モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

この場所でも何度か紹介してきた、ジオラマ作家芳賀一洋氏と、その教室に集うメンバーによる展覧会。
最近は約一年半ごとのペースで開催されているイベントですが、ようやく本日伺うことができました。
DSC_7515

芳賀先生が近年メインにしているドールサイズ(1/12)の作品のほか、鉄道模型も手がけているメンバーも多いため、様々なスケールや作風の作品に触れることができます。

こちらは本誌でもおなじみ佐野匡司郎さんの新作、“百舌が枯木で…”(1/80)
DSC_7523
印象的なタイトルは、サトウハチローが戦時中に書いた歌から来ており、反戦の意味も込められた、当時を知る人にとっては印象深いものとのこと。作品は佐野さん自身が疎開していた地方の板葺きの家をモチーフとしています。

土壁や屋根、傍らの枯木など、確かな工作力にはいつ拝見しても唸らされます。
勝手戸越しに見える囲炉裏が赤く点滅する演出も。
DSC_7524

次の作品は、2014年4月号で木曽上松のΩループレイアウトを紹介した山野純一朗さんの、“給水塔”
(1/87,12mmゲージ)
DSC_7530
御自身の郷里に近い、四国は多度津の給水塔をモチーフとしたもの。四国では転車台や扇形庫などの鉄道遺産が近年まで多く残っていた印象がありますが、それでもここのところ消えゆくものが多いのだそうで、この給水塔も現在は上部が失われてしまったそうです。

ポイント部分にはTortoiseのスローアクションマシンが内蔵されており、将来は駅や機関区のセクションも…と夢が拡がります。
DSC_7532

さて、こちらは芳賀さんの作品“炭酸入りのレモネード”。(1/12)
長くパリに在住した著名な洋画家、荻須高徳氏の作品を下敷きにイメージをふくらませたそうで、絵画的な陰影や色彩の微妙な変化がなかなか素敵です。
店の内部には、飲料店らしくガラスや工具などが細かく並べられています。
DSC_7542
DSC_7541

最後に、遠藤大樹氏の“宇宙船レッドドワーフ号”(1/??)
かつてBBCで制作され、日本でも放送されて人気を呼んだ、伝説のSFコメディに使われたセットを再現したもの。思いがけないところでの再登場に、すっかりツボってしまいました(笑)
DSC_7536

ご紹介が遅れたためm(_ _)m 会期は明日までとなってしまいましたが、是非お誘い合わせの上お越しください!


第14回 はが いちよう展&渋谷クラフト倶楽部展
2018/2/11(日)~2/17(土) 11:00~20:00 ※最終日は19:00まで
東京交通会館B1F ゴールドサロン
03-3215-7933(期間内会場直通)
////隠す用
自社広報

T1803

【今月のおすすめ記事】
11000系以来9年振り,完全オリジナルということでは四半世紀振りとなる新型車が,相模鉄道に登場しました.20000系です.昨夏にメーカーから納入されて以来,入念な試運転を実施してきましたが,2月11日から営業運転を開始しました.本誌では,同社が総力をあげて開発したこの電車の全貌を明らかにしました.詳細部分図も多数掲載しています.
 模型作品の注目記事はふたつ.最初はみんなで作った小田急ABF車たちの勢揃い.二番目は常磐線と関連線区の車輛たち.それぞれ異なった個性の作品群をお楽しみください.
 世界最長の路線であり列車であるシベリア鉄道の乗車記が,新しく連載で始まります.第1回は出発から2日目まで.
 奇しくも今回のN GAUGE EURO REMIXは,かつてはモスクワから東欧を横断してフランスやベルギーを結んでいた“Jean Kiepura”の物語です.
 毎年恒例の年越し運転レポートや,2月初旬に開催された横浜鉄道模型フェスタ2018のレポートも見逃せません.
 その他,一般記事や好評の連載記事も満載です.

