モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

このブログでは2015年に紹介したきりだったようだが(でも,なんだか他にも書いたようなきもするのだけれど……),日立グループが毎年開催している,Hitachi Social Innovation Forum(日立 ソーシャル イノベーション フォーラム) 2018を見学してきた.
 昨年は,日立ハイテクファインシステムズが製造する線路設備モニタリング装置が展示されていて,今年9月号のMODELERS FILE 線路設備モニタリング装置搭載車たち”に結びついた.
 では通算20回目となる今年は?…と期待をこめ,会場である東京国際フォーラムへ出向いた,僕だった.
DSCN1063
会場中央のステージで展開されていた,全体説明のプレゼンテーション.

会場内は8つのカテゴリーが設けられ,さまざまな分野での日立の技術が披露されている.それらの中で,僕の興味の中心は,なんといってもURBANと名付けられた分野.まちを支える水環境や鳥獣被害対策から,マンションやオフィスビルにおける最適空間実現のための技術まで含まれるのだが,鉄道関係は鉄道車輛内装検証用VR,車載カメラシステム,列車運転支援タブレット,車輛外観検査技術などが展示されていた.
DSCN1072
URBANカテゴリーのエリア,ほぼ全体.中央奥で強いスポットライトをあびているのは……
DSCN1066
どこかで見たことがあるようなないようなデザインの運転室.この中で展開されているのは…….
DSCN1070
まず,車載カメラシステム.近年,防犯目的のカメラが客室に設けられる例が急増している.しかしこのシステムはそれに止まらず,車外の様子も撮影できるカメラを車体外部に装着し,ワンマン運転の列車でホームの安全確認も,より確実に行なうことができる.
DSCN1080
車体外板に取り付けられたカメラ.最新型の路面電車では既に実用化されているが,いわゆる本線用車輛にも展開される樋は,存外近いかもしれない.

そしてこの車載カメラシステムは,さらなる展開として,屋根や床下に取り付けて地上設備のモニタリングにも利用できるのだという.うん?そうすつろ,9月号での線路設備モニタリング装置にとってかわることもできるのか? いや,あれはレールの状態を“測定”もしているのだから,ちょっと違うのかも…….

もうひとつが,鉄道車輛内装検証用VR.
 同じようなシステムは,2015年3月号のCoffee Cupで記した“総合車両製作所の最新コンセプトモックアップ”の記事中にもキヤノンが開発したシステムが登場する.しかし今回は車輛メーカー自身によるシステムであるというのが大きな違い.
DSCN1077
車輛内装のカラーリングデザインのバリエーションをVR(バーチャルリアリティ)でモニターに表示するのがこのシステム.顧客(鉄道事業者)へのプレゼンテーションで大いに活躍することだろう.画面中央で浮遊する白い円筒形の物体はスプレー缶で,オペレーターが別の案に切り替える際,ノズルから切りが噴射されて色が変わるという,オアソビ(?)の度道具である.
DSCN1071
これは壁面に展示された,車体外観検査システム.これまで人の目が頼りだった車体外観状態のチェックを,三次元(3D)センサーに委ねようというシステム.とりわけ屋根上や床下など,目の行き届きづらい場所での活躍が期待されている.

派手な,実物車体モックアップの展示などはなかったけれど,日立製作所とそのグループの守備範囲の広さを実感するのには好適な催しであった.

なおこのフォーラムはきょう18日と明日19日の二日間の開催.入場は無料で,特段の資格は問われない.19日の昼まで事前登録(無料)を受け付けている.なお,訪問される方は,あくまでも純粋な技術展示であり,趣味的なことがらは全く含まれていないことを認識の上で,お楽しみいただきたいと思う.

※ここに掲載した写真は,報道関係の資格で入場し,撮影したものです.
////隠す用
自社広報

今週の話題は,東京地下鉄丸ノ内線2000系のお披露目.
 今年3月にその構想が発表されて以来,落成とお披露目が待たれていた車輛である.
 1編成目は8月に豊川の日本車両から神奈川臨海鉄道の横浜本牧まで甲種輸送列車で,その後はトレーラーによる陸送で中野車両基地へ搬入された.
 そして今日の午前,報道関係者向けのお披露目が催された.
B8A_2245
中野車両基地でポーズを取る第1編成.行先表示は池袋となっているが,実際には荻窪方先頭車の2101.完成予想図よりもさらに丸味が強い印象である.前照燈はコイト電工製の花形.行先などのLEDはコイト電工製のセレクトカラータイプで,1/500秒程度のシャッタースピードでは文字欠けは起こらない.

