モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

2週間ぶりに…8月に入ってから初めて…山手線の東側へ出かけることができた.所用を済ませてJR東日本の御茶ノ水駅へ戻ったところで,この駅の改良工事がどのぐらい進んだのか,ちょっと観察してみた.
 この界隈のことは,これまでも折りに触れてご紹介しているけれど,駅そのものについては,2016年6月30日のここが,もっとも新しいようである.
 最初は駅の東側に架かる聖橋の上から観察.2年前には聖橋そのものの,“聖橋長寿命化工事”という補強工事も実施中で,高い壁にはばまれて駅を自由に見下ろすことができなくなっていたが,それは終了しており,真新しい欄干から,神田川と御茶ノ水駅を眺めることができた.
DSCN0216
ホームのほぼ中央には大きな構造物が出来あがっていた.これを人工地盤として,新しい駅舎が構築されるわけである.

ひとしきり周囲の様子を観察してから西側へ回り,今度は御茶ノ水橋から東を望む.
 仮設桟橋の上の工事現場事務所は増築され,人工地盤との間には橋が架けられた.
 その人工地盤の上には鉄骨が組まれはじめていて,間もなく新しい駅舎のシルエットが姿を見せるだろうことを感じさせてくれる.
“石積みだった法面には,いかにも頑丈なコンクリート枠で覆われた.この周辺は風致地区に指定されているので,完成時には景観に配慮した仕上げが施されることになっているようだが,どのようになるのだろうか.”と記したその法面には草が植えられて,コンクリート枠はその影に隠されていた.
DSCN0217
お茶の水橋上から見た駅全体.手前の法面は草で覆われていて自然な景観を取り戻した.遥か向こうには美しくなった聖橋が垣間見える.

そして,お茶の水橋の西側から水道橋方面はどうなったか…….
 こちらの風景は2014年1月2日のここでお目に掛けた.神田明神へ初詣の通りすがりである.
DSCN0226
3年半前には既に擁壁の工事はほぼ終わっていて,工事事務所への通路が“残る”だけだったのだけれど,今もその風景は,ほとんど変わっていなかった.向こうの土手には草が植えられて緑を取り戻していたけれど.折りしも向こうの線路を行くのは,まもなくE353系に置き替えられることが決まっているE257系.

この頃には,日射しが残るのは遠く水道橋近くのカーブの向こうだけになっていた.やっぱり東京は,日が傾くのが早い.
 夕方のラッシュ時間帯に突入して,電車の間隔が短くなってきた.複々線の全部の線路に電車が並ぶ風景を見ることができないだろうかと,さらに少し待ってみることにしたところ,3編成並びは,すぐに見ることができた.
DSCN0236
緩行線2編成と快速電車1本の,3編成並び.あと1本,なのだけれど,これが難しい.カメラを持っていない時に限って,というのは写真撮影に際しての“お約束”である.

タイミングを待っているうちにやってきた緩行線のE231系500番代A540編成.7号車(千葉方から7輛目)のサハE231-540は床下に線路設備モニタリング装置を搭載した編成である.
 この初夏から7月末までの間,追い求めていた編成のひとつなのだけれど,狙っていない時にはなかなか姿を見せず,締切が過ぎたら,こうやってひょこっと現われる.これも“お約束”といえるだろう.その成果は,8月21日発売のとれいん9月号でたっぷりとお楽しみいただきたいと思う.
DSCN0234
信号機の柱の右が軌道材料モニタリング装置.左は機器箱.台車の前後に軌道変位モニタリング装置(慣性正矢軌道変位測定装置)がある.非常用ドアコックの下あたりに見える白い円筒形の部品が地点検出装置の車上子(JR東日本ではデータデポと呼んでいる)である.

この装置の趣味的な魅力は,装置箱の形態や取り付け方法だけではなく,赤や白の光を放ちながら走るところにある.この角度からは見ることはできないが,誌面には何枚も掲載しているので,ご期待いただきたい.
DSCN0242
そろそろ引き上げようかと思っていたところに登場したのが,快速線のE233系T39編成.前照燈を森尾電機製LEDに取り替えた編成である.京浜東北線ではほぼ交換を終えたが,中央快速線やその他の線区ではまだそれほど普及していない.

