モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

身近な西武電車の変化などを夢中になって追いかけているうちに,気がつけば2021年も7月下旬に差し掛かっていた.
 そしてレイルはEF65 500番代を第1テーマにしたNo.119が発売となっていた.
 いつもなら発売されてから2ヵ月程度で企画の裏話などをお話しているのだけれど…….丸々,ひと月遅れである.申し訳ありません.

さてそのレイルNo.118だが,最初のテーマは新澤仁志さんのご研究による,国鉄蒸気機関車の運転室における換気環境改善の工夫.
 九州地区ではタンク機関車の背面炭庫に四角いラッパ状の穴が開けられていたのをご記憶の方が多いだろう.
F8B_1034
水郡線常陸大子駅前に保存展示されているC12 187.最終配置は九州と縁もゆかりもない高崎だけれど(高崎は半年程在籍しただけで,実質的には水戸での入換と小運転が最後の活躍場所だった).だけど,ラッパ状の開口部が,その出自を物語っている.
F8B_1033
側水槽の番号板と日本車輌の製造銘板,そして換算標.銘板と換算標が妙に平面的であるのが,ちょっと気にかかった.2019-10-28

しかし本題はそうではなくて.主に山岳路線で使われたD51に装備された換気装置の痕跡探しである.年齢的に,国鉄蒸機の現役時代と縁のなかった新澤さんは,各地に保存されている機関車に残された装置,あるいは撤去された跡を丹念に調査することによって,先人の,血のにじむような努力の歴史を辿られた.
 現存しているのは,長野工場で取り付けられた,篠ノ井線や中央西線で使われた機関車が多い,それらの保存機を丹念にめぐり,ご友人から提供された図面をたよりに推定を重ねる….実に地道な趣味活動である.この,キャブの換気装置が,各施工工場をを網羅して体系的に語られたのは,今回のレポートが最初ではないかと重う.

現役時代の写真は,おもに早川昭文さんのお手を煩わせた.たくさん撮っておられたのだけれど,実は,ごく最近,“蒸機の時代”に発表されたばかりのカットがあって,それらは割愛せざるを得なかった.ちょっと残念.
HYA006
淡雪の反射を活かしてキャブ下などのディテールを浮かび上がらせた,秀逸な形式写真.換気装置は太いパイプが1本だけで,ちょっと目立たないのが,残念.贄川 昭和48/1973-1-21 写真:早川昭文

表紙は八木邦英さん撮影のD51 549である.出来上がりだけを見ると凛々しくポーズを取った機関士さんを主題に捉えたように見えるのだが,実は,機関車全体が写っている,立派な形式写真なのである.
レイル118-H1
でも,それでは表紙の比率に全く合わないし,ヘッドマークは“篠ノ井線蒸機さようなら運転”である.そこで,八木さんに無理の,またさらに無理をお願いして,大胆なトリミングをさせていただいたというのが,顛末である.長野運転所 昭和45/1970-2-21

まったく,虞を知らない編集者である.

久し振りの蒸機の煙を堪能していただこうということで,ヒギンズさんの作品集は,国鉄蒸機.北海道から九州まで網羅しておられることから,ヒギンズさんの興味の対象は私鉄電車だけではないことを,判っていただけると思う.

その中で1枚,ちょっと説明に不整合が残った写真がある.
HG051_001_008
東北本線古間木(現在の三沢)を発車するC51牽引列車,とある.ところが末尾では“奥羽本線のどこかだろう”とも記している.さて.

機関車番号板の読み取りで,新庄や米沢にいたC51 39ではないかと突き止め,そのような説明を書いてから,ヒギンズさん自身によるメモが発見されて,それには“古間木”,とあったためである.どちらが正解なのか,現地に詳しい方の考察を,お待ちしているところである.

