モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

カメラマンの松本正敏です。
寒中お見舞い申し上げます。2020年も何卒よろしくお願い申し上げます。

先日の快晴の日に富士山を求めて出かけたのですが、丁度今年営業を開始する3種類の新型車両の試運転が同日にしかも近いエリアを走るようでしたので、強行かけもち撮影に行ってきました。
と言ってもどちらも定番お立ち台ばかりですが・・・。
しかしおにゅーは良いですね~。どれもピカピカです。もちろん旧型車も名残惜しいですが・・・。

5HF_2870n
まずは富士山をバックに下るJR東海 N700S!
富士山と絡めては何度かチャレンジしていましたが、山頂に雲がかかったり結局見えなくなったりなどが多く、今回は朝早かったからかここまで綺麗なのは初めてかも?リベンジ成功です。
先日2020年7月1日デビューと発表されました。

5HF_2972n
小田急の12年ぶり?の新形通勤車5000形。こちらでも富士山がクッキリ綺麗なのでこちらで。訪れたのはGSEの試運転以来です。この新5000形は2020年3月デビュー予定とのこと。  詳細はこのブログに2019年11月前里さんが紹介されています。

5HF_3025n
JR東日本E261系サフィール踊り子。こちらも2020年3月は14日のダイヤ改正でデビュー予定ですね。何度か試運転は行われていた様ですが、私は初でしたので手堅くこちらで・・・。青い海と青空が楽しめるように天窓が目立ちます。
251系スーパービュー踊り子は大好きな車両でこのE261と入れ替えられるのはとても寂しいですが、もう30年経っていますから仕方がないですねぇ。

Z6D_0834n
おまけ。
みかんと185系踊り子。
新車ではありませんが、リニューアルされたE257系の試運転も来れば良かったのになぁと思った瞬間でした。(笑)

おしまい。

////隠す用
自社広報


このブログでも度々進捗状況をレポート(例えば2018年5月3日付けのここ)していた,東京地下鉄銀座線の新しい渋谷駅が開業した.
 昨年12月28日の始発から6日間も区間運休しての大切り替え工事の末,新年1月3日の始発から営業を開始した.開業の式典には取材のお誘いをいただいていたのだけれど,どうしてもうかがうことができなかった.
 その代わりに?2日の午後,営業を停止している渋谷駅の様子を探りに(?)行った.
DSCN0117
元の降車ホームからの出口.完全に封鎖されていた.
DSCN0120
東急百貨店東横店西館から2階から3階の改札に向かう階段.完全に閉鎖されているのかと思ったら,少しすき間がある.なぜ?と思ったら,この階段を上がったところに神戸屋キッチンという,神戸屋のパンを販売するとともに,その場で味わうこともできるお店が営業を続けていたのだった.

そして明けて3日は,午後一番に新宿で人との待ち泡が予定されていた.そこで,少し早めに家を出て,営業初日の様子をウォッチと,洒落込んでみた次第.
DSCN0132
きのうは閉鎖されていた元の降車ホームが解放されている.新駅ホームへの仮通路ということらしい.
DSCN0138
新ホームの端,改札前から見た旧ホーム.右が乗車ホームで左が降車ホーム.奥が留置線である.

構内に入るのは後回しにして,まずは定点撮影していた渋谷ヒカリエの上へ……
DSCN0157
11階,東急シアターのロビーから見下ろした,新しい地下鉄渋谷駅.M字形の屋根が特徴である.これは“東京メトロ”のMかと思っていたのだが,実はそうではなかった.

取材してみると,最初は一般的な構造でデザインされていたのだが,周辺に強すぎる存在感を与えないようにドーム型に変更したのだという.単純なアーチでないのは,将来的に中央の窪んだ部分にオープンデッキを設ける構想があるからだという.

