モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

1月に発刊のレイルNo.113.巻頭は道東に走っていた雄別鉄道の思い出グラフ.レイルでは初めての宮内明朗さん撮影のカラー写真は貴重である.
 続いて,奥山道紀さん提供による,雄別鉄道とその関連車輛の形式図(竣功図表)がずらりと並ぶ.機関車はもちろんのこと,気動車や客車,そして貨車に至るまで80枚!取捨選択に頭を悩ませるよりは,全部お目にかけた方が,ずっと後世への記録として価値の高いものになるだろうという考えからの,というより,とにかく,僕自身が,“なにか寸法の入った絵図”が大好きだということの,結果である.その分,一部は縮尺が小さくなってしまったけれど,そこだけ,ご勘弁いただければ幸いである.
2602774
気動車の色にあわせて塗り分けられた木造客車.当時のファンはどのように感じていたのだろうか.半世紀以上を経た現在でも,奇抜に思えることは間違いないだろう.雄別炭山 昭和38/1963年9月28日 写真:宮内明朗

続くのは,石屋川周辺と兵庫駅を中心とする神戸市電.その昭和20年代の姿である.紹介してくださったのは高見彰彦さん.主に生地健三さんのアルバムから構成されているが,その撮影場所の現況も丹念に訪問し,文献も参照しながら,撮影場所の特定やの周辺の建物の素性などを解明されている.いつものことながら,鉄道趣味における歴史探訪の王道を行く楽しみ方といえよう.
HY01
昭和25/1950年頃の新開地交叉点.停まっているのは,日本版のバーニーセーフティーカーともいえる400形.背景の“千代田銀行”は,財閥解体で改名した三菱銀行のこと.扉に兵庫支店と記されているので,場所の特定そのものは難しくない例といえよう.写真:生地健三
HY3490
同じ場所の現況.建物は2度の改築を経ているが,銀行としては三菱UFJ銀行兵庫支店として健在である.平成30/2018年3月20日 写真:高見彰彦

高見さんは,“神戸市電今昔風景”だけでなく,数少ない神戸市電の保存車から1155と1103の2輛にスポットライトをあてて,その様子も紹介されている.前者はせっかく修復されたのに台風で大きな被害を受け,その行く末が案じられた車輛.後者は広島電鉄から里帰りした車輛なのだが,つい最近になって,片側の前面を神戸時代の姿に復元したとのだという.このような例は,小田急のSE車こと3000形などに前例はあるものの,極めて珍しい保存方法といえるだろう.しかし僕は,高見さんと同じく,この方法は“あり”だと思う.
HY38
広島電鉄での最終期の姿をそのまま残した,北側の前面.平成31/2019年2月1日 写真:高見彰彦
HY37
神戸時代の姿が復元された南側の全面.方向幕の縮小と復元だけではなく,増設分の尾燈を撤去して車号板を元に位置に戻すなど,念が入っている.この整備の企画を担当した人の熱意と周囲の理解に,敬意を表したい.御崎公園 写真:高見彰彦

そして3番目は荒井友光作品集.3回目は名鉄電車である.戦争中の昭和16~18/1941~1943年に掛けて撮影されたもので,よく許可されたものだと思うとともに,フィルムをどのように入手されたのか,大いに気になるところである.
A-1-65
3550形3554.名古屋鉄道の書類では,昭和22/1947年にモ3554として竣功したことになっている電車である.電装品の不足により艤装がかなわず,とりあえず完成した車体を納入して輸送に就いたものという.乗務員扉の脇に見える検査標記の日付けが気になるところである.神宮前 昭和17/1942年 写真:荒井友光

すべての写真は,関係者の了解を得ての撮影だったのだろう.しかし,それでも周囲の状況が気になったのだろうか,手ぶれのほか,傾いてしまった写真も少なからず存在した.いつもならば垂直を取り直して割り付け作業するのだが,そうすると電車の一部が欠けてしまう…ではどうずればよいのか……名古屋レール・アーカイブスの皆さんと議論を重ねた末,一部は電車が傾いたまま掲載するということに落ち着いた.それによって,当時の雰囲気を身近に感じ取っていただくことができるかもしれない,というのも,この結論に至った,ひとつの理由である.実際に手に取って見ていただければ幸いである.


ということで,絶賛発売中のレイルNo.113である.電車ファンにも蒸機好きにも,そしてモデラーにも…鉄道がお好きならば,どなたにも楽しんでいただける1冊.どうぞお手許に!

そして続くNo.114は4月下旬に発売される.こちらもお楽しみに!

