヤR291,奥がクヤR291.先頭部は見事に(?)写し止めることができたのだけれど,パンタグラフは流れてしまった…….真横で撮るしかないのだろうか.

本来のプログラム終了後,特段のお計らいによって静止状態での撮影タイムを設けていただいた.
C8A_0141
クヤR291が先頭,奥がクモヤR291である.パンタグラフを上げていただこうかとも思ったのだけれど,パンタグラフを上げなくても走ることができる電車ということで,畳んだ状態での撮影となった.
DSCN8712
クヤR291に取り付けられた燃料電池ユニット.
DSCN8726
JR東日本新津車両製作所製のREDT902.オリジナルでは同製作所特有の濃い灰色だったが,リニューアルで塗色が他の床下機器と同じ明るい灰色に変更されている.側扉下部から車輪にのびるパイプは撒水管.さまざまな線路条件を作り出すのが目的である.

燃料電池チョッパ裝置はRG4095A-M.電力変換装置はRG6046A-Mで,いずれも,前回も記した通り,東洋電機製造製である.

さて,パワーアップを果たしたこのR291系電車.具体的な性能はどうなのかといえば,架線からの集電を行なわず,燃料電池からの電力だけで走ることができるのは約80kmだそうである.これは,1kgの水素で4km走ることが可能であり,この電車の水素タンク容量が20kgであることからの数字である.
 今後の課題として挙げられたのは,まず,水素を製造所から車輛基地までの輸送コストの問題だった.水素そのものは高価でないだけに,より重大な課題ということになろう.
 氷点下での起動時に難点があるとされる燃料電池だが,これは起動前に加温するなどの方策を採ることで解決することができるそうだ.

燃料電池ハイブリッド車は現在,JR東日本で研究開発が続けられており,また,自動車ではトヨタ自動車ホンダ,フランスのルノーで一部市販されている.これらうち,JR東日本トヨタ自動車とは情報交換を行なっているそうである.

今後さらに研究開発が進み,新しい動力源として実用化される日が一日でも早く到来するのを,期待しているところである.

↑このページのトップヘ