モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

昨日,ようやく,久し振りに山手線の外側へ出掛けることができた(西武線だって外側だろうといわれるだろうが,それはそれ.“日常的には出掛けないエリア”という意味である).
 出掛けた先は,最初が渋谷,続いて京王堀之内だった.
 井の頭線から京王線への乗り換えで橋本行きの準特急を待っていたら,新宿方から近づいてくる電車のヘッドライトの色が普通じゃない.“これは!”と思ってカメラのレンズを望遠にして覗いてみたら,“新5000系!”であった.
 この電車,ちょうど1年前,2017年9月号(通巻513号)のMODELERS FILEで採りあげた.
 屋根上と側面写真を撮るために出掛けたら大雨に遭遇して一時はどうなることかと思った.一方,昨年7月27日付けのここでお伝えした若葉台車両基地での報道公開は快晴下で,真新しいステンレス鋼車体に梅雨の合間の強い太陽が反射して,写り込みの処理に苦労するという,両極端な取材だった.でも,それもこれも,もうみんな,今はもう,よき思い出である.
DSCN0429
オリジナルデザインのLEDヘッドライトを輝かせながらやってきたのは橋本行きの快速.第4編成だった.明大前

途中で準特急に抜かれることは判っていたものの,思わず乗り込んだ新5000系は適度に空いていて,車内徘徊にはうってつけだった.
 徘徊とはいっても,客室も運転室も,見ためのことは報道公開の時に観察してはいるわけで,なにか特段の変化を見つけるのが目的ではない.
 ロング・クロス変換シートのロングシート状態では,普通のお客さんはどのような座り方をするのか.戸袋や幕板などに広告が入った状態での客室の雰囲気はどうなのか.
DSCN0435
“適度に空いて”とはいうものの,客室全体の撮影は難しい.写真は下高井戸停車中に撮影した優先席付近の様子.2枚並んだ液晶画面のうちの1面は,広告だけではなくNHKのニュースも放映していた.

客室の静かさや乗り心地,加減速の具合などは未体験である.だから,座り心地と乗り心地を,何ヵ所か移動しながら確かめ…ているうちに八幡山到着.準特急待避中に運転室の模様も観察し,発車後はスピードメーターの上がり具合を楽しむことにした.
DSCN0450
千歳烏山の手前で9000系とすれ違った.その先にはこちらへ向かってくる8000系の姿がある.僕が乗っている列車の前にも8000系が1本! 興奮のあまりちょっと手振れしてしまったではないか.

列車間隔を切り詰めた運転は,関東では京急が有名だけれど,京王線も負けず劣らず過密であることを再認識してしまった.
 相模原線に入ってからは駅間距離が長くなるから,最高速度も高くなる.京王線内でも時速104キロまでは記録したけれど,京王永山と多摩センターの間では,107キロに達した!
DSCN0465
107キロに達した瞬間.またもや手振れしてしまった.速度計の周りの緑色の三角形で停止までのパターンを示す.実際,すぐにノッチオフで多摩センターへの停車体制に入った.左の線路は小田急多摩線.ここで小田急電車と併走すれば,なにもいうことはないのだが.世の中そうはうまく行くわけがない.

ちなみに現在の京王電鉄線に地上信号機は存在しない.他社に先駆けて2013年には全面的なATC化を完成して,信号機は車上信号に切り替えられているのだ.
 在来車ではアナログメーターの外周に速度パターンを表示し,下方に赤と青を現示する.新5000系ではこれが一段進んで,すべてが液晶画面に表示されるのだ.
 ちなみに制限速度は,京王線の新宿と調布の間が時速105キロ,調布と京王八王子,そして相模原線が時速110キロとされている.
DSCN0468
多摩センターで降りる人が多く,ようやく客室を見通すことができた.広告ポスター類が入っても落ち着いた雰囲気を保っているのが判るだろう.

そうして到着した京王堀之内.約束の時刻までには少し余裕があったので,駅のホームでトレインスポッティング.
DSCN0482
最初に姿を見せたのは東京都交通局の10-530編成.3年前に落成した5次車である.厳密にはこれより新しい6次車があるが,外観的には最新モードといってよいだろう.
DSCN0485
続いてやってきたのが8707編成による準特急新宿行き.2016年に中間運転台を撤去して完全10輛固定化した編成である.編成途中で色の異なる箇所が,新たに設けられた客室部分である.

というところで時間切れ.次はいつ,出掛けることができるだろうか…….と思いつつ,記録を整理していたら,なんと! インターネット上での情報によれば,今月号のMODELERS FILEで採り上げた,線路設備モニタリング装置が8707編成の中間付随車に設備されているというのだ.ならばそのつもりで見るのだった.と,いうことで,京王線沿線に通う“口実”ができたことである.
 モニタリング装置ではないというご指摘もいただいた.いずれにしても確かめなくちゃではある(2018.08.31追記).


