モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

1月末の東京では,お茶の水橋で都電のレールが発掘されたと話題になった.
 お茶の水橋とは,JR東日本の中央本線御茶ノ水駅と地下鉄丸ノ内線の御茶ノ水駅に隣接する鋼橋で,“いつもの”土木学会歴史的鋼橋集覧”によれば,昭和6/1931年の横河橋梁製だそうである.長さは80メートル,幅22メートルであり括弧で“複線軌道併設”と付記されている.
 この“複線軌道”とは,いうまでもなく東京都電…東京市電の軌道である.水道橋から松住町を経て万世橋に到る路線の途中,お茶の水で分岐して駿河台下から錦町へ到る路線のものだった.
 もとはお茶の水橋の南詰めまでだったが,明治38/1905年に橋を渡って神田川沿いの路線と接続したのである.第2次世界大戦中の昭和19/1944年に他の8路線とともに不急路線として休止の憂目に遭って戦後も復活せず,昭和24/1949年に廃止された…….
 それが今回“発掘:されたということなのだけれど,実際には昭和40年ごろまでは架線こそ撤去されているものの線路は橋上に露出したままで,それを覚えている人も,少なくはない.
 しかしまぁ,“数十年ぶりに姿を見せた”という表現ならば,それは間違いではなく,今の現役世代や,僕のような“余所者”にとっては,確かに,“できごと”ではあった.
D8A_6109
先週ここに記した原宿駅の取材を終えて,そのまま駆けつけたお茶の水橋.冬の頬の斜光線に石畳と溝付レールが浮かび上がっていた.画面左側には南行きの軌道がまだ眠っているのではないだろうか.
DSCN0836
歩道から見た軌道敷の断面.被っていたアスファルトは5センチ内外だから,埋められてからも舗装の更新工事に際しては何度もレールと石畳が顔を出していた可能性が高い.
DSCN0835
西側…カーブの内側には溝付レールが使われていた.当然,輸入品である.随所に見られる細い切れ目は,工事のためのカッター痕である.

それから約2週間を経た2月14日,神保町に用事があったので再訪してみた.
DSCN1096
レールも敷石も,きれいさっぱりと姿を消して,コンクリートの床版が露出していた.そればかりか,画面右端には桁の頂部と思われる鋼材が顔をのぞかせていた.
DSCN1262
さらに4日後の2月19日夕刻.前回と状況はあまり変化していないようにみえる.気になるのは画面奥の“地層”.反対側の軌道の敷石かもしれない.

これからどのように変化してゆくのか.またもや,目を離せない観察ポイントAが増えてしまった.

そしてこの場所へ赴くための最寄り駅の一つである中央本線の御茶ノ水駅.ここでは新しい駅本屋の建設と,2階建グリーン車連結での12輛編成化対応のホーム延長がたけなわである.

御茶ノ水駅については,このブログでも何度か採り上げたことがある.
 例えば2016年6月30日のここで“御茶ノ水駅の変身”で変化の始まりをお伝えし,2018年8月16日には“久し振りの御茶ノ水駅 中央快速と中央・総武緩行線電車”と題して変化の状況をお話してきた.
DSCN1090
ラーメンプレートガーダーであるお茶の水橋を御茶ノ水駅ホームから眺める.大改修工事のための覆いがあって,その全容を観察することは当分のぞむことができない.水道橋方から到着しつつあるのはE231-500番代の中央・総武緩行線電車.6扉車はすっかり影を潜めてしまった.
DSCN1092
お茶の水橋上から眺めた御茶ノ水駅.右端が現在の駅本屋.左端で新しい階段を構築中である.新しい本屋はホームの直上に人工地盤を構築して建設中.

御茶ノ水駅には,上屋の柱に使われていて今回の改良工事で絶滅しそうな古レール以外にも,気になる点がいくつかある.そのひとつが駅前広場.都電のそれではなくて,こぶし大の石を扇形状に敷き詰められた,鱗張りと呼ばれるらしい石畳である.
 昭和50年代には,このように石を並べる技術が滅びかけているのだというニュースを耳にしたことがある.その後は維持されているのだろうか,気にしつつも調べきれてはいない.
DSCN1097
御茶ノ水駅前の石畳.ずっと以前から美しく維持されてきたけれど,今回の改良工事でどのように変化するのか,あるいは変らぬ景観を見せ続けてくれるのか.