ということで,車輛も風景も楽しむことができる,御茶ノ水なのであった.工事は,2016年の記事では“この改良工事,バリアフリー化は平成30年度までに終了.人工地盤など駅舎改良は平成32年度までに完成の予定と公表されていたが,現地での表示では1年遅れの平成33年度となっている.”と記している.中央快速12輛編成化実施のずれ込みなども関連して,実際にはどうなるだろう.
 その経過は,これからも楽しみながら見守ってゆきたいと思っている.
////隠す用
自社広報

先週のここでお話しした,JR東日本E235系量産先行編成の変身.その編成を待ち構えている間も,目の前にはいろんな電車が現われては通り過ぎてゆく.その中で,視界の端っこを通り過ぎていったE235の編成に,少しの違和感を覚えた.これまで,少なくとも一般向けにはラッピング広告が開放されていないはずなのに,ラッピングが…….
 思い起こしてみれば,7月23日にJR東日本から発表されたリリースに,“JR東日本における東京2020 開催2年前気運醸成の取組みについて”というのがあって,その中にE235系へのラッピング実施が含まれていたのだった.
 “それに違いない”と思いはしたものの,なにしろ山手線を一周して戻ってくるには1時間を要する.それが目的ならば逆方向の電車に乗って待ち構えることもできる…実際,量産先行編成に対してはそれを実行した…わけだが,この日はそうではなかった. いずれそのうち,と課題リストに入れることにして,本来の目的である量産先行編成を待ち続けたのだった.

それでも,ジリジリと照り続ける日射しと暑さから気分をそらす必要がある.その格好の題材が,西武池袋駅の真上に建設中の巨大ビルである.
A8A_9879
東武デパートのデッキから見た“(仮称)西武鉄道池袋ビル(池袋旧本社ビル建替え計画)”の威容.
西武鉄道からの発表によれば,この建物は,地上20階地下2階,鉄骨造り(一部鉄筋コンクリート及び鉄骨鉄筋コンクリート),敷地面積は約5,530平方メートル,延べ床面積は約49,661平方メートルだという.完成予定は2019年春.西武鉄道の本社も,約30年ぶりだろうか,所沢からこのビルに…と思ったら,移転するのは西武ホールディングスであって,鉄道は所沢に残るのだそうである.しかもホールディングスも,このビルではなくて,旧西武鉄道本社ビルの敷地に建設されつつあるビルへの移転だそうだ.
 しかしそれにしても,いにしえの木造社屋から比べれば雲泥の差.お持ちの方は,ぜひともレイルNo.92の34頁から35頁にかけて掲載されている写真をご覧いただきたい.いや,決して貧相であるわけではなく,それなりに立派な規模ではあるのだが.

さてこの日のお出かけの本来の目的は,E235系量産先行編成の追い掛けではなく,新橋駅近くにある旧新橋停車場鉄道歴史展示室だった.我らの黒岩さんの没後20周年を記念する企画展を取材する,ということである.担当学芸員さんの熱意が会場全てに満ち満ちているこの企画展,ぜひともご訪問いただきたいと思う.取材の結果は今月発売の“とれいん”9月号をお楽しみに!

話を本筋に戻そう.この日の帰宅後,自宅でメールを順に読んでいたら,西武鉄道からのニュースリリースが届いていて,このビルの名称が“ダイヤゲート池袋”に決まったという.
外観②(2018年7月撮影)
リリースに含まれていた写真.どうやって撮影したのだろう.ヘリコプターか,今はやりのドローンか….写真:西武鉄道

ビルの名前の“ダイヤ”とは,ダイヤモンドではなく,列車のダイヤグラムのことだという,四周にめぐらされたメッシュは,列車ダイヤを表現し,“ゲート”は列車を跨いでいることと,お客様を池袋へ迎え入れるゲートというふたつの意味をこめているのだろいう.