////隠す用
自社広報

相変わらず山手線の外側へ出られないでいる,この8月の僕である.きのうは午前中に田端へ出掛けて用事を済ませてから昼前に高輪方面へ移動し,午後には五反田へ抜けて事務所へ戻るという行程だった.
 田端では,ようやくTOKYO 2020のラッピングが施されたE235系に出会うことができて,ご機嫌よく電車に乗ったところが,日暮里でなにやら見慣れない車輛に追い抜かれた.どうみてもレール輸送車キヤE195である.
 そこで,少し時間に余裕があったのをいいことに,日暮里の跨線橋でしばらく待ってみることにした.
 このキヤE195,JR東海のキヤ97をベースにして一部をJR東日本独自仕様を採り入れた車輛である.構想が発表された昨年9月7日のここで紹介している.
DSCN0382
田端で出会うことができたTOKYO 2020のラッピング.第3編成である.
DSCN0381
ちょうど並んだ内回り電車は第21編成.いまのところE235系の最新車ではないだろうか.7月下旬から営業運転に就いているから,もうそろそろ第22編成が就役しそうだが.
DSCN0390
日暮里でホームに降りたったら,またもやTOKYO 2020のラッピング編成がやってきた.こちらは第7編成だった.

それで追い抜かれたのに待ってどうするの? と思ったあなたは正しい.けれど,僕がたてたのは,きっと上野で折り返してくるだろうという予測.
 そうしたらどんぴしゃり,キヤE195系が戻ってきた.ただし,他の列車に重なるのを恐れて正面勝ちの場所で待っていたものだから,撮れたのはほぼ正面だけになってしまった.でもまぁ,“見た!”ということだけで嬉しくなってしまうのは,汽車好きの性というものだろう.
DSCN0393
上野で折り返してやってきたキヤE195.JR東海のキヤ95は報道公開に出向いてじっくり撮影し,2009年2月号(通巻410号)のMODELERS FILEにも採りあげたのだが,こちらはまだみることすらできないでいたのである.

遭遇したのは中間車1輛を挟んだ3輛編成.だから,一瞬は定尺レール用と思った.けれど,前後にレールの積み降ろし用スロープを備えているから,中間車を外したロングレール仕様である.
 どこから現われてどこへ行ったのかも,解らない.多分,尾久からやってきて東京圏各線の試運転に向かったのだろうと思う.
 まさに珍客到来であった.
DSCN0395
かろうじて捉えた後ろ姿.こういうとっさの時にオートフォーカスが追いつかないのは,コンパクトカメラの宿命である.といって,一眼レフを“お目当て”もないのに毎日持ち歩くわけにもいかないし.

次に遭遇したときには,もっと綺麗に記録しようと誓う,僕であった.
////隠す用
自社広報

1809

【今月のおすすめ記事】
MODELERS FILEを三題お届けします.最初は,JR北海道がこの春から本格的な運用を開始した最新の高速軌道検測車マヤ35です.特別に断面図や各部分の寸法図などの提供を受けての紹介です.
 続いて,JR東日本で急速に装備がすすめられている,“線路設備モニタリング装置”です.営業用車輛の床下に,軌道の変位測定装置や,軌道材料をモニタリングする装置を搭載して,線路設備のきめ細かな観察を行なうシステムのことです.いまのところ既存車輛への改造が主体となっており,形式によってさまざまなバリエーションが存在します.LED光とレーザー光で地面を照らしながら走る姿も,極めて興味深いものがあります.現時点での装備車のほぼすべてを写真で網羅し,観測装置の取り付け位置などが特徴的な12種類については図面も掲載しました.
 三番目は,先月号でご好評をいただいたJR西日本奈良線に残る103系の形態観察,完結編です.引き続いてスタイルと経歴のバラエティーをお楽しみください.
 模型作品では,かつて東北新幹線を走っていた,200系200番代H編成が注目です.100系に似た独特のスタイルと,形態的に特徴多い2階建車をプラ板で全自作したものです.
特徴の多い形態といえば,表紙でもご紹介している叡電の“きらら”の作品も見逃 せません.どのようなアイデアと技法で模型化したのか,Nゲージの“ひえい”とともに存分に味わっていただきます.
 関西私鉄は阪急と阪神の揃い踏みです.
 その他イベントレポート,一般記事や好評の連載記事も満載です.

