モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

月刊とれいん編集部に届いた、鉄道に関するイベント・運転会・グッズ情報などを紹介する「イベント・グッズ情報室」がリニューアルいたしました。
新しいWEBサイトは以下のURLです。
http://etraininfo.blog.jp/

皆様のアクセスお待ちしております!
名称未設定 1
////隠す用
自社広報

関東鉄道といえばかつては常磐線の取手,佐貫,土浦,石岡の各駅から路線が出ていたものだが,今では取手からの常総線と佐貫からの竜ヶ崎線のふたつだけになって,いささか寂しくなってしまった.
 けれど,両路線ともに地元の人々の気軽な足として欠かせない存在であり,とりわけ常総線の取手と水海道との間は,純粋の私鉄としては極めて珍しい(日本唯一?)の非電化複線区間であり,昼間時間帯でも10分に1本という都会地の電車も顔負けの頻発ぶり.
 車輛への投資も積極的で,とりわけ平成5/1993年の2100形から2000,2200,2300,2400形と展開されたシリーズは,新潟鐵工所(現在の新潟トランシス)の標準設計をベースにしながら,随所にオリジナル仕様を取り込んで,なかなか興味深い車輛群である.とれいん誌でも平成10/1998年1月号で,地方鉄道気動車今昔特集の一環として,MODELERS FILEとしてまとめたことがあるから,ご記憶の方も多いだろう.
 この2000系列はその後5000形へと移行し,今回,久し振りの新型車として5010形が登場することになった.5100ではなく5010というところが,いかにも微妙であり,どこが新しくなったのかと興味津々,ご案内のままに,久し振りの水海道訪問となった次第.
P7A_6029
営業運転開始記念のヘッドマークを取り付け,出区して行く5000形と並んだ5010形.同じようにみえるが,車体塗色だけではなく,実は各所に違いがある.モデラーの目ならば,きっとすぐに気づかれることだろう.平成29/2017-2-25


変更の主題は,エンジンにある.今回,床下に釣られているのはコマツ製のSA6D125-HE2形.定格出力は350PS.
 台車はボルスタレス式のNF01HDとNF01HT.前者が下館方で動力台車,後者が取手方で付随台車で,これは5000形と同じ.
 しかし一般の目には,なにより車体塗色の変更がもっとも気になるところ.今回の色は“関鉄ホワイト”を車体上半分に配し,下半分には鬼怒川と小貝川の青,その間に,大地に波打つ稲穂をイメージした黄金色のラインを足洗っている.両端扉の脇には筑波山うをイメージしたマークがついている.
P7A_5990
室内はロングシート.照明はLED.24V電源の気動車だけに,燈具の選定には制約が大きく,客室端部の20W型は新開発の製品だという.一般部腰掛の表地は青から赤に変更.一風変わった形の吊り手は,どこで見たのかと記憶をたぐってみたら,静岡鉄道のA3000形と同形であった


24V電源といえば,前照燈が旧来のシールドビームであるというのも,それに起因している.電車で一般的な100Vタイプが使えないのだという.
P7A_5997
運転室.マスコンは横軸,ブレーキは縦軸の2ハンドル式.機器配置類を含め,5000形と変わるところはない.


今回の新造は,元国鉄キハ35系を置き替えるのが目的.
 取材当日,7年ぶりの訪問となった水海道の車両基地を見渡しても,かつて大勢力を誇っていたキハ35系の姿は1輛の廃車体が見えるだけで,あとはみんな2100形以降の新車ばかり.今や昭和52/1977年製のキハ310系と,昭和57/1982年製のキハ0形が最古参となってしまったようである.
P7A_5873
取材当日は,5010形デビュー記念イベントの開催日でもあった.その来場者を出迎えるための臨時列車に仕立てられたキハ001と002のユニット.


常総線といえば,かつて貨物列車牽引用として機関車が在籍し,貨物輸送廃止後も工事列車牽引は新造車搬入のためにDD502という日本車輌製のセミセンターキャブのディーゼル機関車を保有し続けている.今では新車搬入も気動車牽引となり,もう出番はないのだけれど,歴史的車輛として大切にされているのを,確かめることができた.
P7A_6038
角が丸いキャブが独特の表情を醸し出している.車籍はあるものの,実際には軸受などのメタル整備が困難で,本線に出る機会は失われて久しい.


かつては日本系金属蒲原に同形機があり,それは西濃鉄道に譲渡されたものの早くに廃車.同系機としては関東鉄道鉾田線にDD901という名前で凸型機が存在したけれど,これもまた解体されているから,この丸いキャブは,今や貴重な存在なのである.末長く保存していただければと思う.