その次は,貝塚恒夫さんによる“大津電車軌道”の歴史探究である.
 地元在住の利を生かして……というのはたやすいが,なかなか思うようにいかないことは,自分が住んでいるエリアの鉄道の歴史を調べようと志したことのある方なら,納得していただけることだろう.
 福田静二さんはじめ,ご友人たちの手助けも得たとはいえ,主体は,もちろん貝塚さんの情熱である.路線そのものは今もなお京阪電鉄大津線の一部として盛業中とはいえ,派手なエピソードの少ない路線を,よくもまぁ,丹念に調べ上げられたものと,感心してしまった.
びわこ色600形
掲載した写真は,歴史的車輛が主体だけれど,裏表紙を飾っていただいたのは,貝塚さん自身の撮影になる,“びわこ号”塗装の600型である.車体のどこにも電線の影が懸かっていない,絶妙のタイミングでの撮影である.令和3/2021-2-6

最後を飾るのが,高見彰彦さんの“記念写真”.鉄道趣味人というのは,遠征に際しても,存外,記念写真を撮らないものらしい…まるで他人事のように記しているが,僕自身だって,中学生のころにはセルフタイマーで撮影したこともあるけれど,その後はさっぱり….

そんな状況の中で,今回,もっとも印象に残ったのが,この写真である.
KD32_29・3改
いまはなき東野鉄道の機関区での記念写真.写っているのは機関区の人々とC251機関車,そして高井薫平さんと井口悦男さ
ん.撮影者は竹中泰彦さんである.実に歴史的記念写真といえるではないか.昭和29/1954-3 写真:竹中泰彦


ということで,派手さは少ないですが,読めば読むほどに,深い味わいを堪能していただける1冊に仕上がったと思っています.どうぞお手元に1冊!

※2021.07.23:C12 187に関する記述など一部修正補筆

////隠す用
自社広報

とれいんの今年3月号MODELERS FILEで採り上げた,JR東日本のE235系1000番代.その後も順調に増備車が落成し,尾燈レンズや電気連結器などに新たなバリエーションが誕生していることは,3月4日付けのここや,5月13日付けのここでお伝えした.

その後も順次数を増やしつつあるようだ,というのは,いちぶんのいち情報室への投稿写真などによって知ってはいたものの,横須賀線方面へ出かけるチャンスはなかなか巡ってこず…そればかりか,山手線にすら,なかなか乗るチャンスがない!…,ようやく昨日,用事にかこつけて,品川駅の13・14番線に立ち寄ることができた.そうしたら…….
DSCN0138
尾燈レンズがクリヤーな編成.番号を見たらJ09とある.これは確認済み…….

なんとか基本編成の久里浜方はクハE234-1013と読むことができた.初体面である.尾燈は見えないわけだけれど,なにか変わったことはなかろうかと目を凝らしていたら,8号車のサハE235の床下に違和感が.
DSCN0140
通常の床下機器より明るい灰色に塗られた箱がついている.線路設備モニタリング装置である.

進入と出発時の両方ができるだけ遅い速度の時を狙って,15輛すべての車輛を観察をしてみたくて,ホームの半ばに立っていたのが功を奏したことになる.
DSCN0141
台車の両脇のふたつの慣性正矢軌道変位測定装置車が取り付けられ,台車の左にはデータデポ.E233系などと変わらない配置である.
DSCN0143
白っぽく目立つのがレーザー光を発する軌道材料モニタリング装置である.このE2351000番代ではすぐ脇に非常用梯子が銀色に輝いているから紛らわしい…,いや遠くから見た際の目印になるかもしれない.

もっとも車体の中央寄りに、もうひとつの箱があって,これの形と配置は新しい.

さて発車.
DSCN0148
赤い光……見えないような気が…….

電気連結器の様子も見なくちゃと,発車を見送る.
DSCN0149
電気連結器は装備していない.尾燈レンズは…よくわからない.そういえば7月である.ちょっと白く飛んでしまったが,テールのイラストが朝顔であることは識別できた.

レーザー光線は,帰宅後に改めて拡大してみても,やっぱり見えない.まだ電源が入っていないのか,それとも光の色が変わって見えなくなったのか…….反対側の機器配置がどうなっているかも含めて,今後も観察を続けなければ.


