モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

平成元/1989年にオープンした東武博物館が,早くも20周年を迎えた.これを機会に,長期休館という大胆な施策の上で,全面的なリニューアルを果たし,来る7月22日に再オープンする.
 それに先だって,7月17日に内覧会が行なわれ,本誌もお招きいただいて取材してきた.詳細は来月発売の9月号でお目に掛ける予定だが,とりあえず速報として,若干の思い出話を含めたレポートをお届けする次第.
 思えばオープン時,僕の撮影機材は,まだニコンF4を購入する以前,ニコンF2やニコマートELが主力だったかった時代である.F4は既に発売されていて,テストレポート用のボディとレンズ,そしてストロボも当時の最新鋭SB24を拝借した記憶がある.
 それが今回は,なんとか自前のD700とSB800というストロボの組み合わせ.レンズはタムロンの17-35㎜である.館内照明の色温度の違いなどをほとんど気にすることなく,ストロボなしの手持ちでも,なんとか綺麗な写真を撮影することができた.まったく20年という時間とは,偉大なものである.

さて,今回のリニューアルの目玉は,今年2月号“いちぶんのいち情報室”で搬入の模様をお目に掛けた,モハ5701と近江鉄道から里帰りしたED4001……101号電気機関車.
 101号電機は,車体塗装を茶色に変更し,ステップを撤去するなど.現状でできる範囲で原形の面影を取り戻した.機械室の内部は,東武から近江へ譲渡した時とほとんど変っていないということで,現状維持.

153-1
新調された101号電気機関車の番号板と東武鉄道の銘板.製造所銘板はオリジナルである.

モハ5701はといえば,現役の最終期ちょっと手前という状態に整備されての搬入であり,“将来的には原形の非貫通2枚窓に戻したいんですよね”と花上嘉成館長が語っておられたのだが,なんと,お披露目までの短い間に,それが実現してしまったのであった.
 この復元のためには,まず原形当時の図面入手に苦労し,施工段階でも,台枠と屋根を切断して新調して…….無闇に台枠や屋根を切断してしまうと車体全体がゆがんでしまうため,それを防ぐ手当てを施して……,と,苦労の多い作業だったという.しかもその作業現場は鉄道工場ではなく,博物館の館内.難工事であっただろうことが,容易に想像できる.

153-2
みごとに非貫通2枚窓,通称“ネコひげ”が蘇ったモハ5701.傍らで状況を説明するのは花上館長.

実物車輛はもう1輛……といっていいのかどうか,だが,かつて東武鉄道が多数保有していた貨車の中から,杉戸工場で事業用に使われていたトキ25000の“ショーティーモデル”.どんな姿であるかは,想像を逞しくしていただきたい.そして,どのようにして姿勢を保っているのかは,現地で観察していただきたい.
 あとは,シミュレーターが,向谷 実さんのプロデュースで一新されたし,大パノラマレイアウトも,現在建設工事真っ盛りの“東京スカイツリー”が,1/600スケールで早くも登場するなど,面目を一新…….

153-3
シミュレーターも一新.10000系,50050系,そして“旧型車”としての8000系の3種.プロデュースは向谷 実さん.写真は,自ら運転を披露しつつ“攻略本がいるかもしれないほど楽しさ満点です”と語る向谷さん.

153-4
日光から浅草まで,関東平野を一望できる大パノラマレイアウト.話題の中心は,なんといっても“東京スカイツリー”だろう

書き始めるときりがない.あと1ヵ月間,ワクワクドキドキしながら次号の発売を待つか,時間のやりくりをつけて東向島に駆けつけるか,どちらでも,それはみなさん次第である.

////隠す用
自社広報

T0908

とれいん最新刊 8月号(通巻416号)のご案内です

【今月のオススメ記事】
●MODELERS FILE 東日本旅客鉄道 E259系特急電車
MODELERS FILEは,先月の京成スカイライナーに引き続いて,JR東日本の成田空港特急“N'EX”E259系です.特徴ある前頭の詳細形状図や車体断面図,床下 機器配置図など豊富な図面と,上から下まで漏らさず捉えた細部写真により,この電車のすべてをお届けいたします.

