モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

今週の月曜日10月29日の午前,西武鉄道は,かねて構想を発表していた新特急車の詳細について記者会見を開催して明らかにした.
 関東地方ではその日のうちにTVニュースでも採り上げられたし,たくさんのニュースサイトで報道もされている.そこでここでは,ちょっと私見や,より詳しい情報をお伝えすることにする.
D5B_8239_
まずはその愛称.Laviewというのだそうだ.カタカナで書けばラビュー.1969年以来,50年もの長きにわたって愛されてきたレッドアローは,ついに引退することとなった.東京プリンスホテルでの新型特急車輛発表会見会場で,ロゴを記したボードを持つのは基本デザイン監修の建築家 妹島(せじま)和世さんと西武鉄道イメージキャラクターで女優の土屋太鳳さん.その左に立つのは若林 久 西武鉄道代表取締役社長,右が後藤高志 西武鉄道取締役会長.写真:脇 雅恵

このLaviewという言葉には,
----------
「L」贅沢(贅沢(Luxury)なリビング(Living)のような空間
「a」矢(arrow)のような速達性
「view」大きな窓から移りゆく眺望(view)
都市や自然の中でやわらかく風景に溶け込む特急として、多くのお客さまに特急電車での旅を楽しんでいただきたいという想いが込められてます。
----------
のだそうだ.
曲面ガラス
外観でもっとも大きな特徴は,なんといってもこの先頭部形状だろう.曲線半径1,500mmという三次曲面ガラスを鉄道車輛に使ったのは,今回のLaviewが最初だろうか.前照燈はコイト電工の花形タイプに見える.その周囲にで光るのは装飾のライトだろうか.運転席側前窓の下部に種別と列車名の表示が見える.写真:西武鉄道

この写真からは,車体幅が30000系などの幅広ではなく40000系と同じかあるいはそれに近い数値だろうと推測できる.正面には非常用貫通扉も設けられている.“地下乗り入れに対応するスペックではあるが,今のところ予定はない”のだそうだが,後述する通り,保安装置も地下乗り入れ対応である.各方面との協議調整が成立すれば,新木場方面あるいは東横線方面への乗り入れを行ないたい,とみるべきだろう.
D5B_8156_
驚かされるのは正面だけではない.側窓は縦1,350mm×横1,580mmという特大寸法.その窓の中には,座面と背摺りと肘掛けが一体化した腰掛が据えられている.交流100Vの電源コンセントや背面テーブル,肘掛け収納式テーブルを備える.背摺りには手動式調整可能枕を備える.写真:脇 雅恵

客室はビジネス客にも観光客にも,より快適に過ごすことができる空間を提供している.具体的には,客室両端の23インチの液晶画面ではニュースや天気予報,停車駅の案内などを表示するとともに,一部区間では前面展望映像も放映される.無料の無線LAN“SEIBU FREE Wi-Fi”により,インターネットからの情報を得ることも可能となっている.
 1編成8輛の定員は422名とのことである.
客室窓
外部から見た客室.腰掛がここまで見えてしまう車輛って,特別な展望車や巡察車などを除けば,なかなかない.日除けはロールアップカーテンではなく横引きである.写真:西武鉄道

さてこの“Laview”.形式はといえば,僕も含めた大方の予想を大きく裏切って,001系と命名された.これも“今までになかった全く新しい特急列車を作ろう”という意気込みの一貫なのだろうか.そういえば車号はどうする?001-001とか……?

そして発表会見開催前日のお昼,現車は西武鉄道の小手指車両基地に到着していた.26日に,“レオ”を監視役よろしく後部運転室に鎮座させて,製造担当の日立製作所笠戸事業所がある山陽本線の下松を出発してから,約48時間の旅だった.
S7A_5698

“西武特急が山陽本線を東へ向かっている”との報を受けて出掛けた,西武池袋線の秋津と所沢の間.後部運転室にはマスコットのレオが“乗務”していた.尋常ではない側窓の大きさがよく判るだろう.見送っていたら,所沢方から“レッドアロー クラシック”が顔を出した.お出迎え…だろうか.2018-10-28 写真:前里 孝


