モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

> 2017年10月

2017年10月

////隠す用
自社広報

【今月のオススメ記事】今から約40年近く前,1979年に始まった国鉄山口線でのC57 1と12系客車による“SLやまぐち”の運転.数年前から客車の更新が構想されていましたが,この9月2日,JR西日本としては初めての完全新製客車である35系4000番代に置き替えられました.この客
『月刊とれいん No.515 2017年11月号』の画像
////隠す用
自社広報

レイル104号 最新刊のご案内です■京王初代5000系譲渡車輛今昔京王帝都電鉄が京王線の1,500V昇圧とスピードアップに際してデビューさせたのが5000系電車です.昭和39/1964年のことでした. それから半世紀以上を経て,京王線からは姿を消したものの,使い勝手のよさから各
『Rail No.104 10月21日(土)発売』の画像
////隠す用
自社広報

日々の記録が大切,といい続けている僕である. 実際,とりわけコンパクトデジタルカメラを振り回すようになった平成12/2000年ごろ以降は,常に持ち歩くようになった…流石に一眼レフカメラを毎日,というわけにはいかない…. そんなこんなの,僕なりのメモは,折りに触れ
『今年半ばの西武池袋線と乗り入れ車の話題』の画像
////隠す用
自社広報

9月14日付けのここでお話した,東急電鉄5050系5177編成の床下機器.西武鉄道の沿線にいると,なかなか遭遇できるチャンスは多くなくて,調査が進まなかったのだけれど,ようやく機器箱の銘板から“慣性軌道検測装置”と読み取ることができた.JR東日本のE235系量産先行編成
『東急電鉄5050系5177編成の床下機器は軌道検測装置だった』の画像
////隠す用
自社広報

2年前の量産先行車登場以来,折りに触れてここや誌面でご紹介している,JR東日本のE235系電車. そのスタイルについては多くの人の間で好みについて意見が出ているが,なにはともあれ,次世代山手線を担う電車であり,バリエーションが関東地方の各線区で標準タイプ車とな
『JR東日本のE235系 鉄道友の会ローレル賞受賞と量産編成のこと』の画像

↑このページのトップヘ