モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

東武鉄道の南栗橋にC111がやってきた.といっても,青梅鉄道公園で保存されているC11 1が移動してきたわけではない.はるばる北海道の江別から到着したのである.
 11月14日の午前,東武鉄道南栗橋車両管区での取卸作業が報道公開された.
B8A_4738
東武鉄道南栗橋車両管区構内に到着したC111.江別から苫小牧港まで陸送,そのままフェリーに乗って大洗港に上陸した.写真は,南栗橋構内をバック運転で取卸現場へ向かうトレーラーとC111の本体.

載っているのは札幌の三和重機が保有する低床トレーラー.スウェーデンのスカニア製ヘッドと東京のトーヨートレーラー製3軸セミトレーラーの組み合わせだった.
 11月8日には保存されていた江別市内で積み込みが行なわれ,翌日には苫小牧港に到着した.出航したのは天候の加減で1日遅れとなった12日.大洗港へは13日に到着して南栗橋へ向かったのだった.

さてこのC111.生まれは愛知県熱田の日本車輌.江若鉄道のC111である.製造番号は1473.1418から1472までの55輛は国鉄C11最終グループのC11 327~381であり,次の1474は片上鉄道C11-101,その次の1475~1477は三井芦別鉄道C11-1~3となっている.
 当時の江若鉄道沿線には日本陸軍から引き継いだ米軍キャンプがあり,そのための輸送力増強のため割り当てられたものだろうか.
 近江鉄道ではディーゼル機関車導入に伴って昭和32/1957年に廃車となったが,北海道の雄別炭礦鉄道へ引き取られることになった.昭和45/1970年には釧路開発埠頭へ移って入換作業に従事し,昭和50/1975年まで使われている.
 その後は個人の手によって長らく保存されていたが,今回,東武鉄道が運行する鬼怒川線の“SL大樹”の増強用として東武博物館が譲り受け,東武鉄道南栗橋車両管区SL検修庫で動態への復元が実施されることになったものである.
B8A_4793
2台の大型クレーンに吊り上げられたC111.煙突や蒸気ドーム,砂箱,キャブなどは輸送時の高さ制限をクリヤーするために取り外されている.
S7A_5834
大勢の担当者が息を詰めながら見守る中,東武の線路に載る寸前のC111.ディスク輪心の先輪は戦時中から戦後にかけて新造されたC11の特徴のひとつ.動輪のタイヤは,見たところ充分な厚みがあるようだ.

取卸作業が終わってから機関車に近づくことができたのだが,各部には分厚くグリースが塗り込められていて,刻印などを確認することはできなかった.けれど,このグリースに守られていたお蔭で,40年以上も現役当時に近い姿を保つことができたのである.
B8A_4888
検修庫内に拡げられたキャブやドームや各部の部品.まるで自分の工作机を見ているような風景である.隣りの線路にたたずむのは,大井川鉄道から運ばれてきたヨ5000形13785.南栗橋の構内で控車などとして使われているようだ.

このC111.東武鉄道の発表によれば,このままの番号で使うかどうかは未定とのこと.青梅のC11 1との混同をおそれているのだろうか.同番号の車輛が他鉄道に存在することなど,日常茶飯事である.相互直通運転が行なわれるわけでもないのだから,ぜひとも由緒あるC111という番号を継承していただきたいものである.

なお,復元の完成は“2020年冬”とのこと.なんとでもとれる表現だが,2020年12月ということなのだろう.
 復元工事は,SL検修庫を中心として,動輪は新日鐵住金(あと130日で日本製鉄に社名が変わるが)で,ボイラーはサッパボイラで整備されることになっている.
 重連運転とか2往復運転とか……いろいろと妄想が膨らんだ半日であった.
////隠す用
自社広報

T1812

【今月のオススメ記事】
御召列車牽引担当の機関車には,配置区所でさまざまな工夫を凝らした装飾が施されることがあります.国鉄時代の常磐線で御召列車を牽いたEF81 81もそのうちの1輛です.2年前にその装飾が復活したこの機関車の歩みと現状を追いました.
 都電唯一の路線となった荒川線は,さくらトラムという新しい愛称を得てますます活況を呈しています.同線初のVVVF制御車であり,いまや最古参となった8500形の最新状況を詳しくご紹介しています.
 模型作品では,神戸高速鉄道開業50周年に寄せて集まった電車の作品をご紹介します.今回は連載の第1回目です.
 “線路は続くよいつまでも”の連載が,1度も休載することなく100回を迎えました.今回は100回記念の特別編で,前半50回分のインデックスも作成しています.
 その他イベントレポート,一般記事や好評の連載記事も満載です.


