モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

IMG_0163
本日17日は西武鉄道が“52席の至福”の運行を始めてからちょうど1周年である。大手私鉄が豪華お食事列車を運行したのは西武が初めてであり、今だ唯一の存在。その西武鉄道が今まで以上のピーアールを狙ってプレス向け試乗会を開催したので参加することにした。詳しい記事は16日に前里がブログに上げているのでそちらに譲るとして、私は饗された料理を中心に掲載することにしよう。
IMG_0164

主にレッドアローが停車する2番線ホームに“52席の至福”は入線する。下に目をやると列車名が記された乗車口位置表示が、、、
IMG_0165
12時42分に“52席の至福”こと4009編成が入線
IMG_0166
ドアが開くと同時にクルーがレッドカーペットを敷いてお出迎えしてくれた。笑顔がすてきなお姉様たち
IMG_0167
案内されたのは2人用の第7テーブル。他に4人テーブルがある。コースター、紙ナプキン、プレースマット、箸袋はオリジナル。コースターはゴム製で持ち帰ってもOKとのこと。綺麗なまま持ち帰って、旅の思い出にするのも良いだろう
IMG_0168
さてさて、取材陣が乗車すると列車は間を置かずに発車した。高田馬場を過ぎた頃、アテンダントがドリンクの注文を取りにきた。向かいに座った前里は赤ワイン(秩父ルージュ)を注文、私はお酒がそれほど強くなく、写真撮影もあったのでオレンジジュースを注文した。アルコール類は別料金だが、ソフトドリンクは料金に含まれている。それにしても、乗車と同時に空腹になった。現金なお腹である
IMG_0169
本日はブランチコースが饗されるそうだ。ブランチは5年連続でミシュラン一つ星の“Ostu”の宮根正人氏がプロデュース。ちなみにディナーの監修はあのフレンチの鉄人、坂井宏行氏だ。最初に出されるアミューズはこれからの料理を占う上で大変重要なもの。自然と期待も高まる。目の前に現れた皿はヴィテッロ トンナート ~深谷牛のローストビーフ ツナソース~。イタリア・ピエモンテの代表料理だそう。ローストビーフにケッパーとアンチョビを和えたツナのソースがかかっている。上に添えられたのはケッパーの実の酢漬け
IMG_0170
パンはモチモチ。素朴な味だが小麦粉とバターの匂いがしっかりしている
IMG_0171
オードブルはトリュフの薫りをまとった 玉ねぎのオーブン焼き。アテンダントのお姉様たちは1輛につき3人という構成。どのアテンダントも笑顔がとっても素敵だ
IMG_0172
単なるたまねぎ???と思ってフタをあけると黒トリュフがお出迎え。トリュフを食し、スプーンを中へと進めると豚挽肉とフェンネルシードを炒め、チーズを混ぜ込んだ美味しいペーストが入っている
IMG_0174
お次はサツマイモラヴィオリ、セージバターソース。それにしてもアテンダントの笑顔がまぶしすぎる、、、
IMG_0175
パスタの1種であるラヴィオリ。中には挽肉が入っていることが多いが、これはなかにサツマイモとリンゴが入っている。ラヴィオリをセージ風味のバターソースに潜らせると香ばしいバターの下から甘酸っぱいリンゴの酸味が口の中に広がる
IMG_0176
メインディッシュは骨付き豚肉のトロトロ煮込み レンズ豆添え。骨付き豚肉を柔らかくなるまで野菜と白ワイン煮込んでいる。オレンジ色の座布団はレンズ豆にトマトソースをあえたもの
IMG_0177
最後のデザートは秩父のパン屋さんで焼き上げたもの。甘すぎず、ふわっとして優しいお味。ブラックコーヒーに良く合う
IMG_0178
秩父にあるウイスキー専業メーカー、イチローズモルト「52 席の至福」。アルコール度数は59.4度と結構高め。そこは52度で、、、と安直に思う私はウイスキー一切飲めないので、これに関してはコメントを差し控える
IMG_0179
お酒の評価はできないが、美しいアテンダントと極上(かどうかは確認不可能)のウイスキーのツーショット、、、といってもダブルのことではない(笑)
IMG_0180
饗された料理は以上。肉料理が多いが、途中にリンゴの入ったラヴィオリが出るなど、重くなりすぎず胃がもたれることはない。大人の男性で腹八分目といったところ
IMG_0181
途中、芦ヶ久保駅で運転士に敬礼のポーズをとって頂いた。特製の帽子は特別列車を運転するスペシャリストの証
IMG_0182
西武秩父にて。カメラでそこら中撮影させて頂きご迷惑をお掛けしました(汗)

