モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

カメラマンの松本正敏です。
2019年5月9日に仙台の新幹線総合車両センターにてE956型新幹線試験電車「ALFA-X」が報道公開されました。
今回の公開は外観と両先頭車の運転室のみでしたが、撮影してきましたのでご覧ください。
10両編成。(試験車では最長?)
先頭形状は従来の試験車の様に前後が違い主としてトンネル微気圧波対策のために空気力学的な最適形状としています。
注目のノーズの長さは東京方1号車は約16m、新青森方10号車は約22mで2種類の異なる先頭長で比較検証して行きます。
中間車は車内を拝見できなかったのが残念でしたが、8号車にグランクラス、9号車にグリーン車の表示が・・・。
5号車は窓のない(実際は1つ)車両、3号車は小窓、7号車は楕円の小窓になっており側窓ピッチも違っており、10両全てに違いが見られます。
ALFA-Xのロゴマークは大きいのが5号車、小さいのが2号車と9号車の窓横に表示されています。
形式は号車番号と同じく、東京方からE956-1(M1c)+E956-2(M2)+E956-3(M1)+E956-4(M2)+E956-5(M1)+E956-6(M2)+E956-7(M1)+E956-8(M2s)+E956-9(M2s)+E956-10(M1c) である。
車両主要寸法は車体長24500mm(先頭車26250mm)x車体幅3350mmx車体高3700mmとなっています。
D4T_5479n
東京方編成。
5HE_4955n
  ヘッドライトがかなり前。しかもスカートに近くて斬新。   
D4T_5502n
1号車運転席
Z6B_3148n
ボンネットに点検蓋?中は不明です。
Z6B_3192n
新青森方編成。
5HE_5046n
ヘッドライトは運転室窓そば
D4T_5570n
10号車運転室
Z6B_3036n
3号車。窓がかなり小さい
Z6B_3048n
5号車。窓なし車、車内にはミーティング室と多目的室がある
Z6B_3086n
8号車。グランクラス
Z6B_3097n
9号車。グリーン車
Z6B_3298n
5号車ロゴマーク。山側には床下機器冷却用?のダクトがある(5~8号車のみ)
Z6B_3234 - an
この公開後、新幹線営業運転終了後の深夜のみになりますが、2022年3月まで仙台⇔新青森をメインに360km/hの各種走行試験を行い、試験として一時的に400km/hの走行も行う予定とのこと。

山の緑が綺麗になり、田んぼも田植えが始まりました。そんな風景の日中を走るALFA-Xの姿を早く見てみたいものです。


////隠す用
自社広報

11月30日から営業運転開始と発表された,相模鉄道JR東日本の相互直通運転.
 相模鉄道側は本誌5月号のMODELERS FILEでご紹介した12000系が“新宿方面”にやってくるわけだけれど,ではJR側はどうなのか.
 今年の早春には,川越車両センター向けのE233系7000番代が追加製造されている,という話が聞こえてきた.出掛けるたびに注意してはいたのだが,チャンスはそう簡単に巡ってくるわけもなく,昨日の夕方,都心での用事を済ませてから,新宿駅で少し粘ってみることにした……ら,めでたく遭遇することができただけではなく,在来編成の対応工事編成の様子も観察することができた.
DSCN4886
待った甲斐があって,17時ちょうどに大崎方面からやってきたハエ132編成.まず気づいたのは,1号車クハE232-7032の側窓に“防犯カメラ設置”のステッカーがないことである.
DSCN4888
続いて気付いたのは,10号車クハE233-7032の床下に新しい箱が加わっていること.表記は中間連結器.それにしても,やっぱり塗りたてピカピカの床下機器や台車は,見ていて気分がよいことこの上ない.

ちなみに在来編成はといえば,
DSCN4881
クハE232-7013の側面.防犯カメラ設置を示すオレンジ色のステッカーが貼られている.
DSCN4895
クハE233-7013.側面緑帯のJRマークの下に機器箱がない.

在来編成ではどうなっているか,やってくる編成をつぶさに観察していたら,クハE232-7001を先頭にして,トップナンバー編成がやってきた.
DSCN4903
連結面寄り台車のすぐ横に,真新しい箱と真っ白な表記が見える.

そしてこの編成の中間車,パンタグラフ部分の床下には,真新しい部品が取り付けられている.
DSCN4906
手歯止めとその受けである.そういえば反対側には取り付けられているのだろうか.今回は確かめることができなかった.

さきほどから気づいていたのだけれど,この編成でようやく撮影することができたというわけである.ちなみに未改造の在来編成は,
DSCN4901
手歯止めが,ない.写真はモハE233-7416.

