モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

> 増刊・書籍のご案内

カテゴリ: 増刊・書籍のご案内

////隠す用
自社広報

先週,とれいん2月号と同じ頃に,レイルのNo.97が全国有名模型店や書店で発売された.このところずっと,年4巻のペースで刊行している“レイル”だが,テーマはその時々でさまざま.EF65 1000番代やEF66のような,きわめてメジャーな題材を扱うこともあるけれど,切り取り
『レイルNo.97は多摩川と倶利伽羅と常磐線大型蒸機』の画像
////隠す用
自社広報

レイル97号 最新刊のご案内です■多摩川をめぐる鉄道風景“東京都民の母なる川“多摩川”.山梨・埼玉両県境の標高1,953mの笠取山に源を発し奥多摩湖を経て東京湾まで138kmの旅を続ける一級河川である”という書き出しで,早川昭文さんが,東京圏で大切な河川のひとつである
『Rail No.97 1月21日(木)発売』の画像
////隠す用
自社広報

昨年10月下旬に発刊のレイルNo.96. 表紙は“ダイコン”ことボールドウィンの9200.三菱大夕張鉄道で働いていた頃の姿である.撮影は倉地光男さん.  倉地さんといえば,ウチの社の刊行物の古くからのお客様なら,南大東島の機関車を撮影されたベテランファンであることを
『ようやくレイルNo.96のご案内』の画像
////隠す用
自社広報

■第62号の主な内容(登場順)特集羽越本線“きらきら羽越”の走る 笹川流れ庄野鉄司 作品集31羽越本線の思い出日本海に沿って 羽越本線の旅今川信号場にて羽越本線のC57,D51残雪の羽越路雨の羽越本線御召機C57 81と羽越本線ドイツの蒸気機関車野武士的魅力のあった貨物機 D
『蒸機の時代 No.62 12月21日(月)』の画像
////隠す用
自社広報

レイル96号 最新刊のご案内です■三菱大夕張鉄道のダイコン日露戦争作戦支援のためもあって大量に輸入されたコンソリデーション機,“ダイコン”こと鉄道省9200形は,その持てる地力を活かして北海道で長らく活躍し,うち5輛は炭砿鉄道に払い下げられて昭和30年代末まで使い
『Rail No.96 10月21日(水)発売』の画像
////隠す用
自社広報

■第61号の主な内容(登場順)特集北陸の煙庄野鉄司 作品集30北陸本線の昔の思い出北陸本線(杉津線)山中峠越え1960年代前半 北陸地方の機関区富山 糸魚川 直江津 新潟 新津北陸回想の一光景二俣線のC58日豊本線 大淀川橋梁米国ニッケルプレート鉄道のバークシャー形半
『蒸機の時代 No.61 9月19日(土)発売』の画像
////隠す用
自社広報

「趣味界きっての危険人物」と恐れられた作者が50年の撮影経験を作品に添えて語り,その秘法を全公開  レイアウトにしたいシーン満載!【目次より】光・翳・影/‘間’を見切る/私の鉄道写真術/美女と鉄道/『ナロウ・ゲイジ・イン・ザ・ロッキーズ』/ゆうづる”を追って
『松本謙一遺言写真集 「玄冬の車止メ」 発売のご案内』の画像
////隠す用
自社広報

早いものでレイルNo.94をご案内してから3ヵ月.日本中の梅雨が明け,東京では連日,猛暑に見舞われ,場所によっては強烈な夕立が降っている. そんな中(?)発売されたレイルNo.95.最初は,中国大陸現役蒸機を,ほぼ最後まで見届けられた蔵重信隆さんの神戸市電.蔵重さん
『レイル No.95は…神戸市電と信楽線と信楽高原鐵道とドイツで甦った鐵聯のコッペルと新潟の海』の画像
////隠す用
自社広報

レイル95号 最新刊のご案内です■思いでの神戸市電北は六甲山,南は大阪湾に挟まれて東西にほそ長い神戸市.その神戸の端から端までを結んでいた神戸市電. 全ての路線が廃止となってから,来年で45年です.路線網が縮小される寸前からの4年間を神戸で過ごした蔵重信隆さん
『Rail No.95 7月21日(火)発売』の画像
////隠す用
自社広報

■第60号の主な内容(登場順)特集 全国で活躍したC58“SL銀河”平成26/2014年の最終運転日若狭湾を望んで 小浜線のC58道東のC58 石北・釧網本線関東各地のC58たちスチームトラムの面影を訪ねてスペインの炭砿鉄道庄野鉄司 作品集29  最後まで残った名撮影地 滝沢蒸機
『蒸機の時代 No.60 6月20日(土)発売』の画像
////隠す用
自社広報

先週のはじめ,とれいんの5月号とほぼ同時に,レイルNo.94が出来上がり,全国の有名書店や模型店で発売されています. 今回の第一テーマは“紀ノ川を巡る鉄道”.ちょうど3年前のNo.82で,早川昭文さんからいただいた“武庫川を巡る鉄道”にはじまる“川を巡る鉄道”だが
『レイルNo.94 【紀ノ川を巡る鉄道/D51200】発売中』の画像
////隠す用
自社広報

レイル94号 最新刊のご案内です■紀ノ川を巡る鉄道紀伊半島の大台ヶ原に流れを発し,奈良の吉野山中を経て和歌山の紀伊水道に注ぐのが紀ノ川(河川法上は紀の川)です. この川には多くの鉄道が並行し,あるいは横断しています. 河田耕一さんは近鉄吉野線,南海高野線,
『Rail No.94 4月21日(火)発売』の画像
////隠す用
自社広報

