関東平野南部では穏やかな天気で明けた令和2年のお正月.
 毎年恒例の初詣,今年はどこへ行こうかと少し悩んだ末に決めた先は,新宿の花園神社.練馬の我が家からは東京地下鉄副都心線で新宿三丁目まで1本で行くことができるというのが理由のひとつ.
 途中,12月下旬から動きはじめた西武練馬駅のホームドアをスナップしつつ,東急電鉄の5050系5176編成に乗って……そういえば5178編成や4011編成はいつから営業に就くのだろうかと,新しい年への期待に思いを馳せながら心地よい揺れに身を任せていたら,あっという間に到着.
 晴れ渡った空の下で1年の平穏無事をお願いし,今年の干支である子の置物をいただいて恒例行事は完了.
 帰り道は,元日から営業している池袋のデパートで食料品を買いたいという家の人のリクエストに応じて新宿駅方面へ.途中で一休みできるところ……流石に元日から営業しているお店は少ない.で,ひらめいた…僕が,ではなくうちの奥さんが…のは小田急新宿駅のロマンスカーカフェである.ちょっと歩くことにはなるけれど.
DSCN9969
稼動しはじめてすぐに気づいてはいたものの撮影のチャンスがなくて,ようやく記録することができた,西武練馬駅3番ホームのホームドア.
DSCN9978
それなりの行列ではあったけれど,冷たい風も吹かず,待ち時間にはかつて存在したという都電の回送線のことに思いを馳せる余裕すらあった.もっとも僕は現役の頃の回送線を知っているわけではない.今回も,連れがなければ廃線跡散歩と洒落込むことができたかもしれないが,それはまた次の機会のお楽しみ…….
DSCN9998
この日,姿を見せたのは“ふじさん3号”の60000形MSEと“はこね19号”の30000形EXE-αだった.写真は“はこね10号”で到着した時の情景である.このカフェ,改札の中にあるのだけれど,入場券を見せるとスタンプを捺してくれて,それを改札口で見せると払い戻してくれる.小田急の他の駅でも改札内のお店で買物したくなったら,この方法が有効だという.なんとも粋な制度である.

JR東日本の池袋に到着して,ちょっとホームで手間取っていたら,大塚方面から“懐かしい顔”が姿を見せた.昨年末にE235系第48編成の就役をお伝えしたが,その結果として残り2本となったE231系500番代のうちのどちらか…….
DSCN0005
506編成だった.もう1本は505.総合車両製作所の新津事業所では第50編成が落成したとの報も聞こえてくるから,置き替え完了は,さて1月か2月か…….

奥さまがデパート地下で買物にいそしんでいる間に,僕はホームで電車ウォッチング.急速に進む30000系のLED前照燈化や新型列車無線アンテナへの取り替えの実地調査というわけである.その結果,何編成かについてあらたな確認ができた.その成果はいずれ,まとめてご報告しようと思っている.
 そしてタイムリミット近くになってやってきたのが40000系の40151編成.12月下旬から,妙にピカピカの40000系と,なんどか遭遇しているけれど,撮影できる機会は得ていなかった.
DSCN0042
5番ホームに到着する40000系40151編成.50番代が与えられたということは,仕様に変更があった証し.

どこが?という答は,ロングシート車になったこと.
 池袋方の“パートナーゾーン”は変らない.その他の腰掛が,背摺りが高い特徴は残しながらロングシート固定となった.
 40400形の池袋方にあったトイレは省略された.40200形と40900形の客室に備えられていた非常用梯子も,ない…ように見えた.フリーWi-Fiは備えられている.広告は在来の紙による中吊り方式.
 列車無線アンテナは新型を両先頭車に2基ずつ取り付け.側面の列車種別・行先表示装置の横のステッカーは“LONG”.空調装置やパンタグラフは変更されていないように見える.
 足廻りは…次のチャンスへの課題である.
DSCN0047
40400形…この編成では40450形だろうか…の池袋方1位側は普通の優先座席が備えられている.
DSCN0049
一般部の腰掛は,1人分ずつ独立して高い背摺りを備えたロングシート.袖仕切りの形状とガラス面の模様は変更されている.

こいつぁ春から縁起がいいわえ

であった.

そういえば縁起物として年末に仕入れるお酒,今回はどうしようかと思いながらお酒売場を眺めていたら,三重は鈴鹿の純米酒が手招きしていた…….
DSCN9949
清水清三郎商店の“作 恵みの智”.春にデビュー予定の近畿日本鉄道80000系“ひのとり”への期待を抱きながら,味わっているところである.

ということで,新しい年もお引き立て賜りますよう,お願い申し上げます

※2020.01.03:一部語句修正