その他の記事も盛りだくさ んの内容です.模型では,一風変った作品として,木村則之さんの,ドクターイエローを玩具製品をベースにしてモデルに仕立てあげる物語が注目されます.ま た,古典機関車工作のベテランである木村建夫さんの,40年にわたる13ミリゲージ作品を一挙掲載した誌上作品展も圧巻です.小泉宣夫さんによる,A2サ イズのOナロー・ミニレイアウトは小さな島の小規模なトロッコ軌道がレイアウトのテーマです.ストラクチャーの小屋や,工作所をプラ板から切り出す際のテ ンプレートも掲載いたしました.ライブの記事では,2年以上にわたって連載が続いていた“いちから始める小型鉄道 乗る鉄入門”がめでたく完結です.美し い巾着田を行くバッテリー機のグラフも掲載です.
 閉園迫る佐久間レールパークの現況をレポートした“保存車輛めぐり”は,模型ファンにも実物ファンにも気になるところでしょう.


【目次】
MODELERS FILE------------------------------------
20 東日本旅客鉄道 E259系特急電車
     新・成田エクスプレス誕生
     写真:松本 まさとし/小林 裕樹/前里 孝 協力:JR東日本
--------------------------------------------------
3 カラーグラフ かたばみ軌道の建設
4  Products Data file
    アクラス製 国鉄183系1000番代(16番)
6  第15回JNMAフェスティバル
    業者・アマチュアが一堂に会したNゲージの祭典から
9  カフェ&レストラン
    Tetsu-Cafe レトロ
10 トレインフェスタ2009
    早くも10回目を迎えた“グランシップ”の航海
    取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
34  いちから始める小型鉄道 乗る鉄入門
    第21回(最終回) ひとまずの区切り
                製作・解説:鈴木 靖彦(道楽ぼーず)
40  MODELERS FILE FRAGMENT
    東京地下鉄10000系電車
    −副都心線主力車輛の屋上を観察する−/撮影・解説:高見 一樹
42  おいしいとこ取りの“なんちゃってイエロー”
    実車の人気と,おもちゃの車体・サウンドをそっくりいただき!
                           /木村 則之
46  Nビル(仮称)新築工事
    連載第2回:“ビジネスビル”キットを検証し,組んでみよう!
                           /藤野 瑞樹
50  保存車輛めぐり 佐久間レールパークの今
    訪問日:平成21/2009年6月2日 訪問者:前里 孝 協力:JR東海
54  連載 米国客車の楽しみ
    第23回 都市間を疾駆するオレンジのドームカー
    ミルウォーキー“ツインシティーズ・ハイアワッサ” /松尾 彦孝
66  A2サイズのOナロー・ミニレイアウト
    かたばみ軌道の建設               /小泉 宣夫
82  木村建夫 機関車作品集
    2009年はつかりくらぶ「ゆらら運転会」会場にて
                       撮影と紹介:前里 孝
--------------------------------------------------
58  Diesel Power USA! Vo.18
    ピギーバック・トレイン アサーンから発売の
    53フィート・トレーラーとスパイン・カー /佐々木 也寸志
62  模鐵技師 第2章 ED19の自作
    その10:ガラス座と屋上パーツ /須藤 領一
65  つけたりはづしたり /なんこう
76  Coffee Cup /前里 孝
    飯田線南部に機関車がいた頃
78  連載 Nゲージでたどる関西113系の足跡
    第3回 東海道・山陽線を力走した網干のK編成(その1)
                           /勝見 天馬
88  輝け!日本の運転会
90  都築雅人の煙情日記 〜21世紀を生きる蒸機たち〜
    第17回 チェコ共和国 チェコ国鉄 477形
    1,435mm軌間
94  カルタゴサロン
    近鉄北勢線のナロー電車を組む /倉林 実
    Oナローで木曾森を! 第2話 /畑中 博
99  新車登場
119 姫のシロクニ その21 /大橋 枝実
   20代女性・デアゴスティーニのC62キットを作ってます!
120 伝言板
146 日本の車窓から /島田 萌
   第17窓 静岡で鉄分補給(その2)
147 きんぐ おぶ ほびぃ? /小森太郎万作・なんこう
148 いちぶんのいち情報室
156 BOOKS
157 甲種・特大 運行計画
158 新車登場INDEX
160 とれいんスケール呼称早見表
161 Combo Caboose・掲載広告索引



