モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

常日ごろ見慣れている情景を記録し続けるというのは,とてつもなくエネルギーを消費する行動である.
 なにか新しい変化があれば気がつくけれど,その直前というのは第六感の助けを借りなければ,捉まえることが難しい.毎日きちんと観察し続けることができれば完璧である,完璧なのだけれど,それができるかといわれれば,一人では,無理.である.でも,そんなにeベルギーを要して難しい行動もも,趣味となれば,なんらの苦痛も感じない.

 なんだかなんだかわからない問答のようになってしまったけれど,それは今日,外出の帰り道で実感したことである.それは,東急電鉄5177編成の床下に取り付けられている慣性軌道検測装置のこと.
DSCN6001
用事を済ませて帰りの電車を待っていたところに現われたのがこの電車.西武2091ではない,東急5177である.

東急電鉄5177編成といえば,中間のサハ5577に取り付けられた慣性軌道検測装置である.
 折りしも石神井公園止まりの列車だったものだから,客扱いを終えて引き上げるのを待ってパチリ!としたのが,下にお目にかける写真である.
DSCN6003
白い円筒形の部品が,検測装置装着の証である.これを撮影していたら,乗ろうと思っていた準急は発車してしまった…で,2091編成の客となった次第.

東急電鉄のほかの路線の車輛へと取りつけが拡大するのかと思っていたのだけれど,一向にその気配がない.なんらかの試験的採用ならば,もう3年を経過していることもあり,いつのまにやら撤去される可能性もある.けれど,なかなか遭遇できない.西武線にやってくるタイミングと僕の行動が一致しなくちゃならないのだから.しかも複々線区間はみんな島式ホームだから対向ホームから……ともいかないのである.
 でもまぁ,今日は“まだ撤去されていない”ことが判明しただけでもよしとしなくちゃである.
 ちなみに白い円筒形の部品はデータデポである.JR北海道のマヤ34やJR東日本で多数採用されている線路設備モニタリング装置でも見ることができる.どうやら汎用品らしい.

一方,このところの東急電車で確認しやすいのは,新型の列車無線アンテナである.なにしろ先頭車の屋根上をにらんでいればよいのだから.

最初のレポートは今年6月27日のここだった.編成は5165.その後5163,5159と続き5161,6165,5164
へと拡大,さらに5159,5151の各編成にも取り付けられた
 10月はじめには……
DSCN5467
5157編成である.確認したのは10月5日の朝だった.
続いて翌日の朝には
DSCN5481
5160編成への取り付けを発見した.偶数番号である.

まだ僕が見ていない編成もあるような気がする.けれどとにかく10本が取り付け済みであることは間違いない.

今日は夕方にも“変らないこと”を確かめることができた.それは西武鉄道2000系の2163編成.通風器がきれいさっぱり撤去された変化は7月2日のここでお話した.その時にも“列車無線アンテナは在来のまま”と報告している.あれから3ヵ月以上経過して,どうなったか気にしていたら,帰宅時の練馬の駅で遭遇した.
DSCN6007
豊島園からやってきた2063の編成.そういえば豊島園の駅名はどうなるのだろう…今のところ変更のつもりはないと発表されているが.
DSCN6009
その在来アンテナである.

少なくとも池袋線の2000系は,この編成を除いて取り替えがほぼ完了しているように見える.一方で6000系に新型アンテナはまだ,のようである.

ということで,不完全ながらも日々の観察趣味は続いているという報告でした.






////隠す用
自社広報

5HG_5009n
2027年に東京⇔名古屋開業を目指すリニア中央新幹線。
2020年10月19日、2020年8月より山梨リニア実験線車両の超伝導リニアL0系に改良型試験車が投入され、その報道公開へ参加してきました。簡単ですがご紹介いたします。
7両編成中東京方2両(6・7号車)が今回の新型で、従来のL0系(1~5号車)の3・4号車も紹介され車内の新旧比較も可能に…。

Z6F_1739n
5HG_4977n
外観の変化は前照灯と前方確認カメラの位置を鼻先から上部への変更。ノーズは丸みを帯び空気抵抗を下げる先頭形状の最適化がされました。

Z6F_1770n
   7号車
Z6F_1778n
  6号車
Z6F_1502n
  4号車

それぞれの車内の全景。
上から改良型先頭車(7号車)、改良型中間車(6号車)、従来型中間車(4号車)

それぞれ天井のLED照明と形状に違いがあり、
7号車は間接照明、継ぎ目のない膜内装天井
6号車は高照度直接照明、吸音パネル凹凸形状の天井
4号車は直接照明、アルミパネルの平滑形状の天井
Z6F_1350n
6号車の荷棚と天井。
Z6F_1385n
小荷物は座席の下へ。テーブルとドリンクホルダー付
Z6F_1379n
シートは従来より幅+22mm奥行+40mmになったバケットシートでリクライニングも背ずり単独から座面連動に変わりました。肘掛にはコンセントとしてUSBポートが2個づつ追加されています。
荷物置き場は通常の荷棚のほか、全座席下に小型向けの収納(網付)と大型荷物棚を車両妻部に確保されています。

