モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報


東武博物館が譲り受け,昨年11月14日にはるばる北海道から南栗橋へやってきた元雄別炭礦鉄道のC111,元を辿れば江若鉄道のC111である.到着の模様は,11月22日付けのここで“南栗橋にC111がやってきた”と題してご紹介した.とれいんの新年号,東武特集でもMODELERS FILE+保存車輛めぐりとして掲載している.
 3月末,車抜き作業を報道関係者に公開するというご案内を東武鉄道からいただいた.分解作業は,C11 207の定期検査が無事に完了した2月12日から着手していたのが,ようやく上下分離の段階に達したのだ.
 なにはともあれ,南栗橋のSL検修庫へ駆けつけた次第.4月4日のことである.
C8A_0087

すべての準備が完了して,いよいよクレーンで吊り上げる寸前.検修庫の中は緊張で満たされていた.

車抜きや車入れの作業では,完成状態では見ることができない,しかし模型製作には欠かせない,主台枠の肉抜きの形状や軸箱守,火室や灰箱などの形状や寸法を確認することができる.とても貴重なチャンスである.

作業は,慎重にワイヤーを掛ける作業から始まった.続いて少しだけ上回りを上げて先台車のピンを抜き前方へ引き出す.これで準備は完了し,いよいよボイラーと主台枠を本格的に持ち上げる段階に達した.
C8A_0117
ボイラーと主台枠が動輪と従台車から完全に離れるまでに要した時間は,およそ40分だった.
T7A_1140
主台枠後部に載ったボイラー…火室部.既に外観検査は終えていて,各所にマーキングが施されている.

次は持ち上げた上回りを海側に移し,ウマに載せる作業.待ち受けるウマは高さを微調整することができる構造になっていて,主台枠を完全に水平な状態で支えることができる.主台枠が少しでも捻じれたりしたら,走行時にすぐさま軸焼けを起こしてしまう.
 きめ細かな調整が終わって,ワイヤーが主台枠から外されたのは,作業開始から1時間ほど経過したころだったろうか.
C8A_0154
各パーツに囲まれた動輪と従台車,主台枠とボイラー.画面右の棚には蒸機ドームカバーや砂箱,左手の床には主連棒やキャブなどが置かれている.動輪の車軸端などが磨き出されていたのに気づいて近寄ってみると…….
DSCN4048
第2動輪右側.シ21-8,NO1,20の刻印を読み取ることができる.
DSCN4050
第1動輪右側.シ21-8,NO1は同じで,28という数字だけが異なっている.

この刻印から,動輪は新造時から振り替えなどが行なわれていない可能性が高いことが推定できる.その他にも,戦時設計のまま残されている部品をいくつも確認することができた.これらが復元作業に際してどのように扱われるのか,興味津々,見守ってゆきたい.
 抜かれた動輪は日本製鉄(=にっぽんせいてつ=先日までの新日鐵住金)へ,ボイラーは大阪のサッパボイラへ送られて入念な検査の上で修復作業が行なわれることになっている.
 なお,完成見込みは引き続いて“2020年冬”と発表されている.
////隠す用
自社広報

先々週のここで“もうお彼岸じゃないか”と記したが,それもあっという間に過ぎ去ってしまい,もはや新しい元号である令和に突入しそうな勢いである.
 だからレイルのことといえば,頭の中はもう今月発売のNo.110のことで一杯.
 でも,1月に発売のレイルNo.109のことも,ちゃんと振り返っておかなければ.いうことで,今日のテーマはED16と奈良線と駅名標.
 ED16といえば,鉄道模型社の16番製品が家の近所の模型店に飾ってあって,ガラス越しにためつすがめつ,店に行くたびに眺めていたものである.として時にはケースから出してもらって手に取らしてもらうこともあった(それだけ長い間,在庫していたということでもあるわけだが).
 もう半世紀をとっくに過ぎた記憶によれば,箱は銀灰色,車体はエッチングではなくて帯をプレスで表現していたと思う.そして子供の目に奇異に映ったのが先輪で,真っ黒な樹脂製だった.日東科学の近鉄ビスタ・カーも並んでいたような気もするが,そのあたりは定かではない.

