第2次世界大戦中,“不要不急路線”として複線を単線にされたり,あえなく廃止されてしまった鉄道路線は少なくない.
 新京阪……阪急嵐山線もそのひとつで,経緯についてはレイル49号で下嶋一浩さんが詳しく述べられている.ちなみに,嵐山で接続していた愛宕山電鉄は“廃止撤去”され,戦後も復活できなかった路線の一つである.
 その稿の中,24頁で“残っている橋桁は撤去されなかったものか戦後復活したものか不明”と記されているのが気になっていた.
 気になりつつも,嵐山線を訪問する機会に恵まれなかったのだが,今年早春のある日,ほんの少しだけ沿線を歩くチャンスがあった.そこで,上桂と松尾の間に架かっているトラフ桁の下を潜り抜けられることに気づいたので,しばし観察してみた.
 その結果はといえば,断定はできないものの,元の橋桁であると考えられる手掛りを発見したので,写真をお目に掛けることにした.

MT-20110324-01
この橋梁の名前は“宮ノ前避溢橋”.残念ながら銘板が見当たらない.そこでなにか手掛りになるものはないかといろいろ探索…….

避溢橋とは,大雨などに際して,築堤が水をせき止めて洪水にならないよう,水を逃がすために設けられた橋のことだそうである.だから橋といっても普段は水はなくて,ここでも通路となっている.だからこそ,橋桁の真下に潜り込んで構造材を見ることができたのだ.
  しばしのちに発見できたのは“SEITETSUSHO YAWATA”の銘.すぐ脇には“BS 9×3”などという,規格や寸法を示す刻も見える.ちなみにBSとはBritish Standardsの略,9×3は9インチ掛ける3インチを示すそうだ.では製造年が……と探すも,それは見つからない.けれど,別の部材に“ヤワタ”と いうカタカナの銘があった.ということは,こういう銘を刻んでいた年代を特定すればいいわけだ.いろいろ探しているうちに,九州大学の“九州大学学術情報リポジトリ(QIR)” の中の八幡製鉄所研究論文の中の“第 4 章 第一期拡張計画”に行き当たった.それによれば,この銘を使っていたのは明治末から大正にかけてとのこと.ならば“戦後復活した”という可能性は低い.も ちろん,戦争が終わってからどこかから移設してきた考えられないこともないけれど,その場合には,同じ形,同じ寸法の桁を揃えることは容易ではないはず.

MT-20110324-02
陽が当たってちょっと見えづらいが,右端にカタカナを読むことができる.なお,この画像は180度回転して掲載している.実際には文字は天地逆になっているわけである.

なにしろ,現用されている橋桁と,すくなくともディテールは全く同じなのだから.電車の先頭に立って観察してみれば,それは他の橋梁でもことごとく当てはまること.
 ということで,嵐山線は,線路こそ撤去されたものの,橋桁は撤去の計画だけで実際にはそのまま存置されたと考えるのが妥当ではなかろうか…….

MT-20110324-03
現在も電車が通っているほうの橋桁.カバーが掛かっていたりして,充分な観察はできなかったけれど,構造といい外観といい,同じものであることに,ほぼ間違いないだろう.