前々回のここで,東武鉄道70090型による東京地下鉄日比谷線直通有料座席指定列車“THライナー”試乗会をレポートした.
 その末尾に,
------
さて,ここまでやってきたからには,この日に開業した東京地下鉄の虎ノ門ヒルズ駅も体験してみたくなるのは当然の成り行きというものである.
 しかし今週はここで紙数(というのか?)が尽きた.次回以降をお楽しみに!
------
と記している.日比谷線が全線開業して以来初めての新駅を紹介できる,そのチャンスが,1週おいた今日,ようやく巡ってきた!
_MKA2527s
開業当日,朝5時31分の虎ノ門ヒルズ駅ホーム.とりあえず開業,という状態なので天井などにはまだ,ダクト類が見えている.写真:東京地下鉄

写真でも解る通り,この駅はまだ完成していない.現状では中目黒方面行きホームと北千住方面行きホームには改札口が独立して設けられていて,連絡通路はない.トイレは北千住方面行きにのみ設置されている.反対方向で必要になったら……駅員さんに相談してみる価値はあるかもしれない…….
 約3年の後に完成した暁には,ホームの下,地下2階にコンコースが設けられてている.そうすれば諸々の問題は解決する.
DSC_9058
工事たけなわの地下2階コンコース.2023年に予定されている再開発ビルとの接続時には改札口はこちらに移動することになっている.写真:東京地下鉄

またこの駅は銀座線の虎ノ門駅との連絡扱いが適用される.その虎ノ門駅との距離は約400メートル.連絡地下通路が設けられている.
_MKA2537sのコピー
連絡通路は途中で曲っていて,写真はその角から虎ノ門ヒルズ駅改札方向を見た情景である.開業当日には地上入口など要所に方面別ホームへの案内を行なう人が立っていた.写真:東京地下鉄

ひとしきり,新しい駅の観察を終え,地上に出てみた.周辺との位置関係がどのようになっているかを確認するためには,この方法が,一番.
DSCN2464
ということで,虎ノ門二丁目交叉点である.北東から南西方面をのぞむ.目の前で工事をしているのは虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業の,仮称・虎ノ門ヒルズステーションタワーの建設現場である.地下鉄への入口は左端下部に小さく写っているのが見えるだろうか.

この虎ノ門ヒルズステーションタワーは地上17階,地下2階で延べ床面積は26,173.77平方メートルという規模だそうである.
 写真の画面左端に見えるのは気象庁虎ノ門庁舎と港区教育センターのビル,中央の一際高いのがホテルオークラである.
 目の前の道は桜田通り.画面ではみえないが環状2号線が交叉する.その環状2号線は新橋駅の南端をかすめて築地に達する,東京で最も新しいかもしれない幹線道路である.なんでも,占領下にマッカーサーが米国大使館と港湾部を短絡する交通を確保するために建設を命じたといわれていて,東京ではずっと“幻のマッカーサー道路”とも呼ばれていたそうである.

僕はその環状2号線ではなく桜田通りを北上して虎ノ門へ.なんだかこのあたり,ひさしぶりに来たようなそうでもないような……と,記憶をたどってみたら4年前の正月,愛宕神社へ初詣に行った帰り道に虎ノ門の駅から01系に乗って帰宅したことを書いていた.ということはしかし,この4年もの間,虎ノ門には縁がなかったということになるのだろうか.
 愛宕神社といえば,この界隈に生まれ育った友人との間で,“愛宕裏というようなのじゃいけなかったんだろうか”という話題になった.確かに愛宕神社の裏手にあたる.でも,それではせっかくの大規模な再開発地区としてはどうだろう,ならば“愛宕山下”なんてのも電停みたいな風情でよさそうだねえ,との意見も出たことである.

さて,辿り着いた虎ノ門交叉点.文部科学省の大部分はそびえ立つ真新しいビルに移動したようだが,文化庁が入っていたりする,趣きある元の本館の建物は変らない.もっとも文化庁は近い将来,京都へ移転してしまうが.
DSCN2469
虎ノ門の交叉点も工事が続いている,でも,5階建だろうか,シンプルな中に趣きのあるこの建物があるかぎり,僕の虎ノ門交叉点の印象は変らない.

通りの右手には,ずっと以前から気になっていた洋食屋さんがある.でも,正月だったり日曜日だったりで,いつも前を通り過ぎるだけ.今日も土曜日だからと思ったら,明かりが点っているではないか.するするっと引き込まれたのは,いうまでもない.
DSCN2482
その名はケルン.でもライン川沿い町,ケルンとは綴りが違う.KERNである.いただいたのは,カニクリームコロッケの定食であった.

ゆっくりと味わってから銀座線の改札を通ってホームへ.ごつい鉄の柱は変らないけれど,ホームドアが整備されたこともあって,4年の間に雰囲気は大きく変ったような気がする.

ちなみに虎ノ門ヒルズの改札を出てから虎ノ門の改札を入るまでに要した時間は約50分.“ゆとりを持った乗り換えのため”としてこの日から運用が始まった“乗り換え時間制限は改札を出てから従来の30分以内を,60分以内までに拡大”の恩恵にあずかることができる.ちなみに,銀座駅と銀座一丁目駅との相互間でも同じルールが適用されるようになった.

そして降りたった渋谷駅にも,ことし正月の移転直後にはなかったホームドアが完成寸前の状態だった.世の中は,どんどん変わってゆく.