そんな子供のころの思い出を頭の中に秘めつつ,初めて実物と対面したのは,東京に住むようになった昭和48/1973年のこと.5月の連休に五日市線を案内してもらい,秋留の多摩川鉄橋を渡る貨物列車を撮ったのが,ファーストコンタクトだった.
 その次の邂逅は…って,そんな大げさなものではない.昭和53/1978年7月2日のこと.西国立駅のホームで,だった.その時に撮影したのが,13頁に“手前味噌”した1号機の写真である.どんなきっかけで西国立へ赴いたのかは,まったく記憶にない.しかも月初の,月刊誌の締切に追われているはずの時期.ED16の記事を企画していた記憶もないし,誰かに誘われて同道したということも,ない.
 けれどまぁ,よくぞ組立暗箱で撮影しておいたものだと思う.しかも,豪華にカラーである.
 この写真を見てくれた友人からは“窓が開いてますやん”といわれてしまったが,なにしろ機関区へは一歩も立ち入らずに撮影していたのだから,ご勘弁を……である.
TM408-35
この日にスナップした立川機関区検修庫前の全景.とにかく機関車はED16しかいない.画面右端の客車は救援車オエ61 61.跡地は,この敷地の形をそのままなぞったマンションが建っている.経緯を知らなければ,なんとも不思議な建物と思われていることだろう.

僕にかわって昭和40年代から50年代の立川,そして青梅線を語ってくださったのが高橋卓郎さん.地元ご出身でもあり,実に丹念に記録を残しておられたものだから,写真ではなく形態分類の表も使わせていただいた.
 園田正雄さんと早川昭文さん,そして安藤征一さんからは,カラーや,もう少し古い時代の写真などを提供していただいた.
 これらの写真によって,小野田滋さんによるED16の解説に花を添えていただいた,というわけである.
 小野田さんの解説は,いつもながら地道に史資料をあった上での丁寧な記述であり,ED16が国重要文化財に指定された意義を,広く理解していただけたものと思う.
 3月には,今年の重要文化財指定の答申についての発表が,文化庁から行なわれた.今回はJR東海リニア・鉄道館で保存されている蒸気動車ホジ6014である.これについても,詳しい紹介を企画中.乞うご期待.

第2テーマはJR西日本の奈良線.昭和40年代の関西に育った僕には,国鉄奈良線といえばキハ35が往来し,ときおりC58の貨物列車が姿を見せる地味なローカル線という印象が強い.けれど,その歴史を繙けば遠く明治期の奈良鉄道からの連綿とした歴史があるわけで,複線化が進むこの機会にその歩みをまとめてくださったのが高田 圭さんである.奈良鉄道から関西鉄道を経て国有化された奈良線だけではなく,それに絡む京阪電車や奈良電との確執などにも記述は及びます.陸軍の軽便線と奈良線が平面交叉していたというのも,興味深い,しかしこれまでほとんど知られていなかった史実だろう.

 この研究に花を添えてくださったのが小菅一己さん…目次でもタイトルでもお名前の文字を間違えてしまった.申し訳ありませんでした.
 その小菅さんの写真は,どれも奈良線の魅力を最大限に表現しておられて,選択に困ってしまったものである.
 その中で,“へぇ”と思ったのが木津の駅の入換風景.
“梅小路の88638が木津まで出張して入換作業という仕業があったんだぁ,知らなかった”ということで,そのような説明を付けたのだが,実はこの機関車,梅小路でのお役目を終えてから奈良に転じていたのだった.

小菅さんご本人からも“昭和45/1970年6月5日に奈良へ移動した記録が鉄道ピクトリアル誌242号(昭和45/1970年10月号)に掲載されています.とご指摘をいただいてしまった.重ねての失態であった.
 なにしろこの機関車,僕とっては梅小路での姿があまりにも印象に残っていたものだから…というのは単なる言い訳である.