2009年7月21日(火)発売  定価:本体1,429円+税

////隠す用
自社広報

R69
7月21日(火) 発売のレイルのご案内です

■仙山線物語
宮城県仙台市と山形県山形市を結ぶ仙山線.全通したのは昭和12/1937年11月10日.歴史は浅いですが,県境区間は最初から電化鉄道として計画されるほどの難所でした.
 第2次世界大戦後は,宮城県側が交流電化の試験区間に選定され,各種試作電気機関車や電車が投入され,大掛かりなテストが繰り広げられました.
  今回は,その交流電化試験に実習生として関与した久保 敏さんの貴重な体験記録を筆頭とし,南東北地区の鉄道史に詳しい進藤義朗さんの筆になる通史,そし て地元のベテラン柏木璋一さんをはじめとする多くの趣味人が撮影した,沿線風景や独特の車輛たちをグラフ構成でお目に掛けます.
 仙山線に関する総合的な記録集としては,かつてない規模と密度でまとめたのが,今回の“仙山線物語”です.国鉄ファンには必携の書となるでしょう.
 現代中国蒸機は,前回に続いて河南省ですが,今回はナロー.煉瓦の原料となる土を運ぶ現役の鉄道です.歴史的調査もますます快調.数々の謎に迫ります.

2009年7月21日(火)発売   定価:本体3,600円+税

////隠す用
自社広報

先日、なんこう編集長が書いたとおり、コネチカット州ハートフォードで開催されたNMRAコンベンション参加 を兼ねて、彼と一緒にアメリカ北東部を旅行しています。ペンシーファンである彼がきっと喜ぶだろう、ということで旅程にはペンシー関係をたっぷり組み込み ましたが、その関係の記事は彼にまかせるとして、途中で発見した面白い話題を一つだけ紹介しましょう。
 それは、表題のアルトゥーナ・カーブです。アルトゥーナはご存じのとおりペンシーファンの聖地、ホースシューカーブの玄関口であり、またペンシーの車輛を数多く作りだし、また整備したジュニアタ工場やアルトゥーナ工場のあった、鉄道の町です。
 たまたまインターネットで予約した町はずれのホテルに投宿したのですが、ホテルの看板の下に「オフィシャル・ホスト・ホテル」とあって、その脇に野球のボールと線路を組み合わせた妙なロゴが描かれています。図柄からして野球のチームですね。
HK-20090715
カーブという名前には妙な思い出があります。
  「広島はカープスだけど、もし京阪がチームをもっていたら京阪カーブスだね」と、つまらないごろ合わせの冗談を言って、京阪沿線出身の前里(編集部)をか らかったことがあります。その当時は南海も阪神もチームをもっていた時代で、こんな冗談にも真実味があったのです。まったくの冗談だったのですが、妙に語 感が楽しくて30年以上たった現在でも不思議と記憶に残っているのです。
 この看板を見た時に「本当にあるんだ」と感動したことは言うまでもありません。
 そしてこちらのカーブは京阪のカーブと違って、それ自身が国指定の史跡になっていて、いまや鉄道ファンだけではなく多くの観光客が訪れる場所になっている、価値あるカーブです。
  地元の人に聞いたところ、同じペンシルバニア州フィラデルフィア所在の昨年度ワールドシリーズ優勝チーム、フィリーズ傘下の2Aリーグチームだそうで、こ の名前になったのは1999年と最近のことだそうです。私たちが滞在した日にはボルティモアへ遠征で出かけていて地元での試合はありませんでしたが、町に は立派な球場もあって、素晴らしい選手がこれから輩出することを期待したいものです。

////隠す用
自社広報

現地時間の7月10日(金)~12日(日)に開催された NMRA 主催のNational Train Show in Hartford に出掛けました。詳しくは誌面で紹介しますが、速報ということで、そのいくつかを紹介しましょう。

