モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

今日4月20日の午後,箱根登山鉄道入生田(いりうだ)検車区で,2輛編成のアレグラ3100形が披露された.
 もととなった3000形は平成26/2014年4月に落成し,その年の11月から営業運転をはじめた箱根登山鉄道のエース.本誌では平成26/2014年12月号でMODELERS FILEの題材とした.このブログでは同年11月27日付で取材余話をご紹介している
 2輛製造され,在来車との併結で3輛編成を組むことを想定した電車だったのだが,あまりの好評ぶりに,同形式車2輛を組んでの運転も頻繁に行なわれてきた.“ならば”というわけでもないだろうが,昨年12月5日に2輛編成の“アレグラ”製造の計画が公表された.そして川崎重工で3100形1本が製造され,4月8日に甲種輸送列車で兵庫から松田経由で到着した.
Q7A_0704
強羅方がクモハ3200形,小田原方がクモハ3100形である.パンタグラフはいずれも小田原方に搭載している.広くない入生田の車庫では,なかなか2輛全体をワンカットにおさめることは難しく,まずは車庫から顔をだした3200形を…….

基本的には3000形を片運転台にしたということで,主制御装置やパンタグラフ,補助電源装置,台車…いずれも“ほぼ”同形式.というのも,例えば総合車両製作所製の台車は,外観こそ同形であるものの,正式の形式名は3000形のTS330Bに対してTS330Cとなった.その他にも細かい変更点はあるかもしれない.それらは,これからの観察によって,追い追い判明してゆくことになるだろう.
Q7A_0967
続いてはクモハ3100形を車庫内で.そういえばこの車庫.確か3線ではなかったかと思ったら,検修能力向上と,建物自身の耐震性向上などを目的として,大改良工事が実施されたとのこと.


これまでは車庫内への留置可能輛数が3+2+2の7輛だったのに対して,3+3+2+2の10輛に増えている.クレーンは2.5トンを3基,7.5トンと2.8トン,そして5トンクレーンが各1基備えられている.事務所や宿直室,ロッカー室や浴室なども建屋内に設けられて労働環境も大幅に向上した.

さて話題を車輛に戻そう.
 3000形と大きく異なっているのは,当然のことながら連結面.貫通路つきの切妻だが,幌は設けられていない.急曲線の多いこの路線では,日常的に車輛間を往来することは,無理.ということで貫通路はあくまでも非常用.
Q7A_0933
連結面の客室.貫通扉も妻窓も,3000形では運転室だった部分の側窓もガラス面積が極めて大きく,新たな視界が開けそう

Q7A_0741
連結面の外観.切妻とひとことでいってしまえばそれまでだが,車両限界を突破しないための面取りもあり,屋根の形も含めてちょっとなんだか愛嬌のある“顔”が出来上がった.


デザイン監修は3000形と同じく,岡部憲明アーキテクチャーネットワーク.さすがに全く不自然さを感じさせない仕上がり……というか,もしかしたら,最初からこのような展開も念頭に置いて3000形がデザインされていた…の,か,な?

営業運転開始は5月の予定.単独2輛と,1輛増結の3輛での運転が予定されている.当然ながら,3000形とのペアを,大いに期待したいところである.
////隠す用
自社広報

T1705

【今月のオススメ記事】
横浜を起点として海老名と湘南台を結ぶ鉄道が,相模鉄道です.現在は東急電鉄やJR東日本との相互直通運転を目指して線路施設の工事が真っ盛りです.車輛面では,昭和30年代から意欲的なシステムやデザインの電車を投入してきましたが,その中の9000系が,今年12月に創立100周年を迎えるのを機に策定された,グループ全体でのブランドイメージアッププロジェクトの一環として全面的なリニューアルが始まりました.この機会に,デビューから四半世紀を経たこの電車をの総まとめとしてMODELERS FILEをお届けします.
 新連載として“信州を駆けた蒸機”がスタートします.長野で育った阿野伸一さんが,模型と実物の,さまざまな話題を展開します.第1回は重装備のD51コンビです.
 MODELERS FILEならぬ“模型製作資料”と銘打って,箕川公文さんが小田急電鉄1600形の話題を展開してくださいます.最初は原形から.次号以降で数多い譲渡車についても詳しく紹介されます.紙成模型塾もこの電車で,デハ1600形とクハ1650形の型紙がつきます.
 第2回池袋鉄道模型芸術祭や日本鉄道模型ショウin京都のイベントレポートも見逃せません.

