モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

京浜急行電鉄…最近は京急電鉄と呼ぶそうだが…のデハ230形といえば,昭和一桁のころに誕生し,京浜間から三浦半島を駆けた,電車ファンの記憶に残る名車のひとつ.大阪生まれの僕も,子供のころから大きな窓と浅い屋根という軽快なスタイルのこの電車の存在を認識していて,強く憧れたものである.
 昭和53/1978年の現役引退後は,関水金属本社社屋前のデハ268のほか,数ヵ所で保存された.それらのうちの1輛が,埼玉県川口市の児童文化センターに引き取られたデハ236.大切にされていたものの,同センターの移転に伴って管理者不在状態となり,一時は解体撤去のための予算が計上されるなど,行く末が案じられていたものである.
 事態が急展開を見せたのは昨年のこと.京浜急行電鉄へ里帰りすることになったのである.同社では既に久里浜工場…京急ファインテック久里浜事業所敷地内に,湘南電鉄開業時の姿に復元したデハ248…本来ならデ18となるべきところデ1に改番…を保有しているので,どのような扱いとなるのか…….と思ったら,平成31/2019年秋に新築移転する京浜急行電鉄本社社屋内に展示するのだそうだ.
i7a_9612
創立80周年記念事業のひとつとして,久里浜工場…京急ファインテック久里浜事業所で京浜電鉄デ51とともに大切に保存されている,湘南電鉄デ1形.現車の標記は1だが,実際には元デ18であるデハ248.平成24/2012-3-18


里帰りに向けての実作業は今週月曜日,22日の朝9時から始まった.80トンクレーン2基での吊り上げ,トレーラーへの積み込み作業は極めて順調に進み,2時間弱でほぼ完了した.
Q7A_2829
手際よい作業の模様.背後にチラリと見えるのは,一緒に保存されている9687.大宮機関区に配置されて長らく関東地区の蒸機ファンにおなじみだった機関車である.


保存場所からトレーラーまで距離があって,しかもその間にクレーン車が陣取っているという体制.そのため,車体を吊り上げてから90度向きを変え,元に戻して…という作業に感心していたら,担当の人からは“いえ,そうでもないですよ”と言われて,ちょっと拍子抜け.
DSCN2342
車体吊りという作業のなにが興味深いかといって,モデラーにはとにかく台枠を下から覗くことができる貴重なチャンスということ.連結器の腕がとにかく長いこと,そして首振り角度を確保するために台枠の梁が大きな三角形上に組まれていたことが,今回のさまざまな発見のうちのひとつ.インターバン的鉄道の電車の特徴のひとつであるわけだが.

この日の深夜から翌日にかけて,まずは国道298号線,17号線,笹目通り,環状八号線を経由して,中継地である川崎市内へ.そしてきのう24日午前1時過ぎには,国道357号線,横浜ベイブリッジ,国道16号線を経由して横浜市内の総合車両製作所横浜事業所https://www.j-trec.co.jp/へ無事に到着した.

総合車両製作所では,やはり午前9時に作業を開始し,前々日と同様,あっけないほどに順調な作業の末,めでたくトラバーサーによって建屋の中に収められたのであった.
Q7A_3071
クレーンで車体を吊ってトレーラーを抜く.

Q7A_3103
仮台車に載せられたデハ236.仮台車は1,067mmゲージだった.そして4軸のうちの2軸は松葉スポーク付きという貴重品.
Q7A_3133
そしてめでたく,トラバーサーによって工場建屋の中に収容されたのだった.


新本社落成は平成31/2019年秋の予定だから,その半年ぐらい前には整備が完了すると思われる.時代設定は現役最終期を予定しているという.完成が待ち遠しい!


