モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

気がつけば,もう師走も半ばに差し掛かった.年々歳々,時間の経つのが早……というのは禁句である.
 でも西武電車の観察レポートは,7月16日付けのここで,“東急電鉄5050系4105編成が10輛に戻った!&西武のLED前照燈事情”というタイトルをつけてお話してから,じっくりと観察する余裕がなかったのも,また事実である.
 その7月の話題に出てくるのが,前照燈のLED化であるわけだが,12月に入ってから,どうも数が増えているような気がしていた.そうしたら,まず先週の土曜日,お昼ご飯を食べようと江古田駅の踏切にいたら,やってきたのが20000系8連の第2編成だった.
DSCN9438
遮断竿が上がって発車してしまわないうちに…と焦ったら,少しブレてしまった.
DSCN9439
望遠レンズで撮ったクローズアップは,ブレなかった.でも電子ズームだから粒子(ではないけれど)が粗い.いつものコイト電工製花形であることが解るから,よしとしよう.

LED前照燈,少しずつ増えているのだなぁと思いつつ新年号の仕上げに精を出していた今週であるわけだが,今朝,出掛ける時に乗った30000系8連の38111編成が,LEDを輝かせてホームには行ってきたのである.そこで江古田の駅で降りる時にスナップしたのが,次にお目にかける写真.
DSCN9664
乗務員室扉横のロゴが“SEIBU”のまま残っている編成である.正面のナンバーがかすれているのが少し悲しいけれど,それはさておき,そのしたの前照燈は,コイト電工の花形であった.

頻度が下がっていたとはいうものの,折に触れスナップし続けている西武電車である.調べてみたら,この編成は6月28日にはまだ普通のシールドビームだったことが判った.その日は,20151の編成のLED前照燈を初めてちゃんと撮影した日でもあったわけだが.
DSCN6150
7月23日には10輛編成のトップナンバーのLED前照燈も撮影していた.これ,まだ報告していなかったようなのて,ここでご報告.

前照燈に気を取られていたら,ほぼ1年前の昨年12月6日に“2018年秋から冬への西武鉄道池袋線 列車無線アンテナ 新しい主制御装置”というタイトルでご紹介した,その後も何度か話題にした新型アンテナも,徐々に増えている様子であるのだ.でも,こちらは前照燈に比べて確認が難しいのがつらいところ.でも,地道に楽しむことにしよう.

西武“電車”ではなく,施設に限っていえば,11月7日に練馬駅のホームドアを報告した.
 その折にも記したが,西武鉄道からの発表によれば,2番ホームと3番ホームが12月ごろ,4番ホームが来年2月ごろの完成予定とのこと…….
DSCN9362
12月1日夕方の様子.3番ホームも躯体は取り付けが完了している.

列車無線アンテナよりは観察が容易であるホームドア.11月中旬には2番ホームへの躯体設置が終わり,12月5日の昼間に稼動開始となった.でもその日もその次の日も,撮影する機会が得らず、ようやく撮影できたのは、週明けの9日であった。
DSCN9645
8輛編成の2000系が停車している時には,手前のドアはちゃんと閉まっている.当たり前のことだけれど.向こう4番ホームの池袋行き(偶然にも手前の豊島園行き2077,池袋行きが2079と連番が並んだ)では,まだ稼動前だから全部のドアが開いたままである.

で、3番ホームへのドアは,今日の夕方現在ではまだ使用開始とはなっていなかった.
 さて,いつから動きはじめるのだろうか.

※2019.12.13:一部語句修正

////隠す用
自社広報

11月30日始発から,いよいよ相模鉄道JR東日本の相互直通運転が始まった.
 試運転の模様は8月22日のここ9月5日のここなどでお伝えした通り.僕にとっては,待ちに待った“本番”のスタートである.しかしなんということか,初日は事務所での仕事があって出掛けることができず,翌日曜日に都内へ出る用事があったのと掛けあわせて,相鉄線の西谷,せめて横浜羽沢まで出向こうと家を出たのだが…….
 思わぬ手違いがあって,用事が終わったのは午後4時過ぎとなった.それからではとても西谷まで行く時間はない.ということで,せめてと向かった“いつもの”原宿駅ホーム.
秋の終わりの日が沈むのは早く,既にあたりは暮れなずんでいた.

最初にやってきたのはE233系7000番代の海老名行き.
D8A_3658
行先表示は“各駅停車 埼京線 相鉄線直通”と“各駅停車 海老名”が交互に表示されていた(撮影後にカメラの液晶画面で確認したのだが).列車番号は243M.編成は113であった.E233系のLED表示は1/125秒程度でないと文字が欠けるから,薄暗くなってきた中で,どんぴしゃりと流し撮りを決めるのは難しい.