////隠す用
自社広報

T2108_2

【今月のオススメ記事】
JRの各旅客会社に所属する電気機関車に残された数少ない仕事である,新車や検
査入出場の回送列車牽引などが,電車に置き換えられる時期が近づいているよう
です.JR東日本では,自社管内の電化在来線ならばどこでも走ることができる
E493系を開発し,このほど量産先行車が登場しました.本誌ではJR東日本提供の
資料と沿線での撮影取材により,その詳細を観察してみました.とくとご堪能く
ださい.
 紙成模型塾,今回は名古屋鉄道の旧5000系です.丸みを帯びた湘南顔を,どの
ようにペーパーで形づくるのか,その技法が披露されています.懸案のJR西日本
キハ41系の実工作も,ついに完結です.
 西武鉄道001系“Laview”,“英国鉄道へのいざない”のClass800も最新の“
丸みを帯びた顔”といえましょう.
 その他一般記事や好評の連載記事も充実満載です.


【目次】
MODELERS FILE-----------------------------------
  3 東日本旅客鉄道 E493系電車 量産先行車
     電気機関車に取ってかわる新・事業用電車
     まとめ:前里 孝 写真:松本 まさとし/橋本 祐太/前里 孝
                      協力・資料提供:JR東日本
------------------------------------------------
 16 紙成模型塾 第五十九講 名古屋鉄道 旧5000系
               講師:花井道昭(横須賀鉄道模型同好会)
 24 紙成模型塾 第五十四講 キハ41
     2つの顔を持つ両運気動車を作る(後編)
               講師:岡本 真和/生徒:平野 聰
 46 石灰石鉱山ミニレイアウト          製作:相川 雅人
 56 西武鉄道001系 Laview を作る
                下藤直之(鉄道模型同好会とな会)
 59  第59回静岡ホビーショーから   模型誌代表取材:RM MODELS
131 紙成模型塾 型紙
     名鉄 旧5000系(Mc1,Mc2) 名鉄 旧5000系(M1,M2)
                        講師:花井 道昭
------------------------------------------------
 28 Nゲージで綴る小田急電車の系譜 /大島 仁知・小林 克也
    第6回 事業用車(荷物電車・電気機関車ほか)
 34 入門者必読!
    誰も教えない基礎・応用テクをプロモデラーが伝授
     Nキット上達への道 /解説:P.S.
      第2回:グリーンマックス 201系編-(2)
 36 Coffee Cup /前里 孝
    常磐線 内原 1989年6月
 38 英国鉄道へのいざない
    第10回 Class 800の細部と模型加工
 42 Diesel Power in USA! /佐々木也寸志
    Vol.90 カリフォルニア州立鉄道博物館
 52 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション
    第27回 吸い上げ式エアブラシ・エアー缶 /山中 洋
 54 モデリング・リサーチ・センター
    第95回 スーパーメタリック2 /検証:P.S.
 62 おとなの工作談義
    つくるを知れば模型は3倍楽しくなる
    第76回 プラ車体にサフ下地は必要か
    嶽部 昌治・宮原 一巧・辻 匡祥・田坂 航大
 66 台鉄ナビ
    文:邱 浚嘉 翻訳:濱川 真由美
 68 線路は続くよいつまでも 第132回 /信沢 あつし
    EDとデキがホッパーを牽引した時代
    上信電鉄南高崎駅秩父セメント側線(1976年7月21日)
------------------------------------------------
 70 新車登場
 94 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第121回:レベルの鉄道模型
 95 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第87回:てっぱく学校2019
 96 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大 運行計画 2021年8月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引


2021年7月19日(月)発売
定価:1,595円(本体1,450円)

eshumi-kounyu
amazon

////隠す用
自社広報

R119

◆EF65 500番代 全盛時代の記憶 
昭和40年代から50年代にかけて,いわゆる“ブルートレイン”を牽引するために誕生したEF65の500番代という電気機関車がありました.今回のレイルでは,まさにこの機関車の全盛期ともいうべき昭和50年代の姿を堪能していただきます.
 当時,東京駅発着の各列車と25輛のEF65 500番代との組み合わせを丹念に記録された吉田修平さんが,膨大な撮影記録の中から,数々の名場面を甦らせてくださいました.また,早川昭文さんはデビュー時からの貴重な記録を披露してくださいました.
 形態分類についてはふちい萬麗さんが独自の研究成果を発表してくださっています.
 昭和40年代の東京機関区配置機の運用も交え,華やかだった“あの頃”を振り返ってみました.