令和5年度に完成する計画と伝えられるこの御茶ノ水駅の変貌もまた,僕にとっては観察し続ける価値のあるポイントのひとつなのである.


////隠す用
自社広報

T2003


【今月のオススメ記事】
3月14日から営業運転を開始する予定の,最新世代名阪特急車80000系“ひのとり”のすべてを,近畿日本鉄道からの全面的なご協力をえてお届けします.折り込み詳細図面や各部の細部写真,独自作成の解説記事など,充実した内容にご期待ください.
 近畿日本鉄道のMODELERS FILEは,新年号で前編を掲載した8000系一族の後編も今月掲載です.近鉄の通勤車として大量産されたこのグループの全容が解明されます.
 さらに近鉄80000系“ひのとり”は,16番とNのふたつの模型作品もあわせてご紹介します.
 もうひとつの注目記事は,Nゲージで製作した“武蔵野線モジュールをつくる”です.すぐれた地面造形のテクニックを読み取ることができるでしょう.
 京浜急行電鉄が新社屋内に建設を進めていた“京急ミュージアム”がオープンしました.保存車輛としてのデハ230形236を中心としてその概要をレポートします.
 一般記事や好評の連載記事も充実満載です.

【目次】
MODELERS FILE-----------------------------------
近畿日本鉄道
  4 MODELERS FILE 近畿日本鉄道
     80000系電車 ひのとり
     品格とスピード感を兼ね備えた
     なにもかも新しい新世代の名阪特急車 登場
         まとめ:前里 孝 写真:岡田孝司/来住憲司/前里 孝
                  取材協力・資料提供:近畿日本鉄道
 15 折り込み詳細図面 近畿日本鉄道80000系電車ひのとり
           作図:吉田健太郎(A;Train) 資料提供:近畿日本鉄道
 22 MODELERS FILE 詳説 近畿日本鉄道 8000系列
     走り続けて半世紀超!
     900系から8800系までの広幅・裾絞り区間車【後編】
                         解説/作図:岡本真和
        写真:林 基一/松本まさとし/なんこう/平野 聰/山賀一俊
                              協力:近畿日本鉄道
注目記事----------------------------------------
  3・66 武蔵野線モジュールを作る (その1)
                 製作:大久保友則 撮影:松本まさとし
 40 カミの宿った不死鳥特急 近畿日本鉄道80000系 HINOTORI製作記
                              /岡本真和
 45 メタリックレッドに輝く新車!
     Nゲージ“ひのとり”8輛編成製作記       /米田昌訓(HMC)
------------------------------------------------
 48 中央線次世代のエースたち
     E233系グリーン車編成・E353系の併結を再現する  /竹内 虎輔
 52 保存車輛めぐり 京浜急行電鉄 デハ230形236
     京急グループ新本社内の“京急ミュージアム”で公開開始 /前里 孝
 56 アクラス 211系を組む
            キット製作・解説:多摩川泉 協力:アクラス
 74 ヨコハマ鉄道模型フェスタ2020
 80 年越し運転レポート 2019→2020
 85 池袋西口に巨大レンタルレイアウト“西イケ”オープン
-----------------------------------------
 62 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡心平
   第95回 UC7形有蓋コンテナの解説(3)
 70 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション
   第10回 サーフェイサー(1) /山中 洋
 72 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:濱川真由美
 76 線路は続くよいつまでも 第115回 /信沢あつし
   製材所跡は貨物の仕分け所跡か?
   奥深い遠州鉄道西鹿島駅大日本軌道跡地
-----------------------------------------
 86 新車登場
103 輝け!日本の運転会
104 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名英一
   第104回:近鉄特急(その3)
105 子連れ鉄日記 /写真・文:山本晃司
   第70回:京とれいん雅洛
106 伝言板
128 BOOKS
129 甲種・特大 運行計画 2020年3月
130 各種募集のご案内
132 新車登場INDEX
134 いちぶんのいち情報室
138 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
139 Combo Caboose・掲載広告索引