ということで,ほんの数刻ではあったが,気分的には久し振りに車庫訪問を“楽しんだ”週末となった.
////隠す用
自社広報

伊豆急行および東京急行電鉄は2017年3月1日,東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルにおいて,同年7月より横浜-伊豆急下田間で運行開始を予定している伊豆観光列車,THE ROYAL EXPRESSの料理監修者&クルーズプラン報道向け発表会を開催した.
 この列車のメインテーマは,“煌めく伊豆.美しさを感じる旅”.目的地に向かうためだけの乗車ではなく利用客ひとりひとりの記憶に残る感動体験ができ,かつ憧れの旅となるように,との思いが込められている.

使用車輛は既に月刊とれいん2017年1月号(No.505)の“いちぶんのいち情報室”で速報をお届けした通り,元アルファ・リゾート21の2100系最終増備車8輛編成をベースに,水戸岡鋭治氏の手によりプレミアムな観光列車に仕立て上げた車輛である.デザインコンセプトは,“美しい,煌めきの旅の演出”.ロイヤルブルーに金色のラインをアクセントに配した外観と,内装は先端技術から生まれる素材や職人技を融合させて車輛ごとに意匠を変えるなど,“水戸岡デザイン”ならではのテイストが随所に感じられる.1・2・7・8号車が客室,3号車がマルチスペース,4号車がキッチンカー(仮称)になる予定だ.編成定員は100名とされているが,ミニコンサートや結婚式,会食,展示会,商談といった多様なニーズに対応可能とするパーティション(可動壁)で仕切れるなど,これまでの観光列車の概念を打ち破る設計が特色だ.シンボルマークは“ROYAL”の“R”をモチーフに,水資源が豊富な伊豆半島のイメージから水滴をデザインし,その上に王冠を組み合わせて視認性の向上と品格を兼ね備えたものを目指したという.

会場では,まずクルーズプランの概要が公表された.2日間におよぶ行程の1日目は横浜駅出発後にTHE ROYAL EXPRESS車内で昼食を採り,伊豆急下田駅到着後は下田エリアの観光を経て,上質なおもてなしに定評がある6つの指定旅館・ホテルの貴賓室・スイートルームが用意され,ここで夕食と宿泊となる.2日目は宿泊先での朝食後に伊豆急下田駅よりTHE ROYAL EXPRESSで伊豆高原駅の観光一時下車.列車に戻って昼食タイムの後,伊東駅でスーパービュー踊り子号などで横浜駅帰着,ということである.

発表会後半では,車内で提供される料理・飲料の4人の各監修者が挨拶を行った.料理監修では世界で最も予約が取りにくいといわれるスペインの3つ星レストラン“エル・フジ”でフェラン・アドリア氏に従事し,素材をムース状にする“エスプーマ”による料理を日本に広めた山田チカラ氏(東京・南麻布にある同名レストランのオーナーシェフ),そして大地が育んだ食材にこだわり和を中心とした創作料理を得意とする河野美千代氏(大分市“方寸”)が担当.一方飲料監修では中米エル・サルドバル国立コーヒー研究所に留学経験を持つコーヒー栽培・精選のスペシャリスト川島良彰氏(株式会社ミカフェート代表),茶葉生産者で世界農業遺産に登録された環境保全にも貢献する“静岡の茶草場農法”を継承しながら日本茶のみならず農薬不使用栽培の紅茶や烏龍茶の生産に情熱を注ぐ松本浩毅氏(カネロク松本園)が,その任に就いている.ちなみに河野氏以外の3名は,いずれも静岡県出身ということで,伊豆の地域活性化も視野に入れた人選だ.

会場では試食料理の提供と撮影会も行われ,山田氏の洋食は焼豚をタルタルソースで和え,板状のタタミイワシに挟んで楽しむ料理やトマトをアレンジしたエスプーマメニューが,和食ではラッピングが美しい河野氏の創作おにぎりと漬け物が登場.飲料では川島氏のこだわりコーヒーと松本氏の薫製紅茶が振る舞われた.静岡県産の素材にこだわった逸品揃いで見た目も美しく,流れる車窓のエッセンスが加われば,より個性的な美味しさを楽しむことができるだろう.また車内では音楽演出もあるとのことで,プロデュース担当であるヴァイオリニストの大迫淳英氏による優雅で心地よい生演奏も試食中に披露された.
 気になる価格は1名10万円(乗車のみの場合は2-3万円で設定あり)で,4月下旬より予約をスタートさせる予定だとか.
 海も山もある風光明媚な伊豆の鉄道旅,その全く新しい楽しみ方が凝縮されたTHE ROYAL EXPRESSの運行開始は,今から期待が高まるばかりだ.

