モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

今日の午後2時,近鉄…近畿日本鉄道から,かねて長期計画で触れられていた,新しい特急車についての概要が発表された.
 この新特急車,名阪特急に投入することを目的としている.そのため,観光列車的な要素は少なく,“ビジネス特急”の性格が強い.
 今日発表されたリリースにも,冒頭で“大阪と名古屋間を運行する次世代特急”と記されているほか,別紙の第二項では運行区間として“大阪難波~近鉄名古屋間”と限定されている.となれば,現行の“アーバンライナー”の行方と,最古参である12200系“スナックカー”グループの行く末が気になるところだが,アーバンラーナ-は停車駅の多い名阪間“乙”特急に転用,そこから順に玉突き的に,12200系の廃車,ということは,明白なことであろう.
 編成は6輛と8輛.違いは中間のレギュラー車輛の数.製造輛数は,6輛が8編成と8輛が3編成の合計72輛.通常時は6輛で充分でもピーク時には足りないので,組み替えではなく最初から8輛編成を用意することにしたのだそうだ.ちなみに投資額は約184億円と発表されている.
④イメージ図2(背景あり)
編成外観イメージ図.“透明感のある深い赤”で全体を装い,これまでの近鉄にはない丸味の前頭部が最大の特徴だろう.両先頭車はハイデッキのハイグレード車輛ということである.写真:近畿日本鉄道


前頭下半分の平面と曲面の組み合わせは,他にはないラインに思える.でもどこかで見たことが…と思ったら,“しまかぜ”に相通ずるデザインなのかもしれない.あちらはもっと先鋭的なエッジの利いたライン取りだが.そういえば両端をハイデッキにするというのも,同じコンセプトである.

提供資料には6輛編成の平面図が添えられているが,それによれば名古屋方1号車のハイグレード車が定員21名でトイレを連結面寄りに設備.2号車以下がレギュラー車で,2号車にはロッカーとユーティリティースペースを備えて定員52名,3号車にはユーティリティスペースを喫煙室として定員は同じ52名.4号車は多目的と入れと車椅子対応座席を設けて定員41名.5号車は2号車と同じ設備で定員52名.6号車は1号車と同じ設備で定員21名となっている.
 8輛の場合はどうなるのか予想すれば…6輛編成の総定員が239名であるのに対して8輛では327名とある.そのさは88名.1輛は定員52名のユーティリティスペース+ロッカーの車輛となるのだろうが,そうするともう1輛の定員は36名…….両先頭車に備えられているのと同様の,洋式トイレ2ヵ所と小便所,ロッカーを備えるとこのぐらいの定員になるのだろうか.
⑥6両編成レイアウト案
6輛の場合の編成平面図.編成両端は,いわゆる展望席ではないものの運転席が低い位置に設けられているので前面の眺めはよさそうである.
写真:近畿日本鉄道
⑧先頭車両(ハイグレード車両)イメージ2
というところでハイグレード車の車内イメージ図.これならば前面の眺望はビジネス特急としては充分で,観光目的の乗客も満足できることだろう.
写真:近畿日本鉄道
⑦先頭車両(ハイグレード車両)イメージ1
座席を回転させると,このようになる.側窓は紫外線と赤外線をカットするガラスを使用.
写真:近畿日本鉄道

ハイグレード車の特徴は,全席3列シートで,背摺りは背の高い“バックシェル”構造を採用.その腰掛の表地は本革.アーバンライナーより25cm広いシートピッチ130cm.リクライニングは電動でレッグレストも電動.ヘッドレストは高さと角度を調整できる機能付き.乗り心地確保のために電動式のフルアクティブサスペンションを装備する.
⑩ハイグレード車両 座席イメージ(前)
バックシェル座席とは…….背摺りが貝殻(シェル)のように固く,リクライニングしても後方座席の空間を減少させることがない構造.
写真:近畿日本鉄道
⑨ハイグレード車両 座席イメージ(後)
背面からみれば,それがより理解しやすいだろうか.
写真:近畿日本鉄道

そしてレギュラー車.シートピッチは近鉄のレギュラー席としては最大の116cm.腰掛はやはりバックシェル構造を採用している.
 荷物棚とデッキ仕切り扉はガラス製として開放感のある室内空間を演出している.
⑪中間車両(レギュラー車両)イメージ
レギュラー車といえども,側窓は充分に大きく,このあたりは近鉄特急の伝統が守られている気がする.普通車も赤外線お呼びし外線カットガラスを使っている.
写真:近畿日本鉄道

客室以外の設備としては,座席以外で寛ぐことができる空間としてのユーティリティスペースを設けること.全車に空気清浄機を設置すること.デッキと大型荷物置き場に防犯カメラを設置すること.全席に電源コンセントを設置すること.客室に無料Wi-Fiを設備すること.などが挙げられている.