さて,ほんの僅かながらも現車を観察した結果…….
台車は川崎重工製のボルスタレス軸梁式.ヨーダンパは備えていないが発表資料には,車体動揺防止装置(当社初)…アクティブサスペンションを装備しているのである.
 両先頭車運転室屋根には逆L形の無線アンテナが2基取り付けられている.床下にはATC/S,ATO,S-TIMの文字が記された銘板を取り付けた箱が見える.
 トイレは1,5号車に取り付け.
主制御装置は2,6号車に三菱電機製を2側(池袋に向かって右側…池袋-所沢間での南側)に取り付け.1C4M2群構成のように見える.もし永久磁石同期電動機を採用しているなら,1C1M方式であるわけだが.
 電動空気圧縮機は三菱電機製を3,7号車の2側に取り付け.
 補助電源装置は東洋電機製造製で,3,7号車の2側に取り付け.
パンタグラフは2,4,6号車の飯能方に東洋電機製造製のシングルアームタイプを1基ずつ取り付け.台枠が黄色に塗られているので高圧引き通しを行なっているようだ.
 なお1号車が飯能方,池袋方が8号車である.

この001系“Laview”.今年度は2編成16輛が落成して3月には池袋線・秩父線系統の特急として営業運転を開始する予定となっている.来年度には5編成40輛が追加され,現在の10000系“ニュー・レッドアロー”を全部置き替える.
 なお,今のところ新宿線系統への投入予定はなく,引き続いて10000系5編成が活躍するのだそうだ.

小手指に到着した001系は,さっそく両正面の汚れ防止カバーや列車名のマスキングを外して整備が始まっているようである.まずは構内での試験,続いて深夜の本線試運転となるのだろう.昼間の本線でその姿を見ることができるのは,さて,年内か年明けか.待ち遠しいことである.
※2018.11.02:一部語句修正追加

////隠す用
自社広報

既にあちこちで折りに触れてお話している通り,歴代の小田急ロマンスカーの中で,1980年末に落成,営業運転を開始したLSEこと7000形は,僕にとって忘れがたい思い入れ深い車輛である.
 なにしろ現車落成前に製作図面のご提供をいただいて詳細外観図面を作製した最初の車輛であり,また,新車パンフレットに僕が描いた図面を使っていただいたのも,この7000形が最初のことだった.というより,パンフレット用への提供が,図面をいただく条件だったのである.
 パンフレット用の図面は,本誌掲載用とは別に仕上げたバージョンを提出したものである.今ではCADによって,図面のアレンジや複製は至極簡単なことだけれど,同時はそんなもの影も形もなくて,大きなトレーシングペーパーを製図板に張りつけてドイツ製の製図用ペン“ロットリング”で描く…さすがにもう烏口ではなかった…のだから,2枚同じものを2枚描くのは,ほんとうに手間が掛かったものである.
 そのパンフレットはおかげさまで好評を得たようで,つい最近にいたるまで,何度も復刻された.お持ちの方は,ちょっと印刷された図面を見てやっていただけると,嬉しい.

そして待ちに待った現車の落成は,EF58に牽かれた甲種輸送列車を小田原まで出迎えに行った.小田急線内で使う無蓋緩急車トフの入換作業の一部が手押しによっていたのが,今でも強く印象に残っている.

そしてお披露目は早朝の海老名検車区で行なわれた.もちろん4×5インチサイズの組立暗箱を抱えての参加だった.天候にも恵まれて,各社スタッフがそれぞれ撮影にいそしんでいた中で,J社のMさんが完全に腹這いになって撮影したのが忘れられない.“バックの電柱を隠すんです”と.以来,この撮影姿勢を,僕も各所で真似をすることになる.

あれから38年.気がつけば,長命と思っていたNSEこと3100形を凌ぐ長命特急車となったLSEだが,今年春には70000形GSEの第1編成がデビューして第3編成が廃車解体,7月には2編成目のGSEが落成して,ついに最後まで残った第4編成も定期運用から退いた.
 ちなみに第1編成は2012年に,第2編成は2010年に廃車解体されている.