////隠す用
自社広報

56aa0559
既に“イベント・グッズ情報室”で紹介済みの書籍ですが,周囲から「もっと広めてもいいんじゃないか?」との意見をいただいたので,こちらで詳述することにしました.4月28日から発売されたばかりの“新刊”です.
 北海道の釧路市立博物館では,創立80周年を記念して,この本と同名の企画展を昨年10月から今年の1月まで開催しており,その内容を纏めたもので,いわゆる“図録”なんですが,一般的に想像されるような,例えて言えば映画のパンフのような薄い冊子とは異なり,立派な研究書と言える内容なんですな,これが.何せ136ページというボリューム!
 簡易軌道の本と言えば,弊社刊“簡易軌道見聞録”や,モデルワーゲン刊“簡易軌道写真帖”くらいしか纏まった資料がなく,いずれも絶版となって久しいことから,もうこのカテゴリーの本は出ないのではないかと思っていました.しかし,その後も地元では地道な調査や研究が続けられていたようで,現在まで残された記録や資料をすべて収めた“集大成”と言ってよい内容だと思います.写真や図版も豊富で,地の利があるとは言え,廃止からおおよそ50年後に,これだけのものを集められた努力には頭が下がる想いです.僕自身,久々に「すごい!」と思える本を見つけたという感動がありましたね.いや,大袈裟でなく.
 ゲスト執筆陣もこの道の第一人者である湯口徹さんをはじめ,著名な方々ばかり.それに加えて,簡易軌道に実際に関わった地元の方々の思い出が集められているのは,さすがご当地ならではと言えるでしょう.
 これだけの内容でありながら,価格は何と750円(税込)!何だかあまりに申し訳ない気がして,自腹で2冊買いました(笑)
 通信販売については,定額小為替のみの受付だったり,いろいろと取り決めがありますので,“イベント・グッズ情報室”から釧路市立博物館のリンクに飛んでいただき,そちらで内容をじっくりご確認ください.それにしても,釧路まで行かなくても購入できるのは有難い限り.ナロー好きに限らず,鉄道史に興味のある方や,小型車輛が好きな方など,万人にお薦めしたい本です!今なら自走客車のペーパークラフトも付いてますよ!(笑)

(追記)企画展については巡回展示中で,もうほとんどが終了してしまいましたが,最後の会場である“標茶町図書館”で,6月11日まで開催されています.そこでは5月28日に講演会も行われます.また,来冬にはNHK釧路放送局との共催で続編を実施する予定があるそうです.
////隠す用
自社広報

毎年恒例のニュルンベルク シュピールヴァーレンメッセのプレスコンファレンス…ディアローグ(Dialog).昨年はほぼ突然に5月の開催となったのだが,今年は最初から予定されての同じ5月,16日に“いつもの”六本木ヒルズで挙行された.

今年のメッセでの新製品情報は本誌の4月5月,そして今週末発売の6月号で詳細にお届けしているので,ぜひそちらをご覧いただきたいと思う.ここでは,プレスコンファレンスで披露された,メッセ全体の現状レポートやや今後のことなどをお伝えしようと思う.

今回は,社長であるエルンスト・キック(Ernst Kick)さんはもちろんのこととして,シニア・セールス・マネジャーであるベルリント・ベルネマン(Berlind Bernemann)さんが同行された.司会はシュピールヴァーレンメッセ日本代表部の乾 美帆さん.
DSCN2291
Dialogとは対話とか問答とか会話という意味.英語読みだとダイアログだが,ここはドイツ語.ディアローグと読みたい.会場の六本木ヒルズタワー51階の会議室には大勢の玩具関係マスコミが集まった.
DSCN2297
プレゼンテーション中のキック社長(向かって左)とベルネマンさん(向かって右).ベルネマンさんはケルン出身.“ケルシュ(ビール)がおいしくて……”と水を向けたら“ニュルンベルクでも飲むことができないのよ!”と.

さて肝心の内容だが,まず2017年の実績報告.参加企業は2,800以上が60ヵ国以上から集まった.ドイツ企業でも国際的な関係を持っている会社が75%を占める.来場したバイヤーは約120ヵ国からの73,000人で,前年比3%増加だった.ちなみに来訪したジャーナリストは世界中から1,900人に及んだ.
 しかしシュピールヴァーレンメッセとしてはその規模ではなく充実した密度の高さを誇りたいし,これからも追及してゆきたいとのこと.
 そのための方策としては,例えば特別展示“Tech2play”を設けて,ホール4Aの中の約400平方メートルの面積に展開した.これはエレクトロニクス,ロボット,マルチコプター・ドローン,バーチャルプレイ,3Dプリンティングという5つのカテゴリーに含まれる製品群を,通常の基本ブースとは別にアピールするチャンスが得られる企画であり,好評を博した.もっともこれらの分野は技術的発展が早いので,来年以降に向けてさらに展開方法を改良の予定だという.
SWM2017_as3868
Tech2play特別展示風景.手前がロボット,画面奥がマルチコプター・ドローンのコーナー.PHOTO:Spielwarenmesse eG/Alex Schelbert

