モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

今週の月曜日朝.撮影取材の予定があって目的地へ向かっていたのだけれど,なんとなく虫の知らせというか,地下鉄駅のホームでパソコンを公衆無線LANに繋げてみたら,[本日は中止]の連絡が.
 ガッカリして会社へ舞い戻って,どんどん降り積もる雪を横目でにらみながらデスクワークに勤しんだわけだけれど,頭の中では取材と編集作業のスケジュールをどのように再構築すればよいのか…悩んでも詮のないことと知りつつも,いろんなことが渦巻いていた.とはいえ,心の中のどこかでは[あしたの朝はよい雪景色が撮れるかも…]などと,輸送関係に携わる人からは蹴飛ばされそうなことを考えていたのも,事実である.

そして翌朝.
天気のよい日には秩父の山並みが美しく見える富士見台駅の所沢方に立った僕の肩を後ろからたたく人が.振り返ってみれば地元在住のNさん.“好きですねぇ”とはご挨拶.そりゃあ,この趣味を持つ人の性(さが)というものではないか.
 このブログでも何度か東京近辺の雪景色をお伝えしているが,前回はいつ?と思ったら一昨年11月24日.11月の降雪が57年ぶりどころか記録史上初の積雪の今日の東京だった
A8A_0670
空気中の水蒸気の加減だろうか,残念ながら山が見えなかったので,線路上の雪を蹴散らしながらコーナーを回り込んでゆく電車を切り取ってみた.やはりかっこいいの一言.


続いて練馬に場所を移し,地下鉄乗り入れ列車を含めて待ち構えてみることにする.
A8A_0697
ビルの合間から差し込む朝日に一瞬輝く40000系第4編成.

A8A_0737
“副都心線方面への直通列車が少なくなっておりますので,小竹向原までご乗車の上お乗り換えくださいますよう…”などというアナウンスが構内に響く中,急行線をやってきた東京地下鉄10000系電車.地下鉄乗り入れ線に入るかと思ったらそのまま直進して池袋行きホームへ…….西武練馬駅の線路配置をご存じの方なら,ひと目でイレギュラーな風景であることを理解していただけるだろう.


この池袋行き地下鉄10000系.第33編成で運行番号は87S,列車は“快速”であった.

続いては事務所のある江古田へ移動.池袋方のカーブから,雪を身にまとった電車の正面をアップで…という狙い.
 しかし待ち構えているときに限って目の前に現われる電車は,丁寧に雪が落とされた編成ばかり.撮影者としてはステップや屋根回りにどっさりと雪を積んだ姿がよいのだけれど…….本気でそれを写したいのならもっと早起きしなさい.というご意見には,ただただごもっともではある.
A8A_0814
ようやくやってきたのが,2072を先頭とする池袋行き.スカートや連結器,そして屋根上に残る雪が“都会地の雪景色”という風情であった.


これをもって,朝の小カメラハイクはおしまい.
午後の外出では都心部の雪を…と思ったのだけれど,やはり郊外より気温が高いのかほかの理由なのか,地面に雪はほとんど残っていなくて,辛うじて見つけたのが,こんな風景…….
A8A_0899
中央本線の神田と四ッ谷の間というか,飯田橋と市ヶ谷の間のお壕端.春には桜と電車の写真撮影でにぎわう辺り.法政大学敷地と線路との間の斜面に僅かに残る雪を半逆光で光らせて…と目論んだ.


用事を済ませて日暮れ直前の練馬駅に戻ってきたら,こちらはまだたっぷりと雪が残っている.車内照明に照らされる雪を……
A8A_0933a
と,思っていたら,駅の放送は“新木場行”なのに,やってきたのは東急5050系4000番代.こういうことも,あるんだなぁと.とっさのことだったのでちょっと(かなり?)フレーミングが.電柱にも少し引っかかってしまったし.


編成は5050系4000番代第8編成.運行番号は53S.
A8A_0944
シャッタースピード1/400秒,絞りはf3.5,感度はISO 22,800…….こんな風景がお手軽に撮れるなんて,一昔前までは夢に過ぎなかった.

デジタルカメラならではの表現は,これからもますます進化しそう.いや,その前に“デジタル”というものをもっと理解して,相応の写真撮りができるよう,精進せねばとも思った,雪の一日であった.
////隠す用
自社広報

※報道公開のプログラムが盛り沢山だったので,いつもの約倍の長さです.ご注意ください.

昨日の午前,相模鉄道20000系電車の報道公開が催された.生憎の天候ではあったが,たくさんのTV局を含めて,大勢の報道陣が同社のかしわ台車両センターに馳せ参じた.
 最初は検修庫内でのプレゼンテーション.関根雅人車両課長から,この電車の特徴が詳しく語られた.
A8D_0095
新型車紹介中の関根雅人車両課長.日立製作所笠戸での製作状況から甲種輸送列車で厚木,かしわ台へ到着するまでのドキュメンタリーから始まり,その後,各部の特徴説明へと移った.