この間,LSEの身の上にはさまざまなできごとがあった.1996年からはリニューアル工事が実施された.3号車には車椅子対応座席を設けて側扉を拡幅している.同時に車体色をHiSEと同色に変更した.
 2005年頃からはパンタグラフをシングルアームに取り替えている.
 そして2007年,小田急開業80周年とSE車登場50周年記念として第4編成の車体塗色をオリジナルに戻した.
dsa_6427
7000形を初めてデジタルカメラで撮影したのがこの時.オリジナル塗装へ塗り戻された第4編成である.この塗装は期間限定だったはずだが,実際には第3編成にもほどこされることになり,さらには,最後までこの塗装で過ごすことになったのである.唐木田車庫 2007-6-27

この,塗装塗り戻しのころから引退までの10年間が,ある意味で小田急ロマンスカーが,もっとも賑やかな時代だったといえるかもしれない.なにしろ7000形,10000形,30000形,50000形,60000形と5形式が展開されたのだから.これは小田急ロマンスカー史上,前代未聞のことである.
dsa_1887
MSEこと60000形デビューの年の“小田急ファミリー鉄道展”でのLSE.NSEもSEも一緒にいるけれど,どちらも引退車輛である.海老名検車区 2008-10-20
SK4_6877
今年春,海老名で勢揃いした小田急ロマンスカー.EXEαも加わって,これを別形式と数えるなら6種類ということになる.2018-3-10 提供:小田急電鉄

こうして時は流れ,7月10日には定期運用から退いた.その後は惜別の特別列車が何度も運転されたが,それも10月13日の列車で終了した.
 10月20,21日の両日には海老名で開催された“小田急ファミリー鉄道展2018”で最後のお披露目が行なわれることになった.なんとか行かねばと思っていたら,小田急電鉄から“鉄道趣味出版社向けに撮影取材の場を設けますよ”と,ありがたいお誘いが.万難を排してうかがったのはいうまでもない.
B8A_2664
特別取材では“スーパーはこね”の幕を表示しての撮影となった.展望室にカーテンがないとか,細かいことをいえばきりはない.ここまでオリジナルの面影を残したまま38年間も優等列車に充当された電車は,ほとんど例がないだろう.海老名検車区 2018-10-19
DSCF2827
そして迎えた鉄道展初日.秋の日差しの中,多くの来訪者が,“さがみ”を表示したLSEに別れを惜しんでいたという.2018-10-20 写真:山賀一俊

この第4編成は,一部の中間車を抜いた状態で,建設中の“ロマンスカーミュージアム”で保存展示されることになっている.
DSCN1094
小田急海老名駅西口に隣接する,ロマンスカーミュージアム建設予定地.次にLSEと会うことができるのは,2021年春!
////隠す用
自社広報

T1811

【今月のオススメ記事】
東京都交通局で最初の地下鉄である浅草線.その時代の主役となるべく登場したのが
5500形です.“日本風”“東京風”を意識してデザインされたこの電車,9月から京成線や京急線への乗り入れ運転を開始しました.そこでこの機会に,その全容をお届けすることにしました.存分にお楽しみください.
 先月号のMODELERS FILEでその概要をご紹介した,東武鉄道の20400型ですが,まだ現車が落成していない,5扉車からの改造車について,今月号でいち早くご紹介することにしました.東武電車は,連載の7300・7800系でも登場します.
 模型作品では,京阪神間に存在した新線計画や,“こんな路線があったらいいのに”という妄想について,想定車輛たちの模型を,みんなで寄り集まって製作し,実現させてしまいました.発想の妙をお楽しみください.
 今月のイベントは,秋の恒例となった軽便鉄道模型祭のパート1と,全日本模型ホビーショーのレポートをお届けします.夏の国際鉄道模型コンベンションレポートも続編をお目に掛けます.
 その他イベントレポート,一般記事や好評の連載記事も満載です.