さらに翌日,事務所のメンバーにこの日の成果を報告がてら,ラッピングや西武のビルなど四方山話をしていたら,脇が“それ,私,撮ってますから”と.いうではないか.さっそくこのブログへの借用を予約した.
DSC_6791
これがそのラッピング.E235系へのラッピングは,記憶に間違いがなければ,昨年秋のJR東日本自身によるマナーキャンペーンが最初で,これが2度目のはず.今回は2編成に施されていて,公式マークと,マスコットの“オリ”が登場する.池袋 写真:脇 雅恵

このラッピング,発表によれば,第1期として2編成に施されたという.期日は7月23日から8月9日(今日だ!)まで.調べてみたところ第3編成と第7編成だった.
 これで終わりではなく,8月10日から25日まで第2期が展開される.今度はマスコットが[ふたつ]に増えて“オリ”と“パラ”が登場する.そして第3期もあって,8月24日から9月6日まで,今度は“パラ”をあしらった編成が走る予定だという.いずれも2編成ずつに施されることになっている.
 E235系が一般企業のラッピングを受け入れるのは,いつごろになるだろうか.情報のアンテナを張っておこうと思う.

そして後日談その1.
今週の月曜日に,JR東日本東京支社から“板橋駅板橋口一体開発事業”で建設するビルの完成イメージが発表された.共同施工会社が野村不動産に決まったというのがその趣旨なのだが,時を同じくして,隣接する駅に巨大ビルが建設されることが明らかになったわけである.こちらは地上35 階地下3 階だというから,池袋よりも背が高い.
 板橋駅といえば東武鉄道上白石駅からのセメント列車が発着していた印象が強い.古くは大宮機関区のD51が姿を見せていたし(僕は実見したことがないが),そしてそれが東京23区内で最後に残った,旅客駅での貨物扱いだったということでも歴史と印象に残っている.
板橋パース
地上35階建の新ビル完成予想イメージ図.東口の駅ビルとともに,板橋の新しいイメージ造りに大きく貢献することだろう.写真:JR東日本

後日談その2.
脇が“ラッピングといえば,こんなのもありますけれど…と見せてくれたのが,下の写真.判る人には解るキャラクター.貼られているのはE231系の545編成である.
DSC_6949
ホームドア越しでの撮影には苦労が伴う.そんな中で,よくぞ捉まえたものである.とにかくE235系の増殖スピードは早いから,E231系の記録も急務である.池袋 写真:脇 雅恵
////隠す用
自社広報

カメラマンの松本正敏です。
久々に登場して来て、私事の告知で大変恐縮ですが・・・絵本と写真展のお知らせです。
DSC_9860
新潟の出版社 株式会社 島屋六平 [ ろっぺいブックスはじめてえほん ]シリーズから「しんかんせんだいしゅうごう!」が刊行されました。
イラストメインの知育絵本シリーズの中から写真図鑑として動物と新幹線が登場。
その新幹線を担当させていただきました。北海道から九州まで全国の新幹線車両が紹介されています。
イラストのキャラクター(0系?)もいて、可愛く楽しくとても見やすいです! 書店で是非!!

そして、
JRPS & 表1
私が所属している日本鉄道写真作家協会(JRPS)の写真展が新宿Nikonで開催されます。
タイトルは「&(アンド)」
今回はひとつの作品として2点の写真を組み合わせ展示する珍しい試みです。
四季、新旧、躍動のそのシーンへの思いなど・・・作者個々の表現を展示していきます。
2018年8月21日(火)~8月27日(月)ニコンプラザ 新宿 THE GALLERY 1 10:30-18:30(日曜休館、最終日15:00まで)
私ももちろん参加しています。お時間許せば是非お越し下さい。新宿駅からスグです!
JRPS & 裏.jpeg