日本を発ったのは7日でした。担当の記事を早く仕上げるため2徹し、そのまま空港へ・・・ 機内で眠れるかと思いきや、大泣きする赤ちゃん(カワイイんですけどね・・・)のそばになってしまい、まったく眠れず空港へ到着。大変寒い空港でやることもなく5時間待ちぼうけし、後から到着した平井・奥野氏と合流しました。この寒い空港でうつらうつらしたのが、翌日の風邪をひく原因になりました。かくして今日までそれは引きずるわけですが・・・
NY-20090713-01

今年はコネチカット州のハートフォードにあるコネチカット・コンベンション・センターで行われました。すでに5日から Hartford National Convention は開催されていましたが、8日にB&O博物館とペンシルバニア博物館を訪ねたので実際は9日からの参加、ほぼコンベンションは終了しておりました・・・

さて、トレイン・ショウは大盛況!・・・といいたいところですが、日本の JAM のほうが人手は多いでしょう。初めて参加した11年前のカンザス・シティの時はまだ JAM などなく、アメリカには物凄いイベントがあるんだな! と、感動したものです。今年は会場も JAM よりやや狭い感じです。規模に圧倒される事はなくなりましたが、でもNMRA CONVENTION & TRAIN SHOW は凄いです。侮ってはいけません。何が凄いかはまた別の機会に・・・

NY-20090713-02
日本でも有名な WALTHERS のブースではいま展開中の20世紀特急(HO)や、リニューアルしたスーパーライナー(HO)、プルマン・スタンダードの72'バゲッジ・カー(N)が展示されていました。ただその客車群よりも度肝を抜かれたのが、Ashland Iron & Steel シリーズのヒュレット・アンローダーです。
NY-20090713-03
Ashland Iron & Steel シリーズとはウォルサーズが架空の港湾風景をシリーズでプロデュースしているもので、これは鉄鉱石や石炭を船から貨車に積み下ろす巨大な設備をキット化したものです。間近でみるとその大きさと迫力に圧倒されます。キットで$169.98ドルだそうです。こういうキットがウォルサーズのようなメジャーブランドが製品化されるところが、米国鉄道模型市場の懐の深さなのでしょう。日本じゃまず売れませんね・・・

次は Broadway Limited Imports が満を持してプロデュースするボールドウィン・センティピードです。
NY-20090713-04
これは 4-8-8-4 というDLの中でも車輪だらけの機関車で、それでセンティピード(centipede:むかで)というわけです。PENNSY ファンには有名ですね。これがPENNSY では主に2対で走っていたわけですから、ムカデを想像させるにあまりあります。種類はPRR仕様がすべてブランズウィック・グリーンで2輛セットが5ストライプ2種とシングルストライプが2種、1輛単品が5ストライプのみで2種リリースされます。ほかにメーカーデモ機塗装1種、SAL塗装2種、N de M塗装1種も製品化予定です。これは期待できますね。

最後は老舗 Con-Cor です。先日、ノースショアのエレクトロライナーを出して、トロリーファンや私のような変わり種ファンを歓喜させましたが、今度は大変地味なペンシィの mP54客車です。
NY-20090713-05
MP54電車は HO ではかつてクマタが、O では横浜のパイオニア模型が製品化したので日本でも割と有名ですね。そういえば10年ぐらい前だったか、RAILWORKSでも製品化しましたね。といっても、今回は電車ではなく、かつて大所帯を誇った54ftの客車です。PENNSY といえば P70 が有名ですが、これも忘れてはいけません。ただPENNSY では早い内から系列鉄道に流れたり、他鉄道に売却されましたから、ロードネームは色々と用意されているようです。本家 PENNSY では戦前・戦後仕様と戦後仕様のアンレタリング、ほか LI、PRSL、B&M、N&W、AT&SF 仕様も用意されるそうです。

いやー、 PENNSY ものばかりクローズアップしてしまいました。えっ?どうしてかって? そりゃ、私がペンシィ好きに決まっているじゃないですか。

他にも色々見てまわりましたが、それも追ってブログか誌面にて紹介しましょう。それでは、帰国後にまたお会いましょう。
See you...

↑このページのトップヘ