モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

東京の芝浦工業大学(芝浦工大…正確には芝浦工業大學)といえば,数多くの鉄道技術者や趣味人を輩出している学校として,ここの読者の皆さんにもおなじみの学校名だと思う.
 とれいん誌上でも,JAMコンベンションや鉄道模型コンテストで附属中学高等学校鉄道研究部の活躍振りをご記憶の方も多いだろう.最近では昨年10月号に掲載されている.

さてその芝浦工大附属中学高等学校だが,この春に豊洲の地へ移転した.
 それを機に開設されたのが“しばうら鉄道工学ギャラリー”というわけである.
 この附属中学高等学校は,歴史を繙けば大正11/1922年に東京駅に隣接する永楽町に設立された東京鐵道中学にたどり着く.大正13/1924年に池袋へ移転,昭和17/1942年に学校法人として独立,昭和57/1982年に板橋区志村へ移転という道を辿る.だから鉄道工学ギャラリーの設置は極めて自然なことなのである.
DSCN2100
新校舎の正面玄関.面している道の頭上にはゆりかもめの高架橋がある.そしてその下の道路には,かつて東京都港湾局専用線の線路が敷かれていた.

東京都港湾局の線路は芝浦方と豊洲方の2地区に分かれていて,こちらは越中島からの豊洲・晴海地区.越中島までの国鉄線については,レイルのNo.83で小野英晴さんが語ってくださっているので,新たに興味をもたれた方は,ぜひご覧いただきたい.

ギャラリーは正面玄関を入って右手に設けられている.入り口にはゆりかもめ線の駅名標を模したデザインの表札が掲げられている.
DSCN2135
綺麗なケースの中に展示品が収められている.出入口には改札のラッチも.その上が駅名標風の表札.画面左手にはカフェテリアと購買部があり,撮影者の背面には100台近くものPCを備えるコンピュータ室が.残念ながらギャラリーの来訪者は立ち入ることができないエリアだが.

収蔵されているのは学校あるいは鉄道研究部部員のコレクションのほか,国鉄技師長だった星 晃さんや,やはり国鉄の技術者だった関 長臣さんが所蔵しておられた車輛関係の図書や資料類.そして,日本文学研究者で東京大学名誉教授だった築島 裕さんの乗車券コレクション,ベテラン趣味人だった三谷烈弌さんの写真類,岩手・宮城内陸地震で遭難してしまった岸由一郎さんの私鉄関連資料類,方向幕などの製作会社である羽深製作所の歴史的製品がある.
 さらに,とれいんの古い読者なら忘れることができないモデラーである菊地文夫,正雄父子の16番作品群も一角を飾っている.
DSCN2141
星 晃さんのコレクションの一部.画面左下に見える,池袋と御茶ノ水の間の乗車票は,昭和17/1942年発行.星さんが25歳のときのものである.あまりの綺麗さに“17”という年がどの元号なのか西暦なのか,すぐには解らなかった.
DSCN2129
古くからのモデラーには忘れられない,菊地文夫さんと菊地正雄さんの作品群.タバコのパッケージで作った貨車も収蔵品に含まれているものの,劣化が著しくて展示には耐えないのだそうだ.ちょっと残念.
DSCN2104
ギャラリー奥から入り口方面を望む.中央に敷かれた線路には,特製の移動式書架が載る.必要に応じて入換作業ができるように転車台もちゃんと用意されている.ちなみにゲージは実測値で325mm,

線路に載った移動式書架には鉄道趣味雑誌や書籍が収納されていて,とれいん誌も閲覧可能.当面は1990年代のバックナンバーが用意されていた.書架は各朱電車の塗り分けなどが再現されていて,とれいん誌は湘南色.
 画面左にみえる腰掛は新潟にいた485系R編成普通車用と新潟地区の115系用.道路に面しているのでゆりかもめを見上げることができるが,港湾局の線路が残っていれば…というのは妄想が過ぎる.
DSCN2139
Nゲージレイアウトも,鉄道研究部部員の手によって建設中.コントローラーは,全体はやや縮小されているものの,各パーツは本物の201系用を再用した逸品.

さて,貴重な文献類の多くは図書管内に収蔵されていて,今のところそれは学校関係者と江東区民に限定しての公開となっている.いささか残念.しかし,なにはともあれ,廃線跡ハイクを兼ねて訪問してみるのは,意義深いことと思う.

一般公開は5月21日から.当日は10時から,大坪隆明校長からの設立趣意説明や,レイルで国鉄客車公式写真解説で筆を揮ってくださっている藤田吾郎教授からのギャラリー詳細解説,5インチゲージ乗車体験,201系風運転台によるNゲージ操作体験などが予定されている.

