モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

2年前の量産先行車登場以来,折りに触れてここ誌面でご紹介している,JR東日本のE235系電車.
 そのスタイルについては多くの人の間で好みについて意見が出ているが,なにはともあれ,次世代山手線を担う電車であり,バリエーションが関東地方の各線区で標準タイプ車となることに,ほぼ間違いはない.であるからには,僕の仕事としては関心を持たざるをえないし,また,身近な存在として,個人的な興味としても動静が気になるわけである.
 そのE235系が,今年度の鉄道友の会ローレル賞を受賞した.
 同時に受賞したのは静岡鉄道のA3000形電車と,えちごトキめき鉄道のET122系1000番代気動車.
 ちなみにブルーリボン賞はといえば,JR九州のハイブリッド電車BEC819系である.

そのE235系のローレル賞受賞式が,先週の土曜日に大井工場…ではなくて,東京総合車両センターで催されたので,出掛けてきた.
 目的の第一は,もちろんのこと式典そのものであるのだけれど,各地の鉄道友の会の方々や,鉄道事業者…この場合はJR東日本の車輛部門の皆さんにお目に掛かること.ゆっくりとお話ができるわけではないのだけれど,ともあれご挨拶というのは,長いおつきあいの中で,大切なことである.
Q7B_1961
受賞式で表彰状授与,記念盾授与,挨拶のあとのテープカットでポーズを取る関係の皆さん.手前から,東日本旅客鉄道東京支社東京総合車両センター 齊藤庄一 所長,JR東日本鉄道事業本部運輸車両部 照井英之 担当部長,鉄道友の会 柚原 誠 副会長,総合車両製作所 橋爪 進 常務取締役生産本部副本部長兼新津製造部長,鉄道友の会 須田 寛 会長,KENOKUYAMADESIGN 平田洋一 ディレクター,鉄道友の会 久保 敏 副会長,JR東日本 市川東太郎 執行役員鉄道事業本部運輸車両部長,JR東日本 東京支社 鈴木 均 運輸車両部長の各氏.


このE235系,今年度に入ってからは予定通りに増備が続き,この日の時点では第8編成まで営業運転に就いていた.折りしも,出掛ける途上の代々木駅で遭遇した.例によって列車後部の表示狙いで撮影したのが,
Q7A_1926
この写真.9月の花は菊.もっといえば,ヒナギクとかデイジーとか呼ばれる種類のようにも思う.10号車はサハE235-4609のようである.


50編成中の8本がE235系で占められるようになると,出会うのにもそれほど苦労しなくて済むようになりつつある.しかしそれでも,タイミングが悪いと数編成が続行で過ぎ去った後で,しばらくは目の前に現われてくれなかった,ということもあるから,まだ気を抜くことはできない.
 そんな,観察のチャンスが増えたところで,これまで写真を掲載していなかった屋根上の変更点について,ようやく記録することができた.
 それは両先頭車と隣接する車輛の屋根上.
DSCN4182
これが量産先行編成のクハE234とモハE234の屋根.クハE234の連結面寄りに見える2本のアンテナは車輛制御情報伝送システムINTEROSの,外部との情報交換用WiMAXアンテナ.モハE234の屋根に台座はない.
DSCN4188
これは第2編成のクハE234とモハE234の屋根.モハE234の屋根に,2基分のアンテナ取り付け台座が見える.

DSCN4187
こちらは量産先行編成のサハE235-4620の屋根.ラジオ受信装置を撤去した台座が残るだけ.

DSCN4194
そして第3編成のサハE235-4603の屋根.こちらにも新しいアンテナの台座が取り付けられている.クハE235のGPS用アンテナ取り付け準備用台座は量産先行編成と同様に設けられている.


