モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

九州を本拠地として活動する企業の雄として,西鉄の名前を忘れることはできない.軌道線こそ廃止されてしまったものの,大牟田本線では鹿児島本線とともに,福岡県の交通を支えている.路線バスネットワークは全国有数(日本一?)の規模だし,僕たちの馴染みのない分野としては流通業,とりわけ国際物流では大手の一角を占めている.西鉄グループの事業の中では物流が大黒柱といえるのである.
 本拠地が福岡ということもあって,これまでは僕の頭の中に占める割合は,失礼ながら大きくはなかった.それでも福岡と北九州市内線はなんども訪問したし,大牟田線の流線形1300形(初代600形というべきだろうか)や連節車500形,甘木線の卵形200形は,憧れの電車だった.

そんな西鉄…今年で創業110周年となる西日本鉄道が,東京で事業計画発表と,来年春に運転開始予定の新しい観光電車についてのプレゼンテーションを催すというので.かつて鉄道趣味界の大御所だった高松吉太郎さんのお住まいとお店があった日本橋本町のすぐそば…日本橋室町まで出掛けてきた.
DSCN9179
最初は,西日本鉄道の倉富純男代表取締役社長による,各事業部門の現況や今後の展望,本拠地である福岡市の持つポテンシャルについての状況分析,そして事業計画の説明が行なわれた.


今年度の事業計画では,天神地区の再開発推進,ニュージーランドに現地法人設立,バス事業で“SUNQパス”と呼ばれる九州各地のバスや船舶に乗ることができるシステムの利用促進,そして新型観光電車“THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザ・レール・キッチン筑後)”の投入が挙げられた.
DSCN9168
アペリティフとして,福岡名産のブランド苺“あまおう”を使ったスパークリングワイン“あまおうプレミアム”が振る舞われた.なんだか頭の中がすっきりする味わいで,手近にあれば病みつきになるかもしれない…….列車内でも,ウェルカムドリンクとして提供される

DSCN9184
新型観光電車の説明は,担当者である吉中美保子課長(左)が担当.全体プロデュースを担当した,トランジットジェネラルオフィスの甲斐政博プロデューサー(中)と内装デザインを担当したランドスケーププロダクツの片山貴之さん(右)も同席.

外観
福岡南央子(ふくおかなおこ)デザイナーによる外観は,白をベースにしてキッチンクロスの赤いチェック模様を配している.片側4枚の側扉は1枚を残して埋められる.側窓も新たにデザインされている.写真;西日本鉄道


種車は6050形電車.先ごろ惜しまれつつ引退した8000形を使っていないのは,6050形の方が一世代新しいから,ということだそうである.そのほかに,既に2編成が観光電車に改造されていたこと(それも廃車となったが)や,6輛編成を短縮するのに3連化が難しそうだというのも理由なのかもしれない.
車内レイアウト
モダン,なおかつカジュアルをテーマとしている.両先頭車はそれぞれ22席の客席がある,床にはバラストを加工した人造大理石を敷き詰める.また,西鉄電車としては初というトイレを設備.うち,大牟田方は車椅子対応である.中間車のオープンキッチン内には電気式ながらも“窯”を中心に据えている.写真:西日本鉄道


そのキッチンからは,地元産の材料を積極的に採用したメニューを揃える.メインディッシュは“窯”で焼き上げたピザ.価格帯は,“ちょっといいレストランでお食事”をイメージしてほしいとのこと.正式発表は9月頃の予定である.
春メニュー
春のメニュー.筑後産の小麦,八女市産のたけのこ,大木町産のアスパラガスを使ったピザ(左上).福岡県産のあまおう,北野町産のラディッシュ,福岡県産のバターを使ったアミューズ(左下).右側は前菜で,博多和牛と有明海柳川産のお刺身海苔を使った肉のプレート(上)と,大木町産のアスパラガス,うきは市ゆむたファームのたまご,みやま市産のセロリ,大木町産の王リンギを使った野菜のプレート(下).いずれも二人分.写真:西日本鉄道