2020年2月21日(金)発売
定価:本体1,450円+税

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

明治神宮参拝の玄関口であり,正月には神宮の境内に接して臨時改札が設けられ,構内の北側には宮廷専用ホームがあり…….
 東京23区内のJR東日本では最古の木造建築となった駅本屋のある駅というだけではなく,数多くの特徴を備えた駅,それが山手線原宿駅.このブログのテーマとしても,しばしば採り上げてきた.
 例えば2013年1月10日づけの“もうひとつのお正月風景 原宿駅”,あるいは2018年12月20日づけの“E235系が増殖した山手線 そして渋谷と原宿の工事の様子”など…….
 その原宿駅では今,3月21日から使いはじめることができるよう,新しい駅本屋の仕上げ作業が真っ盛りである.
 2013年のお正月風景としてご紹介した臨時ホームは,今年の正月には既に影も形もなく,新ホームがこれまでの跨線橋と臨時改札を結ぶ通路として使われているに過ぎなかった.臨時改札は,出口専用として立派に役目を果していた.
DSCN0105
出口専用として使われていた臨時改札.参道は参拝を終えた人が出口に向かう一方通行なので,電車に乗る人は神宮橋までぐるっと回ることになる.
DSCN0100
通常のホームから見た臨時ホーム…は跡形もなく,新しいホームがほぼ完成状態で,ホームドアの設置を待つばかりとなっていた.画面左端が臨時改札口.右奥へ進むと階段を降りて竹下口から出場できるようにもなっていた.
D8A_6066
そして1月29日昼前の駅前風景.奥がお馴染みの駅本屋,手前が新しい2階建の建物である.

この1月29日には,JR東日本による工事風景の報道公開が行なわれたのだった.内装はまさに仕上げの真っ盛り.
D8B_5975
新旧ホームを電車と絡めて撮影しようと待ち構えていたら,なんと,E235系の第50編成がやってきた!

駅の建物内は,1階が改札口と2ヶ所の出入口,そして改札外にコンビニエンスストアが設けられることになっている.2階にはカフェテリアが開店する予定とのことである.
DSCN0784
駅設備でちょっと感心したのはこのトイレ.2ヵ所とも多機能トイレとされているのだが,なぜ2ヵ所なのかといえば,左に障碍のある人も,右に障碍のある人も,どちらも問題なく使うことができるように配慮した,とのこと.少なくとも僕はこのような設備を,これまでに見たことがない.
D8B_6015
ガラス張りの建物からは,周囲の風景を一望できる.現在の駅本屋と跨線橋と山手線電車……と狙っていたら,渋谷方から相模鉄道の12000系が姿を見せ,太陽の光を思いっきりガラスに反射させて新宿へと去っていった.画面2ヵ所が少し滲んで見えるのはこの日の早朝まで降っていた雨の滴である
DSCN0783
建物内の通路からは,現在の古レール製跨線橋の骨組みも観察することができる.間近,というにはちょっと遠いけれど,開業したら,この跨線橋が撤去されるまでの間に,窓ガラスの反射などが少ない時間帯にじっくりと望遠レンズで銘を…と思っているのだけれど,さて読み取ることができるだろうか.

撤去といえば,現在の駅本屋は,残念ながら撤去される予定である.同じ外観の建物を,耐火基準を満たした材料を使って,新しい本屋に隣接して建設することになっているという.

2016年6月5日に発表されてから4年の歳月を経て,完成に向かいつつあるこのプロジェクト.新しい原宿駅がどのように仕上がってゆくのか,これからも観察を続けてゆきたい.

////隠す用
自社広報

今週の月曜日,デビューが近づく近鉄80000系電車“ひのとり”を撮影してきた……このところ毎週月曜日といえば撮影取材.先週はJR東日本のE261系,その前の1月20日は京急ミュージアムだった…….

この近鉄80000系電車,既に昨年の11月19日と20日には第1回目の報道公開が高安車庫で実施され,その模様は本誌の新年号でお目にかけたから,既に多くの方が概要をご存じのことと思う.けれど,その折にはまだ完全には出来上がっていなくて,例えば編成外観全体の撮影は叶わなかったし,なにより,僕が高安に出向くことができなかった(!)
 だから,僕としては今回が初見参ということになるわけだ.前夜に宿を取っていた名張の駅で,なにやら見慣れないシルエットが……目を凝らしてみたら,“ひのとり”ではないか!これが僕のこの電車との初遭遇となった.
 日付けが変って2月3日の朝,集合場所である青山町の駅へ向かう前,行き掛けの駄賃よろしく,三本松駅から南へ,宇陀川の対岸の山から近鉄の線路を見下ろことができそうだと気がついて登ってみた.
D8A_6403
そこは,後追いながらも10輛編成の上本町行き快速急行も見事に一望できる場所だった.惜しむらくは,近年急増しているという鹿との衝撃を防ぐための柵が線路端にめぐらされていて,足元がちょっとすっきりしないことだろうか.