【目次】
MODELERS FILE--------------------------------------
  4 MODELERS FILE 日本国有鉄道/東日本旅客鉄道
     EF81 81
     まとめ:前里 孝 写真:荒川 好夫(RGG)/石黒 一明/
     川崎 大輔/前里 孝/平野 聰/脇 雅恵 取材協力:JR東日本
3・15 MODELERS FILE 東京都交通局 
     8500形
    もうすぐ就役30年! 都電初のVVVF制御車
    解説:樋口 辰治 写真:樋口 辰治/山賀 一俊/脇 雅恵
    協力:東京都交通局
注目記事--------------------------------
 38 神戸高速鉄道開業50周年に寄せて
    “形”で呼ばれた阪神大型車と神戸高速鉄道で出会った電車
    Part1
    上本 和義・岡本 真和・竹村 達也・竹村 悠希・藤田 雅人・三村 正彦
    企画:乾 純/取材:西原 功・撮影:松本 まさとし
----------------------------------------
 26 台糖のサトウキビ列車を作る
    台湾製“超”難解エッチングキットに挑戦!
                      山下 亮(阿亮鉄道模型社)
 32 線路は続くよいつまでも-連載100回スペシャル
    第100回 発掘された記憶の彼方の線路
    福島県喜多方市 三津谷登り窯【続々編】     信沢 あつし
 34 線路は続くよいつまでも 特別編 妻として,同行者として,
    もう一つの視点として連載100回を振り返る
                 文:信沢トロッ子/写真:信沢 あつし
 36 線路は続くよいつまでも INDEX 第1回~第50回
 50 黄金に輝く“或る列車”
    原信太郎氏のセンスに惚れ込み,全自作したNゲージ編成
    竹丸翔太郎/協力:原鉄道模型博物館
 74 第14回 軽便鉄道模型祭 Part2
 78 第43回 日本鉄道模型ショウ2018から
----------------------------------------
 20 京王帝都電鉄 グリーン車を偲ぶ
    /解説・資料所蔵:鈴木 洋 写真:石井 秀典/鈴木 洋
    <第2話>戦後の井の頭線を立て直した功労車
    デハ1800形グループ
 30 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S
   第71回 Mr.ウェザリングカラー
 54 22世紀の汽車絵本 第13回 国鉄 D52形・D62形
    未来へ伝えたい車輛をイラストでリマスター
    思い出絵師:鈴木 信雄/思い出語り:長谷川 興政
 58 Diesel Power in USA! /佐々木也寸志
    Vo.74 イリノイ・インディアナ・オハイオ 各州鉄道情報
    イリノイ州 Part1
 62 Nゲージ 古典機への誘い /小川 謙二
    第18回 HENSCHEL(独)
 66 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 68 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第83回 UC5形有蓋コンテナの解説(19)
 44 Coffee Cup /前里 孝
    八高線竹沢駅の35年
 86 新車登場
109 輝け!日本の運転会
110 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
   第89回:カツミ式完成線路(その3)
111 子連れ鉄日記 /写真・文:山本晃司
   第55回:京都鉄道博物館 おしごと体験(運転士編)
112 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大 運行計画 2018年12月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
140 いちぶんのいち情報室
144 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
145 Combo Caboose・掲載広告索引

2018年11月21日(水)発売  定価:本体1,435円+税


eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

MRC_H1

月刊『とれいん』で2011年から開始した連載“モリセン(モデリング・リサーチ・センター)”を再編集のうえ,書き下ろし記事も加え『最新模型工作技法』として発売します!
 本書では鉄道模型を始めとするプラ,ペーパー,真鍮,工作で用いるツールやマテリアルの適切な使用方法を,類似製品の比較検証,時間短縮の裏技,イレギュラーな使用時の結果など,様々な要素を散りばめながら紹介します.