運転日は,毎週末,金・土・日曜と祝日.ランチ列車とディナー列車がそれぞれ片道で一日1往復ということになる.
 ランチ列車は西鉄(福岡)天神を11時半頃発車して柳川で停車(下車のみ),大牟田までの74.8kmを,約2時間掛けて運転する.ディナー列車は大牟田を17時頃発車して柳川で途中乗車客を受けて西鉄(福岡)天神まで,やはり2時間掛けて運転する.これは,同社の通常の普通列車より少し早く,急行・特急よりだいぶ遅い.
 また,西鉄(福岡)天神と太宰府との間でモーニング列車も検討中とのこと.時間,料金が気になる.

さてこの列車,5年以上前から構想があり,3年前から急速に具体化し,昨年4月の発表に至ったとのこと.お客様のターゲットは,まずは地元の人たち.鉄道への親しみを持っていただくことを大きな目的としているのだそうだ.
 加えて,各地からの観光客に,デイトリップのひとつとしてアピールしてゆきたいとのことである.

 現車の改造は既に着々と進んでいる.一日も早いお披露目を期待したい.
※2018.05.21:一部語句修正

////隠す用
自社広報

T1806

【今月のおすすめ記事】
昭和30年代から大量産され,東武鉄道の“顔”となった8000系電車.現在もなお区間列車用として活躍していますが,その中で唯一,原形の“東武顔”を残した8111編成が東武博物館所有で動態保存されています.今回はその編成を徹底的に紹介するとともに,亀戸線や大師線などで活躍する2連のワンマン仕様車やその他のリバイバルカラー採用編成をお目に掛けます.
 注目記事のひとつめは,“セメント工場のある風景”.鈴木 肇さんが16番で製作された,セメントサイロや荷扱い設備を含むセメント工場のレイアウトです.ふたつめは“麗し,関西の私鉄電車2017年版”.関西合運に際して大集合した,関西の私鉄電車たちです.
 N GAUGE EURO REMIXはユーロスターを含むTGVたちの第3回目.中国国鉄の新型客車たちも見逃せません.庭園鉄道では5インチゲージで自作したバラスト撒布車ホキ800の製作記です.
 その他,一般記事や好評の連載記事も満載です.

【目次】
MODELERS FILE---------------------------------------------
  6 MODELERS FILE 東武鉄道 8111編成
     奇跡的に生き残った“ザ・東武顔”
     その現状 With リバイバルカラーの8000系たち
                      解説・作図:山賀 一俊
          写真:久留 欣彦/矢田 和之/前里 孝/山賀 一俊
                         協力:東武鉄道
注目記事--------------------------------------------------
 3・22 セメント工場のある風景             鈴木 肇
 54 麗し,関西の私鉄電車2017年版 関西合運 Part2
               取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
----------------------------------------------------------
4・107 第15回鉄道模型市2018から
 30 自由すぎるジオラマ・モジュール
     “鉄犬モハモハ主義”がJAMに進出.そして今年も… Part2
     乾 純・上野 尚之・太田 守彦・荻原俊夫・澤 茂樹・下村 和也・
        杉山 壽雄・樽井 健太郎・長谷基 司・針生 秀樹・洞澤 宏樹・
          松本 潤一・宮下 洋一・村上 喜俊・森岡 仁志・山野 満
                 取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
 38 2018 ニュルンベルクトイメッセ
     欧州新製品情報 後編
 46 中国鉄路25型客車概説       解説:大沼 光一・横川 和明
 62 サロン・ド・庭園鉄道 5インチゲージでホキ800を自作する
                    文・写真 佐藤 正純(J.C.F.C.)
 66 N GAUGE EURO REMIX
     第25回 TGV(その3)           解説:橋本 孔明
---------------------------------------------
 36 Coffee Cup /前里 孝
    国鉄特急色電車の終焉
 52 線路は続くよいつまでも /信沢 あつし
    第94回 町家造りのうなぎの寝床の長い線路
    埼玉県川越(1)歴史ある街の鰻の林屋
 70 22世紀の汽車絵本 第10回 国鉄C10・C11・C12形
    未来へ伝えたい車輛をイラストでリマスター
    思い出絵師:鈴木信雄/思い出語り:長谷川 興政
 74 DieselPower in USA! /佐々木 也寸志
    Vo.71 ニュージャージー州エリザベス
    ニューヨーク.マンハッタン南西の撮影スポット
 78 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S
    第66回 クレオスのウェザリング用品
 80 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第77回 UC5形有蓋コンテナの解説(13)
 82 台湾鉄道ナビ  /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 86 新車登場
108 “林”発掘再生工場 Season3  /林 信之
    第10回:失敗は成功のもと.特急キハ82系
109 E.NUKINAのB級コレクター道  /貫名 英一
    第83回:蒸気動車(その4)
110 子連れ鉄日記 /写真・文:山本晃司
    第49回:京成スカイライナー
    JR東日本成田エクスプレス乗り比べ
111 輝け!日本の運転会
112 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大 運行計画 2018年6月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
140 いちぶんのいち情報室
144 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
145 Combo Caboose・掲載広告索引

