モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

> 2017年11月

2017年11月

////隠す用
自社広報

【今月のオススメ記事】西武電車といえば自社の所沢にある工場で自作,という強いイメージがありました.増加一方の輸送需要に対応することを目的として誕生した9000系もそのひとつです.3扉の101系を4扉化するという名義で8編成80輛が製造されました.1990年代半ばのこと
『月刊とれいん No.516 2017年12月号』の画像
////隠す用
自社広報

今年の夏に日立製作所から甲種輸送された,相模鉄道の20000系電車. 10月には昼間の本線での性能確認試験と公式試運転が行なわれた. その後は?と気にはしつつ,しばらくの間,沿線に出向くことができず,気づけばもう11月も半ばとなった. おとといの午後,小田急電車で
『相模鉄道20000系 いま』の画像
////隠す用
自社広報

今年3月25日に営業運転を開始した西武鉄道40000系電車.その詳細は本誌4月号のMODELERS FILEで既にご覧いただいていると思うが,10月に入ってから新しい動きが見えてきたので,話題にしてみようと思う.最初は,第3編成の登場.10月の13日から15日にかけて,川崎重工から
『数が増えはじめた西武鉄道40000系と そのヘッドマーク』の画像
////隠す用
自社広報

今を去ること37年前,不定期刊として再スタートした“レイル”の第1回目の特集として採り上げたのが,小田急のロマンスカーだった. その時の思い出はいろいろあるけれど,新宿と小田原との間の表定速度…到達時間の変遷を読んで驚いたことも,その一つ.刈田草一さんに書
『小田急電鉄 新宿-小田原間59分!複々線11.7キロ!』の画像

↑このページのトップヘ