モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

先週の金曜日,運転開始を間近に控えてC11 207の訓練運転がたけなわの東武鉄道鬼怒川線へ出掛けてきた.
 早朝の出庫風景などの報道公開が実施されたもので,関東地方の皆さんは,TVや新聞などでその様子をご覧になった方もあるだろう.
 僕にとっての東武鬼怒川線は,実のところ,東武ワールドスクエアが開園した時以来のごぶさた.それ以前は,野岩鉄道の開業前に“レイルNo.18(残念ながら売り切れ)”に掲載予定の野岩鉄道開業に関する稿に添える写真を撮影するためにクルマで沿線を通過したのみ…….

そんな状況だから沿線風景の予備知識はなく,報道公開の途上で下今市と鬼怒川温泉駅との間を往復する電車の先頭車にかぶりついて,同道メンバーたちと“あそこはどうだ”とか“ここは午後がよさそうだ”とかポイントの品定め.
 そんな中で気づいたのが,鬼怒川線の線形.下今市から鬼怒川温泉,さらに新藤原から県境に向けて登り一方かと思いこんでいたのだが,実はそうではなく,擂鉢状であることを初めて知ったのだった.
Q7A_4133
報道公開の終了後に向かった最初のポイントがここ.新高徳(しんたかとく=かつて矢板線が…と連想するのは一定以上の年代の方々だろう)と小砂越(こさごえ)の間.国道沿いで歩道もあって,やや望遠レンズを必要とするけれども安全に撮影することができるポンとのひとつだろう


鬼怒川温泉までの勾配の谷底になるのが,大桑と新高徳の間に架かる鉄橋.その名を砥川橋梁という.
 見るからに古めかしいデザインのこのトラス橋は,いつもの“歴史的鋼橋集覧(土木学会)”を繙いてみれば,明治29/1896年のAndrew Handyside and Company(アンドリュー・ハンディサイド=英国)社製.
Q7A_4187
砥川橋梁を渡るスペーシア.画面左手には上路式プレートガーダーが.実はこちらも輸入品.明治29/1896年のCleveland Bridge(クリーブランド橋梁会社=英国)製だそうである


このトラス橋,集覧に拠れば,元は阿武隈川…常磐線らしい…に架けられていたものとか.径間は62.738m(=205フィート10インチ).ちなみにプレートガーダーは径間25.375m.どちらも塗り替えたばかりの美しい肌で,色はこげ茶色.
 鬼怒川線沿線の橋梁といえば,かつては下今市を出てすぐの大谷川が,幌内鉄道出自というピン結合のトラス橋と九州鉄道出自のドイツ製ボウストリング(Bowstring)式と呼ばれるトラス橋の組み合わせだったが,いずれも失われて久しい.
 だから,今なお残る砥川橋梁は貴重な存在であり,ずっと大切に使い続けられることを願うものである.

ところで,この橋梁の名前,砥川(とがわ)橋梁なのだが,下を流れるのは板穴川という.なんで?なのだが,かつては“砥川に板穴川が合流して…”だったのが,いつのころか,“板穴川に砥川が合流して”に変更されたもののようである.
 今回は撮影の合間の訪問だったから,プレートガーダー桁の銘板や,大改造されているという橋門構,そしてプレートガーダーを詳しく観察している余裕がなかった.この沿線には,国道121号線(会津西街道)の旧道部には鋼製アーチ橋があるし,県道には下野軌道由来のトラス橋が存在しているらしい.あわせて再訪,であろうか.
DSCN2837
新高徳側…左岸の橋門.そういわれてみれば補強材の一部がボルト止めになっているし,櫛桁(というのだろうか)が分断されているように見える.架線を張るための改造か?


