モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

> 2010年12月

2010年12月

////隠す用
自社広報

さて,とれいん新年号.おかげさまで好評で,各方面で話題にしていただいているようである. その新年号の表紙.このところ(いやこの先も),東武といえば“これ”というわけで,東京スカイツリーと東武電車を絡めた写真を撮ってくるように,との指令が飛んできた.しかし既
『新年号の表紙を撮影した日の東京スカイツリー周辺』の画像
////隠す用
自社広報

久しぶりの書き込みになります。なんこうです。★ご好評頂いている東武特集ですが、すでにAMAZONでは売り切れになってしまいました。もし、まだご購入されていない方がいらっしゃるなら、私の知っている限りでは書泉ブックタワー・書泉グランデは一度売り切れた上に追加搬入
『新年号(2011年1月号 No.433)について』の画像
////隠す用
自社広報

今年も恒例“年越し運転”のレポートをお待ちしております.参加規定は例年通り“2010年12月31日23時55分から2011年1月1日0時05分までの最低10分間,鉄道模型を走らせながら年を越そう!”というものです.  ゲージ,運転方法は自由です.年をまたいで走らせた車輛,ゲージ
////隠す用
自社広報

我々鉄道模型界では既に普及著しいLED照明だが,ようやく“いちぶんのいち”の世界にも本格的な進出が始まった. ドイツあたりでは,随分前にLEDライトを装着した電気機関車の写真を見たことがある.日本でも,JR東日本の試験電車“MUE-Train”の中の1輛にLED室内燈試験車
『LED室内照明 “いちぶんのいち”に本格的進出』の画像
////隠す用
自社広報

暮れも押し迫ってきた今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか. TVなどではお正月公開の映画が賑やかにCMされる時期となりましたが,去る11月末に,20世紀フォックス映画配給で来年1月7日に公開される“アンストッパブル”の試写会に行ってきました.予告CMなどでご存
『映画「アンストッパブル」試写会』の画像
////隠す用
自社広報

新幹線「はやぶさ」の車両が先日12月14日仙台の新幹線総合車両センターで、報道公開されました。 その量産車第1編成(U2編成)は昨年登場した量産先行車とは外観上特に変更はありませんが、1&10号車の先頭車にはハヤブサをデザインした E5系のシンボルマーク、10号車にはグラン
『E5系量産車登場、グランクラス公開。 :by 松本正敏』の画像
////隠す用
自社広報

全面改築中の西武池袋線江古田駅.その様子は,このブログでも度々採り上げてきた.最近では9月30日.その前は2月25日だった. その後も工事は順調に進み,駅前後の線路の曲線改良なども行なわれ,1月には北口の階段が完全にできあがる予定.  で,今週のはじめ,ホーム
『西武池袋線 江古田駅の古レールが消えた』の画像
////隠す用
自社広報

とれいん最新刊 1月号(通巻433号)のご案内です【今月のオススメ記事】●特集 押上効果で波に乗る…    東武鉄道このところ,業平橋駅と本社があった敷地に建設中の“スカイツリー”が世間の耳目を集めていますが,そのタイミングでの大特集です. 今回は,東武鉄道
『月刊とれいん No.433 2011年1月号』の画像
////隠す用
自社広報

蒸機の時代最新刊 No.42のご案内です■第42号の主な内容(登場順)中国東北部に残る現役蒸機ベルガモで見たイタリアの蒸機松浦線の御召列車庄野鉄司 作品集 その13 大畑山陽路に大型蒸機を求めて その2山陰本線 秋から冬へ昭和46/1971年3月 北海道撮影行 その1終焉期の西
『蒸機の時代 No.42  12月21日(火)発売』の画像
////隠す用
自社広報

今日の朝,JR東日本の大宮総合車両センターで,C61 20動態復元作業の模様が報道公開された. この復元工事については今年3月1日のこのブログと,本誌の4月号でもお伝えしている. 今回の見せ場は,なんといっても修繕を終えたボイラーを主台枠に載せるシーン. しかし
『C61 20 動態復元作業の近況』の画像
////隠す用
自社広報

本日、東北新幹線八戸~新青森間が開業しました。そして「東北新幹線東京~新青森開業記念東京駅出発式」が今朝、東京駅にて行われました。その式典の様子を見てきましたので、ご覧下さい。JR東日本 大塚会長の主催者代表挨拶を初めとして国土交通政務官(代理)や青森県
『東北新幹線東京~新青森 全線開業!! :by 松本正敏』の画像
////隠す用
自社広報

9月2日付けのこのブログで,門鉄タイプの切り取りデフレクタを装備した,秩父鉄道の(そういえば,正式の所有者は秩父鉄道なのだろうか,それともJR東日本なのだろうか……)C58 363の姿をお目に掛けた.  デフレクタの後ろの柱が少し傾いていて,正当な門鉄デフとは趣が異
『再び姿を変えたC58 363』の画像

↑このページのトップヘ