先週,品川へ出かけた前々日は,新宿へ行く用事があった.その途中でJR東日本の埼京線用E233系最新編成に,ようやく乗ることができた.
 5月16日付けのここで在来編成との違いに気づいて報告し,その追加情報を6月27日付けのここでレポートした.
 ただ,その時点ではまだ,最新編成に乗車することができなかったのだけれど,ようやく念願が叶ったということである.
 乗ってみてすぐに観察したのが防犯カメラ.確かに,大宮・川越方先頭車である1号車意外にも,ちゃんとカメラが備わっていた.
DSCN6210
この日に遭遇したのは,先日の第32編成より,さらに新しい第33編成.残念ながら外観の撮影も,車号とカメラを1枚の中におさめることもできなかたけれど,液晶画面の左上に“新木場行き”と表示されていることで,少なくとも同じタイプのカメラを装備しているE235系ではないことが,判るだろう.カメラはその情報表示装置の右上の黒いガラスの中におさめられている.

この日は対応改造済みの第5編成にも乗ることができた.そこで運転台の機器を観察してみたら,運転席右側の機器配置が,少し変っている風に見えた.
DSCN6204
これまでは白いカバーの機器が,なかったような気がする…….
DSCN6220
と思って,新宿の駅で少し待ち構えていたら,このとおり.記憶は正しかった.

と,今日はこの件を話題にしよう…と思ったのだけれど,在来編成の防犯カメラの写真を撮影していなかったことに気づいてしまった.そこで,都心へ出かける帰り道,新宿駅で折り返し待ちの編成で撮影したのが,次の写真.
DSCN6314
最近のエレベーターなどに取り付けられているのと同じような,半球形のカメラ絵が,1輛に何ヵ所も取り付けられていた.

埼京線用の7000番代が登場したのは平成25/2013年だったと記憶している.それから6年で,カメラの小型化と高性能化が一段と進んだということになる.

などと観察しているうちに,反対側のホームに,りんかい線の70-000系が新木場行きとして到着した.ドアが開いたところで車内の鴨居になんだか違和感が……ということで近づいてみたら,案内表示装置が,細長い液晶画面になっているではないか.
DSCN6317
これは,既に取り付けられているLED表示装置の更新用として,それほど手間がかからなさそうに思うのだが.西武の20000系あたりも,同じ手法で更新してくれないだろうか.
DSCN6318
外へ回って車号を確かめてみたら,70-89.編成番号は8だった.

やっぱり乗ってみないと判らないことって,多いよなぁ,と思ったわけだが,そういえば新宿へ来る前.用事を済ませて五反田駅のホームにいたら,オリンピック・パラリンピックのラッピングを施したE235がやってきた.
DSCN6285
E235系第32編成である.正面は普段の表情なので望遠レンズで写してしまうと判りづらいのだが,すべての戸袋部にラッピングが施されているので,肉眼ではすぐに判別できる.

それだけなら,これまでにも同じようなラッピングが施されているわけだが,7月3日付のJR東日本のリリースによれば,山手線では,車内もオリンピック・パラリンピックで埋めつくされているということだったので,ちらりと中を覗いてみたら,確かに床面にも“ラッピング”が.
DSCN6287
東京スポーツステーションというのだそうだ.9月中旬まで実施とのことである.

この編成を見送って次の電車に乗ろうとしたら,やってきたのはE235系第40編成だった.6月27日のここで第37編成のデビューを報じてから,まだひと月半である.全部で50編成が投入予定のうち,8割が落成したことになる.E231系のときも,その前の205系のときも相当なスピードだったとは思うが,それにしてもこんなにはやかったかなぁ…….
DSCN6302
8月のテールサインは,向日葵.とはいえ,今日はもう立秋である.時の過ぎるのは…….