何年か前から,宮廷ホームの照明が燈されるようになって,この時間帯にはいいムードを醸し出している.古レール製の上屋柱もくっきりと写っているのは撮影機材の進歩によるものである.
 次に相鉄からの直通列車がやってきたのは約10分後のことだった.いよいよ相鉄12000系の“新宿行き”表示が撮れるかと思ったのだが…….
D8A_3702
表示が既に海老名行きへと変更済みで,ちょっと拍子抜け.ヘッドライトが眩しいことこの上ないが,それでもちゃんと写ってしまうのは,やっぱり機材のお蔭である.行先表示を別にすれば,ホームの照明によって“横浜ネイビーブルー”が黄昏の山手線に浮かび上がって,ちょっといい雰囲気であった.ちなみに第4編成で列車番号は146Mであった.

相鉄の電車も行先のほかに“各駅停車 埼京線 相鉄線 直通”を交互表示していた.最後の“直通”だけが赤色というのもE233系と共通である.12000系の折り返しは新宿発16時53分,245Mである.
D8A_3760
すっかり夜の帷が降りた宮廷ホーム脇を行く,やっぱりハイビームのように見える12000系電車.今度は“埼京線…”のタイミングでシャッターを切ることになった.オートにしておいたISO感度は,撮影後に確かめてみたら25,600だと表示されていた.コダックのTRI-Xを使い,プラス2の増感現像によってISO1,600を実現して喜んでいた時代とは隔世の感である.

ここで原宿駅をあとにして家路についたわけだが,途中,新宿駅の埼京線ホームにもちょっと寄ってみることにした.
DSCN9350
2番線の発車表示にはずらりと“海老名”の文字が並ぶ.およそ20分間隔ではあるが,きちっとしたパターンでないところに,ダイヤ作成の苦労が偲ばれた.
DSCN9351
停車していたE233系107編成を眺めていて気づいたのが,乗務員扉に貼られた“10”の数字である.

E233系は10輛編成に決まっているのだが,相鉄電車には8輛もあって,同社の車輛には数年前から表示が行なわれている.それに準拠しての掲示なのだろう.
 E233系の改造については,5月16日のここ6月27日のここなどでお伝えしている.
DSCN9356
そして車体側面の“海老名行きの次の停車駅が渋谷”という表示.新宿からは小田急線で海老名へ直通できるわけだけれど,そこに至るまでの沿線各地の人には恩恵がある.これから先,じわじわと直通効果があらわれていくのだろう.

ということで,この日は相鉄線内へ行くことができなかったから,12000系の“特急 新宿”とか,純然たる通勤形であるE233系による“特急”表示を自分の目で確かめるのは,次への楽しみとなった.山手線内で何度か遭遇するうちには運用の概略も判明するだろうから,それからの方が撮影は楽だろう,と,これは少し負け惜しみ.
 そういえば12月2日には12000系が営業運転で大宮まで行ったとか,12月3日は朝からダイヤが乱れて,E233系が相鉄の横浜や,いずみ野線の湘南台へ向かったという目撃情報が,いつも情報収集に活用している鉄道フォーラム(有料会員制)で報告されていた.関係者の皆さんには困った事態だろうけれど,見方を変えれば,イレギュラーな事態に備えた対策が適切に実行されたということである.立案された方には敬意を表したい.
……と,趣味の題材は,いつまで経ってもなくなるどころか,どんどん増えて行くのだった.

////隠す用
自社広報

2年に一度,千葉の幕張メッセで開催される鉄道技術展.主催はフジサンケイ ビジネスアイ(日本工業新聞社).第6回目となる昨日11月27日から,明日11月29日まで開催されている.
 昨日は事務所での仕事があったので,二日目の今朝早く,京葉線に乗って会場入りした.
出展社数は鉄道技術展が535社・団体.併催の橋梁・トンネル技術展は70社・団体となっている.EU諸国からも45社の参加があり,ますます国際色が豊かとなった.
 ホール5からホール8までの展示場に展開する,500を超す展示を一日でじっくり巡るのは,なかなか難しい.けれど,われわれに関係の深そうな展示を,できるだけたくさん回った結果の,ダイジェストが,本日のブログである.

なお,掲載した写真は,すべて報道用として撮影したものです.会場内は原則として写真撮影禁止となっています.

