モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
「故・西原 功を偲ぶ会」へお申込みいただきました皆様へ、2月18日から19日にかけて「受付完了メール」をお送りしました。
もしお申込みいただいているのに、弊社からの返信がない方は、大変お手数をおかけして申し訳ございませんが、お問い合わせいただけますようお願い申し上げます。
http://modelernahibi.blog.jp/archives/31097958.html
////隠す用
自社広報

いつもご愛顧を賜りまして厚く御礼申し上げます。

今週末、2月2日・3日に行われる「ヨコハマ鉄道模型フェスタ2019」に出展を予定しておりましたが、諸般の事情により「月刊とれいん」としての参加を見送らざるを得なくなりました。

楽しみにしていただいていたお客様のご期待に添えず大変申し訳ございません。
深くお詫びを申し上げます。

平成31年1月29日 月刊とれいん編集部一同

////隠す用
自社広報

西武鉄道30000系に新型のアンテナが取り付けられたのを発見した,と,記したのは昨年12月6日のここだった.
 ところがその直後の12月12日朝,2輛編成の2000系にも同形のアンテナが取り付けられることに気づいてしまったのだ.今までにも遭遇しているはずなのに,なぜ気付かなかったのか.むしろこちらの方がはやかったようにも思えるのに……通過する電車の列車無線アンテナの違いを識別するなんて至難の業,ということだけれど,多分,“気にしていなかった”というのが本当のところだろう.
 朝一番の用事を済ませて石神井公園の駅のホームで電車を待っていたら,やってきたのが池袋行きの準急.2091…2092の編成の8輛に2461+2462の2輛を足した10輛編成.待っていたところにその連結部が停車したので何気なく屋根を見たら,左右で異なる形のアンテナがついていたというわけである.
DSCN1993
右が2091,左が2462.シルエットが異なるのがわかるだろう.

思わず飛び乗って(危険な駆け込みではありません.念のため……)練馬で改めて観察.クローズアップの写真を撮る余裕もあった.
DSCN1997
練馬ではホームの向きが逆なので,左が2091で右が2462となる.

ここで各停に乗り換えて江古田へと向かったわけだが,そういえばと気づいたのが,運転室の中は変化しているのだろうかどうだろうか,ということ.遅かりしである.

再びこの編成に出会うことができたのは,昨年も押し迫った112月27日の夕方,池袋まで人と会うために出掛けた帰り道だった.
DSCN2346
概ね見慣れた風景ではあるが,気になったのは圧力計の右の,NECの銘が入ったモニター.今までは数字キーが脇に付けられたドットマトリクスディスプレイだったはずだが…….
DSCN2349
車掌室側.貫通路寄りの天井から棒状のアンテナが下がっている.これを取りつけることによって,屋根上のアンテナを1基で済ませることができているのだろうか.

発車までに少し時間があったので,基本編成側の運転室も窓越しに撮影してみた.この日のペアは東急車輌で更新工事を施工された2071…2072の編成だった.
DSCN2350
モニター以外は,ほんとうに2462と変わりがない,2071の運転台.強いていえば,圧力計の前にステッカーが1枚貼られていることぐらい.このステッカーには“電子笛装備車”と記されている.
DSCN2352
2071の車掌台.こちらも,棒状アンテナがないことを除けば,ついている機器類は同じであるように見える.

と,いうことで,次の課題は,新型アンテナを装備した30000系の運転室がどうなっているか,そして,床下機器に変化はないかどうかの確認ということになる.次にこれらの編成に出会うことができるのは,いつのことだろう…….ことが一気に進まないのは,歯がゆいことではあるが,それはそれとして,少しずつ観察を積み重ねてゆくというのも,また楽しからずや,だろう.
////隠す用
自社広報

ヨコハマ2019
来週2月2日(土)、3日(日)に開催される【ヨコハマ鉄道模型フェスタ2019】に弊社も出展いたします
 月刊『とれいん』、『レイル』、『蒸機の時代』の最新号、『最新模型工作技法』、写真集、各誌バックナンバーのほか、イベント会場限定の型紙も販売いたします。模型の特価品や、中国型模型の販売もいたします。今回は、Minitown製 【中国鉄路 貨車セット】も会場で販売いたしますので、ご興味のある方はぜひお立ち寄りよりください! 皆様のご来場お待ちしております
190124_01190124_02FP650-10006-DSC_9876FP650-10006-DSC_9900

◆日 時:
2019年2月2日(土)11:00~18:00
2019年2月3日(日)11:00~17:00
◆会 場:
ランドマークホール(ランドマークプラザ5F)
◆交 通:
【電車】桜木町駅下車,≪動く歩道≫利用で徒歩5分.みなとみらい駅下車 徒歩3分
【車】桜木町駅前から日本丸方向に入る.横浜駅から高島町MM21地区入口より入る.
◆入場料:無料 
◆主 催:鉄道模型振興会
◆問い合わせ:03-3711-7738


【お詫び:弊社出展見送りのお知らせ】
今週末、2月2日・3日に行われる「ヨコハマ鉄道模型フェスタ2019」に出展を予定しておりましたが、諸般の事情により「月刊とれいん」としての参加を見送らざるを得なくなりました。

