モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

先週のここで少し触れた,JR東日本の山手線渋谷駅の線路移設工事.第2週目の工程も無事に終わったようで,山手貨物線は順調に運転されているようだ.“ようだ”というのは,6月2日には都心へ出掛ける用事があったので,作業たけなわの様子は観察できたものの,その後は江古田に缶詰で…….来週以降のお楽しみ.

今回の工事でもっとも目立つのが,旧大山街道に架かる宮益坂跨道橋の架け替え.いわゆるスクランブル交差点のすぐ脇にあるガードのうち,山手貨物線南行きの桁を架け替えるものである.
DSCN9414
5月23日の様子.新しい橋台が用意されていて,あとは桁の到着を待つばかり.
DSCN9582
5月27日の同じ場所.白い桁が架かっている.PC桁になるのかと思ったら,在来方式の角式鉄桁だった.さすがに町中で使われるだけあって,有床式ではあるが.
DSCN9579
その銘板.立派な砲金鋳物で,固定用ネジはマイナス溝頭というところに,意味もなく嬉しくなってしまった.EWTGCE728-1というのは製造番号だろうか.EA-17というのはこの桁の列車荷重規格を示している.

僕の頭の中では,鉄道橋の荷重規格はKS荷重なのだけれど,気がついてみたら新型機関車荷重規格のEAに移行してから30年を経ているのだった.ちなみに17というのは荷重(軸重)値で,170キロニュートン(KN)≒17トンを示すのだという.

川田工業というのは,恥ずかしながら聞き覚えのない名前だったが,調べてみたら,大正13/1922年創立という歴史ある会社で,鉄構,土木,建築などを広く手がけているという.

この架道橋,次は山手貨物線北行きの線路を少し東へ移動する.
 その次には山手線内回り(南行き)を少し東へ移動する.そして最後に山手線外回り(北行き)を西へ移動して,ここの部分の線路移動はおしまいとなる.
DSCN9575
山手線内回りホームから見た,宮益坂架道橋.新設の南行き線路は,北行きに比べて高い位置にあるのが判る.北行きも移設に際してこの高さまで持ち上げられることになっている.
DSCN9671
6月2日の様子.軌陸車が大活躍.トラックだけではなく無限軌道付のバックホーが真っ昼間の都心部で線路上を走り回る風景などおいそれとみることはできない.

それにしても,いまだに理解できないのが,埼京線・湘南新宿ラインのホームを山手線ホームに横づけするまでの間使われるという連絡通路がどうなるのかということ.現在の高架連絡通路は,線路を嵩上げしたらクリアランスが足りなくなること必定.とすれば,仮設ホームのような構造物を作るのだろうか.
DSCN9675
とすれば,ホーム北端近くに構築中のこの構造物が,階段やエスカレーターやエレベーターのスペースになるのかとも思うのだが…….
shibuya1
これが最初の線路移設状況.写真:JR東日本
shibuya2
6月3日夜の工事完了状態.写真:JR東日本
shibuya4
そして完成形.もっとも,渋谷駅の変身はコレで終わりではなく,駅南端の国道246号線可動橋の前面架け替えという大工事も控えている.写真:JR東日本

しかし同じ山手線では,引き続いて6月13日から翌日午前中に掛けて品川と田町の間での線路移設が行なわれることになっている.建設中の新駅開業に向けてのワンステップなのだが,その結果として,品川駅では5番線が新たに京浜東北線(横浜・大船方面行)ホームとなり,現在使用している4番線は使用停止となる.
 本当にひと息つく暇もない山手線である.
////隠す用
自社広報

5月3日のここで,東京地下鉄銀座線渋谷駅の第2回目線路移設直前状況をお伝えした.工事は無事に終了し,5月7日の始発からは,2本の線路の間隔が拡がり,将来のホーム用地が確保された状態で,電車は走っている.
A8A_3661
Shibuya Hikarieの8階から見下ろした地下鉄銀座線の線路.5月2日までと見比べてみれば違いは一目瞭然.この新しい場所に,新しいホームが建設される.折りしも通過するのは,5月末までの限定ラッピング“くまモン”の1126編成.

