モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

8月29日付のここでお知らせした,鉄道総研の燃料電池ハイブリッド電車R291系.リニューアルを果して性能がアップし,試験は新しい段階へと進むことになったわけだが,走行可能状態への整備が完了したということで,今日の午後に報道公開が催された.

車内はデータ採取中とのことで各部分のクローズアップなどの撮影は叶わなかったけれど,むしろ臨場感溢れる情景を記録することができた.
C8A_0063
クモヤE291の車内.さまざまな計測機器が積み込まれているものの,普通のロングシートが設置されているのが,最大の変化である.

まずは試乗して電気の流れを大画面のモニターで観察する.
DSCN8677
停止状態.左がリチウムイオン電池,右が燃料電池で,矢印で電気の流れを示す.バッテリーは放電と充電の双方向,燃料電池は放電のみである.
DSCN8679
力行中.燃料電池の針はそれほどでもないが,リチウムイオン電池の針は右(放電)方向に振り切れている.
DSCN8686
惰行状態.リチウム電池は主電動機からの回生電力によってフルに充電中.


そして走行風景撮影!スチール写真では,パンタグラフを降ろしたまま走っているということを表現しづらい.流し撮りが唯一の表現方法だといえるだろう.
C8A_0100
手前がクモヤR291,奥がクヤR291.先頭部は見事に(?)写し止めることができたのだけれど,パンタグラフは流れてしまった…….真横で撮るしかないのだろうか.

本来のプログラム終了後,特段のお計らいによって静止状態での撮影タイムを設けていただいた.
C8A_0141
クヤR291が先頭,奥がクモヤR291である.パンタグラフを上げていただこうかとも思ったのだけれど,パンタグラフを上げなくても走ることができる電車ということで,畳んだ状態での撮影となった.
DSCN8712
クヤR291に取り付けられた燃料電池ユニット.
DSCN8726
JR東日本新津車両製作所製のREDT902.オリジナルでは同製作所特有の濃い灰色だったが,リニューアルで塗色が他の床下機器と同じ明るい灰色に変更されている.側扉下部から車輪にのびるパイプは撒水管.さまざまな線路条件を作り出すのが目的である.

燃料電池チョッパ裝置はRG4095A-M.電力変換装置はRG6046A-Mで,いずれも,前回も記した通り,東洋電機製造製である.

さて,パワーアップを果たしたこのR291系電車.具体的な性能はどうなのかといえば,架線からの集電を行なわず,燃料電池からの電力だけで走ることができるのは約80kmだそうである.これは,1kgの水素で4km走ることが可能であり,この電車の水素タンク容量が20kgであることからの数字である.
 今後の課題として挙げられたのは,まず,水素を製造所から車輛基地までの輸送コストの問題だった.水素そのものは高価でないだけに,より重大な課題ということになろう.
 氷点下での起動時に難点があるとされる燃料電池だが,これは起動前に加温するなどの方策を採ることで解決することができるそうだ.

燃料電池ハイブリッド車は現在,JR東日本で研究開発が続けられており,また,自動車ではトヨタ自動車ホンダ,フランスのルノーで一部市販されている.これらうち,JR東日本トヨタ自動車とは情報交換を行なっているそうである.

今後さらに研究開発が進み,新しい動力源として実用化される日が一日でも早く到来するのを,期待しているところである.
////隠す用
自社広報

1911

【今月のオススメ記事】
今では数少なくなった,485系交直流電車によるジョイフルトレイン“きらきらうえつ”が定期運用を退きました.越後から庄内にかけて展開する日本海の情景を多くの人たちに楽しませてきたこの電車の,最新の姿を細部に至るまで観察するとともに,落成した直後の様子も,MODELERS FILEで振り返ってみました.
 先月号でご好評いただいた小田急電鉄2600形のMODELERS FILEに続き,今月号では補遺として各部のディテールを仔細に亘ってお届けします.
 また,京王帝都電鉄の緑色の旧型車,今回は井の頭線で活躍した湘南顔の1900形です.こちらも貴重な写真や資料を満載しています.
 模型作品は,鉄道会社公認の模型クラブ部員が製作した小田急1000形に注目です.貫名英一さん“B級コレクター道”は100回目となりましたので,拡大版でお届けします.
 イベントレポートは国際鉄道コンベンションの第二部と全日本模型ホビーショー,そして軽便鉄道模型祭の出典メーカー編です.
 一般記事や好評の連載記事も充実満載です.