編成は荻窪方から2101+2201+2301+2401+2501+2001.旅客案内上の号車番号は荻窪方が1号車である.6輛のうち池袋方の1輛だけが付随車で,あとの5輛は電動車である.
 台車は新日鐵住金製の操舵台車SC108.電動車用にはM,付随車用にはTにサフィックスが付されている.
 主電動機は東芝製の永久磁石同期モーターを採用している.定格出力は150kW.操舵台車を採用した関係で,主電動機は固定軸側にだけ装架する,いわゆる0.5M方式である.
 主制御装置は東芝製でフルSiCモジュールを使ったSVF109-B0形.
 補助電源装置は三菱電機製のNC-GBT140Bを荻窪に向かって左側に取り付けている.
 電動空気圧縮機は日比谷線用13000系に採用されているのと同じ三菱電機製の装置を,荻窪に向かって右側に取り付けている.
 また,大規模停電などの非常などに駅間に停止した列車を最寄り駅まで移動させることを目的として,東芝製の非常走行用バッテリーを3号車に搭載している.
 なお,きょうの公開ではすべての車輛に近づくことはできなかったので,非常走行用バッテリーを除く各装置がどの車輛に取り付けられているのかの確認はできなかった.
DSCN0891
東芝製フルSiCモジュールの主制御装置.写真は2号車の荻窪に向かって左側に撮り付けの装置.
DSCN0880
補助電源装置は三菱電機製のハイブリッドSiCモジュールタイプ.写真は1号車(2101)の荻窪に向かって左側に取り付けの装置.
DSCN0892
非常走行用バッテリーとその制御装置箱.東芝製で3号車の装置は床下両サイドに取り付けている.
B8A_2293
台車.右は操舵システムを組み込んだ付随軸.左は普通のモノリンク軸箱支持装置を持つ電動軸.は新日鐵住金製で形式はSC108.電動車化付随車かでMやTの枝形式がつく.

さて車体だが,前面を含みアルミ合金ダブルスキン構造である.全身真っ赤に装われているが,三次曲面で構成される前面は塗装,それ以外はラッピングである.丸の内線伝統のサインウェーブはこれまで窓下に配されていたが,ホームドア設置によって見えなくなってしまったので,幕板に移動した.
 そしてなにより目を惹くのが,各連結面の大きな丸窓.普通の都市鉄道の地下鉄なのに,なぜ?と思ってしまうのだが,“なにしろ丸ノ内線ですから”.というのが答えであった.
B8A_2314
真っ赤な車体に大きな丸窓.営業に就いたら注目度満点となること,間違いない.ちなみにこの赤は“グローイング・スカーレット”と呼ばれるメタリック調であり,現在の02系の帯色より濃く,300・500形の車体色に近い
B8A_2387
丸窓部の内部.右はフリースペース.左は……なんと,電源コンセントを備えたテーブルがしつらえてあり,ノートパソコンやタブレットなどを使って仕事もできるかもしれない.込んでさえいなければ,だが.
B8A_2346

客室見通し.レール方向の吊り手はリコ式を模した形状,枕木方向は丸形である.そして天井中央部にはいくつもの丸形ドームが.これも“丸ノ内線”ピンク系の内張りや床材は300形への回帰といえようか.

B8A_2375
そして運転室.両手操作式T形ハンドルを中央に据え,正面と右手に合計3面の液晶モニターを備える.

システム的にはこのとか,車輛そのものでは,イーサネットによる車輛情報管理装置TISとWiMAX2+を組み合わせて車輛状態を地上のデータセンターへリアルタイムに伝送し,予防保全を実現可能なシステムを組み込んでいるのが新しい.
 また丸ノ内線全体の新システムとして,無線式列車制御システム(CBTC)の運用を2022年度から開始する予定だという.このCBTCでは,列車間隔を柔軟に設定できるため,列車ダイヤが乱れた時の回復などに大いに効果を発揮することだろう.
 なお,この2000系電車は年が明けてすぐの2月には営業運転を開始する計画である.また,4年後の2022年度までに53編成318輛の投入が予定されていて,現在の02系を全部置き替えることになっている.
////隠す用
自社広報