【目次】
MODELERS FILE--------------------------------------
  3 グラフ 最新世代の線路検測・モニタリング車輛たち
  6 MODELERS FILE 北海道旅客鉄道
     マヤ35形客車
     最新の高速軌道検測車
           まとめ:前里 孝 写真:桜井 陽輔/奥野 満希子
                    取材協力・資料提供:JR北海道
 14 MODELERS FILE 東日本旅客鉄道
     線路設備モニタリング装置搭載車たち
     営業運転中に線路設備の状態を確認     まとめ:前里 孝
       写真協力:小野 英晴/齋藤 知之/土屋 隆司 作図:松井 一彦
                         資料提供:JR東日本
          取材協力:JR東日本/日立ハイテクフアインシステムズ
 26 103系0番代最期の牙城
     JR西日本・奈良線4連車の現状(後編)
                 写真:北野 勝也/鈴木 年也/山賀 一俊
              解説:山賀 一俊 調査・資料提供:北野 勝也
----------------------------------------
  4 Products Data file トラムウェイ製 国鉄EF58形(16番)
 38 200系新幹線H編成を作る
     ~オールプラ板でスクラッチ~           小川 明人
 44 キタグチのダイヤモンドクロス
     いよいよ駅が姿を現した昭和阪急神戸線の経過報告  井上 雄次
 50 ダイヤモンドクロスで会いましょう
     マルーン同好会の阪急電車作品集第4回
        井上 雄次・今西 剛・岡良 太郎・家治川 良次・立川 晃三・
               直山 明徳・楠藤 正伯・藤田 雅之・松島 俊之
 58 古きよき時代の阪神電車とその末裔
     阪神小型車とその譲渡先の車輌たちPart3
                 製作:大沼 光一・織田 弘樹・高橋 脩
                 取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
 63 楕円の神秘,叡電“ひえい"732号
     3月登場の新車を, 5月に完成させたスピードエ作! 広沢 淳
 82 旧新橋停車場 鉄道歴史展示室 第47回企画展
     没後20年 工業デザイナー黒岩保美
                    前里 孝(Coffee Cup Special)
----------------------------------------
 64 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
   第80回 UC5形有蓋コンテナの解説(16)
 68 線路は続くよいつまでも /信沢 あっし
   第97回 富岡製糸の煉瓦を焼いた笹森トンネル窯
   群馬県甘楽郡笹森“ギャラリー瓦窯”
 70 カバン線をつくろう /製作:安達 誠
   第6回 簡単なストラクチャーを自作する
 74 エイジングストラクチャー
   情景職人が生み出す“時間・質感・生活感”
   第17回 高脚ジブクレーンと単線型給炭槽(その1)
    /製作・文:伊藤筆(匠ジオラマエ芸舎)
    撮影:伊藤 筆・山中 洋
 78 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 80 モデリング・リサーチ・センター/検証:P.S
   第69回 ペンツールシリーズ
 84 新車登場
107 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名英一
   第86回:サクラメント・ノーザン(その3)
108 輝け!日本の運転会
110 “林”発掘再生工場Season3 /林 信之
   第13回:BプラスA? 初心者用タンク機関車です
112 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
   第52回:九州の旅(その2)
113 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大運行計画 2018年9月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
140 いちぶんのいち情報室
144 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
145 Combo Caboose・掲載広告索引

2018年8月21日(火)発売  定価:本体1,435円+税
eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

2週間ぶりに…8月に入ってから初めて…山手線の東側へ出かけることができた.所用を済ませてJR東日本の御茶ノ水駅へ戻ったところで,この駅の改良工事がどのぐらい進んだのか,ちょっと観察してみた.
 この界隈のことは,これまでも折りに触れてご紹介しているけれど,駅そのものについては,2016年6月30日のここが,もっとも新しいようである.
 最初は駅の東側に架かる聖橋の上から観察.2年前には聖橋そのものの,“聖橋長寿命化工事”という補強工事も実施中で,高い壁にはばまれて駅を自由に見下ろすことができなくなっていたが,それは終了しており,真新しい欄干から,神田川と御茶ノ水駅を眺めることができた.
DSCN0216
ホームのほぼ中央には大きな構造物が出来あがっていた.これを人工地盤として,新しい駅舎が構築されるわけである.

ひとしきり周囲の様子を観察してから西側へ回り,今度は御茶ノ水橋から東を望む.
 仮設桟橋の上の工事現場事務所は増築され,人工地盤との間には橋が架けられた.
 その人工地盤の上には鉄骨が組まれはじめていて,間もなく新しい駅舎のシルエットが姿を見せるだろうことを感じさせてくれる.
“石積みだった法面には,いかにも頑丈なコンクリート枠で覆われた.この周辺は風致地区に指定されているので,完成時には景観に配慮した仕上げが施されることになっているようだが,どのようになるのだろうか.”と記したその法面には草が植えられて,コンクリート枠はその影に隠されていた.
DSCN0217
お茶の水橋上から見た駅全体.手前の法面は草で覆われていて自然な景観を取り戻した.遥か向こうには美しくなった聖橋が垣間見える.

