モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

> 増刊・書籍のご案内

カテゴリ: 増刊・書籍のご案内

////隠す用
自社広報

京阪電鉄60型“びわこ”.製造から80年以上を経ても,多くの人々の努力によって美しい姿を保っている果報者である.寝屋川車庫 平成9/2007-4-5 写真:西野信一我が国有数の,鉄道趣味人の集まりである鉄道友の会では,ちょうど10年前の2008年に,“島 秀雄記念優秀著作
『鉄道友の会の“島 秀雄記念優秀著作賞”に“京阪びわこ号”』の画像
////隠す用
自社広報

月刊『とれいん』で2011年から開始した連載“モリセン(モデリング・リサーチ・センター)”を再編集のうえ,書き下ろし記事も加え『最新模型工作技法』として発売します! 本書では鉄道模型を始めとするプラ,ペーパー,真鍮,工作で用いるツールやマテリアルの適切な使用
『最新模型工作技法 11月21日(水)発売』の画像
////隠す用
自社広報

レイル108号 最新刊のご案内です■京都周辺の鉄道今回最初のテーマは京都の鉄道です. 最初は,京都在住のベテランファンである小寺康正さんが捉えた昭和30年代から40年代に掛けての梅小路周辺の情景です.蒸機ありディーゼル機あり,はたまた京都市電ありと,表情豊かな京
『Rail No.108 10月20日(土)発売』の画像
////隠す用
自社広報

一昨年の汽車会社製蒸気機関車230形233,昨年の東京地下鉄道1001と鉄道院ナデ6141に続き,今年の3月に新たな国重要文化財としてED4010とED161を指定するよう答申があった. 蒸気機関車,電車に続いて電気機関車というわけである.いずれも国産車というところに意義があり,
『レイルNo.107は国重要文化財指定に答申の ED4010とED161 ほか』の画像
////隠す用
自社広報

◆第73号の主な内容(登場順)特集 木曽路のD51 中央西線のD51 わたしの中央西線 春の木曽路 木曽路を行く 中央西線のD512017年秋のドイツ プランダンプとれいん11月増刊定価:本体3,000円+税A4判横綴じ84ページ(内カラー16ページ)2018年9月21日(金)発売
『蒸機の時代 No.73 9月21日(金)発売』の画像
////隠す用
自社広報

レイル107号 最新刊のご案内です◆国重要文化財にED4010とED16(1)昨年の東京地下鉄道1001号電車と鉄道院ナデ6141に続き,今年も鉄道車輛が国重要文化財に新規指定されることになりました. 今回は日本製の電気機関車2形式が対象となりました.ひとつは,大宮工場で製作さ
『Rail No.107 7月21日(土)発売』の画像
////隠す用
自社広報

今年は,いわゆる“よん・さん・とお”から50年.既に鉄道少年になっていた僕にとっては,ついおとといのことのように記憶が鮮明な,一大イベントだった.昭和39/1964年の新幹線開業は,たかだか4年前とはいえ,小学生レベルの興味に過ぎなかったし,行動力もなかった. 昭
『レイルNo.106 EF66の50年 古いアルバムの写真 駅名標こぼれ話 国鉄客車』の画像
////隠す用
自社広報

◆第72号の主な内容(登場順)特集 小寺康正の筑豊筑豊の蒸気機関車カラーブラフ     (1)9600形とC11 (2)貝島炭鉱のアルコとコッペル廃止直前の貝島炭鉱大之浦専用線煙の聖地 筑豊本線を行く筑豊に美しい蒸機を追ってⅡ地元の奈良線蒸機とれいん8月増刊定価:本体
『蒸機の時代 No.72 6月21日(木)発売』の画像
////隠す用
自社広報

◆誕生から50年のEF66いわゆる“よん・さん・とお”で定期運用を開始してから今年で50年. 本格的な高速貨物列車時代の幕開けを,まさに牽引したEF66の誕生からその後の移り変わりを振り返ってみました. 当時のメーカー側担当者だった斎間 亨さんが語られた,デザイン裏話
『Rail No.106 4月21日(土)発売』の画像
////隠す用
自社広報

◆第71号の主な内容(登場順)特集 筑豊の鉄道 筑豊の季 船尾にて 直方機関区のD60と,筑豊支線を走った機関車 若松,直方機関区と冷水峠 筑豊への旅 筑豊本線の魅力 スポーク動輪の故郷 筑豊に美しい蒸機を追ってⅠ 明治鉱業平山炭鉱専用線 後藤寺の9600と貝島
『蒸機の時代 No.71 3月20日(火)発売』の画像
////隠す用
自社広報

ことし最初のレイルは,No.105として1月下旬に発売となった.表紙はD60 57が牽く旅客列車.線路脇にポイントの標識が見えるから,どこかの駅に到着する風景だということがわかる.煙突の脇,デフレクタステーに四角い板を取り付けているから,九州の機関車ということも知る
『レイルNo.105 久大本線 有馬線 同志社大学鉄道同好会誌上写真展 そして……』の画像
////隠す用
自社広報

■久大本線の煙を追って福岡県の久留米と,大分県の大分を結ぶ久大本線.昭和30年代から蒸機終焉期までは,D60を主役として,8620がともに活躍,豊後森から分岐の宮原線にはC11が活躍していました. 久留米から豊後森までは玖珠川と戯れながら山を分け入り,水分峠を越えて
『Rail No.105 1月20日(土)発売』の画像
////隠す用
自社広報

