モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

昨日3月15日,まもなく運転開始から1周年を迎える“52席の至福”の旅を,西武鉄道からメディアツアーにお誘いをいただいて,出掛けてきた.
 昨年春のデビュー時試乗会には,どうしてもスケジュールが合わなくて,泣く泣く,豊島園の駅での展示を見ただけで事務所へ戻らなければならなかった.だから,ようやく念願が叶ったという次第.喜び勇んで,待ち合わせ場所の西武新宿駅へ.
DSCN1519
西武新宿駅2番線.アテンダントさんに迎えられて乗車.案内されたのは,荒川の水の流れを西川材と呼ばれる杉の木で表現した,所沢方先頭車である4号車


この“52席の至福”,4000系4009…4010の編成については,本誌の今年新年号“特集・西武鉄道”の中でMODELERS FILEとして詳しく紹介した.詳細記事を担当する際には,対象の車輛を自分自身の目で観察するのは当然のこととして,できる限り,乗車してみることにしているのだけれど,この電車に関しては,それができなかったのが心残りではあった.だから,嬉しさ一入というわけなのである.
 乗車して落ち着く間もなく,“どこか,いままでから変わったところはないか?”と確認のため列車内を一巡り.ほとんどは見覚えのある光景だったが,ただひとつ,2号車に違いを見つけることができた.意味もなくうれしくなってしまうのは,“好き者”の性というべきか.
P7A_6899
2号車,4109の飯能・西武新宿方は“ギャラリー”とされていたが,1位側壁面に鏡が新設され,パウダーコーナーに変身していた.下の写真は昨年秋の,ギャラリー時代.

DSA_3748


P7A_6843
上石神井と小手指では,乗務所の人たちが小旗と手を振って,歓迎してくれた.写真は上石神井.


そうこうしているうちに,客席にはアミューズとしての深谷牛のローストビーフ けっぱーの身添えツナソース,前菜としてタマネギのオーブン焼き,セージのバターソースを和えたサツマイモのラヴィオリと,次から次へと料理が供される.メインの“骨付き豚肉のトロトロ煮込み レンズ豆添え”に合せて,いつもお気に入りの秩父ルージュを味わう.まさに至福のひととき.
 でも,“取材”なのだから,調理の様子を撮影するためにキッチンと客席を往復し,さらにアテンダントさんの様子もスナップし…と,実際には,大忙し.
P7A_6987
メインの“骨付き豚肉のトロトロ煮込み レンズ豆添え”.アテンダントさんの笑顔が,料理の味をさらに引き立ててくれていた

P7A_7011
デザートブッフェは4種のケーキの取り合わせ.飲み物は,紅茶をオーダーすれば地元の“よこぜのおいしい紅茶”が供される


所沢と飯能でそれぞれ進行方向を変え,普通電車を追い抜いたり,特急や40000系の試運転(!)を対比したりしているうちに,列車はあっという間に芦ヶ久保へ到着.終着を目前に控えたここで約30分間の大休止.たっぷりとした食事のあとの腹ごなしとばかりに,駅前に設けられた道の駅などを冷やかしに出かけてみたり…….
P7A_7021
芦ヶ久保で大休止中の“52席の至福”とお客様たち.背景の山の緑が,春の近づきを感じさせてくれていた.


そして無事に到着した西武秩父駅は,1年前に西武特集の撮影で訪れたときから大きく様変わり.大きな建物がほぼ完成状態に達していた.駅の本屋は各部がリニューアルされ,隣接する新築部分には,“祭りの湯”と名付けられた温泉施設が4月24日にオープンするというのだ.併せて地元の名物を味わうことができる“祭りの宴”,お土産などを販売する“ちちぶみやげ市”も設けられることになっている.
DSCN1596
内外装の仕上げに大童の“祭りの湯”は,4月24日に“祭りの宴”や“ちちぶみやげ市”とともにオープンする.

せっかく秩父までやってきたのだから,というわけで向かった先は,横瀬に近い“小松沢レジャー農園”.シーズンが始まった,いちご狩りを楽しもうという趣向.秩父いったいには,いちごだけでなく,ぶどう,りんご,しいたけ,ブルーベリー,カボスといった観光農園が多彩に展開していて,四季折々で楽しむことができる.
DSCN1602
武甲山を綺麗に望むことができる場所にある,小松沢レジャー農園のいちごハウスには,春を通り越して初夏の香りが充満していた.


