一昨年の3月に量産先行編成が落成し,11月から営業運転を開始,初期不良を克服して昨年の3月から営業運転を再開した,JR東日本の山手線用最新鋭車E235系.
 新津からの回送を2015年3月26日のブログで,すぐあとの4月2日には報道公開の模様を速報.そして本誌6月号MODELERS FILEで詳報してご好評をいただいたわけだが,いよいよ今年の5月22日から,量産編成の投入が始まった.
 6月末までに4編成が山手線にお目見え,あと2編成が既に東京総合車両センターに到着してE231系から改造の10号車組み込みを待っている…というのが現状.
 2020年までには現在の主力車であるE231系500番代をすべて置き替える計画とのことで,これからは急ピッチでの増備が続くだろう.ちなみに今年度は既に落成している分を含め,全部で15編成を投入予定.
 ということで,E231系500番代の現在の姿の最終記録を急がなければならない時期がやってきたわけである.
 それと同時に,次々と総合車両製作所新津事業所から到着するE235系のできたての姿も,記録しておきたいと思っている,昨今である.
 注目すべきは,既に登場している4本の量産編成のうち,編成番号04と05の2編成は11輛全部が新造車であること.E231系からの転用が基本である10号車なのだが,置き替えと新造のペ-ウソ一致させるために,2編成分2輛だけ,サハE235-500番代が登場することになったものである.
 僕が量産編成を最初に記録できたのは5月28日,全部新車の04編成は6月23日のことだった.やっぱり編成の前から後ろまで,同じ断面の車体で揃っているというのは気分がよい.なにより,東京の顔である山手線の最新鋭車でもあるわけだし.

量産車は,一見したところでは先行車と変わるところは少ないようにも思えるが,本誌の6月号でも報じた通り,荷物棚の高さを下げ,手摺類をクローム光沢仕上げからまっとし上げに変更,優先席付近の床の色は濃い赤に,ロールバーは袖仕切りからの手摺からは切り離されているなど,主に客室で変更が行なわれている.
 外観では側扉のグラデーション幅を変更しているように見える.
DSCN2504
宵闇迫る新宿での03編成.やっぱり2輛目の車体断面が…….この日は02編成にも遭遇できている.2017-5-28

いつ,ゆっくりと撮影観察の機会が得られるか,楽しみにしていたのだが,今日,鉄道趣味月刊誌合同での撮影取材が,東京総合車両センターで実現したのだった.それも,全部新造の05編成が対象.ご尽力くださったJR東日本東京支社の皆さまに,心から感謝する次第.
Q7A_4540
“大崎の電車区”で親しまれた,かつての品川電車区,現在の東京総合車両センター東エリアで撮影取材にのぞむ05編成.2輛目がサハE235.この編成と04編成だけが新造車で,番号は04編成がサハE235-501,05編成がサハE235-502.
Q7A_4459
そのサハE235-502の客室.側扉位置が他の中間車と異なっているので,11号車寄りの扉間腰掛は短くなっており,その部分には幕板の液晶広告枠もない.手前左端に色が濃くなった優先席の床が見える.吊り手のパイプは従来通り光沢仕上げだが,手摺部が艶消しになっているのが判るだろうか.窓越しに06編成がちらりと見える.
Q7A_4478
基本的な機器配置は同じであるものの,運転士用腰掛の形状が変更となった運転室.
Q7A_4556
サハE235-502の11号車(東京駅では上野方)寄り外観.変則的な側窓と雨樋を内側に入れた側板との組み合わせは2輛だけ.側扉部のグラデーション,とりわけ幕板部が量産先行車と異なっている.

主要機器類は,主制御装置は三菱電機製のフルSiCタイプSC104が,補助電源装置は東芝製のSC107が全面的に採用となった.電動空気圧縮機はクノールブレムゼ製のMH3130-C1600F.保安装置は,東海道本線での試運転などを行なう必要がないため,デジタルATC(D-ATC)のみとなっている.
 台車は両先頭車の先頭側が駐車ブレーキ付きのTR264,7号車サハE234がTR264B,両先頭車の連結面側とその他の中間車がTR264A,電動車がDT80で,量産先行車と同じである.04,05編成以外の10号車である,サハE231改造のサハE235-4600番代は種車のTR255Aを使っている.

さて,E235系の特徴のひとつである,“月替わりのバックサイン”.今年は順調に記録が進んでいて,4月の“桜”に続き,5月の“菖蒲”,6月の“アジサイ”と記録し,本日大井町へ出向く途上の原宿駅で04編成の7月の“朝顔”を撮影することができている.
Q7A_4437

7月の“朝顔”.シャッタースピードを1/800秒に設定していたら,少し表示に隙間ができてしまったが,まずは朝顔に見えると思う.

あとは8月の“向日葵”,9月の“菊”,10月の“ススキ”,11月の“イチョウと紅葉”,12月の“シクラメン”,そして2月の“梅”で,完揃いとなるわけである.さて,達成できるだろうか…したいものである.

※2017.07.14:一部語句修正追加