モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

世の中にフォトグラファーを名乗る人は数え切れないほどいる.僕だって,考えようによってはその範疇に入るかもしれない.
 写真というのが目的なのか手段なのか,それによって産み出される作品が大きく異なっているのはあたりまえ.
 “模型を作るときの参考のために”で始まった僕の写真は,どちらかといえば記録が主になるし,“写真を撮る”ということから始まった人の作品は,どちらかといえば,抽象画か半抽象画的に仕上がることが多いと思う.
 今,僕がいる東京・銀座のキヤノンギャラリーに展開された25点の作品は,そのどれもが,極めて物語性に満ちている.僕にはとても撮れないだろうと,端から諦めてしまう絵ばかりである.
 会場中央に据えられたソファーに座り,周囲の1枚1枚に圧倒されながら,この文章を書いている次第.
 とにかく多くを語る必要はない.“とれいん”読者にとって,山崎さんの名前は,あるいは馴染みが薄いかもしれない.でも,だからこそ,6月10日までの間に,少しでも多くの人に会場へ足を運んでいただきたい,そんな写真展である.

……と,そのあとでおいしい酒に酔い痴れて,会場での満足感をたっぷりと残したまま……いや,むしろ増幅させて帰宅,すぐさまこれをアップロードしている僕であった.

104-1
会場は照明を落しているから,夜景を中心とした,陰影に満ちあふれる作品が,より一層引き立っている.会場内のスナップ写真は,事前に許可をいただいて撮影したのはいうまでもない.

104-2
山崎さん自身にとっても,たぶん,一番印象的だったのだろう,一番大きく引き伸ばされていた,斜陽に映える“カシオペア”(画面左端).こんな情景,何度同じ場所に通っても得られるものではない.とにかく“一瞬”を切り取る力がフォトグラファーの腕.

104-3
会場では山崎さんの著書も販売中.照れ隠しに戯けた表情をする本人が掲げ持つのは,夜景を集めた写真集“夜感鉄道”(えい出版社刊 定価:本体1,800円+税).なお,会期中は原則としてずっと会場につめているという.人となりに触れる,絶好のチャンス.

104-4
こちらは自伝的エッセイ“僕はこうして鉄道カメラマンになった”(クラッセ刊 定価:本体1,600円+税).

////隠す用
自社広報

子供のころから、物をバラバラに分解するのが好きだった。小さい頃に祖父のカメラ(たぶんムービーカメラ)を分解してしまい、戻せなくなったものの、優しいおじいちゃんがすぐに直してくれたこともあった。その後初めて買ってもらった0番の電気機関車も、しばらく遊んだ後には私の分解病の被害者となってしまった。
 もっともこの機関車は私の父にも痛い目に遭っていた。当時のAC3線式で逆転スイッチでしか走行の向きを変えられなかった製品は、米軍払い下げのジャンクが山積みになっていた秋葉原で父が手に入れた、セレン整流器という魔法の円盤を積み込まれ、カタカタと電圧を変えるトランスではなく、怪しげな四角い箱のスイッチを切り替えると、あーら不思議、逆転するように変身を遂げてもいた。
 その後もこの病はなかなか治らず、元に戻してくれる人のいないまま、私の犠牲になって廃棄される物がいくつもあったのだが、好奇心には勝てるものではない。
 少しばかり役に立ったのは、今から30年ほど前、コンピュータの基礎ソフトウエアに熱中したときのこと。すでにあるコンピュータに書き込まれたソフトウエアを読み出して、それが何をしているか逆に調べていく作業だった。これも、壊してはしまわないものの、一種の分解作業である。おかげでちょっとしたアルバイト収入のもとになったものである。
 それはさておき、先日自宅で始末に困っていた壊れたプリンタを処分するにあたり、その前に分解してしまおう、とまたこの虫がムズムズと動き出してしまった。ほこりだらけのプリンタと格闘すること2時間、プラスティックと金属を分別して、最後に取り出したのがこの部分。レーザープリンタの心臓部である。
 こういうものを見るとワクワクしてくるではないか!
HK-20090603
ちなみに、感光ドラムに照射されるレーザービームは、左中程のミラーがぎらぎら光っているところのすぐ下のLEDから右に向かって出て、右中程のミラーで反射、その先のレンズで収束されてから、中央下の四角い回転する板(エッジがミラーになっている)でプリントされる範囲に振り分けられ、その先のレンズ、ミラーで方向を修正されるという仕掛け。
////隠す用
自社広報