そして一日の締めくくりは西武秩父駅から徒歩数分…というより,秩父鉄道のお花畑駅に隣接する市街地にあるホルモン焼きの店へ.“なんで秩父でホルモン?”と思ったあなたは,僕と同じ.そうでないあなたは,情報通.
 秩父一帯には養豚場が数多く存在するのだそうで,昔から地元の人に親しまれてきたホルモン焼きを,近年,いわゆるB級グルメとして売り出し中とのこと.
DSCN1610
供給地直結ならではの新鮮なメニューがたくさん.しっかり焼いて,たっぷり食べて…….



DSCN1590
そして帰りは,新装なった改札口から,西武レッドアロー号で寛ぎの旅を.

次回は,ぜひとも仕事を抜きにして出掛けてゆきたいと思う,秩父であった.
////隠す用
自社広報



ポポンデッタの“BURGER & PUB シュッシュポポン”が3月4日に御徒町駅前にオープン.
 3/21発売のとれいん4月号でも紹介していますが,正式オープン前の内覧会を取材してきたのでご覧頂きましょう.
DSC_2078

同社の展開するカフェやバーと同様,鉄道をテーマとした飲食店ですが,今回は駅前のビル8Fというトレインビューに絶好の眺望が注目されます.ガラス張りの建物の北東の角なので,眼下を行き交う上野東京ラインや山手線・京浜東北線が手に取るように眺められます.
DSC_2114

店内の鉄道模型レイアウトも一段とパワーアップ.カウンター部分には東京の街並みをコンセプトとした16番のエンドレスが設けられ,中央のソファ席に隣接するNゲージレイアウト,そして窓際のテーブル上に細長く敷かれたNゲージと,全45席のどこに座っても鉄道模型が間近に楽しめます.
DSC_2084
DSC_2091

 カウンターの16番レイアウトはドッグボーン型のエンドレスとなっていて,片端には東京タワー,もう片側には浅草寺が.
 Nゲージのレイアウトも,宇治平等院といった寺社をはじめ,有名な鉄道橋梁の数々を再現するなど,日本の名所をテーマに見どころが一杯.窓際には地元である御徒町~秋葉原界隈も再現され,地下鉄まで通っているという熱の入れようです.
DSC_2098
DSC_2109
DSC_2119

料理は厚手のパテをたっぷりとした野菜とバンズで挟んだ自慢のハンバーガー,米国・カナダ・スコッチなど10種の銘柄が選べるハイボールなど,仕事帰りに列車と模型を眺めながら一杯くつろぐにもぴったり.もちろんコーヒーやソフトドリンク類も豊富に用意されています.
 模型店めぐりの合間の息抜きに是非立ち寄ってみてはいかが?
DSC_2121

■SHOP DATA
BURGER & PUB シュッシュポポン
東京都台東区上野3-27-12 御徒町吉池本店ビル8F
営業時間 11:00~23:00
(ラストオーダーはフード22:00,ドリンク22:30)
TEL03-5817-4440
http://chouchou-popon.jp/
////隠す用
自社広報

DSC_0053
試乗会の取材なんて何年ぶりだろう.20年以上ぶりであることは間違いない.3月10日,金曜日,東武鉄道が4月21日から投入する新型急行用電車500系“Revaty”(リバティ)の試乗会をかねた,日光陽明門修復完成公開ツアーに参加することになった.

 3+3輛の6連フル編成の試乗列車は,3輛が一般の招待客,残り3輛が報道に割り振られており,浅草駅から東武日光駅まで1時間47分の行程で運転された.本当に久しぶりの取材だったが,何名か知人の顔を取材陣の中に見つけて一安心……
DSC_0056

こちらはお気楽な「試乗体験」,どっしり座席に収まって日光までの行路を楽しむ.座席はなかなか良い.インテリアもゴテゴテしすぎず,すっきりで良い.快適な車内である.
DSC_0064
 
 車内には無料のWifiが設置されていて,メールアドレスの登録だけで自由に使える.ただ,このWifiのインターネットの入口がどうも栗橋にあるらしく,スマホの位置情報がどこにいても栗橋から移動しない.GPSが入らないとこうなってしまうようだ(笑)
DSC_0065
 
一般招待客向けに鎧武者装束のスタッフが乗り込んでいて,乗客にお菓子を配ったりする一方,東武鉄道の車両部設計課長から500系の設計コンセプトの解説放送があったりで結構忙しい.途中,北千住,春日部,栃木に停車して,12時17分に東武日光到着.
DSC_0082