【目次】
MODELERS FILE---------------------------------------------
  6 MODELERS FILE 相模鉄道 9000系
     グループ創立100周年のイメージリーダー
                      解説・イラスト:山賀 一俊
          写真:松本 まさとし/前里 孝/平野 聰/山賀 一俊
                写真協力:和田 町比人 協力:相模鉄道
新連載----------------------------------------------------
 3・30 少年時代の熱い記憶を模型で呼び起こす
     信州を駆けた蒸機 第1話 長野工場仕様のD51コンビ
               製作・文:阿野 伸一 写真:松本 まさとし
----------------------------------------------------------
  4 Products Data file トミックス製 真岡鐵道 C11・50系客車(N)
 22 2017 ニュルンベルクトイメッセ欧州新製品情報 中編
     特別協力:Spielwarenmesse eG Nürnberg/
     シュピールヴァーレンメッセ日本代表部/チムニー/
     日本プリンス/現地各法人・団体 写真協力:チムニー
 34 東急 旧5000系 第二話
     大井町線・目蒲線に棲んだ引退間際の青ガエルたち
                 写真(特記以外)・資料提供:山本 泰史
               文・イラスト:山賀 一俊 協力:U-TRAINS
 38 第2回 池袋鉄道模型芸術祭開催!
 43 第40回 日本鉄道模型ショウin京都から
 58 紙で作った流線形・三次元曲線やステンレス車
     ペーパーモデル普及に邁進する“とな会”の公開展示
              製作:鉄道模型同好会とな会+とな会協力会
                 取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
 62 柏崎トレインアトラクション'16 ~柏崎鉄サミット~
              取材協力:前田淳志・鉄道模型同好会とな会
 70 MODELERS FILE 最末期の西武701系冷改車を見る(その2)
         写真:山下 満・浅見 和也・南野 哲志 解説:山下 満
 76 模型製作資料 小田急1600形という電車 Part1
     登場から改造,地方私鉄への譲渡まで,変遷とバリエーション
                           解説:箕川 公文
      写真:大幡 哲海・小川 好博・下藤 直之・戸井 眞雄・山岸 庸次郎
 80 紙成模型塾 第46講 小田急デハ1600形・クハ1650形
     懐かしのABF系電車をみんなで作ろう! Part1 講師:箕川 公文
 86 正式開通した桃園機場捷運         文・写真:邱 浚嘉
            取材協力:桃園大衆捷運股份有限公司
147 紙成模型塾 型紙 小田急デハ1600形・クハ1650形
                           講師:箕川 公文
---------------------------------------------
 44 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
   第66回 UC5形有蓋コンテナの解説(2)
 48 線路は続くよいつまでも /信沢 あつし
   第81回 3つの坑口から延びる線路が残る
   岡山県備前市三石 大屋根の鉱山
 50 Nゲージ古典機への誘い /小川 謙二
   第13回 Kitson(英)
 54 N GAUGE EURO REMIX /解説:橋本 孔明
   第20回 ドイツ南東の地域輸送事業社“ALEX”
 64 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S
   第56回 WAVE瞬間接着剤
 66 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 68 Coffee Cup /前里 孝
   JR東日本“TRAIN SUITE 四季島”内装を観る
 88 新車登場
109 輝け!日本の運転会
110 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
   第70回:TEE(その1)
111 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
   第36回:日台縦断!鉄道スタンプラリー(その1)
112 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大 運行計画 2017年5月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
140 いちぶんのいち情報室
144 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
145 Combo Caboose・掲載広告索引

