モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

12月初旬にはE235系の第47編成が営業運転を開始し,中旬には第48編成の営業投入で,残り2編成となっていたE231系500番代だが,正月休み明けには第49編成も営業運転をスタートした.
 ということは,E231系500番代は残り1本となったわけで,さてそれは505編成なのか506編成なのか…….

僕が最初にE235系の第49編成を見たのは1月9日.外回り途上の昼休み時間に,原宿駅工事の進捗状況を観察しに行った時のことだった.
DSCN0251
駅の南の水無橋から渋谷方を観察……相鉄電車の“新宿行き”が切り替わってしまうタイミングを見ようと……してたら,ピカピカのE235系がやってきた.駅に到着する寸前の編成後尾を捉まえたのが,この写真.

続いて1月12日の夕方,今度は新宿へ買物に出掛けた折に,E231系を内回りで見かけたので,次に戻ってくるタイミングを代々木駅で待ち受けていたら…….
DSCN0273
練習運転!と思って写したら,それが第49編成だった.

この日のお目当てのE231系500番代は,間にE235啓を1本挟んで,“ほぼ続行”でやってきた.正面窓下にはなにやら丸いものが…….
DSCN0293
“ありがとう E231-500代”と記されたヘッドマークだった.編成番号は506である.元日に池袋駅で出会った編成である.
DSCN0296
何人かの同好の士とともに停車中をスナップ.あれ,デザインが違っている.こちらは“ありがとうE231
系”とともに,デビュー年の2002と引退の2020,そして当初の配置区である山手電車区と現在の東京総合車両センターの名前が記されていた.

101系以来,山手線の電車は世代交代のサイクルがはやい.僕が東京に住むようになってから以降でも,103系非冷房,103系冷房,103系ATC高運転台,205系と4回も交替している.ほぼ10年間隔ということになろうか.

そしてきのうの午後,今度は秋葉原へ出かける用事があって,池袋駅の外回りホームへ上がってみたら,いきなり目の前にサハE235-49という車号が見えた.しかも床下には他のサハニはない,けれど少し見慣れた機器箱が.
DSCN0360


そういえば……651系などへの取り付けは,目撃していたりはするものの,撮影記録はまだできていない.“続編”として追い掛けてみようかと,ふと思ったことである.けれど,目先のことで仕上げなくちゃならない項目が山積みになっているのも,また事実ではある.

もうひとつ“ふと思った”のは,このまま外回り電車に乗れば,ちょうど秋葉原あたりで再会できそうだということ.
 そいうことで,買物はちょっと後回しにして,撮影しやすい御徒町駅外回りホーム南端でしばし待っていると,ちゃんと現われてくれた.
DSCN0367
ようやく編成を前から撮影することができたというわけである.ホーム先端には同好の士が?と思ったのだけれど,撮影している様子は,あまりない.あれ?

あれ?と思いながらも秋葉原へ向かったのだけれど,“もしかして?”と思ったのが,E231系506編成のこと.
 そこで秋葉原駅で,また少し待ってみたら,1月中旬とはいえまだまだ早い日没の間際,シールドビームの輝きが近づいてきた.白熱球からシールドビームになった時(いつの話しだ?)には,“なんと色気のない眩しさだ”と思ったものだけれど,LED全盛の現代においては,そんなシールドビームの明かりにも暖かさを感じてしまうのだから,人間の感覚は,厳しさととも曖昧な部分も多いものだと,改めて思ってしまったことである.
DSCN0377
ということで,この日のE231系である.なんだか内回り電車でばかり,しかもE235系第49編成を露払いよろしく先行させての運転に遭遇するが,それはきっと,偶然のことなのだろう.

なお,友人からの知らせによれば,大崎駅に,“山手線卒業記念ミニイベント”を1月18日…今度の土曜日だ!…の12時半から14時半まで開催するとの告知ポスターが貼られているとのこと.会場は同駅の4番線ホームだというから,大混雑になりそうである.
 行ってみたいような気もするが,山手線最後のE231系500番代営業運転は,前日の17日まで?それとも? 僕にはそちらが大いに気になっているところである.
 E231系500番代そのものは,そのすべてが転用改造されているから,僕の馴染みの場所では例えば代々木,例えば中野や秋葉原で,これからも会うことはできるのだけれど.だから,大崎駅でのイベントも“山手線卒業”と銘打たれているのだろう.この表現を発案した人に敬意を表する次第である.


////隠す用
自社広報

T2002

【今月のオススメ記事】
新京成電鉄に久々の新型車80000形が登場しました.京成電鉄3100形の姉妹車として共同開発された電車で,車体の基本寸法や前頭部のデザインなどは同じですが,車体のカラーデザインに始まり,客室の見付や色遣い,主制御装置の方式,編成の組み方や床下機器配置など,随所に個性が発揮されています.今月のMODELERS FILEは,合理性を追及しつつ独自性も兼ね備えた80000形の各部を徹底
的に観察してみました.
 東武鉄道8000型の鉄道コレクションを,実物のさまざまなバリエーションにモディファイする楽しみをご紹介します.その数は全部で58輛に及びます.
 新連載として,"英国鉄道へのいざない"が始まります.日本とは比べ物にならないぐらいに活発な保存活動が行なわれている蒸気機関車や,現役の高速車輛,日常の電車まで,次々と展開する予定です.
 一般記事や好評の連載記事も充実満載です.