車体は普通鋼製で,衝突事故時の安全に配慮した車体設計の採用が謳われている.制御方式は?主制御装置の種類は?電動車と付随車の比率は?…….興味津々だが,それらは,もう少し先までのお楽しみ.
 その“もう少し先”とは具体的にいつごろなのか.営業運転開始が2020年春とのことだから,各種性能試験や訓練運転,事前のお披露目などを考えれば,2019年の秋には現車が落成することになるだろう.
 そういえば形式は…….愛称とともに未定,だそうである.これも発表が待たれる項目のひとつである.
 お楽しみは,これからだ.

※2018.01.14:一部誤字修正

////隠す用
自社広報

5HB_8364n
新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

D4R_3633n
今年もいつものことながらの撮影してきました話ではありますが、新年に相応しかろうと真岡鉄道の正月飾りの写真を撮ってきましたのでご覧ください。
しかも、またまた蒸気機関車ネタではありますが、今回はC1266による日章旗&謹賀新年ヘッドマークと言う事であえて!出かけてまいりました。(笑)
5HB_8376n
いつもの真岡付近で半逆光ではありますがゲット(↑1枚目の写真)したあとは西田井駅の出発。黒煙を高く上げながら出発を待ちます。
5HB_8432n
そして・・・駅の出発は期待通りの煙でありました!

5HB_8523n
D4R_3772n
午後の折り返し(復路)は日の回りも良く、しかも煙も申し分ない迫力の写真をおさえる事が出来ました!新年から幸先の良い撮影ってことで・・・?♪

簡単ではありますが、本年も皆様にとって良い年でありますようお祈り申し上げます。

2018年1月                          松本正敏
////隠す用
自社広報

気がつけば,平成30年…西暦2018年も既に4日となった.
 “平成”という元号は,あと1年とちょっとで終わりを迎えることが確定したわけで,昭和のころ,明治生まれの方にお目にかかる度に“三世代を生き抜いてこられたのだなぁ”と感じ入っていたのと同じことを,これからは僕が若い世代から思われることになるのか?と思うと,なんだか変な気分である.
 新しい元号はどのようなことになるのか,いずれ発表になるだろうが,世界的にも希有なこの伝統を,大切にしてゆきたいと思う.

さて去年の正月には,年末から営業運転に入ったばかりの東急電鉄5050系5177編成のキャッチが“初仕事”だった.
 今回はといえば,夏過ぎ頃から各社に続々と登場した新車の速報が続き,追加取材も……と思いつつも,なかなかどれも“コンプリート!”できない,ちょっと歯がゆい気持ちでの年越しとなった.

実際の僕の年越し風景はといえば,年末年始恒例の番組が流れるTV画面を横にしながら,パソコンに1年間のデータ整理をさせている傍らで原稿を書いているという,なんとも風雅さに欠ける状況…….

せめてもということで出掛けた元旦の初詣,今年は目黒不動へと向かった.山手線の目黒から目蒲線…じゃなくって目黒線,というのは頭では解っていても,つい口をついて出てしまうのは,僕の親が長い間“省線が…”と言っていたと同じことだろう…その目黒線に乗り換えて歩くことしばし.思っていたよりこじんまりしたお不動さんの参道には,昔ながらの屋台が並び,商店街の各お店も机を出して甘酒を振る舞ったりと賑やか.その一角には,射的や輪投げの屋台も,まったくごく自然に立ち並んでいた.
DSCN6963
目黒不動尊の門前.手前左の屋台にある“ゲアラカ”ってなんだろうと思ったら,右から読んで“カラアゲ”であった.

DSCN6956
“懐かしの……”という冠言葉がつかない,自然な射的との遭遇は久し振りのような気がする.思わず,電車のオモチャを射止めた60年前にタイムスリップしてしまいそうになった.そういえば,あれが僕の鉄道趣味の本当の原点なのかもしれないと,改めて思ったことである.


その帰り道に原宿へちょっと立ち寄って,あと何年かで“臨時ホーム”ではなくなる今の臨時ホームが,臨時ホームとして使われている姿を,ちらっと観察.その合間に,12月に営業運転に就役したばかりのE235系トウ11編成もやってきた.1年前には量産先行編成1本だけだったから遭遇の確率は約五十分の一.それれがいまでは五十分の十一なのだから,格段に楽になった.
 ということは,裏返せばE231系はそれだけ数を減らしているということ.こちらも山手線での最終の姿を記録しておきたいところだが,なかなか纏まった時間がとれそうにない.
 さらに年内にはトウ12とトウ13編成が新津から到着しているようなのだが,定期運用に入るのはいつなのか.
A8A_0042
せっかく設置したホークドアが一部撤去されている.なんでだろうと思ったら,駅改良工事でこの部分に新しい構築物を設ける必要があるから,とのことである.

