モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

昨年12月はじめにJR東日本から発掘が発表された“高輪海中築堤”l.高輪ゲートウェイ駅建設とその周辺の再開発工事にともなって発掘された,鉄道創業時の遺跡である.
 その報道公開が1月8日に実施され,幸いにも参加することができたので許された範囲内でじっくりと観察してきた.

当日の朝はすごく寒かったけれど風はなく,空も雲ひとつなく晴れ渡って,遺跡観察には好適の日和であった.
 集合場所から敷地の中に入り,現場事務所の前でブリーフィング.取材陣は3ヵ所の公開ポイントを3つのグループに別れて順に撮影観察を行なうという段取りであった.

僕たちのグループが最初に案内されたのは,クリアランスが線路下から1.5mしかない,高輪橋架道橋や大木戸跡にほど近い,ポイントB.
F8A_3900
四角い石を横に目が通るように積まれた石垣.右端が途切れているのは,そのすぐ右側(北側)に水路のための擁壁を作るためだったかもしれない.そのさらに右側に高輪橋架道橋がある.画面右上に見える立ち木の場所が,大木戸跡である.

石垣の積み方にはさまざまな様式があって,なかなかに奥が深い世界のようである.
 今回発掘された石垣は,切込継布積と呼ばれる様式のようである.見た目は美しいが石材の加工や構築に手間が掛るとのことで,それは素人の目にも明らかである.

続いて案内されたのが,もっとも品川駅に近い,ポイントA.7号橋梁の橋台が露出した部分で,今回公開された遺跡の中で,ハイライトともいうべき部分である.
 この橋台の写真はJR東日本から12月2日に発表されたニュースリリースにも添えられていて,先のブログとれいん1月号の“いちぶんのいち情報室”でもお目に掛けたのだが,周囲が写り込んでいないものだから,大きさを掴むことができなかった.
 それが現地を訪問してみれば一目瞭然.明らかに3線分の幅がある.
 3線……明治5/1872年の鉄道開業時,本線は単線だった.複線化は明治9/1876年,のちの山手線を加えて3線となったのは明治32/1899年のことである.
F8A_3935
品川方から田町方を望む.先ほどのポイントから南へ下がったポイントである.大木戸跡付近も写りこんでいる.かつての山手線や京浜東北線の線路跡にパワーショベルが留置されている.発掘された築堤からこちら側は田町電車区の敷地になるのだろうか.

F8A_3989
7号橋梁橋台のクローズアップ.手前(海側)と奥(山側)とで石材の表面の仕上げが異なっていることが判るだろうか.露出した部分のほぼ中央から山側が線増時の増築分で,手前が創業時の石垣.手前の方が表面の仕上げが平滑である.
F8A_3958
7号橋梁橋台を田町方から見る.翼の石積みも美しい状態で残されている.石垣の裾部分には丹念に縁取りが施されている.海面にはたくさんの杭が見える.

数えきれないほどの数の杭はいずれも松材.昭和のはじめころまでは大きな構造物の基礎部分に松材が多用されていた.そういえば東京駅の復元作業でも大きな松杭が発掘されたのを見せてもらったっけ.

最後は,もっとも田町寄りのポイントA.かつて京浜東北線の乗り越し線や,品川客車区の札の辻群線,東京機関区があったあたりになるだろうか.
 ここでは,築堤を横断して山側に回ることができた.
F8A_4030
右手に見える高架橋は東海道新幹線.石垣は海側よりも切り立っている.随所に手作業で進められた発掘作業の跡が見える.

この部分で,自分の歩幅によって築堤幅を測ろうとしていたら,最初の複線分の幅が6.4m,3線分で15mと説明された.そのぐらいあれば,確かに充分である.
 そして大正期には,海側は東京機関区や品川客車区が新設されることで埋立が進み,山側は山手線や京浜線の線増で陸地化して,海中築堤は姿を消すことになった.
F8A_4053
山側の石垣をクローズアップで見る.海側とは積み方が全く違っている.谷積みというのだそうである.

谷積みとは,石を斜め(対角線が縦になる)にして積み重ねる様式で,江戸時代後期に始まった積み方だとか.有名な例は五稜郭の石垣だそうである.