01
会場でふるまわれた和と洋の試食料理と飲料.素材は全て静岡県産を使用しているとのこと

エクステリアイメージ
THE ROYAL EXPRESSの完成イメージ.プレミアム感を随所に感じさせる水戸岡デザインのテイスト随所に見て取れる.今回のデザインコンセプトは“美しい,煌めきの旅の演出”だという
イラスト提供:東急電鉄/伊豆急行

02
会場に設置された大型スクリーンの様子


06
山田チカラ氏が腕をふるった2種のエスプーマ料理.左は焼豚を酸味の軟らかいタルタルソースで和えたもので,生のマッシュルームスライスがアクセントされている.板状のタタミイワシに挟んでいただく.まさに和洋中のコラボ作品だ.わさびで味付けしたというトマトも絶妙な仕上がりである

04
河野美千代氏の手による,おにぎりをメインとした和食メニュー.素材や味だけでなく見た目にもこだわったラッピングが美しい

05
河野氏の和食料理をアップで見る.右蒡の漬け物はきゅうりと牛蒡,左のおにぎりは写真の牛蒡のほか,めざしをトッピングしたものと2種類が用意された.おにぎりの具には甘辛く炊かれたシソの実の佃煮が仕込まれている

08
茶葉生産者で世界農業遺産に登録された“静岡の茶草場農法”は環境保全にも貢献しているようだ.これを継承した茶葉生産者,松本浩毅氏提供の薫製紅茶は,スモークが薫るこだわりの逸品である

07
コーヒー栽培・精選のスペシャリスト,川島良彰氏が監修した一杯.深い苦みの中に甘さと酸味がバランスよく共存する.「コーヒーは果物」という氏のコメントも印象深い

09
試食メニューを前に顔を揃えた料理・飲料監修のみなさん.画面左から河野氏,川島氏,松本氏,山田氏

03
車内の音楽演出担当のヴァイオリニスト,大迫淳英氏(画面右)による心地よい生演奏も披露された
////隠す用
自社広報

カメラマンの松本正敏です。
いよいよJR西日本の豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が先週黒いベールを脱ぎ、報道陣に公開されました。
その姿は車両登場時黒ラッピングを纏っていても充分インパクトのある形でしたが、本来の色を見ると、先代の寝台特急トワイライトエクスプレスを彷彿させる色そのもの!
いやむしろこちらの方が良いかもしれません。 お帰り!トワイライトEXPです。
JR西日本 網干総合車両所宮原支所にて撮影してまいりましたのでご覧下さい。
見所が沢山ありすぎてカット数はいつもより多めでありますがご了承ください。

D4O_0565_01


TWILIGHT EXPRESS 瑞風、87系寝台気動車。
基本編成10両。 最高運転速度110km/h。 主な走行線区は、東海道本線、山陽本線、山陰本線で、一部としていますが呉線、伯備線とされています。
形式は1号車側からキイテ87-2+キサイネ86-101+キサイネ86-301+キサイネ86-401+キラ86-1+キシ86-1+キサイネ86-501+キサイネ86-201+キサイネ86-1+キイテ87-1です。
動力車は1号車キイテ87-2、5号車キラ86-1、6号車キシ86-1、10号車キイテ87-1の4両でハイブリッド方式ですが、エンジンを寝台客室の車に置かない配慮が伺えます。
個室は16室。旅客定員30名(エキストラベッド使用で定員最大34名)となっています。
部屋の内訳はロイヤルツイン(3室づつ4車)12室、ロイヤルツイン(ユニバーサル対応)1室、ロイヤルシングル2室、ザ・スイート(1室)となっています。

まずは外観から・・・。
D4O_0760n

編成形式写真。10号車側から庫内海側。
その塗装から寝台特急トワイライトエクスプレスのイメージが残されている。

5HA_4095_01
顔正面。
D4O_0506_01
同じく10号車側山側。
サンライズエクスプレスのデザインも手がけられた福田哲夫さんのデザインだけに何となくその雰囲気もあるような。

D4O_0514_01
展望デッキの手摺から屋根へ延びるラインがとても綺麗だ。
台車はこのWDT69と、付随車はWTR250軽量ボルスタレス台車(ヨーダンパ付き)