DSCN9118
最初に目に入ったのがGKデザイングループの展示.大きなスペースを占めていたのが豪華な真っ白のシート.画面右端に写っているイラストでお判りのとおり,近鉄80000形“ひのとり”のプレミアムシートのモックアップである.

GKデザインでは“ひのとり”のほか,宇都宮ライトレールの電車や瀬戸内海フェリーの船なども展示していた.

続いてはスイスの保線車輛メーカーであるマティサ.最新型のマルチプルタイタンパーのセールスが展開されていたが,その一角には模型が展示されていた.
DSCN9143
スケールはどのぐらいだろうか.すばらしい仕上がりなのだが,興味をもってみていたら,“製作者は私です”と登場したのは,なんと日本支社の社長であるピーター キムさんだった.身近な材料を駆使して製作した,ペーパークラフトなのだそうである.

保線車輛で忘れてはいけないのが,世界の市場をほぼ二分している,オーストリアのプラッサー&トイラー社.古くから事務所を置いていたこともあって,日本では馴染み深い存在である.
DSCN9159
こちらにも模型が!しかも走っている.グリーンマックスの製品を活用して製作したデモンストレーション用レイアウトである.それにしてもたくさんのマルタイが昼間の風景を走るというのは,実に新鮮な光景だった.

続いては住友金属改め新日鐵住金改め日本製鉄(にっぽんせいてつ)のブース.車輪や台車の基本的な説明があって,改めてその構造を勉強することができた.
DSCN9174
3Dプリンターで製作された台車のモデル.写真はボルスタつき台車.実物ではなかなか見ることができない角度から構造を観察できた.
DSCN9112
工進精工所のブースには,青く塗られた開発途上のパンタグラフKP9990が展示されていた.このパンタグラフの上昇下降機構には金属ばねがない.
DSCN9205
東京地下鉄では車輛だけではなく施設や工務など各分野の展示が行なわれていたが,目を惹いたのはやっぱり模型.写真は丸ノ内線での実用化が決まって工事進行中のCBTC(無線式閉塞システム)の概念を示すレイアウト.

コイト電工ではセレクトカラーLEDの原理を教えていただき,東洋電機製造では新型の全閉内扇式主電動機(本誌12月号のMODELERS FILEでご紹介した京成電鉄3100形用だった)を解説していただき…気がついたらもう制限時刻が近づいていた.

この鉄道技術展.趣味人対象の催しではないが,来場資格に制限はない.入場料は2,000円で,ウェブで事前登録すれば無料となる.

ちなみに2年前の第5回の模様はここ,4年前の第4回の様子はここで紹介している.

※2019.11.29:一部語句修正



////隠す用
自社広報


報道公開の終了後,ちょっと思案して赴いた,品川駅の5番,6番線ホームの南端.さらにその先では,京浜東北線北行の線路を,これまでの3番線から4番線に切り替える工事が行なわれていた.
DSCN9622
品川駅ホーム切り替えの概念図.今回の工事完了後は上から3番目の状態となる.線路移設は今回で完了だが,北行き線路の跡地にホームを拡張する作業が残っている.
DSCN9707
既に線路の切り替えは終わっているのだろうか.ホームからの観察では,よく解らなかった.京浜東北線の“品川”行き表示も撮ろうかとおもっていたのだけれど,近づいてくるころには既に折り返しの行き先を示していた.残念(?)

続いて向かったのは田町駅.6番線の上野・東京ラインの列車に乗って新橋で折り返し.この日はこの方法を公に案内していたから,折り返し乗車の特例としたのだろう.
 まずは,京浜東北線の北半分の折り返し風景を観察.スイッチバック式の折り返し作業なのに,実に綿密なプログラムが組まれていて手際よいことこの上ない.
D8A_2737
画面左は,発車してゆく京浜東北線北行の大宮行き,京浜東北線南行ホームから折り返して山手線外回りを経由して引き上げ線に入る回送,そして浜松町を発車し,行先表示を“回送”に変更して田町に近づく田町行き.

田町駅の南端から数百メートルの,札の辻橋という陸橋のあたりでは,山手線内外と京浜東北線北行の線路を一気に切り替える工事が行なわれているはずである.この札の辻橋は防護ネットが思いっきり高く,しかも目が細かいことが判っていたので,一眼レフではなくコンパクトカメラの径の小さいレンズで撮影に挑戦してみた……
DSCN9740
こここでも軌陸車が大活躍.線路の締結は終了していたようで,高所作業車として架線の締結工事がたけなわであった.地上の作業員が持っている黄色いT字形の用具は,レール上面から架線までの寸法をチェックするためのもの.