その後は,下記の通りの要領で公開されることになっている.

施設情報:
所 在 地:〒135-8139 東京都江東区豊洲6-2-7
開館時間:火曜日から土曜日 10時から12時半及び13時半から16時.ただし最終受付は15時半
休 館 日:毎週日曜日・月曜日・祝日 ※学校行事などの都合により臨時休館もあり 詳しくはWEBの開館カレンダーでご確認ください
入 場 料:無料
電話番号:03-3520-8516
WEB:http://www.shibaura-rtg.com

※2017.05.12:誤字修正

※2017.05.24追記:本文で“
劣化が著しくて展示には耐えない”と記した,タバコのパッケージで作った貨車が,整備の上,6月末までの期間限定ながらも展示されることになったと,芝浦工業大学のご担当から案内を頂いたので,追記としてご案内する次第.
////隠す用
自社広報

4月20日に催された,箱根登山鉄道“2輛編成のアレグラ”こと3100形お披露目で入生田へ向かった日,“行き掛けの駄賃”とばかりに,小田急電鉄の開成と栢山の間へ立ち寄ってみた.
Q7A_0525
現地に到着して最初に姿を見せたのが,いまや専ら地上線用となった1000形の,1095を先頭とする新宿行き.なんだか前照燈の色が変だと思ったら.LEDだった.
Q7A_0526
振り返りざまに後部を見たら,森尾電機製の16粒タイプLED前照燈だった.元が角型シールドビームだから,違和感は少ない.

後部の前照燈を確かめるまでの間に編成中間を眺めていたら,4輛目と5輛目の間が,変.昨年の夏に中間運転台を撤去して10輛固定化した最初の編成だった.

2番目は3000形.ここでSE車を思い浮かべるのは,いくらなんでも時代錯誤が過ぎる.鋼製通勤車を淘汰するために大量に投入された,日本車両タイプのステンレス車である.
Q7A_0556
なんの変哲もない3000形…ではあるのだけれど,5年ほど前から帯色が4000系と同じ,“インペリアルブルー”に変更されているのだ.それ以前,平成20/2008年3月からは新しいブランドロゴを車体に貼るようになったから,写真の新宿方先頭車が3264の編成は,新造後11年めにして2度目の外観変更ということになるだろうか.

1000形以降のステンレス車には“ロイヤルブルー”と呼ばれる青だったのだけれど,4000形で“インペリアルブルー”に変更され,それが在来車にも及びはじめているということなのである.インペリアルブルーのほうが,やや濃いように見えるのだけれど,ぱっと見たところでは大きな違いはなさそう…….

というところで,入生田へ向かう時間になった.
 前照燈のLED化は,日ごろ,地元の西武鉄道での推移に注目しているだけに気になるところ.そこで最近の小田急電車のスナップを検索してみたら,なんとその前日,外出の途中で立ち寄った南新宿駅横の歩道橋で撮影した4000形で発見してしまった.
Q7B_0438
写真は小田原方先頭車4560.新宿方は4060の編成である.こちらはコイト電工製の最新型.新造時には丸いHIDの前照燈だったから,違和感はない.もしかしたら,元の前照燈形状に合わせてLED前照燈の形式を分けているのだろうか.

ちなみに,今年になってから僕が撮影した小田急電車では,ここにご紹介した2編成のほかに,1096,1064,1066の3編成が森尾電機製LEDに交換済みだった.2000形や3000形,ロマンスカーはどうなのか,これから観察してみる必要がありそうだ.
 ちなみに昨年の末に披露され,3月から営業運転に就役したEXEαは,森尾電機製の16粒角型である.
////隠す用
自社広報

既に各報道機関やとれいん5月号の“いちぶんのいち情報室”で報じられている通り,昨年の230形233号蒸気機関車に続いて,東京地下鉄道1001号電車と院電ナデ6141が国重要文化財に指定されることが,この3月に文化庁から発表された.
 230形は日本製蒸機機関車として初めての指定だったが,今回は“電車”としては史上初の指定 であり,実に画期的なことだと思う.

東京地下鉄道1001号は,今年で開業90周年を迎える東京の地下鉄で最初の電車であり,また初期の全鋼製車として技術的価値も高いというのが,指定の主な理由.
P7B_3761
今年1月中旬現在の1001号の姿.入念に復元されたその姿は,いつ観ても美しい.