【目次】
MODELERS FILE--------------------------------------
    6 MODELERS FILE 東京都交通局 5500形電車
      まとめ・写真:前里 孝/取材協力・資料提供:東京都交通局
 18 MODELERS FILE 東武鉄道 20400型 <補遺>
       解説・写真・イラスト:山賀 一俊 協力:東武鉄道
----------------------------------------
 3・74 第14回 軽便鉄道模型祭
  4 Products Data file
    トミックス製 国鉄/JR EF71 1次形(16番)
 26 東武鉄道 7300・7800系
    ~“カステラ電車”たちの記録~ <Vol.6>
    ナナハチ最大勢力! 7820形(3)-東洋車グループ(後編)-
              写真:林 智春 文・作図:山賀 一俊
     検証協力:上田 康晴/小山 泰功/林 智春/久留 欣彦/矢田 和之
 46 第19回 国際鉄道模型コンベンション
    テーマは“北海道” Part2
                   取材:西原 功・平野 聰/
             撮影:松本 まさとし・前里 孝・脇 雅恵
 58 ゲージは狭くても,夢は拡がる
    プロト・サーティーンクラブ 40周年の作品集
               取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
 66 京阪神の未成線,妄想線 Part1
    本当にあったらスゴかった計画と車輛を,模型で実現!
                石原 大一郎・上野 尚之・大多和 圭・
                  小川 明人・小原 秀太・貫名 英一
        企画:乾 純/取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
 78 第14回 軽便鉄道模型祭 出展メーカーから
 80 第58回 全日本ホビーショーから
----------------------------------------
 34 エイジングストラクチャー
    情景職人が生み出す“時間・質感・生活感”
    第18回 高脚ジブクレーンと単線型給炭槽(その2)
    /製作・文:伊藤筆(匠ジオラマエ芸舎)
      撮影:伊藤 筆・山中 洋
 38 カバン線をつくろう /製作:安達 誠
    第7回 商店の製作(その1)
 42 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 44 Coffee Cup /前里 孝
    1978年春の八ツ山橋
 52 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第82回 UC5形有蓋コンテナの解説(18)
 56 線路は続くよいつまでも /信沢 あっし
    第99回 記憶の彼方の線路は幻ではなかった
    福島県喜多方市 三津谷登り窯【続編】
 86 新車登場
108 輝け!日本の運転会
110 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第88回:カツミ式完成線路(その2)
111 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第54回:小田急ロマンスカー
112 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大 運行計画 2018年11月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
140 いちぶんのいち情報室
144 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
145 Combo Caboose・掲載広告索引

2018年10月20日(土)発売  定価:本体1,435円+税

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

R108


レイル108号 最新刊のご案内です

■京都周辺の鉄道
今回最初のテーマは京都の鉄道です.
 最初は,京都在住のベテランファンである小寺康正さんが捉えた昭和30年代から40年代に掛けての梅小路周辺の情景です.蒸機ありディーゼル機あり,はたまた京都市電ありと,表情豊かな京都市内の情景が甦ります.
 二番目は,京都駅を中心とする東海道本線の遺構を訪ね歩くレポートです.福田静二さんと貝塚恒夫さんが,資料と照らし合わせながら丹念に現地を調査し,今なお残る貴重な遺構を観察,探求されました.東は大津市内から西は桂川付近まで,大正年間の逢坂山線路付け替え前後を含む,往時の貴重な写真もお目に掛けます.

■戦前の鷹取・吹田の機関車
三番目は昭和初期の,大阪と神戸の話題です.高見彰彦さんが入手された,鉄道省職員のものと思われる写真帖に収録されたプリントから話題が展開します.登場する機関車はC53やD50のみならず,第一次世界大戦の賠償の一部として入手したともいわれるディーゼル機関車DC10とDC11など多岐にわたります.
■日本鉄道荒川橋梁のポニーワーレントラス桁
レイル№107に掲載された,上越線を走るED16の写真に写り込んだ道路橋に目を奪われた西 和之さんがその出自を辿りました.いまなお東京都内で道路橋として現役の1連を含め,4連あった日本鉄道荒川橋梁の桁のうち3連について解明されています.

■ED4010の保存への経緯
鉄道省…国鉄を退いたED4010は東武時代に譲渡され,日光軌道線で使われました.そこから大宮工場に引き取られて保存機となるまでの経緯を,小野田滋さんが解説してくださいます.