そして,お茶の水橋の西側から水道橋方面はどうなったか…….
 こちらの風景は2014年1月2日のここでお目に掛けた.神田明神へ初詣の通りすがりである.
DSCN0226
3年半前には既に擁壁の工事はほぼ終わっていて,工事事務所への通路が“残る”だけだったのだけれど,今もその風景は,ほとんど変わっていなかった.向こうの土手には草が植えられて緑を取り戻していたけれど.折りしも向こうの線路を行くのは,まもなくE353系に置き替えられることが決まっているE257系.

この頃には,日射しが残るのは遠く水道橋近くのカーブの向こうだけになっていた.やっぱり東京は,日が傾くのが早い.
 夕方のラッシュ時間帯に突入して,電車の間隔が短くなってきた.複々線の全部の線路に電車が並ぶ風景を見ることができないだろうかと,さらに少し待ってみることにしたところ,3編成並びは,すぐに見ることができた.
DSCN0236
緩行線2編成と快速電車1本の,3編成並び.あと1本,なのだけれど,これが難しい.カメラを持っていない時に限って,というのは写真撮影に際しての“お約束”である.

タイミングを待っているうちにやってきた緩行線のE231系500番代A540編成.7号車(千葉方から7輛目)のサハE231-540は床下に線路設備モニタリング装置を搭載した編成である.
 この初夏から7月末までの間,追い求めていた編成のひとつなのだけれど,狙っていない時にはなかなか姿を見せず,締切が過ぎたら,こうやってひょこっと現われる.これも“お約束”といえるだろう.その成果は,8月21日発売のとれいん9月号でたっぷりとお楽しみいただきたいと思う.
DSCN0234
信号機の柱の右が軌道材料モニタリング装置.左は機器箱.台車の前後に軌道変位モニタリング装置(慣性正矢軌道変位測定装置)がある.非常用ドアコックの下あたりに見える白い円筒形の部品が地点検出装置の車上子(JR東日本ではデータデポと呼んでいる)である.

この装置の趣味的な魅力は,装置箱の形態や取り付け方法だけではなく,赤や白の光を放ちながら走るところにある.この角度からは見ることはできないが,誌面には何枚も掲載しているので,ご期待いただきたい.
DSCN0242
そろそろ引き上げようかと思っていたところに登場したのが,快速線のE233系T39編成.前照燈を森尾電機製LEDに取り替えた編成である.京浜東北線ではほぼ交換を終えたが,中央快速線やその他の線区ではまだそれほど普及していない.

ということで,車輛も風景も楽しむことができる,御茶ノ水なのであった.工事は,2016年の記事では“この改良工事,バリアフリー化は平成30年度までに終了.人工地盤など駅舎改良は平成32年度までに完成の予定と公表されていたが,現地での表示では1年遅れの平成33年度となっている.”と記している.中央快速12輛編成化実施のずれ込みなども関連して,実際にはどうなるだろう.
 その経過は,これからも楽しみながら見守ってゆきたいと思っている.

※2018.08.19:リンク追加

////隠す用
自社広報

先週のここでお話しした,JR東日本E235系量産先行編成の変身.その編成を待ち構えている間も,目の前にはいろんな電車が現われては通り過ぎてゆく.その中で,視界の端っこを通り過ぎていったE235の編成に,少しの違和感を覚えた.これまで,少なくとも一般向けにはラッピング広告が開放されていないはずなのに,ラッピングが…….
 思い起こしてみれば,7月23日にJR東日本から発表されたリリースに,“JR東日本における東京2020 開催2年前気運醸成の取組みについて”というのがあって,その中にE235系へのラッピング実施が含まれていたのだった.
 “それに違いない”と思いはしたものの,なにしろ山手線を一周して戻ってくるには1時間を要する.それが目的ならば逆方向の電車に乗って待ち構えることもできる…実際,量産先行編成に対してはそれを実行した…わけだが,この日はそうではなかった. いずれそのうち,と課題リストに入れることにして,本来の目的である量産先行編成を待ち続けたのだった.