この1001号,かつては神田万世橋の交通博物館敷地内に保存展示されていたことをご存じの方は多いだろう.昭和59/1984年,地下鉄博物館開館に際して万世橋から葛西へ移設,同時に徹底的な整備を実施している.
 230形の際もそうだったが,このようなレストア作業は,時として却って原形を損ねることもあって,なかなか難しいところといえよう.もっともこの1001号に関していえば,ほぼ完璧ともいえる原形への復旧であり,“文句”のつけどころはなさそうである.
P7B_3727
修復の手はもちろん客室にも及んでいて,バネを仕込んで普段は立ち客の邪魔にならない位置にあって掴むと手元に引き寄せることができる,米国仕込みのリコ式吊り手も,ちゃんと装備されている.木目がプリントされた内張りの鋼板は,新京阪…阪急デイ100のそれを思い起こさせる.

この復元あってこその,現代の東京地下鉄銀座線に登場したレトロ1000形といえる.立派な非常燈や日本車輌の銘板などは,この1001号で使われているものをスケッチして製作したそうである.

一方の鉄道院ナデ6141.こちらは日立電鉄で事業用車として残っていた現車を,昭和47/1972年に当時の国鉄大井工場(現在のJR東日本東京総合車両センター)で現存最古の木造国電(院電)として保存展示するために譲り受けたもの.
 この事業の実現には,大井工場に長年勤務されて御料車の趣味的研究で著名な田辺幸夫さんの尽力によるところが大きかったという.
 長らく大井工場の正門脇に保存されていて,昭和62/1987年には動態に復して構内だけながらも走行した実績もある.
 それが鉄道博物館の開館に際して平成19/2007年に大宮へと移されたのである.
dsa_7807
こちらは10年前,鉄道博物館がオープンするに際して実施された報道公開時に撮影したナデ6141.驚かされるのは,バッファーの間に密着自連が装備されていること.昭和62/1987年の動態化に際して取り付けたものと思うが,空気管の新設とともに,もしかしたら,本線での走行も想定していたのだろうかと思うほどに本格的な装備である.現在はフック+ネジ式連結器に取り替えられ,空気管は撤去されている.
P7A_3628
今年はじめのナデ6141室内.ニス仕上げの木部をはじめ,各部は美しく保たれている.地下鉄博物館では,国重要文化財指定を機に,車内の見学を中止したが,こちらは引き続いて客室も見学できる.貴重な歴史資料に身近に触れることができるというのも,大切な文化財保護のための活動ではないかと思う.

さて,今回の文化財指定.もちろんのことこの鉄道車輛2輛だけではなく,多くの美術工芸品が対象になっている.その総数は国宝が7件,国重要文化財が37件.それらが,4月18日から5月7日まで,東京国立博物館で展示されているというので出掛けてみた.とはいえ,2輛の電車が上野へ運ばれたわけではない.単に資料写真が展示されているだけである.けれど,それを“口実”に,たまには仏像や旧い酒器香炉茶碗,屏風絵などを鑑賞するのも一興かと思った次第…歳月を経てなお輝きを失わない造形物から伝わる力強さに圧倒されることになったが.

もっとも興味深かったのは,同時に国重要文化財となった帆船日本丸の関連資料展示.“機関撮要日誌”と題されたその台帳は昭和21/1946年6月9日の,大阪から博多への航海の頁が開かれていたのだけれど,その記録内容は,少年のころに閲覧記録を始めた機関車履歴簿に似て,実に綿密なもので,調査趣味に熱中した数十年前を思い起こさせるものだった.
DSCN1863
東京国立博物館に隣接する国立科学博物館前庭のD51 231にも対面してきた.この機関車は,昭和48/1973年8月に,今は亡き小樽築港機関区で林 博昭さんと手分けして調査したうちの1輛.林さんの筆跡で記録されているところをみると,長野工場製ということで,同県出身の林さんが受け持ったようである.

と,久し振りに心の洗濯ができた休日の昼下がりであった.
////隠す用
自社広報

昨日とれいん2017年5月号が発売いたしました。 もうご覧いただけましたでしょうか?

今月号のMODELERS FILEでは、“相模鉄道9000系”を採りあげました。イラスト、詳細な写真、図面など豊富に載っておりますので、見ごたえ十分な記事となっております。ぜひ、今月号もよろしくお願いいたします!

そして今回は読者プレゼントがございます!
相模鉄道のご厚意により、「相模鉄道 9000系 リニューアル車 デザイナーズカタログ」をご提供いただきました。抽選で20名様にプレゼントいたします。
カタログの表紙のロゴは箔押し加工が施されており、全ページPP加工されているとても高級感のある素敵なカタログです。

(左:表紙、右:裏表紙)




ぜひ今月号の記念に皆様ご応募ください。

応募方法は以下の通りです。



《応募方法》

ご希望の方は,官製ハガキまたは弊社WEBサイトよりご応募ください.