移設工事はあと2回実施される.時期はいずれも2019年度下期とだけ発表されている.いずれにしても,1年以上の間が開くことになる.
201805_MOVE2
最終的な線路やホームの配置.実施は来年度下期の予定である.一昨年に発表された構想図では北側(図の上側)の線路はカーブを描いたままだったが,直線に直されるようである.また,車庫の入出区線は現在の乗車ホーム側が残るはずが,現在の到着側を残すことになったようである.写真:東京地下鉄
DSCN9072
現在の後者ホームから表参道方面を見る.上下線(東京地下鉄ではA線B線と呼ぶが)の拡がりが実感できるだろう.この角度からは,勾配も改良されていることを知ることができる.最終的には画面左側の線路がもっと左に寄せられ,広いホームが構築されることになるわけである.
DSCN9076
東急デパートから銀座線改札口への階段.この,ちょっとクラシックな風景も,あと数年で見納めということになる.

見納めといえば,山手線ホームから階段を上がっていまはなき東横線地上ホームの根っ子部の改札や,銀座線降車ホーム,そしてこれもいまはなき東急文化会館へ通ずる陸橋も,お役御免になる前に観察…と思ったら,様子が変.どんなに探しても,一昨年7月7日に“変身途中の渋谷駅”と題して紹介した,東京鐵骨橋梁製作所……昨年,清水建設の子会社となり,社名も日本ファブテックに変更したようである…製のプレートガーダーが見当たらない.
DSCN9112
山手線ホームをじっくり探したら,既にこの状態.新しい跨線橋が南側に新設されて,もう使われていなかったのだった.

で,その下でもなにやら線路工事がたけなわの様子.
 しばらく山手線渋谷駅ホームに降りたっていなかったものだから忘れていたのだが,5月25日から27日にかけて,山手貨物線の南行き線路の付け替えが実施されるのだった.
 JR東日本では既に2月27日にこの工事のことを発表しており,2週連続で埼京線や湘南新宿ライン,成田エクスプレス,踊り子などの列車が,新宿と大崎の間で運休することが告知されていた.
DSCN9058
埼京線・湘南新宿ラインホームから見た,これまでの山手貨物線南行き線路と,移設準備万端の新線路.先週は南行きが新線路に移行し,今週末には北行きの線路が嵩上げした上で移設されることになっている.

先週分の工程は無事に終り,そして明日6月1日終電後から3日の22時頃まで,第2回目が実施される.どこがどのように変化するのか,あるいはしたのか,引き続いて渋谷から目を離すことができない.

※2018.06.01:一部語句修正
////隠す用
自社広報

上野の亀の子(こうずけのかめのこ)こと,上野鉄道(こうずけてつどう)のポーター製サドルタンク機が,千葉県成田市の“成田ゆめ牧場”に現われた.
 どこに保存されていたのか?どこから発見されたのか?と色めき立つ人も,少なからずおられよう.実は……

今年5月中旬現在では,おそらく世界で一番新しい,新造蒸気機関車なのである.作ったのは角田(つのだ)幸弘さん.もちろんボイラー本体や鋳物など大型部品は,それぞれ専門の会社に製作を依頼しているわけだが,構造を考え,プロポーションを見極めながら図面を引いた角田幸弘さんが,製作者ということになる.

“上野の亀の子”.とれいん誌との深いご縁というのは,今ではベテランの域に達するファンにしか通じないことかもしれない.もしも創刊号をお持ちならば,その52頁を開いていただこう.そうすれば,“僕の心象鉄道 山吹軽便鉄道の話”という記事が目の前に展開する.その挿し絵に登場するのが,この物語の主役である,“上野の亀の子”だった.昭和49年12月末のことである.

そして約44年後の,去る5月20日,物語の作者自身が製作しした“いちぶんのいち”モデルが,成田ゆめ牧場のトロッコ線…まきば線で,報道関係者向けに公開されたのだった.
A8A_4182
報道公開を控えて最後の調整に余年のない“上野の亀の子”.同協会の6輛目の蒸気機関車ということで,7号機と命名された.

