カメラマンの松本正敏です。
先日、小海線を野辺山工臨が走ると情報をいただき、これは夏真っ盛りの八ヶ岳界隈を走る、あのDD16が見られると出かけてきました。
が、当日の天気は残念ながら雨。しかもたまに前が見えないくらいの濃霧でした。
でもそんな中、小さな機関車DD16のJR最高地点「野辺山」へ向かう重いレール運搬作業を見ると、なんとも頼もしい感じであります。
あいにくの雨天にも関わらず、沿線や駅にはたくさんのファンが押し寄せ活躍を見守っていました。そんな人気者チビロクDD16-11をスナップしてきましたのでご覧ください。(未明に小淵沢駅にてEF64-1000が牽引してきたチキを引き継ぐシーンは割愛します)

5HB_0436n
夜明け前、小淵沢駅を出発してすぐの有名な大カーブを登っていきます。晴れていればもっと明るいのですが、シルエットっぽくも運転台にも明かりが灯っていて何とか雰囲気がわかります。

D4P_4246n
大カーブで撮影して、一路野辺山駅へ。途中清里駅の先で追いついた様なので、もう1枚。
霧の雰囲気が高原の朝っぽい?

D4P_4251n
野辺山駅。
貨車のチキ5200を駅の隣の引き上げ線に押し込み1回目終了。

5HB_0519n
ロケハン中、濃霧の中ディーゼルカーがやってくる。ヘッドライトが太陽のハロ現象のよう。

D4P_4440n2
2回目。綺麗な田園横の築堤を行くDD16+チキ5200X2。エンジンの唸り音とレールのきしみ音が響く。

D4P_4582n
2回目も同じく隣へ押し込み本日の作業が終了。



この後、中込の小海線営業所へと向かいますが、途中の回送シーン。
5HB_0751n2
高原レタス畑を行く。

D4P_4676n
千曲川(上流)を渡る。

5HB_0767n
中込駅横小海線営業所に到着。奥にこの7月1日から営業開始した「HIGH RAIL 1375」が翌日の準備に忙しくしていた。
HIGH RAIL 1375 : http://www.jreast.co.jp/nagano/highrail/


DD16形機関車は1971年に登場した国鉄の小さな機関車。除雪用のDD16-300が引退した今、現役ではこの11号機のみとのこと。
この工臨以外に最近ではイベント列車にも活躍しており、ファンからも「チビロク」と呼ばれ親しまれているらしく、いつまでも現役でいてほしいものであります。


天気の悪い写真ばかりなので、最後に2年前に撮った晴れている活躍シーンを・・・。
D4J_8073as_01n


おしまい。