ということで,改めての写真説明.
NAK234-1-112
奈良線のほかに片町線と関西本線が合流する木津駅の東側には,比較的大きな貨物扱いの線路群があった.当時,木津には奈良線のC58,片町線のC11,関西本線のD51と,多彩なカマが出入りし飽きることがなかった.写真は,降りしきる雨の中で入換作業に勤しむ,梅小路から奈良へ転じた88638.昭和46/1971年6月12日 写真:小菅一己

三番目は,高見彰彦さんの“駅名標の発掘”.3年前のレイルNo.100を皮切りに,これまでスポットライトの当たらなかった分野を,やっぱり地道に現地探訪と資料探索を続けておられる高見さんだが,そのバイタリティには,ほんとうに頭が下がる.
 今回は,これまでの3年間に高見さんが出逢った駅名標から,本来の役目を終えた駅名標や乗り場案内をまとめて紹介してくださった.
1261
2015年までに出現した,神戸駅の上屋柱のホーロー製駅名標.新聞が“戦前製の可能性も”と報じるのに対して高見さんは,仮名遣いから見て戦後製だろうと断じている.左は最新の,駅ナンバー入りの駅名標.写真:高見彰彦
2833
昨年1月,一ヶ月に満たない短い期間だけ見ることができたという,山陽本線兵庫駅の上屋柱に記された,手書きの“ひょうご”標記.これも“ひやうご”ではないので戦後製だろうと高見さんは推測している.写真:松田隼弥

そして,3月7日付のここで記した,東海道本線吹田駅の木造上屋.ここにもホーロー製の駅名標が,実は隠されていることが,このレイルNo.109に記されている.僕が訪問した時には次の行き先への予定があって,柱を1本ずつ見て回る時間がなかった…というのも,いいわけ,ではある.
9779
これが,12月に僕がたどりつけなかった,吹田駅下りホーム上屋の柱.写真:高見彰彦

このような,“隠された歴史”は,まだまだ全国各地に存在するに違いない.高見さんが,こんごどのような趣味活動を展開されるか,プレッシャーにならない程度に,大いに期待しているところである.

今回の“公式写真に見る国鉄客車”は,万博輸送に際して登場した12系座席車と,24京寝台客車である.初めてカラー写真が登場する.しかし,そろそろ国鉄客車の時代はおしまいを迎えてしまう.そんな背景を頭に入れて,じっくりとお楽しみいただきたい.

というところで,まだお買い求めでない方は,ぜひ!

そして次のNo.110も,もう印刷所へと原稿は渡っている.今月下旬の発売を,楽しみにお待ちいただきたい.

※2019.04.05:駅名標に関する記述一部修正

////隠す用
自社広報

きょう,3月28日に相模鉄道では12000系電車の報道公開をかしわ台車両センターで実施し,併せてJR東日本線への相互直通運転開始日を発表した.
 12000系電車は,その,JR東日本線への乗り入れ用新型車である.
 乗り入れ運転は,相模鉄道が同社の西谷駅から分岐する新線を建設して横浜羽沢駅隣接地で横浜貨物線に接続,新宿方面へ直通する.JR東日本からは埼京線電車が海老名まで乗り入れる.

ということで,相模鉄道12000系は,JR東日本のE233系電車をベースにして設計された姉妹車……ということではあるのだが,大きく異なった外観の電車に仕立てあげられた.
DSCN3749
この報道公開は,JR東日本との相互直通運転や沿線のデザインブランドアッププロジェクトの意義紹介.そして車輛解説から始まった.写真は,12000系の解説をする関根雅人 車両課長.
DSCN3753
そして検修庫の海老名方から,12000系電車がお目見え.隣りの線路では東急線乗入れ用20000系が,そしてさらにその脇では大先輩である2005もそっと新人の披露を見守っていた.

姿を見せたのは1輛目の半分だけ……全体像は,お預けとなった.
 それでも,顔の表情はもちろんのこと,総合車両製作所のsustinaコンセプトを採用した,レーザー熔接による継目や凹凸のないスムーズな車体側面や側板と一体化した雨樋など,この電車のユニークな点は充分に観察することができた.
B8A_9678
背景の映り込みを利用して,車体の平滑さを観察する.京急電鉄の最新1000形グループとともに,これまでのステンレス鋼製車体のイメージを完全に覆す仕上がりである.

