モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

※最初にお願いです.このところ,僕が理想とするブログの文章の長さを大幅に超えることが続いています.今回も,そうなってしまいました.どうぞ最後までおつきあいくださいますよう.

3月25日土曜日.西武鉄道40000系電車が営業運転を開始した.
 この電車については,川崎重工からの出場に始まり,本線試運転の様子列車愛称決定,報道関係者向けお披露目をこのブログで紹介し,仕上げとして本誌4月号のMODELERS FILEでその全てを紹介した.

運転開始初日は,横浜高速鉄道の元町・中華街駅で“S-TRAIN1号”発車式,西武秩父駅で“S-TRAIN1号”到着歓迎,そして飯能駅で“S-TRAIN2号”発車式が催された.
 どこへ伺おうか迷ったのだけれど,やはり自社線内での出発式を記録に残しておきたくて飯能へと向かったのだった.

やってきた飯能駅では,元町・中華街行き“S-TRAIN2号”の出発を前にお祝いムードが盛り上がる飯能駅だったが,それに先駆けて8時37分,元町・中華街からの“S-TRAIN1号”,40000系第1編成が到着,地元の祭囃子の一団の演奏と舞に見送られながら,折り返して西武秩父へと向かって行った.その車内には鉄道アイドル木村裕子さんの笑顔も見えた.

出発式の会場である3・4番線ホームには,引き続いて祭囃子が待機するほか,ケースに入った40000系の模型も飾られていた.説明書によれば川崎重工製だそうで,記念品として展示模型が現車とともに納入…寄贈されるという慣習が踏襲されたのだろう.
DSCN0536
流石にメーカー製だけあって,精巧この上ないし,実物の印象をよく再現しており……当たり前といえばいえるが,模型と実物とでは表現方法など異なるということを,このブログの読者ならご存じのことと思う.

9時7分に第2編成が小手指から到着.大久保勝飯能市長と飯田則昭西武鉄道鉄道本部長の挨拶の後にテープカットが行なわれ,9時18分,定刻に発車して式典も無事に終了した…実は早朝に人身事故が発生したのだが,多くの人々の努力によって定時運転に漕ぎ着けることができたのである.
DSCN0576
写真に向かって左から飯能市キャラクター“夢馬”,鉄道本部長,一丁目囃子保存会メンバー,飯能市長,一丁目囃子保存会メンバー,笠間秀行西武鉄道飯能駅管区長.背後で待機する元町・中華街行き“S-TRAIN2号”は第2編成.


さてこの“S-TRAIN”,土休日は西武秩父・飯能と元町・中華街の間を2往復半運転する.一方平日は所沢と東京地下鉄有楽町線の豊洲との間を3往復半運転する.
 その様子はどうなのか.平日初日の夕刻,外出の途中で時間のやりくりをつけて,ちょっと様子を探ってみた.

西武線内での“お出迎え”は間に合いそうになかったので,有楽町線の有楽町駅に先回り.到着を待つ間に,指定席券の販売機がホーム上に設置されていることも確認.ただし有楽町駅は所沢行きのみ乗車可能なので,この時間帯(午後4時前)にはシャッターがおりていたが.
DSCN0885
16時10分,有楽町駅に到着の“S-TRAIN104号”.ドア扱いは各車輛とも豊洲方の1ヵ所だけ.多くがこの駅で下車したが,それでも何割かの乗客は終点まで向かった.


折り返しの“S-TRAIN101号”は,西武線内のどこかで待ち受けることとして,とりあえず豊洲駅へ様子を探索に向かう.
 その豊洲では降車専用の2番線に到着し,間もなく池袋方へと引き上げていった…恥ずかしながら,豊洲の引き上げ線は新木場方にあるものとばかり思いこんでいた….ちなみに豊洲の駅の自動販売機はホームではなくひとつ階上のコンコースに設けられてる.入線を待っていると撮影に間に合わなくなるので,西武線方面へ移動.MODELERS FILEにも記した通り,40000系の列車種別表示用LEDは,シャッタースピード1/125秒以下でないと文字が切れる…….さらには対向列車や緩行列車と重ならない場所といえば練馬駅の池袋方,地上へ顔を出す辺り,ということで練馬で下車.
P7A_9200
地下線から顔を見せた“S-TRAIN101号”.カメラに内蔵の時計によれば17時39分のこと.寸前まで車輛の顔に夕陽が当っていたのだが…….練馬駅ではドア扱いはなく,信号切り替えのための運転停車のみである.