閑話休題.お昼に青山町駅で集合し,向かった先の車庫には,80000系第2編成が待っていた.
D8A_6796
最初に撮影したのがこの写真.デザインを担当したGKインダストリアルデザインの“ぐっと加速する姿勢を強調した”というフォルムを表現しようと工夫してみた.

日の出から昼前ぐらいまではよく晴れていたのに,このころから雲が増えはじめ,日射しは目まぐるしく変った.それとともに車体の色もさまざまに変化する.どれが本当の色なのかと悩むことになるのだが,それは,光の当たり方によって色が変化することを計算したデザイナーの狙いどおり,ということでもある.
 撮影行程が車外から車内へと進んでしばらく経った頃,窓越しにちょっとあたたかそうな,柔らかい光が見えてきた.それっというわけで車外へ移動すると,再び雲がやってきて…….写真撮影を趣味にしている方ならきっと遭遇したことがあるだろう,“お約束”ともいえる,不思議な現象である.

インテリアの概要は新年号でもお目にかけた.叶わなかったのは床下の機器類を含む外観の細部だった.僕の目についたのは,三菱電機製ハイブリッドSiC素子適用の主制御装置箱である.
DSCN1022
各電動車の北側床下に取り付けられた主制御装置箱.特徴は,放熱部分のキセが黒く塗られていることである.これは新京成電鉄80000形でも見ることができる,三菱電機製主制御装置箱に共通の仕様であるようだ.
DSCN0967
パンタグラフはモ80200とモ80500の大阪方及びモ80400の名古屋方に1期ずつ搭載している.写真はモ80500形である.南側の母線ヒューズ箱と北側の主ヒューズ箱は共通でモ80200とモ80500はその間に補助ヒューズ箱を取り付けている.気になるのがヒューズ箱とパンタグラフの間に見える円筒形の部品.いわずと知れた避雷器なのだが,これまでの近鉄では,避雷器は床下と決まっていた.大きな変化といえるだろう.

転落防止外幌は23000系のような背の高いゴム板でも,通勤車に見られる尖った棒状でもない,短冊形のゴム板である.妻板のディテールが観察しやすい…ということは,模型でも作り込み甲斐があるというものだ.

異例ともいえる長時間の取材時間だったが,気がつけばもう終了の時刻が近づいた.締めくくりは,現役車輛との出逢い風景スナップとなった.
D8A_7208
伊勢志摩ライナー”や“アーバンライナー”などが次々と通過して行く中で,ひときわ僕の印象に残ったのが“新スナックカー”12200系との邂逅だった.

新幹線開業で落ち込んだ名阪間直通需要を挽回すべく,また大阪万博に向けての輸送力増強を目的として華々しくデビューした12200系も,登場後50年を経過した.特急車としては異例の長寿だが,それもいよいよ先が見えてきた.21000系“アーバンライナー”が80000系に置き替えられて乙特急に転用されれば,押し出されて引退するのは必定である.こちらの,これからの動向も大いに気にしたいところである.

さて,この80000系“ひのとり”は,今月発売の3月号MODELERS FILEで,A;Trainの吉田健太郎さんの手による折り込み詳細図面をはじめとして,微に入り細を穿ってご紹介の予定である.新年号で予告した,岡本真和さんが逸早く製作された作品も,模型化図面を含めて掲載となる.ただいま編集部は,追い込み作業の真っ盛り.大いに期待してお待ちいただければ幸いである.

※2020.02.07:主制御装置箱の色について記述修正
※2020.02.19:とれいん3月号へのリンクを追加

////隠す用
自社広報

去る1月27日,熱海から品川までE261系に乗ってきた.“サフィール踊り子に乗ってきた!”といいたいところだけれど,営業列車ではなくてJR東日本主催による報道関係者向けの試乗会だから,まだ,単なるE261系であるが.