2017年4月21日(金)発売  定価:本体1,435円+税
eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

R102-W
レイル102号 最新刊のご案内です

■こどもの国線の半世紀とその前史
東急電鉄田園都市線の長津田から分岐する,短い支線“こどもの国線”があります.その名の通り,こどもの国を訪れる人たちのための路線ではあるのですが,他の同種の支線と異なるのは,その生い立ちです.今では歴史の中に埋もれてしまいそうになっている,興味深い経緯が秘められているのです.そしてそれは,路線だけではなく,施設そのものの用地にも深く関わっています.昭和20年代からの歩みを,関田克孝さんが,貴重な写真や資料とともに,仔細に語ってくださいました.また,長津田周辺を中心とする田園都市線の情景や車輛の思い出と変遷を,早川昭文さんと三浦 衛さんが披露してくださいました.

■スイス・ゴッタルト峠訪問
久し振りの外国レポートは,永年の工事を経て新トンネルが開通した,スイスのゴッタルト峠.新線への正式切り替えを目前に控えた昨年秋,最後の賑わいを見せる旧線を佐藤博紀さんが訪問されました.併せて,同時に訪問したスイス各地の鉄道のエピソードとともに写真と訪問記を披露してくださいました.

■公式写真に見る国鉄客車
第5回目は最初の三等寝台車であるスハネ30100形と,同時代に新造された荷物車マニ36750形,マニ36820形…後のスハネ31,マニ31,マニ32です.とりわけスハネ31は,戦争による三等車への格下げ前,新造時の内外装の仕様比較が見どころです.

■No.100にちなんでお目に掛けた“100の車輛たち”に,佐竹保雄さんと八木邦英さんから新たな写真が寄せられましたのでご紹介しています.また,日本国内最後の非電化ナロー路線だった尾小屋鉄道の蒸気機関車が復活運転を実施した時の田辺多知夫さんの写真とメモを,風間克美さんがご紹介くださいました.いずれも見逃すことのできない記録です.

2017年4月21日(金) 定価:本体3,600円+税
バックナンバーの内容はこちらからどうぞ
eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

JR東日本の山手線には,ひと月に何度か(でもまぁ,その程度ではある)乗る用事がある.去年の春以来,そのたびにE235系との遭遇を楽しみにしてきたわけだが,約50分の一の確率では,おいそれと願いが叶う訳もない.そのあたりの事情は,今年2月9日付けのここに記した通りである.
 その後も,結局2月も3月も,E235系電車とはご縁がないままに過ぎ去ってしまい,4月ももう10日を経過した.
 そんな今日,ようやく!
DSCN1126
山手線外回り電車に乗っていたらすれ違ったので,例によって逆方向に移動して巣鴨駅ホームの池袋方,桜が咲き誇る土手の下で待ち構えて捉まえたのが,この写真.外回りの電車がやってきたけれど,この場所なら安全確実,というわけである.


目撃談によれば,2月は梅,3月はタンポポで,去年と同じ絵柄だったようである.5月以降も精進して,来年の2月には完揃いを達成したいところである.

さてその山手線.3月の末には,反対側のホームに停車していたヤテトウ549編成の床下に違和感を覚えたので目を凝らしてみたら,電動空気圧縮機の箱のディテールが異なっていることに気づいた.次の出会いを待って撮影したのが,下にお目にかける写真.
P7A_9097
箱の蓋に,“Atras Copco”という銘板がある.編成はヤテトウ549,3輛のモハE230のうち,真ん中のモハE230-648だけが新しくなっている.

P7A_9099
モハE230-647の電動空気圧縮機箱.こちらがE231系の標準品である.形式はMH3119-C1600S1.クノールブレムゼ製.