この場合の“京王5000系”とは,もちろん(?)昭和38/1963年にアイボリーの車体とエンジのストライプで登場した“京王5000系”である.“それまでの京王電車の印象を一新し…”というのが謳い文句だったようだが,遠隔地のこどもにはそこまでは伝わらず,しかし写真で見て“カ
『京王5000系尽くし レイルNo.104』の画像
////隠す用
自社広報

■第70号の主な内容(登場順)特集 北海道夕張の煙 夕張線 最後の秋     夕張線と夕張・三菱大夕張鉄道         一度だけの夕張線          三菱鉱業美唄鉄道と美流渡炭鉱専用線 再訪記         ヤマの鉄道残影         北炭真谷地の5052
『蒸機の時代 No.70 12月21日(木)発売』の画像
////隠す用
自社広報

レイル104号 最新刊のご案内です■京王初代5000系譲渡車輛今昔京王帝都電鉄が京王線の1,500V昇圧とスピードアップに際してデビューさせたのが5000系電車です.昭和39/1964年のことでした. それから半世紀以上を経て,京王線からは姿を消したものの,使い勝手のよさから各
『Rail No.104 10月21日(土)発売』の画像
////隠す用
自社広報

■第69号の主な内容(登場順)特集    特集 会津・只見線のC11 会津線の秋 東武鬼怒川線で復活するC11 207 会津線のC11 会津線と会津若松機関区 会津坂下にて 会津線を訪ねて東北・北海道と豊肥本線の蒸機恩師の軌跡を追ってオレンジ・エンパイア鉄道博物館ドイツ
『蒸機の時代 No.69 9月21日(木)発売』の画像
////隠す用
自社広報

レイル103号 最新刊のご案内です■日本初の連節車 京阪電気鉄道60型びわこ号 登場の謎とその生涯我が国初の連節車として知られる,京阪電鉄の“びわこ号”. これまでは同社の技術者が米国視察で実見したインターバン車輛を参考として誕生した.というのが定説だったが実
『Rail No.103 7月21日(金)発売』の画像
////隠す用
自社広報

「すべてはレイアウトのためのスケッチだった」天性のレイアウト作家が切り取った「鉄道の美の瞬間」なぜ,この男はこれほどまでに嫉妬され続けたのか?その答えがここに明かされる.「資料性」ばかりで模型のイメージは育つか?「美」が加わってこそ,「生きた記録」.そこ
『松本謙一 遺言写真集 第2巻 「白秋の信号機」』の画像
////隠す用
自社広報

■第68号の主な内容(登場順)特集    故 藤井弥太郎氏の見た国鉄蒸気機関車昭和30年前後の鉄道風景私の蒸気機関車フィリピン ネグロス島 製糖工場のナロー蒸機とれいん8月増刊定価:本体3,000円+税A4判横綴じ84ページ(内カラー16ページ)2017年6月21日(水) 発売バッ
『蒸機の時代 No.68 6月21日(水)発売』の画像
////隠す用
自社広報

関東地方では既に梅雨入りした.時が過ぎるのは……という繰り言は,やめよう.昨年1月に刊行したレイルNo.97“多摩川をめぐる鉄道”で,二子玉川周辺の思い出を著された関田克孝さんが,今度は,こどもの国線の開業から現在までの50年間に加えてその前史までを語り尽くして
『レイルNo.102は こどもの国線と尾小屋鉄道と国鉄客車とゴッタルト峠』の画像
////隠す用
自社広報

レイル102号 最新刊のご案内です■こどもの国線の半世紀とその前史東急電鉄田園都市線の長津田から分岐する,短い支線“こどもの国線”があります.その名の通り,こどもの国を訪れる人たちのための路線ではあるのですが,他の同種の支線と異なるのは,その生い立ちです.今
『Rail No.102 4月21日(金)発売』の画像
////隠す用
自社広報

■第67号の主な内容(登場順)特集 御殿場線 D52D52と富士山御殿場線 D52の想い出御殿場線の思い出御殿場線のD52五日市線と宮崎交通ヴォルシュティン  ポーランドの蒸機牽引特別列車とれいん5月増刊定価:本体3,000円+税A4判横綴じ84ページ(内カラー16ページ)2017年3月21
『蒸機の時代 No.67 3月21日(火)発売』の画像
////隠す用
自社広報

出来上がってから早くもひと月以上が経ったレイルのNo.101. 最初は蔵重信隆さんの関西本線撮影記.なにしろ神戸から50CCのバイク(正確には原動機付自転車か)で幾多の峠を越えて加太へ達し,さらには伊勢にまで足を延ばしたというのだから,それだけでもすごい.続いては田
『レイルNo.101は近鉄大阪線と関西本線 そして士別森林鉄道』の画像
////隠す用
自社広報

レイル101号 最新刊のご案内です■関西本線 ・近鉄大阪線 競演畿内と伊勢を結ぶ街道は,古くから初瀬街道と称されるルートと,大和街道や伊賀街道と呼ばれる道筋がありました.明治期にはいち早く関西鉄道の路線が建設され,昭和に入っては大阪電気軌道を母体とする参宮急
『Rail No.101 1月21日(土)発売』の画像
////隠す用
自社広報

■第66号の主な内容(登場順)特集 常磐沿線の非電化私鉄昔日の鹿島参宮鉄道    常磐筑波鉄道ほか鹿島参宮鉄道 竜ヶ崎線鹿島参宮鉄道 鉾田線常総筑波鉄道 常総線庄野鉄司 作品集34   関東鉄道 筑波線近江の里を走る 草津線のD51復活を果たした美しき流線型ノーフ
『蒸機の時代 No.66 12月21日(水)発売』の画像

↑このページのトップヘ