D4O_0556_01
瑞風の「M」とトワイライトエクスプレスから受け継ぐ天使を表現した大きなマークは5.6.7号車についている。(プレート式の小さいマークは各車ドア横についている)

D4O_0564_01
6号車キシ86 食堂車。

D4O_0591_01
5号車キラ86 ラウンジカー。

D4O_0549_01
1両全部で1部屋!7号車はキサイネ86-501 「ザ・スイート」 最高級の部屋である。

次は車内へ

1号車キイテ87-2と10号車キイテ87-1 「展望車」
D4O_0779_01
D4O_0807_01
D4O_1291_01
D4O_1310_01
D4O_1297_01
空まで望む車窓が楽しめる。展望デッキは安全のため先頭時は外には出られないが、
青空の「サロンカーなにわ」が見えている写真のようにガラス越しに展望デッキを覗いたものだがこれでも充分である。夕方のデッキは外へ出たもの。こちらは後方最後尾時なら走行中でも楽しめる。手摺は安全のためかなり高めに設置。車内展望室前方では運転士目線で前方が確認出来るように小さな席も用意してある。

2号車キサイネ86-101 「ロイヤルツイン」
D4O_0840_01
D4O_0842_01
D4O_0844_01
201号室
D4O_0852_01
202号室
D4O_0855_01
D4O_0860_01
D4O_0877_01
203号室
各部屋昼間の状態でセット。

3号車キサイネ86-301 「ロイヤルツイン」
D4O_0907_01
301号室
D4O_0915_01
302号室
D4O_0929_01
D4O_0926_01
303号室
各部屋ソファーのままとベッドを出した夜の状態でセット。

4号車キサイネ86-401 「ロイヤルシングル」
D4O_0950_01
401号室
D4O_0961_01
D4O_0973_01
402号室
401号室は昼状態、402号室は夜の状態でセット。こちらは2段ベットになる。

4号車キサイネ86-401 「ロイヤルツイン」(ユニバーサル対応)
D4O_0977_01
D4O_0989_01
D4O_0995_01
403号室
車椅子対応のこの部屋は扉も二つ(通常と大きめサイズ)ありバスルームも広め

5号車キラ96-1 「ラウンジカー」
D4O_1006_01
D4O_1017_01
D4O_1025_01
D4O_1048_01
バーカウンターや茶の卓、ブティックスペースなど。

6号車キシ86-1 「食堂車」
D4O_1154_01
D4O_1073_01
D4O_1103_01
D4O_1085_01
D4O_1074_01
5HA_4136_01
D4O_1141_01
食の匠による料理が楽しめる食堂車。8卓20名が座れる構成(2人卓×6、4人卓×2)
厨房横通路には丸窓が開いており、車内調理のライブ感も。

7号車キサイネ86-501 「ザ・スイート」
5HA_4172_01
D4O_1184_01
D4O_1268_01
D4O_1211_01
D4O_1258_01
D4O_1234_01
D4O_1248_01
1両1室という最高級な部屋。
エントランスにはウサギの像が出迎えてくれプライベートバルコニー、リビング、ダイニング、寝室、バスタブ付きバスルームを備えたまさにスイート。


TWILIGHT EXPRESS 瑞風はこれより先は6月17日運行開始に向けた最後の準備を進めるとの事。
最後にいくつかのオリジナル調度品を紹介します。
5HA_4114_01
5HA_4156_01
5HA_4162_01
5HA_4159_01
D4O_1124_01
JR西日本エリアに関わる方々の作品との事です。主にデッキや通路の各所に展示してありました。



D4O_1328_01
取材をまもなく終わろうとする時、西の空が夕焼けで色付き、まさにTWILIGHTになりかけていました。


取材協力:JR西日本 
TWILIGHT EXPRESS 瑞風:
http://twilightexpress-mizukaze.jp/?gclid=CJ7lxPfsrtICFYGbvAod3T0OaQ


////隠す用
自社広報

毎年恒例の,いまやわが国最大規模となったカメラショー,CP+(シーピープラス)が,今日から始まった.昨年は25日からだったから,順当な日巡りではある.いろいろな仕事が輻輳していて,さらに予定変更が相次いだものだから,今年の訪問は直前まで不確定だったのけれど,なんとかかんとか,時間を創り出して駆けつけた次第.
 月とは思えない暖かさで,ちょっと季節感が狂ってしまいそうだった今日の朝,すっかり定着した,西武池袋線から副都心線経由みなとみらいまでの直通列車に乗って到着したパシフィコ横浜.極めて弱い雨が降っていたものの,空は明るく,なんとか持ち直しそうな気配…….