さて,この日の朝,池袋へ向かう列車と40000系がすれ違った.そこで昨日の朝,中村橋駅のホーム端で待ち構えていたら……
P7A_9270
小手指行き準急として姿を見せた.池袋7時52分発の列車である.朝の所沢方面行きはどこで待ち構えても完全な逆光.ならばいっそのこと,ということで列車が完全に背後の高い建物の影の中に入るというのが,中村橋を選んだ理由.


このまま入庫して昼寝かもしれないが,でも一往復しかしないというのも考えづらい.ということで,適当に狙いを定めて10時すぎの江古田駅に向かった.
P7A_9305
やってきたのが,池袋行き準急.池袋着10時39分の列車のようだ.ということでさらに待ち構えていたら,飯能行きの急行として折り返してきた.池袋発が10時50分の列車のようである.

飯能からもう一往復しているのか入庫しているのか…夕刻の“S-TRAIN”の運用を考えれば,一休みというのが妥当なところだろうか.
 沿線在住の友人からは,夕方から別の編成が地上線一般運用に充当されているとの話も聞こえている.僕自身は残念ながら,まだ実際に見ることはできないでいる.休日の,元町・中華街到着後と西武秩父到着後の運用とともに,今後の楽しい研究課題である.

※2017.03.31:今朝の小手指行き準急は6000系だった.単なる検査のための差し替えか,それとも実は運用は定まっていないのか.課題が増えたことである.

////隠す用
自社広報

横浜地下鉄ブルーラインに3000V形という新形式車が登場した.現車は昨年12月に豊川の日本車両で落成し,横浜市交通局上永谷車両基地に搬入済みだったから,いつお披露目されるのか,楽しみにしていたものである.
P7A_8372
湘南台方から見た3000V形編成.手前から3611(TC1)+3612(M2)+3613(M3)+3614(M4)+3615(M5)+3616(TC6)と続く.


基本的な車体寸法は既存の3000A,3000N,3000R,3000Sと同じで車体長幅は2,760mm,側扉は片側3枚ずつで扉幅は1,500mmである.
 一方,今回から採り入れられた新しいこといえば,主制御装置にハイブリッドSiC(シリコンカーバイド)素子を使ったこと,室内燈や前・尾燈などの照明をLED化したこと,室内側扉上に液晶の情報表示装置を設置したこと,全ての両車端にガラス製の貫通扉を設置したこと,腰掛表地の色を従来のオレンジ系からブルー系に変更したこと,ポリカーボネイト製の袖仕切りを設けたこと…….
P7A_8447
3612の客室全景.側扉上の液晶モニターは17.5インチワイドタイプで,列車運転情報と広告を表示する.腰掛袖仕切りはポリカーボネイト製.ガラス製貫通扉には1輛ごとに異なる横浜の観光名所が描かれている.

貫通扉の絵柄は湘南台側から,みなとみらい,赤レンガ,三塔,山下公園,ベイブリッジ.室内燈はコイト電工製の間接照明・直接照明ハイブリッドタイプ.
P7A_8496
運転室.右手操作式のL形ワンハンドル.これまでは片手操作式のTタイプだったのが変更になっている.メーターナセル上部にはホーム状況画像表示モニターを設置している.


主制御装置はM2とM4,補助電源装置はM3とM5,電動空気圧縮機はTc1とTc6に取り付けられている.いずれも三菱電機製.湘南台に向かって左側床下に取り付けられている.主電動機は定格出力140kWで形式はMB-5170-A,電動空気圧縮機はC2000.補助電源装置と電動空気圧縮機は湘南台に向かって左側に取り付け.