////隠す用
自社広報

このブログでは何度も何度も話題にしている,JR東日本山手線の新型車E235系.なにしろ東京都心の主要ポイントを繋ぐ路線なのであるからして,利用する機会が多いから,走る電車のことも気になるのは当然のこと.
 昨年春から投入されはじめた量産車は早くも20編成を数えるに至っている.50編成中の20編成だから,もう4割がおき替わったことになる.捻出されたE231系500番代はどこへ行ったのかといえば,11輛のうち1輛をE235系に提供した10輛編成で,ストライプの色をレモンイエローに変更して“おとなり”ともいえる中央・総武緩行線で使われている.新宿や代々木では,すぐ隣りのホームで“こんにちは”状態である.
 それでもともとそこにいた209系500番代やE231系は……編成を短縮して八高・川越線や武蔵野線への転用が進んでいる.
 いわゆる国鉄時代から日常的に見あれた“玉突き転用”である.JR化後の間もない頃,651啓が登場した時だったかに発せられた“今後は新車を投入してもそれまでの車輛を他へ転用するようなことは行なわない方針です”は,完全に過去の言葉となってしまったようである.経済効率を考えれば,無理もないことであるとは思う.

さて,いろいろ考えを及ぼしているうちに,E235系の量産先行編成が,再び姿を変えた.
 7月下旬のある日,品川駅で乗り換えのため跨線橋に上がったら,窓の外に,E235系らしい屋根が見えた.でもちょっと変,ということで,手持ちのカメラレンズを思いっきり望遠にしてのファインダーを覗いてみれば……サハE235-3に取り付けられていた,電車線路検測装置の機器箱や装置類が,そっくり消えていたのだった.
 この編成,この春には2種類の保安装置のうちATS-Pを撤去してATCのみとしたばかり.それに続いての変身というわけである.そのお話は5月3日のここで“E235系量産先行編成その後 地下鉄銀座線渋谷駅”としてお伝えした.
DSCN0044
品川駅の跨線橋から見たモハE235-3の屋根.気付いた時には目のすぐ下を通り過ぎてしまってたけれど,“外されている”という確認はできた.

これが,“おなじ新宿駅に出入りする車輛でも新たな変化を発見してしまった.”という,先週のここの最後に記したことの真相である.

それから1週間後,新橋方面へ出掛ける用事があり,いつもなら地下鉄で向かうところを,山手線利用としてみた.向かったのは,山手線を見おろすことができる東武デパートデッキである.日陰に入っても頭がくらくらしそうな暑い日だったが,水分を補給しながら待ち続けた甲斐あって,写真が撮り易い内回りとして,姿を見せてくれた.
A8A_9935
先日とは反対エンドからの観察.パンタグラフに取り付けられていた加速度センサーなどは外されているように見える.しかし取り付け脚はそのまま残っているから,きっと後年には“あれはなんの跡なのだろうか”と,考古学的研究の対象になることだろう.

ちなみにこの写真の画面奥にみえる巨大な建物は,西武鉄道が建設中のビル.池袋線の本線を跨ぐ形で聳えている.モチーフは斜めに走る柱.鉄道のダイヤグラムをイメージした造形なのだそうである.そしてそれは,8月1日に発表されたビルの名称“ダイヤゲート池袋”にもあらわされている.と,ちょっと余談であった.

続く興味は,重量表記がどのように変化したかということ.妻板の表記を内回りホームから観察できる場所は…と考えて,外回り電車で先回りして東京駅で待ち構えた結果は……
DSCN0153
自重が31.5tに変更されていた.元は32.7tだったから,1.2tの減少ということになる.

この減少値は,量産先行編成をMODELERS FILEで紹介した,とれいん2015年6月号(通巻486号)に既に記されていることではある.だから予定通りということになる.

この日の用事を済ませて再び向かった東京駅.幸いにして引き続いて内回り運用に就いていたから,海側神戸方台車脇の床下機器観察にいそしんだ.
B8A_0020
手前台車の右側,非常用ドアコックの辺りに取り付けられていた箱が姿を消している.もちろん,その場で断言できる記憶力は持ち合わせていないから,帰宅後に,とれいん誌掲載の床下機器配置図と比較して判明したことではある.

