モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

5HB_3725_01
カメラマンの松本正敏です。
西武鉄道多摩川線では、昨年(2017年)「多摩川線開業100周年」として「伊豆箱根鉄道創立100周年」とのコラボ企画でN101系1編成を伊豆箱根鉄道1300系と同じカラーで、9月29日~12月31日まで走らせていました。残り3編成には3色の100周年のヘッドマーク(シールタイプ)を取り付けていました。
その後その塗装が好評な事からコラボマークは外したものの同色のまま2018年1月19日までは多摩川線で、1月24日から多摩湖線へと移動し現在も活躍中とのこと。

その多摩川線開業100周年イベントの際、アンケートで西武鉄道701系のデビュー時のレッド×ベージュ(通称=赤電)の復活塗装の要望が多かったため、2017年12月17日~先に多摩湖線復活走行した後2018年1月24日~伊豆箱根色と入れ替わり、多摩川線で走り始めました。
続いてN101系デビュー時で西武鉄道伝統のイエロー×ベージュも3月24日~4月6日は赤電と同じように多摩湖線を経て4月18日~多摩川線に移転して赤、黄色共に当面の間走ることになりました。

桜のシーズンは間に合いません(今年は特に早い)でしたが、新緑が綺麗なので近所でもあり散歩がてら賑やかになってきた多摩川線へ出かけて来ましたのでご覧ください。とても懐かしい雰囲気です。

5HC_3222_01
のどかな風景を赤電が行く。丁度農作業の準備?が始まりました。

5HC_3303_01
白糸台の駅を出発。

5HC_3326_01
白糸台駅に並ぶ赤色と黄色。タイムスリップしたかのよう。

5HC_3445_01
おでこの塗りわけ方が個人的にはクエッションでしたが、この角度で見ると悪く無いかも?

5HC_3504_01
青空をバックに走る黄色電車。やはりこの色似合っています。

D4S_0346_01
5HC_3562_01
沿線の緑は綺麗でしたが、花が無いなぁと彷徨って・・・何とか無理やりでしたが見つけました。


他の西武線との接続がない不思議な孤島多摩川線。8kmと短いですが楽しい路線です。是非お越し下さい。(笑)

多摩湖線へ行った伊豆箱根色帰ってこないかなぁ?残っているN101系2本の今後は塗装変更あったりするのだろうか?・・・は、私の希望と妄想です。
5HB_3660_01
////隠す用
自社広報

日常の話題の続きはJR東日本の山手線E235電車.
 去年7月23日のここで“JR東日本 E235系量産車 続々落成中”と題して登場をお伝えした,E235系量産編成.平成29年度に予定されていた増備分15編成が出揃ったかと思ったら,引き続いて4月に入ってすぐに今年度分と思しき編成が新津から到着し始めた.
 そろそろ全体の3分の1を占めるようになって,それほど待たずに乗ることができるようになった.これだけ連続して製造されているのだから,バリエーション展開はない…といいたいところだけれど,仔細に観察してみると,いくつかの変化を見ることができる.
 その第一は,トウ12編成の3号車,モハE235-36の屋根に…….量産先行車トウ01編成のモハE235-1と同様のLED投光器や機器箱が取り付けられた.電車線路設備検測装置である.昨年の12月も押し迫ったころに営業運転に就役したようで,正月に発見してはいたのだけれど,なかなか写真を撮るチャンスがなくて,今週の月曜日,夕方の待ち合わせに先がけて,ようやく品川で捉まえることができたのだった.
DSCN8633
パンタグラフ…東京駅での神戸(熱海)方…の隣りにはふたつの箱とLED投光器を取り付け.
DSCN8637
空調装置を挟んで上野方には3つの箱を取り付けている.

少なくとも外観で見る限り,本誌2015年6月号(通巻486号)のMODELERS FILEに掲載した,量産先行編成に取り付けられた装置と変わるところはなさそうである.中身については……調べてみることにしよう.
 そういえば,トウ01編成の設備はどうするのだろうか.2編成用意して外回りと内回りを同日に検測する体制をつくるのか?それともトウ01編成のそれは撤去されるのか?
DSCN8664
上の2枚の写真の1時間後.もう待ち合わせ時刻までギリギリなのだけれど,外回りを一周してきたところでなんとか撮影できた外観全体.
DSCN8670
パンタグラフ周辺を海側から見る.この日は検測していなかったようで,投光器は消燈していた.