A8A_0134
続いて検修庫前で現車のお目見え.案内役は滝澤秀之代表取締役社長と,相模鉄道のマスコットキャラクター“そうにゃん”.
車輛の詳しい観察は,かしわ台車両センターから厚木操車場に会場を移しての実施だった.このブログの読者には,既に昨年11月16日に“相模鉄道20000系 いま”としてお伝えしているから,ご存じの場所である.
A8A_0276
海老名方から見た編成全景.アルミやステンレスの無塗装が主流を占める関東の私鉄にあって,全面塗装,それもこれほど濃い色を使っているというのは異例ともいえるデザインポリシーといえる.ちなみに行先・列車種別表示装置は前面も側面も1/1,000秒でも文字欠けが出ない優れもの.


では,プレゼンテーションや配布資料から,この電車の概要をお伝えしよう.

まず構体断面から.想定されている乗り入れ先が東急電鉄の東横線と目黒ということで,最も小さい目黒線に準拠,その結果車体幅は2,770㎜.レール上面から屋根頂部までが3,625㎜,最大高さは空調装置頂部までで,4,065㎜.全長は先頭車が20,470㎜で中間車が20,000㎜.車体側面は,いわゆる裾絞りのないストレートとなった.
 東急線への乗り入れのためには,前面に非常用の貫通路が必要となるわけだが,これは車掌側にオフセットして設置した.運転室の機器配置は,相鉄線内と東急線とで異なる部分があるので,例えばマスコン・ブレーキハンドルは両手操作式T形を採用している.

車体の基本的構造は,日立製作所の“A-Train”を採用したアルミ合金によるダブルスキン構造,接合は摩擦撹拌接合を採用.
 車体本体に標準設計を採用した分,内装と前面形状のデザインに力を注いだという.
 前面はこれまでにない造形を実現するためにコンピューターを最大限活用した三次元削り出しからプレス,そして手作業による叩き出しまで駆使している.最大の特徴は前面の曲面ガラスと印象的なライトケースなどによって,優美なデザインを実現し,貫通扉の存在を感じさせない仕上がりを得ている.

走り装置は,主制御装置が日立製1C-4M方式インバータ制御,主電動機は全密閉タイプの三相かご形で定格出力190kW.継手はTD継手式.電動空気圧縮機は形式からクノール製と知れる.情報伝達方式はイーサネット方式のSynaptra…ちょっと聞き慣れない名前だ.新方式だろうか.
A8A_0217
客室全景.空調装置の風洞を工夫して中央部を高くした独特のデザイン.ラインフローファンを枕木方向に配した辺りは,東京地下鉄10000系や西武鉄道30000系など,同じ日立製電車との共通性がある.腰掛や袖仕切りは標準設計品にこだわらない独自デザインを採用し,個性を演出している.


客室デザインは,そもそも色遣いをグレー系に統一したのが大胆だし,照明は時間帯によって昼光色や電球色に変化させつつ運転する.各部にガラスや金属を採用しているのも特徴.車体幅が相模鉄道標準タイプより狭いのをフォローするように務められている.
 そうそう,客室壁面には,9000系以来の復活となる,鏡が取り付けられた.沿線の人にとっては,相鉄電車に欠かせないアクセサリーだと再認識して採用なのだという.
 車椅子スペースや優先席は全車に設置.優先席は山側と海側とで座面の高さを変えて,乗客の体格に応じて選択できるような工夫もある.
 暑い時や寒い時に側扉の開閉を選択できるよう,個別ドアスイッチも採用された.
 天井には枕木方向に広告用の液晶画面を設置している.
DSCN7155
昨日は運転室の公開はなかったが,仕切窓から垣間見た機器配置をお目にかけよう.マスコン・ブレーキはT字の両手操作式.


この日の報道公開は電車だけではなくて,この電車が走るべき新しい路線についてのガイドも含まれていた.新路線のキーポイントとなる新駅“羽沢横浜国大前”である.
 関東地方の読者なら,駅の名前からその位置を連想される方も少なくないかもしれない.東海道貨物線の途中にある横浜羽沢駅に隣接しているのである.
 相鉄線の西谷(にしや)からこの駅まで約2.7キロ.ここから約10キロで東横線の日吉に達し,途中には新横浜駅も設けられることになっている.
MAP
相模鉄道と東急電鉄とJR東日本の三者が関係する新線路線地図.提供:相模鉄道

DSCN7184
横浜羽沢駅の真ん中に架かる陸橋から西谷方を見る.左端が東海道貨物線,通路を挟んで右が羽沢横浜国大駅の駅舎.

