モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

最新のとれいん7月号(通巻535号)では,登場から1年余を経て,房総地区に定着したサイクリング列車“B.B.BASE”を採り上げてみた.
 編成外観や内部の撮影取材は落成直後に済ませていて,このブログでも,2017年12月17日付けのここで松本正敏さんが幕張車両センターでの取材結果をレポートしてくださっている.
 詳しくはそのブログと,今月号の本誌で!というところではあるのだが,それではあまりにも素っ気ない.MODELERS FILEならではの真横の写真を撮影するために出かけた折りの,使い切れなかったカットをお目に掛けることにしよう.
C8A_2821
1枚目は朝の,佐原行き…この日は佐原まで電車で出掛けて,水郷地帯を走り回るというプランだった….撮影場所は成田線の滑河と下総神崎の間.まっすぐな線路の両側に田圃が拡がっていて,真横写真にうってつけのシチュエーションではある.

チャンスは回送を含めて2往復しかないから,本来なら真横の写真を最初に撮影すべきなのだけれど,“表紙向けの写真も撮って来てね”という命題があったものだから……表紙で“回送”ではサマにならない…….
 しかし結果的には,表紙の縦横比に合致するアングルを得ることができず,普通の列車写真になってしまった次第.
C8A_2986
2枚めは夕方の,両国行き.めでたく表紙用写真を撮ることができた,その振り返りである.側窓に夕陽が反射して…….僕好みの光線状態ではあったのだが,表紙向けにはちょっと絵柄が大胆過ぎるということで,お蔵入り.

この日,この辺りの田圃は田植えの真っ盛り.一方では,夕方のこのポイントでは,線路に沿って麦畑もあって,綺麗な麦秋風景を繰り広げていた.
C8A_2954
米と麦との二毛作…というのは小学生のころに学校で習った,効果的な食料増産の手段である.この風景を前面に入れて…とも考えたけれど,やっぱり比率が表紙向けではない,ということで,涙を呑んだ.この画面の左側では,地元の方らしいファンが“麦秋とB.B.BASE”を撮影しておられた.きっとよい写真が撮れたことだろう.

さて,この2枚の場所,どちらも鹿島行き貨物列車の有名撮影地なのだそうだ.家に戻ってから知ったことだが.

その鹿島行き貨物列車.一般の209系を撮影している合間にやってきた.最初は,12時半に鹿島行き.
C8B_2904
牽引機はEF65 2139.1000番代のラストナンバーだった.連なるコキ107の上には塩化ビニル樹脂専用のUT22AやUT20Aが多数.コンテナの絵本によれば,前者はみなと運送,後者は中央通運の所有だそうだ.
C8B_2915
編成の後半は有蓋コンテナだった.コキ55000が淘汰されたことで,20Dや20Gという背の高いコンテナの増備が進んでいるようである.
C8A_2917
2本目はその約1時間後に,機関車の単機で成田方面へ向かっていった.その機関車はEF64 1033.一時期はほとんどの機関車が纏った“JR貨物色”も,数を減らしつつあるようだ.この日は,そのJR貨物色.喜んでよいのか.

1枚目と2枚目の撮影地の中間にあるのが,下総神崎…しもうさこうざき…である.かつては小口の貨物も扱っていた,典型的な亜幹線の小駅である.
DSCN5164
佐原方から成田方面を,駅の跨線橋から望む.209系の向こうには2本の貨物側線が残り,画面左手にも,もう1本線路が敷かれていたようにも思える.現在使われている2本の線路には,両方向ともにそれぞれ出発信号機が植わっている.この駅での折り返しが可能,ということである.
DSCN5204
駅の外の跨線橋から見た駅前広場.駅前のよろず屋はコンビニに変化しているけれど,雰囲気は往年の“普通の”駅前そのものである.
DSCN5193
最後にお目にかけるのは,駅前には欠かすことができない,周辺の案内地図である.

この地図には描かれていないが,実はこの駅,距離的には“成田ゆめ牧場”の最寄り駅でもある.無料送迎バスが発着するのは西隣の滑河ではあるが,自分の自動車で訪問するならば,世界最新の蒸気機関車,上野の亀の子の再来である“GINGER”とEF65と209系と…幅広く鉄道を楽しむことができる一帯なのである.