二つめは,トウ16編成の東京方(東京駅での上野方)先頭車であるクハE235-16.この車輛の運転室と客室との仕切り壁櫛桁部に,普通では取り付けられていないプレートが1枚ある.これは本誌の4月号情報室やMODELERS FILE“東急電鉄2020・6020系電車”でお知らせした通り,総合車両製作所新津事業所が,JR東日本新津車両製作所時代からの通算で5,000輛製造を達成した記念の,プレート…ではなくて,実際にはステッカーなのだけれど,立体感を上手く表現したデザインで,どうみてもプレートなのである.
DSCN8639
仕切り壁上部全体.向かって右に普通の銘板と車輛番号札.左が記念プレート.
DSCN8649
プレートのクローズアップ.“新津事業所”と“5000両製造記念”の文字を横切るのは室内燈の反射ではなくて,これもデザインの一部.引き抜きリベットまで表現されているところが凄い.

どこかで見たことがあるような…と思ったら,総合車両製作所の,東急車輌製造から通算して8,000輛目のオールステンレス車であるクハE233-6023に取り付けられたのと同じデザインであった.

三つめは量産先行編成.これはまだ,ちらっと見ただけなので確認できていないのだけれど,どうやらATS-Pを撤去したようで,先頭車の保安装置標記が“C”だけになっていた,ような,気がする.もともと試運転で各線区へ入る必要から搭載されていたものだから,もう必要がないのだろう.重量の標記はどうなっただろうか.他にもまだ気づいていない変化があるかもしれない.山手線もまだまだ観察のネタは尽きない.
DSCN7676
そうそう,月替わりのE235系バックサイン.2月の“梅”が未撮影で残っていたけれど,夕闇迫る大塚でなんとか捉えることに成功している.ちょっと不自然なアングルだけれど,スナップ可能な時間的余裕がある外出ってほとんどなくて,2月はこの日だけだったのだから.それはご勘弁を.とにかく,これでようやく“コンプリート”! ちなみに4月の“桜”は,去年までと同じデザインである.

////隠す用
自社広報

T1805

【今月のおすすめ記事】
京都出町柳から比叡の懐へと走る叡山電車に,新しい観光用電車“ひえい”が登場しました.デオ730形を改造したものですが,面影は車体のシルエットだけともいえるほどに大変貌.モチーフは“すべてが楕円”.乗客や沿線の人々を未知の時空に誘い込もうとしています.どこをどのように工夫してこの形を具現化したのか,細部にいたるまでMODELERS FILEで紹介しています.
 今月の紙成模型塾は,西武鉄道の元旧型国電311系です.宮下洋一さんを講師に迎えて今年のJAMに向けての工作が始まります.
 シベリア鉄道乗車記は西行きの終着,モスクワに到着です.
 多くのモデラーが寄り集まって作製したジオラマモジュール.“自由すぎる”と謳われている通りの,バラエティ豊かな作品の数々をお楽しみください.
 その他,一般記事や好評の連載記事も満載です.