【目次】
MODELERS FILE----------------------------
  6 MODELERS FILE 東日本旅客鉄道
    きらきらうえつ
    ついに引退の485系ジョイフルトレイン
             まとめ:前里 孝 写真:前里 孝/平野 聰
                    取材協力・資料提供:JR東日本
 20 MODELERS FILE 小田急電鉄 2600形 【補遺/ディテール編】
     写真:箕川公文/大塚嘉隆/小川好博 構成/作図:山賀 一俊
             実物調査記録:箕川 公文 資料提供:小田急電鉄
注目記事---------------------------------
3・42 鉄道会社公認の模型クラブ部員による 熱烈作品リレー
    第1回 グリーンマックス製・
    小田急1000形を愛情目線でディテールアップ!
    製作/文/製作過程写真:前田 雄太 スタジオ撮影:松本 まさとし
----------------------------------------
  4 Products Data file
    トミックス製 JR西日本“TWILIGHT EXPRESS 瑞風”(N)
 28 京王帝都電鉄 グリーン車を偲ぶ
    <第5話>井の頭線湘南フェイスの先駆けデハ1900形
                  解説/写真/資料所蔵:鈴木 洋
         写真協力:石井 秀典/荒川 好夫(RGG)/森嶋 孝司(RGG)
 34 E.NUKINAのB級コレクター道
    第100回:昭和堂模型店             貫名 英一
 38 第15回 軽便鉄道模型祭 出展メーカーから
 54 第20回 国際鉄道模型コンベンション Part2
 68 第59回 全日本模型ホビーショーから
----------------------------------------
 40 線路は続くよいつまでも 第111回 /信沢 あつし
    煎餅の種類も多いがレールも3種類!!
    手焼きせんべい 雷神堂 秩父店
 46 カバン線をつくろう /安達 誠
    第10回 プラスター作業と地面の着色,下草撒き
 50 エイジングストラクチャー
    第22回(最終回) 西舞鶴タイプ機関区(その2)
    /製作・文:伊藤 肇(匠ジオラマエ芸舎) 撮影:伊藤 肇・山中 洋
 60 Coffee Cup /前里 孝
    初めての新潟 そして…
 62 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S
    第82回 最近の棒ヤスリ
 64 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション /山中 洋
    第6回 デカール用品
 66 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:濱川 真由美
-----------------------------------------
 72 新車登場
 93 子連れ鉄日記 /写真・文:山本晃司
    第66回:輝く鉄路
 94 輝け!日本の運転会
 96 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大 運行計画 2019年11月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引

2019年10月21日(月)発売
定価:本体1,450円+税
(通常定価が改訂となりました)


eshumi-kounyu
amazon


////隠す用
自社広報

R112

レイル112号 最新刊のご案内です
◆国鉄交直流特急電車の顔
今回のレイルでは,歴代の国鉄特急電車から,交直流車の“顔”にスポットライトを当ててみました.
 481系に始まる国鉄交直流特急電車は,151系電車由来の高運転台ボンネットスタイルを受け継いで,日本全国を駆け巡りました.昭和42/1967年には,前面を貫通可能にした新しいスタイルが寝台特急電車581系で登場しています.481(485)系もモデルチェンジで貫通スタイルに移行し,さらに非貫通化されるに至った流れを,全国各地で記録された美しい写真と形式図で通覧します.581・583系についてはディテールの細部を丹念に詳細に観察します.そして,いまや伝説ともいえるボンネットタイプ車の詳細図面も,多数掲載しました.
 寝台電車581・583系は既になく,50Hz・60Hz共用の485系へと発展した昼行タイプも,原形を保つ車輛はことごとく引退してしまいました.そんな今だからこそのテーマだといえましょう.

