モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

東京の新交通システム ゆりかもめ に新型車が登場した.
 この路線,1995年に7000系13編成によって新橋と有明の間が開業していて以来,少しずつ車輛数を増やし,路線も有明と豊洲の間を延長するなど発展を重ねてきた.
 沿線にはお台場海浜公園や国際展示場ビッグサイト,船の科学館などがあって,ここの読者なら,少なくともビッグサイトで開催される鉄道模型コンベンションや鉄道模型コンテストなどで年に何度かは利用している方が多いだろう
 なお,当初の会社名は東京臨海新交通だったが,1998年には現在のゆりかもめに変更されている.
 その,少しずつ増えてきた車輛だが,1999年には7200系,2014年には7300系が登場している.そして今回の7500系お目見えとなった.
 開業時の7000系は7300系によって置き替えが始まっており,7500系が予定通り今後3年間に8編成投入されれば完全に引退することになる.

お披露目は9月4日午後で,折りしも台風21号が関東地方に近づいているタイミングだったが,報道公開は同社の通例通り建物の中で開催されたので,窓の外で植込みの樹木が強風を受けて大きく撓っている光景を横目にしつつ,至って平穏に撮影することができたのであった.
B8A_0336
新橋方から見た第1編成.車号は手前から7516+7515+7514+7513+7512+7511.車体はアルミ合金製.製造は三菱重工.車両基地 2018-9-4

主制御装置,補助電源装置,伝動空気圧縮機など主要機器は三菱グループ製.前照燈は森尾電機製,室内燈はレシップ製の直管タイプLED.前照燈は3燈点燈でハイビーム,2燈点燈でロービームとなる.前面腰板部両脇に配置されたLEDは,自動運転時の列車前頭では青い標識燈となり,列車後部では尾燈となる.

台車は4案内輪車軸ボギー方式とされている.冬季の安定運行性向上策として,先頭車の台車にはスノウプロウと,いわゆる“霜取りパンタグラフ”が取り付けられている.実際の終電靴は,中間車の台車片側4基ずつ両側で8基である.
B8A_0378
台車.タイヤサイズはE315/70R20と記されている.この編成はブリヂストン製が使われているが.同社では他にミシュランと横浜ゴム製が存在するという.

客室は7300系から採用されている,オールロングシート.その他腰掛や側扉両脇の手摺などのザインが引き継がれている.一方で袖仕切りはより大きなガラスを使ってデザインを一新,スタンションポールも新設された.
B8A_0431
客室全景.“YURIKAMOME”の文字をあしらった大きなガラス板製の袖仕切りが目を惹く.スタンションポールが袖仕切りにも取り付けられた.室内燈はレシップ社製の直管タイプLEDを使っている.

レシップという会社は,岐阜県本巣町にある産業用電気機器メーカーである.バス用の蛍光燈やワンマンの運賃箱,料金表示装置などの製造を主力としている.ワンマン車のための運賃表や料金箱を中心として鉄道部門でもシェアを占めつつあるようである.

ゆりかもめでは,開業当初からATO(自動列車運転装置)とATCによる無人運転を実現している.この日は,非常時などのための運転用機器も撮影可能だった.
B8A_0443

通常の先頭部風景.
B8A_0418
機器のカバーを開いた状態.メーター類は液晶表示が採用されている.

さてこのゆりかもめ7500系.営業運転開始は今のところ“今秋”とだけ発表されている.具体的に決まったら改めて発表する予定とのこと.楽しみである.
////隠す用
自社広報

T1810-H1

【今月のおすすめ記事】
東武鉄道と東京地下鉄日比谷線との間の直通運転のために働いてきた20000系列電車が,短編成化の上でワンマン化改造を施され,20400型として第二の職場での活躍を開始しました.その改造ではどこがどのように変化したのか,MODELERS FILEで詳しくお届けすることにしました.じっくりとお楽しみください.
 新宿と八王子を結ぶ京王帝都電鉄…現在は京王電鉄ですが…で昭和20年代から50年代にかけて活躍した緑色の電車たちにスポットライトをあて,その姿を振り返る連載が始まります.筆者は,京王電車への造詣が深い鈴木 洋さん.第1回目は京王線2600形です.
 模型作品では,鉄道模型同好会“どうりん”恒例の競作が注目です.今回のテーマは合造車.バラエティ豊かな姿を,ベテランメンバーが模型の世界に再現します.
 暑い最中にも庭園鉄道ファンは各地で運転に勤しみました.いくつもの活動の中から,広島県と群馬県でのレポートが寄せられています.
 イベントは,国際鉄道模型コンベンションレポートの第1回,全国高等学校鉄道模型コンテストの模様をお届けします.
 その他イベントレポート,一般記事や好評の連載記事も満載です.