……来週,20日前後には店頭に並ぶ予定の“レイルNo.117”の68から69頁には,この石垣の現役時代の姿を掲載している.
 レイルの締切時点では現場を見ることができていなかったため,明治32年以降の3線化以降ではないだろうかと推定して記した,6150形が列車を牽いて走る走る写真の撮影時期が,石垣の積み方からも立証できた.ほっ.
MT_SS_008
品川から新橋目指して快走する6150形牽引の旅客列車.レイルの写真説明ではバラストの新しさを撮影年代推定の根拠としたが,現地を観察して,石垣の積み方からほぼ確証となった.写真所蔵:前里 孝


ということで,レイルNo.117の発売を,楽しみにお待ちいただきたい!

実は,1月10日から12日に掛けて実施された一般向けの見学会にも申し込んでいたのだが,残念ながら外れてしまった.報道公開に参加できたからよかった……と思っていたら,一般公開では,同時に発掘された汽車土瓶などが展示され,石垣の石,引き抜いた杭などを間近で観察することができたそうである.そういう意味では,残念!ではあった.次の機会を待つことにしよう.

////隠す用
自社広報

令和2年の年末は,いつも以上に片付けるべきことがらが多く,大晦日の午後まで海岸エリアに出掛ける用事があった.せっかく出掛けてきたのだからと,ちょっと暇を盗んで立ち寄ったのが,JR貨物の東京貨物ターミナル.
 貨物列車の出入りがない時間帯だったとみえて,すっかり主の座を占めた感のあるHD200が2輛休む傍らに,何台もの軌陸車が繰り出していた.観察してみると,新しい架線柱を建植しているところだった.作業している人たちにとっては“この時とばかり”なのだろうが,陸橋から眺めている身からは,いつもより時が穏やかに流れているような感じであった.
DSCN7394
高所作業車が2台とクレーン車が1台,そして資材積載車が1台.もちろんいずれも軌陸車.ずっと向こうで休むHD200は,試作機901と量産トップナンバーだった.さらにその奥でもなにやら作業が行なわれていた.

家に戻って箱根登山鉄道小田原市内線保存車輛についてブログを記したあとは,毎年恒例の1年間のいろいろなファイルの整理整頓,PCの中身の掃除などに追われて,気がつけば午前2時だった.いつものことではあるが.

そして元旦.世の中,なにやら自粛ムードとかで,初詣をどうしようか,ちょっと悩んだのだけれど,近所の散歩ならよかろうということで,何軒かのお寺やお宮さんを巡ることにした.
DSCN7474
そのうちのひとつが,和田稲荷である.いかにも鎮守様という風情のお社であった.

この和田稲荷,社殿のすぐ脇に聳える大木が印象的で,社殿はともかく,この樹をレイアウトで再現するのは至難の業だろうと思いを巡らせるのは,モデラーの業であろうか.ちなみにこの樹はシラカシであるという.
 家に戻ってから調べてみたら,創建の年は不明だそうで,少なくとも江戸初期から存在したのは間違いないらしい.

いままで存在に気付かなかった煎餅屋さんでひとしきり遊び,駅前でお茶を飲んで西武線のホームに上がったら,池袋方面に“通過”の表示が.
DSCN7491
やってきたのは特急“ちちぶ32号”.編成番号は不明.夕陽を呑み込んだばかりの秩父山塊から銀色の車体が飛び出して……この電車のデザイナーが狙ったのは,まさにこんな情景ではなかったか.

そしてこれが,僕の今年の撮り初めとなった.
続いてやってきた普通電車に乗って車窓を眺めていたら……
DSCN7494
富士山!,線路が高架化された効果のひとつが,遠くの山々を一望できるようになったことかもしれない.

今年はよいことに恵まれそうだ.
DSCN7414
年明け恒例の,ちょっとだけ特別な酒.今年は,レイル116での京都電気鉄道,京電,N電にちなんで伏見の酒を仕入れてきた.玉乃光という銘柄を東京で求めるのは初めてかもしれないと思っていたのだが,実は10月にも新宿の酒屋で見つけて貯蔵していたことを,すっかり忘れていた僕である.左が10月に買い求めた“酒魂”,右が年末に見つけた“味吟醸”どちらも純米吟醸.