Z6F_1791n
乗降口
DSC_1480n
  A
Z6F_1449n
  B

今回42.8kmの実験線で、500km/hの試乗を2往復体験。ほぼトンネルなので車窓はあまり見えないが、前方確認カメラからの映像と速度表示で実感は可能でした。
Aが改良型カメラ、Bが従来型カメラ。
走行中、少々揺れは感じたけれど、天井などの消音効果?はあったと思います。

外はあいにくの雨模様でしたが、外観も車内もじっくり観察出来た有意義な報道公開でした。

おまけ。取材終了後、リニア展望台へ…。夜霧の走行シーン
5HG_5056n2

撮影:松本正敏




////隠す用
自社広報

2011

【今月のオススメ記事】
近鉄のユニークな団体専用列車"楽"こと20000系電車が30年目の全面リニューアルです.車体の基本的なフォルムこそ同じですが,窓の配置から車体塗色まで,外観の印象は一変しました.車内に入っても,両先頭車の展望室は"楽VISTAスポット"と命名された大胆なデザインのフリースペースとなり,座席スペースも大きなテーブルの新設や,新しいカラーデザインなどによって,さらに新しいインテリアに仕上がっています.今月のMODELERS FILEでは.それらの変化をつぶさに観察してレポートをお届けしています.
 模型作品では,広島電鉄800形,デビュー時の姿を再現した営団地下鉄8000系,発売されたばかりの新製品をモディファイしたNゲージの8620など,力作が満載です.


【目次】
MODELERS FILE-----------------------------------
  6 MODELERS FILE 近畿日本鉄道
     20000系リニューアル車“楽”
     30年目に大変身を遂げた団体専用列車
                      まとめ:前里 孝
      写真:松本正敏(RGG)/岡田孝司/来住憲司/前里 孝
              取材協力・資料提供:近畿日本鉄道
------------------------------------------------
3・28 広島電鉄800形を作る 路面電車必須のZパンタ,台車を自作!
                           市木 春友
  4 Products Data file ブロードウェイ・リミテッド製
     PRR K4s #3768 流線形(HO)
 20 営団地下鉄8000系製作記
     半蔵門線初登場時の6連をペーパーで再現する
                製作・文・製作過程写真:鹿倉 明祐
 34 新製品の秀逸さに惹かれ一気に作り上げた変わりダネ
     羽幌炭礦鉄道58629             吉村 紅
 37 近鉄合併前の旧型車輛を作るPart.2        大島 仁知
 42 鉄路の重厚感を追究する
     名神電機のO・OJレイアウト
 50 保科賢太郎の白昼夢★綺譚
     其ノ五 電脳廃墟を巡るコースター
 91 "エア軽便祭2020"開催しました!
------------------------------------------------
 26 Coffee Cup /前里 孝
    50年前の近鉄大阪線寸景
 46 N GAUGE EURO REMIX /解説:橋本 孔明
    第36回【番外編】欧州訪問記(その2)
 54 おとなの工作談義
    つくるを知れば模型は3倍楽しくなる
    /嶽部 昌治・牛久保 孝一・松本 信弘・
     岡本 泰祐・荒木 孝智・床次 滋孝
     第72回 製品に息づくスーパーモデラーの技
 58 "林"発掘再生工場 Season4 /工場長:林 信之
    第4回新形式をいち早く! 努力作の城山製EF81
 60 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第102回 UM5形無蓋コンテナの解説(2)
 64 モデリング・リサーチ・センター
    第87回模型用のこぎり/検証:P.S.
 66 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション  /山中 洋
    第18回 カッター・デザインナイフ
 68 線路は続くよいつまでも 第123回 /信沢 あつし
    エンドレスが開通! 林鉄バイク新製!!
    松原スポーツ公園王滝森林鉄道の会
 70 台鉄ナビ
    文:邱 浚嘉 翻訳:濱川 真由美
-----------------------------------------
 72 新車登場
 94 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第112回:カワイの電気機関車(その6)
 95 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第78回:東急電鉄オンライン社会科見学
 96 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大 運行計画 2020年11月
120 各種募集のご案内
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引