【目次】
MODELERS FILE--------------------------------------
  6 MODELERS FILE 東武鉄道 20400型
    日比谷線旧直通車が宇都宮線地域密着車へ
           写真:なんこう/前里 孝/平野 聰/山賀 一俊
                解説:山賀 一俊 協力:東武鉄道
新連載-------------------------------------------
 18 京王帝都電鉄 グリーン車を偲ぶ <第1話>
    大東急分離独立後初の本格的な新車,京王線2600形の生涯
                  解説・写真・資料所蔵:鈴木 洋
         協力:上野 哲司/柴田 重利/高橋 文雄/山本 輝彰
----------------------------------------
 3・32 合造車で編成にアクセントを!
    鉄道模型同好会“どうりん”2017年競作
  4 Products Data file
    カトー製 JR西日本 D51 200+35系“SLやまぐち号”(N)
 24 鉄道模型コンテスト2018
    第10回 全国高等学校鉄道模型コンテスト
 37 ライトパープルの名鉄車体更新HL車3形式
    短命に終わったこの色が,初採用されたのは3780形だった
                           天野 裕之
 44 ダイヤモンドクロスで会いましょう
    マルーン同好会の阪急電車作品集第5回
       井上 雄次・今西 剛・岡 良太郎・家治川 良次・立川 晃三・
             直山 明徳・楠藤 正伯・藤田 雅之・松島 俊之
               取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
 60 第19回 国際鉄道模型コンベンション
    テーマは“北海道” Part1
                   取材:西原 功・平野 聰/
             撮影:松本 まさとし・前里 孝・脇 雅恵
 72 サロン・ド・庭園鉄道
    広島・ドリームランドせらナイト運転会
                   OSLSC 澤井 清信(文・写真)
    群馬・榛東ミニ鉄道クラブ運転会
              OSLSC J.C.F.C. 武田 光市(文・写真)
 80 JAMコンベンション2018 企業ブースリポート
----------------------------------------
 30 Coffee Cup /前里 孝
    あれから50年“よん・さん・とお”のころ
 38 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第81回 UC5形有蓋コンテナの解説(17)
 42 線路は続くよいつまでも /信沢 あっし
    第98回 現役時代を残す原木を運ぶトロッコ
    岐阜県土岐市 創業大正6年 和田製材
 52 N GAUGE EURO REMIX /解説:橋 本孔明
    第27回 スイスの少し古い車輛たち
 56 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
    Vo.73 Amtrak“Northeast Regional”
    ワシントンD.C.からニューヨークまで乗車する
 68 22世紀の汽車絵本 第12回 国鉄 D51形III
    未来へ伝えたい車輛をイラストでリマスター
    思い出絵師:鈴木信雄/思い出語り:長谷川 興政
 76 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S
    第70回 拡大鏡いろいろ
 78 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 87 新車登場
108 輝け!日本の運転会
110 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第87回:カツミ式完成線路(その1)
111 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第53回:九州の旅(その3)
112 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大運行計画 2018年10月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
140 いちぶんのいち情報室
144 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
145 Combo Caboose・掲載広告索引

2018年9月21日(金)発売  定価:本体1,435円+税

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

J73-syoei

◆第73号の主な内容(登場順)
特集 木曽路のD51
 中央西線のD51
 わたしの中央西線
 春の木曽路
 木曽路を行く
 中央西線のD51

2017年秋のドイツ プランダンプ

とれいん11月増刊
定価:本体3,000円+税
A4判横綴じ84ページ(内カラー16ページ)
2018年9月21日(金)発売
eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

JR西日本は,9月8日に227系1000番代近郊形電車を報道公開した.これは,同社が今年3月7日に“和歌山線・桜井線への新型車両導入”(URLは今後変更される可能性がある)として発表した車輛である.
 どんな仕上がりになったのか,自分の目で確かめたかったのだけれど,なあにしろ今月発売のとれいんと,来月発売のレイルNo.108の編集作業たけなわとあって,事務所を離れるわけにゆかず,いつも取材を手伝っていただいている来住憲司さんに,吹田総合車両所(もとの吹田工場)で撮影取材していただいた.
 それほど広い場所があるとは思えない吹田工場だが,2輛ユニットなのでなんとか編成写真も撮影可能だった.場所は工場の一番奥,元の吹田第一機関区との境界線あたりの留置線で,公開は実施された.