【目次】
MODELERS FILE---------------------------------------------
  4 MODELERS FILE 相模鉄道
     20000系電車
     遂にベールを脱いだ 東急線乗り入れ対応完全新型車
                  まとめ・特記以外の写真:前里 孝
                    取材協力・資料提供:相模鉄道
注目記事--------------------------------------------------
 26 懐かしの小田急ABF系電車をみんなで作ろう! Part1
     JAM2017の成果を発表します.今年の課題は来月発表!
      製作:チームおやびん/取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
 38 常磐線とそれにつながる仲間たち
     第17回 鉄道模型関東合同運転会 in 埼玉けんかつ
                 取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
----------------------------------------------------------
 18 新連載 シベリア鉄道乗車記
     その1~出発から2日目まで~          大島 仁知
 54 6.5mm改軌Nファインレイアウトのすすめ
     第6回 江ノ電1000形~連接車の改軌工作~
                     /製作・解説:宮城 幸一郎
 58 東武鉄道 7300・7800系
     ~“カステラ電車”たちの記録~
                写真:林 智春 文・作図:山賀 一俊
                  調査協力:上田 康晴/久留 欣彦
 66 N GAUGE EURO REMIX
     第24回 ユーラシア大陸東西を結ぶ列車2     橋本 孔明
 70 年越し運転レポート 2017→2018
 74 ヨコハマ鉄道模型フェスタ2018
103 デアゴスティーニの新刊DVDマガジン 鉄道 THE ラストラン
---------------------------------------------
 24 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 46 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S
   第63回 タミヤ瓶入りラッカー塗料
 48 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
   第74回 UC5形有蓋コンテナの解説(10)
 52 線路は続くよいつまでも /信沢 あつし
   第91回 カーブ,ポイント,首都圏トロッコ遺構!!
   埼玉県川口市 旧麦味噌醸造 モト一
 76 Coffee Cup /前里 孝
   相模鉄道の電車と風景あれこれ
 78 新車登場
100 “林”発掘再生工場 Season3 /林 信之
   第7回:塗装できないEF10.あなたならどうする?
109 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
   第80回:蒸気動車(その1)
102 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
   第46回:キッザニア甲子園
103 輝け!日本の運転会
104 伝言板
126 BOOKS
127 甲種・特大 運行計画 2018年3月
128 各種募集のご案内
130 新車登場INDEX
132 いちぶんのいち情報室
136 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
137 Combo Caboose・掲載広告索引

2018年2月21日(水)発売  定価:本体1,435円+税
eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

事業計画決定から54年,最初の区間の着工から29年.最初の区間の高架複々線完成から21年…小田急電鉄複々線化工事の最後の区間が,3月3日に完成する.
 今回の開通区間は東北沢から世田谷代田まで.距離にすればわずか1.6kmだけれど,土地が狭く,主要都道の環状七号線との立体交叉逆転化があり……と,難工事であった.
 この区間,地下化は既に5年前の3月23日に完成していて,線増工事が引き続いて行なわれていたわけである.今回は,3月3日に複々線での運転を開始し,17日にダイヤ改正を実施して大幅増発とスピードアップを!という目論見.

地下化寸前の模様は,2013年3月28日のここでもお伝えした.
 その時に
“梅ヶ丘駅はまだ姿を変えることになる.だから,切り替え寸前の姿を記録し,後日,切り替え後を撮っても,まだ“途上”ということになるのだ.”
 と記した.
DSCN7773
画面左端,ホーム上屋にぶら下がっている出発信号機が特徴的だった梅ヶ丘駅の新宿方.渡り線で身をくねらせて到着するのは,3000形の各停本厚木行き.前頭に取り付けているのは“3月17日運行開始 複々線による新ダイヤ”アピールのステッカー.


新ダイヤの宣伝ステッカーは,通勤車のすべての形式に及んでいた.小田急の力の入れようがうかがい知れる.それもそのはず,多摩ニュータウン方面で競合する京王電鉄では,この春から座席指定列車“京王ライナー”が走り始めるし,加算運賃の一部撤廃による“値下げ”も実施される.
 京王電鉄こそ,小田急の複々線化完成による増発とスピードアップが脅威なのだ,ということ.

さて,梅ヶ丘駅の現状観察を終えたところで,世田谷代田へ移動.
DSCN7777
梅ヶ丘を発車する間際の先頭車から新宿方を見る.×印の付いた信号機が,少なくとも3本は見える.新しい緩行線のホームのすぐ先にも1本.やはり,今のホームの信号機は姿を消すのだろう.


世田谷代田のホームは,いかにも仮設という構造.壁も然り.ここは上下2層の複々線で,開業後の現在の線路は急行線になるから,ホームは要らないのだ.
 このあたり,さも,前もって詳しく知っていたような書き方をしているけれど,実は,いつも有力な情報源として活用させてもらっている“鉄道フォーラム(有料会員制)”の小田急関連掲示板で駅構造のユニークさが話題になっていたことが,今回の訪問の,大いなる“背中押し”となった.
DSCN7780
仮ホームを通過する新宿行きの3000形.エスカレータこそなかったが,エレベーターは各ホームに1基ずつ設けられている.ホームを撤去した跡地やエレベーターは,どのように活用されるのだろうか.

DSCN7782
階段を上がったところが地下2階の“連絡通路階”.その下には2層構造の複々線の説明図が貼られていた.

DSCN7790
その連絡通路階…,ここが3月3日以降のホーム.ここから地上へ向けては,エレベーターとエスカレーターが設けられている.もちろん本設の.