車輛の概要は,昨年12月18日付けのここでお伝えした.その時に,伊豆急下田方先頭車である1号車の“プレミアムグリーン車”や,2,3号車のグリーン個室”については室内の様子もお目にかけた.
 今回は,その時に撮影,観察が叶わなかった4号車の“ヌードルバー(カフェテリア)”ことサシE261,5号車の大型車椅子対応スペース,そして5~8号車の一般的なグリーン車も見て回ることができたから,運転中のエピソードを含めてお目に掛ける次第.
D8A_5542
12時55分,品川からの試乗列車が記者クラブに加盟の新聞社やTV局のスタッフを乗せて,4番線に到着.居合わせた一般のお客さんも,スマートフォンを取り出して撮影にいそしんでいた.

実はこの列車を待っている間には,伊豆箱根鉄道5000系の入場車を牽引するEF65の1000番代が現われたり,下田からやってきた“ザ・ロイヤルエクスプレス”が到着するなど,ホームは賑わいを見せていた.

僕たちは折り返し13時8分発の上り列車で品川へ向かう.最初に案内されたのは,一般的なグリーン車である8号車のクロE260,定員は24名.7号車のモロE261-201~は30名,6号車のモロE260は36名である.7号車には洋式トイレと男性用小便所,洗面所を備えている.大型荷物置き場は4輛ともに設けられている.
D8A_5584
熱海を出てから3番目のトンネルである杵越隧道に差し掛かる試乗列車.JR東日本の在来線ではグリーン車でも2/2人掛けが標準的だが,E261系ではさすがに1/2人掛けである.立派なレッグレストも備えられている.シートピッチは1,160mm.

僅か5分間で5号車へ移動.ここでのポイントは伊豆急下田方に設備されている大型車椅子対応のトイレと座席.形式はモロE261,東京方に機器室があることもあいまって,定員は編成中で最も少ない14名である.
D8A_5624
車椅子対応スペース.直列に2台置くことができる.
D8A_5639
近年ではすっかり標準的な設備となった大型車椅子対応トイレ.多目的室が隣接している.

次は一挙に伊豆急下田方へジャンプ.プレミアムグリーン車クロE260と個室の2号車モロE260-101~を各社譲り合ってそれぞれ5分間で撮影し,その次に,ようやく4号車,サロE261に辿り着いた.その時既に時刻は13時40分.列車の中でラーメンが供されるのは,もしかしたら“日本初”だろうか?などと疑問が頭の中をよぎるが,深く考えているヒマもなく,調理風景やお客様へのサービス風景を撮影.
D8A_5721
日本初?の風景.急行“アルプス”ではサハシ165で信州そばが,急行“なにわ”ではサハシ153で寿司が供された歴史はあるが.

さてそのラーメン…正式には“「傳」長谷川氏監修 ヌードル”である.
D8A_5772
客席は東京方にあり,山側が2組の4人掛けテーブル席,海側は8人分のカウンター席となっている.
D8A_5792
そのヌードルの“本体”.第一印象は,“実に普通.でも丁寧に作られたラーメン”であった.添え物には遊び心も…….

試食してから読んでみた,監修者の長谷川在佑(東京神宮外苑前の日本料理店“”の料理長)さんの言葉には,“素直な”,“ごく普通の”,“丁寧に作る”という言葉が並ぶ.僕の舌,捨てたものではないかもしれない…というのは思い上がりで,実際にはそれこそが監修者の腕なのだろう.
 まもなく本格稼動するサフィール公式サイトからの予約がもっとも確実だが,状況によっては当日の予約も可能だという.気になるお値段は税込みで650円.個室へはデリバリーサービスも行なわれることになっている.

……気がつけば,列車はもう六郷川を渡るところ.せっかくの旅なのに,座っているヒマがなかった.ぜひとも営業列車でその乗り心地を堪能したいものである.

3月14日のダイヤ改正から営業運転をはじめる“サフィール踊り子”.
 東京発11時,伊豆急下田発14時12分の1往復が定期列車,臨時列車として平日は東京12時30分発,休日は新宿発12時25分発が,上りは休日平日共通で伊豆急下田発16時30分の設定である.

↑このページのトップヘ