さて本題のC11.下今市には機関区(正式には南栗橋乗務管区下今市機関区)が新設され,こちらには元長門市の転車台が2線の検修庫とともに設置された.折り返しとなる鬼怒川温泉駅には元三次の転車台が,なんと!駅前広場に設置された.
 駅前を入出庫線が横断するというのはドイツのツィッタウで体験済みだが,転車台は,初体験.
 より多くの人々に,より安全に見学してもらうことができる,という点では最高のシチュエーションといえよう.なお,下今市にも見学スペースが設けられることになっていて,その一角には資料室も整備される.そしてそちらは運転開始より一足早い7月に“SL展示館”がオープンする.ここには歴代東武鉄道所属蒸気機関車の写真や資料,ナンバープレートやメーカーズプレートなどが展示されることになっている.
Q7A_4031
鬼怒川温泉駅の駅前に設置された元三次機関区の転車台で転向するC11 207とヨ8634.ヨ8634には東武ATSの車上子と蓄電池を装備しているので,常に機関車と連結されての運用.


“大樹”と名付けられた,東武鉄道の“復活”蒸機列車.営業運転は8月10日からの予定.運転日や時刻,運賃や料金は東武鉄道の特設ページで,お確かめいただきたいと思う.

////隠す用
自社広報

1707

【今月のオススメ記事】
歴代の小田急電鉄ロマンスカーは,それぞれの時代に応じたコンセプトで企画され,小田急電車のイメージリーダーとして活躍を続けてきた.平成8/1996年にデビューした30000形は“EXE”の愛称の下で,主にビジネス特急的な役割を果してきたが,今年の3月に大幅にリニューアルし,“EXEα”という新しい愛称で再デビューを果した.今月のMODELERS FILEでは,オリジナルのEXEと最新のEXEαを比較しながら,その全貌に迫ります.
 注目の模型記事は,大阪環状線をイメージしたレイアウト“Osaka Loop Line”の製作.そして早々と完成させたJR東日本の“TRAIN SUITE 四季島”の全自作車輛です.ともに1/80スケール16.5mmゲージです.
 小川精機から久し振りのスケールモデル製品としてボールドウィンのB1タンク機が発表になりました.早速に現車を紹介しています.
 その他,一般記事や好評の連載記事,イベントレポートなども充実です.


【目次】
MODELERS FILE---------------------------------------------
  6 MODELERS FILE 小田急電鉄 30000形特急電車 EXE & EXEα
    登場後20年を経て華麗に大変身したエクセレント・エクスプレス
                       写真・まとめ:前里 孝
               資料及び図面提供・取材協力:小田急電鉄
                    写真協力:箕川 公文/大幡 哲海
注目記事--------------------------------------------------
 32 Osaka Loop Lineの製作                鈴木 肇
 68 実物と同時就役! TRAIN SUITE 四季島
    動力装置まで自作したフルスクラッチモデル
                        山(山[立+可])雄大
----------------------------------------------------------
  3 ボールドウィンが走った!
    小川精機の3インチ半ゲージ最新製品
  4 Products Data file トミックス製 JR貨物DF200形(16番)
 24 麗し,関西の私鉄電車 2016年版 関西合運Part2
                 取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
 31 よみがえれボールドウィン実行委員会
    第8回 根利森林鉄道まつり 2017年6月4日
                        レポート:信沢 あつし
 40 6.5mm改軌Nファインレイアウトのすすめ
    第4回 動力車の改軌工作~小型ディーゼル機関車~
                             宮城 幸一郎
 45 第56回 静岡ホビーショー2017から
 56 少年時代の熱い記憶を模型で呼び起こす
    信州を駆けた蒸機 第2話 篠ノ井線・信越線のD50
          製作・文:阿野 伸一 写真:松本 まさとし(特記以外)
 60 サロン・ド・庭園鉄道
    小川精機の新製品BALDWIN B1タンク機を観る
                        撮影・取材:前里 孝
 64 N GAUGE EURO REMIX
    第21回 ドイツ鉄道ICE(その1)           橋本 孔明
 74 東急 旧5000系
    大井町線・目蒲線に棲んだ引退間際の青ガエルたち
    第三話 大井町線の青ガエルものがたり ~前編~
            写真・資料提供:山本 泰史・イラスト:山賀 一俊
                           協力:U-TRAINS
 78 Model Maleup of EF58 58のStory
    File-13 EF58 66 最後まで大窓を保ち続けた66号機
    〈模型で辿るEF58の光跡〉       めだか帝国鉄道 S.I.
---------------------------------------------
 50 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第67回 UC5形有蓋コンテナの解説(3)
 54 線路は続くよいつまでも /信沢 あつし
    第83回 社員旅行の意外な能登土産
    免田産業の製材所のトロッコ線路
 84 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S
    第58回 ハイパーカットソー
 86 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北 ナビ
 88 新車登場
110 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第72回:TEE(その3)
111 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第38回:日台縦断!鉄道スタンプラリー(その3)
112 輝け!日本の運転会
114 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大 運行計画 2017年6月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
140 いちぶんのいち情報室
144 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
145 Combo Caboose・掲載広告索引