そして台車は新日鐵住金製のボルスタレスだが,中間電動車と両先頭車とでは大きく外観が異なっている.軸箱支持装置はモノリンク式で共通だが,電動台車では一般的な外観であるのに対して,付随台車では軸箱の両側にコイルバネを設けている.
 これは,両先頭車の連結面寄りに“PQモニタリング装置”を装備するための方策.“PQモニタリング装置”とは輪重(P),横圧(Q)を連続的に測定するためのシステムで,東京地下鉄などで既に実用化されているもの.ちなみにこの装置は1線区に1セットあればよいとされており,従って第2編成以降は通常構造の台車に変更されると思われる.
DSCN0450
電動台車SS162A.極めてあっさりした外観のボルスタレス式.軸箱支持装置はモノリンク.

DSCN0457
先頭車の付随台車SS182.側枠は鋼板4面合わせ構造で,軸箱の両脇にはコイルバネも配されている.写真は排障器の付いた先頭台車の集電シュー付き側.

DSCN0466
“PQモニタリング装置”は,中間寄り台車に装備されている.連結面側1軸は横圧を測定するため特殊な平面タイプ輪心の車輪が使われている.輪重測定装置は4輪全ての軸箱上部に設置されている.これらの装置のために軸箱支持のためのリンクは軸箱下部に取り付けられている.


営業運転開始は4月9日の予定.今後,今や最古参…平成4/1992年の登場だから25年!……となった3000A形を順次置き替えて行くことになっている.楽しみなことである.

※2017.03.24:ハンドル形状記述訂正

////隠す用
自社広報

先月のJR西日本“トワイライトエクスプレス瑞風”に続いて,昨日から今日にかけて,JR東日本の“トランスイート四季島”が報道公開された.
 公開されたのは上野駅13.5番線.と,いうことで,正式には“インテリアをお目にかけます”であったのだが,13番線ホーム上からは車体を中心とする外観も撮影することができた.そのあたりの観察結果を速報してみることにした.
 なお,昨年9月にはメーカーのひとつである川崎重工n兵庫工場で一部車輛の外観が報道公開されており,このブログでも紹介しているので,ご参照いただければ幸い.
DSCN1630
四季島の旅の始まりはここから.“プロローグ四季島”と名付けられたラウンジが13.5番線に隣接して設けられた.

P7B_7121
上野駅に到着した“トランスイート四季島”.画面左手が,かつて“北斗星”や“カシオペア”,“あけぼの”“北陸”などが発着した13番線


“トランスイート四季島”は,画面右手に新設された13.5番線で客扱いすることになっている.なぜ14番線ではないかといえば,このホームは元来,荷物扱い専用だったために番号が振られていなかったためである.この小数点付きの命名方法は,英国のファンタジー“ハリーポッター…”の影響を受けていること,間違いないだろう.
P7B_7206
13.5番線に大きく拡げられた出入口.5号車のラウンジ車である.JR東日本としては久し振りのスウィング式プラグドアの開口幅は1,500mmか.

P7B_7216
ラウンジ車全景.画面右がメインエントランス.奥にはピアノを備えたバーコーナーが設置されている.


“トランスイート四季島”の車輛形式はE001系.クハとはキハとかがつかない,E655系と同様の付番方式.上野駅において東京方からE001-1,E001-2,E001-3…E001-10と続く.このうちのE001-2,3,8,9の4輛にパンタグラフを搭載しており,それらの車輛番号の頭には狭小トンネル通過可能を示す◆マークがつく.同時に動力車でもある.ちなみに両先頭車も動力車で,パンタグラフの代わりに発電用エンジンと発電機を搭載する.
 そして5号車ラウンジ,6号車ダイニング,7号車デラックススイートの3輛が総合車両製作所(横浜)製であり,また同時にステンレス製車体でもある.他の7輛は川崎重工製で,アルミ合金製である.

客室の目玉は“四季島スイート”.5号車の半分を占める寝室で,定員は2名.メゾネット構造で,2階が畳と掘り炬燵の居間,階下が寝室,平屋部分がトイレと風呂…バスルームと書かないのは,浴槽が無垢の木曽檜造りだから.
P7B_7376
居間からトイレと風呂の方向を見る.