【目次】
MODELERS FILE---------------------------------------------
  6 MODELERS FILE 叡山電鉄
    八瀬・比叡山へと誘う新たな観光用車輛「ひえい」
    手塩にかけたオーダーメイド
         写真:来住 憲司/山賀 一俊 文・作図:山賀 一俊
                         協力:叡山電鉄
注目記事--------------------------------------------------
 14 紙成模型塾 第48講 西武311系
    西武の赤電をみんなで作ろう!(JAM課題)    講師:宮下 洋一
----------------------------------------------------------
  3・38 第3回 池袋鉄道模型芸術祭
  4 Products Data file トミックス製
                  国鉄/JR四国 キハ181系(16番)
 22 自由すぎるジオラマ・モジュール
     “鉄犬モハモハ主義”がJAMに進出.そして今年も… Part1
     乾 純・上野 尚之・太田 守彦・荻原 俊夫・澤 茂樹・下村 和也・
        杉山 壽雄・樽井 健太郎・長谷 基司・針生 秀樹・洞澤 宏樹・
          松本 潤一・宮下 洋一・村上 喜俊・森岡 仁志・山野 満
                 取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
 30 2018 ニュルンベルクトイメッセ
     欧州新製品情報 中編
 42 東武鉄道 7300・7800系
     ~“カステラ電車”たちの記録~
     <Vol.5>ナナハチ最大勢力!7820形3-東洋社グループ(前編)
            写真:林 智春/矢田 和之 文・作図:山賀 一俊
     調査協力:上田 康晴/小山 泰功/林 智春/久留 欣彦/矢田 和之
  50 シベリア鉄道乗車記
     その3~西行き5日目から7日目(終着)まで~    大島 仁知
  62 6.5mm改軌Nファインレイアウトのすすめ
     第7回(最終回):改良型PWMコントローラーの製作  宮城 幸一郎
  66 柏崎トレインアトラクション'17
    ~祝!柏崎鉄道開通120周年!柏崎鉄の陣~
             取材協力:前田淳志・鉄道模型同好会とな会
                      現地撮影:近藤 桂一朗
 70 中国型模型製品事情 第2回:25型客車 編      横川 和明
 78 エイジング ストラクチャー
    情景職人が生み出す“時間・質感・生活感”
    特別編 アドバンスのガントリークレーン その2
                製作・文:伊藤 肇(匠ジオラマ工芸舎)
             撮影:伊藤 肇・山中 洋 協力:アドバンス
 84 ギミック満載の台糖370号機
    在台メーカーが開発したGゲージが面白い
147 紙成模型塾 型紙 第48講 西武311(371)系   講師:宮下 洋一
---------------------------------------------
 20 線路は続くよいつまでも /信沢 あつし
    第93回 歴史ある町にトロッコあり
    甲州街道上諏訪宿の藁屋
 56 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第76回 UC5形有蓋コンテナの解説(12)
 60 Coffee Cup /前里 孝
    展望室付き小田急ロマンスカー現役三代LSE,VSE,GSE
 76 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S
    第65回 職人堅気 面取りツール
 82 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 86 新車登場
108 “林”発掘再生工場 Season3 /林 信之
    第9回:こんなアバウトな品でも“形式2900”です
109 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第82回:蒸気動車(その3)
110 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第48回:懇談会にて
111 輝け!日本の運転会
112 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大 運行計画 2018年5月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
140 いちぶんのいち情報室
144 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
145 Combo Caboose・掲載広告索引

2018年4月21日(土)発売  定価:本体1,435円+税 

eshumi-kounyu
amazon

【訂 正】
「新車登場」の記事の中で、94ページのカツミ製品 「国鉄クモハ43+クハ68」の塗装済完成品の値段に誤りがございました。

(誤)塗装済完成品(2輛セット)…118,000円(税別)
(正)塗装済完成品(2輛セット)…223,000円(税別)

ここに訂正の上、謹んでお詫び申し上げます。

2018年4月26日
////隠す用
自社広報

R106

◆誕生から50年のEF66
いわゆる“よん・さん・とお”で定期運用を開始してから今年で50年.
 本格的な高速貨物列車時代の幕開けを,まさに牽引したEF66の誕生からその後の移り変わりを振り返ってみました.
 当時のメーカー側担当者だった斎間 亨さんが語られた,デザイン裏話をレイルNo.12から再収録.試作機EF90が落成した直後に西尾克三郎さんが撮影された写真を,50年振りに公開.国鉄時代の東海道・山陽本線での活躍の様子を早川昭文さんの写真でグラフ構成.そしてファンが見た1次型EF66,20輛の思い出を,ふちい萬麗さんが語ります.

◆古いアルバム
部屋に眠っていた古い写真アルバム.仲間とともに解き明かそうとしていたら,実は自分の手元にも同じプリントが…,と話が展開.いつ,どこで撮影された写真なのか,いろいろと想像し,調べて探索するのも,鉄道の楽しみ方のひとつでしょう.

◆駅名標こぼれ話
第3回目では,終戦直後の有楽町駅を撮影したカラー写真など,駅名標のみならず,鉄道情景としても貴重な写真や文献が多数紹介されます.著者はもちろん高見彰彦さん.

