モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

昨日10月25日,東京の城南方面に用事があって出掛けることになったのだが,たまには気分を変えて,いつもと違う経路で行こうと思い立った.
 いろいろ思いをめぐらせた結果,久し振りの7000系増備が明らかになった(本誌11月号の“甲種・特大運行情報”をご覧ください)東急線経由にと決めたのはよいが,さてでは,目蒲線か池上線か….あ,今は多摩川線だ.
 でも,多摩川線は,このところ利用する機会が続いている.となれば…などと考えているうちに山手線の電車は渋谷を過ぎ,目黒も発車して気がついたら五反田.ということで必然的に池上線の乗客になったわけである.

かつての大阪西九条における阪神電車とか,東京でいえは都営地下鉄の西高島平とか,九州の筑豊電鉄筑豊直方とか…唐突に終わる高架橋の元祖だと,山手線五反田駅のホームに立つたびに思う,僕であった.
DSCN4871のコピー
立派な駅ビルが建っているところは西九条とか西高島平とか筑豊直方と大きく異なる点.でも,延伸計画があったことに,違いはない.現在その駅ビルはお化粧直し中.


西九条の場合は,紆余曲折があったけれど阪神なんば線として他は未成線のまま.五反田の場合は,白金から品川方面への路線が構想されていたのだという.実現していれば,山手線の内側の鉄道網は,今の現実とは大きく異なったものになっただろう.
DSCN4878
急勾配と急カーブという大崎広小路からのアプローチは,上を走る電車が代替わりしても変わることのない光景.やってきたのは,一時期の東急電鉄各線で見られた“歌舞伎顔”の7700系7714編成.


7700系電車といえば,日本で初めて量産されたステンレス製電車である7000系を母体とし制御装置をインバータ化,併せて内装の更新と冷房装置取り付けを実施して誕生した電車である,ということは,ここの読者の皆さんなら既にご承知のことであろうか.
 昭和62/1987年から平成3/1991年に掛けて全部で56輛が生まれ,池上線と目蒲線で使われた…当初は大井町線でも使われたというが,僕は記憶がない.
 目蒲線のうち目黒と多摩川園前(現在の多摩川),多摩川と蒲田に系統分離された際に編成を短縮,6輛が十和田観光電鉄に譲渡,36輛が残った.そして7000系の新造や1000系改造車が投入されるにつれてさらに数を減じて,今は6本18輛が残るだけとなっている…というのがこれまでの経緯.
 そして来たる11月,3輛2本6輛が追加新造されることが明らかになったわけである.となれば…….
DSCN4880
五反田で“変らない”と書いたものの,ホームは全面更新中で,開業時のままかもしれない木造上屋は間もなく姿を消す.他の駅でも同様に工事が進んでいて,近代化の波はこの路線にも押し寄せていることを知った.けれど,洗足池はまだ手つかず.

DSCN4886
振り返れば架線柱は高圧送電線兼用.これも開業時からの設備だろうか.やってきたのは1000系1021の編成だった.


本当は,もっとあちこちの駅で降りてみたかったのだけれど,あいにくの雨模様.ということで,そのまま蒲田へ直行,駅構内と周辺で残りの7700系を見てみようという趣向.
DSCN4896
多摩川からやってきたのはトップナンバー.7000系のトップナンバーだったわけではないが.腰の赤いストライプが,7700系の標準.

DSCN4913
続いては五反田からの7905編成.トップナンバーと同様,改造当初は4輛編成を組んで目蒲線で使われていたグループのうちの1本.

DSCN4951
そしてこの日最後の7700系は五反田からの7906編成だった.


ということで,3時間ほどの訪問で6本中の4本を見ることができた.いずれも丁寧に手入れされていて,なおかつ,前照燈と尾燈が一帯のケースや7000系時代の急行札掛けなども健在で,なんだかちょっと,40年ほどタイムスリップした気分に浸ってしまった.
 あとの2本,7903と7912のうち,7903は昭和38/1963年製だという.近いうちにまた,観察に出向きたいと思いつつ,打ち合わせ先に向かう僕であった.
////隠す用
自社広報