長いエスカレーターで地上へ出てみれば 目の前に!
DSCN7796
大きな富士山が! その下には梅ヶ丘駅に発着する電車もしっかり見える.地元にお住まいと思われる人たちも,カメラ…スマートフォンを取り出して写真撮影に勤しんでいた.


“小田急のくらし”というウェブサイトの,2016年7月の記事に“富士山が眺められる新スポット「代田富士見橋」”というのがある.やはり新しい“富士見”スポットであるようだ.(出典としてのURLはここ.今後変更になる可能性がありますのでご注意ください)

ひとしきり富士山と小田急電車の組み合わせをカメラに収め,まるで高級ホテルのようなトイレに驚いたりしながら東北沢駅へ移動.ここは同一平面で複々線が並ぶのだけれど,梅ヶ丘と違って,外側が新設の急行線で,既に完成している線路は内側で緩行線となる.ということは,どんなホームが?という興味.
DSCN7819
答えは,こんな構造.新しいホームから桟橋のように板を張り出して仮設ホームに達するわけである.その桟橋の下に線路を敷設したということ.


工事完了後は,ホームのない線路を優等列車が通過していくわけである.そのこと自体は西武鉄道の池袋線で見慣れた風景だが,“地下線で”というのは,もしかしたら珍しい?

すべては,計画通りであるに違いない.しかし,一般の人たちは,きっと工事が進捗するたびにその変化に驚かされただろう.もっとこまめに観察に来るべきだったかと,ちょっとだけ後悔しながら,家路についた僕であった.

////隠す用
自社広報

今週月曜日の朝,いつもの時刻にいつもの駅からいつもの電車に乗ったら,なにか風景に違和感が.身体をぐるっと一巡りさせて気がついたのは,側扉上の液晶モニター.
 これまで30000系のモニターはスクエアな液晶画面が2面であり,それが西武鉄道の標準だったのだけれど,横に長い液晶画面が…….どこかで見たことある風景と思ったら,それは40000系.
DSCN7647
超ワイドの液晶画面.枕木方向に配置されたラインフローファンと高い天井が30000系である証し.

DSCN7650
江古田駅で下車後に,正面と側面のロゴを確認.どちらもオリジナルのままだった.


東急電鉄の5050系では,一部で2面のワイド幅液晶への交換が行なわれていて,いずれ西武でも?とは思っていたけれど,実施するとすれば地下鉄乗り入れの6000系だろうと思っていた.それが30000系で,しかも超ワイドとは.
 ちなみにその編成は8連の第3編成.最初に落成したグループの1本である.だから昨年1月号の西武特集でも記事にした通り,室内燈は既に直管タイプLED球に交換されている.一方では先頭車側面の詩ロゴは“SEIBU”のままで,正面窓下のロゴも残っていた.江古田の駅で降りてから外観を確かめてみたけれど,その特徴はそのままだから,定期的な大掛かりな検査を受けたわけではなさそうである.近年の検査回帰ではそんなことはあり得ないし.だからきっと,液晶画面を取り替えるためだけに入場したか,あるいは車両センターで施工されたものだろう.
 これが試験的なものなのか,本格的な交換の最初なのか,これから30000系に乗る度に確かめる必要が出てきた.
 そういえば30000系の正面と先頭車側面ロゴの撤去及び交換,最近はあまり進捗していないような気もする.それとも新宿線で使われている編成は変更されているのだろうか.たまにはあちらへも出向かなければ,である.

昨年12月号で特集してご好評をいただいた9000系電車.空調装置の載せ替えを除けば,もう変化はないだろうと思っていたら,第3編成がまさかの正面エコマーク撤去となった.
DSCN7040
スッキリした9000系第3編成の顔.編成全体を塗り替えたのか,貫通扉だけの更新なのかは不明だが,表情は一変した.


9000系といえば,ひとつお詫び.記事の中で“SEIBU”ロゴが残っているのは第6編成だけとなり,それが廃車となったから消滅…という意味のことを書いてしまったのだけれど,実は第7編成も“SEIBU”ロゴのままなのである.あとで気づいたのではなくて,調査段階で把握していたにもかかわらず,なぜか(ほんとうに),1編成だけだ,などと記してしまったのだった.

お詫びのしるしに,証拠写真を……
DSCN7009
“SEIBU”の文字が残る9000系第7編成.1月10日夜の練馬駅.


乗り入れてくる東急電車は,5000系第22編成の“青ガエル”が目立っているだけで,大きな変化に気づいていない.東京地下鉄は10000系のフルカラーLED化が第21編成あたりでストップしているような気がする.それ以外の変化はない…と思っていたのだけれど,正月早々,第22編成の前照燈の光の色が変化しているのに気づいた.
 遭遇するまでに少し時間を要したけれど,練馬の駅で停車中の姿を観察したところ,コイト電工製の花形LEDに交換しているのが確かめることができた.多分,試用中なのだろう.今後の展開が気になるところである.
DSCN7031
9000系第7編成を写したのと同じ日の練馬駅で10000系第22編成の花形LED前照燈を確認…でもこの写真じゃ,判りづらい.ちょっとピントも甘いし.