【目次】
MODELERS FILE-----------------------------------
  6 新京成電鉄 80000形電車
     艶やかに装われたニューフェイスのすべてを観る
              まとめ:前里 孝 写真:前里 孝/平野 聰
                  取材協力・資料提供:新京成電鉄
注目記事----------------------------------------
 3・16 鉄コレ 東武8000系セイジクリーム
     ポン付け DE ディテールアップ58輛!
     製造ロット別特徴 & 1980年代の"普段着姿"再現に挑む
      製作・文・写真・作図:山賀 一俊 スタジオ撮影:松本 まさとし
            パーツ開発協力:武蔵模型工房/トレジャータウン
                  協力:トミーテック/イーグルスMODEL
 28 新連載・英国鉄道へのいざない
------------------------------------------------
  4 Products Data file
     トミックス製 JR北海道キハ261系1000番代(16番)
 36 海と蒸気のマリアージュ  製作・解説:磯野 泰之 撮影:山中 洋
 40 鉄道模型同好会とな会  結成50周年記念 自由型特急車大集合
 52 令和最初の機動楽会定例運転例会    レポート:鶴見 克則(会長)
 66 関西合同運転会 鉄道模型大集合 in OSAKA- PART2 -
 71 さいたま鉄道模型フェスタ2019から
----------------------------------------
 34 線路は続くよいつまでも 第114回 /信沢 あつし
    人車軌道は続くよ,どこまでも…
    茨城県笠間人車軌道復元プロジェクト
 48 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
    Vol.81 テハチャピ・パス最新情報
 58 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション /山中 洋
    第9回 カッティングマット
 60 N GAUGE EURO REMIX /解説:橋本 孔明
    第32回ドイツの二階建て列車(その1)
 64 台湾鉄道ナビ
    文:邱 浚嘉 翻訳:濱川 真由美
-----------------------------------------
 74 新車登場
 93 輝け!日本の運転会
 94 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第103回:近鉄特急(その2)
 95 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第69回:レンタルレイアウト
 96 運転会・伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大 運行計画 2020年2月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引

2020年1月21日(火)発売
定価:本体1,450円+税

eshumi-kounyu
amazon


////隠す用
自社広報

R113

レイル113号 最新刊のご案内です

◆雄別鉄道 風景・保存機・図面集
かつて北海道東部の釧路に,雄別鉄道という路線がありました.大正12/1923年に開業し,昭和45/1970年の雄別炭礦閉山と運命を共にして廃止となったこの鉄道には,数多くの車輛が在籍しました.使われた機関車のうち蒸気機関車は8700形8722とC11形C111が保存されていますが,これまで客貨車の全貌が明らかにされることはありませんでした.今回,長らく釧路在住の趣味人として活動してこられた奥山道紀さんが,釧路製作所に保存されている8700形とC11たちについて語ってくださるとともに,同鉄道で使われた車輛たちの形式図を一挙に公開してくださいました.ともすれば埋もれ勝ちな客貨車についても,全貌が明らかになりました.鉄道現役当時の情景も,はるばる道東を訪れたみなさんのアルバムを披露していただいています.
 来年度には,もう1輛の保存機だったC111が東武鉄道で復活の予定です.雄別鉄道の実際を体験できた人も,訪問が叶わなかった人も,本書で存分に追体験してくださいますよう.

◆神戸市電 石屋川と兵庫駅
高見彰彦さんからは,先ごろ亡くなられた生地健三さんのアルバムを中心として,昭和中期の神戸市電石屋川周辺と国鉄兵庫駅近辺について,その今昔の風景をご紹介くださいました.

◆戦時下の名鉄電車
荒井友光作品集の第3回目は,いよいよ佳境に入って戦時下の名鉄電車たちです.これまで史料にあらわれてこなかった戦時下の生々しい記録写真を,名鉄電車のオーソリティである田中義人さんによる解説で一挙に公開します.


2020年1月21日(火)発売 定価:本体3,600円+税

eshumi-kounyu
amazon


////隠す用
自社広報

カメラマンの松本正敏です。
寒中お見舞い申し上げます。2020年も何卒よろしくお願い申し上げます。

先日の快晴の日に富士山を求めて出かけたのですが、丁度今年営業を開始する3種類の新型車両の試運転が同日にしかも近いエリアを走るようでしたので、強行かけもち撮影に行ってきました。
と言ってもどちらも定番お立ち台ばかりですが・・・。
しかしおにゅーは良いですね~。どれもピカピカです。もちろん旧型車も名残惜しいですが・・・。

5HF_2870n
まずは富士山をバックに下るJR東海 N700S!
富士山と絡めては何度かチャレンジしていましたが、山頂に雲がかかったり結局見えなくなったりなどが多く、今回は朝早かったからかここまで綺麗なのは初めてかも?リベンジ成功です。
先日2020年7月1日デビューと発表されました。