ほかの機器もいろいろな対応がなされているのだろうが,とりあえず新宿で見ることができる海側(大宮に向かって左側)を,1時間ほど観察しての結果が,以上の通りというわけである.
 ちなみに防犯カメラは,おそらく全車輛に取り付けられ,1輛だけ特別にアピールする必要がなくなった,ということなのだろう.
 山側の床下に取り付けられている主制御装置や補助電源装置などが変化しているのか同じなのかは,手歯止めの有無とともに,次のチャンスに確かめたい…それはいつのことだろうか.
////隠す用
自社広報

前回のここの最後に“ 小さな満足感とともに,新井薬師前までではあるものの,引き続いて新宿線の旅を満喫したことである.”と記した.
 その新井薬師前までの途上, 上井草 井荻 の駅でしばらく電車ウォッチング…….同じ西武電車といっても,使われる環境が異なっているからか,池袋線にはない雰囲気を醸し出している編成が,次々とやってきた.地元の方には当たり前のことでも,久し振りの訪問者にとっては,珍しいことだらけ…….
C8A_1926
最初は新2000の2059編成.フルカラーLEDの行先・列車種別表示と菱枠パンタ3基という組合せ.通風器は撤去済みで空調装置も全部新型ではある.池袋線では2085とか2087の編成がお仲間ということになるだろうか.ちなみに緑色の標識燈が点燈しているわけではない.信号機の青が,たまたま標識燈の位置で反射していただけである.
C8A_1962
続いては30000系8連の第6編成.正面左のロゴを撤去し,側面のロゴ下文字は“西武鉄道”にまま貼り替えられている.そして列車無線アンテナと車内情報表示液晶は新型に取り替えられている.
C8A_1978
続いてトップナンバーがやってきた.正面左のロゴは残っているし,側面も“SEIBU”のままではないか.

池袋線では“SEIBU”の文字はほとんどが“西武鉄道”に変更済みなのだが.正面左のロゴは,一時期撤去が進んだものの,最近は撤去されないまま検査から出てくる編成が多いような気もする.30000系第1編成の場合は,正面も側面も,ロゴを撤去貼り替えの方針が出される前に前回の全般検査を受けた結果である.次回入場ではどうなることだろうか.

30000系や40000系ので,旧2000系は随分と数を減らしている.初期車は車齢40年を越えているから無理もないことではある.2連の付属編成はまだしばらく活躍することになるのだろうけれど.
C8A_1999
と,思っていたら現われたのはトップナンバーの8連だった.空調装置は新型だし,行先・列車種別表装置はLEDに交換されているけれど,グローブベンチレーターは健在.正面右側の使われていない方向幕が,この編成だけ白地のようであるのが,不思議.

いつものことだけれど,とにかく駅にいたらいつまでも飽きない僕である.きりがない.
でも,そうもいってられないので,40000系がやってきたところで,切り上げることにした.
C8A_2035
“拝島ライナー”! でも,シャッタースピードが中途半端で,正面の表示文字は切れ切れになってしまった.ここが,40000系最大の欠点(?)である.この第5編成の車体には,ラグビーのワールドカップを宣伝するラッピングが施されていた.

元々が違う会社の路線なのだからとはいっても,一緒になってから何十年経ったことか.それでも,同じ形式の電車なのに,経年の変化ぶりが少しずつ違っているのが,興味深いところである.
 僕には“西武線”といえば池袋線のことなのだけれど,新宿線の沿線の人々には,新宿線が“西武線”であって,こちらは“池袋線”なのだそうだ.元の会社名からいえば,その方が理にかなっているのかもしれない.そういえば国鉄の武蔵野線が開業するまでは,池袋線のことを“武蔵野電車”とか“武蔵野線”と呼ぶ人も,多かったような.

と,久し振りの新宿線散歩を楽しんだ週末であった.

※2019.05.14:ウォッチングした駅名を訂正.失礼しました.
////隠す用
自社広報

R110
Rail No.110はおかげさまで大変ご好評をいただいており、弊社在庫が一時的に品切れとなっております。そのため、追加手配に1か月程お待ちいだいている状 況です。

参考のため、Rail No.110を多数お取り扱いいただいている書店の一部を下記にご紹介します。

なお、ご紹介した書店でも品切れの可能性がございますので、必ず最新の在庫状況をそれぞれの書店に確認してくださいますようお願い申し上げます。
(※注意:弊社では各書店の最新在庫状況を把握することはできません)

【Rail No.110 取扱書店の一部 一覧】
////隠す用
自社広報

先週の土曜日4月27日の昼過ぎ,西武鉄道本川越駅から丸い銀色の列車が出発していった.
 大型連休中の臨時列車として設定された“むさし90号”である.本川越から所沢を経由して飯能まで,そして戻りは同じコースで“小江戸92号”として設定されたこの列車が,新宿線での“Laview”初営業列車だったのである.
 初営業を記念して開催された出発式には,若林 久 西武鉄道代表取締役社長をはじめ,村上正行 西武鉄道鉄道本部運輸部本川越駅管区長,小田麻夕美 川越プリンスホテル支配人,川合善明 川越市長,大久保勝 飯能市長,女優 小島藤子さん,そして川越市のマスコットキャラクターである“ときも”が参列した.
C8C_1854
12時56分,テープカットが行なわれた.左から村上駅管区長,小島藤子さん,大久保飯能市長,川合川越市長,若林社長,小田支配人.出発ホームはいつもの2番線ではなく1番線.この日はB編成が充当された.

