モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

早いもので,大宮に鉄道博物館がオープンしてから10年以上が過ぎた.
 10年間,つねに変化し続けてきたこの博物館だが,来たる7月5日には,新館がオープンする.これまでの本館だけでも充分に広いと思っていたのだけれど,実は“まだまだ展示したいものがたくさんありまして”と,訪問する度に関係の皆さんから聞かされ続けてきた.
 そこで敷地の南側に地上4階建で延べ床面積が約6,000平方メートルという新館の建設が始まったのが2016年7月のことだった.
 この新館計画に並行して,本館の既存展示物も大幅な模様替えが行なわれ,それは例えば,とれいんの昨年9月号(通巻513号)でご紹介した鉄道ジオラマ…パノラマレイアウトを完全新製するなど,広範囲に及んでいる.

鉄道博物館では,6月26日に,一般公開に先駆けて報道公開を行なった.詳しい紹介は本誌をお待ちいただくとして,まずは速報としてハイライトをご覧いただくことにしよう.
 なお,落成のセレモニーは7月4日に催されたが,会場には安倍晋三内閣総理大臣も姿を見せ,テープカットに参加したとのことである(追記:2018.07.05)
A8A_6022
新館の外装は,本館と同じイメージのシックな黒基調.4階建てで本館とは地上通路のほかに2階の渡り廊下でも結ばれている.
DSCN3358
空から見た新館……ではなく,一足早く,鉄道ジオラマ上で落成していた模型である.計画段階の図面で製作されたので,実現した新刊とは少し形や規模が異なっている.

新館に入ってすぐ目に入るのは,山形新幹線400系の東京方先頭車411と,E5系の新函館北斗方先頭車E514.まだ現役どころかまだまだ新型のE5系がなぜここに?というのは当然の疑問.実物通りの図面で日立製作所が製作したモックアップなのである.
 もっともモックアップといえども,特に実物通りの材質や構造が再現されていて,台車も付いている.異なるのは走行関係や保安装置などの機器類が艤装されていないことである.
A8A_5813
左が400系411-3,右がE514-9001.9001とは実は試作車が存在してそれが保存されているとしか思えない番号である.411-3は,“つばさ”の最終列車に使われたL3編成の先頭車で,新幹線では初採用となった分併装置を備えた側ということでも意義ある選択といえよう.

1階の“仕事ステーション”では運転士などの馴染み深い職種だけではなく,保線などを含む,普段は目に触れない分野まで丹念に紹介している.2階は“未来ステーション”と、“仕事ステーション”のうち運転士の仕事を体験する運転シミュレータも設置されていて,205系,211系,E233系,そしてE5系の運転体験が可能である.E5系だけは有料で,他は無料.
A8A_5843
E5系シミュレータのデモンストレーション風景.特別な仕掛けはついていないというが,加減速では身体が前後に振られるし,カーブでは内側に引っ張られるような気がするのが不思議.
A8A_5876
左は本館との連絡渡り廊下.その下には4月26日のここでも紹介した183+189系の“ランチトレイン”が鎮座している.右奥に見えるのは3月から公開されているE1系東京方先頭車E153-104である.その右に見える線路は博物館構内線と大宮総合車両センター試運転線,そして埼京線と高崎線.
A8A_5888
僕たちにとっての最大のハイライトは,もしかしたら3階の“歴史ステーション”かもしれない.まもなく開業150年を迎える日本の鉄道の歴史を6つの時代に区分して,“これでもか”と思うほど綿密に解説している.このフロアを丹念に展覧すると,多分,朝から夕方まで丸一日を要すると思う.

なお,この3階の内容から“鉄道開業前後”について,より深く切り込んだ企画展“明治150年記念 NIPPON 鉄道の夜明け”が,本館2階のスペシャルギャラリーで開催中(9月30日まで)である.こちらも見逃せない

そして4階.新幹線線路側には“ビューレストラン”を新設している.本館1階にあった食堂を移設したと表現することもできるだろう.在来線側には“トレインテラス”が設けられている.こちらでは眼下に博物館構内線と大宮総合車両センター試運転線,そして埼京線と高崎線を一望できるほか,遠くには東北本線を往来する列車を望むこともできる.
A8A_5930
“ビューレストラン”.窓際の席の目の前には新幹線の架線が……なかなか味わえない眺めである.
A8A_5925
“トレインテラス”.埼京線のE233系が大宮駅への地下線に飛び込んで行く.目の前には保線基地もあるから,その作業の様子もじっくりと観察することができる.

