モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

一昨日10月1日の午後,名古屋鉄道の新型車9500系が報道関係者に披露された.
 本線用の,いわゆる通勤車としては3300系以来だというから16年ぶり,瀬戸線の4000系を勘定に入れても11年ぶりの新型車ということになる.
 ということで,“満を持して”登場したこの新型車は,どのような特徴を持っているのだろうか.観察してみた.

まず構成は,軽量ステンレス構造による18m級車体(中間車は18,230mm,先頭車は18,385mm)をもち,Tc+M+T+Mcの4輛編成である.構体は日本車両の標準的なブロック工法によっていることが,側扉周辺の外板の継目などから判る.
C8A_9014
岐阜,犬山方から見た編成.手前がMcの9600形.以下順に9650形,9550形,9500形と続く.前頭部の赤い部分の面積が拡大して“名鉄らしさ”が復活しているように思えるのが嬉しい.犬山検査場新川検車支区 2019-10-1

前照燈は尾燈とともにLEDで,8粒ずつ3段に並ぶ.その左右のストライプ状の部分には車幅燈というか装飾燈があしらわれていて,列車後尾の場合にはここが尾燈となる.列車種別,行先表示のLEDは,1/500秒のシャッタースピードでも文字は欠けない.

客室設備で最初に気付くのは,全車にフリースペースを設け,液晶モニターと防犯カメラを1輛に3基ずつ千鳥状に配していることだろうか.観察を続けると,妻にはWフリーi-Fiのステッカーがある.名鉄の通勤車としては初装備だそうだ.
C8A_9127
客室全体を見る.照明は直管タイプのLEDを使っている.
C8A_9148
中間車のフリースペース周辺レイアウトがユニーク.二人分の腰掛が併設されているのだ.画面左端に見えるのは中間ドア扱いスイッチで,名鉄ではすべての通勤車の中間車に装備されているそうだ.

運転室は,右手操作式のマスコン・ブレーキハンドルを中心として各メーター類が合理的に配置されている.
 システム的には,主制御装置が東芝製のハイブリッドSiC素子を使った1C2M2群方式.電動空気圧縮機は三菱電機製のオイルフリー・スクロール式を2基セットにしたタイプだが,ほかではあまり見ない形状であり,機器箱もステンレス鋼の無塗装ではない.
 空調装置は能力40,000kcal/hの集中式を各車に1基ずつ搭載,パンタグラフは東洋電機製造製のシングルアームタイプを9600形と9550形の豊橋方に1基ずつ搭載している.
C8A_9157
右手操作式マスコン・ブレーキハンドルを配した運転室コンソール.

台車は住友金属…ではなく日本製鉄製のモノリンク式ボルスタつき台車である.
DSCN8193
日本製鉄の銘板.そういえば,この名義の銘板を取り付けて最初に納品されたのは,どこ向けのどの台車なのだろうか.

今年度は今後,さらに3編成12輛が製造されて今年の12月には営業運転を開始する予定とのこと.使われるのは,ワンマン線区以外のほぼ全部だそうなので,この電車に遭遇したら,その日は,いいことがあるに違いない.

※2019.11.18:一部記述修正

////隠す用
自社広報

先週の土曜日,9月21日に,JR東日本千葉支社のお計らいで,205系電車の5編成横並びというイベントを取材させていただいた.
 とれいん誌で205系を特集したのはいつのことだったか……2010年春…とおもっていたら,なんと,平成20/2008年7月号(通巻403号)でのことだった.その時のタイトルが“帯色さまざま”.103系に勝るとも劣らない広範囲での活躍を見せていた当時,顔のバリエーションは10種類にも及んでいた.その頃をピークにして205系電車はE233系に追われて数を減らしはじめることになる.
 気がついてみれば,現在の関東地方で205系電車を使っているのは武蔵野線と鶴見線,南武支線,そして相模線だけになってしまった.
C8A_6568
鉄道総研での技術フォーラムの帰り道に西国分寺駅で出会った205系M19編成.側扉の窓が小さい,山手線出身車である.
C8A_6626
武蔵野線での205系の後継車は209系500番代と231系基本番代編成.写真はMU3編成でE231系.もとは総武・中央緩行線のB23編成.中間付随車2輛を抜いて8連化したものである.2019-8-29

そんな中,“205系ファミリーフェスタ”と銘打ち,親子連れのためのイベントが京葉車両センターで催されたのだった.そのメインイベントが,現在の京葉車両センターに配置されている205系によって往年の帯の色を“リバイバル”として再現することだった.
C8A_7891
ずらりと並んだ205系.左から武蔵野線,京葉線,中央・総武緩行線,南武線,京浜東北線,そして山手線.