◆鉄道省城東線の駅名標と高架化
高見彰彦さんの駅名標研究は,新たに発見された戦前の寺田町駅名標を軸に,城東線高架化の経緯を探ります.

◆国重要文化財 ホジ6014
JR東海の“リニア・鉄道館”で保存されている蒸気動車が,2019年に国重要文化財の指定を受けました.昨年のED16・ED40に続いて,小野田滋さんがその意義を解説してくださいました.

◆戦時下の名古屋市電
前回からスタートした荒井友光さんの作品集,第2回目の今回は戦時下の名古屋市電がテーマです.戦災によって壊滅してしまう名古屋市街地の情景を含め,貴重な写真の数々をお目にかけることができました.

2019年10月21日(月)発売 定価:本体3,600円+税


eshumi-kounyu



////隠す用
自社広報

ずいぶんと長いタイトルになってしまったが,7月に発売のレイルNo.111は,全篇が20系寝台客車だったNo.110から一転して,さまざまな話題の寄り合い構成となった.このように変幻自在な組み立てができるのも,レイルのとりえのひとつだと思っているわけだが.

最初は荒井友光さんが撮影された昭和30年前後の国鉄名古屋駅と名古屋機関区,そして稲沢機関区の情景である.
 荒井さんといえば,古くからのモデラーにはお馴染みの名古屋模型鉄道クラブ(NMRC)の創立メンバーの一人であり,長らく会長を務められたということで,お馴染みの名前だろう.模型製作に勤しむ傍ら,実物の写真も熱心に撮影しておられたということは,これまで,あまり知られていなかった.平成20/2008年に亡くなられたのち.そのネガは名古屋レール・アーカイブスのメンバーによって整理,デジタルデータ化されていたのが,今回,同会とご遺族のご厚意でレイルへの掲載が叶ったものである.
arai350544
上り“はと”の機関車付け替え風景.関ヶ原を越えて到着した宮原機関区のC62 29から,東京機関区のEF58 64にバトンタッチする.傍らにはEF56が姿を見せている.機関車,とりわけ蒸気機関車にとって,この時代の名古屋駅はもっとも華やかだった一時期といえるだろう.昭和29/1954年2月 写真:荒井友光

荒井さんの写真の本領が,地元に密着した名古屋市電や名古屋鉄道にあることは百も承知の上で,あえて初回に名古屋駅とその周辺の情景を採りあげたのは,読者にとって広く興味と関心を持っていただけるは,やはり“国鉄”であろうという思惑からだった.
 次回(もうまもなく発売だ!)は,名古屋市電,それも昭和19/1944年撮影の記録も含まれる“戦時下の名古屋市電”と題して,新造直後の連節車2600形や灰燼に帰する直前の名古屋市街地風景を存分にお目に掛けることになっている.その次には名古屋鉄道の個性溢れる車輛たちが待ち構えている.引き続いて楽しみにお待ちいただきたいと思う.
arai350771
“青大将”になってからの特急“つばめ”編成.二重屋根の展望車と軽量構造のナロ10という,客観的にはアンバランスな取り合わせの編成だった.荒井さんは新旧の客車にも広い関心をお持ちで,木造車から新型車まで,多くの写真を撮影しておられる.それらも,しかるべき解説を加えた上で,順次お目に掛けたいと考えているところである.昭和32/1957年11月9日 写真:荒井友光