2020年10月21(水)発売
定価:本体1,450円+税

eshumi-kounyu
amazon

////隠す用
自社広報

R116

京都市電北野線を振り返る

◆京都電気鉄道電車の歴史解明 
明治28/1895年に,わが国で初めて営業運転を行なった電気鉄道として記憶される京都電気鉄道.
 最初は京都と伏見を結ぶ約7㎞で,その後順次,洛内に路線が建設されました.その多くは,大正7/1918年に京都市へ買収された後に整理統合されましたが,堀川線あるいは北野線と呼ばれる路線とそこを走る電車が昭和36/1961年まで明治大正の面影を残したまま走り続けたのでした.
 鉄道趣味人からは“N電”とも愛称されたこの路線を走った電車の中から,平安神宮に保存されている2号電車が,9月30日付の官報で告示された通り,路面電車としては初めて,国の重要文化財に指定されました.
 しかし京都電気鉄道という会社と,保有した電車については,これまで不分明な部分が多く,その実態は謎に包まれていました.そこで“レイル”では,この機会に,京都在住の方々及び,関係諸機関からご協力を得て,それらの解明を企画したのでした.
 路線の歴史的経緯についての解説はもちろんのこと,京都電気鉄道から京都市に引き継がれた電車の番号及び仕様の一覧が表にまとめられました.車体や台車などの組立図も掲載することができました.いずれも初公開です.
 そして今回指定された2号電車を含め,明治期から廃止に至るまでの,多くの電車と沿線風景の貴重な写真を,ふんだんにお目に掛けます.

京都市電北野線…N電に関する資料の決定版です.ぜひお手元に!

2020年10月21日(水)発売   定価:本体3,600円+税 

eshumi-kounyu
amazon

////隠す用
自社広報

先週,“西武鉄道小手指車両基地に後部標識板を装着した10000系電車がいるよ”という知らせがあった.側窓には発駅が新秋津で着駅が魚津という車票が貼られているという.この春に池袋線から引退した10000系が,どこかへ譲渡される……魚津といえば,富山地方鉄道だろうか.ということで,発日として記されていた日曜日に,新秋津へ出かけてきた.
E8A_8068
新101系の全電動車編成263に牽かれた10000系4輛は既に停車していた.

10000系の番号は新101系方から順に
10102+10606+10206+10106……あれ?10102って……わざわざ方向転換して組み込んでいることになる.中間の2輛は,どちらもパンタグラフ付きの電動車である.10206には補助電源装置や電動空気圧縮機,パンタグラフを取り付け,10606は主制御装置とパンタグラフを備えているから,これで電動車1ユニットということになる.主制御装置は10,506にも取り付けられていたわけだから,そっちでもよかったのではないかとも思うが,なにかの理由があってのことだろう.
 両先頭車はトイレを備えていることは共通ながら,西武秩父・池袋方先頭車だった10706は普通のトイレであり,飯能方先頭車である10106と10102のトイレは車椅子対応トイレであるという違いがある.それよりなにより,側扉の数が,前者は1枚で後者は2枚という,大きな相違点がある.譲渡先での使い勝手を考慮したものだろう.
E8A_8073
反対側にはEH200-13が連結済みだった.

発車までには,まだ間がありそうだったので,東所沢へ先回りして.駅の出外れの陸橋で通過を待ち構えることにした.
 既に何人かの同好の士が待ち構えていたが,実に穏やかで和気藹々,雑談しながら列車を待った.
E8A_8090
やってきた10000系4輛.10000系がよく見えるように考えたのと,架線柱の処理に悩んだ末で決めたポジションだったが,細いケーブルが車体に掛かってしまった……
E8A_8097
それっと道を渡って(もちろん,クルマや人の往来を確かめて,安全に)見送る.新秋津で進行方向が変っているから,手前は10106ということになる.


着駅が魚津ということは,譲渡先は富山地方鉄道であることに間違いなく,実際,魚津からは富山地方鉄道の電車に牽かれて稲荷町の車庫に搬入されたとの目撃情報を得ている.

富山地方鉄道には初代レッドアローの5000系が譲渡されて16010系として活躍しているから,四半世紀ぶりの再会を果したことになる.

これからこの4輛はどのように整備されることになるのだろうか.いまのところ富山地方鉄道からはなにも発表されていないので,真実は不明である.
 けれど,5000系改め16010系の前例,そして現地の輸送事情を考慮するならば4輛そのままでの使用は考えづらい.
 2輛の電動車のうちどちらかは,パンタグラフを含めて電気関係部品を,どちらかの先頭車に移植しての3輛編成となるのではないか.それとも,中間車の機器類を両先頭車に移植しての2輛編成化だろうか.
 あるいは……まさかまさまの妄想として,中間電動車の片側に運転室を新設しての2輛編成化はないだろうか.別編成の電動及び制御機器が別送で富山に送り込まれている必要があるし,車端部にある側扉の移設または車体延長が必要になる.まぁ,現実的ではあるまい.
 トイレは,16010系でも使用されていないので閉鎖,または撤去されるだろうか.
 形式はどうだろう.同社では通常,電動車の出力にちなんだ数字が充てられることになっている.ということは,種車の主電動機をそのまま使うとなれば,定格150kWだから換算で200馬力.ということは初の2万番代,20000系となるのか?こちらも興味津々である.
D8A_8385
僕が(多分)西武線内で記録することができた10000系第2編成の飯能方先頭車10102.今年3月1日の夕刻,飯能行き“むさし23号”の先頭に立って練馬高野台を通過する勇姿である.


↑このページのトップヘ