2018年5月21日(月)発売  定価:本体1,435円+税 


eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

一昨日,JR東日本の定例社長会見が行なわれ,“伊豆エリアへ新たな観光特急列車を運行します”と題して,E261系電車構想が発表された.
 東京から伊豆方面への直通特急といえば,古くは157系の“あまぎ”があり,その引退後には183系1000番代や185系が“踊り子”として使われた.185系は登場後30年以上を経てなお,現役である.251系だって,デビューは平成2/1990年4月だから,もう28年も前のこと.充分に“ベテラン”の域に達している.けれど,いまもなお斬新なイメージは失われてはいない.名作のひとつだと,僕は思っている.

さて新しいE261系電車.8輛固定編成で,オールグリーン車なのだそうだ.“観光特急”ということで,現今流行の“ツアー方式”列車なのかと思ったら,そうではなくて,普通に駅で切符を買って乗ることができる“定期列車”とのこと.これを聞いて,なんだか安心したのは,なぜだろう.
 “オールグリーン”とはいえ,その中にクラス分けがあって,伊豆急下田方先頭車…旅客案内上の1号車は“プレミアムグリーン車”となる.2輛目と3輛目は個室グリーン車.4輛目は“ヌードルバー”で,5輛目は大型車椅子対応トイレや車椅子スペースなどを備えたグリーン車.6~8輛目が“一般の”グリーン車となる.
※今回はいつもより大きな画像が開くことがあります.ご注意ください.
E261系見付図
編成図.左が東京及び新宿,右が伊東及び伊豆急下田となる.プレミアムグリーン車の腰掛や個室は海側に寄せられ,“ヌードルバー”のカウンター席も,すべて海側を向いている.写真:JR東日本
エクステリア1
編成外観.251系ほどのインパクトはないけれど,スマートにまとめられたという印象.デザインは,近年のJR東日本の車輛の多くを手掛けている,奥山清行代表のKEN OKUYAMA DEGIGNが担当している.写真:JR東日本

車体塗色は“伊豆の海と空”の紺碧色をベースにし,窓廻りに“溶岩地形である城ヶ崎海岸の黒黒とした岩石”のグレーを配し,正面裾から車体側面幕板上部に掛けては“伊豆の砂浜が太陽の光を受けて金色に輝く様子”をイメージしたホワイトのラインをあしらっている.
 251系の大胆な大型窓の替わりに,幕板上部のホワイトラインの上に天窓を設けて開放的な室内空間を演出している.

編成外観図は,窓配置から推察して,伊豆急下田方先頭車,すなわちプレミアムグリーン車を前にして描いているようである.となれば2輛目と3輛目は個室グリーン車.その次が“ヌードルバー”そしてグリーン車…となる.パンタグラフは4輛目と6輛目に描かれている.とすれば,編成は伊豆急下田方からクロE260+サロE260(またはサロE261)+サロE261+モシ(食堂車扱いになるならば?)E260+モロE261+モロE260+モロE261+クロE261だろうか.