P7B_7369
寝室からトイレへの階段をのぞむ.

P7B_7404
同じ5号車の残り半分は“デラックススイート”.居間がないのが“四季島スイート”との大きな違い.写真はベッドルーム.画面中央の扉の向こうが風呂とトイレ.暖炉の炭の火はLED電球に照らされた水蒸気で演出.


最も数が多いのがスイート.その中で,4号車に,車椅子に対応した部屋が用意される.部屋番号は403.
P7B_7506
車椅子対応スイートのベッドからトイレ・シャワー方向を見る.


食事を楽しむのは6号車“ダイニングしきしま”.中央部分で段差を設け,眺めに変化をつけている.インテリアデザインの基調は“和モダン”.
P7B_7273
“和”というより“モダン”を強く感じさせるインテリアの,メインダイニング.


両先頭車の運転室背後は展望室となっている.今日の報道公開では残念なことに公開されなかった.開放的であるべき展望室は,上野駅地上ホームのような閉鎖空間ではその本質を感じていただけないだろうから,という理由説明があったが,ならば,いずれはどこかで堪能させていただくことができれば……と期待したい.ここでは提供写真をお目にかけよう.
SK4_3564
報道公開の,つい数日前の展望室.試運転中に撮影されたもののようである.確かに開放感満点.前方あるいは後方視界の制限を,上方への展開が充分に補っている.この写真のみ:JR東日本

P7B_7526
そして最後に,ガラス越しに撮影した運転室.ハンドルは左手操作のワンハンドル.メーターはオーソドックスなアナログ指針式.


営業運転開始は5月1日からと発表されている.上野から日光,函館,登別,弘前,鶴岡と巡って上越線経由で上野着.乗客として乗るチャンスは,僕に与えられるだろうか.まずは概要を専用ウェブサイトで調査……

※2017.03.18:一部語句修正


////隠す用
自社広報

IMG_0163
本日17日は西武鉄道が“52席の至福”の運行を始めてからちょうど1周年である。大手私鉄が豪華お食事列車を運行したのは西武が初めてであり、今だ唯一の存在。その西武鉄道が今まで以上のピーアールを狙ってプレス向け試乗会を開催したので参加することにした。詳しい記事は16日に前里がブログに上げているのでそちらに譲るとして、私は饗された料理を中心に掲載することにしよう。
IMG_0164