DSCN7186
振り返って東京方を見る.横浜羽沢駅の外れ付近で東海道貨物線から離れて新線は新横浜を経由,日吉で東急線と合流することになる.開業予定は平成34年度(というのは存在し得ないことが確定しているが)下期であるという.今から4年後のことである.
 東横線からその先,どこまで行くことになるのか…….夢は副都心線経由で東武東上線や西武池袋線へということになるわけだが.


地図から読み取ることができる通り,羽沢横浜国大駅の東京方では,東海道貨物線に合流する線路も敷かれる.列車は新鶴見…新川崎から大崎へと向かい,埼京線へ乗り入れることになる.開業予定は平成31年下期というから,もうあと2年を切っている.
 むしろ,こちらの方が開業予定が早い.どうするのか?
 20000系を使う?? 答は“否”.車両限界も東急線とは大きく異なっているので,別形式車…12000系か?…が製造されることになっている.それではなぜ20000系がこんなに早く製造されたのか.
 それは,これまでの相鉄線電車とは規格が大きく異なるため,さまざまな検証を行なう必要があることから,先行したということである.併せて,7000系電車1編成をこの電車で置き替える旨が発表されている.
 そしてこの20000系電車は2月11日から営業運転を開始する予定.その後,量産に向けての熟成が進められることになる.

JRへの直通電車は,では相鉄10000系や11000系,はたまたJR東日本E235系のバリエーション展開となるのだろうか…….夢は膨らむばかり.
////隠す用
自社広報

T1802

【今月のおすすめ記事】
年末に“スーパーあずさ”として華々しくデビューした,JR東日本中央本線の新型特急電車E353系.2年間の量産先行編成による試験結果がどのように反映されたのでしょうか.新しくなった部分,引き継がれた箇所を,細大もらさずお伝えします.特徴的な前頭形状図面も掲載.模型製作にお役に立つことでしょう.
 注目の実物記事としては,連載中の東武鉄道7300・7800系が,今回は模型を交えて展開されています.お楽しみください.
 注目の製品としては,Products Data fileでカトー製のNゲージ“TRAIN SUITE 四季島”を採り上げています.複雑な車体形状がどのように再現されているか,仔細に観察しています.
 その他,Nの古典蒸機からOJゲージ,阪急電車,ストラクチャーなど,一般記事や好評の連載記事,イベントレポートなども満載です.

【目次】
MODELERS FILE---------------------------------------------
  6 MODELERS FILE 東日本旅客鉄道
     E353系電車 量産編成
     営業運転を開始した“スーパーあずさ”の新型電車
     まとめ:前里 孝 写真:松本 知輝/松本 まさとし/前里 孝
     取材協力・資料提供:JR東日本
注目記事--------------------------------------------------
  3 東武の古豪・魅惑の7300系・7800系
     模型製作:鹿倉 明祐 撮影:松本 まさとし 背景作図:山賀 一俊
 28 東武鉄道 7300・7800系
     ~“カステラ電車”たちの記録~
       写真:林 智春 長谷川 興政(プロト・サーティーンクラブ)
               文・作図:山賀 一俊 調査協力:上田 康晴
 34 16番ペーパー車体で甦らせた 東武7300・7800系 製作記
     製作・文:鹿倉 明祐 撮影:松本 まさとし 協力:モデルワム
----------------------------------------------------------
  4 Products Data file
    カトー製 JR東日本 E001形“TRAIN SUITE 四季島”(N)
 18 ダイヤモンドクロスで会いましょう
    マルーン同好会の阪急電車作品集 第3回(不定期連載)
               小柳 新一・高木 晃一・俵口 薫・牧野 正彦
              レイアウト製作・撮影:楠藤 正伯(阪条電鉄)
 38 52年目の機動楽会定例運転会
    2017年11月11日 於:東京都文京区林友ビル
                 レポート:機動楽会 鶴見 克則(会長)
 42 カバン線をつくろう
    第3回 簡単な地面づくり工作「展示台を作る」(その2)
                            安達 誠
 46 Nゲージ古典機への誘い
    第16回 Neilson(英)              小川 謙二
 58 関西合運 第26回 鉄道模型大集合 in OSAKA
    取材:西原 功/撮影:松本まさとし
 66 モデリング・リサーチ・センター
    第62回 コンパクトコンプレッサー        検証:P.S
 72 エイジング ストラクチャー
    情景職人が生み出す“時間・質感・生活感”
    第13回 角の八百屋(その2)
              製作・文:伊藤 肇(匠ジオラマ工芸舎)
                    撮影:伊藤 肇・八島 弘仲
 78 さいたま鉄道模型フェスタ2017
---------------------------------------------
 50 22世紀の汽車絵本 第8回 国鉄D50/D60
    未来へ伝えたい車輛をイラストでリマスター
    思い出絵師:鈴木 信雄/思い出語り:長谷川 興政
 54 DieselPower in USA! /佐々木 也寸志
    Vo.69 バンクーバー駅
    ワシントン州バンクーバーのアムトラック駅
 68 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第73回 UC5形有蓋コンテナの解説(9)
 76 Coffee Cup /前里 孝
    中央本線…新桂川橋梁 立場川橋梁 巌山隧道
 82 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 84 線路は続くよいつまでも /信沢 あつし
    第90回 町屋の細長い路地を貫き倉庫へと
    茨城県桜川市真壁町 石田金物店
 87 新車登場
108 “林”発掘再生工房 Season3 /林 信之
    第6回:夢のあるストーリーが大事.夢空間客車
109 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第79回:鉄道玩具(その4)
110 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第45回:近鉄“つどい”
112 輝け!日本の運転会
114 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大 運行計画 2018年2月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
140 いちぶんのいち情報室
144 2018年1月号の訂正・
   月刊とれいんバックナンバーのご案内
145 Combo Caboose・掲載広告索引