------------
田町の駅前で昼の腹ごしらえをしてから向かったのは上野駅.山手線の折り返し風景を観察してみようというわけである.
 山手線の上野駅には鶯谷方に折り返し用引き上げ線があり,田町での京浜東北線と同じように,到着した外回り電車は向きを変えて鶯谷方へ引き上げ,折り返して内回りホームへ転線,さらに向きを変えて発車するという行程が組まれていた.
D8A_2761
到着する外回りの“上野行き”と,引き上げ線から内回りホームへ転線中の編成.表示はどちらも“回送”.

E235系の行先表示には“上野”が用意されていなかったようで,通常の“山手線”表示だけだったようである.一方,大崎では日常的に大崎行きが設定されているので“大崎”表示で走っていたようである.
D8A_2838
発車してゆく田町行きの京浜東北線.東北本線の列車が東京方から来てしまったので,停車状態では撮れず,流し撮りとなった.

上野駅のホームを,“鉄道少年”よろしく徘徊していたら,常磐緩行線用E231系がやってきた最初は不思議とも思わなかったのだが,行先表示を見たら“品川”とある.あれ?
だったのだが,案内ポスターを読み返してみたら“上野東京ラインは4時40分頃から品川~上野間で運転本数を増やします”とあった.ピストン運転用に駆り出されたのだろう.上野駅で撮影できたのは付属が139,基本が118の15輛編成だったが,その後,107+121や112+124の2編成も,通常運用の間合というか,変運用でこのピストン輸送に加わっていたのが確認できている.
D8A_2799
上野駅に停車中のE231系139編成による品川行き.駅の案内放送では“上野東京ライン品川行き”となっていたが,車輛の表示は“東海道線”だった.

------------
この日ならではの特徴的な風景は,ほぼすべて見ることができたということで,ちょっと一休みののち,再び田町駅へ.山手線の運転再開と,その前に運転されるだろう試運転列車を待ち構えようという算段である.
D8A_2930
カメラ内の時計では15時24分,京浜東北線の南行線路に姿を見せたのはE235系第30編成だった.運行番号は9577Gである.なぜ京浜東北線?と思ったのだが,山手線は田町まで“閉鎖”されていたから,のではないかと,思う.

聞き覚えのある番号だと思ったら,線路設備モニタリング装置搭載編成だ,なるほど!それで新線の検測をするのか!と思ったけれど,次の瞬間に,この編成は単なる準備工事だったことを思い出した.ということは,単なる偶然なのだろう.
 そして15時37分,試運転列車はゆっくりと新線区間へと向かって発車して行った.
 内回りの試運転列車名どうなるのだろう.今の編成が大崎で折り返してくるのだろうか,ならば移動している暇はない,ということで,田町駅の北行きホーム南端で待ち構えることにした.
D8A_3004
そして15時53分,やってきたのは9500Gの運行番号を掲げたE235系第17編成だった.運転室内は添乗者で満員.編成後方の地上に待機する作業の人々の姿勢に,安堵の雰囲気が…….

この編成,田町駅に停車している間に運行番号が変わり,16時ちょうどに,田町からの運転再開1番電車として出発していった.
 そして外回りの運転再開1番電車は,16時28分頃に到着の予定とアナウンスされていたが,実際にはほとんど10分遅れの16時38分,E235系第26編成が運行番号9513Gとしてやってきた.これに乗ろうかと思ったが超満員でとても叶わず,僕の新線区間初乗車は2番電車,8515GとしてのE235系05編成となった.最後尾に陣取る人々の隙間から,なんとか後方かぶりつきはできたけれど,詳しい観察は後日…まだ果せていない.京浜東北線北行きの真新しい乗り越し高架線にも乗らなくちゃ,であるし.

なお,この約30時間の工事のための要員は約2,000名,用意された軌陸車は約90台とのことである.
 さらに山手線では,渋谷駅でも,路盤の扛上を含む大規模な工事を実施中である.どのように進むのか,目を離すことができない.あ,渋谷駅は地下鉄銀座線が年末年始に運休を含む大規模工事の予定と発表されている.こんどの正月は休むことができるのだろうか…….