主にレッドアローが停車する2番線ホームに“52席の至福”は入線する。下に目をやると列車名が記された乗車口位置表示が、、、
IMG_0165
12時42分に“52席の至福”こと4009編成が入線
IMG_0166
ドアが開くと同時にクルーがレッドカーペットを敷いてお出迎えしてくれた。笑顔がすてきなお姉様たち
IMG_0167
案内されたのは2人用の第7テーブル。他に4人テーブルがある。コースター、紙ナプキン、プレースマット、箸袋はオリジナル。コースターはゴム製で持ち帰ってもOKとのこと。綺麗なまま持ち帰って、旅の思い出にするのも良いだろう
IMG_0168
さてさて、取材陣が乗車すると列車は間を置かずに発車した。高田馬場を過ぎた頃、アテンダントがドリンクの注文を取りにきた。向かいに座った前里は赤ワイン(秩父ルージュ)を注文、私はお酒がそれほど強くなく、写真撮影もあったのでオレンジジュースを注文した。アルコール類は別料金だが、ソフトドリンクは料金に含まれている。それにしても、乗車と同時に空腹になった。現金なお腹である
IMG_0169
本日はブランチコースが饗されるそうだ。ブランチは5年連続でミシュラン一つ星の“Ostu”の宮根正人氏がプロデュース。ちなみにディナーの監修はあのフレンチの鉄人、坂井宏行氏だ。最初に出されるアミューズはこれからの料理を占う上で大変重要なもの。自然と期待も高まる。目の前に現れた皿はヴィテッロ トンナート ~深谷牛のローストビーフ ツナソース~。イタリア・ピエモンテの代表料理だそう。ローストビーフにケッパーとアンチョビを和えたツナのソースがかかっている。上に添えられたのはケッパーの実の酢漬け
IMG_0170
パンはモチモチ。素朴な味だが小麦粉とバターの匂いがしっかりしている
IMG_0171
オードブルはトリュフの薫りをまとった 玉ねぎのオーブン焼き。アテンダントのお姉様たちは1輛につき3人という構成。どのアテンダントも笑顔がとっても素敵だ
IMG_0172
単なるたまねぎ???と思ってフタをあけると黒トリュフがお出迎え。トリュフを食し、スプーンを中へと進めると豚挽肉とフェンネルシードを炒め、チーズを混ぜ込んだ美味しいペーストが入っている
IMG_0174
お次はサツマイモラヴィオリ、セージバターソース。それにしてもアテンダントの笑顔がまぶしすぎる、、、
IMG_0175
パスタの1種であるラヴィオリ。中には挽肉が入っていることが多いが、これはなかにサツマイモとリンゴが入っている。ラヴィオリをセージ風味のバターソースに潜らせると香ばしいバターの下から甘酸っぱいリンゴの酸味が口の中に広がる
IMG_0176
メインディッシュは骨付き豚肉のトロトロ煮込み レンズ豆添え。骨付き豚肉を柔らかくなるまで野菜と白ワイン煮込んでいる。オレンジ色の座布団はレンズ豆にトマトソースをあえたもの
IMG_0177
最後のデザートは秩父のパン屋さんで焼き上げたもの。甘すぎず、ふわっとして優しいお味。ブラックコーヒーに良く合う
IMG_0178
秩父にあるウイスキー専業メーカー、イチローズモルト「52 席の至福」。アルコール度数は59.4度と結構高め。そこは52度で、、、と安直に思う私はウイスキー一切飲めないので、これに関してはコメントを差し控える
IMG_0179
お酒の評価はできないが、美しいアテンダントと極上(かどうかは確認不可能)のウイスキーのツーショット、、、といってもダブルのことではない(笑)
IMG_0180
饗された料理は以上。肉料理が多いが、途中にリンゴの入ったラヴィオリが出るなど、重くなりすぎず胃がもたれることはない。大人の男性で腹八分目といったところ
IMG_0181
途中、芦ヶ久保駅で運転士に敬礼のポーズをとって頂いた。特製の帽子は特別列車を運転するスペシャリストの証
IMG_0182
西武秩父にて。カメラでそこら中撮影させて頂きご迷惑をお掛けしました(汗)

 いかがだったであろうか?美味しい食事とアテンダントのサービスと笑顔、私は十分満足できた。西武鉄道は都心部から離れるとしばらく住宅地が続き、そして飯能のスイッチバックを過ぎると山間部に入っていく。その山々は決して険しすぎず、人家もぽつぽつとある懐かし里山の風景だ。それらを眺めながらの食事は日本ならではの贅沢といえよう。
 、、、と、褒めてばかりでも読者に信用されないと思うので、少しだけ希望を述べよう。まず、ブランチでもしっかりとしたテーブルクロスが欲しい。また、隈研吾氏のデザインした室内は大変落ち着いてよろしいのだが、秩父を連想する絵画かタペストリーなどがデッキに掲げられているとなお良いのではないか。シンプルが良いのかもしれないが、ややシンプル過ぎる感は否めなかった。それでもこの価格とサービスは十分満足のいくもであることは変わりない。
 ブランチコースは2名以上1人1万円(税込)、ディナーコースも同様に2名以上1人1万5千円(税込)である。詳しくは以下のサイトをご覧頂きたい、、、
52席の至福、公式HP ←ここをクリック! 

