1月12日,西武鉄道とプロ野球チームの西武ライオンズから“三代目「L-train(エルトレイン)」が運行を開始します”“現在の二代目は2018年度末に運行を終える予定”との発表があった.
 思えば,3000系の3015編成が濃紺に球団のロゴを身にまとって登場したのが,平成22/2010年7月のことだった.
dscn1215
初代のエルトレイン.もっとも,愛称がついたのはこのラッピングが施されてから以後のことだったが.写真は柄が大きく派手だった飯能方先頭車.江古田 平成24/2012-10-31 
© SEIBU Lions,SEIBU Railway Co.,LTD.

約3年後の平成25/2013年12月にはこの編成が廃車となり,エルトレインは西武線から姿を消すことになる.
 しかし,さらに3年後の平成28/2016年には,二代目として9000系の第8編成が,濃紺…レジェンド・ブルー…に装われることになる.
 この二代目は,本誌の昨年12月号に掲載したMODELERS FILE 西武鉄道9000系の記事でも採りあげたから,沿線にお住まいでない方もご記憶にあることだろう.
DSCN5514
池袋方と飯能方とでデザインが異なった初代と異なり,両先頭ともに同じデザインのラッピングが施された9000系第8編成.富士見台 平成29/2017-11-16 
© SEIBU Lions,SEIBU Railway Co.,LTD.

その特集で記した通り,9000系は昨年秋から廃車が始まり,まずは第6編成が11月に引退した.残る9本もいずれは……ということが予想される中の,今回の発表というわけである.もっとも,“2018年度末”であるから,当初の予定通り,あと1年間程度は走るわけで,すぐに入れ替えになるということではない.ちょっと安心?

そして三代目.今回は20000系の10輛編成がラッピングの対象となった.番号は第4編成と第5編成……どちらも新宿線?と思ったのだが…….ちゃんと“新宿線に1編成,池袋線にも…(中略)…もう1編成”と記されていた.
 1月15日,第4編成が池袋線,第5編成が新宿線で走りはじめたのだった.
 例によって(?)地上線用の10輛固定編成にはなかなか乗るチャンスのない僕である.通勤途上でチラリホラリと見掛けはするものの,乗車はおろか,なかなか写真撮影もできない日が続いた.
 それが今朝,乗っている電車がなんだか紺色の編成に追い越されたような気がしたものだから,中村橋のホームで折り返しを待つことしばし.
DSCN7602
ようやく,明るい空の下での撮影が叶った次第.快晴ならば完全に逆光となるところ,薄曇りだったので,なんとか,というところ.
© SEIBU Lions,SEIBU Railway Co.,LTD.

この20000系という電車,もともと正面腰板部は青だったから,前からみれば,単にライオンズのロゴを貼っただけのように思ってしまうのだけれど,コーナー部にはオリジナルの青が残っているので,ちゃんとレジェンド・ブルーにラッピングされていることが判る.

さらに今日の帰り道,練馬の駅で池袋行き快速として到着するエルトレインを目撃.それっとばかりに反対側のホームへ.
DSCN7610
今回の目玉は,腰掛の背摺りにライオンズのロゴを入れたこと.お客さんが座ってしまえば見えないのだが,そこがかえってお洒落?なにしろホームを駆け上がったものだから,少し手振れ.

DSCN7609
飯能方先頭車だけは,[L]の字がたくさん並んでいた.朝は女性専用車になるから区別するためだろうか.
DSCN7612
号車番号を野球のボールにデザインしているところは初代からの伝統.


この1年のうちには,なんとかどこかで20000系と9000系のすれ違いを撮りたいものだが,さて,どうなることか.

※2018.02.02:“レオのロゴ”を“球団のロゴ”に修正.ほか一部語句修正