一昨日1月29日,西武鉄道は,“Laview”こと001系の営業運転を3月16日に開始すると発表した.
 この日はダイヤ改正の日でもあり,池袋線系統では平日の朝に“S-TRAIN”を1本増発するほか,新宿線では“拝島ライナー”を夕方に1本増発するなどの変更が行なわれる.
 池袋と所沢の間は線路改良によって所要時間短縮が実現し,一部特急列車では所要時間19分で運転される.
①エクステリア
ダイヤ改正と“Laview”デビューの告知に際して公表されたオフィシャルフォト.小手指検車区で撮影された,池袋・本川越方の先頭車である.改めて,窓の大きさを実感させられる光景である.
③インテリア
先頭車の客室写真も公開された.残念ながらカーテンが引かれた状態なので,車窓風景を見ることはできない.

当面の投入区間は,池袋線と西武秩父線の池袋と西武秩父の間.列車名は現在の“ちちぶ”“むさし”を引き継ぎ,停車駅も変更はない.

3月16日の時点で001系が充当されるのは,
平日下りが,ちちぶ9号(池袋発9時30分),ちちぶ17号(池袋発13時30分),むさし27号(池袋発17時),ちちぶ37号(池袋発19時30分),むさし51号(池袋発23時).
平日上りが,むさし6号(飯能発6時11分),むさし12号(飯能発8時4分),ちちぶ24号(西武秩父発(11時25分),ちちぶ32号(西武秩父発15時25分),むさし42号(飯能発18時36分),ちちぶ56号(西武秩父発21時25分).
土休日下りが,ちちぶ5号(池袋発7時30分),ちちぶ13号(池袋発11時30分),むさし67号(池袋発15時),ちちぶ29号(池袋発17時30分),むさし43号(池袋発21時).注:3月16日“ちちぶ5号”では記念グッズの配布などイベントが行なわれる.
土休日上りは,むさし64号(飯能発6時29分),ちちぶ20号(西武秩父発9時25分),ちちぶ28号(西武秩父発13時25分),むさし34号(飯能発16時35分),ちちぶ48号(西武秩父発19時25分).注:3月16日の“むさし64号”は10000系“ニューレッドアロー”で運転.

001系の投入計画は,今年度中に2編成16輛,来年度には5編成40輛となっている.このダイヤを見ると,間違いなく2編成は必要だから,2月中には2編成目が落成するのだろう.さらに“検査の日は…”という注記がないので,営業が始まってから間もない頃までには,来年度分の最初の編成となる,第3編成も西武へ到着するものと思われる.
 いずれにしても,来年度中には池袋線系統の特急はすべて“Laview”001系に置き替えられる.
と,リリース文を読み解いて,日付が変わって昨日午前のこと.朝から都心へ出かけての帰り道.何気なく車窓を眺めていたら,黄色でもsステンレスでもアルミでもない色の電車とすれ違った.赤や紺でもない.ということは!?
 ということで,通過風景を撮ろうと練馬駅のホームで待ち受けていたら2番線に停車したではないか.あれま,ということで発車を見送っていたら,電車は豊島線に吸い込まれていった.
 ならばすぐに戻ってくるはずと,待ち構えていたらやってきました……6000系の飯能行き準急が背後から.
DSCN3225
なんとか先頭車だけは被らずに済んだ.豊島線から来たのだということも,線路の関係からすぐに判る.記録としてはぎりぎり及第点を頂ける写真だろうか.
DSCN3229
飯能・西武新宿方先頭車.1輛ずつ撮影しようと思ったら,今度は所沢行きの各停が……それでもなんとか,001-A2,001-A3など一部の車号を読み取ることができた.

ということは,車号は001-A1から001-A8までということになる.では第2編成は001-B1から001-B8となるのか,あるいは002-A1から002-A8??

“春よ来い,早く来い”.
                                            悲しみを乗り越えるためにも