2017年6月21日(水)発売  定価:本体1,435円+税

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

J68

■第68号の主な内容(登場順)

特集   
故 藤井弥太郎氏の見た国鉄蒸気機関車
昭和30年前後の鉄道風景

私の蒸気機関車

フィリピン ネグロス島
製糖工場のナロー蒸機


とれいん8月増刊
定価:本体3,000円+税
A4判横綴じ84ページ(内カラー16ページ)
2017年6月21日(水) 発売

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

eshumi-kounyu

amazon
////隠す用
自社広報

関東地方では既に梅雨入りした.時が過ぎるのは……という繰り言は,やめよう.

昨年1月に刊行したレイルNo.97“多摩川をめぐる鉄道”で,二子玉川周辺の思い出を著された関田克孝さんが,今度は,こどもの国線の開業から現在までの50年間に加えてその前史までを語り尽くしてくださった.それがレイルNo.102のメインテーマ.
 こどもの国線といえば,旧型電車なのにカラフルな出で立ちの電車が専用で走っているというイメージが強い.それはもう40年近く前のことなのだけれど,なんだか,今でも長津田の駅に降り立つ度に,“あの”電車がやってくるような錯覚を起こす,僕である.
 現在は横浜高速鉄道が保有する,営業距離わずか3.4kmの,こんな短い路線に40頁近く費やすことになろうとは,昨年晩秋の渋谷駅近くで原稿をいただくまでは,僕も想像できなかった.でも,家に持ち帰って拡げてみたら…….結果はご覧の通りである(まだの方は,ぜひ!).
SEB056
こどもの国線といえば,やっぱりこの電車.周囲の線路も情景も大きく変化している.昭和45/1970年10月 写真:関田克孝

 花を添えてくださったのは,東急電鉄田園都市線が開通した頃の沿線点描を,現在の姿と重ね合わせた早川昭文さんの“ハイカラ路線 田園都市線”.そして,昭和54/1979年3月に田園都市線に走った注目編成を記録しておられた三浦 衛さん.
 昭和50年代以降の長津田周辺の変貌振りは,僕自身も実際に見てはいるのだけれど,東京地下鉄だけでなく東武鉄道の電車までもが頻繁にやってくる現代と異なり,あの頃はステンレス一色の8000系とあっては(失礼!),撮影のためだけに出掛けることもなく,ただただ時間が経ってしまっている.
HYA001
この頃の田園都市線の沿線写真は,僕が知っている範囲では,それほど多く残されていない.そういう意味でも貴重なワンカット.現在のあざみの駅のたまプラーザ寄りを走る8000系.昭和50/1975年9月 写真:早川昭文

でも,今考えれば,僕が大好きな青ガエルこと5000系も走っていたのだから,何度か出掛けていても不思議はないのだけれど.そのあたりを几帳面に記録しておられたのが,三浦さんというわけである.
MRC001
こんな編成があったのは知っている(見ている).でも,こどもの国線での応援にも使われたというのは,初めて知ったこと.長津田 昭和58/1983年4月3日 写真:三浦 衛

なお,表紙の背文字及び本文の一部に“子供の国”という表記が交じってしまったが,もちろん正しくは“こどもの国線”であり,“こどもの国協会”である.この場を借りて訂正します.