 いかがだったであろうか?美味しい食事とアテンダントのサービスと笑顔、私は十分満足できた。西武鉄道は都心部から離れるとしばらく住宅地が続き、そして飯能のスイッチバックを過ぎると山間部に入っていく。その山々は決して険しすぎず、人家もぽつぽつとある懐かし里山の風景だ。それらを眺めながらの食事は日本ならではの贅沢といえよう。
 、、、と、褒めてばかりでも読者に信用されないと思うので、少しだけ希望を述べよう。まず、ブランチでもしっかりとしたテーブルクロスが欲しい。また、隈研吾氏のデザインした室内は大変落ち着いてよろしいのだが、秩父を連想する絵画かタペストリーなどがデッキに掲げられているとなお良いのではないか。シンプルが良いのかもしれないが、ややシンプル過ぎる感は否めなかった。それでもこの価格とサービスは十分満足のいくもであることは変わりない。
 ブランチコースは2名以上1人1万円(税込)、ディナーコースも同様に2名以上1人1万5千円(税込)である。詳しくは以下のサイトをご覧頂きたい、、、
52席の至福、公式HP ←ここをクリック! 

1万そこそこで楽しめる贅沢、、、たまには良いかもしれない 
////隠す用
自社広報

T1704

【今月のオススメ記事】
3月25日から営業運転を開始する西武鉄道40000系電車.休日は西武秩父と横浜
元町中華街までの4社線直通,平日は所沢と東京地下鉄豊洲との間で運転される
有料座席指定制列車“S-TRAIN”として使われる車輛です.有料列車ではクロス
シート,通常の列車ではロングシートとして運用できる転換式座席を備えている
ばかりでなく,その他にもユニークな設備をもっているこの電車の全てを御覧い
ただきます.
 これに合わせて,今は亡き701系電車の冷房改造後の姿を山下 満さんが纏め
てくださいました.今月はその第1回目です.
 模型でも701系やその姉妹車輛をNゲージで再現した作品をご紹介しています.
 また,“青ガエル”としてファンに有名な東急電鉄5000系の最終期の姿の形態
分類記事も注目です.
 模型作品では,JRの軽快気動車の作品群も見逃すことはできません.
 毎年早春の恒例記事として,今年も欧州新製品情報をニュルンベルクからお届
けしています.今月は前編.
 一般記事や好評の連載記事,イベントレポートなども充実です.

【目次】
MODELERS FILE---------------------------------------------
  6 MODELERS FILE 西武鉄道 40000系電車
     人にやさしい みんなと共に進む 最も進化した通勤電車
     まとめ:前里 孝 写真:前里 孝/山賀 一俊 協力:西武鉄道
 18 最末期の西武701系冷改車を見る(その1)
                        写真・解説:山下 満

 24 701系列の時代をNゲージで作り込む
     西武・電車フェスタ模型サークル作品集
----------------------------------------------------------
3・54 【新連載】東急 旧5000系
     大井町線・目蒲線に棲んだ引退間際の青ガエルたち
                 写真(特記以外)・資料提供:山本 泰史
               文・イラスト:山賀 一俊 協力:U-TRAINS
  4 Products Data file カトー製 国鉄ED70/寝台急行“つるぎ”(N)
 34 2017 ニュルンベルクトイメッセ欧州新製品情報 前編
     特別協力:Spielwarenmesse eG Nürnberg/
     シュピールヴァーレンメッセ日本代表部/チムニー/
     日本プリンス/現地各法人・団体 写真協力:チムニー
 46 JRの軽快気動車
     JAM2016の成果と,今夏のテーマを発表します
                製作:チームおやびん+会場参加有志/
                 取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
 74 “懐”に優しいミニ車輛工作
     スクラッチ・ビルドで楽しむOナロー Part1    池田 和夫
 82 製造時の姿に,よみがえったB型客車
     よみがえれボールドウィン実行委員会2016年活動報告
                     写真・レポート:信沢 あつし
 86 第4回 横浜鉄道模型パーツ・キット即売会
    スワップミート同窓会2017
---------------------------------------------
 44 Coffee Cup /前里 孝
     垣間見た“トワイライトエクスプレス瑞風”
 58 エイジングストラクチャー
     情景職人が生みだす“時間・質感・生活感”
     第9回 駅前旅館(その2)
     製作・文:伊藤 肇(匠ジオラマ工芸舎)
     撮影:伊藤 肇・八島 弘仲
 62 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S
     第55回 タミヤのダブルアクションエアブラシ
 64 線路は続くよいつまでも /信沢 あつし
     第80回 奥深き三石.全貌の見えない魅力
     岡山県備前市三石の小さな鉱山
 66 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
     第65回 UC5形タンクコンテナの解説(1)
 70 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
     Vo.64 2016年 北米鉄道情報
     イリノイ州ロシェル鉄道公園
 78 22世紀の汽車絵本 第3回 国鉄8620形
     未来へ伝えたい鉄道をイラストでリマスター
     思い出絵師:鈴木信雄/思い出語り:長谷川 興政
 84 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:台北ナビ
 88 新車登場
109 輝け!日本の運転会
110 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
     第69回:Nゲージ生誕50周年
111 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
     第35回:西武鉄道 妖怪ウォッチスタンプラリー
112 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大 運行計画 2017年4月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
140 いちぶんのいち情報室
144 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
145 Combo Caboose・掲載広告索引