ステンレス鋼製車体に塗装を施すというのは,塗装に関するメンテナンスの軽減という,ステンレス鋼採用のメリットを捨て去ることになるわけだけれど,周囲の風景との融合ということでは,望ましいことといえるかもしれない.

続いて,かしわ台から西横浜まで試乗会が設定されていたのだが,その出発前には直通運転開始の発表が,JR東日本と共同で開催された.
DSCN3781
相模鉄道の滝澤秀之社長とJR東日本横浜支社の廣川 隆支社長,そしれそれぞれのマスコットによって,11月30日に開業と発表された.

先日までは2019年度下期とだけ発表されていたのだけれど,これで年内に横浜貨物線から大崎を経て山手貨物線で新宿“方面”へと,相鉄電車が東京都内へ姿を見せることが確定したわけである.ちなみに,横浜貨物線と品鶴線が合流するのは新川崎と武蔵小杉の間なので,直通列車は新川崎には停車しない.

さて話は12000系に戻る.車両センターで乗り込んだ車内は,同社の11000系や20000系との共通点とともに,新しさも随所に感じさせるものであった.
B8A_9742
4号車の客室を海老名方から横浜方へ向けて見る.座りやすく立ちやすい独特の腰掛や,相鉄らしさとして20000系で復活した鏡とともに存続している.

色合いはグレーベースでガラスや金属を多用した直線的なデザインは20000系から踏襲されたが,デザインの“流れ”は20000系の上下方向から一般的な前後方向へと変更している.照明は調光・調色機能付きのLED.

運転室は直通先であるJR東日本の車輛との操作統一性を重視した機器配置となっている.
B8A_9814
三ツ境付近を走行中の12000系試乗列車.映り込みはご勘弁いただくとして,基本的な機器配置や色遣いなどは解っていただけることだろう.

試乗列車は,新たに分岐駅となる,変貌著しい西谷を通過,星川で営業列車をやり過ごして西横浜に到着,留置線に転線してバスへの乗り換えとなった.

バスでどこへ向かうのかといえば,昨年1月18日付けのここで“相模鉄道20000系電車 ついにお披露目!”と題する記事中でも紹介した,羽沢横浜国大の駅.
 1年ちょっとの間に,工事は大幅に進み,今日はここでレール締結式が催されることになったのだ.
B8B_9859
現代のレール締結式は,ゴールデンスパイクを打ち込むということもなく,締結バンドロールタイプの締結装置を器具によって締め付けるだけという,あっさりした催しであった.このあと,“通り初め”としてモーターカーが目の前を通過していった.
B8B_9924

架線も張られ,いつでも電車が走ることができるようになった新線.両側が横浜貨物線への接続線路.真ん中の2本は新横浜経由で日吉へ向かう.架線は,吊架線が饋電線を兼ねるハイパーインテグレート架線を採用している.吊架線も銅色に光り輝いているのは,そのためである.


入線試験は間もなく実施されることになっており,続いて7月か8月には習熟運転も始まる予定とのことである.
 ちなみに,12000系は6編成が製造されることになっている.開業までには第5編成までが用意され,残りは追って落成の予定である.
B8B_9961
完成間近の駅本屋全景.これを撮影して,本日のプレストリップは終了となった.

そして帰宅後に,いただいた資料と首っ引きで,このブログを執筆し,ようやく長い1日がおしまいとなった.

12000系は4月に営業運転を開始する予定だが,その直前,4月13日には相模大塚駅構内で新型車輛デビュー記念撮影会を開催する.会場内では記念グッズや記念入場券セットの販売も実施の予定.時刻は10時から15時まで.入場は無料である.

※2019.04.15:架線の方式修正


////隠す用
自社広報

先週の土曜日,3月16日早朝の西武鉄道池袋駅が特別な空気に包まれた.
B8B_9204
7時8分,6,7番線ホームに来賓着席.