成田ゆめ牧場の中の線路は,根っからの機関車好きが集まった羅須地人鉄道協会が,同協会の“まきば線”として運営管理しているもので,その歴史は四半世紀に及ぶ.歴史はさらに,昭和46/1971年に台湾の基隆炭砿で働いていた日本の楠木製作所製Bタンク機を里帰りさせたという活動まで遡る.その時点での会の名前は全日本小型機関車研究会.現在の羅須地人鉄道協会のスタートは昭和48/1973年である.
A8A_4262
機関手席でポーズを取る角田幸弘さん.岩崎・渡邊コレクションに収録されている“上野の亀の子”に乗っていた機関手のように
A8A_4351
角田さんの運転と同協会メンバーの誘導により構内転線中の7号機と,取材に勤しむ報道陣.駅や機関庫は25年の歳月を経てすっかり周囲の風景に融け込んで,まるでウェールズかどこかの保存鉄道のようだった.
A8A_4435
午後のまきば線で“お立ち台”ともいえる撮影ポイント.總總の麻飾りをたなびかせながらティンバートレッスルを渡る7号機.灯油焚きということで煙が出ないはずだったのに,山吹軽便鉄道に添えられた挿し絵のような,綺麗な煙を見せてくれた.ちなみに麻飾りは角田さんの奥様である角田由香さんのお手製.
A8A_4495
機関手席が手前に来るように,そして順光線になるように,特にお願いして転車台で向きを変えていただいての形式写真撮影.前照燈や砂撒管や製造銘板などが未整備で“まだ90%完成の状態”という.“100%”になって,適度なウェザリングが施されたころに,また,きっちりと撮影してみたい.

ここを御覧になって,“世界一新しい蒸気機関車を見たい!”と思った方に朗報!

今度の週末5月26日と27日の両日,7号機が一般へのお披露目運転を行なう予定である.運行時間は10時から16時.同時に6号機と11号機ポッターも運転されることになっている.
この機関車の全貌については,とれいん7月号26頁からの記事で知ることができます.ぜひともご覧くださいますよう.

成田ゆめ牧場
所在地は千葉県成田市名木730
電話は0476-96-1001(10時から17時)
最寄り駅はJR東日本成田線の滑河駅.下り電車の到着に合わせて無料送迎バスが運行されている.
営業時間は9時から17時(入場最終受付は16時)
※ゴールデンウィークや冬期(12月~2月)など,季節により変動する

※2018.05.25:一部語句修正
※2018.06.21:とれいんへのリンクを追加

////隠す用
自社広報


2016年2月にグランドオープンした「バー銀座 ChouChou POPON」が夏までのトータルリニューアルに向け再出発をいたしました.
 16日におじゃましてきたメディアデーでの様子をご紹介いたします.

店内に入ると,まず目に飛び込んでくるのはNゲージのドッグボーン型カウンターレイアウト.以前からカウンターにレイアウトはありましたが,このリニューアルで圧倒的に存在感が増しました.右側には現在の銀座周辺の街並みが,左側には「箱崎ジャンクション」をイメージした首都高の風景が展開されています.
 なにより,もうこれ以上組み込むところがないのでは?というくらいに最新フルカラーLEDでライトアップされたストラクチャーと列車は博物館レベル.また,列車内や駅にはいろいろポーズの人形が配置され,思わず走行する列車の車内を一生懸命目で追って確認してみたくなります.
 夜の都会をギュギュっと凝縮して演出した,ストーリ性のあるレイアウトは見るたびに新しい発見があることでしょう.

