モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

先週の土曜日,3月16日早朝の西武鉄道池袋駅が特別な空気に包まれた.
B8B_9204
7時8分,6,7番線ホームに来賓着席.

列席者は前列左から,西武鉄道代表取締役社長 若林 久,豊島区区長 高野之夫,西武鉄道取締役会長 後藤高志,建築家 妹島和世,女優 土屋太鳳.2列目左から,西武鉄道鉄道本部池袋駅管区長 渡邊 進,建築家 棚瀬純孝,照明家 豊久将三,テキスタイルデザナー 安東陽子,日立製作所執行役常務 光冨眞哉のみなさん.
_9X_0336
7時11分,001系“Laview”到着.写真:西武鉄道

この日から営業運転を開始する,001系“Laview”の出発式が催されたのである.

001系“Laview”については,2017年6月の構想発表から,昨年10月29日の愛称発表,今年1月29日の営業運転開始日発表,車輛の報道公開,まで,随時お知らせしてきた.

そして昨日発売のとれいん4月号MODELERS FILEでは,詳細を徹底紹介した.

さて式典は西武鉄道後藤会長,妹島さん,高野区長のあいさつへ進み,そして
B8B_9235
7時25分,テープカットの前に,ポーズ.
B8B_9275
7時28分,初列車を運転する小手指乗務所の大石 秀さんに,土屋太鳳さんから花束贈呈.

最後の,出発合図となった時,時計の針は発車1分前の7時29分を指していた.
B8B_9310

そして定刻を3分過ぎた7時33分,列車はようやく発車.車内には後藤会長と妹島さんの姿も見える.

渡邊駅管区長とともに,3分間も右腕を挙げ続けた土屋さん,思わず“疲れちゃった”.しかしすかさず“ずっと電車を見ていることができたから,嬉しかったけど”.西武鉄道のイメージキャラクターを3年間も続けているだけあって,フォローも忘れないのは,流石.

さて,式典での撮影を終えた僕は,同じ池袋の西口,東武鉄道池袋駅での“川越特急”出発式に向かう他社のスタッフたちと別れ,初列車の戻りを迎えるために沿線へ出ることにした.
 どこで撮ろうか…飯能の奥まで行くのは時間的に厳しいし…と,いうことで降り立ったのはひばりヶ丘駅.
 目的地は保谷方面へ戻ったところのカーブ.南側は学校で,北側に農地が広がる好撮影地……だったのだが,近年は住宅が線路に迫ってきているので,実際には初訪問に近い場所.
B8A_9424
やっぱり“まぁるい”先頭車を表現したくて選んだポジション.全編成を入れることは,はなから考えなかった.欲をいえば右の電柱が列車の頭に近いし,左端では新築中の家も気になるところではある.

高速シャッターでも文字が欠けにくいLEDに期待したが,さすがに1/1,600秒では欠けた.でも,ちゃんと“Chichibu”と読み取ることができるのに,びっくり.
 試運転や報道公開の時には気づかなかった点が,前照燈の点け方.コイト電工の花形の周囲にもLEDが配置されているのは紹介記事でも説明した.上半分を点燈させて尾燈とともに“赤いほっぺのスマイル”を演出するわけだが,営業列車では,ぐるっと一周,点燈していたのだった.お目に掛けた2枚の写真からも判っていただけるだろうか.

ついでに(?)連結器についての補足説明を……“20000系で使われているのと同じ,角が尖っていないタイプである”と記したが,さらに詳しく説明するならば“20000系の8連グループの一部で使われているのと同じ”である.10連は普通の角(先端)が尖ったタイプであり,8連も前期グループは先端は尖っていないものの穴が開いたタイプを使っているからである.
B8A_9492
池袋発の“Laview”2列車目を撮影すべく移動した保谷の留置線に並んでいた,20000系8連の第2編成(左)と第8編成(右).格納式であることはともに同じだが,連結器胴受けの形も異なっている.

そういえば,第8編成の“銀河鉄道999”ラッピング.間もなく解除になるそうだ.3月24日に豊島園の駅で“2代目 銀河鉄道999デザイン電車さよならイベント”が実施されるとのリリースが,3月7日に発表されている.
 もうひとつ,平成28/2016年1月17日から走っている二代目“L-trains”の9000系第8編成も“約3年間”と予告されているから,予定通りなら,もうすぐ終了となるはず.廃車なのかラッピングを外してそのまま活躍を続けるのか.注目したいところである.

