東急電鉄の5000系ファミリーは,ほんとうに複雑な構成である.6年前の4月18日のここでも少し“研究”してみたことをご記憶の方もあるだろう.
 複雑さの度合が増している要因のひとつに,編成の組み替えがある.田園都市線用5000系の中間車が,東横線用5050系に組み込まれていたり,その組み替えの原因になった6扉車を早々に廃車して新たに4扉車と取り替えたり…….
 加えて,4000番代の一部が,平成26/2014年2月に発生した元住吉駅での事故で8連2本(1本は横浜高速鉄道の車輛だが)の運用をまかなうために,替わりばんこに8輛編成となっていたということもある.このブログでも,例えば平成26/2014年9月4日のここでは第3編成をご紹介している.その後は,長らく第5編成が8輛編成になって西武線にも姿を見せていた.
 ところがその第5編成,春の終りごろから見かけなくなったと思っていたら,今月初めのマニ50 2186の長津田到着風景取材の待ち合わせ中,“試運転”を表示した4000番代第5編成(4105編成)を見掛けた.号車札は“10”まであって,明らかに10連に戻っているではないか.これはすぐにでも僕の地元で見ることができるだろうかと期待したのが,一向に現われてくれない…….少し待ちくたびれはじめた今日の午後,都内へ出かけた折りに,東京地下鉄副都心線の新宿三丁目のホームに降りたったら,やってきた森林公園行き急行がこの第5編成だった!
DSCN6053
森林公園行きの最後尾.これだけでは普通の“お顔”なのだけれど,つい先日まで正面窓に貼られていた“8 CARS”ステッカーが消滅しているのが,なによりの変化.
DSCN6055
4905の側扉脇に“9”の号車札が貼られている.これで,10輛に戻ったことが完璧に証明されたわけである(ちょっとおおげさ).

東急電車といえば,昨日の朝,いつもよりちょっと遅い目に家を出たら,久し振りに5000系第22編成に遭遇した.いわずとしれた(?),平成29/2017年9月に登場の青ガエルラッピング編成である.昨年8月末に終了の予定だったのが,好評に答えて今年の8月まで延長されていたものである.けれどm今日はもう7月18日.いつまで見ることができるのだろうか.
DSCN6040
練馬駅での元町・中華街行き最後尾.平日朝のこちらがわは女性専用車に指定されているので,カメラを向けるのに,ちょっと勇気が必要である.

ラッピングといえば西武鉄道の9000系第8編成,二代目“L-train”.5月23日付のここで“みかけなくなった”と記してから2ヵ月.僕が気づかないうちに解体のために横瀬へ移送されたというのでもなければ,西武線のどこかにいるはずなのだけれど,杳として消息が知れない.とはいうものの,武蔵丘や小手指はおろか,保谷へすら,出掛けるチャンスがない今日この頃.どこでどうしているのやら,確かめる術を知らない僕である.

だから,線路上に紺色の影が見えると目を凝らす日々なのだけれど,やってくるのは,当然のこととして20000系である.そんな毎日の中で発見したのが,6月27日の8連第1編成の前照燈LED化だったわけである.
 その時に影を見た,もう1編成のLED化20000系にはまだ遭遇できていないのだが,8連第1編成は,6月の末に,ちゃんと近寄って撮影することができた.
DSCN5924
練馬の駅で豊島園行きとして使われているのを見掛けたものだから,折り返してくるのを待って江古田まで乗り,下車してから撮影した,編成最後尾なのである.

そしてきのうの夕方には,ひょんなことで別の編成の前照燈LED化を発見することができた.それは,東急の“青ガエル”を見送った,そのすぐあとにやってきた準急池袋行き30000系10連の第3編成.列車無線アンテナを新型に取り替えている編成である.
DSCN6043
20000系と同じ,コイト電工の花形を取り付けていた,

30000系の前照燈LED化は,数年前から始まっていて,とれいん誌の西武特集(平成29/2017年1月号)でのMODELERS FILEでも紹介している.けれどそれらは試験的使用であり,少なくとも池袋線用30000系では継続的な取り替えは見られなかった.そんな状況下でのLED化である.ようやく本格的な換装が始まるのだろうか…….