001
カウンターのレイアウトは3線合計で約50Mの走行距離を実現.3列車同時走行可能(近日中には4列車同時走行へ).今後お客さま自ら操作できるようにコントローラーも近日中に設置予定とのこと.(模型車輛の持ち込みはできません)

002
003
鉄道信号機や踏切もすべて本物と同様に点燈・点滅.
004
カウンター右側の部分.銀座エリアは現在の4丁目交差点や有楽町・新橋のガード下を再現.三越や和光,三愛ビルも作り込まれてる
005
カウンター左側,箱崎ジャンクションをテーマにしたエリア.パトランプを光らせたパトカーが列をなして走行しているシーンは刑事ドラマのワンシーンを連想します….
ファッションビルの壁面ビジョンには小型CCDカメラによる前面展望走行映像や鉄道関連のPR動画などが流れる

006
レイアウト上の細かい演出にも注目! 団地は一部壁を切り取り,昭和の家庭の生活空間を再現.ほかにも人間ドラマあふれるシーンが随所にちりばめられている

007
008
009
お店奥の「銀河鉄道ジオラマ」は未来へと導くワープ感をイメージした「光のリング」を設置し,未来的な世界観が演出されている.右側は20世紀初頭のアメリカ東海岸の工業地帯.左側が20世紀中期のドイツ山間部の牧歌的な田舎町を再現しており,この二つを時空間を越えてワープする


1日2回ほど「鉄道エンタテインメント」と称した10分程度のショーが行われます.これはプロの女優・声優をしているスタッフ(トレインナビゲーター)が,鉄道をシチュエーションにしたオリジナルのショートストーリーを朗読するもの.ほろ酔い気分でもすんなりと耳に入ってくる心地より語り口で,あっという間にファンタジーの中に引き込まれます.
※トレインナビゲーターがシフトに入っていない日は「鉄道エンタテインメント」を実施しない日もあります.トレインナビゲーターの出演予定,時間に関しては,直接店舗までお問い合わせください.
010
この日のトレインナビゲーターは舞台を中心に活躍している滝口果歩さん.走行列車のガイドと鉄道シチュエーション朗読劇を披露する


味.食材.調理にこだわったイタリアン中心のメニューにも新メニューが追加しました.
 オリジナルトレインカクテルも「トランスイート四季島・E001形」や「スーパーあずさ・E353系」など今話題の列車をイメージしたものが追加され,今後も折に触れ新メニューが加わっていくとのこと.
詳しくは以下ホームページをご覧ください.
011
オリジナルトレインカクテルメニュー

鉄道とお酒好きの方にはたまらない非日常の空間へ…
ぜひお出かけください

012
ビルの入口.青い看板が目印


◆SHOP DATA
バー銀座 ChouChou POPON
東京都中央区銀座8丁目4-4
GINZA HACHIKAN3110 ビル8F
(外堀通り沿いのビルですが,入口は中央通りよりに1本入った道側です)
TEL:03-3289-8700

営業時間
月曜~金曜 18:00~深夜2:00
土曜 18:00~23:30(日曜祝日休)
公式WEB
https://www.chouchou-popon.jp/
(トップページの「BAR GINZA」からIN)
今回のリニューアルに合わせて,WEBサイトもリニューアル中.近日更新予定とのこと.
最新の情報は公式の
Facebook・Twitter・Instagramでもご確認ください.

※2018-5-18  22:27 一部修正いたしました
////隠す用
自社広報

九州を本拠地として活動する企業の雄として,西鉄の名前を忘れることはできない.軌道線こそ廃止されてしまったものの,大牟田本線では鹿児島本線とともに,福岡県の交通を支えている.路線バスネットワークは全国有数(日本一?)の規模だし,僕たちの馴染みのない分野としては流通業,とりわけ国際物流では大手の一角を占めている.西鉄グループの事業の中では物流が大黒柱といえるのである.
 本拠地が福岡ということもあって,これまでは僕の頭の中に占める割合は,失礼ながら大きくはなかった.それでも福岡と北九州市内線はなんども訪問したし,大牟田線の流線形1300形(初代600形というべきだろうか)や連節車500形,甘木線の卵形200形は,憧れの電車だった.

そんな西鉄…今年で創業110周年となる西日本鉄道が,東京で事業計画発表と,来年春に運転開始予定の新しい観光電車についてのプレゼンテーションを催すというので.かつて鉄道趣味界の大御所だった高松吉太郎さんのお住まいとお店があった日本橋本町のすぐそば…日本橋室町まで出掛けてきた.
DSCN9179
最初は,西日本鉄道の倉富純男代表取締役社長による,各事業部門の現況や今後の展望,本拠地である福岡市の持つポテンシャルについての状況分析,そして事業計画の説明が行なわれた.


