目下とれいんのシメキリ中なので,こんな時間に書き込みしてます… 皆さんに少しでも喜んでもらえる記事を作るべく,日々奮闘しております.
  毎月締切の時期となると,スタッフは昼夜逆転,もしくは昼も夜もない生活に突入します.そんな中,帰宅してつかの間でも心身を休め,すり減った神経を回復 させるのはとても貴重な時間です.プライベートの時間の過ごし方は各自それぞれのやり方があると思いますが,私はやはり模型好きな性分ですので,就寝前の つかの間,いろいろなモノを無心に眺めて過ごすのが好きだったりします.そんな私が居間に飾っている小物をお目にかけましょう.

2006年 頃でしたか,上野の科学博物館で“大英博物館 ミイラと古代エジプト展”という催しがありました.CTスキャンなどの最新技術を駆使して,発掘されたミイラの素性や製作過程を探るという,なかなか見応 えある展示でしたが,そのミュージアムショップで売られていたのがこの模型でした.
HS-20090511-01
いわゆるフィギュアの類になるのでしょうが,立派なスケールモデルであり(寝台の長さが15cm強ですので,おそらく1/12でしょう)大英博物館許諾,製 作が海洋堂という本格派ですので,ちょっとした学術的意義もありそうです.棺を開けると,実物通りに中の包帯巻きなども出てきて,“御本尊”もちゃんと 入っています.
 各パーツはレジン製で,棺の細かい装飾などが精緻に彩色されています.装身具や描かれた動物など,古代エジプトのデザインセンス は今見ても素晴らしいですね.また,この御本尊氏は,にかわを塗る作業中にくっついてしまったのか,頭に木椀が張り付いちゃっているらしいのですが,その 木椀までしっかり別パーツで付属.鉄道模型も顔負けの凝りようです.
HS-20090511-02
以前大英博物館に行ったとき,エジプトの展示室で人間ばかりかネコやワニのミイラまであるのを見ましたが,亡くなった生き物たちの姿を形に残そうとするの は,過去のものとなってしまった鉄道車輛を模型で残したいという気持ちに近いのかなあ… と考えたりしました.でもそういうのって,偶像崇拝を禁ずる宗教の人たちから見たらまた違って見えるのでしょうか.

さてこちらは,所変わってドイツの鉄道駅で見られる時計のミニチュア.DBグッズとして天賞堂で扱っていたのでご存知の方も多いでしょう.
HS-20090511-03
サイズ的には全高15cm足らずで,先のミイラとほぼ同じ大きさ.もちろんボタン電池内蔵で時計として使えます.
 ドイツに行った人の話によると,実物は普通の時計とちょっと違って,時間を示す短針がつねに毎時きっかりの場所を指していて,次の時間(例えば1時から2時)へと変わる瞬間にガッコンと1時間分動くんだそうです.さすがにこの時計はそこまでは出来てませんが.
 こうした小物を並べて遠い国々に思いを馳せるのも,楽しいものです.ただしあまり増えすぎると,狭い部屋が収拾つかなくなるので,ほどほどにしなきゃ…