江若鉄道といえば,滋賀県の浜大津から近江今津まで,琵琶湖の西岸を半世紀にわたって走り続けた非電化私鉄である.廃止されたのは今から42年前の昭和44/1969年11月1日.
 僕にとって現役の江若鉄道とは,子供のころに何度か家族で水遊びに出掛けたおりに乗せてもらったのが,僅かな触れ合いだった.
 そして廃止された直後の11月中旬,京阪の石山線撮影の途上,三井寺下の駅と機関区跡を訪問して,何枚かの写真を撮影したのが,唯一の記録である.
  しかし,とれいんを創刊して間もないころ,西村雅幸という方から寄せられた現役時代の写真と真横のペン画からは,この鉄道に関して強いインパクトを与えら れた.それはとれいんの昭和52/1977年10月号と12月号(通巻34号と36号)に掲載させていただいたのだが,その記事は今でも,その頃の読者の 方との間で話題に上ることがあるから,やはり印象的だったのだろう.
 後年,レイル39号で湯口 徹さんの私鉄紀行近畿地方編で江若鉄道を纏めた際にも,その原動力となったのは西村さんの写真とペン画だった.
 僕と西村さんと江若鉄道とのかかわりは,その後ずっと途絶えていたのだけれど,何年か前に,インターネット掲示板で同姓同名の方の発言を発見,知り合いの方にお尋ねしてみたところ“同一人物ですよ”と確認してくださったのである.
 ここで30年近くの空白は一挙に埋まり…どころか,その西村さんが江若鉄道のレイアウトセクションを製作されるというのだから,これは見逃すわけにはいかない.
 以来数年間,高島町に始まり白鬚,三井寺下と企画はどんどん拡大し,掲示板上ではお仲間との間で時代考証やアイデアのやりとりが楽しく繰り広げられた.
 そして今年秋,付随して製作された50輛もの車輛とともに,廃止42周年記念イベントが,縁の浜大津で開催されることになったのだった.

ということで,10月29日から浜大津で催されている,“浜大津懐かしの写真展&鉄道模型走行会”にお邪魔してきた.
 会場は,元の江若鉄道浜大津駅跡に建つ“スカイプラザ浜大津”.
会期は10月29日から11月28日.ただしレイアウトセクションでの運転は10月29,30日と11月3,5,6日.オープン時間は10時から18時.入場料は大人200円(写真展は無料).

MT-20111103-01
会場となったスカイプラザ浜大津の外観.かつては画面左側の道路が湖岸だった.

MT-20111103-02
三井寺下のセクションを前に,訪れた江若鉄道OBの昔話を熱心にメモする西村さん(画面右).OBのみならず,近所にお住まいの人々からも次々と新事実が語られれ,収穫は大だったようである.

MT-20111103-03
無料スペースで展開されている江若鉄道現役時代の写真展.主にレイル80号で京都市電の思い出を纏めてくださった福田静二さんの写真で構成.

MT-20111103-04
STMC滋賀鉄道模型愛好会の16番レイアウト.こちらは主に近代的な列車が数多く運転され,好対比を見せていた.

このレイアウトセクションを徹底取材した結果は,近いうちに本誌上でお目に掛ける予定.どんなドラマが展開されるのか,大いにご期待いただきたい.