列席者は前列左から,西武鉄道代表取締役社長 若林 久,豊島区区長 高野之夫,西武鉄道取締役会長 後藤高志,建築家 妹島和世,女優 土屋太鳳.2列目左から,西武鉄道鉄道本部池袋駅管区長 渡邊 進,建築家 棚瀬純孝,照明家 豊久将三,テキスタイルデザナー 安東陽子,日立製作所執行役常務 光冨眞哉のみなさん.
_9X_0336
7時11分,001系“Laview”到着.写真:西武鉄道

この日から営業運転を開始する,001系“Laview”の出発式が催されたのである.

001系“Laview”については,2017年6月の構想発表から,昨年10月29日の愛称発表,今年1月29日の営業運転開始日発表,車輛の報道公開,まで,随時お知らせしてきた.

そして昨日発売のとれいん4月号MODELERS FILEでは,詳細を徹底紹介した.

さて式典は西武鉄道後藤会長,妹島さん,高野区長のあいさつへ進み,そして
B8B_9235
7時25分,テープカットの前に,ポーズ.
B8B_9275
7時28分,初列車を運転する小手指乗務所の大石 秀さんに,土屋太鳳さんから花束贈呈.

最後の,出発合図となった時,時計の針は発車1分前の7時29分を指していた.
B8B_9310

そして定刻を3分過ぎた7時33分,列車はようやく発車.車内には後藤会長と妹島さんの姿も見える.

渡邊駅管区長とともに,3分間も右腕を挙げ続けた土屋さん,思わず“疲れちゃった”.しかしすかさず“ずっと電車を見ていることができたから,嬉しかったけど”.西武鉄道のイメージキャラクターを3年間も続けているだけあって,フォローも忘れないのは,流石.

さて,式典での撮影を終えた僕は,同じ池袋の西口,東武鉄道池袋駅での“川越特急”出発式に向かう他社のスタッフたちと別れ,初列車の戻りを迎えるために沿線へ出ることにした.
 どこで撮ろうか…飯能の奥まで行くのは時間的に厳しいし…と,いうことで降り立ったのはひばりヶ丘駅.
 目的地は保谷方面へ戻ったところのカーブ.南側は学校で,北側に農地が広がる好撮影地……だったのだが,近年は住宅が線路に迫ってきているので,実際には初訪問に近い場所.
B8A_9424
やっぱり“まぁるい”先頭車を表現したくて選んだポジション.全編成を入れることは,はなから考えなかった.欲をいえば右の電柱が列車の頭に近いし,左端では新築中の家も気になるところではある.

高速シャッターでも文字が欠けにくいLEDに期待したが,さすがに1/1,600秒では欠けた.でも,ちゃんと“Chichibu”と読み取ることができるのに,びっくり.
 試運転や報道公開の時には気づかなかった点が,前照燈の点け方.コイト電工の花形の周囲にもLEDが配置されているのは紹介記事でも説明した.上半分を点燈させて尾燈とともに“赤いほっぺのスマイル”を演出するわけだが,営業列車では,ぐるっと一周,点燈していたのだった.お目に掛けた2枚の写真からも判っていただけるだろうか.

ついでに(?)連結器についての補足説明を……“20000系で使われているのと同じ,角が尖っていないタイプである”と記したが,さらに詳しく説明するならば“20000系の8連グループの一部で使われているのと同じ”である.10連は普通の角(先端)が尖ったタイプであり,8連も前期グループは先端は尖っていないものの穴が開いたタイプを使っているからである.
B8A_9492
池袋発の“Laview”2列車目を撮影すべく移動した保谷の留置線に並んでいた,20000系8連の第2編成(左)と第8編成(右).格納式であることはともに同じだが,連結器胴受けの形も異なっている.

そういえば,第8編成の“銀河鉄道999”ラッピング.間もなく解除になるそうだ.3月24日に豊島園の駅で“2代目 銀河鉄道999デザイン電車さよならイベント”が実施されるとのリリースが,3月7日に発表されている.
 もうひとつ,平成28/2016年1月17日から走っている二代目“L-trains”の9000系第8編成も“約3年間”と予告されているから,予定通りなら,もうすぐ終了となるはず.廃車なのかラッピングを外してそのまま活躍を続けるのか.注目したいところである.