昨日は賑やかな一日だった.まず今年度のグッドデザイン賞が発表された.鉄道車輛では小田急電鉄GSEこと70000形や叡山電鉄“ひえい”大阪モノレール3000系,そして相模鉄道20000系などが受賞している.これらは,各鉄道会社のウェブサイトでも告知された.
 続いて,JR東日本から次世代新幹線試験車輛ALFA-Xについての概要発表が行なわれた.
 そして午後には相模鉄道から,JR東日本への乗り入れ用新型車12000系についての発表が行なわれた.ほんとうに話題が盛り沢山.今日のブログのテーマをどれにするか,大いに迷ったところであるが,ふたつの話題に登場する相模鉄道をテーマにするのが順当だろうかということで,相模鉄道12000系について,発表資料から想像を交えてご紹介することとした.
7_sotetsu12000+20000_naname_Blue
グッドデザイン賞を受賞した20000系と並んだ状態の完成予想図.車体幅が広くなったこと,貫通扉がなくなったこと,そして正面下部のラジエターグリル状の装飾の違いなどによる表情の変化がひと目で解る.そのラジエター状の装飾の形は,能面の“獅子口”をイメージしているのだという.さて,きりりと引締まったような20000系と,柔らかな曲面で穏やかな表情の12000系と,あなたはどちらがお好み? 写真:相模鉄道

この比較写真は,ニュースリリースには含まれなかったが“比較できるようなズなどはありませんか?”と問い合わせたところ,ご提供くださったものである.広報担当の皆さんに大いに感謝いたします.ありがとうございました.

さてこの12000系電車.JR東日本の東海道貨物線から大崎を経て山手貨物線まで乗り入れることは既報のとおり.平成31年度下期…2020年3月一杯と発表されているから,あと1年とちょっとで所要数を揃える必要がある.ということで,発表によれば2019年春から営業運転開始の予定ということである.まずは相鉄線内で足馴らしを兼ねての営業運転ということなのだろう.と,いうことは,今年中には現車が落成していなければならないことになる.
3_sotetsu12000_sokumen_blue
真横から見た12000系電車.窓配置などは11000系と同じではないか.でも,窓上下の外板継目はなく雨樋も車体外板と一体化した埋め込みタイプ.ということはsustina構体を採用しているということ.台車はボルスタレスの軸梁式に見える.写真:相模鉄道

発表されたスペックでは,主制御装置はIGBTインバータ,車輛情報処理装置はTIMSとなっている.ということで,車体や主要機器類は(E233≒11000系)+sustinaということなのだろう.
sotetsu12000_interior_1
昼間の客室.裾が絞られていることを除けば,そのまんま20000系ではないか.腰掛袖仕切りのデザインといい,楕円形の吊り手(相鉄ではつり革といっている)といい,車端部の座面を高くしたユニバーサルシートといい…….写真:相模鉄道

 調色調光式の室内燈や車内の鏡も装備されることになっているから,さらに+20000系が加わって,最終的には
(E233系≒11000系)+sustina+20000系=12000系
という数式(?)が成立する.

新しいのは,ステンレス鋼製車体に“YOKOHAMA NAVYBLUE”を塗装で表現すること.京急が先鞭をつけたとはいえ,相鉄では初の試みである.
 車内防犯カメラと前方監視カメラも相鉄としては初採用.ホームドアを設置している駅では自動停車が可能な装置TASC(定位置停止装置)も装備される.
 また,“車輛システムに会社間切り替え機能等を本格搭載”とある.それぞれの線区に応じて加減速率やその他の機能を切り替えるのだろうか…….

ということで,“2019年度末”すなわち2020年春までに6編成60輛が総合車両製作所で製造されることになっている.
 そういえば,JR東日本側はどうするのだろうか.まさか全部を相鉄がまかなうわけではないだろう.E233系かE235系か…扱いの便を考えれば,従来のE233系7000番代を6~7編成増備というのが妥当なところだろう.

これらのデザイン設計を担当したのは,9000系リニューアルや20000系と同じく,鈴木啓太さんが主宰するPRODUCT DESIGN CENTER.そしてもちろん,“デザインブランドアッププロジェクト”のアートディレクションを司る,水野 学さんと洪 恒夫さんもこの車輛のプロダクトデザインを監修している.その水野さんが主宰するグッドデザインカンパニー(good design company)は,事務所設立20周年ということで,新橋に近い銀座で記念展を開催中とのこと.その展示の柱のひとつとして相鉄20000系が採り上げられている.壁面には20000系をオブジェとした写真が展示され,模型も飾られている.案内をいただいたのが今日の夕方であるからして,まだ実際には訪問できていないのだが,会場の写真をいただいたので,お目に掛ける次第.
sotetsu_gdc_2018-1
会場の様子.画面中央に鎮座するのは,くまモン.そう,水野さんは,くまモンの生みの親なのである.“あの”電車のデザインが生み出されたバックグラウンドを知るのに,よい機会だろう.写真:グッドデザインカンパニー