ということで,先頭車に隣接する車輛に,アンテナ台座が2基ずつ増えたことになる.これは,JR東日本から提供され,9月号の“いちぶんのいち情報室”に掲載した形式図に,“ATACS準備工事”とある.
 ATACSとは,平成23/2011年から仙石線の205系で試験運用され,いよいよこの11月4日から埼京線の池袋と大宮の間で実運用が始まると発表された信号保安システムのことで,Advanced Train Administration and Communications Systemの略称.
 最大の特徴は,無線装置を使って指令拠点と列車を有機的に結びつけた上で,保安装置などを制御することにある.信号は地上信号機に拠らず,運転室内の車上信号機に現示される.
 加えて,列車の運転状況に応じて閉塞を移動することができること,踏切制御やポイントの連動装置も総合的に制御することができること.それによって,輸送効率を向上させることができる他,信号機などの地上設備のコスト削減が可能となること,総合的な制御によって工事など臨時的なことがらにも対応可能となって安全性がさらに高まること,などが挙げられている.

山手線への導入はまだ発表されていないが,準備工事が始まったということは,採用が決まった,ということなのだろうか.今後の動きに注目したい.

なお,常磐緩行線への導入を目的としてフランスのタレス社に設計開発を委託していた無線式列車制御システムは,当面開発を断念と発表された.

注:無線式列車制御装置のことはCBTC(Communications-Based Train Control)と呼ばれ,ATACSもCBTCの一種である.

※2017.10.06:加筆修正

 
////隠す用
自社広報

もう9月も末となった.週が明ければ10月!ことしもあと3ヵ月である.7月に上梓したレイルNo.103の紹介もできないうちに,No.104の印刷所入稿になってしまった.まったく時間の経つのが早すぎて…….

4月発売のNo.102では,東急電鉄…正しくは横浜高速鉄道…のこどもの国線という路線を軸に組み立てることになった.それに対して,今回のNo.103では,我が国最初の連節車である京阪電鉄の60型“びわこ”という,車輛を主軸にした切り取りとなった.
 寄せてくださったのは大阪は守口車庫のそばがご出身という中山嘉彦さん.もう1年以上も前にお問い合わせをいただいて以来の大作が,ようやく纏まったということになる.
 それにしても驚いたのが,豊富な参考文献.よくもまぁ,これだけの本を,しかも外国語の書物を読破されたものだと,本当に感心するしかない熱意である.
 編集部では,“びわこ”が活躍中の,“ナマ”の姿.西尾克三郎さんが守口と四宮で撮影された鮮明な形式写真は,写真集“電車の肖像上巻”で目にされている読者も少なからずおられるかとは思うが,この電車にとっては欠かすことのできない姿として収録した.
 その西尾さんの写真で“謎”なのが,台車単体の写真.西尾さんの台帳では昭和7/1932年に守口での撮影ということになっているのだけれど,その時点ではまだ“びわこ”は完成していない.西尾さんの次の守口訪問は昭和24/1949年なのだが,そうすると,背後に移っている500型がカウキャッチャーを取り付けているのが符合しない.ということで,撮影年が不明なのである.すごく大胆な想像をするなら,昭和7/1932年に台車だけ先行して開発されていて……ということになるのだが.
20-04
いろいろ周囲の“風景”から推して昭和10/1935年頃の撮影と想像している,“びわこ”用連節台車の写真.守口車庫 写真:西尾克三郎

西尾さんがご健在ならば,ぜひ,確かめてみたいところなのだけれど,もう30年以上も,おそかりし,である.

戦後の写真で,“いつかは!”と温めていたのが,三宅恒雄さんの撮影による複々線区間を疾走する63.
Miyake-32308
暑い夏の日の午後,天満橋の駅を覗いてみたら,“びわこ”が停車していたことに気づいて,大慌てで複々線区間へ出て撮影したというのが,この写真だという.この次のカットでは,600型とすれ違うシーンも展開されている.昭和32/1957年8月のことである.写真:三宅恒雄

それにしても,よくぞ,カメラを携えておられたものと思う.それも,ライカ判ではなく,セミ版である.鉄道趣味人の鑑といえよう.
 そして,“びわこ”がお客様を乗せて大阪市内まで顔を出したのは,おそらくはこの頃が最後だったと思う.京津線の80型を四宮まで牽引するために,昭和39/1964年の片町(今の天満橋と京橋との間)に停車中の写真は,レイルNo.74“京阪ロマンスカー史(下)”に収録しているが.