客室に入ってみよう.
プレミアムグリーン車
1号車プレミアムグリーン車.ひとりずつ独立した腰掛が海側に寄せて10列20名分並ぶ.シートピッチは1,250mm.荷物は腰掛下及びデッキ脇の大型荷物置き場に収納する.編成外観図ではガラスのようにもみえた運転室屋根肩部は,どうやら窓ではないようだ.写真:JR東日本
グリーン個室
2号車と3号車はグリーン個室.4名部屋と6名部屋が1輛に2室ずつ用意される.定員はともに20名だが,付帯設備のレイアウトが違い,側扉の位置も異なっている.写真は6名室.写真:JR東日本
4号車その1
テーブル席を山側に配し,海に向かってカウンターを設けた4号車“ヌードルバー”.料理は客席から見えるオープンキッチンで調理される.“ヌードルバー”のデザインは,“TOHOKU EMOTION”の飲食プロデュースなどに携わった,中村貞裕代表のTRAINSIT GENERAL OFFICEが担当している.写真:JR東日本

“ヌードルバー”とは,説明によれば“日本人が愛してやまないめん文化のすばらしさと奥深さを,新たな観光特急列車から世界に向けて発信”するのだそうだ.プレス資料には参考としてうどん,蕎麦に加えてラーメンらしき写真が添えられていた.
 さてこの4号車の車種記号は,電動車とすればモシ?付随車ならばサシ?それとも“シ”ではない新たな記号がつくのだろうか.
グリーン車
そして5~8号車はグリーン車.海側に2人,山側に1人の腰掛を1,160mmピッチで並べている.定員は付帯設備によって各車異なり,大型車椅子対応トイレや多目的室,車椅子スペースを持つ5号車が14名,6号車が36名,トイレ・洗面所がある7号車が30名,東京・新宿方先頭車である8号車が24名となっている.これらグリーン車には,大型荷物置き場のほか,幕板部にガラス製の荷物棚が設けられている.写真:JR東日本

各車に共通の設備は,全席への電源コンセント,無料Wi-Fiがある.

さて,このE261系電車,運転開始予定は2020年春.運転区間は東京及び新宿と伊豆急下田の間.製造されるのは2編成とされている.
 現在の251系電車はどうなるのかといえば,この列車の運転開始とともに引退の予定と発表された.251系の4編成に対して2編成だけでどのように運用するのか,製造はどこの会社が担当するのか.はたまた車体はアルミ合金製なのかステンレス鋼なのか,それとも普通鋼なのか….最初に記したような車種記号や電動車・付随車の配置具合など,そして列車名がとうなるのかも含め,さまざま興味は尽きない.
////隠す用
自社広報

4月19日付けのここで“2018年春のE235系電車”を記した.
 その中で,“(量産先行編成は)どうやらATS-Pを撤去したようで,先頭車の保安装置標記が“C”だけになっていた,ような,気がする.”と記している.その後,ずっと気にしていたのだけれど,なかなか遭遇することができず…なにしろ確率は50分の1…,昨日,ようやく新宿駅で観察のチャンスに恵まれた.
 結果は,やはり見間違いではなく,運転室脇の保安装置表示は“C”のみ.妻面の標記は全体が貼り直されていて,重量は新製時の33.3tから33.2tに変更されていたのである.機器箱そのものは変らず,標記だけが量産編成と同じ“D-ATC”となっている.ということは,ATS-Pにかかわる機器の重さは約100kgだったということか.
N7A_3920
落成した直後の保安装置標記.FRP部分に“P”と“C”の文字が見える.平成27/2015-3-26 東京総合車両センター
DSCN9013のコピー
昨日の新宿駅で見たトウ01編成の保安装置標記.量産編成(右=トウ13編成)と同じように,ステンレス鋼の構体部に移動したうえで“C”だけになっている.FRP部には,以前の標記を剥がした跡が残っている.
DSCN9010
トウ01編成クハE235-1妻面の標記.重量は33.2t.重量だけを貼り直すのではなく,全体を新しくしている.
DSCN9001
トウ13編成クハE235-13妻板の標記.量産編成のクハE235は33.4tである.