新橋に近い銀座…ということになれば思い浮かべるのが旧新橋停車場鉄道歴史展示室.7月から始まっていながら,このブログではなかなかご紹介することができなかった,“第47回企画展 没後20年 工業デザイナー 黒岩保美”.そろそろ会期も終盤(10月14日まで!)にさしかかっている.
 途中で展示替えも行なわれたから,“もう行ったよ!”という方も,ぜひ再訪を!
DSCN0639
会期途中の展示替えで見ることができるようになったデッサン.木炭だろうか鉛筆だろうか.いずれにしても,この基礎的なデッサン力が,あの黒岩デザインを産み出した原動力であることに,間違いはない.

※2018.10.05:数式(?)及び一部語句修正
////隠す用
自社広報

一昨年の汽車会社製蒸気機関車230形233,昨年の東京地下鉄道1001と鉄道院ナデ6141に続き,今年の3月に新たな国重要文化財としてED4010とED161を指定するよう答申があった.
 蒸気機関車,電車に続いて電気機関車というわけである.いずれも国産車というところに意義があり,喜ばしいことだと思う次第.
 この号では,小野田滋さんにそのED40形とED16形について,指定への意義や来歴などを解説していただくつもりで進めていたのだが,小野田さんから,“それぞれについてより詳しく解説したい”とのご提案があり,このNo.107では,ED40の新造から鉄道省時代の状況解説に絞り込んでの稿をいただくことになった.ED40については,今までほとんど公開されることのなかった,大宮工場での落成時の写真や横川での活躍中の姿などを存分に,しかもできるだけ大きなサイズで掲載することによって,隅々まで知っていただくことができたものと思う.
JGR10021-1
新造時の大宮工場で撮影されたと思われる写真のうちの1枚.機械室の扉を全部開いた姿は,なかなかお目に掛かることができなかったものである.画面一面に存在する斑点は,印画紙のキズではなく,原板に生じた瑕あるいは染みの類ではないかと思う.これを除去するのは困難至極であり,またオリジナリティを失う危険が高いので断念し,あえてそのままお目にかけている次第.写真:鉄道院 所蔵:レイル編集部

ということで,解説はED40に特化することになったけれど,ED16についても,落成から第2次世界大戦中までの鉄道省時代の姿を,解説に先がけてお目に掛けることにした.西尾克三郎さんが撮影された,八王子での形式写真や上越線で列車を牽いて活躍する姿など,こちらもED40に負けないぐらいの迫力たっぷりのグラフ構成として,その功績を称えることにしたのだった.
CG3-47
第七利根川橋梁を渡る上越線上り旅客列車.列車が通過し終わったところの踏切の向こうに見える道路橋が,トラス橋であることには気づいていて,編集中に“もしや”とは思ったものである.そうしたら,発売後すぐに“あれは…”とご指摘をいただいた.その顛末については10月発売予定のNo.108のお楽しみ…….湯檜曽-水上 昭和11/1936年8月14日 写真:西尾克三郎

ED40もED16も,昭和30年代以降の大阪育ちである僕には縁の薄い機関車だった.でも,近所の模型店に飾ってあった鉄道模型社のED16を眺め続けていた記憶はある.
 東京に住むようになってすぐに出掛けたのは五日市線.鉄橋を渡る貨物列車を撮影した記憶がある.後に,西国立の駅のホームから機関区が一望できることを知って,休日に組立暗箱を担いで出掛けた記憶もある.でも,青梅線を走るED16の姿は,ついに記録しないままに終わってしまった.
 そのあたりは,次の次であるNo.109でのお楽しみ……

さて,今年は青函トンネル開通30周年の年だった.同時に瀬戸大橋も30周年だった.青函トンネルは新幹線開業のこともあって一般のTVなどでも採り上げた番組があったが,瀬戸大橋については…少なくとも関東では…地味な扱いに終始したように思う.そこで,ということでもないのだが,岡山在住の西 和之さんから寄せられた,構想段階の瀬戸大橋の図面や工事中の状況をご紹介した.
20180419-wasa
223系“マリンライナー”が駈ける瀬戸大橋近影.西さんが写真撮影にも並々ならぬセンスをお持ちであることはレイルNo.88“高梁川をめぐる鉄道”でも披露されているから,レイル読者なら既にご存じのことであろう.平成30/2018年4月19日 写真:西 和之

続いては,かつて汽車会社に勤務されていた冨家正方さんが,高田 寛さんに宛てて出された手紙のご紹介.レイルNo.106“誕生から50年のEF66・EF90”を読んだ高田さんが“そういえば”ということで寄せてくださったものである.あの独特のデザインの成立過程の一端が,このお手紙から明らかになった.冨家さんが汽車会社に入社して最初の仕事だったという,南海電鉄C10000を片上鉄道C13に改造する話も興味深い.それにちなんで,C13の改造落成写真をお目に掛けている.カウキャッチャー付きの姿は珍しいだろう.