さて,中山さんの稿のハイライトは,これまでの“びわこ”開発の端緒が米国のインターバン車輛だったという定説を覆していること.詳しくは,ぜひともレイルをお買い求めの上で,じっくりとお読みいただきたいと思う.

今回の二番目の稿は,電車としては初めての,国重要文化財に指定された(9月15日付けで正式に官報で告示),鉄道院ナデ6141と東京地下鉄道1001号電車.その意義を,小野田滋さんに解説していただいた.
 今まで,知っているとばかり思っていたこの2輛の電車も,改めて調べてみると,判らないことがいくつも出てくる.とりわけナデ6141は,東京地下鉄道1001号が日本車輌による美しい車体組立図が存在するのに対して,窓寸法も入っていない国鉄形式図が残されているに過ぎなかった.
 今回の指定に際して現物が実測され,付属資料としてその結果を反映した図面が添付されているとのことで,特に文化庁のご協力を得て誌面に紹介できたから,モデラーには喜んでいただけるものと思う.
 その図面を眺めていてもっとも大きな疑問だったのは車輪径.公称864mmに対して実測813mmというのは,あまりにも小さい.
 そこで,実際に鉄道博物館で観察してみて驚いたのが,次の写真.
P7B_3609
“松葉スポーク”だったのである.客貨車用としては数多く使われているのを見ているが,はたして電車にも使われていたのだろうか.恐らくは新品時838mmの車輪のタイヤが減って813mmというのなら,納得できそう.真相はいかに?

続くのは,新澤仁志さんの“9900・D50にまつわる謎 補遺”.今回のご調査で,D50の動輪軸バネが下バネから上バネに変更された区切りの番号が,ほぼ確定できたと,思う.一方では,新たな謎の提議もある.まったく愉しみの種は尽きないものである.

最後は,第6回目となった“公式写真に見る国鉄客車”.今回はちょっと地味なところで,鋼体化客車.地味ではあるけれど,戦後復興の輸送を支えた立役者でもあるこの系列から,三等車,合造車,荷物車をご紹介している.

というところで,最初に記した通り,次のNo.104が,既に印刷行程へと進んでいるところ.メインテーマは京王電車の初代5000系の活躍とその現在の姿の対比…….とれいんで新5000系をいち早くご紹介したのに連動したともいえるが,実際にはほぼ偶然の結果でもある.写真に加えて図面や資料もたっぷり.10月下旬の発売を楽しみにしていただきたいと思う.

////隠す用
自社広報

京浜急行電鉄の1000形といえば,昭和30年代から連綿と作り続けられた,赤に白帯の名車……であるのには違いないのだけれど,現代の京急1000形は窓廻りが白のアルミ合金製でシーメンスのインバータを採用して……というのもちょっと前までの常識であって,最新の1000形はステンレス鋼製で一部に赤のラッピングを施し……だと思っていたら,昨年から登場したグループは,ステンレス鋼製ながらもほぼ全面ラッピングされている.
 と,気がついてみたら最初の1000形は既に本線上に姿はなく,新しい1000形も気がつけばステンレス鋼製車輛のほうが数が多くなった.
 なるほど,歳月の経つのは早いものだと独りごちていたら,9月に入って間もない頃,“新1000形1次車(1001号編成)更新車発表会ご取材のご案内”という知らせをいただいた.
 改めて歴史を繙いてみれば,その1次車がデビューしたのは平成14/2002年のこと.本誌では初代1000形と合わせて平成15/2003年9月号で詳細をご紹介した.その後の増備車もその折々の“いちぶんのいち情報室”の他,平成19/2007年5月号では“MODELERS FILE 京浜急行電鉄 新1000形 六次車 ステンレス色になった京急電車”をお届けした.さらに平成25/2013年6,7月号では6輛編成を“MODELERS FILE FRAGMENT 京浜急行電鉄 新1000形”としてまとめるなど,逐一,その発展ぶりをお伝えしてきた.ということで,アルミ合金製がデビューしてから,今年で15年を経過したことになる.
 だからまぁ,大規模更新が行なわれても不思議はないわけだ.