////隠す用
自社広報

去る11月15日の終電後に,それは始まった.終了したのは17日の始発前.この約30時間に及ぶ大工事とは,JR東日本の,品川と田町の間の線路移設工事.
 これまでにも2015年1月15日には“上野東京ライン試運転たけなわの一方で田町の急行線用未成高架橋解体”と題して田町電車区の変貌をお伝えし,昨年7月12日には“渋谷の次は品川の線路付け替え”として京浜東北線南行きの線路移設をご紹介している.
 しかし今回の規模は桁違い.その実態は?
 今回と次回,いずれも長編でお目に掛けるのは,喜び勇んで参加してきた,15日の終電後に集合して翌朝の9時に解散という報道公開の詳細レポートである.
DSCN9626
今回の工事の全容図.右が南で左が北.報道公開で取材できたのは右から2番目の赤丸印の中である.

実作業は山手線の内回りと外回り,そして京浜東北線の北行き線路を撤去することから始まった.
 その後,線路上には無数の軌陸車が走り回り,しかるべき場所に運ばれた枕木やレールやバラストを,大勢の人によって組み立て,均し,接続する…
 それらを品川駅6番線ホームと跨線橋から観察したのだけれど,ホームからでは線路移動の様子がよく把握できずもどかしい.跨線橋から観察でようやく実感できるようになったけれど,網目入りガラス越しでは,撮影がままならない……
D8B_2185
午前3時すぎの跨線橋から網目入りガラス越しに北をのぞんだ情景.右端に京浜東北線南行きのための軌匡が見える.左側の線路はまだ“原形”を止めている.
D8B_2375
午前4時前.既に線路は各所で切断され,どれがどこにつながることになるのか,外からは判然としない.部屋中にOゲージの線路を散らかして悦に入っていた子供のころを,思い出してしまった.

4時すぎから,取材現場を“上空”から工事の様子を俯瞰できる,線路沿いのビルの9階に取材現場を移動.
 ここでの15分間で,僕は今回の移設工事の“肝”をつかむことができた.ような,気がする.
D8A_2424
4時半すぎの移設現場を上から見る.画面右下にのびる4本の線路が元の山手線内外と京浜東北線の線路.分断されたそれらの線路の真ん中を,新しい2本の線路が大胆に横切っている.これからバラスト撒布に取り掛かる.線路の周囲には,そのための,布袋に入れられたバラストが積み上げられている.背後には広大な品川駅が展開する.

------------
夜通しの取材の第一部はここで終了.第二幕は6時半から受け付け開始.その間に自宅近所のパン屋さんで仕入れてきた調理パンと飲み物でお腹を満たす.港南口のベンチに座って黙々と食べる僕の目の前を,どこから現われるのか,大勢の,きちんとした身なりの人々が駅に向かってくるのが不思議だった.
 これからの取材対象は,山手線としては西日暮里以来の新駅となる,高輪ゲートウェイ駅.来春の開業を目指して仕上げにたけなわの様子が公開される.我々は品川駅港南口から,報道公開のために仕立てられたバスに分乗して品川駅構内留置線総合事務所の屋上に向かった.
D8A_2516
絶好の光線状態での撮影となった,高輪ゲートウェイ駅の全景.画面左端に京浜急行電鉄の赤い電車も見える.
D8A_2543
同じビルから田町方に展開する留置線をのぞむ.かつての田町電車区,品川客車区,東京機関区などは,面影もない.ブログで採りあげた未成急行線高架橋,どこにあったのか定かではなくなってしまった.画面奥には昨日まで電車が通っていた,京浜東北線北行きの立体交叉や,明日から電車が走る新しい高架橋もみえる.折りしも東海道本線上り電車が通過して行く.画面中央線路無効に見える木立が高輪大木戸跡で,その脇に高輪橋架道橋の入口がある.

そういえば今回の線路切り替えによって,明治時代の高輪付近鉄道風景として有名な,海面に築かれた築堤を行く線路が,姿を消したことになる.
 その築堤の途中に架かる鉄橋の名残りであり,低すぎるガードとして一部で有名な高輪橋架道橋も,新駅整備と周辺再開発の影響で姿を消すとか消さないとか…….
D8A_2669

駅構内.コンコースは東西方向のほかに南北方向にも設けられていて,ホームをガラス製仕切越しに自在に見下ろすことができる.ちょっとベルリン中央駅を思い出してしまった.屋根は東京駅八重洲口グランルーフや水道橋駅ホーム上屋に採用されている膜構造である.


------------
報道公開は9時すぎに終了,解散となった.
 けれど,せっかく“一大イベント”の現場に居合わせることができたのだから,山手線は上野と大崎の間で16日始発から16時頃まで,京浜東北線は16日の終日,品川と田町の間を運休としているその状況も見ておきたいと,まず向かったのが品川駅の南端であった.
 この第三幕の模様は,明日へ乞うご期待!
 


↑このページのトップヘ