NY-20090601-01
今回はサザンパシフィック鉄道(SP)やサンタフェ(AT&SF)の蒸機時代の写真集を多く刊行している“Monte Vista Publishing”が発行しているSP蒸機の形式写真シリーズ集を紹介します。

サザンパシフィック鉄道の蒸機といえば、米国のなかでも非常にすっきりしたスタイルのものが多く、また晩年の大型貨物用蒸機を除けば、手入れも掃除も行き届いていました。異形の怪物たちが煤だらけでアパラチア山脈を駆けめぐったペンシルヴァニア鉄道(PRR)とは、ある意味好対照で、私はこの2つの鉄道がセットで好きなのです。

ただ、どれも似たようなスタイルをしたサザンパシフィック鉄道の蒸機は軸配置だけでは車種を特定しにくく、古い模型を手に入れた時、一体どのレタリングにすれば良いか迷ってしまいます。

そんな時にこの“Southern Pacific ● Class (軸配置)Pictorial -Photo Album Series Volume ●”を購入すれば、ある程度の時代設定とナンバー設定が出来るというわけです。米国のハードカバー本は日本でもさかつうや、天賞堂イチフジれーるぎゃらりーろっこう西山洋書等で入手できますが、取り寄せの場合、中身がチェックできません。1冊1万円以上は当たり前の世界ですからね。2冊も買えば昔の中古ブラス蒸機が買えてしまいます。授業料だと思って私もチェック出来ないままに購入し続けていますが、懐に厳しいのは・・・まぁ、間違いありません。

その点、このシリーズは一冊76ページ(含:表紙)のソフトカバーで、価格も$20~30程度ですから気軽に購入できます。すでにいくつかは売り切れてしまいましたが、もし馴染みの模型店で入手可能なら、このシリーズはオススメですよ。

NY-20090601-02

さて、1984年製の天賞堂製AC-12キャブフォワードと見比べてみましょうか。見てみると写真のNo.4276にはテンダーのレタリングがありません。晩年のキャブフォワードは概してこのレタリングがないのですが、いつから省略していたのかが疑問でした。この本をペラペラ捲ったら、どうやら1948~1949年頃ということが分かりました。少し嬉しい瞬間・・・ですね。

////隠す用
自社広報

今回はブログの担当が2週に1度とはいえ、さすがにいつもの撮影日記ネタが無いので、(車庫取材はあ りましたが・・・詳細は「とれいん」を!!)過去の撮影分を出してみましたのでご覧下さい。チョット気取ってギャラリー風に・・・。被写体は個人的な趣味 ですが、EH500型電気機関車で!! すみません、スミマセン・・・。
かるーく、ご笑覧下さいませ。

MM-20090530-01
栃木と福島の県境。寝台列車を撮ろうとまだ夜も明けない内に現場に到着。時間もたっぷりあるので車の中で待っていると、遠くでゴーという音が聞こえる。列車 が近くの鉄橋を渡っているようだ。貨物か? キンタだ! ヘッドライトに露出を近づけ思い切ってカメラを振ってみる。霧がライトに良い演出をしてくれた。

MM-20090530-02
季節の中で、今の新緑の時期が僕は大好きだ。岩手の十三本木峠を過ぎたあたりで思わず車を止めた。新緑が半逆光の中とても綺麗だったのである。程なく警笛を「ピッ!」とならしてEH500牽引の貨物列車が通過して行った。