日光の観光関係者やゆるキャラ着ぐるみ(なんと日光仮面という名前らしい)が出迎えてくれるシーンを撮影して本日の取材は終わり.希望者は陽明門見学にも連れて行ってくれるらしいが,私はこのあとに用事があったので,仲間の取材陣とは別れて,JRで(たまたま調べたらJR日光線・新幹線の方が早かった)東京へ戻ることにする.
 DSC_0089

500系前頭部ではテレビ東京のWBSがインタビューと取材撮影を行っていた.
 さて,東武鉄道と言えば,500系はともかく,8月から始まるC11の運転が話題の中心.地元日光の駅構内にも「いっしょにロコモーション」なる素敵なポスターが貼られていた.
DSC_0083

しかし,この風景はどう見ても鬼怒川線ではなくて,50年以上前になくなった矢板線に見えるのは私だけだろうか?(謎)
DSC_0093
JRのホームから500系を眺め.離れて見てもなかなか存在感のあるスタイルである.そんなリバティに別れを告げ日光を後にした.
 また,編集部スタッフから試乗会参加のお誘いがあればここでご報告したい.
////隠す用
自社広報

カメラマンの松本正敏です。
だんだん温かく過し易くなってきました。花も各所で咲き始めて来ました。
昨日(3/12)所用で日野市に出かけたあと、午後はのんびり八王子の小仏峠付近の高尾梅郷へ行って来ました。
現地へはJR高尾駅北口からバスが出ており、今はシーズンで梅まつりも開催されている事から増便もされています。昨日は日曜日も重なってバス停は大行列でしたが、多少ダイヤは乱れ気味でしたが、どんどんやって来るのですぐに乗車は可能でした。
DSC_5625_01

徒歩で向っても高尾駅から約20~30分、京王線の高尾山口駅からでも約15~20分で行けそうですのでハイキング気分も良いかも知れません。
梅の見ごろは3月の上旬~中旬にかけて満開になるとされています。来週の春分の日ぐらいは良いと思われます。
さて、鉄道絡めるとなると定番は「荒井梅林」周辺とのことです。はじめてこの周辺で撮影してきましたが、とても良い雰囲気でした。併設の道路などからお手軽に撮影したものですが、何枚かご覧下さい。開花状況の参考にでもなればと思います。

D4O_2035n
定番の位置からE351系スーパーあずさ。

D4O_1921n
日曜日は貨物列車はほとんどやって来ませんが・・・。

D4O_1937n
E351系スーパーあずさ連結部。

D4O_1931n
普通列車は大月行きの233系がありますが、ほとんどは211系。

D4O_1963n
ここはほぼ北側から狙うので、この時期に陽が回る事はありませんが、逆光ぎみも花が光ってとても綺麗です。
E257系特急かいじ110号。

D4O_2053n
夕方の211系上り普通列車。終点の高尾駅が近いので甲府行きになっていた。

DSC_5643
帰りは高尾山口駅まで徒歩で向かい、遅い昼ごはん。高尾のとろろ蕎麦。旨い!

////隠す用
自社広報

出来上がってから早くもひと月以上が経ったレイルのNo.101
 最初は蔵重信隆さんの関西本線撮影記.なにしろ神戸から50CCのバイク(正確には原動機付自転車か)で幾多の峠を越えて加太へ達し,さらには伊勢にまで足を延ばしたというのだから,それだけでもすごい.続いては田邉幸男さんの撮影記.
 そこから一転して早川昭文さんによる近鉄大阪線の今昔撮影譚.
 これらがこの時期に揃ったというのは,ほとんど偶然の結果である.最初は早川さんからの,“近鉄大阪線の山の中は,おもしろいところやねぇ”というお話だっただろうか.そのうちに…とお話しているうちに,蔵重さんが50CCのバイクで関西本線撮影に挑まれたことがあるのを知り,地域的にも一山違いで同じだし,ということで後送が纏まりつつあるところへ,田邊さんからも“加太はいかが?”というご提案があった.
 僕自身,そのどちらも,数少ないながらも撮影に赴いたことがあるし,なにより,河田耕一さんにレイルへ寄稿していただけることになったきっかけの島ヶ原駅のことが,蔵重さんの思い出に幅なれていたのだから,これは…ということで,皆さんに同じ列車に乗っていただいた次第.
 本が出来上がってから,ある方に“往年の鉄道ファンに連載されていた,野口昭雄さんの《ライバルスケッチ》を思い出しましたよ”といわれたのだが,さすが慧眼の士.子供のころに読んだ,あの記事が頭に浮かんでいたのに,間違いない.
3
とはいえ,僕自身はこの“加太の大築堤”で撮影したことはない.別にマムシが怖い,という訳でもなかったが.単に歩くのが面倒だった,というだけのことかもしれない.加太-中在家信号場 昭和44/1969年9月 写真:蔵重信隆