ということで久里浜の京急ファインテック久里浜事業所へ出向いたのが9月17日の朝8時.折りしも接近中の台風18号に伴う雨と風による中止や延期を心配したけれど,無事に開催.拭っても拭ってもレンズに“まとわりつく”雨粒と戯れながらの撮影となった.
Q7A_7020
外観でまず目に入るのは,正面非常扉の横にマスコットキャラクター“けいきゅん”が貼られたこと.前照燈と尾燈,急行燈がLED化されたこと.各連結面寄り側窓が一段下降式の開閉可能窓になったこと,そして先頭車の最初の側扉とい2番目の側扉の間の側窓が二段化されて上半分が下降式で開閉可能となったこと.

LEDはいずれもコイト電工製で,側面幕板部の表示装置や戸閉表示燈,非常表示燈も併せて取り替え.前照燈は最近採用例が増えている花形タイプ.室内燈も同じコイト電工の直管タイプに交換された.

前照燈は,他と同じ花形タイプだが,色は黄味が強いタイプとされていて,在来のシールドビーム球との違いを少なくしているのが特徴.
Q7A_6898
全ての車輛の連結面寄り側窓は一段下降式で開閉可能となった.他の窓に比べてガラス取り付け面が外板から引っ込んでいることが判るだろう.写真は付随車1003.
DSCN4029
床下で最も大きな変化は主制御装置の交換.シーメンス製から三菱電機製のMAP-194-15V296になった.

詳しい機器構成などは現時点では明らかにされていないが,主電動機も交換されている.
 編成は更新前と同じく,浦賀方から品川に向けて
1001(Muc)+1002(Tpu)+1003(Tu)+1004(Mu)+1005(Ms)+1006(Ts)+1007(Tps)+1008(Msc).
Q7A_6911
客室の見通し.天井や内張り,床材をすべて新品に交換している.腰掛では袖仕切りを最新新造車と同様に大型化,腰掛中間の握り棒を曲線形状に変更した.室内燈は直管タイプのLED燈に取り替え.側扉上の車内案内装置を液晶に変更.

目立たないところでは側扉上に開閉表示燈を新設し,そして側扉そのものを交換して戸先の黄色帯を張りつ景色から印刷に変更している.貫通扉もステンレス製新1000形と同じ傾斜式戸閉装置付きに取り替えている.
Q7A_6967
両先頭車の車椅子スペースに非常梯子収納箱を新設した.二段式開閉可能側窓の様子も判る.

接客設備ではこのほか,排気扇と排気扇インバータ装置を撤去している.
 運転室に目を移せば,表示燈や計器燈をLED化,遮光板を下降式の遮光幕に変更している.
Q7A_6975
運転室.見た目はあまり変化していないが,空調操作箱を浦賀方の乗務員室にも設け,非常ブレーキ操作時の自動放送装置の新設などが実施された.窓ガラスの結露と雨粒の様子から,この日の天候を察していただけることだろう.写真全部 京急ファインテック久里浜事業所 平成29/2017-9-17 前里 孝

ということで,見た目以上に大きく変化した新1000形更新車.なによりも,いわゆる“ドレミファ・インバータ”でなくなったのが一般にも判りやすい変化だろう.
 この第1編成は,既に今週はじめから営業運転に投入されている.これからも更新担当の京急ファインテックの手によって,一定のペースで更新工事が進むだろうから,お目に掛かるチャンスも増えて行くことだろう.“ドレミファ・インバータ”が減少するのは淋しいことではあるが.

////隠す用
自社広報

T1710

【今月のオススメ記事】
今月のMODELERS FILEはふたつ.
最初は,台湾鐵路管理局初の電車特急,EMU100型です.1978年に英国から輸入されて,台北と高雄の間で“自強號”として走りはじめてから40年.既に現役を引退していますが,一部編成が保存され,今でもその姿を見ることができます.本誌では当局からの格別の協力を得て,その全貌を紹介することができました.
 2番目は,8月10日から営業運転を開始したばかりの,東武鉄道SL“大樹”です.本誌では,その車輛だけではなく,起終点となる下今市と鬼怒川温泉の駅,それぞれの駅に設置された転車台,下今市構内の機関区など,レイアウト建設の参考となる施設類にもスポットライトを当ててみました.
 東武鉄道の4扉通勤車7300・7800系電車の連載が始まります.特にその最終期については微に入り細を穿っての解説となります.ご期待ください.
 夏恒例の“国際鉄道模型コンベンション”や“鉄道模型コンテスト”も詳しくレポート.
 その他,一般記事や好評の連載記事,イベントレポートなども充実です.