週明けの19日からはB編成も運用に就いたようだ.4月以降の落成スケジュールも気になる.一方で10000系の動きも気になる.まさに出会いと別れが錯綜する春である.

※2019.03.21:写真1点差し替え

////隠す用
自社広報

1904

【今月のオススメ記事】
西武鉄道新特急車“Laview”こと001系のデビューです.色も形も形式のつけ方も,これまでの西武鉄道には前例のない,まったく新しい電車です.本誌ではデビューと同時にその全貌を徹底取材し,ご紹介します.最大の特徴である前頭部も,その形状が解る詳細図面を掲載しています.
 もうひとつの注目記事は,東武鉄道7800系をの“鉄道コレクション”ディテールアップです.それに合わせて,不定期連載中の東武鉄道7800系の記録も,日立製7800系にスポットライトを当てて採り上げます.
 毎年恒例の,欧州製品最新情報.3回連載の第1回目が掲載されています.いつもながら,盛り沢山の情報の中から興味のある製品を見つけ出してください.
 西武の赤電作品集は連載第2回目です.併せて,今年の課題も発表されます.
 その他イベントレポート,一般記事や好評の連載記事も満載です.

【目次】
MODELERS FILE--------------------------------------
  4 MODELERS FILE 西武鉄道 001系電車
     作ったのは 新しい風景 新特急車“Laview”デビュー
        まとめ:前里 孝 写真:前里 孝/山賀 一俊/脇 雅恵
                   取材協力・資料提供: 西武鉄道
注目記事-------------------------------------------
 3・36 鉄コレ東武78OO形 ディテールアップのススメ
     赤幌『デメキン』製作記
        製作・文・写真:矢田 和之 スタジオ撮影:松本まさとし
 24 東武鉄道 7300・78OO系 ~“カステラ電車”たちの記録~
      〈Vol.7〉カステラと呼び難い鋼板屋根の日立製7860形グループ
                 写真:林 智春 文・作図:山賀 一俊
               写真協力:織川 和也/小山 泰功/矢田 和之
          調査協力:上田 康晴/林 智晴/久留 欣彦/矢田 和之
---------------------------------------------------
 16 2019 ニュルンベルクトイメッセ
    欧州新製品情報 前編
      特別協力:Spielwarenmesse eG Nuernberg
           シュピールヴァーレンメッセ日本代表部
           チムニー/現地各法人・団体 写真協力:チムニー
 40 好みのディテールアップと増速フライホイールで仕上げた
     TOMB LUMBER CO. 13t Shay      田岡 広樹
 56 西武赤電&旧国モハ50系改造車をみんなで作ろう! Part2
     JAM2018の成果を発表します.今年の課題にも大注目!
       製作:チームおやびん/取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
----------------------------------------
 44 Nゲージ古典機への誘い /小川 謙二
   第19回 Pittsburgh (米)
 48 DieselPower in USA! /佐々木 也寸志
   Vo.76 イリノイ・インディアナ・オハイオ各州鉄道情報
   インディアナ州 Part1
 52 工イジングストラクチヤー /製作・文:伊藤 肇(匠ジオラマエ芸舎)
   情景職人が生み出す“時間・質感・生活感”
   第19回三波簡易郵便局(その1)
   撮影:伊藤 肇・山中 洋
 64 線路は続くよいつまでも 第104回 /信沢 あつし
   街は変われど裏には往時の線路が続く
   埼玉県幸手市(3)長島ガラス
 66 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
   第86回 UC5形有蓋コンテナの解説(22)
 70 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S
   第75回 強力なプラモデル用接着剤 
 80 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 74 新車登場
 93 輝け!日本の運転会
 94 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
   第93回:台湾の鉄道(その1)
 95 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
   第59回:台湾の旅2018 その2
 96 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大 運行計画 2019年4月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引

2019年3月20日(水)発売
定価:本体1,435円+税

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

J75
◆第75号の主な内容(登場順)

特集 
関東の煙 今昔


 関東地区の動態保存蒸機
 八高,横浜線の思い出
 総武,成田線の蒸機
 新鶴見操車場
 大宮のキューロク
 武蔵野を走る蒸機
 首都圏の蒸機 昭和40年代前半
 昭和29/1954年 東京近郊の蒸機