■第59号の主な内容(登場順)中央西線 中津川口のD51久大本線のD60フロリダを走るオールドタイマーメキシコの蒸機とエル パソ電鉄庄野鉄司 作品集28  足尾線のC12梅小路機関区のC57 その1京都から園部まで  梅小路最後の蒸機C57を偲ぶ梅小路機関区のC57 その2二つ目
『蒸機の時代 No.59 3月20日(金)発売』の画像
////隠す用
自社広報

今週のはじめ,レイルのNo.93が出来上がった. 今回は,前回のNo.92と同様,三つのテーマを掲載している.最初は,表紙にも登場する気多森林鉄道.静岡県の山間部に存在したこの森林鉄道は,これまで“気田森林鉄道”として,極めて限られたファンの間でだけ知られた鉄道だ
『レイル No.93 気多森林鉄道 江ノ電 関東の蒸気機関車』の画像
////隠す用
自社広報

レイル93号 最新刊のご案内です■気多森林鉄道・熊切森林鉄道概史静岡県の山中にはかつて,気多森林鉄道と熊切森林鉄道というふたつの森林鉄道が存在しました.路線延長はが約30キロ,後者は約5キロという規模で,いずれも内燃動力機関車を使っていたのですが,これまで,
『Rail No.93 1月21日(水)発売』の画像
////隠す用
自社広報

■第58号の主な内容(登場順)東北本線を走る C61 20函館本線 石倉−落部間と大沼周辺出雲坂根 道後山にてワシントン山 歯車鉄道  The Mount Washington Cog Railway庄野鉄司 作品集27  日豊本線の思い出函館本線 大沼周辺木次線旅情門デフ礼讃東京近郊の蒸機頸城鉄道
『蒸機の時代 No.58 12月20日(土)発売』の画像
////隠す用
自社広報

とれいん11月号とほぼ同時に,レイルNo.92が出来上がった. 今回の表紙と冒頭グラフとして,中国山地を行く芸備線を採り上げてみた.ちょうど1年前のNo.88で河田耕一さんの写真による三次と備後落合の“駅の今昔”を掲載したところ,それに触発された宮田寛之さんと赤木幸
『レイルNo.92は芸備線と西武鉄道と熊本の電車』の画像
////隠す用
自社広報

レイル92号 最新刊のご案内です■国鉄芸備線 昭和30年代河田耕一さんの“駅の今昔 備後落合と三次”に触発されたふたりのベテランファンが,昭和30年代の芸備線での8620やC58の形式写真や列車写真の記録を寄せてくださいました. 併せて木次線からやってきたC56やレール
『Rail No.92 10月21日(火)発売』の画像
////隠す用
自社広報

■第57号の主な内容(登場順)日鉄鉱業 羽鶴の1080絵画 蒸気機関車今,注目の中型蒸機 C58半世紀前のアメリカの鉄道最後の黄金時代1庄野鉄司 作品集26常磐線の思い出2最後のC50加太越え昭和の記録大正の名機C51加悦鉄道の車輛とれいん11月号増刊定価:本体3,000円+税A4判
『蒸機の時代 No.57 9月20日(土)発売』の画像
////隠す用
自社広報

今回のレイルは,なにしろ伊香保電車. 最後まで木造の2軸単車だけで運転されていたことで古い電車ファンには有名な存在だったのだけれ ど,その“最後”というのが昭和31/1956年.ほとんど60年前のことになる.明治20年代に開業した馬車軌道が改軌の上で電化されたのが明
『レイル91号が出来上がっています 伊香保電車がメインです』の画像
////隠す用
自社広報

レイル91号 最新刊のご案内です群馬県の渋川市内と伊香保温泉の間を結んでいた,東武鉄道伊香保軌道線が廃止されてから約60年が経過しました. 路線の廃止後,現在まで保存されていた27号の車体が,再び台車を得て復元保存されるまでの一部始終を,実現のために尽力された
『Rail No.91 7月19日(土)発売』の画像
////隠す用
自社広報

■第56号の主な内容(登場順)塩狩の夏ベルギーで見たドイツの蒸機ドイツ44形-85周年庄野鉄司 作品集25  常磐線の思い出と四ツ倉のA8岡山機関区奥羽本線蒸機終焉の頃鷹取工場で見た車輛たち鉄道を取り巻く人々日本鋼管鶴見製鉄所花見川開削工事北丹鉄道寸見中国東北 通譲
『蒸機の時代 No.56 6月21日(土)発売』の画像
////隠す用
自社広報

レイルもいよいよ90を数えることになった. 今回は,巻頭から約6割がC11.ちょうど1年前のC12に 続いて正村修身さんが纏められた,形態観察.C11という機関車は,C12よりもさらに身近な機関車だったにもかかわらず,これまで体系的な形態観察がほ とんどなされてこなかっ
『レイルNo.90はC11と広島電鉄とドイツとオーストリアの蒸機博物館』の画像
////隠す用
自社広報

レイル90号 最新刊のご案内です■C11の形態を観察する我が国鉄を代表するタンク機関車C11.昭和7/1932年から昭和22/1947年までの長きにわたって途切れることなく新造され,総数は400輛に迫ります. 活躍の範囲も九州から北海道まで,さらに朝鮮半島や樺太にも及び,広く親
『Rail No.90 4月21日(月)発売』の画像
////隠す用
自社広報

■第55号の主な内容(登場順)C11の只見線試運転列車重連蒸機 水上にて蒸機晩年の吉都線アメリカ北東部を走る  中国上游形蒸機庄野鉄司 作品集24  陸羽東線 C58を追って北陸本線 親不知旧線鳥栖機関区筑豊のC11蒸機最末期熊本のC11江戸川改修工事小型蒸機との出合いと
『蒸機の時代 No.55 3月20日(木)発売』の画像

↑このページのトップヘ