それでも,ジリジリと照り続ける日射しと暑さから気分をそらす必要がある.その格好の題材が,西武池袋駅の真上に建設中の巨大ビルである.
A8A_9879
東武デパートのデッキから見た“(仮称)西武鉄道池袋ビル(池袋旧本社ビル建替え計画)”の威容.
西武鉄道からの発表によれば,この建物は,地上20階地下2階,鉄骨造り(一部鉄筋コンクリート及び鉄骨鉄筋コンクリート),敷地面積は約5,530平方メートル,延べ床面積は約49,661平方メートルだという.完成予定は2019年春.西武鉄道の本社も,約30年ぶりだろうか,所沢からこのビルに…と思ったら,移転するのは西武ホールディングスであって,鉄道は所沢に残るのだそうである.しかもホールディングスも,このビルではなくて,旧西武鉄道本社ビルの敷地に建設されつつあるビルへの移転だそうだ.
 しかしそれにしても,いにしえの木造社屋から比べれば雲泥の差.お持ちの方は,ぜひともレイルNo.92の34頁から35頁にかけて掲載されている写真をご覧いただきたい.いや,決して貧相であるわけではなく,それなりに立派な規模ではあるのだが.

さてこの日のお出かけの本来の目的は,E235系量産先行編成の追い掛けではなく,新橋駅近くにある旧新橋停車場鉄道歴史展示室だった.我らの黒岩さんの没後20周年を記念する企画展を取材する,ということである.担当学芸員さんの熱意が会場全てに満ち満ちているこの企画展,ぜひともご訪問いただきたいと思う.取材の結果は今月発売の“とれいん”9月号をお楽しみに!

話を本筋に戻そう.この日の帰宅後,自宅でメールを順に読んでいたら,西武鉄道からのニュースリリースが届いていて,このビルの名称が“ダイヤゲート池袋”に決まったという.
外観②(2018年7月撮影)
リリースに含まれていた写真.どうやって撮影したのだろう.ヘリコプターか,今はやりのドローンか….写真:西武鉄道

ビルの名前の“ダイヤ”とは,ダイヤモンドではなく,列車のダイヤグラムのことだという,四周にめぐらされたメッシュは,列車ダイヤを表現し,“ゲート”は列車を跨いでいることと,お客様を池袋へ迎え入れるゲートというふたつの意味をこめているのだろいう.

さらに翌日,事務所のメンバーにこの日の成果を報告がてら,ラッピングや西武のビルなど四方山話をしていたら,脇が“それ,私,撮ってますから”と.いうではないか.さっそくこのブログへの借用を予約した.
DSC_6791
これがそのラッピング.E235系へのラッピングは,記憶に間違いがなければ,昨年秋のJR東日本自身によるマナーキャンペーンが最初で,これが2度目のはず.今回は2編成に施されていて,公式マークと,マスコットの“オリ”が登場する.池袋 写真:脇 雅恵

このラッピング,発表によれば,第1期として2編成に施されたという.期日は7月23日から8月9日(今日だ!)まで.調べてみたところ第3編成と第7編成だった.
 これで終わりではなく,8月10日から25日まで第2期が展開される.今度はマスコットが[ふたつ]に増えて“オリ”と“パラ”が登場する.そして第3期もあって,8月24日から9月6日まで,今度は“パラ”をあしらった編成が走る予定だという.いずれも2編成ずつに施されることになっている.
 E235系が一般企業のラッピングを受け入れるのは,いつごろになるだろうか.情報のアンテナを張っておこうと思う.

そして後日談その1.
今週の月曜日に,JR東日本東京支社から“板橋駅板橋口一体開発事業”で建設するビルの完成イメージが発表された.共同施工会社が野村不動産に決まったというのがその趣旨なのだが,時を同じくして,隣接する駅に巨大ビルが建設されることが明らかになったわけである.こちらは地上35 階地下3 階だというから,池袋よりも背が高い.
 板橋駅といえば東武鉄道上白石駅からのセメント列車が発着していた印象が強い.古くは大宮機関区のD51が姿を見せていたし(僕は実見したことがないが),そしてそれが東京23区内で最後に残った,旅客駅での貨物扱いだったということでも歴史と印象に残っている.
板橋パース
地上35階建の新ビル完成予想イメージ図.東口の駅ビルとともに,板橋の新しいイメージ造りに大きく貢献することだろう.写真:JR東日本

後日談その2.
脇が“ラッピングといえば,こんなのもありますけれど…と見せてくれたのが,下の写真.判る人には解るキャラクター.貼られているのはE231系の545編成である.
DSC_6949
ホームドア越しでの撮影には苦労が伴う.そんな中で,よくぞ捉まえたものである.とにかくE235系の増殖スピードは早いから,E231系の記録も急務である.池袋 写真:脇 雅恵

↑このページのトップヘ