とれいん
5月増刊
定価:本体3,000円+税
A4判横綴じ84ページ
(内カラー16ページ)
2019年3月20日(水)発売

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

気がつけば3月も半ば.来週はお彼岸である.あたふたしているうちに世の中ではどんどん新しいことが始まっている.
 昨年の秋に落成した東京地下鉄丸ノ内線の2000系電車も,営業運転が始まった.なかなか昼間の本線での試運転が始まらないので,もうちょっと先のことかと思っていたのだけれど,2月19日に“丸ノ内線新型車両2000系いよいよデビュー!”という発表が行なわれた.
 2000系の概要については,本誌の“いちぶんのいち情報室”や,昨年10月11日のここlでもお伝えしている.けれど,地下鉄車輛としては異例ともいえる丸い顔が,東京の風景と,どのようにマッチするのか,あるいはアンマッチなのか,興味津々であった.
 そのチャンスは,今週のはじめにようやく巡ってきた.夕方からの都心での打ち合わせに出向く途上,中野坂上で僕の目の前に登場してくれた.
DSCN3570
3月12日16時22分,中野坂上駅に到着の2000系第1編成.ちょうど丸窓のあたりを写すことができた.

乗ってみて,02系より,一段と静かになった感じがしたのは,操舵台車のことを知っているからだろうか.
 注目していたのは,各車1ヵ所ずつのフリースペースに設けられたコンセントが活用されているかどうか…….込んでいる車内を6輛全部見て回るわけにはいかなかったが,少なくとも四ッ谷までの間,編成の牛穂半分3ヵ所では,使われている様子がなかった.ちょっと残念.
 それどころか,物珍しげに車内を見回しているのは,ただ,僕ばかり.まぁ,営業運転開始から2週間以上も経っているのだから,当たり前なのかもしれないが.中野坂上での写真でも,電車に気づいて目を見張っている,なんて人はいない,ということが判るだろう.
DSCN3575
四ッ谷に到着して去り行く後ろ姿を…と思ったのだけれど,向こうから02系がやってきたものだから,アングルを調整しきれず,2000系の左端は切れるし,なによりピンぼけになってしまった…….

ということで,用事を済ませて,池袋からの戻りを待ち構えることにしたのだけれど,それよりも前に,別の2000系が新宿方からやってきて,びっくり.
DSCN3581
こちらは第3編成だった.運行番号は51.ちなみに先ほどの第1編成は運行番号81だった.
DSCN3592
そして戻ってきた第1編成.西武001系ほどではないにしても,正面の窓には,いろんな風景が写り込む.眺めている分には楽しいが,写真撮影となれば,悩ましいことこの上ない.僕以外に,この電車に注目するお客さんがいた.

2000系を待っているうちに,02系を観察しながらスナップしていて,いろんなことに気づいてしまった.初期のチョッパ制御車はインバータ制御に更新し,室内も模様替えし,さらに車体外部帯にサインカーブを描いた…ということは知っていたのだけれど.
DSCN3580
最初からインバータ制御で新造されたグループ.平成4/1992年製の途中,第20編成からだったように覚えている.
DSCN3588
インバータ制御に更新されたグループ.新造時は行先表示が幕式だった.更新時にLEDに交換.よく見ると車掌側(丸ノ内線はワンマン運転だが)窓下部に二桁の数字がある.編成番号のようである.

チョッパ車のグループは,行先表示を途中でLEDに変更して新造されている.また,最初の4編成は,冷房装置は準備工事だけで,非冷房のまま落成している.これらは現在,すべて統一され……と思ったら,帰りがけに見た第33編成…東京地下鉄の編成番号では93編成…は,最初からのインバータ車なのに,編成番号札を窓に取り付けていた.

ということで,今さらながら,02系各編成ごとの特徴観察も急がなければならない.なにしろ後3年で53編成全部を一気に置き替えるというのだから.このような一斉置き換えでは,製造年次にかかわらず,検査期限の近いものから順次廃車になるのが通例だから,まったく目を離すことはできないのである.

それにしても,古い編成で30年,新しい編成は25年しか経過していない,素人考えでは,ほとんと雨にあたっていないのだから,まだまだしっかりしているはず.とはいうものの,ゲージが1,435mmだということと,集電が第三軌条ということは,他鉄道線への譲渡には大きなハンディとなるのも,また,間違いないところではある.どのようになるのだろうか.と,いつものとおり,課題がひとつ増えた,早春の夕暮れであった.