リバイバルカラーの帯となったのは蘇我方の先頭車正面と乗務員扉までの側面だけだけれど,それだけでも大変な手間を要したはず.
 さらに,実は,もっと凝った仕掛けが隠されていて,“リバイバル帯色”は,すべて,それぞれの線区を走ったことがある編成が選ばれているのだ.左端の武蔵野線M65のクハ205-149は現役だから当然として,京浜東北線色はクハ205-104で浦和電車区に配置されていたことがある.中央・総武緩行線色が三鷹電車区のクハ205-105.南武線色は中原電車区のクハ205-130,山手線色は山手電車区のクハ205-5,そして京葉線のクハ205-56といった具合である.運用のやりくりを含めて,よくもまぁ,こだわったものである.山手線色にはちゃんと“11CARS”のステッカーも貼られているし!
DSCN7751
6扉車の組み込みで11輛編成になった時のステッカーとヘッドサイン.
DSCN7748
数が少なかった京浜東北線の205系だが,こうやって惜別のヘッドサインを取り付けて花道を飾った.
DSCN7746

205系電車は系統立ててインドネシアへ譲渡されているが,南武線の車輛が港へ向かう際には,このようなサインを取り付けたようである.

親子連れに限定してしまうのが惜しい,“好き者”の心を大いにくすぐるイベントであった.鉄道で働く人は,やっぱり鉄道が好きで愛着を持ってらっしゃるんだなぁと,再確認することができた週末であった.

////隠す用
自社広報

T1910

【今月のオススメ記事】
小田急電鉄での新造車輛としては初めて,幅広車体を採用し電動車を含めて全車種の長さが20m級となったのが2600形です.1964年に誕生してから2004年に引退するまでの特異な歩みを,各時代の写真と図面,解説で綴ったのが,今月最初のMODELERS FILEです.
 2番目のMODELERS FILEでは,昨年登場した2020系と6020系に続き,東急電鉄新世代標準車の3番目の形式として間もなくデビューする3020系と,今年1月から始まった有料座席指定サービス“Q SEAT”を組み込んだ6020系と6000系について解説します.
 模型作品は,小田急2600・5000形のグリーンマックス製キット製作に始まり,模型クラブ“どうりん”の2018年競作が続きます.
 夏恒例のイベントとして,国際鉄道模型コンベンションを詳細に紹介しています.
 その他イベントレポート,一般記事や好評の連載記事も満載です.
詳しくは下記の目次及び,弊社ウェブサイト(http://www.etrain.jp)をご覧いただきますよう, お願いいたします.

【目次】
MODELERS FILE----------------------------
  4 MODELERS FILE 小田急電鉄 2600形
    【本編】元祖“裾絞りの小田急顔”生涯を振り返る
          写真:箕川 公文・大塚 嘉隆・小川 好博・長内 宏
                     実物調査記録:箕川 公文
             解説・作図:山賀一俊 協力:小田急電鉄
 30 MODELERS FILE 東急電鉄
    目黒線3020系+大井町線6020系・6000系
    3姉妹となった東急電鉄新標準車+有料着席サービス“Q SEAT”車
        まとめ・写真:前里 孝 取材協力・資料提供:東急電鉄
-----------------------------------------
3・58 第20回 国際鉄道模型コンベンション Part1
 22 グリーンマックスの小田急5000(2600)形キット製作を楽しむ
                          製作:P.S.
 34 気動車大集合
    みんなで気動車を作ってみたら…こんなのが出来た
    鉄道模型同好会“どうりん”2018年競作
 50 関N2019 第20回 関西Nゲージ合同運転会 <後編>
            撮影:平野 聰(特記以外) 取材:山賀 一俊
 72 JAMコンベンション2019 企業ブースリポート
----------------------------------------
 28 線路は続くよいつまでも 第110回 /信沢 あつし
    新しい住宅が建つ中に残る線路
    各務ヶ原駅裏 丸和製材所
 40 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第92回 UC5形有蓋コンテナの解説(28)
 44 Coffee Cup /前里 孝
    箱根登山鉄道107号の保存とモハ1形のその後
    MODELERS FILEの訂正
 46 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
    Vo.79 オハイオ州フォストリア
 54 サロン・ド・庭園鉄道
    “三重亀山線路園”訪問記
    /レポート:鶴見 克則 写真:田中 芳樹/佐藤 正純
 66 モデリング・リサーチ・センター
    第81回 シタデルカラー/検証:P.S.
 68 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション
    第5回 ピンセット /山中 洋
 70 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:濱川 真由美
-----------------------------------------
 79 新車登場
101 輝け!日本の運転会
102 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第99回:天賞堂初期のプラ製品(その4)
103 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第65回:近鉄青の交響曲(シンフォニー)/さくらライナー
104 伝言板
126 BOOKS
127 甲種・特大 運行計画 2019年10月
128 各種募集のご案内
130 新車登場INDEX
132 いちぶんのいち情報室
136 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
137 Combo Caboose・掲載広告索引