ホール4Aといえば,賢明な読者ならばかつてはホールDとよばれ,鉄道模型業界が一堂に会する場所だとご記憶のことだろう.そこにこのようなスペースが設営されるということは…….昨年のこのディアローグレポートでも記したが,鉄道模型業界の参加は,残念なことに減少気味.今年も本誌をご覧になればおわかりのとおりL.S.Modelsが不参加だったし,参加した企業でもスペースを縮小したところが少なくない.ただ,一時期のようなメジャーメーカーの経営低迷…身売りというような傾向は影を潜め,あらたなテーマのもとで堅実な経営を推進している,というのが全般的な傾向のようである.そして小規模ながら熱心な会社の参加も見受けられるから,将来は大げさに悲観する必要はないのかもしれない.

来年以降に向けての説明もあり,会期が水曜日から日曜日までの5日間に短縮されることが発表された.具体的には1月31日から2月4日まで.かつては木曜日から水曜日までの7日間だったのだが,今回で2度目の会期短縮である.より効率的な運営の実現というのがその理由.実際,7日間だった時代にも,日曜日の賑わいのあとは来場者数が目に見えて少なかったような記憶があるから,無理からぬところなのだろう.

どんな会社からどのような新製品がお目見えするのか,今から楽しみな2018年1月31日である.
SWM2017_ch6676

最後にお目に掛けるのは,今年創立130周年を迎えたROCO / FLEISCHMANNの大パノラマレイアウト.テーマはヘレンタールバーン.南西ドイツの黒い森山中を走るドイツでは著名な山岳路線の光景で,ROCOから同線用1E1タンク機85形が発売されるのに因んで製作.このような意気込みを感じることができるのは心強いことである.PHOTO:Christian Hartlmaier / Spielwarenmesse eG

※2017.05.21追記:
会見の席上で,“50会連続出展者の表彰が行なわれたそうだが,その中に日本企業は含まれているか”という質問があった.その答えが昨日届いたのでご案内する.それはタミヤだそうである.
 それを受けてさらに,(日本に限らず)鉄道模型メーカーは含まれているか?と問い合わせているところである,メルクリンは当然だろうが,ほかにどんな社の名前が返ってくるか,楽しみにしているところである.


////隠す用
自社広報

T1706

【今月のオススメ記事】
東武鉄道東上線から地下鉄有楽町線への直通乗り入れ運転用として増備された9000型電車.今では副都心線にも直通して横浜元町中華街へも顔を出しています.全部で8編成というこじんまりした世帯ながらもバラエティ豊かな表情と形態や内容の変化の歴史を持つこの電車を徹底的に解剖してご紹介するのが今月のMODELERS FILEです.
 もうひとつのMODELERS FILEとして採りあげたのは箱根登山鉄道の3100形.一昨年秋に登場した3000形を両運転台にアレンジした電車で,ますますレイアウトでの運転に好適な電車に発展しました.その展開振りをご紹介しています.
 16番の古典蒸気機関車として佐野匡司郎さんが2040形Cタンク機を製作されました.その特徴であるアラン式の複雑な構造を精密に再現した作品を堪能してください.
 小田急1600形電車は地方私鉄への譲渡車にも筆が及びます.実物と模型の両面で紹介する記事がユニークです.
 外国の鉄道は,香港在住のファンによるドイツ鉄道博物館コブレンツ館訪問記と,中国四川省の奥地に生きるナロー蒸機路線芭石鉄道のDテンダー機製作記です.
 一般記事や好評の連載記事,イベントレポートなども充実です.