二番目は“国鉄線を走った小田急ロマンスカーLSE”.国鉄線を走った小田急といって,SE車による高速度試験…というのは,さすがに遠い歴史の世界である.一方で昭和57/1982年の初冬に実施されたLSEこと7000形の走行試験は“ついおとといのこと”と思っていたのだけれど,気がついてみれば37年もの時間が流れていたのだった.今回,いつも“蒸機の時代”に美しい写真を寄せてくださっている相澤靖浩さんから“実はあの試運転に添乗していたんです”というお話が寄せられて,自分のネガを引っ張り出してみたら,なんと,どんぴしゃりで相澤さんが乗車してられた列車を写していたことが,判明したのだった.そこで,37年目にして沿線と車中の両方からの試験風景レポートが実現した次第.当日配布の貴重な記録もあわせて堪能していただきたい.
0511-21A
根府川の鉄橋を渡る小田急7000形LSE.その先頭車展望席に,相澤さんが座ってられたわけである.上り113系電車がすれ違った記憶は薄れていたのだが,相澤さんのレポートによって,記憶が甦ったことである.写真:前里 孝

三番目は外国…ドイツの動態保存名パシフィック機01原形デフ機のレポートである.荒井さんの写真を掲載するに際してもお骨折りいただいた服部重敬さんが,永年に亘って追跡してこられた原形デフ機2輛.その2輛がこの春に実施された重連運転の情景を加えてお届けした.うち1輛は,40年前に当時の東独から買い戻されて西独では大型機の動態保存の先駆けとなった機関車なのだが,残念なことに,今期で火を落とすのだという.重連運転は,その惜別の意味が込められたのだろうか.
20190511 Oberrohn~Ettenhausen 2
印刷ではモノクロでの掲載となったが,ここではカラーでお目にかける,チューリンゲンの丘陵地帯を走る01の重連.2輛目の01 118が40年前に東独から買い戻された機関車である.フランクフルト鉄道歴史協会の管理下で動態保存されてきたが,全般検査費用を捻出できず,残念ながら火を落とすことになった.オーバーローン(Oberrohn)ーエッテンハウゼン(Ettenhauzen) 2019年5月11日 写真:服部重敬

四番目.
それは室戸台風による鉄道の被害.とりわけ瀬田川橋梁での列車横転事故の歴史的検証である.著者は高見彰彦さん.
 瀬田川橋梁上を走行中の急行7列車が強風により機関車と客車2輛を除いて脱線転覆した事故について,その発生時点での記録と,復旧の模様を種々の史資料から再構成した力作である.事故はあってはならないものだが,その記録は,決して等閑にしてはならないものであることを,改めて思わされた次第.
01a
橋梁上で横転,上り線の橋桁に支えられることによって転落を免れた急行7列車の客車たち.高見さんの資料発掘に対する情熱と,丹念な現地訪問による裏付け調査の努力に敬意を表します.所蔵:高見彰彦

そして締めくくりが,公式写真に見る国鉄客車の第14回目である.ひとまず今回で最終回ということになっているが,今後,所蔵写真の整理が進んだ時点で,これまで採り上げることができなかった形式をお目に掛けることができるものと思う.乞うご期待!
346
優等客車由来の戦災復旧車の1輛,イコライザー式のTR71をはいたオハ77 2である.TR73を使った荷物車は荒井友光さんの写真にも登場する.写真約500枚,3年半,14回に及び解説を加えてくださった藤田吾郎さんには感謝申し上げます.写真所蔵:レイル編集部

ということで,次のNo.112も,すでに印刷に取り掛かっている.10月21日に発売の予定である.どうぞよろしくお願いします.

※と,いう原稿を9月の下旬に用意していたのだが,時局の話題が立て続けで,レイルに関しては忸怩たる思いの毎日だった.[まだですか?]という問い合わせも何件かいただいてしまったし,高見彰彦さんからは[その後調べていたら9600の最初の廃車機が,室戸台風事故に併せて採り上げた飛越線事故の当該機だったことを発見したから,加えて紹介して欲しい]旨のお便りをいただいた.
---------
9600形最初の廃車(機関車表調べ)29623の廃車理由は今まで判明していなかったのではないかと思います。
 事故機が29623だと判明した資料は国会図書館デジタルコレクションで読む事ができます。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1242851/183
(タイトル: 保線講話会記録. 第19回  著者:鉄道省工務局 編


---------
とのことである.