ではどこで…ということになるのだが,好きだったのが柘植駅を亀山山方面へ発車する風景.大きな木造の信号扱所がよいアクセントになっていたものである.細江正章さんが同じ場所でD50の発車を撮影しておられたのを知るのは,もう少し後のことである.
 蔵重さんの撮影行には,昭和44/1969年春時点での亀山機関区の蒸気機関車運用表を添えさせたいただいたが,これは,その頃にいろいろお願いして集めた資料のうちの一部である.そのお話はまた,いずれそのうち.

関西本線の南の山向こうには,昭和のはじめから強力モーターの唸りが響きわたっている.参宮急行改め,近鉄大阪線である.
 こちらは,本文にも記した通り,2200がそろそろ姿を消すという話しを聞いて,当時の高校生としては“はるばる”という気持ちで三本松まで出掛けたのだった.
 朝,何時ごろに家を出たのだろうか.とにかく秋の早い夕暮れまで,存分にとはいえないまでも,ほぼ一日歩き回り,満足して帰宅したのを覚えている.
2B57-04
2200とともに,ビスタ・カーは撮影対象だった.とはいえ,運用を知っていたわけでもなく,偶然だけが頼り.こんな写真を撮ることができたのだから,ニコニコしていたのに違いない.ちなみにこの鉄橋の渡る谷間は“地獄谷”というのだそうだ.印象に残ったのだろう,並行する国道橋の欄干に銘板があったのを写していた.三本松-室生口大野 昭和47/1972年11月26日 写真:前里 孝

カメラは借り物のマミヤC220.それにアルバイトでもして得たのだろう,なけなしの資金で買ったエクタクロームを1本詰めてのお出かけであった.
TM224-12
三本松の駅.駅舎を撮影したのは覚えていたけれど,駅前にたたずむ小動物の存在は,すっかり記憶から消え去っていた.なんとも凛々しいお犬様ではないか.昭和47/1972年11月26日 写真:前里 孝
TM224-38
レイルの本文にも記した,旧初瀬街道沿いの街並み.今でも面影は充分に残しているようだが.駅舎とともに,“いずれレイアウトを作りたい”気持ちがあっての撮影だった.昭和47/1972年11月26日 写真:前里 孝

ちょっと手前味噌が過ぎたかもしれない.ということで閑話休題.

レイルNo.102の,次のテーマは,三菱大夕張鉄道のダイコン三菱大夕張鉄道のキューロクを発表された奥山道紀さんによる,士別森林鉄道.士別軌道という名前は,湯口 徹さんの“私鉄紀行 北線路 下巻(レイルNo.22)”に収録されていることもあって,頭にこびりついていたのだけれど,その奥に森林鉄道の路線網があったというのは,ほとんど認識していなかった.お恥ずかしい限りだが.
 そんな奥地の森林鉄道の記録が,奥山さんの努力によって,大量に発掘され,整理の上で発表されたわけである.その発表の場としてレイルを使っていただけたことが,とても嬉しい.
士別森林鉄道開通記念絵はがき 神無月の弁天淵(第8工区)
少なくとも僕にとってもっとも印象に残った,士別森林鉄道の沿線風景.“神無月の弁天淵(第8工区)”.おそらくはこれまで人跡未踏だっただろう渓谷の脇に,いかにも遠慮がちに敷かれたか細い線路.“自然に挑む”などということはなくて,“自然に寄り添った”線路風景である.開通記念絵葉書から.所蔵:士別市朝日地域活性化施設“まなべーる” 提供:奥山道紀

レイルでは,いかに写真を綺麗に印刷するか,日々努力しているわけだが,ピントが鋭くて粒子の細かい写真ばかりが“美しい写真”ではない.ピントが甘くて粒子が粗く,さらには複写によって元写真のクォリティが甘くなっていたり…そんな写真も,訴えかけて来るものは変らない.“粗くなってしまうよ”などといわれようが,その情報量と迫力を最大限にお伝えすることができる方法で,お目にかけたいと思っている.

次のレイルは4月下旬発売の予定.また,がらっと趣きの違う鉄道情景をお伝えすべく,編集作業真っ盛りの今日この頃である.お楽しみに.

↑このページのトップヘ