そうそう,この量産先行編成から電車線路検測装置を撤去してしまったら,山手線の架線検測は…ご安心いただきたい.昨年の年末に就役した第12編成のモハE235-36に搭載されていて,既に使用開始となっている.そのことは4月19日付のここで“2018年春のE235系電車“と題して紹介している.
 なぜそうなったのか.量産先行編成落成から3年の間に,なにか大きな技術の進歩があって新形式が登場したのは間違いないところだろう.それで,量産先行編成のそれを交換せずに新たに搭載した理由だが,まず考えられるのが,しばらくは併行して使用し,比較検討してみたかった,ということ.次は,まだ大規模な定期検査入場の機会はないから,臨時入場で長期間の運用離脱は避けたい.撤去だけなら,なんらかの“ついで”的に作業できるから…もちろんこれは,完全に僕の想像妄想である.さて真実は?

間もなくE231系と同数に達する勢いのこのE235系.量産編成にもいくつかの変化が出てきている.その観察結果は,また次の機会に…….
////隠す用
自社広報

とれいんの2015年11月号で量産先行編成をご紹介した,JR東日本中央本線の新しいホープであるE353系電車.特急“スーパーあずさ”として営業運転を開始したのを機に量産仕様編成を詳報したのが,今年の2月号である.
N7A_8989
E353系量産先行編成が報道公開された日.付属編成の新宿方先頭車クモハE353-1.松本車両センター 2015-8-2

それから3年.3月には3往復の“スーパーあずさ”で運用をスタート.7月からは普通の“あずさ”や“かいじ”にも勢力範囲を拡げた.いよいよ名実ともに中央本線の顔となりつつあるこの電車だが,量産先行編成は“量産編成に準じた改造を行なう”と,MODELERS FILEで記した.
 主な改造点は,フルアクティブサスペンションを全車に取り付けて車体間ダンパーを撤去すること,大型荷物置き場を全車の松本方に設置することの2点だった.長野総合車両センター(かつての長野工場)に入場したとの知らせを聞いたのは,量産編成の登場と同じころだった.いつごろ出場するのかは,2月号の編集時点では“まだ決まっていない”とのことで,心待ちにしていたら……6月中旬には付属編成(S201)が量産編成とペアを組んで“スーパーあずさ”で運用中との報があった.そして7月初旬には,基本編成9輛が単独で運用に就いているとの目撃情報も得ることができた.情報源は,いつもの鉄道フォーラム(有料会費制)である.
 “いつ,実見できるだろうか……”と,思っていたのだが,そのチャンスは7月17日に巡ってきた.
DSCN0268
新宿駅9番線に停車中のE353系量産先行編成.基本編成の松本方である.“かいじ”114号で到着した後の折り返し回送待ちというタイミングだったようである.もっとも,この角度ではどこが変ったのか,ほとんど判らない.
DSCN0267

まずは車体間ダンパーの痕跡…は,ほとんどない.ステーは台枠底面に取り付けられていて,車体そのものは妻も含めて手をいれる必要がないからである.
N7A_8985
これが撤去前の車体間ダンパー.痕跡がない理由を納得していただけるだろう.

そしてもうひとつ,大型荷物置き場の設置だが,関心の的は側窓をどのように処理しているかということだった.
DSCN0266
松本方先頭車,クハE352-1の海側.窓を埋めたわけではなくガラスも残っていてブラックアウトした上で内装を取り付けるという手法だったようである.映り込みが激しいが,右側に荷物置き場と座席スペースの間の仕切が見えるだろうか.
N7B_8714
甲種輸送時のクハE352-1海側.荷票が貼られている半幅窓がブラックアウトされたということになる.

付属編成はまだ目撃できていないのだが,きっと同じように改造されているはずである.

と,量産化改造に注目していたら,おなじ新宿駅に出入りする車輛でも新たな変化を発見してしまった.それはまた次の機会のお楽しみ.まだ完全に把握できていないし…….

↑このページのトップヘ