さてここで,時計を1年半巻き戻して,2018年6月23日に同じ場所から見た風景をお目に掛けることにしよう.
DSCN0009
まだドーム屋根は影も形もない.画面左側のビルも建設工事たけなわである.
DSCN9072
時計をさらに一月半戻した5月6日.降車ホームから新駅方向を見たところ.新しいホームの土台が姿を現わしつつある.
DSCN0216
時計を2020年に戻して,新しいホームの浅草方から終端側を見た風景.電車が停車中のホームは,この先で行き止まりの1番線.右側の,電車が到着しようとしているのが2番線である.上の写真で大きくカーブしている線路が,幅12メートルの,広い広いホームを確保するために直線的に敷き直されているのが判る.

さて,この写真で気づかれたことがあるだろう.最新の駅にしてはホームドアがないことに.今回の開業はあくまでも暫定的な状態であり,まだ完成ではないということの証しのひとつである.それは,ホームドアのほかにも,本格的なトイレの設置や,渋谷ヒカリエの2階に接続する改札,明治通り方面の改札内にはエレベーターも設けられることになっている.ホームドアとエレベーターはオリンピックまでに完成する予定とのことである.

何度も通った工事途中の写真や,後方からご提供いただいた年越しでの切り替え作業の様子もご紹介するつもりをしていたのだけれど,なんだかいつまでも終わらないブログになりつつあることに,気づいてしまった.そこでそれらのご紹介は次の機会にさせていただいて(広報の皆さん,ごめんなさい),全く新しい,明治通りの東側(渋谷ヒカリエ側)に新設された地上の改札口をお目に掛けて,今回は締めくくりとさせていただこう.
 地下鉄の他の路線との乗り換え通路がどのようになっているのか,それも,今後の探検(!)レポートをお楽しみに! だから,タイトルにも“序章”を付け加えたわけである.
DSCN0165
なんだか地下鉄ではなくて普通の高架線上の駅と変らない風情.それにしても,画面左端に見える切符の自動販売機の数の,なんと少ないことか.こんなに乗降者の多い駅なのに,たったの2台しかないのだから!

////隠す用
自社広報

関東平野南部では穏やかな天気で明けた令和2年のお正月.
 毎年恒例の初詣,今年はどこへ行こうかと少し悩んだ末に決めた先は,新宿の花園神社.練馬の我が家からは東京地下鉄副都心線で新宿三丁目まで1本で行くことができるというのが理由のひとつ.
 途中,12月下旬から動きはじめた西武練馬駅のホームドアをスナップしつつ,東急電鉄の5050系5176編成に乗って……そういえば5178編成や4011編成はいつから営業に就くのだろうかと,新しい年への期待に思いを馳せながら心地よい揺れに身を任せていたら,あっという間に到着.
 晴れ渡った空の下で1年の平穏無事をお願いし,今年の干支である子の置物をいただいて恒例行事は完了.
 帰り道は,元日から営業している池袋のデパートで食料品を買いたいという家の人のリクエストに応じて新宿駅方面へ.途中で一休みできるところ……流石に元日から営業しているお店は少ない.で,ひらめいた…僕が,ではなくうちの奥さんが…のは小田急新宿駅のロマンスカーカフェである.ちょっと歩くことにはなるけれど.
DSCN9969
稼動しはじめてすぐに気づいてはいたものの撮影のチャンスがなくて,ようやく記録することができた,西武練馬駅3番ホームのホームドア.
DSCN9978
それなりの行列ではあったけれど,冷たい風も吹かず,待ち時間にはかつて存在したという都電の回送線のことに思いを馳せる余裕すらあった.もっとも僕は現役の頃の回送線を知っているわけではない.今回も,連れがなければ廃線跡散歩と洒落込むことができたかもしれないが,それはまた次の機会のお楽しみ…….
DSCN9998
この日,姿を見せたのは“ふじさん3号”の60000形MSEと“はこね19号”の30000形EXE-αだった.写真は“はこね10号”で到着した時の情景である.このカフェ,改札の中にあるのだけれど,入場券を見せるとスタンプを捺してくれて,それを改札口で見せると払い戻してくれる.小田急の他の駅でも改札内のお店で買物したくなったら,この方法が有効だという.なんとも粋な制度である.