最近の電動空気圧縮機の多くは四角い箱におさめられているので,どこがどう違うのか,よく判らないわけだが.それでも蓋の形と数が違うことが,見比べれば理解できるだろう.ちなみに三菱電機製はステンレス鋼の無塗装が標準なので,識別が簡単.

Atras Copcoという名前,耳に覚えがあると思ったら,一昨年の7月に東京有楽町の国際フォーラムで開催された“第9回 UIC高速鉄道会議”に出展していた,スウェーデンの会社である.このブログと,本誌の2015年8月号Coffee Cupでレポートしているが,この会社について説明しているのは本誌の方.“1873年の創業以来コンプレッサーを製造しており,床下吊り下げタイプで能力毎分1,400リットルクラスの製品を日本の大需要家にアタック中のこと”とある.その成果のひとつが,この試用(おそらくは)ということなのだろう.

このコンプレッサーを撮影するためにヤテトウ549編成を待っている間,なんとなく他の編成のE231系を眺めていたら,側窓の上辺に逆三角形(▼)の表記があるのに気付いた.いつごろからなのか……少なくともデビュー時には,なかった.
DSCN0866
側窓の上に▼マークが.その指し示す先にはドアコックが.ホームドアの新設に伴って,ドアコックの位置の確認が難しくなったことに対応したものだろう.モデルではよいピンポイントのアクセントになるだろう.平成29/2017-3-27


今日の最後は,山手線の西半分で並行する山手貨物線を走る,東京臨海高速鉄道の70-000系電車の変化.主制御装置などのシステム更新が進んでいることは知っていたが,最近になって,前照燈が明るい編成が増えた.観察してみたら,コイト電工製の新型LED球への交換が急速に進んでいたのだった.
DSCN0952
原宿の駅を通り過ぎる70-020編成の後尾.静岡鉄道A3000形など採用例が増えている,丸形配置のLED前照燈である.平成29/2017-4-1


そして特別?附録が原宿駅ホームの変化.
DSCN0938
お正月にだけ使われる臨時ホームに,大掛かりなパイプ枠が構築されている.駅の大改良工事の一環である.


この工事,昨年の6月に実施が発表されているもので,駅本屋を現在地から線路上に移動し,臨時ホームを外回り専用ホームに転用する.完成は平成32/2020年の予定.現在の本屋はどうなるのだろうか.

※2017.04.14:E231系配置標記訂正.トウ=東京総合車両センターです

////隠す用
自社広報

カメラマンの松本正敏です。
取材で埼玉県春日部市へ行って来ました。
最初は雲も多かったのですが,だんだんとても良い天気に!
取材先のセッティングもよくスムースに取材を終え、まだ陽が沈まぬので、気の合う知人の車に乗せていただき、近くの東武鉄道姫宮駅界隈へと寄り道です!
丁度満開の桜に遭遇。
気ままに鉄道談義などを楽しみながら私にとって今シーズン初の桜撮影でした。

D4O_7854_01

D4O_7875_01

D3K_4867_01
良い枝ぶりとはナカナカ難しいですが、何となく200系特急りょうもう、金色スペーシア!そして近々都心に来なくなるらしい区間快速の6050型もゲットしました。

どうせなら、りょうもう号のプユマ色が来ないかなぁ?と現場で話題になったので調べたら・・・
(東武鉄道のホームページに運用が載っています)
なんと!あと15分で上り列車でやって来るじゃありませんか!  これはチャンスと待ち構えるも暫し!

「あ・・・!」
D4O_7937_01
見事に被られました!辛うじて東急5000系との並び?は撮れましたけれど・・・。またまたリベンジです(笑)


と言っても、来年の桜との絡みはどれだけ出来るのでしょうか?多くは新型車両になっているんでしょうね?


最後に・・・。
D3K_4860_01
これも来年撮れるかな?東京メトロ03系の桜の日の丸写真です。これもこれで・・・。

さて、まだまだ桜を色々追いかけなければ(笑)

おしまい。

↑このページのトップヘ