※最新のレイルNo.112は第一テーマを“国鉄交直流特急電車の顔”として来週の週明け10月21日頃には発売の予定である.こちらもどうぞよろしくお願いします.
////隠す用
自社広報

先週の名古屋鉄道9500系に続いて,今度は京成電鉄の成田スカイアクセス線用3100形電車の報道公開が催された.
 成田スカイアクセスの案内カラーであるオレンジに装われたこの電車.詳細はいずれ本誌でもご紹介することになろうが,まずは速報.
C8A_9763
上野・押上方から見た編成.車号は,手前から3151-8+ 3151-7 +3151-6 +3151-5 +3151-4 +3151-3 +3151-2  +3151-1.先頭の行先・列車種別表示装置はコイト電工製で1/250秒のシャッターで文字は欠けない.1/500秒でも,すこしまだらになる程度である.

車種は上野・押上方からM2c+M1+T+M1'+M2+T+M1+M2cで,現在の成田スカイアクセス線用の主力である3000形第7次車……通称3050形と同じ構成である.
 システム的に新しいのは,主制御装置に東洋電機製造製のハイブリッドSiC素子インバータ制御装置を採用したこと.主電動機の定格出力が140kWに向上していること,ブレーキのステップを常用7段に増やすことできめ細かい操作が可能となっていることなどがが挙げられる.
 電動空気圧縮機は三菱電機製のオイルフリースクロールタイプを両先頭車の東側(上野に向かって左側),補助電源装置は出力150kVAの東芝製SIV装置を2輛の付随車の東側に取り付けている.主制御装置は2輛のM1とM1'の西側に取り付けている.
 車体構造は日本車両のブロック工法による軽量ステンレス構造で,車体長は先頭車中間車ともに17,500mm.連結面間長では18,000mmと,京成電鉄として標準的な寸法である.
 パンタグラフはM1車に2基,M2車の成田方に1基,シングルアームタイプを搭載している.
 台車は日本製鉄製のモノリンク式ボルスタつき台車で形式は電動車がFS583M,付随車がFS583Tである.
C8A_9802
日本製鉄製電動台車FS583M.先頭車用である.車体には3050形と同にように飛行機のシルエットが描かれている.今回はさらに沿線のイメージイラストを描いている.この写真にみえるのは千葉県側からの富士山遠景.

優先席は全車に設けている.車椅子スペースは両先頭車にあるが,中間車にも同じ設備を持つフリースペースが備わっている.
C8A_9696
オレンジ系の地色に菜の花と桜の柄を配した腰掛が華やかな客室全体を見る.背摺りがこれまでより高くなっているのが特徴.側扉間は京成標準の8人掛けだが,その間に見慣れない窪みが…….
C8A_9707
1輛について4ヵ所ずつが跳ね上げ式で荷物置き場となっている.この状態が“定位”で,人が座る時には手で押し下げる.立ち上がるとダンパーにより自動的に跳ね上がるという仕掛け.

運転室には,京成電鉄で標準的な両手操作式のマスコン.・ブレーキハンドルを中心として機器類が機能的に配置されている.
C8A_9715
両手操作式マスコン・ブレーキハンドルの前には見なれたアナログ指針式メーターが並ぶ.運転室の腰掛表地は客室と同じ華やかなオレンジで柄も同じである.


全くの新型車にもかかわらず,営業運転は10月26日から始まる予定である.主に京成成田スカイアクセス線経由特急として成田空港と羽田空港の間で使われる予定である.
 今年度は2編成が製作され,日本車両の3151編成と総合車両製作所の3152編成が既に落成している.来年度以降も順次増備して,数年以内には3050形を置き替える予定だという.
 そうなると気になるのが3050形の今後だが,今年度は2編成が京成の一般塗装(ラッピング)に変更されることになっている.残る4本は順次,この3100形に準じたデザインの外観にリニューアルされるのだという.運用は3050形と共通だというから,いつどこで乗ることができるのか,それは運次第ということになろう.
 この電車の更なる楽しみ、それはまもなく落成するだろう、姉妹車である新京成電鉄80000形と、どのような対比を見せるのか,ということ.楽しみは尽きない.

↑このページのトップヘ