週明けの19日からはB編成も運用に就いたようだ.4月以降の落成スケジュールも気になる.一方で10000系の動きも気になる.まさに出会いと別れが錯綜する春である.

※2019.03.21:写真1点差し替え

////隠す用
自社広報

1904

【今月のオススメ記事】
西武鉄道新特急車“Laview”こと001系のデビューです.色も形も形式のつけ方も,これまでの西武鉄道には前例のない,まったく新しい電車です.本誌ではデビューと同時にその全貌を徹底取材し,ご紹介します.最大の特徴である前頭部も,その形状が解る詳細図面を掲載しています.
 もうひとつの注目記事は,東武鉄道7800系をの“鉄道コレクション”ディテールアップです.それに合わせて,不定期連載中の東武鉄道7800系の記録も,日立製7800系にスポットライトを当てて採り上げます.
 毎年恒例の,欧州製品最新情報.3回連載の第1回目が掲載されています.いつもながら,盛り沢山の情報の中から興味のある製品を見つけ出してください.
 西武の赤電作品集は連載第2回目です.併せて,今年の課題も発表されます.
 その他イベントレポート,一般記事や好評の連載記事も満載です.

【目次】
MODELERS FILE--------------------------------------
  4 MODELERS FILE 西武鉄道 001系電車
     作ったのは 新しい風景 新特急車“Laview”デビュー
        まとめ:前里 孝 写真:前里 孝/山賀 一俊/脇 雅恵
                   取材協力・資料提供: 西武鉄道
注目記事-------------------------------------------
 3・36 鉄コレ東武78OO形 ディテールアップのススメ
     赤幌『デメキン』製作記
        製作・文・写真:矢田 和之 スタジオ撮影:松本まさとし
 24 東武鉄道 7300・78OO系 ~“カステラ電車”たちの記録~
      〈Vol.7〉カステラと呼び難い鋼板屋根の日立製7860形グループ
                 写真:林 智春 文・作図:山賀 一俊
               写真協力:織川 和也/小山 泰功/矢田 和之
          調査協力:上田 康晴/林 智晴/久留 欣彦/矢田 和之
---------------------------------------------------
 16 2019 ニュルンベルクトイメッセ
    欧州新製品情報 前編
      特別協力:Spielwarenmesse eG Nuernberg
           シュピールヴァーレンメッセ日本代表部
           チムニー/現地各法人・団体 写真協力:チムニー
 40 好みのディテールアップと増速フライホイールで仕上げた
     TOMB LUMBER CO. 13t Shay      田岡 広樹
 56 西武赤電&旧国モハ50系改造車をみんなで作ろう! Part2
     JAM2018の成果を発表します.今年の課題にも大注目!
       製作:チームおやびん/取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
----------------------------------------
 44 Nゲージ古典機への誘い /小川 謙二
   第19回 Pittsburgh (米)
 48 DieselPower in USA! /佐々木 也寸志
   Vo.76 イリノイ・インディアナ・オハイオ各州鉄道情報
   インディアナ州 Part1
 52 工イジングストラクチヤー /製作・文:伊藤 肇(匠ジオラマエ芸舎)
   情景職人が生み出す“時間・質感・生活感”
   第19回三波簡易郵便局(その1)
   撮影:伊藤 肇・山中 洋
 64 線路は続くよいつまでも 第104回 /信沢 あつし
   街は変われど裏には往時の線路が続く
   埼玉県幸手市(3)長島ガラス
 66 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
   第86回 UC5形有蓋コンテナの解説(22)
 70 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S
   第75回 強力なプラモデル用接着剤 
 80 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 74 新車登場
 93 輝け!日本の運転会
 94 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
   第93回:台湾の鉄道(その1)
 95 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
   第59回:台湾の旅2018 その2
 96 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大 運行計画 2019年4月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引

2019年3月20日(水)発売
定価:本体1,435円+税

eshumi-kounyu
amazon

↑このページのトップヘ