■公式写真に見る国鉄客車
第11回目は,10系から遡って,スハ43系のうち3等車(現在の普通車)グループ5形式を採り上げています.

2018年10月20日(土)発売 定価:本体3,600円+税

eshumi-kounyu
////隠す用
自社広報

このブログでは2015年に紹介したきりだったようだが(でも,なんだか他にも書いたようなきもするのだけれど……),日立グループが毎年開催している,Hitachi Social Innovation Forum(日立 ソーシャル イノベーション フォーラム) 2018を見学してきた.
 昨年は,日立ハイテクファインシステムズが製造する線路設備モニタリング装置が展示されていて,今年9月号のMODELERS FILE 線路設備モニタリング装置搭載車たち”に結びついた.
 では通算20回目となる今年は?…と期待をこめ,会場である東京国際フォーラムへ出向いた,僕だった.
DSCN1063
会場中央のステージで展開されていた,全体説明のプレゼンテーション.

会場内は8つのカテゴリーが設けられ,さまざまな分野での日立の技術が披露されている.それらの中で,僕の興味の中心は,なんといってもURBANと名付けられた分野.まちを支える水環境や鳥獣被害対策から,マンションやオフィスビルにおける最適空間実現のための技術まで含まれるのだが,鉄道関係は鉄道車輛内装検証用VR,車載カメラシステム,列車運転支援タブレット,車輛外観検査技術などが展示されていた.
DSCN1072
URBANカテゴリーのエリア,ほぼ全体.中央奥で強いスポットライトをあびているのは……
DSCN1066
どこかで見たことがあるようなないようなデザインの運転室.この中で展開されているのは…….
DSCN1070
まず,車載カメラシステム.近年,防犯目的のカメラが客室に設けられる例が急増している.しかしこのシステムはそれに止まらず,車外の様子も撮影できるカメラを車体外部に装着し,ワンマン運転の列車でホームの安全確認も,より確実に行なうことができる.
DSCN1080
車体外板に取り付けられたカメラ.最新型の路面電車では既に実用化されているが,いわゆる本線用車輛にも展開される樋は,存外近いかもしれない.

そしてこの車載カメラシステムは,さらなる展開として,屋根や床下に取り付けて地上設備のモニタリングにも利用できるのだという.うん?そうすつろ,9月号での線路設備モニタリング装置にとってかわることもできるのか? いや,あれはレールの状態を“測定”もしているのだから,ちょっと違うのかも…….

もうひとつが,鉄道車輛内装検証用VR.
 同じようなシステムは,2015年3月号のCoffee Cupで記した“総合車両製作所の最新コンセプトモックアップ”の記事中にもキヤノンが開発したシステムが登場する.しかし今回は車輛メーカー自身によるシステムであるというのが大きな違い.
DSCN1077
車輛内装のカラーリングデザインのバリエーションをVR(バーチャルリアリティ)でモニターに表示するのがこのシステム.顧客(鉄道事業者)へのプレゼンテーションで大いに活躍することだろう.画面中央で浮遊する白い円筒形の物体はスプレー缶で,オペレーターが別の案に切り替える際,ノズルから切りが噴射されて色が変わるという,オアソビ(?)の度道具である.
DSCN1071
これは壁面に展示された,車体外観検査システム.これまで人の目が頼りだった車体外観状態のチェックを,三次元(3D)センサーに委ねようというシステム.とりわけ屋根上や床下など,目の行き届きづらい場所での活躍が期待されている.

派手な,実物車体モックアップの展示などはなかったけれど,日立製作所とそのグループの守備範囲の広さを実感するのには好適な催しであった.

なおこのフォーラムはきょう18日と明日19日の二日間の開催.入場は無料で,特段の資格は問われない.19日の昼まで事前登録(無料)を受け付けている.なお,訪問される方は,あくまでも純粋な技術展示であり,趣味的なことがらは全く含まれていないことを認識の上で,お楽しみいただきたいと思う.

※ここに掲載した写真は,報道関係の資格で入場し,撮影したものです.

↑このページのトップヘ