◆公式写真に見る国鉄客車
第9回目はTR23を使ったスハフ34200とスハフ34400…スハフ32,スハニ35650とスハニ36700…スハニ31,そしてスハニ36750…スハニ32の5形式です.

2018年4月21日(土)発売 定価:本体3,600円+税

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

関東周辺での新型車ラッシュは,ちょっと一段落.JR北海道のH100やマヤ35などの車輛にも興味津々だが,それは次の愉しみとして,ひとまず日常に戻ることができた.
 前回の地元電車の話題は,2月8日の“西武鉄道30000系の車内モニターが新品に 9000系その後 東京地下鉄10000系小変化”だったから,2ヵ月ちょっとぶりということになる.
 その間で最大の出来事はといえば,9000系が相次いで2編成,廃車になったこと.元きゃりーぱみゅぱみゅ(KPP)ラッピングの第1編成,そして最後まで先頭車横のサービスマーク表記が“SEIBU”だった第7編成である.前者は3月27日,後者は15日に横瀬での留置が目撃されている.これで残りは5編成ということになる.
 どちらの編成も,空調装置は古いCU72Dがほとんどだったが,いくつかはCU721やCU72でも新しいタイプが載っていたので,最後にはどのようになったか,客室腰掛座面とともに確認できなかったのを悔やんでいるところ.
DSCN7598
僕がちゃんと撮影した第1編成の最後の写真.2月1日朝の中村橋.池袋行き快速急行の後ろ姿である.

廃車というわけではないが,3月29日付けのここでお伝えした,横浜高速鉄道Y500系第7編成の,東急電鉄5050系第6編成時代の写真も見つけたので,併せてご覧いただく次第.
P7A_4996
2017年2月23日の都立大学と自由が丘の間.各停菊名行きである.

そして今日の本題“卵キャラクターラッピングを施した微笑み電車”,30000系8連第5編成のお話.普段はラッピングということには,さほどの興味をいだかない僕なのだが,この電車については,思わず“微笑んで”しまった.どんなかといえば…….
DSCN8397
飯能方からみた30000系8連第5編成の38105.正面にはにっこり笑顔が描かれ,側面は,最初からこの色で仕上がっていても西武電車としてはまったく違和感のない黄色.なにやらイラストがたくさん描かれている.
DSCN8399
38105の側面.“スマイルトレイン10th×gudetama5th”とある.その周囲には,さまざまな表情の卵?たちが乱舞している.

“gudetama”“ぐでたま”ってなぁに?と問われれば,よくわからない.詳しくは生みのの親であるサンリオのウェブサイトをご覧いただくとして,とにかく“ぐでぐでとしたやる気のない卵”なのだそうだ.
 西武30000系は,“微笑み”とともに,“卵”もモチーフとしていて,貫通扉などにたくさんの卵が“出演”している.そこで,30000系がデビューしてから10年となることと,“ぐでたま”の登場から5周年となるのを記念したコラボレーション,なのである.
 デビューは3月4日.池袋線系統に走っている.8連だから,江古田駅利用車の僕にもご縁があって,既に何度も乗車している.12月下旬まで走り続けるそうだから,今年いっぱい,池袋線で最も目立つ編成ということになるだろう.
DSCN8150
各袖仕切りにも,それぞれ異なった表情の“ぐでたま”が描かれている.僕の“お気に入り”が,これ.朝の出勤時に遭遇すると,ちょっと気が緩む危険ははらんでいるが.
DSCN8154
真面目(?)な話題としては,この編成,30000系8連としては2本目の,客室液晶画面更新編成でもある.電話の使用に関する注意や,側扉の引き込まれ防止注意も,特製品.

液晶の更新は,30000系2連第3編成や6000系第9編成でも確認している.試用の域を脱して今後は準じ更新されてゆくことになりそうである.6000系はGTOインバータ装置の編成であり,通常の定期検査とは別のメニューで実施されているようである.
DSCN8547
そして今日,出掛けた先のひばりが丘で,夕焼けバックの写真を…とコンパクトカメラを構えていたら,やってきたのがこの編成.池袋方は違う表情の“ぐでたま”が描かれている.隣りには東急5000系第22編成が….卵とカエルの競演となった.

↑このページのトップヘ