楽しみにしていただいていたお客様のご期待に添えず大変申し訳ございません。
深くお詫びを申し上げます。

平成31年1月29日 月刊とれいん編集部一同



////隠す用
自社広報

T1902

【今月のオススメ記事】
江ノ電に,初代500形以来の完全新車である1000形がデビューしたのは1979年の
ことでした.以来40年間,増備車とともに,江ノ電の主力となって地元人たちに
親しまれてきました.本誌ではデビュー当時に詳細図面を含めた紹介をしていま
すが,今回は増備車を含めて現状をまとめてみました.時代による姿の変遷も辿
っています.
 同時に,日本在住の米国人であるダン・アグニさんが制作した江ノ電のレイア
ウトもお目にかけます.Nゲージの小さなレイアウトですが,江ノ電のエッセン
スが詰め込まれた佳品です.
 一般作品では,春日部工業高校の生徒が5インチゲージで製作した東武鉄道
500系“リバティ”を見逃すことはできません.実物通りの併結運転も可能で,
むつかしいフォルムもよく再現されています.
 神戸高速鉄道開業50周年記念誌上作品展は連載2回目.阪神と山陽の電車たち
が登場します.
 関西の集まりとしては,27回目を迎えた,鉄道模型大集合 in OSAKAのレポー
トも掲載です.
 サロン・ド・庭園鉄道は,神戸のメリケンパークで2年半振りに開催のイベン
トと,千葉の蘇我で活動を続けるNPO法人蘇我MTCからのレポートです.
 その他イベントレポート,一般記事や好評の連載記事も満載です.


【目次】
小特集 江ノ電-------------------------------------
  6  MODELERS FILE  江ノ島電鉄1000形
        主力の座を守り続けて40年!
    解説:山賀 一俊 写真:飯田 敦史/前里 孝/脇 雅恵/山賀 一俊
                          協力:江ノ島電鉄
 注目記事----------------------------------------
 24      Donの江ノ電ドリーム・レイアウト
       製作・文:ダン・アグニ 訳:平井 憲太郎/協力:松本 典久
---------------------------------------------------
 3・54 機械科生徒によるスキルアップの結晶!
     5インチゲージ乗用模型で東武特急500系“リバティ”を作った!
              製作:埼玉県立春日部工業高等学校 機械科
                    文:津野 章久(同校機械科教諭)
              写真:津野 章久(特記以外) 協力:東武鉄道  
  4     Products Data file トミックス製 JR西日本 683系0番代(16番)
 30   神戸高速鉄道開業50周年に寄せて
     “形”で呼ばれた阪神大型車と神戸高速鉄道で出会った電車
      Part2      石原 大一郎・乾 純・上野 尚之・岡本 真和・
            佐伯 玲於奈・坂田 一郎・貫名 英一 企画:乾 純
                 取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
 42 関西合運 第27回 鉄道模型大集合 in OSAKA
                 取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
 70 さいたま鉄道模型フェスタ2018
 74 サロン・ド・庭園鉄道
     2年半ぶりの“ミニ鉄道フェスタ in 神戸”
                      OSLSC 内山 利晶(文・写真)
     7年目を迎えた“蘇我ミニトレインクラブ”
                     蘇我MTC 岸田 弘(文・写真)
----------------------------------------
 50 22世紀の汽車絵本 未来へ伝えたい車輛をイラストでリマスター
    第14回 国鉄D51形(IV) 
    思い出絵師:鈴木 信雄/思い出語り:長谷川 興政
 60 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第85回 UC5形有蓋コンテナの解説(21)
 64 線路は続くよいつまでも 第102回 /信沢 あつし
    細いレールが大正からの歴史を刻む
    埼玉県幸手市(1) 永文商店
 66 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
    Vo.75 イリノイ・インディアナ・オハイオ 各州鉄道情報
    イリノイ州 Part 2
 78 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 80 Coffee Cup /前里 孝
    “完成”した上野の亀の子ポーター
 82 モデリング・リサーチ・センター
    第73回 ゴッドハンド 神ヤス! /検証:P.S
 84 カバン線をつくろう /安達 誠
    第8回 商店の製作(その2)
 88 新車登場
109 輝け!日本の運転会
110 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
   第91回:WH-BWのガスターンビン機関車(その2)
111 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
   第57回:駅名しりとり
112 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大 運行計画 2019年2月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
140 いちぶんのいち情報室
144 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
145 Combo Caboose・掲載広告索引

2019年1月21日(月)発売

定価:本体1,435円+税
eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

R109

レイル109号 最新刊のご案内です

◆国重要文化財に指定 ED16
10月31日付けの官報で正式に国重要文化財となったED161.
 今回はその設計の経緯を小野田滋さんに解説していただきました.
 また,関東地方の人々に長らく親しまれた青梅・南武線での活躍の様子を,安藤征一,早川昭文,高橋卓郎の各氏撮影による写真でお目にかけるとともに,最終期の思い出話を,地元のファンである高橋卓郎さんが語ってくださいました.

◆国鉄奈良線の歴史と風景
奈良鉄道の手によって開通し,関西鉄道,国有鉄道,そしてJR西日本へと経営主体が移り変わってきた奈良線.高田 圭さんが現地踏査と資料によってその歴史を解き明かしてくださいました.小菅一己さん撮影の情緒溢れる写真で昭和期の沿線風景も堪能していただきます.

◆駅名標の発掘
今回は神戸・裾野駅の駅名標です.一見,脈絡がなさそうなテーマですが,昭和初期の鉄道省線に普及した,上屋柱への掲示と,独特のデザインによる壁面直描きの駅名標についての考察です.関連写真として神戸駅でのC53や流電など車輛写真も織り込んだ稿となっています.

◆東武鉄道ED60(国鉄ED40)の思い出
長らく東武鉄道に勤務された花上嘉成さんが,東武鉄道日光軌道線で使われていた時代のED40…東武ED60の思い出を,貴重な写真とともに語ってくださいました.

◆公式写真に見る国鉄客車
第12回目は,優等列車用として国鉄最後の新造座席車となった12系と14系,そして14系と24系寝台車の紹介です.

2019年1月21日(月)発売 定価:本体3,600円+税

eshumi-kounyu

↑このページのトップヘ