11月21日のここや,28日のここでも記した通り,えちぜん鉄道の7000系を採り上げることにしたのはいいものの,屋根上の写真をどこで撮影すればいいのか,随分と悩まさせられた.沿線地図を見ても,立体交差というものが,ほとんど存在していないのだ.
  記憶にあるのは勝山永平寺線の松岡付近,国道がオーバークロスするところ.あとはえちぜん開発付近にある国道8号線のオーバーパスぐらいだろうか.でも, 真横写真と併せての撮影となると,三国芦原線の方が効率がよさそうなのだが…….で,沿線を地図で追っていたら,三国港の駅の外れに立体交差がある.ここ なら,折り返しがすぐにやってくるから,効率よく違う角度の屋根上写真を撮影できそう.ということで,まずはロケハン.
 それで三国港の駅に到着して,その立体交差を見てびっくり.立派なネジリマンポだったのである.

MT-20131219-01
三国港駅のを出外れたところにあった,ネジリマンポ.しかも美しく整備されている.手摺も高くないから,屋根上写真の撮影にも使える.思わず小躍りしてしまったことである.

“ネ ジリマンポ”とはなんぞや,と思われる方もあるかもしれない.“ネジリ”の言葉から,なにかを捻ったとは想像していただけるだろう.その通り,煉瓦をネジ リながら積み上げる方法,あるいはそのようにして出来上がった構造物のことをいう.直交しない立体交差で用いられる.だから,それほど数は多くない.“ネ ジリマンボ”と記されることもあるようだ,“マンポ”あるいは“マンボ”の語源は,よくわからないそうである.

MT-20131219-02
夕方の斜光線で見たネジリマンポ.駅側の壁面.実にみごとな,ねじれっぷりである.

MT-20131219-03
駅と反対側の壁面.ツタでおおわれていて,全容を掴みづらいが,この方が自然な感じなので,僕は好きだ.こうしてみると,この跨線橋は,アーチ天井部だけが煉瓦造りで,あとは石積みであることがわかる.石を斜めに積むのを,避けたかったのだろう.

MT-20131219-04
ネジリマンポの道路側.たもとには立派な説明板があって,大正2/1913年製であること,平成16/2004年に登録有形文化財に指定されたこと,福井県下のネジリマンポは,ここにしか存在しないこと,などが記されている.

この説明板で気になったのは,“関西を中心に用いられた”という記述.確かに,僕が知っているネジリマンポは,阪神間や琵琶湖疎水や北九州や福岡の鹿児島本線など西日本に多いけれど,どうなんだろう.
 そうそう,近鉄北勢線…三岐鉄道北勢線には,煉瓦ではなくコンクリートブロックに寄るネジリマンポが存在するそうだが,僕はまだ見たことがない.
 外国では,ロンドンのフェンチャーチストリート駅の外れに存在するのを,2006年に見ているが,それ以外では記憶にない.ということは,発祥は英国なのだろうか…….
 学術的な考察はさておき,煉瓦の橋を見る楽しみは,尽きない.