////隠す用
自社広報

先々週のここで,40年ぶりのJR貨物吹田機関区訪問をお話しした.その結果は,好評発売中のとれいん3月号で発表している.同行してくださった来住憲司さんと吹田の駅で待ち合わせ.この駅を利用するのも,何年ぶりのことだろうか.
 吹田の機関区へは,この駅で電車を降りて,本線と吹田工場との間の路地のようなところを延々と歩いて…木造の冷蔵車が留置してあったのを覚えている.今にして思えば,なぜ写真を撮らなかったのか…通ったものである.
 それよりなにより,駅に隣接してアサヒビールの大工場があり,数え切れないほどの有蓋車が留置されていたのも,印象的だった.そういえば,昭和40年代ごろまでの京阪神間には,ここ吹田を筆頭に,尼崎には麒麟麦酒,向日町にはタカラビール…のちに麒麟麦酒になった…,西ノ宮にはアサヒビールの工場があって,いずれも多くの貨車がたむろしていたものである.吹田と西ノ宮のアサヒビール工場は今も盛業中だが,貨車の姿は,とっくの昔に消え去ってしまった.

ところが,久し振りに吹田の駅に降りたってみてびっくり,ホームの目の前を,31フィートコンテナがゆっくりと移動してゆくではないか.
 ナニゴト? と目を凝らしてみれば,そのコンテナは貨車に載っているのではなくて,トレーラーで移動中であった.どうやら,新しくできた吹田貨物ターミナルの構内通路として,かつてのビール工場荷役場用地が活用されているようなのだ.
 しかも,工場にはその取付道路へのゲートが設けられていて,コンテナでの出荷に活用されている様子.どうせなら線路を敷いてトレーラーを介在させずに出荷すればよいのに…と思うのは,きっと“好き者の戯言”ではあるのだろうが.
DSCN2127
アサヒビール工場のゲート前を通過する,日通のUV48A-38070.31フィートのウィングコンテナである.“ECO LINER”という愛称がある.
DSCN2124
吹田操車場…ではなくて,吹田貨物ターミナル方面をのぞむ.目の前の高層ビルにはびっくり仰天だが,たくさん並んだ線路は,むしろ見慣れた吹田の風景.取付道路は急勾配を下って本線の下を潜り,ターミナル駅の荷役場へと向かって行く.ほぼ同じアングルで撮影した,40年以上前の写真もあるはずなのだが,探し出しているヒマがなかった.また次の機会のお楽しみに!
DSCN2130
ほどなく,今度はJOT(日本石油輸送)の31フィートウィングコンテナ,U50Aらしいのだが,番号を読むことができない……39543…だろうか.載せられているのが味の素物流のトレーラーだから,味の素の製品か原料を輸送している?東京貨物ターミナルと大阪及び福岡貨物ターミナルの間の専用とされている.

さて,無事に撮影を終えて駅へと戻ってきた僕である.駅前に見つけたのが,この風景.
DSCN2143
なんともシュールな情景である.鉄道の車輪が1枚だけで自立している.車軸もない.でもレールらしいものは敷かれている.“鉄道の町”としての吹田を象徴したモニュメントなのだろうか.

そして懐かしい地下の改札口からホームへと戻る.木製柱の上屋は,橋上駅を新築した際に分断されてしまっているが,それを挟んで南北は,元のままで健在だった.
DSCN2144
財産票を探している余裕はなかったが,戦災に遭っていないとすれば,昭和初期の複々線化,電化のころの造作だろうと思う,ちょっと古風に見える梁の組み方である.
DSCN2145
京都方面行きのホームを見れば,同じ構造の上屋を見渡すことができる.

吹田は,長らく緩行線の区間電車折り返し駅だった.その当時,どのホームでどうやって折り返していたのか,すぐには思い出せない.西の甲子園口だって,今では面影がほとんど失われているけれど.
DSCN2147
その京都方面行きホームの大阪方を眺めれば,なんと,優雅な軒飾りが残っていた.柱は古レール! しかし時は既に遅く,乗るべき電車がもう,こちら側のホームに差し掛かっていたのだった.

また,吹田駅へ行き直さねばならなくなったではないか.

※2019.03.11:西ノ宮駅隣接のアサヒビール工場は廃業し,更地になったとのこと.よって抹消.

↑このページのトップヘ