5HF_2972n
小田急の12年ぶり?の新形通勤車5000形。こちらでも富士山がクッキリ綺麗なのでこちらで。訪れたのはGSEの試運転以来です。この新5000形は2020年3月デビュー予定とのこと。  詳細はこのブログに2019年11月前里さんが紹介されています。

5HF_3025n
JR東日本E261系サフィール踊り子。こちらも2020年3月は14日のダイヤ改正でデビュー予定ですね。何度か試運転は行われていた様ですが、私は初でしたので手堅くこちらで・・・。青い海と青空が楽しめるように天窓が目立ちます。
251系スーパービュー踊り子は大好きな車両でこのE261と入れ替えられるのはとても寂しいですが、もう30年経っていますから仕方がないですねぇ。

Z6D_0834n
おまけ。
みかんと185系踊り子。
新車ではありませんが、リニューアルされたE257系の試運転も来れば良かったのになぁと思った瞬間でした。(笑)

おしまい。

////隠す用
自社広報


このブログでも度々進捗状況をレポート(例えば2018年5月3日付けのここ)していた,東京地下鉄銀座線の新しい渋谷駅が開業した.
 昨年12月28日の始発から6日間も区間運休しての大切り替え工事の末,新年1月3日の始発から営業を開始した.開業の式典には取材のお誘いをいただいていたのだけれど,どうしてもうかがうことができなかった.
 その代わりに?2日の午後,営業を停止している渋谷駅の様子を探りに(?)行った.
DSCN0117
元の降車ホームからの出口.完全に封鎖されていた.
DSCN0120
東急百貨店東横店西館から2階から3階の改札に向かう階段.完全に閉鎖されているのかと思ったら,少しすき間がある.なぜ?と思ったら,この階段を上がったところに神戸屋キッチンという,神戸屋のパンを販売するとともに,その場で味わうこともできるお店が営業を続けていたのだった.

そして明けて3日は,午後一番に新宿で人との待ち泡が予定されていた.そこで,少し早めに家を出て,営業初日の様子をウォッチと,洒落込んでみた次第.
DSCN0132
きのうは閉鎖されていた元の降車ホームが解放されている.新駅ホームへの仮通路ということらしい.
DSCN0138
新ホームの端,改札前から見た旧ホーム.右が乗車ホームで左が降車ホーム.奥が留置線である.

構内に入るのは後回しにして,まずは定点撮影していた渋谷ヒカリエの上へ……
DSCN0157
11階,東急シアターのロビーから見下ろした,新しい地下鉄渋谷駅.M字形の屋根が特徴である.これは“東京メトロ”のMかと思っていたのだが,実はそうではなかった.

取材してみると,最初は一般的な構造でデザインされていたのだが,周辺に強すぎる存在感を与えないようにドーム型に変更したのだという.単純なアーチでないのは,将来的に中央の窪んだ部分にオープンデッキを設ける構想があるからだという.

さてここで,時計を1年半巻き戻して,2018年6月23日に同じ場所から見た風景をお目に掛けることにしよう.
DSCN0009
まだドーム屋根は影も形もない.画面左側のビルも建設工事たけなわである.
DSCN9072
時計をさらに一月半戻した5月6日.降車ホームから新駅方向を見たところ.新しいホームの土台が姿を現わしつつある.
DSCN0216
時計を2020年に戻して,新しいホームの浅草方から終端側を見た風景.電車が停車中のホームは,この先で行き止まりの1番線.右側の,電車が到着しようとしているのが2番線である.上の写真で大きくカーブしている線路が,幅12メートルの,広い広いホームを確保するために直線的に敷き直されているのが判る.

さて,この写真で気づかれたことがあるだろう.最新の駅にしてはホームドアがないことに.今回の開業はあくまでも暫定的な状態であり,まだ完成ではないということの証しのひとつである.それは,ホームドアのほかにも,本格的なトイレの設置や,渋谷ヒカリエの2階に接続する改札,明治通り方面の改札内にはエレベーターも設けられることになっている.ホームドアとエレベーターはオリンピックまでに完成する予定とのことである.

何度も通った工事途中の写真や,後方からご提供いただいた年越しでの切り替え作業の様子もご紹介するつもりをしていたのだけれど,なんだかいつまでも終わらないブログになりつつあることに,気づいてしまった.そこでそれらのご紹介は次の機会にさせていただいて(広報の皆さん,ごめんなさい),全く新しい,明治通りの東側(渋谷ヒカリエ側)に新設された地上の改札口をお目に掛けて,今回は締めくくりとさせていただこう.
 地下鉄の他の路線との乗り換え通路がどのようになっているのか,それも,今後の探検(!)レポートをお楽しみに! だから,タイトルにも“序章”を付け加えたわけである.
DSCN0165
なんだか地下鉄ではなくて普通の高架線上の駅と変らない風情.それにしても,画面左端に見える切符の自動販売機の数の,なんと少ないことか.こんなに乗降者の多い駅なのに,たったの2台しかないのだから!

↑このページのトップヘ