女優の小島藤子さんは,5月10日から公開される,豊島園を舞台にした映画“としまえん”に出演している縁で招かれたのだという.
C8C_1863
マスコットキャラクターの“ときも”は,出発合図の時に登場した.管区長による出発合図は車体の銀色に融け込んでしまっているが,打ち振られるLaviewの旗の右側に,ちらりと見える.

“ときも”とは,川越市のシンボルとなっている時の鐘の“とき”と,名産品のひとつであるサツマイモを掛けあわせた名前.時の鐘を帽子にして,身体でサツマイモの形と色を現わしているのだそうである.

特急“むさし”が本川越駅から発車するのも特別なことなのだが,Laviewにとっては“小江戸”を表示して走るのは,この日が初めてのこと.
 ちなみにこの列車,運転は4月27日から5月6日までの毎日.全線通しで乗った場合の特急料金は500円である.

 ということで,列車を見送ってから“新宿線らしい場所”ということでいろいろ考えた末に頭に浮かんだのが,南大塚.
 かつて砂利取りのための安比奈線が分岐していた駅として,広い構内を有する雰囲気は,今の池袋線には存在しない風情である.ずっと以前の石神井公園駅が近いかもしれないけれど,なにより貨物線の分岐というのは,他にはない.
 改札を出て駅の周辺を一周してみたのだけれど,最終的には本川越行きホームの所沢方が,一番よい雰囲気だった.
 実は南大塚の駅に降り立つのは,初めて.だから何でも物珍しい.所沢方への出発信号機が両方の線路に建てられていて,その先に片渡りがある.貨物扱いをしていた頃の名残りかとも思ったのだけれど,安比奈線が正式に廃止されてしまった今では,維持し続ける意味は薄いだろう…….などと考えているうちに,お目当てのLaviewがやってくる時刻になった.
C8A_1889
飯能から戻ってきたLaviewのB編成.“特急 小江戸”の表示が新鮮である.もっとも“m高速シャッターで文字欠けしないLED”を信じて1/800秒で撮影したら,ほんの少し,文字が歪んでしまった.でも,充分に読み取ることはできる.

通過してから,戻りの回送を待つ間に駅構内各部を観察してみることにした.
C8C_1897
跨線橋を潜って安比奈方面へ線路が分かれる部分.コンクリート枕木が山積みされている先から踏切跡の向こうまで,そしてその奥にはさらに向こうへの線路が残っている.踏切前後の線路の下にはコンクリート枕木が見えるから,積み上げられた古枕木は,もしかしたら安比奈線から撤去してきたものかもしれない.

15時18分,回送列車はやってきたのだが,それまではすれ違わなかったのに,この時に限って,本川越行きと,ものの見事に重なってしまった! がっかり.でも気を取り直し,電車に乗る前に,所沢方面行きのホームの外側にある線路に留置されている保線用作業車を観察.
C8C_1914
“MJK”という文字を鋳出した立派なオーナメントを取り付けたこの車輛は,松山重車輛工業製の20t軌道モーターカーである.銘板には平成14年2月製,型式MJK-MR1580,製造番号102563と打刻されている.

このモーターカーが留置されている線路は,本川越方は行き止まりで,所沢方で本線に繋がっている.さっきの片渡りよりは駅の内方にあるので,作業列車の進出や収容新津川っているのだろうかとも,一瞬だけ思った.けれど,作業列車を動かす時には,普通は線路閉鎖を欠けるから,出発信号機などは関係なさそうだし…….
である.
C8C_1917
画面左端から顔をのぞかせているのが,モーターカーの線路.踏切の向こうに片渡りが見える.この写真に見える出発信号機は,通常の所沢方面行き列車用である.

問題は通過して行くLaviewの横に植わっている出発信号機.信号機も近年はすっかりLED化されているので,まるで消燈しているようにしか映らないことも多いけれど,しっかりと生きているのは,この目で確かめているし,一齣前にはちゃんと赤く点燈している.

で,帰宅後に調べてみたら,本川越駅の手前にある東武東上線との立体交叉地点が浸水しやすく,そのために線路が不通になった際に,この駅での折り返し運転を行なって影響を最小限に止めるための設備,なのだそうである.
 身近なものごとなのに,改めて観察してみると,これまで気付かなかったこと,知らなかったことがたくさんあって,教わることがいっぱいである.だからこの趣味,やめられない.
 小さな満足感とともに,新井薬師前までではあるものの,引き続いて新宿線の旅を満喫したことである.

一方で,なんで安比奈線の廃線跡をたどるということを思いつかなかったのだろうか,とは思う.まぁ,次の楽しみ,である.

↑このページのトップヘ