※熱心な読者から,“B.B.BASE”の記事について早くも感想をよせていただいている.嬉しいことである.その中で“機器更新やパンタグラフの交換が今回の改造に伴うものなのか南武線転用の時なのか,ちょっと紛らわしい”というご意見があった.確かに“床下艤装”の中で“改造に際して主要機器が…”という記述してしまっている.この“改造”が,B.B.BASEへの改造なのか,南武線転用改造なのか……“南武線用2200番代について”という項で説明してはいるのだが.確かに紛らわしいことであった.失礼しました.
////隠す用
自社広報

1907
【今月のオススメ記事】
現在,千葉県房総半島一体で地元の足を担っているのは209系電車です.もとは, JR東日本発足後初めての新設計通勤車として京浜東北線でデビューした電車です. 千葉へ転じるのに際して,トイレ取り付けや先頭車のセミクロスシート化,そして外観では帯色の変更など大きくリニューアルされました.さらに昨年の1月に は,“B.B.BASE”と銘打った,サイクリスト専用の編成もお目見えしました.この春に国土交通省から“自転車利用促進功績者”として表彰されたのを機に,改 めてMODELERS FILEの題材として詳しく紹介しました.
 今月の注目記事は,独自のメルヘンチックな世界を6題のパイクで紹介する記事と,中国型模型製品事情の2本を掲載しています.
 外国の話題はその他にも,復活運転を果たした米国ユニオン・パシフィック鉄道のBIGBOYを迫力写真で紹介します.
 Products Data fileも,カトー製品のドイツ鉄道最新特急ICE4です.
 その他イベントレポート,一般記事や好評の連載記事も満載です.

【目次】
MODELERS FILE--------------------------------------
  6 東日本旅客鉄道
    サイクリング列車“B.B.BASE”&209系2000・2100番代電車
    現代房総半島の主役とサイクリング特別編成を見る
      まとめ:前里 孝 写真:松本 まさとし/前里 孝/平野 聡
                 取材協力・資料提供:JR東日本
注目記事-------------------------------------------
 30 佐々木ワールド   メルヘンパイク6題    佐々木 謙一             
 38 中国型模型製品事情
    第3回:和諧型機関車編(前編)      横川 和明
----------------------------------------
 3・54 サロン・ド・庭園鉄道
     35年目の伊豆高原レイアウト   J.C.F.C. 佐藤 正純
  4 Products Data file 力トー製 ドイツ鉄道 ICE4(N)
 18 BIGBOY 走る!
   大陸横断鉄道開通150年記念 U.P.4014+844重連運転
                    写真と文:長島 壯夫
 22 グランシップ トレインフェスタ 2019   
                    取材・撮影:山中 洋
 50 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション
    第2回プラスチック用接着剤       山中 洋
 58 広電旧型車を作る その2
     宮島線の高床車            市川 豊光
 66 第58回静岡ホビーショー2019から
----------------------------------------
 36 線路は続くよいつまでも 第107回 /信沢 あつし
    創業からの歴史を語るレールたち
    埼玉県深谷市 旧日本煉瓦製造
 44 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第89回 UC5形有蓋コンテナの解説(25)
 48 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S
    第78回 模型用ポンチ
 52 台鉄ナビ /文:邸 浚嘉 翻訳:濱川 真由美
 62 N GAUGE EURO REMlX /解説:橋本 孔明
    第30回オーストリアの近郊列車 その2
 72 新車登場
 93 輝け!日本の運転会
 94 E.NUKlNAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第96回:天賞堂初期のプラ製品(その1)
 95 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第62回:名鉄線ポケモンスタンプラリー2018(前編)
 96 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大運行計画 2019年7月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引

2019年6月21日(金)発売
定価:本体1,435円+税


eshumi-kounyu
amazon


////隠す用
自社広報

J76


◆第76号の主な内容(登場順)

特集 
続・関東の私鉄  専用線の蒸機
 東武鉄道の蒸機列車
 関東の私鉄・専用線の蒸機 昭和30年前後
 浜川崎界隈
 日鉄鉱業羽鶴専用線

木曽路のD51 家族との触れ合い
中央西線3輛のD51
工業技術博物館の2109と成田ゆめ牧場の3号
サザン・パシフィック鉄道 ナローゲージ蒸機の復活


とれいん8月増刊
定価:本体3,000円+税
A4判横綴じ84ページ
(内カラー16ページ)
2019年6月21日(金)発売

eshumi-kounyu
amazon


////隠す用
自社広報

3月16日に華麗なるデビューを果たした,西武鉄道新特急車“Laview”こと001系.4月初旬には第3編成が搬入されていたのだが,実運用への投入がいつごろになるのか,楽しみにしていたら,今日の夕方,いきなり遭遇してしまった.
DSCN5677
場所は池袋駅.16時44分に到着した“ちちぶ32号”に充当されていたのを目撃した次第.

折り返し17時発の“むさし27号”となるわけで,これは運転開始当初からの運用である.
 Laview投入に備えて移設された新しい第1出発信号機などを眺めながら発車を待つ.
DSCN5690
8輛編成のLaviewに備えて,これまでの第1出発信号機を所沢方に移設したものである.裏側は……
DSCN5694
第4場内信号機.特急電車の停車中は,もちろん“赤”の現示である.かつては線路上にあったが,移設に際して出発信号機と背中合せになった.
DSCN5698

“むさし27号”が発車したら,現示は“黄”になった.次の特急まではまだ間があるのでは?と思ったのだが…….
DSCN5699
振り返ったら,またもやLaviewが!列車名表示は“Dome”.
DSCN5702
側面のLED表示.野球開催日に運転される臨時列車なのだそうだ.