さてスイスのゴッタルト峠.1974年の初めての欧州,初めての外国旅行で1日を費やして撮影に出向いたことは,いつだたかどこかで記したことがあるかもしれない.
 欧州大陸を南北に貫く大幹線であり,同時に輸送力の隘路でもあったこの峠道に,新しいトンネルが建設されていて,昨年12月に開通したというニュースは,みなさんもご存じだろう.
 佐藤博紀さんが,その開通の直前に現地を訪問して生き生きした写真とレポートを寄せてくださった.
IMG_0527
ヴァッセン(WASSEN)駅の前後に展開するダブルオメガとループ線の中段を行くインターレギオ.2016年11月2日 写真:佐藤博紀

スイスの情景って,なんだか鉄道が開業して以来,ほとんど変化していないのじゃないかと思うこと,しばしばなのだが,このヴァッセンの周辺もそのひとつ.特に上にお目に掛けた写真の角度だと,20年ほど前に開通した高速道路が見えないから,なおさらのこと.
 でも,やっぱり確実に変化しているわけで,その変らななさと変わりようを,じっくりと観察していただければと思っている.

その気になれば見ることができたはずなのに…という鉄道とその情景は,数え切れないほどある.尾小屋鉄道もそのうちのひとつ.尾小屋だけではなくて,北陸から新潟に掛けての国鉄線から分岐していたいくつもの小さな私鉄たち,ほとんど訪問できなかった.
img012
特別運転の日,駅を発車する5号機.本文では,情報過多ともいえる現代では得られないだろう,撮影者である田辺さんと,紹介者である風間さんとの奇妙なすれ違いの想い出などが語られている.

これらに加えて,定例の“公式写真見る国鉄客車”…今回は三等寝台車など,そしてさらに,“私の100”に対して“私も”と寄せられたC58 100やC59 100,オハ62100の写真もご覧いただくことができる.

既にNo.103の編集も追い込み段階.時間が経つのは…….
お楽しみに!
////隠す用
自社広報

僕にとってのライブスチームの記憶といえば,今や遠い昔ともいえる程に時間が経った,昭和40年代の始めのころまで遡る.
 鉄道模型趣味誌誌上に,米国から大阪の松下電産(ほかのグループ会社かもしれない)にお勤めの米国人が作ったという7インチ半だったかの機関車が発表されたのだった.この機関車と作者には,何年か後に弁天町の交通科学館で邂逅を果たすことになる.
 もうひとつは,やはり鉄道模型誌誌上の広告で見た,スエチカライブの機関車.45mmゲージのC62である.
 でも,その頃の僕は16番モデルに夢中になっていたし,そもそもお金も場所も,残念ながら問題外の存在でしかなかった.
 それから幾歳月.自分て初めてライブスチームの機関車を工作することになったのは昭和59/1984年のこと.小川精機のクラウスを組み立てることになった時である.
 とれいんに記事を連載するため,すなわち仕事である.とはいえ,種々の仕事が重なり合っている平日の昼間に,機関車を組み立てているヒマなどあるわけがない.勢い,夜間や週末の作業となる.そこで編み出した(?)のが,“やぐらゴタツの上でライブスチームを組む”だった.受け狙いでも何でもなく,単に実用上の問題からの行動であったわけだが,それをそのまま記事にしたら,とてもウケがよくて,そのお蔭かどうか,連載途中でクラウスは品切れ状態となってしまったと,後になって聞かされたことである.