最初に訪問したのが,ユーザーであるニコン.今年は100周年ということで,どんな記念企画が登場するのか,楽しみであった.
 展示されていたのは,“大三元”と呼ばれる高級レンズ3本(AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED.AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR.AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR)のセットと,昨年発売されたばかりのDXフォーマットの新型機D500,そしてフラッグシップであるD5の,100周年記念ガンメタリック仕上げ.いずれも特製ケース入り.
期待していた一眼レフカメラの新製品発表はなしで残念.
DSCN1272
手前がD500,奥がD5の100周年記念モデルと特製ケース.参考出品とされていて,価格や発売予定時期などの言及はなかった.


続いてキヤノン.ここには,オートフォーカスの追尾性能を体験できるコーナーが設けられ,そのための題材としてLGBの機関車が走り回っていた.線路配置は単純なエンドレスだが,シーナリーやストラクチャーつきで,その大きさから一般のお客さんから注目されていたようである.
DSCN1267
キヤノンブースに設えられた,LGBのレイアウト.周囲にはサンプル機材が置かれ,自由にオートフォーカス性能を体験できるようになっている.


このところ数年,CP+ではソニーのブースにレイアウトが設置されていたが,今年は,どうやら見当たらない.趣向が変ったのだろうか.※実際にはちゃんと展示されていた! 見つけることができなくて,まことに申しわけありません.その建設裏話や全景,クローズアップなどが松井大和さんのブログで詳しくレポートされています.どうぞご覧くださいますよう! しかし,なんで僕の目に入ってこなかったのだろうか…….追記:2017.03.02

僕のような,出版の仕事をしていると,自分で撮影した写真を,きちんと紙にプリントする習慣が根づかない.すぐに“印刷”へと頭が行ってしまうから.でも,普通の人々にとっては,やはりプリントは大切なこと.そのための製品も,各社がしのぎを削っているが,ユニークさで目を惹かれたのが,伊勢和紙のプリント用紙.和紙ならではの肌ざわりや厚みや色と,写真…とりわけ鉄道写真とのハーモニーはどうだろう.しょっと想像がつかなくて,わくわくしてしまった.
DSCN1283
写真プリント用紙のメーカーが並んだ一角.画面右側が伊勢和紙プリント用紙のメーカーである大豐和紙工業のコーナー.和紙へのプリントワークショップを実施していて,自分の写真をプリントすることができる.


……と,会場をほぼ一周てみたのだけれど,ピンとくるブースが,あまりない……と思っていたら,なんだか“密やかに”という面持ちでたたずんでいたのが,リコーの最新標準レンズ.標準レンズらしからぬボリューム感に驚かされるが,それだけではない,強いオーラを発しているものだから,いろいろ質問してみたら,やっぱり只者ではなかった.
 というのも,近年のレンズ群は,ボディ側のソフトウェアによって歪みや周辺光量不足を補う傾向が強い…それはそれで,間違っているわけではないどころか,技術の進歩という点では正しい方向なのである.でも…と考えたのがリコー…ペンタックス.出来る限りレンズ側で光学的に補正してからボディに伝えることができるレンズを,というポリシーで開発されたのだそうだ.そして,このレンズが,これからのペンタックスレンズの基本となるのだそうだ.
 参考出品なので,まだ発売時期や価格については全く公表されていないのが残念だったが,発売されれば,きっとペンタックスユーザーに歓迎されることだろう.
DSCN1255

ペンタックスの参考出品,D FA★50mm F1.4レンズ.645D用かと思ったほどの大きさは,“生真面目”にレンズ開発した結果なのだという.標準レンズを操る楽しみを味あわせてくれそうな逸品に仕上がりそうだ.

DSCN1288
そして,隣接するアネックスホールは“フォトアクセサリーアウトレット”会場.今年は初日から催されていたので,僕も見に行くことができた.営業時間が本展示場より短いのは,来年以降にさらに改善されることを期待したい.


そして帰り道.山手線の渋谷駅でE235の影を見たような気がしたので,先日と同じように五反田駅ホームで一周してくるのを待っていたのだけれど……残念.今日は外れだったようである.せめて,ということで,ホームドア越しに乗客と電車との絡み合いを表現できないか,少しトライしてみることができたのが,救いといえる,今日の締めくくりであった.
P7A_5104
日本中で普及しつつある,ホームドア.安全確保のためにはやむを得ないことかもしれないが,なんだか人と列車との触れ合いが希薄になってしまって,却って警戒心が薄れてしまうような気もするのだが.

↑このページのトップヘ