発車してゆくトウ01編成で撮影した,5月のバックサインである菖蒲も併せてご覧いただこう.
DSCN9019
“菖蒲”は,去年も撮影してはいたのだが,ここでご紹介することができていなかった.

E235系の話題は,まだ尽きそうにない.

地下鉄銀座線渋谷駅
そういえば今日から5月5日深夜まで,東京地下鉄銀座線の渋谷駅では大規模な線路移設工事が行なわれている.早起きして様子を見に行こうと思ったのだけれど,あまりの風の強さに怖気づいてしまった…….東京地下鉄のウェブによれば“運休中”となっているから,工事は着々と進められているのだろう.
 これは渋谷駅移設と改良のための線路移設第2回目.1回目の様子は本誌の2016年12月号(通巻504号)のCoffee Cupでお伝えした.
 渋谷と表参道,青山一丁目と溜池山王の間が丸々3日間運休となり,表参道と青山一丁目の間は前回と同じく保安装置を単線閉塞式としてピストン運転されているはずである.
DSCN8979
いつもの(?)Shibuya Hikarieから撮影した,線路移設直前の銀座線渋谷駅.今回の工事では,渋谷行きと浅草行きの線路が南北に引き離されて,新しいホームのためのスペースを作り出すことになっている.既に開業時の高架橋は存在しない.
第2回のコピー
今回の工事の概要図.黄色線が移設前,赤線が移設後の線路.併せて勾配改良も実施される.新しいホームは東口駅前広場の直上…今回南北に移動した線路の真ん中…に設けられる.写真:東京地下鉄

新しい銀座線渋谷駅が使用開始となるのは,来年下期の予定とされている.
////隠す用
自社広報

全国各地,あれほど走っていた“国鉄型特急電車”も残り僅かとなった.でもJR東日本の中央本線の豊田電車区…ではなくて豊田車両センターには6輛編成3本が配置されていて,臨時列車などに使われてきたから,僕の行動範囲では遭遇するチャンスも多く,まだまだ“絶滅”の実感はなかった.けれど,今年はじめに1本が廃車となり,そして今月に入って残り2本が引退することも発表されたのだった.
 これで残りは長野に配置の1本だけ.これは信州地区での使用が主だから,僕の目に触れるチャンスは少ない.
 “こだま形”のモデルチェンジ版として183系が登場したときには,特急用なのに側扉が“2枚も”ある,食堂車はおろかビュフェの設定すらない,腰掛の背もたれがリクライニングするのはよいけれど身体を起こしたら背もたれが追い掛けてきて背中を引っぱたかれる.そもそも,同時期に製造の交直両用485系とともにボンネットがない,などと散々な評価だった.その後,ボンネットをやめた理由のひとつである“併結のための貫通扉設置”が全くといってよいほど活用されなかったために“非貫通”タイプが登場することになるのだが,“ならばボンネットを復活させてもよいではないか”という意見が,趣味人ではなく沿線の人々から出たという.それほどに“こだま形”は日本中の憧れの的だったのである.
 それでもまぁ,見慣れるにつれてこの表情への違和感も徐々に薄れた.そればかりか,僕は,非貫通でヘッドサインの窓が大きくなったグループを,少し好きになったほど.
dsb_3416
183系と碓氷峠での協調運転仕様の189系電車は,10年前には関東各地の車両基地に臨時列車用として配置されていて,関東平野では当たり前の存在だった.写真は東大宮配置のOM103編成.最終的には長野に転じて平成27/2015年まで働いた.東大宮 平成20/2008-4-28