2018年1月20日(土)発売  定価:本体1,435円+税

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

R105-2

■久大本線の煙を追って
福岡県の久留米と,大分県の大分を結ぶ久大本線.昭和30年代から蒸機終焉期までは,D60を主役として,8620がともに活躍,豊後森から分岐の宮原線にはC11が活躍していました.
 久留米から豊後森までは玖珠川と戯れながら山を分け入り,水分峠を越えてからは由布岳を眺めつつ大分川に沿って大分に達する,風光明媚な路線でもありました.
 蔵重信隆さんが昭和40年代に煙を求めて撮影された写真と,半世紀を経た現在の久大本線各地の様子を“今昔”としてまとめてくださいました.
 資料として,線路縦断面図,大分運転所と豊後森機関区の構内線路配置図や機関車運用表も収録しています.

■明治~戦後・駅名標こぼれ話 第2回
今回は明治期の実例の数々から仮名遣い問題,指矢印や駅間距離のある駅名標についての考察です.

■有馬線で使われた機関車とその現況
福知山線の三田から岐れて有馬まで,短いながらも勾配区間を有する鉄道路線がありました.開業は大正3/1914年.有馬温泉への行楽客輸送でした.第二次世界大戦の激化とともに昭和18/1943年には休止され,そのまま廃止状態が続いています.残された写真も少なく,謎の路線のひとつでしたが,中川常伸さんが地元の資料を丹念に調査され,その歴史の一端が繙かれました.廃線跡の現状レポートも掲載しています.

■公式写真に見る国鉄客車
第8回目は3軸ボギー台車の優等車の残り,マロネロ37600とスハ32800(スハ32),スハ33650(オハ35)の3形式です.

■びわこ号に寄せて
レイルNo.103で解明された京阪電鉄“びわこ号”の謎.その稿に添えた写真に触発されて,清水祥史さんが手元資料の中から本線直通臨時列車の運転に関する資料を提供してくださいました.当時の京阪電鉄の,秋の大輸送に賭ける意気込みが現代に甦ります.

2018年1月20日(土)発売 定価:本体3,600円+税

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

カメラマンの松本正敏です。
昨年12月5日にこのブログでも報道公開のレポートがあったあの小田急電鉄新型ロマンスカー70000形[GSE]がいよいよ日中に試運転をやると聞き、早速新松田駅周辺へ見に行ってきました。
私は先日のその報道公開には参加出来なかったため今回実車を見るのは初めてでしたが、ローズバミリオンの鮮やかな「赤」の編成と再びパノラマ車の登場に驚きと感動でした!
ある快晴の日の何枚かをご覧ください。

D4R_3879n
富士山が望める酒匂川の橋梁を渡る。なんとも風景に映える色です。
5HB_8621n
少し雲が出てきたが、富士山を背景に行く上りのGSE試運転。
D4R_3978n
編成写真。大きな展望席の窓が印象的だ。
5HB_8794n
昼間、雲に隠れかけていた富士山も夕方には再び出てきたのでまた酒匂川へ。
シルエットでも特徴のある先頭車は存在感がある。

D4R_4098_01n
3月17日のダイヤ改正の後もこの[GSE]が2本になるまではこの[LSE]とともに小田急電鉄沿線で色々なロマンスカーが楽しめそうです。季節を追いかけながら出かけてみたいですね。

おしまい。

↑このページのトップヘ