今年もみなさんに喜んでいただける本を,楽しみながら作って行きたいと思っています.お引き立て賜りますよう,お願い申し上げます.


////隠す用
自社広報

T2021_SNS_DSC_2931
あけましておめでとうございます。
本年も読者の皆様に楽しんでいただける誌面作りに励んでまいりますのでより一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

令和3年 元旦
月刊とれいん編集部一同
////隠す用
自社広報

ほぼ1年前の12月26日,JR東日本E261系電車“サフィール踊り子”の報道公開参加のあとに訪れた,相模鉄道とJR東日本の相互乗り入れ運転風景が,昨年最終のブログテーマだった.
 それから1年.今年のはじめには想像が難しかったほどの大流行となったCOVID-19.未曽有の,とはいわないけれど,稀に見る,という表現ならば当を得ているだろうか.激動の年となった.

そんな今年の締めくくりはといえば,7月23日に水害による不通から甦って運転を再開した箱根登山鉄道である.
 といっても,現役車輛ではない.60年前に廃線となってから長崎電軌へ譲渡された電車のうちの1輛が里帰りした,という話題.

この里帰り運動については,8月27日づけのここで,長崎での思い出話とともにご案内している.
 その後,いわゆるクラウドファンディングはめでたく最初の目標額500万円に達し,さらに保存維持のための第2目標である750万円もクリヤーした.9月25日のことである.この活動のことはブログのほかに誌面にも掲載したから,少しはお役に立てたのかもしれない.

そして12月19日,その電車が小田原市内に姿を見せた.
 長崎を16日に発って3泊4日の行程…なんと,保護シートなしでトラックに積まれて長崎道から九州道,中国自動車道,山陽自動車道,阪神高速道路,京滋バイパス,新名神,新東名と高速道路を乗り継いで走ってきたのだそうだ.いや,一目でよいから走行風景を見てみたかった!…を経て無事に東名高速道路の足柄サービスエリアに到着し,夜明を待って,目的地である小田原市南町2丁目…箱根口交叉点には8時前に到着した.
F8A_3534
国道1号線を走るのは何年ぶりだろうか.譲渡に際して車体は鋼体化を含め大改造されているとはいうものの,面影は充分に残している.加えて車体塗装は長崎電軌で小田原市内線時代の色を再現しているから,まったく違和感はない.先頭のトラックには台車が積まれている.
F8B_3536
車体は2台目のトラックに鎮座していた.車体には“おかえり202号”.保存会お手製である.

輸送を担当したのは,このところ各地で鉄道車輛の陸送を手掛けているアチハ株式会社.創立は大正時代で,最初から重量物輸送を請け負っていたが,平静に入ってから組織改変などにより,鉄道車輛の輸送にも本腰お入れることになったようである.ちなみにアチハとは阿知波で,創業者の名字である.

据え付ける場所は狭いので,車体を吊り上げるクレーンは1台.こちらは地元,山北町の株式会社川崎重機が担当した.

この種作業に従事する人たちの手際のよさというか,スキルの高さには,いつも感心させられる.10月の箱根登山鉄道3100形“アレグラ”第2編成の搬入でもそうだった.そしてもちろん,今回も.なにしろ搬入場所は幅も奥行も広くない.狭い,というのが正しい表現である.
T7B_7766
この場所,かつてはドライブインだったという.運送会社の事務所がなければ,それなりの広さなのだろうが,ご覧の通りの狭さである.右隣の建物のすぐ横に,線路が敷かれているのが見えるだろう.

撮影には,道の向かいで陶器店兼和風カフェを営む“えじまや”の2階を拝借することができた.設置場所のほぼ真向かいだから,搬入作業を観察するのにうってつけのロケーションである.現在はCOVID-19感染抑止対策のため営業日が限られているが,本来は木曜日定休だそうである.
DSCN7175
3軒並んだ店舗のうち,真ん中が“えじまや”.この目の前の道路が国道1号線で,このあたりは東西に走っている.小田原駅を発車した電車は本町で右折してこの前を通り,箱根板橋に達していた.