なお,鉄道博物館の入館料は,この新館オープンに合わせて改訂されることになっている.ご注意いただきたいとのことである.
※2018.06.29:一部語句修正
※2018.07.05:一部追記及び修正

////隠す用
自社広報

今年は,いわゆる“よん・さん・とお”から50年.既に鉄道少年になっていた僕にとっては,ついおとといのことのように記憶が鮮明な,一大イベントだった.昭和39/1964年の新幹線開業は,たかだか4年前とはいえ,小学生レベルの興味に過ぎなかったし,行動力もなかった.
 昭和40年代に入ったころには,鉄道模型趣味誌(TMS)は既に定期的に購入していた.鉄道ピクトリアル誌を初めて買ったのもこの年の春だったように思う.一般の新聞やTVでも鉄道の話題は採り上げられていたから,中学生とはいえ,ある程度の知識は蓄積し始めていたことになる.
 昭和43/1968年の秋には国鉄のダイヤが大きく変わる,それに伴っていろんな車輛が生まれ,消えてゆくだろうということも,断片的ながら知ったのだろう.春には米原のD50を撮りに行き,秋には吹田のD52を見に行った.残念ながら時間帯が悪くて吹田では会うことができなかったのだけれど,その頃には走っていた吹田から八尾までの国鉄バスに乗って向かった竜華で対面を果たすことはできた.
 朝のうちに訪問した吹田では,D52にこそ会えなかったけれどいろんな種類のD51と対面することができたし,DE11という機関車も見ることができた.地続き(?)の吹田第二機関区も垣間見ることができて,そこには,登場を耳にしていたEF66が何輛も,ぴかぴかの状態で留置されていたのである.
P008_2
“なんで順光側に回らなかったの?”という疑問が涌くだろうが,第二機関区への立ち入り許可はもらっていなかったから線路を渡る勇気がなかったのだろう.吹田第一機関区 昭和43/1968年9月29日

この日は竜華のあとに戻った大阪駅で,急行“なにわ”も写している.しかしこれも停車ホーム側からの撮影で,“なんで反対側のホームに行かなかったのか”と,ずっと悔やむことになる写真となった.

この頃は甲子園に住んでいたから,武庫川の鉄橋はおなじみの鉄道ウォッチポイントだった.下路ガーダー桁だから鉄橋そのものは写真撮影には向いていないのだけれど,前後の築堤が美しく,とりわけ六甲の山並みが綺麗に見える右岸が好きだった.まだ西ノ宮から川西航空機への線路が残っていた時代である.その線路の経緯は,レイルのNo.82“武庫川をめぐる鉄道情景”で星野真太郎さんが詳しく述べてくださっている.
P009
EF65が重連で牽く姿も見てはいるが,写真はほとんど撮っていない.EF66になってからは,何度か撮影している.これはその1枚.当時は編成が短いのがちょっと物足りないと思った記憶がある.速度と牽引力との関係がまだよく理解できていない中学生だったわけである.甲子園口-立花 昭和44/1969年11月3日

僕の年代ならば,新しいものが好きではないという人を除く多くの人が,EF66という機関車には憧れの気持ちで接したのではないかと思う.今回,晩年の1次形について写真と考察を寄せてくださったふちい萬麗さんもそのひとり.写真へのこだわりを含めて,気持ちを披露してくださった.併せてレイルNo.12から,東芝の技術者だった斎間 亨さんによるデザイン立案の思い出話を再録している.西尾克三郎さんや早川昭文さん撮影によるグラフも,今では貴重な記録といえよう.
 ということで,EF90とEF66の誕生から50年というのが,レイルNo.106の第一テーマである.

第2テーマは,古いアルバムに収められていた京都近辺の写真について,学校の鉄道同好会OB会で撮影者を探したり,撮影場所や撮影年代を特定したり…….仲間うちでのやり取りの一部始終を,趣味活動のひとつとして楽しくお読みいただければ幸い.
P067_R
そのアルバムの写真から1枚.模型製作の資料として撮影されたものだろうか.本文ではC51の第3動輪だろうかと推定してしまったのだが,よくよく見れば主台枠が棒台枠である.その他も見直してみれば,どうやらC53が正解ということである.読者の方からもご指摘をいただいた.ありがとうございます.梅小路機関区 写真:田中新吾 所蔵:四方康夫

第三テーマは,高見彰彦さんの“駅名標こぼれ話”第3回.今回で一応の完結となったが,題材はまだまだ高見さんの手元にありそうなので,また機会を見て順次披露していただけることを楽しみにしたい.駅名標とともに周辺の情景や車輛にも気を配った写真選定をしてくださっているのが,とても嬉しいことである.今回も,昭和25/1950年の有楽町駅風景カラー写真や昭和21/1946年横浜駅本屋(実はこれも元写真はカラー)に,大いに注目していただければと思う次第.

そして“公式写真に見る国鉄客車”は9回目.いわゆる32系のスハとスハフ,そして32,35系のスハニを採り上げている.このあたりは僕の世代にも馴染み深い存在だったので,懐かしさ一入で,編集の手が止まることしばしばで,ちょっと自分で困ってしまったりした.

レイルNo.105に続き,今回も国鉄私鉄電車気動車客車蒸気機関車電気機関車,なんでも登場するレイルとなった.絶賛発売中である.
※2018.06.28:一部語句修正

////隠す用
自社広報

昨日(6月18日),大阪北部を震源とする強い地震が起こり,交通機関や生活基盤への大きな被害が生じています.被災した方々には心よりお見舞いを申し上げます.
 現在も余震が続いており,また長雨による地盤の緩みなどによる二次災害も心配されていますが,一日も早く平穏な日常に戻れることを心よりお祈り申し上げます.