……という,今日のブログの執筆を準備していたら,とんでもないことに気づいてしまった.なんと,昨年10月に上梓したNo.112のご紹介が,まだ,だったのである.近いうちに,改めてぜひ!

※2020.04.03:レイルNo.112紹介へのリンク追加

////隠す用
自社広報

西武鉄道池袋線沿線住民ながらも東急電車には親しみ深い日常である.東京地下鉄副都心線を介して乗り入れてくる…それどころか,タイミングによっては,“ここはどこ?”状態になることもしばしばである.なにしろ,いつも使っている駅に停まっているのが両側のホームともに東急電車で,さらに急行線を東急電車が通過して行く……などというのが日常風景なのだから.
 2月の下旬から,その東急電車にピカピカの編成が登場したのには.気づいていた.気づいてはいたけれども,カメラを構える暇もなく,持っている時には姿を見せず…という状態が続いて,はやくも3月下旬となってしまった.
 ということで昨日,出逢いの運を天に任せ,暇を盗んで東横線沿線に出掛けてきた.

※いつもより長くて写真の数も多いです.お気をつけくださいませ.


最初は,ピカピカの新車.それは5050系の23本目となる,5178編成.昨年8月末に,5118編成の事故修繕車と,4011という編成に組み込まれるだろう車号を記した中間車2輛とともに総合車両製作所横浜事業所から出場したのだけれど,一向に営業線上に姿を見せてくれなかったものである.だからピカピカの新車の正体は,きっとこれだろうという見当だけは付いていた.
D8A_8921
祐天寺の駅での5178編成との遭遇.渋谷行きである.今回は待ち構えていたという表現が正しいかもしれない.でも,そういう時に限って,横浜方面行きの列車gあやってきて,全編成を一望することができなかった.

一目で気付くのは,列車無線アンテナが西武などでも見ることができる新型の逆Lタイプになっていること.前面スカートは,3年前に増備された5177編成と同様の,スノウプロウ付きである.
 主制御装置は,5177編成と同じ形であるように見える.電動空気圧縮機も,これまでの5050系と同じ三菱電機製のようである.補助電源装置は,反対サイドだ.
 で,渋谷行きだから,すぐに折り返してくる.反対ホームに移って向う側の床下観察をするか,乗ってみるか,ちょっと迷っているうちに,5177編成が和光市行きの急行として通過して行ったではないか……あっけにとられているうちに,もはや折り返して来てしまったではないか.乗るしかない.
DSCN1465
最初に見たのが腰掛.基本的には5177編成と同じ背摺りが高くて座面が完全に独立したタイプ.色も同じ.けれど,戸袋部にあったヘッドラストは姿を消した.

自由が丘まで乗って,都立大学方面へ少し歩いた踏切へ向かう.今度は走行風景を撮ろうというわけである.ただこの場所,午前中は横浜方面からの列車に対しては完全逆光である.幸い?今度も渋谷行きだったので,その折り返しを待つことにした.

先にやってきたのは5122編成.気になっていたヘッドマークには“NO END 東横 渋谷ターミナル”という文字と,5000系青ガエルのイラスト,東横百貨店が描かれていた.
 この件に関しては東急からプレスリリースが出ていて,今月一杯で閉店する東急デパート東横西館を惜しむ企画なのだという.車内にも趣向が凝らされているらしいから,あとで乗ってみなくちゃである.
D8A_9043
その次の次だったかに,5178編成は姿を見せた.スノウプロウの様子がよく判る.通過する列車の床下に目を凝らして補助電源装置を確かめようと思ったけれど,目が付いてゆかなかった.
D8A_9066
再び和光市行き急行となった5178編成.補助電源装置は…在来の5050系と同じにもみえるが,よく判らない.それよりも,サハ5478の転落防止外幌が大きくなっている,すなわち誘導無線アンテナがないことに気づいてしまった.

追い掛けてやってきたのが5122編成.やっぱり,乗るしかない.
DSCN1493
客室は,まさに渋谷一色.僕は知らないロープウェイや,地下食料品売場の“東横のれん街”など,沿線で暮らした人々にとっては思い出の風景で溢れかえっていた.僕が辛うじて知っている風景は,駅を発車して行く青ガエル5000系ぐらいである.

それにしても,90周年記念イベントであって,昨夏で終了のはずだった,青ガエルラッピング.好評につき1年延長……なのだけれど,なんだか,その時点で既に“NO END 東横 渋谷ターミナル”イベントが構想されていたのではないかと,思えてきた.
DSCN1513
その,東急百貨店東横店営業終了のお知らせ.85年分の総決算,だそうである.
D8A_9080
そのすぐそばにはデハ5001.背後が東横百貨店.