今年度の事業計画では,天神地区の再開発推進,ニュージーランドに現地法人設立,バス事業で“SUNQパス”と呼ばれる九州各地のバスや船舶に乗ることができるシステムの利用促進,そして新型観光電車“THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザ・レール・キッチン筑後)”の投入が挙げられた.
DSCN9168
アペリティフとして,福岡名産のブランド苺“あまおう”を使ったスパークリングワイン“あまおうプレミアム”が振る舞われた.なんだか頭の中がすっきりする味わいで,手近にあれば病みつきになるかもしれない…….列車内でも,ウェルカムドリンクとして提供される

DSCN9184
新型観光電車の説明は,担当者である吉中美保子課長(左)が担当.全体プロデュースを担当した,トランジットジェネラルオフィスの甲斐政博プロデューサー(中)と内装デザインを担当したランドスケーププロダクツの片山貴之さん(右)も同席.

外観
福岡南央子(ふくおかなおこ)デザイナーによる外観は,白をベースにしてキッチンクロスの赤いチェック模様を配している.片側4枚の側扉は1枚を残して埋められる.側窓も新たにデザインされている.写真;西日本鉄道


種車は6050形電車.先ごろ惜しまれつつ引退した8000形を使っていないのは,6050形の方が一世代新しいから,ということだそうである.そのほかに,既に2編成が観光電車に改造されていたこと(それも廃車となったが)や,6輛編成を短縮するのに3連化が難しそうだというのも理由なのかもしれない.
車内レイアウト
モダン,なおかつカジュアルをテーマとしている.両先頭車はそれぞれ22席の客席がある,床にはバラストを加工した人造大理石を敷き詰める.また,西鉄電車としては初というトイレを設備.うち,大牟田方は車椅子対応である.中間車のオープンキッチン内には電気式ながらも“窯”を中心に据えている.写真:西日本鉄道


そのキッチンからは,地元産の材料を積極的に採用したメニューを揃える.メインディッシュは“窯”で焼き上げたピザ.価格帯は,“ちょっといいレストランでお食事”をイメージしてほしいとのこと.正式発表は9月頃の予定である.
春メニュー
春のメニュー.筑後産の小麦,八女市産のたけのこ,大木町産のアスパラガスを使ったピザ(左上).福岡県産のあまおう,北野町産のラディッシュ,福岡県産のバターを使ったアミューズ(左下).右側は前菜で,博多和牛と有明海柳川産のお刺身海苔を使った肉のプレート(上)と,大木町産のアスパラガス,うきは市ゆむたファームのたまご,みやま市産のセロリ,大木町産の王リンギを使った野菜のプレート(下).いずれも二人分.写真:西日本鉄道


運転日は,毎週末,金・土・日曜と祝日.ランチ列車とディナー列車がそれぞれ片道で一日1往復ということになる.
 ランチ列車は西鉄(福岡)天神を11時半頃発車して柳川で停車(下車のみ),大牟田までの74.8kmを,約2時間掛けて運転する.ディナー列車は大牟田を17時頃発車して柳川で途中乗車客を受けて西鉄(福岡)天神まで,やはり2時間掛けて運転する.これは,同社の通常の普通列車より少し早く,急行・特急よりだいぶ遅い.
 また,西鉄(福岡)天神と太宰府との間でモーニング列車も検討中とのこと.時間,料金が気になる.

さてこの列車,5年以上前から構想があり,3年前から急速に具体化し,昨年4月の発表に至ったとのこと.お客様のターゲットは,まずは地元の人たち.鉄道への親しみを持っていただくことを大きな目的としているのだそうだ.
 加えて,各地からの観光客に,デイトリップのひとつとしてアピールしてゆきたいとのことである.

 現車の改造は既に着々と進んでいる.一日も早いお披露目を期待したい.
※2018.05.21:一部語句修正

↑このページのトップヘ