小田急のロマンスカーが60周年なのだそうだ.あれ?……レイルの1980年夏(不定期化第1号)“小田急ロマンスカー”(在庫僅少)には,“ニュールックロマンスカー”という昭和24/1949年製作のポスターが掲載されている…….
 小田急電鉄のプレスリリースに拠れば,正しくは“ロマンスカー・SE就役60周年”なのだそうだ.ならば納得.
 いろいろなイベントが開催される中で,7月6日からは,現役の小田急ロマンスカー各車に記念のロゴマークを掲出しているという.7月中はバタバタしていて小田急と縁のない毎日であり,ようやく期間も後半となったこないだの日曜日,外出の途中で時間を捻出して,南新宿の踏切まで観察に赴いたのだった.
Q7A_6157
最初に姿を見せたのは30000形EXE.第4編成による“はこね”.“60”という数字の下に,3000形SEと50000形VSEを並べたデザインは,なかなか秀逸と思った.

Q7A_6165
続いては50000形VSEの第1編成.こちらは白い車体に白ベースのロゴということで,ちょっと目立たないかも…….背景の建物は小田急電鉄の旧本社.綺麗に手入れして大切に使われている.

Q7A_6208
ちょっと間を置いて姿を見せたのは7000形LSEの“はこね”.この車輛には貼らなかったのか…と思ったら,ちゃんと車体側面,売店などの窓がない部分に貼られていた.
Q7A_6234
これがそのロゴ.写真は9号車で,他には8号車と4号車に貼られている.リリースにはちゃんと“7000形は側面に…”と記されていたわけだが,いざとなると…という次第.

Q7A_6220
もうちょっと間を置いて登場したのが60000形“あさぎり”.貼られているのは非貫通側だけ.
Q7A_6230
真打登場,とばかりに,最後に現われたのが,
MODELERS FILEとしてオリジナルのEXEとともにとれいん7月号で採りあげた30000形EXEα.これも銀色の車体に白ベース…と思ったのだけれど,ゴールドの縁取りのお蔭で,見栄えがよいような気が.ちなみに30000形も貫通側にはロゴは貼られていない.

特急がやってくる合間には,もちろん普通車も次々と姿を見せる.5月4日のここで記した,“垣間見た小田急電鉄の帯色変更と前照燈LED化事情”でも観察した,前照燈のLED化のその後にも注意していたのだけれど,新たな確認は,4000形の4566(新宿方は4066)編成で目撃できたに過ぎなかった.けれど,さきほどの60000形MSE,平成27/2015年製の6連第5編成(新宿方先頭が60255)で,前照燈をコイト電工製の丸形LED(…という表現をしていたのだけれど,“普通の丸形”と区別できないじゃないかと,ふと思った.“花形タイプの”という表現はどうだろうか)に変更して落成しているのだった.
Q7A_6217
これまでのHIDに代って,コイト電工の花形タイプLED前照燈を装着した60000形最新編成.このタイプのLEDで4燈という車輛は初めて?


ということで,30000形EXEに始まってEXEαまで,約2時間の寄り道であった.