【目次】
MODELERS FILE---------------------------------------------
  4 MODELERS FILE 台湾鉄路管理局 EMU100型
     台湾初の電車であり初代“自強號”の40年の足跡を追う
             解説:舘田 達也 取材協力:台灣鐵路管理局
       写真・資料提供:蘇 棨豪,蘇 賢耘,
        鄭 銘彰,長浜 昭彦,林 柏璋,Loren Aandahl,なんこう
                        協力:台湾鐵路管理局
 16 MODELERS FILE 東武鉄道 SL“大樹”と鬼怒川線
     C11 207の列車と鬼怒川線のストラクチャー類
             まとめ:前里 孝 資料・取材協力:東武鉄道
             写真協力:東武ワールドスクウェア/橋本 祐太
新連載----------------------------------------------------
 3・26 東武鉄道 7300・7800系
     ~“カステラ電車”たちの記録~
     <Vol.1>先行量産車モハ7800形グループ
               写真:林 智春(特記以外) 文:山賀 一俊
                      協力:上田 康晴/矢田 和之
 32 照り返し眩しき昼下がりのけーべん
     揖保川軽便鉄道撮影行・2016年の新作  製作・撮影:三木 浩三
 34 おかげさまで35周年
     鉄道模型同好会“どうりん”2016年競作
 52 鉄道博物館 新・鉄道ジオラマ落成! Part2
 64 第18回 国際鉄道模型コンベンション テーマは“東海道”
                取材:西原 功・平野 聰・山賀 一俊/
                    撮影:松本 まさとし・前里 孝
 72 JAMコンベンション2017 企業ブースリポート
 80 鉄道模型コンテスト2017
    第9回 全国高等学校鉄道模型コンテスト
 86 市川に阿亮鉄道模型社オープン
   池袋に新名所!西武・京急・東急の前面が並んだ丸善池袋店
---------------------------------------------
 40 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 42 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第70回 UC5形有蓋コンテナの解説(6)
 46 線路は続くよいつまでも /信沢 あつし
    第86回 製材所銀座!? 妄想トロッコ街道
     伏木,六渡寺,新湊の線路を訪ねて
 48 22世紀の汽車絵本 第6回 国鉄9600形
    未来へ伝えたい鉄道をイラストでリマスター
    思い出絵師:鈴木 信雄/思い出語り:長谷川 興政
 56 DieselPower in USA! /佐々木 也寸志
    Vo.67 シアトル Part1
    ワシントン州シアトルの鉄道情報
 60 N GAUGE EURO REMIX /解説:橋本 孔明
    第22回 ドイツ鉄道ICE(その2)
 87 新車登場
108 “林”発掘再生工場 Season3 /林 信之
    第2回:こんなのあったの!? カワイ製EH10の試作型
109 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名英一
    第75回:ヨーロッパ製のアメリカ型
110 子連れ鉄日記 /写真・文:山本晃司
    第41回:東急電車まつり
111 輝け!日本の運転会
112 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大 運行計画 2017年10月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
140 いちぶんのいち情報室
144 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
145 Combo Caboose・掲載広告索引

2017年9月21日(木)発売  定価:本体1,435円+税


バックナンバーの内容はこちらからどうぞ
eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

J69

■第69号の主な内容(登場順)

特集   
特集 会津・只見線のC11
 会津線の秋
 東武鬼怒川線で復活するC11 207
 会津線のC11
 会津線と会津若松機関区
 会津坂下にて
 会津線を訪ねて

東北・北海道と豊肥本線の蒸機

恩師の軌跡を追って

オレンジ・エンパイア鉄道博物館

ドイツ・プランダンプ 2016

とれいん11月増刊
定価:本体3,000円+税
A4判横綴じ84ページ(内カラー16ページ)
2017年9月21日(木) 発売

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

eshumi-kounyu

↑このページのトップヘ