なお,今月の“とれいん”“蒸機の時代”は弊社からは通常通りの発送になりますが,関西以西では交通機関の乱れにより到着が多少遅れることも予想されます.どうぞご理解のほど,お願い申し上げます.
////隠す用
自社広報

T1807

【今月のおすすめ記事】
信越本線の特急“あさま”の輸送力増強用として登場した189系電車.長野への新幹線が開業してからも信州や関東各地での活躍を続けてきましたが,この春に最期まで残っていた4編成のうち3編成が引退しました.最後に残ったのは長野総合車両センター配置のN102編成あさま色の6輛です.今回はその編成を中心として,豊田車両センターの3編成を交えて最近20年間の活躍を振り返るとともに,各部ディテールを観察してみました.
 注目記事は鉱山鉄道の模型風景二題です.最初は月夜里鉱山鉄道,続いて美唄鉄道常盤台駅の再現です.いずれも細部まで造り込まれた力作で,レイアウト好きのモデラーには必見といえましょう.
 世界で一番新しい蒸気機関車が千葉県成田市に姿を見せました.とれいん誌の創刊号とも関わりの深いこの機関車を,“作者”自身が紹介します.
 京成・新京成モハ100形と古きよき時代の阪神電車では,東西の私鉄小型車を模型と実物で偲んでいただきます.
 その他,イベントレポート,一般記事や好評の連載記事も満載です.

【目次】
MODELERS FILE---------------------------------------------
  4 MODELERS FILE 東日本旅客鉄道
    189系特急形電車
    長野のN102編成あさま色を中心に最期の4編成を観察する
      協力:岡田 卓・写真:松本 まさとし/武藤 邦明(RGG)/
      岡田 卓(特記以外)/前里 孝・取材協力:JR東日本
注目記事--------------------------------------------------
 3・50 Moonlit Village mining railway
     (月夜里鉱山鉄道)             製作:山下 亮
 18 北の大地に蒸機の残影を求めて
    モジュール編 美唄鉄道常盤台駅を作る      吉村 紅
----------------------------------------------------------
 26 世界で一番新しい蒸気機関車 上野の亀の子
    44年間の夢がかなって羅須地人鉄道協会まきば線にお目見え
                            角田 幸弘
 38 ペーパーキットでここまでできる!
    京成・新京成モハ100形 半鋼製更新車3タイプ製作記
              製作・文:鹿倉 明祐 撮影:松本 まさとし
 44 千葉・津田沼で生まれ変わった
    京成青電と新京成吊掛電車
    【其の二】モハ100形半鋼製車グループ(2)
                 写真:宇野 彰 文・作図:山賀 一俊
            協力:長谷川 興政(プロト・サーティーンクラブ)
 54 関N 第19回 関西Nゲージ合同運転会
                  取材:西原 功/撮影:平野 聰
 66 エイジング ストラクチャー
    情景職人が生み出す“時間・質感・生活感”
    第16回 砂焼き小屋と給砂塔
              製作・文:伊藤 肇(匠ジオラマ工芸舎)
                    撮影:伊藤 肇・山中 洋
 70 古きよき時代の阪神電車とその末裔 Part1
    阪神小型車とその譲渡先の車輛たち
              製作:乾 純・上野 尚之・ゆうえんこうじ
 74 カバン線をつくろう
    第5回 トンネル,駅ホームの位置決めと線路敷設  安達 誠
 78 第57回 静岡ホビーショー2018から
---------------------------------------------
 32 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第78回 UC5形有蓋コンテナの解説(14)
 36 Coffee Cup /前里 孝
    国鉄芦屋変電所
 64 線路は続くよいつまでも /信沢 あつし
    第95回 平成に再現された手押しトロッコ
    埼玉県川越市 陶舗やまわ・陶路子
 68 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S
    第67回 塗装用保持ツール
 84 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 86 新車登場
108 “林”発掘再生工場 Season3 /林 信之
    第11回:持っていることを埃りに思う? 天賞堂製C62 2
109 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第84回:サクラメント・ノーザン(その1)
110 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第50回:パンダくろしお
111 輝け!日本の運転会
112 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大 運行計画 2018年7月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
140 いちぶんのいち情報室
144 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
145 Combo Caboose・掲載広告索引

2018年6月21日(木)発売  定価:本体1,435円+税 

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

J72

◆第72号の主な内容(登場順)
特集 小寺康正の筑豊

筑豊の蒸気機関車
カラーブラフ   
 (1)9600形とC11
 (2)貝島炭鉱のアルコとコッペル

廃止直前の貝島炭鉱大之浦専用線
煙の聖地 筑豊本線を行く
筑豊に美しい蒸機を追ってⅡ
地元の奈良線蒸機

とれいん8月増刊
定価:本体3,000円+税
A4判横綴じ84ページ(内カラー16ページ)
2018年6月21日(木) 発売

eshumi-kounyu
amazon

↑このページのトップヘ