1万そこそこで楽しめる贅沢、、、たまには良いかもしれない 
////隠す用
自社広報

T1704

【今月のオススメ記事】
3月25日から営業運転を開始する西武鉄道40000系電車.休日は西武秩父と横浜
元町中華街までの4社線直通,平日は所沢と東京地下鉄豊洲との間で運転される
有料座席指定制列車“S-TRAIN”として使われる車輛です.有料列車ではクロス
シート,通常の列車ではロングシートとして運用できる転換式座席を備えている
ばかりでなく,その他にもユニークな設備をもっているこの電車の全てを御覧い
ただきます.
 これに合わせて,今は亡き701系電車の冷房改造後の姿を山下 満さんが纏め
てくださいました.今月はその第1回目です.
 模型でも701系やその姉妹車輛をNゲージで再現した作品をご紹介しています.
 また,“青ガエル”としてファンに有名な東急電鉄5000系の最終期の姿の形態
分類記事も注目です.
 模型作品では,JRの軽快気動車の作品群も見逃すことはできません.
 毎年早春の恒例記事として,今年も欧州新製品情報をニュルンベルクからお届
けしています.今月は前編.
 一般記事や好評の連載記事,イベントレポートなども充実です.

【目次】
MODELERS FILE---------------------------------------------
  6 MODELERS FILE 西武鉄道 40000系電車
     人にやさしい みんなと共に進む 最も進化した通勤電車
     まとめ:前里 孝 写真:前里 孝/山賀 一俊 協力:西武鉄道
 18 最末期の西武701系冷改車を見る(その1)
                        写真・解説:山下 満

 24 701系列の時代をNゲージで作り込む
     西武・電車フェスタ模型サークル作品集
----------------------------------------------------------
3・54 【新連載】東急 旧5000系
     大井町線・目蒲線に棲んだ引退間際の青ガエルたち
                 写真(特記以外)・資料提供:山本 泰史
               文・イラスト:山賀 一俊 協力:U-TRAINS
  4 Products Data file カトー製 国鉄ED70/寝台急行“つるぎ”(N)
 34 2017 ニュルンベルクトイメッセ欧州新製品情報 前編
     特別協力:Spielwarenmesse eG Nürnberg/
     シュピールヴァーレンメッセ日本代表部/チムニー/
     日本プリンス/現地各法人・団体 写真協力:チムニー
 46 JRの軽快気動車
     JAM2016の成果と,今夏のテーマを発表します
                製作:チームおやびん+会場参加有志/
                 取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
 74 “懐”に優しいミニ車輛工作
     スクラッチ・ビルドで楽しむOナロー Part1    池田 和夫
 82 製造時の姿に,よみがえったB型客車
     よみがえれボールドウィン実行委員会2016年活動報告
                     写真・レポート:信沢 あつし
 86 第4回 横浜鉄道模型パーツ・キット即売会
    スワップミート同窓会2017
---------------------------------------------
 44 Coffee Cup /前里 孝
     垣間見た“トワイライトエクスプレス瑞風”
 58 エイジングストラクチャー
     情景職人が生みだす“時間・質感・生活感”
     第9回 駅前旅館(その2)
     製作・文:伊藤 肇(匠ジオラマ工芸舎)
     撮影:伊藤 肇・八島 弘仲
 62 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S
     第55回 タミヤのダブルアクションエアブラシ
 64 線路は続くよいつまでも /信沢 あつし
     第80回 奥深き三石.全貌の見えない魅力
     岡山県備前市三石の小さな鉱山
 66 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
     第65回 UC5形タンクコンテナの解説(1)
 70 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
     Vo.64 2016年 北米鉄道情報
     イリノイ州ロシェル鉄道公園
 78 22世紀の汽車絵本 第3回 国鉄8620形
     未来へ伝えたい鉄道をイラストでリマスター
     思い出絵師:鈴木信雄/思い出語り:長谷川 興政
 84 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 88 新車登場
109 輝け!日本の運転会
110 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
     第69回:Nゲージ生誕50周年
111 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
     第35回:西武鉄道 妖怪ウォッチスタンプラリー
112 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大 運行計画 2017年4月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
140 いちぶんのいち情報室
144 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
145 Combo Caboose・掲載広告索引

2017年3月21日(火)発売  定価:本体1,435円+税

eshumi-kounyu
amazon

↑このページのトップヘ