MRC_P004-005-72dpiMRC_P014-015-72dpi

MRC_P054-055-72dpi


【目次】
キット製作(1)

004 KATOクモハ41をクモハ60に紹介ツールで大改造!

組立に用いるツール
012 超音波カッター
014 カッター
016 プラニッパー
018 薄刃ニッパー
022 ピンセット
024 エッチングソー
025 クリアーパーツの処理方法考察
030 模型用彫刻刀
032 ヒートペン
034 プラスチック用接着剤
036 ウェーブの瞬間接着剤
038 瞬間接着剤硬化剤
040 ピンバイス
042 ラッカーパテ
044 エポキシパテ
046 ポリエステルパテ
048 GSIクレオスのサーフェイサー
050 サーフェイサーEVO
052 瞬間接着パテ
054 瞬間接着カラーパテ
056 サンドペーパー
058 サンドペーパーの考察
060 スポンジヤスリ
062 棒ヤスリ
064 ルーター
066 ハイパーカットソー

塗装に用いるツール

068 純色塗料
070 ガイアカラー
074 ガイアノーツの溶剤
076 GSIクレオスのうすめ液
078 フラットベース
080 水性カラーアクリジョン
082 エナメル塗料
084 タミヤカラー ラッカー塗料
086 スミ入れ
088 マスキングテープ
090 曲線用マスキングテープ
092 マスキングゾル
094 筆塗り
096 イージーペインター
098 スプレーワーク
102 Mr.リニアコンプレッサー プチコン/エアブラシセット
104 タミヤのダブルアクションエアブラシ
106 お手頃なダブルアクションエアブラシ
108 GSIクレオスのダブルアクションエアブラシ
110 コンパクトコンプレッサー
112 ペインティングブースⅡ
114 塗料皿

仕上げに用いるツール
116 コンパウンド
118 デカールの攻略
120 デカールの実践
124 ウェザリングマスター

キット製作(2)
126 73系ペーパーキット製作

製品リスト
132 掲載製品リスト



とれいん2019年1月号増刊
 モデラー群雄割拠の時代を生き抜くツール攻略書
『最新模型工作技法』


P.S.・山中 洋 編著
A4変形
本文:132ページ(カラー・モノクロ)
定価:本体2,980円+税
発売日:2018年11月21日(水)


eshumi-kounyu
amazon

////隠す用
自社広報

東急電鉄は,今年3月26日に“当社初!平日夜の有料座席指定サービスを大井町線で開始!”というニュースリリースを発表した.12月から営業運転開始ということは秋ぐらいまでには車輛を用意せねばならない.6020系に組み込むとのことだけれど,この電車,新造したばかりである.改造するのだろうか,それとも増備分2020系の中間車と差し替えるのだろうか……と思ったが,“新造である”と発表され,10月の甲種・特大運行計画に,新津から長津田まで"2020系+6020系電車 10輛”という情報が掲載されたことで,より確かなものとなった.
 ひとつ疑問は解決したが,もうひとつ.それは編成のどこに組み込むのだろうかということ.リリースには“6020系(7輛編成)のうち1輛を…”としか記されていない.どちらかの先頭車なのか中間車なのか.中間車とすればどの車輛なのか…….
 それは10月9日から11日にかけて実施された甲種輸送の目撃談で解決した.車重増となることからど真ん中のサハ6420形かと思っていたのが大外れで,大井町方から3輛目のデハ6320形となったのである.
 そのことは,愛称名を発表する10月23日付け東急電鉄リリースに添えられたイラストにも,明記されていた.
sub3のコピー
図版のタイトル末尾に“3号車”と明記されている.ということは,大井町方から3輛目ということになる.それにしても,他の6輛の車体側面の大部分がステンレス鋼無塗装仕上げであるのに対して,オレンジ色の全面ラッピングとは.写真:東急電鉄

愛称は“Q SEAT”.その意味づけは“東急のQ”,“品質(Quality)のQ”,“迅速(Quick)のQ”に“座席(SEAT)”を組み合わせた“Q SEAT”なのだそうだ.

そして11月11日の日曜日,長津田検車区で鉄道趣味誌向けの報道公開が実施されたのだった.
B8A_4416
前頭に“Q SEAT運転開始”のステッカーを貼った6021編成.3号車は全身に艶やかなオレンジのラッピングを施されて,いやでも目を惹く存在となっている.長津田検車区 20-18-11-11
B8A_4566
その3号車デハ6321.ロゴが各戸袋部と中央部腰板にあしらわれている.