この10年であれよあれよという間に数を減らし,今回の“さよなら運転”企画となったわけだが,その運転を前に,八王子支社では外観のみながら最後の2編成を報道公開した.
A8A_3489
M51編成は国鉄色.今年に入ってから,先頭車側面のJNRマークも金属板ではないけれど復活している.編成は東海道本線の新宿方からクハ189-508+モハ189-25+モハ188-25+モハ189-30+モハ188-30+クハ189-10.クハ189-508だけが側窓の天地寸法が大きい.
A8A_3427
グレードアップあずさ色のM52編成.こちらはクハ189-509+モハ189-38+モハ188-38+モハ189-41+モハ188-41+クハ189-11.こちらもクハ189-509だけ側窓の天地寸法が大きい.豊田車両センター 平成30/1018-4-19
A8A_3625
4月22日,最後の営業列車として豊田と甲府の間の往復を終えて豊田車両センター横を走り抜けるM52編成.

残るM51編成は,あす27日のお昼前に豊田を出て,長野までの片道運転が本当の最後の花道となる.
 これで関東地区ではおいそれと183・189系電車をみることができなくなった……と思ったのだけれど,大宮の鉄道博物館に“ランチトレイン”として保存展示されているのが183・189系電車であることを思い出した.
 折りしも今日の午後,週末27日から始まる企画展の内覧会があったものだから,帰りがけ,久し振りに姿を拝んできた.
S7A_1628
7月5日のオープンを目指して新館の工事が追い込み段階で,普段は先頭車の顔を拝むことができないのだが,特にお願いして撮影させていただいたのがこの写真.画面右にはE1系の先頭車がちらりと見える.新館の全貌は改めてご紹介の予定なので,楽しみにお待ちいただきたい.ちなみに車号は,向かって左がクハ183-1020+モハ189-31.右がクハ183-1009+モハ188-31.

さて,今日の博物館訪問の主目的である企画展.テーマは「明治150年記念NIPPON 鉄道の夜明け」.
 明治150年を迎える今年にちなんで“日本の鉄道前史”を説き起こす展示会.重要文化財の古文書や錦絵のオリジナルに接することができる,希有の機会である.
DSCN8776
2階のスペシャルギャラリー1で開催の企画展.入口には国産第1号機関車860形と現代の鉄道博物館を混ぜ合わせ,画面一端にはモレル夫妻も登場させせたタペストリー(?)が掛けられている.説明するのは担当学芸員の河野真理子さん.
DSCN8788
会場の一部.画面中央は“機関車ナポレオン”の複製.DSCN8784
東海道筋鉄道巡覧書.東京と京都・大阪を結ぶ鉄道ルートを比較検討するために実施された現地踏査報告書の原本.まだまだ江戸時代の風景そのものである東海道沿道の様子を,実に仔細に記録した大冊.その原本を拝むことができるのは,おそらくは初めてのこと.
DSCN8787
勝海舟が描いた汽車の絵.勝が天皇の求めに応じて汽車の説明をした際に描いたものと伝えられる.そのほか,諸外国人が日本に持ち込んだ機関車模型のスケッチや,ジョン万治郎が描いた汽車の絵の写しなど,本当にこれまで原本に接することができなかった資料が,ふんだんに展示されている.

展示資料の総数は,明治150年にちなんだわけでもないだろうが,約150点という.ただし,錦絵などは変質をおそれて頻繁に展示替えが行なわれる予定なので,一時に見ることができるのは130点程度だという.東海道筋鉄道巡覧書なども,変色を防ぐために随時ページがめくられることになっている.すべてをみようと思えば何度通えばいいのか…….会期は9月30日までと長期に及ぶから,実現不可能ではないが.
 ちなみに,いつもできのよい図録ももちろん作製されていて,税込み700円で頒布されている.この連休中の予定のひとつに,ぜひ.もしかしたら来場者1,000万人達成に立ち会えるかもしれないし.
※:企画展会場内は撮影禁止です.ここに掲載した写真は内覧会に際して記事掲載用として事前の許可をいただいて撮影したものです.

↑このページのトップヘ