DSCN7072
別の日に編成後部を再撮影.鍵穴の形のライトケースで,東京地下鉄10000系であることが判る.


話は西武に戻って,6000系は室内燈のLED化が着々と進んでいる.主制御装置の更新も進展しているようで,通過する編成を観察していると新型を目にすることが増えている.でも,滅多に乗るチャンスが巡ってこないこの電車,なぜか,時折の乗車のチャンスでは,加減速時にGTOサイリスタの音が聞こえてくることが多いのだ.そういうめぐり合わせとしかいいようがないわけだが.

ということで,去年10月19日以来久し振りの,西武池袋線の日常観察記でありました.
////隠す用
自社広報

1月12日,西武鉄道とプロ野球チームの西武ライオンズから“三代目「L-train(エルトレイン)」が運行を開始します”“現在の二代目は2018年度末に運行を終える予定”との発表があった.
 思えば,3000系の3015編成が濃紺に球団のロゴを身にまとって登場したのが,平成22/2010年7月のことだった.
dscn1215
初代のエルトレイン.もっとも,愛称がついたのはこのラッピングが施されてから以後のことだったが.写真は柄が大きく派手だった飯能方先頭車.江古田 平成24/2012-10-31 
© SEIBU Lions,SEIBU Railway Co.,LTD.

約3年後の平成25/2013年12月にはこの編成が廃車となり,エルトレインは西武線から姿を消すことになる.
 しかし,さらに3年後の平成28/2016年には,二代目として9000系の第8編成が,濃紺…レジェンド・ブルー…に装われることになる.
 この二代目は,本誌の昨年12月号に掲載したMODELERS FILE 西武鉄道9000系の記事でも採りあげたから,沿線にお住まいでない方もご記憶にあることだろう.
DSCN5514
池袋方と飯能方とでデザインが異なった初代と異なり,両先頭ともに同じデザインのラッピングが施された9000系第8編成.富士見台 平成29/2017-11-16 
© SEIBU Lions,SEIBU Railway Co.,LTD.

その特集で記した通り,9000系は昨年秋から廃車が始まり,まずは第6編成が11月に引退した.残る9本もいずれは……ということが予想される中の,今回の発表というわけである.もっとも,“2018年度末”であるから,当初の予定通り,あと1年間程度は走るわけで,すぐに入れ替えになるということではない.ちょっと安心?

そして三代目.今回は20000系の10輛編成がラッピングの対象となった.番号は第4編成と第5編成……どちらも新宿線?と思ったのだが…….ちゃんと“新宿線に1編成,池袋線にも…(中略)…もう1編成”と記されていた.
 1月15日,第4編成が池袋線,第5編成が新宿線で走りはじめたのだった.
 例によって(?)地上線用の10輛固定編成にはなかなか乗るチャンスのない僕である.通勤途上でチラリホラリと見掛けはするものの,乗車はおろか,なかなか写真撮影もできない日が続いた.
 それが今朝,乗っている電車がなんだか紺色の編成に追い越されたような気がしたものだから,中村橋のホームで折り返しを待つことしばし.
DSCN7602
ようやく,明るい空の下での撮影が叶った次第.快晴ならば完全に逆光となるところ,薄曇りだったので,なんとか,というところ.
© SEIBU Lions,SEIBU Railway Co.,LTD.

この20000系という電車,もともと正面腰板部は青だったから,前からみれば,単にライオンズのロゴを貼っただけのように思ってしまうのだけれど,コーナー部にはオリジナルの青が残っているので,ちゃんとレジェンド・ブルーにラッピングされていることが判る.

さらに今日の帰り道,練馬の駅で池袋行き快速として到着するエルトレインを目撃.それっとばかりに反対側のホームへ.
DSCN7610
今回の目玉は,腰掛の背摺りにライオンズのロゴを入れたこと.お客さんが座ってしまえば見えないのだが,そこがかえってお洒落?なにしろホームを駆け上がったものだから,少し手振れ.

DSCN7609
飯能方先頭車だけは,[L]の字がたくさん並んでいた.朝は女性専用車になるから区別するためだろうか.
DSCN7612
号車番号を野球のボールにデザインしているところは初代からの伝統.


この1年のうちには,なんとかどこかで20000系と9000系のすれ違いを撮りたいものだが,さて,どうなることか.

※2018.02.02:“レオのロゴ”を“球団のロゴ”に修正.ほか一部語句修正

↑このページのトップヘ