T1711

【今月のオススメ記事】
今から約40年近く前,1979年に始まった国鉄山口線でのC57 1と12系客車による“SLやまぐち”の運転.数年前から客車の更新が構想されていましたが,この9月2日,JR西日本としては初めての完全新製客車である35系4000番代に置き替えられました.この客車は最新の技術を盛り込みながらも外観や客室は完璧な復古調で仕上げられました.本誌ではその客車の内外を,とくとご覧いただくことにし,詳細図とともにお届けします.
 併せて機関車とのマッチングも特写グラフで堪能していただきましょう.
 好評の東急旧5000系は今回で最終回.上田交通から里帰りしたときの部分写真も,改めてお目に掛けます.
 新連載は,HOナローでコンパクトなレイアウトの完成を目指す,“カバン線をつくろう”.
 今月はナローがもうひとつ.On30の“宇島鐵道のコッペルと客車”.耶馬溪を目指した“もうひとつの鉄道”を製作します.
 イベントは“国際鉄道模型コンベンション”の第2回目と第13回軽便鉄道模型祭の出展メーカーレポート,第57回全日本模型ホビーショー報告です.
 台湾のEMU100型電車のMODELERS FILE補遺も見逃せません.
 その他,一般記事や好評の連載記事,イベントレポートなども充実です.

【目次】
JR西日本 35系4000番代 平成の新製旧型客車----------------
  6 カラーグラフ 新型旧形風客車を迎え 津和野路を走る
     SL「やまぐち」号       撮影:松本 まさとし・なんこう
 10 MODELERS FILE 西日本旅客鉄道 35系4000番代客車
     “やまぐち”用の新造客車は復古調
      まとめ:前里 孝 写真:松本 まさとし/来住 憲司/なんこう
              作図:山賀一俊 資料・取材協力:JR西日本
                    写真協力:吉永 昂弘/橋本 祐太
新連載----------------------------------------------------
 3・76 カバン線を作ろう
       第1回 カバンレイアウトの概念と基礎       安達 誠
---------------------------------------------
  4 第13回 軽便鉄道模型祭 出展メーカーから
 24 東急 旧5000系
     大井町線・目蒲線に棲んだ引退間際の青ガエルたち
     最終話&番外編 上田から戻ってきたデハ5001
         文・作図:山賀 一俊 写真:前里 孝 協力:U-TRAINS
 34 宇島鐵道のコッペルと客車
     耶馬溪を目指した“もうひとつの鉄道”を訪ね,製作する
                              菊地 俊夫
 44 Nゲージ古典機への誘い
     第15回 Davenport Locomotive Works(米)    小川  謙二
 48 少年時代の熱い記憶を模型で呼び起こす
     信州を駆けた蒸機
       第4話 “兄弟”登場!飯山線C56 131と長工入換機C12 192
          製作・文:阿野 伸一 写真:松本 まさとし(特記以外)
 46 大和川断章
     1枚の絵から読み解く,知られざる鉄道画家の短い青春(第2章)
                               乾 純
 60 第18回 国際鉄道模型コンベンション Part2 テーマは“東海道”
       取材:西原 功・平野 聰・山賀 一俊/撮影:松本 まさとし
 64 MODELERS FILE 台湾鉄路管理局 EMU100型 補遺
                        解説・写真:舘田 達也
              取材協力:台灣鐵路管理局文化部文化資産局
                 写真:長浜 昭彦.黄 彦尊,なんこう
 82 第57回 全日本模型ホビーショーから
---------------------------------------------
 30 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第71回 UC5形有蓋コンテナの解説(7)
 42 線路は続くよいつまでも /信沢 あつし
    第87回 37年振りに訪れた妙見山の鉄道を楽しむ
    妙見の森ケーブルとシグナス森林鉄道
 52 エイジングストラクチャー
    情景職人が生み出す“時間・質感・生活感”
    第12回 角の八百屋(その1)
     製作・文:伊藤 肇(匠ジオラマ工芸舎)
     撮影:伊藤 肇・八島 弘仲
 68 サロン・ド・庭園鉄道
    2017年 第三回 草ぶえの丘運転会 /渡辺 琢
    “やずミニSL博物館やずぽっぽ”開館 /西本 輝昭
    復活!福知山まちなかフェスティバル /福知山市実行委員会
 72 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S
    第61回 ウェザリングマスター
 74 Coffee Cup /前里 孝
    ロマンスカーで、箱根へ。プルマン車とスイーツを味わう
 80 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 86 新車登場
108 “林”発掘再生工場 Season3 /林 信之
    第3回:キクハがカナメ!しなのマイクロ製キハ40系
109 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第76回:鉄道玩具(その1)
110 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第42回:三岐鉄道
111 輝け!日本の運転会
112 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大 運行計画 2017年11月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
140 いちぶんのいち情報室
144 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
145 Combo Caboose・掲載広告索引