【目次】
MODELERS FILE---------------------------------------------
  6 MODELERS FILE 東武鉄道 9000型
    東上線の地下鉄乗り入れ車第一世代
      解説・イラスト:山賀 一俊 写真:織川 和也/久留 欣彦/
      矢田 和之/前里 孝/平野 聰/山賀 一俊 協力:東武鉄道
----------------------------------------------------------
 3・24 2040形製作記
    アラン式弁装置のフル可動に挑戦         佐野 匡司郎
  4 Products Data file カトー製 国鉄 C11形(N)
 30 機関車ファンも模型ファンも必見!
    コブレンツDBミュージアム サマーフェスティバル2016レポート
                     文・写真:オーウェン=ポン
 35 小田急ABF車,懐かしのカラー
    実物写真と模型で見る,1600・1900形の歴代塗色
              写真:下藤 直之・箕川 公文/模型:箕 川公文
 36 模型製作資料 小田急1600形という電車 Part2
    登場から改造,地方私鉄への譲渡まで,変遷とバリエーション
        写真:大幡 哲海・小川 好博・下藤 直之・戸井 眞雄・
        西原 功・前里 孝・箕川 公文・山岸 庸次郎
 42 紙成模型塾 第46講 地方私鉄譲渡後の小田急デハ1600形
    三岐鉄道モハ140形・近江鉄道モハ203形    講師:箕川 公文
 46 2017 ニュルンベルクトイメッセ欧州新製品情報 後編
      特別協力:Spielwarenmesse eG Nuernberg/
      シュピールヴァーレンメッセ日本代表部/チムニー/
      日本プリンス/現地各法人・団体 写真協力:チムニー
 58 “懐”に優しいミニ車輛工作
      スクラッチ・ビルドで楽しむOナロー Part2    池田 和夫
 62 芭石鉄道 C2テンダー機を作る
                  谷川祐介/実物写真:横川 和明
 68 MODELERS FILE mini 箱根登山鉄道3100形電車
    2輛固定編成になったアレグラ
             写真・まとめ:前里 孝 協力:箱根登山鉄道
 86 鉄道模型市2017から
---------------------------------------------
 54 エイジングストラクチャー
    情景職人が生み出す“時間・質感・生活感”
    第10回 大型蒸機を待つ詰所
      製作・文:伊藤 肇(匠ジオラマ工芸舎) 撮影:伊藤 肇・八島 弘仲
 66 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S
    第57回 クレオスのエアブラシ
 70 22世紀の汽車絵本 第4回 国鉄D51形
    未来へ伝えたい鉄道をイラストでリマスター
    思い出絵師:鈴木信雄/思い出語り:長谷川 興政
 74 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
    Vo.65 2016年 北米鉄道情報
    インディアナ州ポーター・ジャンクションと
    ニューヨークセントラル鉄道博物館
 78 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 80 線路は続くよいつまでも /信沢 あつし
    第82回 みちのくトロッコ奥の細軌道
    ヤマシゲ仙台味噌 佐藤麹味噌醤油店
 82 サロン・ド・庭園鉄道
    6年掛かりのドイツ24形組立記/加藤圭哉(香川県高松市)
    石川進一さんのレイアウトがリニューアル/佐藤正純(J.C.F.C.)
 88 新車登場
109 輝け!日本の運転会
110 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第71回:TEE(その2)
111 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第37回:日台縦断!鉄道スタンプラリー(その2)
112 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大 運行計画 2017年6月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
139 先月号の訂正
140 いちぶんのいち情報室
144 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
145 Combo Caboose・掲載広告索引

2017年5月20日(土)発売  定価:本体1,435円+税

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

カメラマンの松本正敏です。
今年の桜はなかなか自分のスケジュールと天気や開花のタイミングが悪く、あまり撮影には出かけられませんでした。
もともと期間短い桜のシーズン。まぁ毎年そんなには回れるわけではありませんが、前回のブログの東武沿線の数時間の他は山梨方面に出かけたぐらいでなんとも少ない2017年でした。

が、桜前線が北海道に達したころ、東北にいる知人から桜が満開との知らせが・・・。
もう葉桜だと思っていた釜石線沿線は一部がまだ満開?急遽1.5泊2日で4/29から今年も走り始めたSL銀河と絡めて撮影してきましたのでご覧ください。

D4O_9884n
有名なアーチ橋近くにも桜は咲いていましたが、枝振りの良いこちらの「染井吉野」に落ち着きました。
青空に広がる桜の下を行く。

D4O_0133n
ちらり見えるのは「八重桜」でしょう。新緑と桜が楽しめるのが凄い。列車はキハ112他「快速はまゆり」

5HA_8316n
「八重桜」の横を峠に挑み行く[SL銀河]

D3K_5064 an
「枝垂桜」も満開でした。

D4O_0272n
帰路につく前に土沢駅近くにて休憩した後、車を走らせると夕日がいい感じだった。水田には田植えの準備で水をはり始めていました。

今年もスタートしたSL銀河号。
桜のシーズンが去ってから?と思いましたが、まるでSLが走るまで桜が散るのを待っていたかの様でした。東北地方の地域活性化、復興支援にいつまでも続いてほしいものです。

JR東日本 のってたのしい列車ポータル https://www.jreast.co.jp/railway/joyful/galaxysl.html



さて、次は新緑をもとめて?何処へ・・・    おしまい。





↑このページのトップヘ