2017年3月21日(火)発売  定価:本体1,435円+税

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

J67

■第67号の主な内容(登場順)
特集 御殿場線 D52
D52と富士山
御殿場線 D52の想い出
御殿場線の思い出
御殿場線のD52
五日市線と宮崎交通
ヴォルシュティン  
ポーランドの蒸機牽引特別列車


とれいん5月増刊
定価:本体3,000円+税
A4判横綴じ84ページ(内カラー16ページ)
2017年3月21日(火) 発売

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

eshumi-kounyu

amazon
////隠す用
自社広報

昨日3月15日,まもなく運転開始から1周年を迎える“52席の至福”の旅を,西武鉄道からメディアツアーにお誘いをいただいて,出掛けてきた.
 昨年春のデビュー時試乗会には,どうしてもスケジュールが合わなくて,泣く泣く,豊島園の駅での展示を見ただけで事務所へ戻らなければならなかった.だから,ようやく念願が叶ったという次第.喜び勇んで,待ち合わせ場所の西武新宿駅へ.
DSCN1519
西武新宿駅2番線.アテンダントさんに迎えられて乗車.案内されたのは,荒川の水の流れを西川材と呼ばれる杉の木で表現した,所沢方先頭車である4号車


この“52席の至福”,4000系4009…4010の編成については,本誌の今年新年号“特集・西武鉄道”の中でMODELERS FILEとして詳しく紹介した.詳細記事を担当する際には,対象の車輛を自分自身の目で観察するのは当然のこととして,できる限り,乗車してみることにしているのだけれど,この電車に関しては,それができなかったのが心残りではあった.だから,嬉しさ一入というわけなのである.
 乗車して落ち着く間もなく,“どこか,いままでから変わったところはないか?”と確認のため列車内を一巡り.ほとんどは見覚えのある光景だったが,ただひとつ,2号車に違いを見つけることができた.意味もなくうれしくなってしまうのは,“好き者”の性というべきか.
P7A_6899
2号車,4109の飯能・西武新宿方は“ギャラリー”とされていたが,1位側壁面に鏡が新設され,パウダーコーナーに変身していた.下の写真は昨年秋の,ギャラリー時代.

DSA_3748


P7A_6843
上石神井と小手指では,乗務所の人たちが小旗と手を振って,歓迎してくれた.写真は上石神井.


そうこうしているうちに,客席にはアミューズとしての深谷牛のローストビーフ けっぱーの身添えツナソース,前菜としてタマネギのオーブン焼き,セージのバターソースを和えたサツマイモのラヴィオリと,次から次へと料理が供される.メインの“骨付き豚肉のトロトロ煮込み レンズ豆添え”に合せて,いつもお気に入りの秩父ルージュを味わう.まさに至福のひととき.
 でも,“取材”なのだから,調理の様子を撮影するためにキッチンと客席を往復し,さらにアテンダントさんの様子もスナップし…と,実際には,大忙し.
P7A_6987
メインの“骨付き豚肉のトロトロ煮込み レンズ豆添え”.アテンダントさんの笑顔が,料理の味をさらに引き立ててくれていた

P7A_7011
デザートブッフェは4種のケーキの取り合わせ.飲み物は,紅茶をオーダーすれば地元の“よこぜのおいしい紅茶”が供される


所沢と飯能でそれぞれ進行方向を変え,普通電車を追い抜いたり,特急や40000系の試運転(!)を対比したりしているうちに,列車はあっという間に芦ヶ久保へ到着.終着を目前に控えたここで約30分間の大休止.たっぷりとした食事のあとの腹ごなしとばかりに,駅前に設けられた道の駅などを冷やかしに出かけてみたり…….
P7A_7021
芦ヶ久保で大休止中の“52席の至福”とお客様たち.背景の山の緑が,春の近づきを感じさせてくれていた.