2017年10月21日(土)発売  定価:本体1,435円+税

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

R104

レイル104号 最新刊のご案内です

■京王初代5000系譲渡車輛今昔
京王帝都電鉄が京王線の1,500V昇圧とスピードアップに際してデビューさせたのが5000系電車です.昭和39/1964年のことでした.
 それから半世紀以上を経て,京王線からは姿を消したものの,使い勝手のよさから各地の鉄道へ譲渡された68輛は,その多くが未だ現役として活躍中です.
 京王電鉄線には,新5000系が,同社初のクロス・ロング転換式デュアルシート車として登場しました.レイルでは,この機会に早川昭文さんの写真と文により,初代5000系の京王線での活躍を振り返り,現在の姿を対比してみました.
 各鉄道会社から提供の竣功図・形式図・主要寸法図及び主要諸元,そして新旧番号対照も掲載しています.

■明治~戦後・駅名標こぼれ話 第1回
No.100で駅名標の移り変わりについての研究成果を発表された高見彰彦さんが,その後に発見したことなどを補遺として寄せて下さいました.余録として,天王寺駅に到着した特急“燕”の写真も掲載しています.

■秋から冬への花輪線に煙を求めて
田邉幸男さんの,花輪線グラフです.迫力ある写真とともに,花輪線の生い立ちなどが語られます.半世紀前の東北を偲んでいただきましょう.

■公式写真に見る国鉄客車

第7回目は3軸ボギー台車を使った食堂車の数々をご紹介します.多くが第2次世界大戦中に改造されたので,とりわけ室内の写真は貴重です.

2017年10月21日(土) 定価:本体3,600円+税

eshumi-kounyu
////隠す用
自社広報

日々の記録が大切,といい続けている僕である.
 実際,とりわけコンパクトデジタルカメラを振り回すようになった平成12/2000年ごろ以降は,常に持ち歩くようになった…流石に一眼レフカメラを毎日,というわけにはいかない….
 そんなこんなの,僕なりのメモは,折りに触れてここでご紹介しているけれど,今年は8月31日のここでも記した通り,なんだかバタバタしていて,発表の間が開き気味となっていた.8月31日にしたって,西武鉄道の2063編成と6014編成の話に終始して,他の変化についてはお話できていなかった.そこで今日は,春以降の話題の総棚ざらえ!?

最初は東急電鉄5050系のこと.東横線から乗り入れてくるこの電車,本来なら田園都市線用の5000系が混じっているというのは,9月14日のここでご紹介している.けれど,実は5050系の編成に5000系中間車を挟んだ編成が存在する.5170と5171の2本の各サハ2輛(5470,5471,5570,5571)と5172編成のサハ1輛(5472)がそれ.改番しているのでちょっと見にはわからないけれど,5470,5570,5472の3輛は,編成のほかの車輛と空調装置のメーカーが違って日立製でキセの形も異なっている.さらに側面幕板の列車種別・行先表示装置が二分割されていて種別だけ幕式なので,すぐに判別できる.
 ところが4月の初めごろ,ここがフルカラーのLEDに取り替えられているのに気づいた.ご本家(?)の田園都市線ではどうなのか,都心へ出掛けた時に確かめてみたら,先頭の種別幕も含めて,こちらもちゃんと交換されていた.
DSCN1109
東急5000系初期車の種別・行先表示装置.種別が幕式.写真は同形の横浜高速鉄道Y500系のもの.こちらは本日現在,幕のままで改造の兆しは見えない.
DSCN1645
サハ5472の表示装置交換後.行先は3色LEDのまま.


続いては東京地下鉄7000系の話題.4月の終りごろだっただろうか,車号が営団地下鉄以来の独特書体で戸袋窓付近にも表示されはじめて,一気に完了したのである.
 どうやらホームドアの完備によってこれまでの腰板の車号が駅で隠れてしまう,というのを解消したかったのだろう.今になって?という気がしないでもなかったが,まぁ,なんらかの事情で実施されたのに,違いはない.
DSCN2095
東京地下鉄7000系7029の戸袋部に追設された車号表記に初遭遇した時の写真.伝統の書体を継承しているのが嬉しいではないか.