最後は回を重ねて第10回となった,公式写真に見る国鉄客車.10回目ということで,今回のテーマは10系客車.オロネ10やナハ10など,僕たちの年代には全国各地の急行に組み込まれていた晴れの姿が懐かしい顔触れが勢揃いしている.
0388
10系客車の花,オロネ10.デッキの開戸を折り戸に改造すれば20系に…なると思った若かりし頃の僕である.写真所蔵:レイル編集部

ということで,早くも発売から2ヵ月が経過したレイルNo.107のご紹介だった.10月発売予定のNo.108も作業は大詰めを迎えている.引き続いてご愛顧のほど,よろしくお願いします.

////隠す用
自社広報

東京の新交通システム ゆりかもめ に新型車が登場した.
 この路線,1995年に7000系13編成によって新橋と有明の間が開業していて以来,少しずつ車輛数を増やし,路線も有明と豊洲の間を延長するなど発展を重ねてきた.
 沿線にはお台場海浜公園や国際展示場ビッグサイト,船の科学館などがあって,ここの読者なら,少なくともビッグサイトで開催される鉄道模型コンベンションや鉄道模型コンテストなどで年に何度かは利用している方が多いだろう
 なお,当初の会社名は東京臨海新交通だったが,1998年には現在のゆりかもめに変更されている.
 その,少しずつ増えてきた車輛だが,1999年には7200系,2014年には7300系が登場している.そして今回の7500系お目見えとなった.
 開業時の7000系は7300系によって置き替えが始まっており,7500系が予定通り今後3年間に8編成投入されれば完全に引退することになる.

お披露目は9月4日午後で,折りしも台風21号が関東地方に近づいているタイミングだったが,報道公開は同社の通例通り建物の中で開催されたので,窓の外で植込みの樹木が強風を受けて大きく撓っている光景を横目にしつつ,至って平穏に撮影することができたのであった.
B8A_0336
新橋方から見た第1編成.車号は手前から7516+7515+7514+7513+7512+7511.車体はアルミ合金製.製造は三菱重工.車両基地 2018-9-4

主制御装置,補助電源装置,伝動空気圧縮機など主要機器は三菱グループ製.前照燈は森尾電機製,室内燈はレシップ製の直管タイプLED.前照燈は3燈点燈でハイビーム,2燈点燈でロービームとなる.前面腰板部両脇に配置されたLEDは,自動運転時の列車前頭では青い標識燈となり,列車後部では尾燈となる.

台車は4案内輪車軸ボギー方式とされている.冬季の安定運行性向上策として,先頭車の台車にはスノウプロウと,いわゆる“霜取りパンタグラフ”が取り付けられている.実際の終電靴は,中間車の台車片側4基ずつ両側で8基である.
B8A_0378
台車.タイヤサイズはE315/70R20と記されている.この編成はブリヂストン製が使われているが.同社では他にミシュランと横浜ゴム製が存在するという.

客室は7300系から採用されている,オールロングシート.その他腰掛や側扉両脇の手摺などのザインが引き継がれている.一方で袖仕切りはより大きなガラスを使ってデザインを一新,スタンションポールも新設された.
B8A_0431
客室全景.“YURIKAMOME”の文字をあしらった大きなガラス板製の袖仕切りが目を惹く.スタンションポールが袖仕切りにも取り付けられた.室内燈はレシップ社製の直管タイプLEDを使っている.

レシップという会社は,岐阜県本巣町にある産業用電気機器メーカーである.バス用の蛍光燈やワンマンの運賃箱,料金表示装置などの製造を主力としている.ワンマン車のための運賃表や料金箱を中心として鉄道部門でもシェアを占めつつあるようである.

ゆりかもめでは,開業当初からATO(自動列車運転装置)とATCによる無人運転を実現している.この日は,非常時などのための運転用機器も撮影可能だった.
B8A_0443

通常の先頭部風景.
B8A_0418
機器のカバーを開いた状態.メーター類は液晶表示が採用されている.

さてこのゆりかもめ7500系.営業運転開始は今のところ“今秋”とだけ発表されている.具体的に決まったら改めて発表する予定とのこと.楽しみである.

↑このページのトップヘ