そして無事に到着した西武秩父駅は,1年前に西武特集の撮影で訪れたときから大きく様変わり.大きな建物がほぼ完成状態に達していた.駅の本屋は各部がリニューアルされ,隣接する新築部分には,“祭りの湯”と名付けられた温泉施設が4月24日にオープンするというのだ.併せて地元の名物を味わうことができる“祭りの宴”,お土産などを販売する“ちちぶみやげ市”も設けられることになっている.
DSCN1596
内外装の仕上げに大童の“祭りの湯”は,4月24日に“祭りの宴”や“ちちぶみやげ市”とともにオープンする.

せっかく秩父までやってきたのだから,というわけで向かった先は,横瀬に近い“小松沢レジャー農園”.シーズンが始まった,いちご狩りを楽しもうという趣向.秩父いったいには,いちごだけでなく,ぶどう,りんご,しいたけ,ブルーベリー,カボスといった観光農園が多彩に展開していて,四季折々で楽しむことができる.
DSCN1602
武甲山を綺麗に望むことができる場所にある,小松沢レジャー農園のいちごハウスには,春を通り越して初夏の香りが充満していた.


そして一日の締めくくりは西武秩父駅から徒歩数分…というより,秩父鉄道のお花畑駅に隣接する市街地にあるホルモン焼きの店へ.“なんで秩父でホルモン?”と思ったあなたは,僕と同じ.そうでないあなたは,情報通.
 秩父一帯には養豚場が数多く存在するのだそうで,昔から地元の人に親しまれてきたホルモン焼きを,近年,いわゆるB級グルメとして売り出し中とのこと.
DSCN1610
供給地直結ならではの新鮮なメニューがたくさん.しっかり焼いて,たっぷり食べて…….



DSCN1590
そして帰りは,新装なった改札口から,西武レッドアロー号で寛ぎの旅を.

次回は,ぜひとも仕事を抜きにして出掛けてゆきたいと思う,秩父であった.
////隠す用
自社広報



ポポンデッタの“BURGER & PUB シュッシュポポン”が3月4日に御徒町駅前にオープン.
 3/21発売のとれいん4月号でも紹介していますが,正式オープン前の内覧会を取材してきたのでご覧頂きましょう.
DSC_2078

同社の展開するカフェやバーと同様,鉄道をテーマとした飲食店ですが,今回は駅前のビル8Fというトレインビューに絶好の眺望が注目されます.ガラス張りの建物の北東の角なので,眼下を行き交う上野東京ラインや山手線・京浜東北線が手に取るように眺められます.
DSC_2114

店内の鉄道模型レイアウトも一段とパワーアップ.カウンター部分には東京の街並みをコンセプトとした16番のエンドレスが設けられ,中央のソファ席に隣接するNゲージレイアウト,そして窓際のテーブル上に細長く敷かれたNゲージと,全45席のどこに座っても鉄道模型が間近に楽しめます.
DSC_2084
DSC_2091

 カウンターの16番レイアウトはドッグボーン型のエンドレスとなっていて,片端には東京タワー,もう片側には浅草寺が.
 Nゲージのレイアウトも,宇治平等院といった寺社をはじめ,有名な鉄道橋梁の数々を再現するなど,日本の名所をテーマに見どころが一杯.窓際には地元である御徒町~秋葉原界隈も再現され,地下鉄まで通っているという熱の入れようです.
DSC_2098
DSC_2109
DSC_2119

料理は厚手のパテをたっぷりとした野菜とバンズで挟んだ自慢のハンバーガー,米国・カナダ・スコッチなど10種の銘柄が選べるハイボールなど,仕事帰りに列車と模型を眺めながら一杯くつろぐにもぴったり.もちろんコーヒーやソフトドリンク類も豊富に用意されています.
 模型店めぐりの合間の息抜きに是非立ち寄ってみてはいかが?
DSC_2121

■SHOP DATA
BURGER & PUB シュッシュポポン
東京都台東区上野3-27-12 御徒町吉池本店ビル8F
営業時間 11:00~23:00
(ラストオーダーはフード22:00,ドリンク22:30)
TEL03-5817-4440
http://chouchou-popon.jp/

↑このページのトップヘ