今日は西武球場…メットライフドーム…での野球開催日なのだそうだ.今日の試合は埼玉西武ライオンズと読売巨人だという……でも僕の関心は,この列車に使われているのがA編成なのかB編成なのかということ.停車後に確かめたら,A編成だった.
 出発は17時8分,正式の列車愛称は“ドーム87号”で,試合終了のころに運転される池袋行きは“ドーム88号”である.

そういえば6月10日からは,Laviewの運用が増えているはず.掲示を調べてみたら,17時30分発の“ちちぶ29号”も,増発分に含まれている.
 ならば,と向かったのが練馬高野台駅の池袋方.
DSCN5726
狙いどおり,正面に夕陽を浴びて向かってくるLaviewを捉えることができた.欲をいえば,シャッターを押すのを,あと0.05秒こらえていたら,左頬の影はクリヤーできたはず.このあたりが,液晶ファインダーしかないコンパクトデジカメの限界なのかも…いやいや機材のせいにしてはいけない.

この編成は,調べるまでもない,B編成での運転である.ということで,ほんの1時間のうちに現有3編成すべてに逢うことができた,今日の締めくくりであった.

////隠す用
自社広報

一昨日6月4日は京急金沢文庫へ出向くことになった.
 目的地は総合車両製作所横浜事業所.どこかの新型車?ではなく旧型車である.となれば,ここでも何度が途中の状況をお話した,京浜急行電鉄のデハ230形236のことだろうと,熱心な読者の皆さんならば察してくださることだろう.
 最初は2017年5月25日付けのここでの“京浜急行電鉄デハ236が新天地へ”.ちょうど2年前のことである.川口市の公園から運び出される模様をお話している.2度目は2018年3月8日のここ“京急電鉄からのお便り デハ230形の整備進捗状況”として広報からご提供いただいた,復元作業中の写真をご紹介した.そして3度目は,12月13日のここでの“京急電鉄からのお便り 2018年12月”であった.
 そして半年後の今年5月27日に,“京急電鉄に帰郷して2年!『デハ230形』車体の修繕作業が完了しました”というご案内をいただいたのだった.その取材日が,おとといだったという次第.
 いつも,逸る気持ちを抑えきれず,指定の集合時刻より随分早く現地に到着してしまう僕だが,世の中にはさらなる強者(失礼!)がおられて,この日も,僕が到着した時点で,既に3人の取材仲間が到着していた.
 受け付けを済ませ,会議室での打ち合わせを終えて向かった建屋の中には,目指すデハ236が鎮座していたが,最初のセレモニーはこの作業に携わってきた,京急ファインテックと京浜急行,そして総合車両製作所の人々への,京急電鉄車両部長からの挨拶.
C8C_4128
向かって左から総合車両製作所,京浜急行電鉄,そして京急ファインテックのメンバーたち.右端で挨拶するのが京浜急行電鉄車両部長.

続いて,ようやく車輛そのものの撮影となった.まずは行き先札のない姿で…….
C8A_4150
川口市の公園から運び出された時の状態からは見ちがえるような姿を,我々の前に見せた,236だった.床下機器もパンタグラフも,すべてがピカピカになった.

残るは台車だが,これは現在,久里浜の京急ファインテックで整備中であり,もう間もなくできあがることになっているという.
 その台車と車体は,この総合車両製作所構内ではなく,横浜みなとみらい地区に建設が進められている京急新本社ビルにおいてだという.そのビルは,5月20日付けのプレスリリースで名称を“京急グループ本社”に決定し,9月17日から事務所の引越しが始まると発表された.
 このビルの1階には仮称“京急ミュージアム”という施設が設けられることになっており,では236は,その目玉的存在と位置付けられている.
 完成予想図には,もう1輛の電車のような“影”が見えるのだが,その正体は別の保存車輛ではなく,運転室部分を利用あるいは新製したシミュレータである.
C8A_4225
続いては貫通路からの室内見学,順番待ちでじっくりと眺め廻すことはできなかったけれど,その美しい仕上がりから,困難な作業が連続しただろうことがうかがい知れた.

写真では,吊り手の陰に隠れてしまってよく見えないのだが,蛍光燈の様子がちょっと変だなぁと思って質問してみたら,特注の“蛍光燈色LED”なんだそうだ.気合いのは入用をうかがい知ることができる事実のひとつだろう.
C8A_4240
運転室も見せていただいた.やはり現役時代の姿が美しく甦っている.床材は全面的に新調されているようだ.

ということで,
C8A_4234
最後は,現役時代の最終職場だった大師線の行き先札を取り付けての撮影タイムとなった.

ということで,現役時代最終期の姿を,ほぼ忠実に再現するというのが,今回の事業のコンセプトであるのを再確認したことであった.考えてみれば…みなくても,だが…,この電車が引退してから40年以上が経過している.この間に新造されて廃車になってしまった車輛も少なくないなかで,なんとも幸せな車輛だろうか,このデハ236は.

↑このページのトップヘ