その名の通り,広島地区に投入されている227系が基本とされており,軽量構造ステンレス製車体にインバータ制御装置を組み合わせている.ただ広島地区用がIGBT素子であるのに対して,フルSiC(炭化珪素=シリコンカーバイド)素子を採用しているのが新しい.
 前照燈はHIDに代わってLEDとなった.4燈式にみえるが内側の2燈はフォグランプで黄色く光る.なお,燈具はともにコイト電工製の花形である.
IMG_9317
帯色が変更されてイメージは一新された.形式は写真手前がクモハ226-1001~,奥のパンタグラフ装備車がクモハ227-1001~.前照燈にLEDを採用したのも新しい.吹田総合車両所 2018-9-8 写真全部:来住憲司

車輛の向きは,吹田総合車両所では神戸方がクモハ226-1001~,東京方がクモハ227-1001~となるが,和歌山線では互譲型がクモハ227-1001~,和歌山方がクモハ226-1001~となる.
 公開された第1編成はパンタグラフが2基だが,これは霜取り用で,基本は連結面寄りの1基のみとなる.
 いわゆる0.5M方式で,動力台車は連結面寄りでWDT63D.付随台車は銘板を読むことができなかったがWTR246系であるのは間違いない.
 保安装置はATS-SWとATS-P,そして無線式ATCの準備工事も施されている.
 最高運転側路は110km/hとされている.
 客室はオールロングシート.扉間10名,端部4名掛けとしている.側扉は半自動式で外部に“開”,内部に“開閉”のボタンを取り付けている.またICカードの改札装置を搭載して無人駅の多い線区でのスムーズはワンマン運転を可能とする予定である.この装置は2020年から稼動の予定.
 定員はクモハ227が137名,クモハ226が130名である.
IMG_9557
クモハ226の客室見通し.扉脇の赤い箱は乗車整理券発行機で青い箱が車載式ICカード改札機である.客室照明はLEDである.
IMG_9728
大型車椅子対応トイレもクモハ226に設備している.その対面を車椅子や乳母車のためのスペースとしている.貫通扉にはアシストレバーを取り付けて小さい力でも開閉できるように工夫.

運転室はJR西日本としては標準的な機器配置で,左手操作のマスコンと右手操作のブレーキともに横軸式である.メーター類は液晶画面化され,そn右手には客室状況を確認するためのモニターが置かれている.背面には運賃を収受するための機器も置かれている.
IMG_9665
運転室全景.メーター類は液晶表示式.右手には車両状況確認モニターがあり,その上に客室状況確認モニターが置かれている.

この227系1000番代,和歌山線と桜井線,そして紀勢本線の一部で運用されることになっている.配置吹田総合車両所日根野支所…もとの日根野電車区で,表記は“大ヒネ”となっている.実際に常駐するのはその新在家派出…もとの和歌山車両センター,さらに遡れば和歌山機関区の敷地…となる.
 製造されるのは28編成56輛と発表されている.来春から順次営業運転を開始し,2020年春に在来車を全部置き替える予定とのことである.
※2018.09.14:一部語句追加

////隠す用
自社広報

9月4日,JR東日本は定例の社長会見で“横須賀線にE235系電車を導入します”と発表した.
 山手線では既に半分近くがこのE235系に置き替えられ,旧来のE231系500番代は中央・総武緩行線に転用されつつある.このこのことは,このブログでも何度も記しているから,もうすっかりご承知のことと思う.
 山手線のE235系は2020年までに全数が揃う予定と発表されているので,“その後”に関心が集まっていたわけだが,横須賀線への投入は,まず穏当なところといえよう.新しいと思っていたE217系だけれど,初登場は1994年のことだから,すでに25年.途中で機器の更新を行なっているけれど,最初の施工は2007年だからもう10年が経ったことになる.毎度のことながら,時が移り行くのの,なんと早いことか.