WEBから応募する場合》
http://www.etrain.jp/dokupre.html より必要事項を入力してご応募ください。

※ご希望のプレゼントID、共通パスワードは、とれいん2017年5月号 (112ページの伝言板に掲載) でご確認のうえ、必ず明記して下さい



《ハガキで応募する場合》
(1)住所, 氏名,年齢,職業,電話番号
(2)ご希望の商品名・商品ID
(3)今月号で面白かった記事
(4)本誌へのご意見・ご要望
をご記入の上,下記までご応募下さい.

※ご希望のプレゼントIDは、とれいん2017年5月号 (112ページの伝言板に掲載) でご確認のうえ、必ず明記して下さい

【宛 先】
〒176-0012 東京都練馬区豊玉北1-1-12
(株)エリエイ 月刊「とれいん」編集部
5月号プレゼント係


【応募締切】
2017年5月31日(水) 当日消印有効

※応募者多数の場合は,抽選とさせていただきます.
当選者の発表は,商品の発送をもってかえさせていただきます.
////隠す用
自社広報

今日4月20日の午後,箱根登山鉄道入生田(いりうだ)検車区で,2輛編成のアレグラ3100形が披露された.
 もととなった3000形は平成26/2014年4月に落成し,その年の11月から営業運転をはじめた箱根登山鉄道のエース.本誌では平成26/2014年12月号でMODELERS FILEの題材とした.このブログでは同年11月27日付で取材余話をご紹介している
 2輛製造され,在来車との併結で3輛編成を組むことを想定した電車だったのだが,あまりの好評ぶりに,同形式車2輛を組んでの運転も頻繁に行なわれてきた.“ならば”というわけでもないだろうが,昨年12月5日に2輛編成の“アレグラ”製造の計画が公表された.そして川崎重工で3100形1本が製造され,4月8日に甲種輸送列車で兵庫から松田経由で到着した.
Q7A_0704
強羅方がクモハ3200形,小田原方がクモハ3100形である.パンタグラフはいずれも小田原方に搭載している.広くない入生田の車庫では,なかなか2輛全体をワンカットにおさめることは難しく,まずは車庫から顔をだした3200形を…….

基本的には3000形を片運転台にしたということで,主制御装置やパンタグラフ,補助電源装置,台車…いずれも“ほぼ”同形式.というのも,例えば総合車両製作所製の台車は,外観こそ同形であるものの,正式の形式名は3000形のTS330Bに対してTS330Cとなった.その他にも細かい変更点はあるかもしれない.それらは,これからの観察によって,追い追い判明してゆくことになるだろう.
Q7A_0967
続いてはクモハ3100形を車庫内で.そういえばこの車庫.確か3線ではなかったかと思ったら,検修能力向上と,建物自身の耐震性向上などを目的として,大改良工事が実施されたとのこと.


これまでは車庫内への留置可能輛数が3+2+2の7輛だったのに対して,3+3+2+2の10輛に増えている.クレーンは2.5トンを3基,7.5トンと2.8トン,そして5トンクレーンが各1基備えられている.事務所や宿直室,ロッカー室や浴室なども建屋内に設けられて労働環境も大幅に向上した.

さて話題を車輛に戻そう.
 3000形と大きく異なっているのは,当然のことながら連結面.貫通路つきの切妻だが,幌は設けられていない.急曲線の多いこの路線では,日常的に車輛間を往来することは,無理.ということで貫通路はあくまでも非常用.
Q7A_0933
連結面の客室.貫通扉も妻窓も,3000形では運転室だった部分の側窓もガラス面積が極めて大きく,新たな視界が開けそう

Q7A_0741
連結面の外観.切妻とひとことでいってしまえばそれまでだが,車両限界を突破しないための面取りもあり,屋根の形も含めてちょっとなんだか愛嬌のある“顔”が出来上がった.


デザイン監修は3000形と同じく,岡部憲明アーキテクチャーネットワーク.さすがに全く不自然さを感じさせない仕上がり……というか,もしかしたら,最初からこのような展開も念頭に置いて3000形がデザインされていた…の,か,な?

営業運転開始は5月の予定.単独2輛と,1輛増結の3輛での運転が予定されている.当然ながら,3000形とのペアを,大いに期待したいところである.

↑このページのトップヘ