JR東日本の池袋に到着して,ちょっとホームで手間取っていたら,大塚方面から“懐かしい顔”が姿を見せた.昨年末にE235系第48編成の就役をお伝えしたが,その結果として残り2本となったE231系500番代のうちのどちらか…….
DSCN0005
506編成だった.もう1本は505.総合車両製作所の新津事業所では第50編成が落成したとの報も聞こえてくるから,置き替え完了は,さて1月か2月か…….

奥さまがデパート地下で買物にいそしんでいる間に,僕はホームで電車ウォッチング.急速に進む30000系のLED前照燈化や新型列車無線アンテナへの取り替えの実地調査というわけである.その結果,何編成かについてあらたな確認ができた.その成果はいずれ,まとめてご報告しようと思っている.
 そしてタイムリミット近くになってやってきたのが40000系の40151編成.12月下旬から,妙にピカピカの40000系と,なんどか遭遇しているけれど,撮影できる機会は得ていなかった.
DSCN0042
5番ホームに到着する40000系40151編成.50番代が与えられたということは,仕様に変更があった証し.

どこが?という答は,ロングシート車になったこと.
 池袋方の“パートナーゾーン”は変らない.その他の腰掛が,背摺りが高い特徴は残しながらロングシート固定となった.
 40400形の池袋方にあったトイレは省略された.40200形と40900形の客室に備えられていた非常用梯子も,ない…ように見えた.フリーWi-Fiは備えられている.広告は在来の紙による中吊り方式.
 列車無線アンテナは新型を両先頭車に2基ずつ取り付け.側面の列車種別・行先表示装置の横のステッカーは“LONG”.空調装置やパンタグラフは変更されていないように見える.
 足廻りは…次のチャンスへの課題である.
DSCN0047
40400形…この編成では40450形だろうか…の池袋方1位側は普通の優先座席が備えられている.
DSCN0049
一般部の腰掛は,1人分ずつ独立して高い背摺りを備えたロングシート.袖仕切りの形状とガラス面の模様は変更されている.

こいつぁ春から縁起がいいわえ

であった.

そういえば縁起物として年末に仕入れるお酒,今回はどうしようかと思いながらお酒売場を眺めていたら,三重は鈴鹿の純米酒が手招きしていた…….
DSCN9949
清水清三郎商店の“作 恵みの智”.春にデビュー予定の近畿日本鉄道80000系“ひのとり”への期待を抱きながら,味わっているところである.

ということで,新しい年もお引き立て賜りますよう,お願い申し上げます

※2020.01.03:一部語句修正

////隠す用
自社広報

4E8FC000_TRAIN2020

あけましておめでとうございます。

本年も読者の皆様に楽しんでいただける誌面作りに励んでまいりますのでより一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

令和2年 元旦
月刊とれいん編集部一同
////隠す用
自社広報

2019-2020-TRAIN-toshikoshi

2019年も残すところあとわずかですね。

とれいん編集部では“年越し運転”のレポートを募集しております。

31日は皆さま、思い入れのある模型で年越し運転をしてみませんか?

参加規定は例年通り

“2019年12月31日23時55分から2020年1月1日0時05分までの最低10分間,鉄道模型を走らせながら年を越そう!”

というものです.

ゲージ,運転方法は自由です.年をまたいで走らせた車輛,ゲージ,線路の形態を編集部宛に郵便, FAX,もしくは電子メールでレポートして下さい.写真も歓迎いたします.

原稿の締切は,2020年1月24日(金)です.(当日消印有効)

詳しくは下記のブログでご確認ください。


▼年越運転の応募に関する詳細・注意事項はこちら
http://modelernahibi.blog.jp/archives/34096058.html

▼2018年→2019年 年越運転レポートはこちら
http://train-toshikoshi.blog.jp/



皆様からの楽しいレポートをお待ちしております!!!

それでは、皆さまよい年をお迎えください。

※撮影で使用したぬいぐるみと模型はスタッフの私物です

↑このページのトップヘ