そして客室.近鉄5800系や東武50090系,西武40000系京王5000系などと同様の,ロング・クロス転換式腰掛けが並ぶ.とりわけり京王5000系のそれと似た雰囲気を感じるのは気のせいだろうか.電源コンセントが腰掛基部の機器箱側面に取り付けられているのも同じだし.異なっているのは表布の色や柄,背摺り背面にカップホルダーが備えられていることあたりである.
B8A_4487
ロングシート状態の客室.照明のLEDは電球色.腰掛を回転させるためロングシート時にはその位置が中條より中央に寄っている.その対策のひとつとして,荷物棚の奥行は通常より浅くなっている.車端のロングシート固定部は通常通りである.

車端部の腰掛はロングシート固定であり,指定券は発売されない.しかし電源コンセントは装備されており,しかもこの部分だけはロングシートでの運転時にも使うことができる.
 また,客室にはWi-Fiが設備されていて,無料で使うことができる.
B8A_4530
クロスシート状態の客室.腰掛下部に電源コンセントが見える.なお腰掛の転換は運転室からではなく,この車輛内で操作する.また,営業運転中に乗客が自由に向きを変えることができるよう,レバーが備えられている.

なお二代目デハ6320形の定員は133名でそのうち座席は45名.自重は34.8tである.オリジナルは155名と51名,そして33.3tであった.
DSCN1494
報道公開の翌日,別の用事があって二子新地の駅で電車を待っていたら6020系がやってきた.早くも営業運転が始まったのかと思ったら,まだ組み替えを行なっていない6022の編成だった.

そして11月13日の火曜日,6021の編成はロングシート固定状態で通常の運用に充当されはじめた.一方,6022の編成は初代のデハ6322を抜いて新造の二代目デハ6322を組み込む作業が始まったという.
 抜かれた初代デハ6321とデハ6322は,それぞれデハ2326とデハ2327に改番の上で2026と2027の編成に組み込まれることになっている.

それにしても平日の夕方から夜間にかけてのみであるとはいえ,5本もの列車を2編成で運休なくこなし続けるために,どのような方策が採られるのか.5連に組み替えて大井町線カラーに装いを改めた2003編成の動向も気になる.
 こうして,大井町線も,僕の,“目を離せない,注目すべき路線”に加わることになったのである.
※2018.11.16,17:一部文章修正


////隠す用
自社広報

カメラマンの松本正敏です。11月なのに暑い暑い・・・。

最近ラッピング電車が流行っていますね。いろんなコラボを兼ねたラッピング&塗装が多く、もう何線は何色?っていう決まりがなくって訳わかりません。(笑)
でも、今日はどんな色の電車が来るのか乗れるのか・・・なんて楽しみは増えて来たように思います。(私だけ?)
私は意外とこの状況好きかもしれません。先日ここで紹介した地元の西武多摩川線はとうとう4色体制(近江鉄道色追加、伊豆箱根鉄道戻る)になったし、また、京王線にも緑色の8000系にだけでなく11月からキティちゃん(サンリオ)まで登場しました。
もう、ドンと来いって感じです。

東急電鉄さんの新車取材に長津田へ行ってきました。
長津田といえば、ここから横浜高速鉄道こどもの国線が出ており、ここには牛のデザインされた「うしでんしゃ」が走っています。
この電車は雪印こどもの国牧場の「うし」をイメージしており、Y000系の編成はY003、2018年10月11日~2020年3月31日まで運行予定とのことです。
車両運用により運休もありますが、事前にHPで公開しているので是非確認してみて下さい。
http://tokyu-ushidensya.com/

そのウシの電車を取材の合間に見てまいりました!まさに牛!のデザインで思わず笑みが・・・。
ご笑覧ください。

ちなみに「もぉ~!」とは鳴きません!でも、牛車(ギッシャ)よりは早いです♪


5HD_1496n
長津田側正面。
5HD_1426n

5HD_1446n

5HD_1438n
うしでんしゃ・・・。
5HD_1462n
こどもの国側から見るとシングルアームパンタが角みたいです!
5HD_1797n
柿を横目に・・・。
5HD_1923n
夕陽を背景に。

おしまい。
(一部文章を追記しました)

↑このページのトップヘ