A8A_0035
E235系の1月のバックサイン“椿”.これで残るは2月の“梅”だけ!の,はずである.“椿”は昨年も撮影してはいるが,ことしも変更ないということの確認ができたのが収穫.

そして今日の午後,親しい友人たちとの新年顔合わせで出掛けた帰りの池袋駅.ふと反対側の内回りホームを見やったら,停まっていたのがトウ12編成.
A8A_0072
これまでの量産編成と変わるところはなさそうだったが,真新しい電車というのは,やっぱりよいものである.とりわけ,なんの汚れも見えない足廻りが気持ちよい.


そしてことし最初のブログのシメ.それは,今日の待ち合わせの前に会社へ立ち寄った際にスナップした,江古田名物(?)加藤材木店の干支の絵である.
DSCN6982
今年は戌年.どんなお犬様が登場するのかと思ったら,存外に可愛い絵柄であった.いままでとはひと味違う画風は,描き手が変わったのかとも思うほどであった.

////隠す用
自社広報

2017年も今日で大晦日。今年も大変お世話になりました。
いつも撮ってきたネタばかりですいません。懲りずに
来年も変わらずよろしくお願い申し上げます。
5HB_5674n
写真はトンネルにさしかかる京急600形!しかもトップナンバー!!
月刊とれいん2018年1月号も京浜急行電鉄特集です!こちらも何卒宜しくお願いいたします。

皆様、どおぞ良い年をお迎え下さい♪         松本 正敏
////隠す用
自社広報

早いもので,ことしももう,御用納め…仕事納めの日がやってきた.うちの会社も今日の夕方で年内はおしまいで,新年は5日からの営業となる.どうぞよろしくお願いします.
 もっとも,編集のほうは“年末進行”ということで繰り上げ作業を強いられる.創刊以来かわらない,月刊誌ならではの“特別暦”となる.

そんな慌ただしい中,東急電鉄では先日の2020系に続いて大井町線用の新型車6020系が登場した.総合車両製作所からは一昨日出発し,12月号の“甲種・特大運行情報”に掲載のとおり,八王子で一泊して分割の後,昨日と今日の2日に亘って長津田へ到着した.
 今回は2020系の時のような報道公開は設定されなかったので,外出の合間を縫って長津田へ駆けつけたわけである.
 僕が到着した時点では,この日到着した中央林間方の4輛が,授受線の奥まで引き込まれたところだった.
R7A_8138
画面奥の先頭車が6721で,以下順に6621,6521,6421.床下機器などの様子から,先頭車6721がクハで,6621と6521がモハ,6421がサハであるように見える.

R7A_8149
クハ6721.前頭部の形状は2020系とそっくり.今後は5000系グループと同じような展開になるのだろうか.車体幅などの細かい寸法は?


屋根が白いのは2020系と同じだが,正面裾から側面幕板にかけてまかれたストライプの色が新しい.
R7A_8155
デハ6621.パンタグラフは2基.主制御装置には三菱電機のスリーダイヤモンドが.そして隣りのデハ6521にも同じ主制御装置が取り付けられている.

R7A_8161
そうこうしているうちに,“総合検測車トーク アイ”ことデヤ7500とデヤ7550の,サハ6421への連結作業が始まった.


最後まで見届けたかったのだけれど,本来の用事を片付けなければならない.後ろ髪を引かれる思いとは,まさにこのことであった.


そして用事を済ませて帰路についたところで思い出したのが,12月はまだE235系のバックサインを写していなかったこと.
 もしかしたら,12月はもう山手線に乗る機会はないかもしれない.ということで,待ち構えたのは渋谷と原宿の間.日はとっぷりと暮れて,暗闇の中での撮影となったが,そこはデジタルの強み.何本か試行錯誤した上で,なんとかバックサインだけを写しとることに成功した…と,思うのだが,いかがだろう.
R7A_8326
シクラメンの花の色は,白や赤,黄,ピンクなどさまざまであるようだが,このデザイナーはピンクをイメージしていたようだ.


ということで,バックサインの話題で今年を締めくくろうと思う.
 みなさんの新しい年が,明るいものであることを,心から願っております.
 これからも,ずっと,古今東西の汽車のことや,その汽車にまつわるあれこれから,脇道にそれたことなど,楽しく語ってゆきたいと思っています.どうぞおつきあいくださいますよう.

↑このページのトップヘ