2019年9月21日(土)発売
定価:本体1,435円+税
eshumi-kounyu
amazon


////隠す用
自社広報

J77

特集 
東北の蒸機

 ハチロクの聖地 花輪線    
 蒸機廃止直前の五能線と阿仁合線
 陸羽東線    
 奥中山ー吉谷地の大カーブ    
 羽越本線C57,D51形の思い出
 米坂線    
 奥羽山脈の横断線を行く


夏の中央東線 小淵沢,東塩尻にて
動きを止めた真紅の大動輪
流線形のスーパーロコ18 201


とれいん11月増刊
定価:本体3,000円+税
A4判横綴じ84ページ
(内カラー16ページ)

2019年9月21日(土)発売
eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

まもなく国鉄が“終わり”を迎えようとしていた昭和50年代後半,当時の高崎鉄道管理局には,全国から歴史的価値の高い車輛が集まりはじめた.
 とにかく北から南まで,多種多彩な車輛を,高崎第二機関区や高崎駅構内の一隅でみることができたのである.
 どの程度までで具体的に活用方法が考えられていたのか,今では知る由もないが,とにかく“失われてはならない車輛を出来る限り”,“とりわけ西の蒸気機関車に対して電気機関車を”という方針であったのは間違いのないところである.注目すべきは,電気機関車とともに客車が大きな割合を占めていたことである.
 それらの車輛たちは職員の精力的な活動によって整備が行なわれ,不定期的ながらも一般公開も行なわれていた.
 平成11/1999年には,横川駅隣接の“碓氷峠鉄道文化むら”がオープンし,大多数が収蔵車輛となった.
 収蔵されず解体の憂目にあった車輛もあった一方で,車籍を残していた旧型客車は,まだ国鉄時代の,EF55 1の動態復元に際して本格的な活用が始まり,続いてD51 498とペアを組み,ある時には関東平野のみならず,時には東北でも活用されているのはご存じのとおり.
 我が“とれいん”でも平成13/1991年秋に上野と水上の間で旧型客車+D51 498の列車を運転している.今では夢のようなできごとだけれど.
g7a_5640
C61 20の足馴らしに付き添う旧型客車4輛.後閑-上牧 平成23/2011年5月5日

それから幾歳月.気がつけばJR東日本の発足からでも30年を経過した.現役車輛に比べれば稼働率は低いとはいえ,走れば傷むのは道理.また,純粋な“博物館列車”でないわけだから,営業的にも成立される必要がある.
 ということで,去る12日,高崎支社から“SLぐんま旧型客車 内装リニューアル”というプレスリリースが出された.
 現在の陣容はオハ47が3輛(オハ47 2246, オハ47 2261, オハ47 2266),スハフ32が1輛(スハフ32 2357),スハフ42形が2輛(スハフ42 2173, スハフ42 2234),そしてオハニ36が1輛(オハニ36 11)の,合計7輛となっている.
 計画では今年の運転シーズン終了後に着手,来年4月にお披露目というスケジュールである.
 リニューアルの主眼は,43系客車の内壁や床を木目調に変更すること.具体的にはフィルムの貼り付けや塗装によるという.
 リリースに掲載されている“現行”の写真はオハ47またはスハフ42で,“リニューアル後”はスハフ32の写真である.だから全ての車輛の扇風機を撤去してしまうのかと思ってしまうのだが,実際にはそうではないだろうと思う.
リニューアル後
“リニューアル後”のイメージ写真.窓幅などから明らかにスハフ32と判る.写真:JR東日本高崎支社

もうひとつは“ラウンジカー”の登場である
車両全体図
窓割から,種車がオハ47かスハフ42であることが知れる.写真:JR東日本高崎支社
全体平面図
従来の腰掛はほとんど撤去されている.写真:JR東日本高崎支社
ロングテーブル席
奥には小さなカウンターをしつらえている.天井には扇風機もグローブ形燈具も活かされている.なお現在,全ての客車の室内燈は電球色のLED球に交換されている.写真:JR東日本高崎支社

そうそう,種車の車号はスハフ42 2173だとのことである.

と,いうことで,どのような仕上がりになるのだろうか.来春が楽しみなことである.

↑このページのトップヘ