さて横須賀線用のE235系.基本は11輛で付属が4輛という編成で,基本編成には2輛の2階建グリーン車が組み込まれるという.
】エクステリ

先頭車の完成予想図.車体そのものは山手線用と変わるところはないように見える.違っているのは前頭の周囲が緑から青に,前面腰部は緑からクリームのグラデーションに変更されたことか.ラインカラーは側扉全体への着色(ラッピング)から,一般的な窓下への帯となっている.また,台車にはヨーダンパらしき部品が描かれているのに気づく.写真提供:JR東日本

【別紙2】パース(グリーン車)
グリーン車の側面.てっきり,中央快速線E233系に組み込むのと同様の両開きかと思ったら,これまで通りの片開き扉車だった.客室窓配置も同じだし.まさかE217系グリーン車の転用ではないと思うが.公表された総製造輛数からもありえない.写真:JR東日本

客室は,普通車が全部ロングシート.グリーン車は回転クロスシートである.定員は15輛のフル編成で普通車1,875名,グリーン車180名の合計2,055名とされる.ちなみにE217系は2,044名である.
 すべての普通車にフリースペースを設け,トイレは大型車椅子対応となる.腰掛は座席幅を10mm拡大する.
 グリーン車には各鎖積に電源コンセントを設置する.無料公衆無線LAN(Wi-Fi)の利用を可能とする.
 全ての車輛の客室に防犯カメラを設置する.側扉は半自動式となる.
【別紙1】デジタルサイネージ
普通車客室全景.山手線用と同じ液晶画面によるデジタルサイネージを設置する.腰掛や吊り手の色は山手線用と同じだが,別色になることはないのだろうか.写真:JR東日本

性能的には,最高運転速度が時速120キロ,MT比は基本編成が6M5T(E217系は4M7T),付属編成はE217系と同じ2M2Tである.主制御装置は山手線用と同じSiC(シリコンカーバイド)素子を使った1C4M方式.電動空気圧縮機や補助電源装置も同等であり,列車情報管理装置もINTEROSが使われる.
 付加設備としては,非常走行用電源装置を設備し,停電時などに最寄り駅などまで列車を移動することができるようにする.また,とれいん9月号のMODELERS FILEで詳細をお届けした線路設備モニタリング装置と山手線用第12編成に搭載の電気設備モニタリング装置も搭載するとしている.
【別紙2】非常走行用電源装置概略図(絵)
非常走行用電源装置のシステム図.装置の写真はEV-E801系の主回路用装置箱のものである.写真:JR東日本

さて,投入開始は2020年度からと発表されている.ちょうど山手線用の製造が終了する年である.それから約4年の間に基本編成51本561輛,付属編成46本184輛の,合計745輛を投入の予定である.番号区分はどうなるのか,発表ではなにも触れられていないし,完成よ造次も描かれていない.2番目のE235ということで1000番代というのが妥当なところだろうか.
 運用範囲は横須賀線,総武快速線,外房線,内房線,総武本線,成田線,鹿島線で,現在のE217系と同じ範囲である.
 この横須賀・総武快速線用の製造が終わるころには,引き続いて東海道・東北・高崎線で使われているE231系の置き替えを始めるとも発表(プレスリリースには含まれないが)されたようで,一部の新聞が報じている.こちらにはクロスシートが装備されるのだろうか.

趣味的に注目されるのが,E217系の去就についてだろう.9月6日付の交通新聞には“E217系は廃車される予定”とある.新造から25年.機器更新からでも10年を経過しているのだから,ここは転用よりも廃車が順当なところだろう.ただし,京浜東北線の209をE233系に置き換える計画が発表された時にも“209系は全部廃車”とされていたのが,ほどなく房総地区への転用改造が実施されたのは記憶に新しい.だから,まだまだ予断は許されない.でもまぁ,続いてE231系近郊タイプの置き替えが始まるならば,そちらの方が6年は若いから,転用するならそちらの方だろうとは思う.
 また,もうひとつ気になるのが,せっかくY-50編成に搭載したモニタリング装置はどうなるのだろうかということ.現実的には,E235系に新設される装置と複数の運用を行なってE235系に2本目の搭載(あるいは搭載準備)編成が登場したところで廃車…というところだろうか.

※2018.09.07:一部語句追加

↑このページのトップヘ