MM-20090530-03
こちらも十三本木峠。緑の背景に赤い機関車がやってきた。続いて赤茶色のコンテナが同色でつづく・・・が、惜しい!!! 白がひとつだけ入っていたが、ド迫力に通過していく様に大満足だった。

MM-20090530-04
夕陽が沈む間際を通過する3087列車。この列車は、わが地元の府中本町を朝8時過ぎに通過し、何箇所かで長時間停車があるものの、ここ宮城県の松山町駅付近を冬場はこんな時間帯に通過する。(この機関車の)終着駅、北海道五稜郭はまだまだである。

以上4点。お粗末さまでした。

写真展といえば、7月と8月に日本鉄道写真作家協会写真展(松本正敏も参加してます)があります。この夏は偶然にも鉄道写真展が沢山開催されるようです。JRPSの詳細は次回・・・いや、その次かな?? で、案内したいと思ってます。

////隠す用
自社広報

もう20年以上も前のことだが,“とれいん”誌では積極的にフリーランス車輛について,デザインや実際の作品を積極的に採り上げていた.黒岩さんに戦時型計画蒸機の図面からイラストを起こしてもらったこともある.山口益生さんには,新京阪の名古屋延長計画が具体化していたらどんな電車が登場しただろうかと,実際に残された資料を基にして技術的にも破綻のない電車を構築していただいた上,図面とイラストも描いていただいた.
 自分でも,50系客車にエンジンを積んで気動車に仕立てたらどうなる?という作品を(実物のPDCよりずっと前に!)製作してみたり,京阪電車が淀屋橋から梅田に乗り入れたらどんな電車が必要になるか?と考えて東急7000系ベースの新型車を製作してみたりしたことがある.
 最近は読者の皆さんからのアプローチも少なく,もうフリーランスは流行らないのかと,ちょっと残念な僕である.
 ところが実物の世界ではこのところ,メーカー主導の電車が大手私鉄にも続々と登場し,例えば東武鉄道と西武鉄道が同系のデザインを持つ電車を投入するなど,かつては想像もできなかった現象が各地で起こっている.
 相模鉄道の10000系もその動きのひとつだった.JR東日本のE231系をベースにし,必要な部分を相模鉄道化した電車であった.そして本日5月28日,その第二弾としてE233系をベースにして相模鉄道化した11000系という電車が披露された.
 手法は10000系とほぼ同じだが,今回は,10000系から11000系への発展という要素も加わっているから,フリーランスモデラーにはさらに興味深い出来事といえよう.
 発表によればベースはE233系の中央快速電車用であり,そこから耐寒装備などを省き,一方では車内情報モニターの大型化など京浜東北線用装備を付け加えたという.相鉄化は,先頭形状のリデザインを筆頭に,誘導無線装置の付加,客室デザインのアレンジなどすぐ気づく部分から,細かく観察しないと気づかないところまで幅広く行なわれている.
 それに加えて,今回投入の2編成のうち第2編成は,海老名方5輛がJR東日本の新津車両製作所製であり,屋根のビードの入り方が新津製E233系と同じとなっている.これなども,モデラーの制作意欲を掻き立てる話題ではないだろうか.
 ということで,6月発売の7月号,お楽しみに!

97-1
かしわ台電車基地で10000系と顔を合わせた11000系.この角度からは第1編成と第2編成の外観上の相違点は見られない

97-2
海老名方から見た第1編成の全景.Tc1+M6+M5+T2+T1+M4+M3+M2+Tc2の組成は中央快速用E233系と同じ.

97-3
女性専用車は4号車(横浜方から4輛目.モハ11300)に設定.吊り手や荷物棚の取り付け高さが他社の一般部より低い.

97-4
E233系に準ずるが相鉄化も行なわれている運転室.画面右下の緑色の箱は無線電話装置,左の緑の箱は列車選別装置.いずれも数年後にはシステムが更新される予定で不要となるので,とりあえず発生品を取り付けている.

↑このページのトップヘ