東京地下鉄10000系は,昨年から種別・行先表示装置のフルカラーLED化が始まり,それは昨年5月19日のここでご報告した.これも一気に完了するかと思っていたのに,特に今年度に入ってからはパッタリと止まっている様子.どうしたのかと思っているのだが.
 そんな中,ごく短い軌間だったけれど,10102の編成が,久しぶりに8輛化されて西武線にもやってきた.
DSCN2066
東京地下鉄10000系の8連が5月上旬に姿を見せた.写真は5月3日の練馬駅.ほんのちょっとで10連にフックしてしまったようだ.


西武自身の車輛では,30000系の室内照明LED化がどのように進のか,興味津々なのだけれど,近年のLED照明の色は蛍光燈のそれに近づいていて,外から見たのではなかなか判別できなくなっている.だから実際に乗ってみるまで判らないわけで…….
 …と,気にしていたら,新宿線と池袋線との間で2000系や30000系のやり取りがあるらしく,見慣れない番号が目の前に現われたり,馴染みの編成が姿を消したり…….
DSCN4250
昨年秋に池袋線から姿を消した38116の編成が,9月末に舞い戻ってきた.でも,イベントかなにかの増発に備えての臨時措置だったようで,すぐに新宿線へ戻されてしまった.写真は9月29日の練馬駅.


9000系の淘汰が始まると発表された西武池袋線の車輛陣が,どのように変って行くのか,これからも目を離すことはできなさそうである.

////隠す用
自社広報

9月14日付けのここでお話した,東急電鉄5050系5177編成の床下機器.西武鉄道の沿線にいると,なかなか遭遇できるチャンスは多くなくて,調査が進まなかったのだけれど,ようやく機器箱の銘板から“慣性軌道検測装置”と読み取ることができた.JR東日本のE235系量産先行編成のサハE235-1に搭載されている“慣性正矢軌道検測装置”と同じ,あるいは同類の装置ということになる.E235系では“正矢慣性”という言葉になっているが,これはこのシステムを開発した鉄道総研の軌道技術研究部 軌道管理研究室の開発グループが考えた造語であるという(出典).それで慣性測定法というのは“「加速度の2回積分が変位になる」という物理法則から軌道変位を求める方法を「慣性測定法」といいます。(出典)なのだそうだ.
 とにかく,かつては極めて剛性の高い台枠に3組のボギー台車を履かせ,その位相変化からデータを採取し,紙に記録して分析するという手間を要していた…それでも昭和30年代には高速で走行する車輛上で検測が可能になるということで,画期的な技術開発だった.
 東急電鉄でも平成10/1998年にサヤ7590という軌道検測車を新造して,当初は7200系アルミ車改造の電気検測車デヤ7200とデヤ7290に挟まれ,現在では平成24/2012年に新造のデヤ7500とデヤ7550の間に挟まれて検測を行なっている.
 東急サヤ7590と同じ年に落成したJR東日本のE491系電車East iやキヤE193系East i-Dでは台車が2基で済むようになり,平成16/2004年のJR九州の新幹線800系では営業編成に組み込むことが可能になっている.
  JR東日本では,鉄道総研とともに平成20/2008年以降209系電車改造の試験車MUE-Trainで新しい軌道検測システムの研究を続けてきた.その成果のひとつが,E235系への搭載といえる.

ということで,5177編成のサハ5577である.
DSCN4376
石神井公園の駅で出会うことができた東急電鉄5050系5177編成.
DSCN4093
西武池袋線での1側(池袋と所沢の間では概ね北側)に白い円筒形のデータデポ車上子と,非常用梯子を挟んで取り付けられているデータデポ収納箱.
DSCN4401
手前の四角い箱がデータデポ収納箱.梯子の向こうがデータデポ車上子.

DSCN4398
池袋線での2側(池袋と所沢の間では概ね南側)には慣性軌道検測装置制御装置箱と,非常用梯子を挟んで台車脇に取り付けられた,測定装置ユニット.


東急電鉄でも,東横線系統の軌道検測に関してはサヤ7590ではなくこの5177編成に委ねることになるのだろうか.
 5050系が入線できない田園都市線系統や支線区ではどうするのか….
 一方では,この5050系が日常的に走る東京地下鉄の副都心線や西武池袋線の検測も引き受けることが,技術的には可能であるわけだ.

電気検測に関しても,E235系ではモハE235-3の屋根に,新しいシステムを搭載しており,東京圏のほかの線区にも拡大されようとしている.そちらはどうなるだろうか.

今後どのようになるか,それは東急電鉄からの発表,あるいは日常的な観察から明らかになってゆくことだろう.

↑このページのトップヘ