夏頃には取り壊しが始まるという建物の2階通路からは5001を見下ろすことができるのだが,工事が始まると屋根上を見ることができなくなる……と思っていたら,なんと,青ガエルが姿を消すのだという.再開発に支障するためらしい.解体?と危惧したけれど,それは避けらることができて,“ハチ公”のルーツである秋田県大館市に引き取られることになったのだとか.まずは安心.
 具体的には大館市の施設である“秋田犬の里”の敷地内の芝生上に置かれるのだそうである.公開予定は7月.その準備のために,ハチ公広場からは5月頃には搬出される予定とのことである.

そうこうしているうちに,5178編成が和光市から戻ってきそうな時刻となった.そこで再び自由が丘のさっきの場所へ出向いて…ベストポジションには先客があり,僕はもうちょっと都立大学寄りで待ち構える.
D8A_9184
5178編成に続いてやってきた5122編成.10輛編成はちょっと苦しいが,8輛なら何とか納まった.

そして最後はどこでどのように出迎えようかと考えたのだけれど,3月下旬とはいえ関東地方の市街地では既に線路はほとんど影の中.それならばと,今まで識別できていなかった補助電源装置を撮るために,自由が丘駅の田園調布方で待ち構えた.
D8A_9229
やはり在来車と同じ東芝製だった.そういえば床下の色は,近年の2020系グループの灰色ではなく,5000系グループの黒である.それからもうひとつ,側窓裾に記された文字は,戸袋部のロゴとともに“TOKYU CORPORATION”である.

ということで,知りたかったことのほとんどを確かめることができて,大満足の1日であった.そして駅に戻ったら……
DSCN1521
5122編成がやってきた.でき過ぎのような,でも本当のお話である.


////隠す用
自社広報

0317_01

【記事:横川 和明・撮影:なんこう】

3月14日はJR・私鉄の多くでダイヤ改正が行われ,併せて様々な車輛の世代交替劇が繰り広げられた.その一つ,近鉄の鮮魚列車2680系も3月13日(金)をもって引退し,代わりに3月16日(月)からは2410系2523+2423編成のうち,鮮魚専用車輛に改造された2423号車により鮮魚が運ばれることとなった.これにより専用列車から,一般定期列車に増結される形態へと変化した.
 さて,3月14日(土)には新旧交代を記念し,明星検車区にて新旧の鮮魚列車が報道公開された.新しい鮮魚専用車輛は“伊勢志摩お魚図鑑”という愛称がつけられ,昭和45年製の2423号車には車体全体に伊勢志摩の海に生息する様々な魚介類,たとえば伊勢志摩の代表的な海の幸の伊勢エビを始め鯛やフグ,イワシ,マンボウなどなど,43種類が美しいラッピングにより描かれている.ちなみに相方2523号車は一般車輛のままである.
 鮮魚専用車輛の室内は広告類が外され,大きな鮮魚運搬ケースが各座席間,ドア前に置かれている.また本車輛は一般乗客の誤乗防止のため,貫通路には立入禁止のステッカーが貼られているほか,一般の方が乗らないように第1・3ドア内側には立入禁止サインの入ったベルトパーテーションが取り付けられ,第2・4ドアは常時閉め切りとなった.お魚のラッピングと併せ,これで一般客が誤乗するリスクは回避できるであろう.





0317_02
0317_03
0317_04

0317_05
0317_06

ところで,3月13日は鮮魚列車の最終日であったことから特製看板が取り付けられた.また,3月16日からの新鮮魚専用車輛については運転初日のみ,特製看板が取り付けられた.そこで報道公開時には近鉄広報の配慮により2680系の“さようなら鮮魚列車”と新鮮魚専用車輛の“伊勢志摩お魚図鑑運行開始”の看板が並んだ状態での並びが実現した.大変貴重な瞬間に立ち会えたといえよう.
 新しい鮮魚専用車輛の運用は月曜から金曜の平日朝6時44分に松坂駅から6輛編成の急行として名張まで行き,4輛を増結して10輛編成の快速急行として大阪上本町8時46分着で運転される.折り返しは松坂行き急行となるが,先頭の鮮魚専用車輛は回送扱いとなる.
 昭和38年から続いている近鉄鮮魚輸送であるが,一般運用に組み込まれるとはいえ,これからも活躍を目にすることができる.一鉄道ファンとして素直に喜びたい.