それからさらに幾歳月.縁あって,ライブスチームの取材は,社の中で専ら僕の担当となったわけである.
 そういうことで(どういうこと?),こないだの日曜日,6月4日に,千葉の蘇我駅にほど近い,“ハーバーシティ蘇我”敷地内にある“花の駅そが”での,蘇我ミニトレインクラブによる月例ミニSL運転会で,新製品の披露運転を行なうという連絡を小川精機の北田さんからいただいて,駆けつけたのだった.

製品は,いわゆる木曽のボールドウィン.製品名にはどこにも木曽という固有名詞は出てこない,あくまでも“BALDWIN B1タンク機”である.だから置戸でもどこでもよいわけだけれど,独特の火の粉止め付き煙突や国鉄標準タイプをそのまま使った前照燈など,木曽赤沢の森林鉄道記念館で保存されている1号機そのもの.

Q7A_3220
久し振りに訪問した“フェニックスレイアウト”は,丁寧なメンテナンスのもと,多くの来訪者があり,外周エンドレスを使った乗車会では列が切れることはなかった.

お披露目運転はクラブメンバーのための内周エンドレスで行なわれることになっていたのだが,その前に…このレイアウトは京葉線の電車から眺めることができる…しかもその線路は敷地の北側.順光線での撮影では,京葉線の高架橋が背景に入ってしまうわけで,どうしよう…と選んだのが,敷地中央部の築山を背景にするしかない.ということは,朝の早い時間帯がベスト.ということで,開場前の30分間をポートレート撮影のために割いていただいたのだった.
Q7A_3181
ハイ,ポーズ! 背景の樹木や草木の緑が濃すぎると黒い機関車が融け込んでしまうし….というところで選んだ場所がここ.右後方には京葉線の架線柱が,左後方にフィットネスクラブの建物が写り込んではいるけれど,まぁこのぐらいアウトフォーカスになっていれば不自然さはない.それにしてもまだ9時なのに,コンクリートは早くも初夏の日差しに熱せられていて,そこに寝そべっての撮影は,ちょっとつらかった.
DSCN2653のコピー
いつもながら,極めて丁寧な設計と工作によるパーツの数々は,惚れ惚れしてしまう仕上がり.自作派のファンには物足りないかもしれないが,工作も楽しみたいがなにより走らせたいというライブスチーマーには小川精機の製品は最適.

そして午後の走行タイム.朝のうちは少し残っていた雲は完全に消え去って,ただただ暑い.暑いのはよいのだけれど,煙が出ない.煙が出なくてはスチール写真では走っているのかどうか,わからない.となれば,勢い“流し撮り”に走ることになる.けれど16番や0番ほどではないにしても,実物よりはるかに小さな機関車をうまく流し止めるのには,いささかの腕のほかに,たくさんの幸運を必要とする.ましてや極小の動輪のロッドの動きを追って…….
Q7A_3468
ということで,写し止めたうちの1枚が,これ.

そうそう,この日は“ボールドウィンがやってくる!”というので,メンバーの 吉岡 潔さんは5インチゲージの酒井ワークスディーゼル機を,岸田 弘さんは45㎜ゲージのボールドウィンを持参して,“小川精機製ボールドウィン”の披露に花が添えられた.
DSCN2658
小川精機のボールドウィン(左)を出迎えた45㎜ゲージのボールドウィン(中),そして酒井の10トン機.

好天に恵まれた一日,じっくりと触れた小川精機の新製品.詳しくは今月発売の,とれいん誌上でご覧いただければ幸いである.

ハーバーシティ蘇我「花の駅そが」
主催:蘇我ミニトレインクラブ
住所:千葉市中央区川崎町51-1
会場:花の駅そが
料金:無料
日時:毎月第1日曜日 (1 7 8 11月は休み) 10時から12時,13時から15時

↑このページのトップヘ