東急電鉄5050系にアンテナが増えたと記したのは,5月28日付けのここだった.
 その後,機会あるごとに観察していたところ,6月6日には5163の編成で新しい2本のアンテナを確認した.
DSCN2355
“THライナー”の試乗会に向かう途上,富士見台の駅で反対方面行きの電車を見たら,5163編成だった.
DSCN2359
逆L型アンテナは,在来品だった.

続いて6月8日の夕刻には,中村橋駅の池袋方面行きホームで,5159の編成に遭遇した.
DSCN2585

5159の編成も,逆L型アンテナは在来型だった.

そして昨日,6月24日の夕方,石神井公園に用事があってでかけたら,練馬の駅に登場したのは,再び5159の編成であった.折りよく石神井公園行きだったので,そのまま終点まで乗って行き,折り返しの入線で編成全体の外観を記録してみることにした.
DSCN3155
運が悪いと所沢方面に発車して行く列車に遮られることもある入線シーンだが,この時は幸いにしてちゃんと撮影できた.4番線には9000系第4編成による池袋行きの準急がほぼ同時到着ではあったが.

そういえば西武の9000系,このところ数が減ったような“気がするのは気のせい”だろうか.ずっと前に工場に入った編成も,一向に営業への再投入がないようだし…というのを思い出した.いずれ追い掛けてみなければ…閑話休題.
DSCN3158
4号車,5459.妻板に取り付けられていた誘導無線アンテナが撤去され,普通の大きさの転落防止外幌に取り替えられていた.
DSCN3165
妻板のクローズアップ.所沢方の南側である.誘導無線アンテナを取り外した跡は埋めボルトで処理されているので一目瞭然.

そういえば東急5050系,このところで客室の防犯カメラ装着車が急速に増えている.そしてこの5159編成も,そうだった.そのカメラユニットはLEDの燈具に直接取り付けられている.これまでみたことのないタイプだが,在来車への追加施工も容易だろう.
DSCN3140
DSCN3141
どちらも石神井公園へ向かう途中に撮影したものである.カメラのカバーに“MOYAI”という文字が刻まれている.

その“MOYAI”をキーワードとして検索してみたら,メーカーのウェブサイトがヒットした.
 株式会社モヤイというのだそうだ.製品はアイ・オー・チューブ(IoTube)といい,Wi-Fi,4Gデータ転送が可能で,カメラそのものは200万画素,レンズは160度の広角だそうである.さらに東急電鉄ではソフトバンクの回線を使って記録された画像データを転送しており,これまでのように車輛に備えられた記録媒体からコピーするという手間を省いているという.さらにリリースでは,今年の7月末までにこどもの国線用を除く全車輛に装備を完了する,とも記されていた.技術の進展というのはなかなかに凄いことであると,素直に思う.