0317_07
////隠す用
自社広報

2004
JR東日本としては初めての新造リゾート特急251系電車が,3月14日のダイヤ改
正を機に引退しました.30年前のデビュー時に作成し掲載した詳細図面と,現状
のさまざまな角度で撮影した写真によって,2次に亘るリニューアルによる変化
の跡をたどってみました.
 鈴木 洋さんによる不定期連載の京王帝都電鉄の旧型車は第6回目を迎えまし
た.今回は京王線の2010形と2500形です.二重屋根の中間付随車を挟んだ編成の
模型作品とともにお楽しみください.
 ことしもニュルンベルクメッセレポートの時期がやってきました.現地各メー
カーと欧州形専門店チムニー全面的協力を得て,3回に分けてホットニュースを
お届けします.
 英国鉄道へのいざないは第2回目です.美しく整備された動態保存の蒸気機関
車たちを堪能してください.
 一般記事や好評の連載記事も充実満載です.

【目次】

MODELERS FILE ----------------------------------------
  4 MODELERS FILE 東日本旅客鉄道 251系電車
     伊豆の東海岸を30年間走り続けたマドンナの引退
      まとめ:前里 孝 写真:荒川 好夫,森嶋 孝司,松本 正敏(以上RGG)
                    /前里 孝/平野 聰/脇 雅恵
                   詳細図面:高間恒雄(レイルロード)
                     取材協力・資料提供:JR東日本


注目記事----------------------------------------
3・40 懐かしの京王グリーン車をみんなで作ろう!
  28 京王帝都電鉄 グリーン車を偲ぶ <第6話>
     京王線グリーン車の主力 2010形×2500形
                    解説/写真/資料所蔵:鈴木 洋
           写真協力:石井 秀典/上野 哲司/柴田 重利/山本 輝明
------------------------------------------------

  20 2020 ニュルンベルクトイメッセ
     欧州新製品情報 前編
                特別協力:Spielwarenmesse eG Nürnberg
                  シュピールヴァレンメッセ日本代表部
                      チムニー/現地各法人・団体
  56 あの名車にビュッフェを!作者の夢から誕生した
     名鉄キハ8000系気動車とキサシ8250         北野 隆雄
  60 オークションで出会ったプラ完成品が妖しく変身
     南国鹿児島のDD16形64号機を作る!         立石 憲二
  64 武蔵野線モジュールをつくる(その2)      製作:大久保 友則
  72 英国鉄道へのいざない
     第2回麗しき蒸気機関車たち
  90 追悼 濱野譲さん OJ ED75 700を作る
     製作:濱野譲/解説・客車製作:木村則之(レイバンズ)
  92 工作台だより
     スイスBLM Be4/4 20形電車             粕谷 秀輔

-----------------------------------------

  50 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
   第96回 UC7形有蓋コンテナの解説(4)
  54 Coffee Cup /前里 孝
   西武特急“レッドアロー”思い出断片
  68 Nゲージ 古典機への誘い /小川 謙二
   第21回 山陽鉄道兵庫工場(日)
  76 台鉄ナビ
   文:邱 浚嘉 翻訳:濱川真由美
  78 線路は続くよいつまでも 第116回 /信沢 あつし
   リバース線敷設と,ボギー客車の復活
   夢をつなごう遠山森林鉄道の会
  80 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション
   第11回 サーフェイサー(2) /山中 洋
  82 N GAUGE EURO REMIX /解説:橋本 孔明
   第33回チェコの鉄道(その3)
  86 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
   Vol.82 BNSF ニードルス・サブ最新情報

-----------------------------------------

  93 新車登場
110 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
   第105回:近鉄特急(その4)
111 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
   第71回:近鉄“楽”の旅
112 伝言板
134 BOOKS
135 甲種・特大 運行計画 2020年4月
136 各種募集のご案内
138 新車登場INDEX
140 いちぶんのいち情報室
144 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
145 Combo Caboose・掲載広告索引


2020年3月21日(土)発売
定価:本体1,450円+税


eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

J79

【第79号の主な内容】

特集:
鹿児島本線の煙

---------------------------------------------------------
 鹿児島本線の嶮に挑む   
 鹿児島本線 上伊集院界隈
 薩摩の蒸機   
 鹿児島本線 隈之城-木場茶屋間にて
---------------------------------------------------------

吉松のC56   
播但線のC57とC11   
芦別森林鉄道   
ディドコット レイルウェイセンターの蒸機を訪ねて



とれいん5月増刊
定価:本体3,000円+税
A4判横綴じ84ページ
(内カラー8ページ)

2020年3月21日(土)発売


eshumi-kounyu
amazon

↑このページのトップヘ