正月の国道1号線といえば箱根駅伝.今年は無観客(完全にはそのようなわけにはいかないだろうけれど)での実施だそうだが,その分,TV中継はキメの細かい放送が行なわれるかもしれない.となれば,この電車も画面に登場する可能性がある.保護シートに覆われているかもしれないが(この節,1月1日に思いついての追記である).

そうこうしているうちに作業は順調に進み,8時半過ぎには台車が搬入された.
 そして9時半前には車体の搬入.バックで入るのかと思っていたのだが,前向きで敷地に進入した.作業風景の撮影には電車がよく見えるので“絵になる”.
F8B_3582
片側2車線,合計4車線の国道をふさいで敷地に進入.さすがに何度かの切り返しが必要だったが,“隙間”にぴたりと入り込む運転技術は,流石である.
F8B_3620
そして吊り上げ.重量バランスをしっかりと把握できていなければ,このような吊り方はできない.

吊り上げ作業そのものも迫力満点だったが,僕の狙いは,やっぱり床下台枠の様子を観察すること.台枠のどこをどのように切継いで全長を縮めたのか,その痕跡を発見することができないかと思ったのだが,作業はあまりにもスムーズで,その場では確認することができなかった.後日“分析”するしかないようである.
F8B_3723
据え付け完了.Zパンタもちゃんと屋根に載った.汚損防止のためにカバーが掛けられようとしているところである.

この時点で11時ちょっと過ぎ.約3時間の作業であった.

さてこの場所,2月下旬までに報徳仕法株式会社の手によって“Hakoneguchi-Garage報徳広場”として整備されることになっている.というより,その構想が先にあって,電車の保存場所に好適ということで,受け入れが決まったのだそうである.報徳広場の主な目的は,小田原旧市街地の観光客誘致と地元の人々の世代間交流にある.報徳仕法という会社は,小田原が生んだ偉人としての二宮尊徳を奉る報徳二宮神社の周辺事業を営む会社である.

さて,せっかく小田原まで来たのだから,途中まででも箱根登山電車の様子も観察したいと箱根湯本方面に向かった僕である.
 けれど前回に引き続いて随分と長くなってしまった.そこで,もっとも大きな変化をひとつだけご紹介することで,今年の締めくくりとしたい.
F8B_3827
被害が一番大きかった,宮ノ下と小湧谷の間でびっくり.新たに上路ガーダー鋼桁が架けられて線路が直線化され,崖の間に間隔が設けられていたのである.写真は復路の箱根湯本行き3004の前面展望である.

7月時点での線路が元の線路に忠実に敷かれていたのに対して,この変化によって,万が一,再び崖がくずれた時に線路への影響を避けることができる.ただ,宮ノ下側はなんと45m,強羅方も半径60mという急曲線が生じている.

小湧谷で箱根湯本行きを待っていたら,登ってきたのは先日投入されたばかりの3103+3104だった.そして宮ノ下へ到着した時,箱根湯本からやってきたのは104を先頭にした旧型車3輛で,最後尾は緑色の109だったということを,報告しておこう.

僕の住む練馬でも,しんしんと冷えてきた.もしかしたら氷点下まで下がるかもしれない.各地では年末年始にかけて大雪が降るとの便りも聞こえてくる.
 どうか,いつも以上にさまざま注意し,新しい年を迎えられますよう.
 その新しい年には,1日も早く,以前のような生活に戻ることができるよう,心から祈っています.
 本当に,1年間,お引き立てくださって,ありがとうございました.そして新しい年も引き続いておつきあいいただけますよう,お願い申し上げます.

※2021.01.01:箱根駅伝の節を追記 

////隠す用
自社広報

日頃より月刊『とれいん』、並びに弊社出版物をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊社は2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)を年末年始休業日とさせて頂きます。
年始は2021年1月4日(月) 午前10時より営業を開始いたします。

休業期間中のお問い合わせにつきましては、FAX・E-mailにて受け付けております。
お客様よりいただきましたお問い合わせにつきましては、2021年1月4日(月)より順次ご回答させていただきます。
※お問い合わせのご返信にお時間をいただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、新しい年も変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

2020年12月吉日
月刊とれいん編集部一同

↑このページのトップヘ