◆京都市電北野線廃止から60年
第2テーマは,廃止から60年という節目の年を迎えた,京都市電北野線です.この,いわゆる“N電”については,国重要文化財指定を機にNo.116で明治から最終期までの姿を存分にご紹介しましたが,その後の新発見などをお目に掛けることにしたものです.現役時代の“2号電車”を撮影した写真の発掘に始まり,遠藤晃一さんや加藤幸弘さん,大菅 直さんによる,京都市交通局保存資料の解析研究成果,そして愛知県岡崎にお住まいの藤井 建さんによる,岡崎でのN電の記憶も披露されます.花上嘉成さんの思い出話も見逃すことはできません.
 このテーマは,京都市交通局の記録資料が市の文化財に指定されたことに対するお祝いでもあります.

◆汽車電車と記念写真 第2回

第3テーマは,高見彰彦さんの汽車電車と記念写真,その第2回目です.記念写真の背景に写っている車輛や情景が織り成すさまざまな物語が展開します.

2021年7月19日(月)発売
定価:3,960円(本体3,600円)

eshumi-kounyu

////隠す用
自社広報

昨日の伊豆急行ウェブサイトに,“209系 車両 を導入します!”というニュース・リリースが掲載された.
2021.7.7_1
ニュースリリースに掲載された写真である.伊豆高原の車庫で撮影された正面である.編成番号札が外されているので,この写真から車号を読み取ることはできない.写真:伊豆急行

特にお願いして,他の写真もご提供いただくことができた.
2021.7.7_2
これがそのうちの1枚.クハ208-2109の車号がはっきり読み取ることができる.写真:伊豆急行
2021.7.7_3
そして3枚目.戸袋部のJRマークは剥がされているが,跡はくっきりと残っている.写真:伊豆急行

209系といえば,JR東日本が,短期間で償却できる電車を投入して設備などの更新ペースを早くしようという構想のもとに開発した電車である.
 試作の901系は1992年に,量産としての209系は1993年にデビューした……なんともう29年を経過しているではないか.試作車から数えれば.
 最初に投入された京浜東北線からは2010年に,南武線からは2015年に引退しているが,どっこいそのまま廃車解体ということにはならず,2009年から転用改造が始まり,2000番代2100番代と改名して房総地区で活躍を継続しているのはご存じのとおり.あまつさえ1編成4輛はB.B.BASEと銘打ったサイクリング列車に衣更えして房総半島を掛け巡っている.

そんな千葉地区の209系もデビューしてから10年が経ち,一部はE131系電車の投入によって引退が始まった.加えて編成輛数の見直しによって6輛編成から余剰が発生し,一部は中間車を抜いて4輛編成に組み替えた.5月13日にはクハ209-2126を先頭とする6輛編成1本(C626編成)と中間車4輛(モハ209・モハ208)2125(C613),2139(C620)が廃車となっている.

さて今回伊豆急行に譲渡されたのは6輛編成のC609編成.
車号は
クハ209-2109+モハ209-2117+モハ208-2117+モハ209-2118+モハ208-2118+クハ208-2109
である.現役時代に写真を撮影していないか,探索してみたのだけど,残念ながらきのう今日のうちには発見することができなかった.ニアピンで2108の編成(C608)や,廃車になったC626編成は撮っていたのだけれど.
f7a_5466
E655系電車による御召列車撮影に出掛けた時に出会ったC626編成.“試運転”の一環だったので,引きつけ過ぎて先頭がフレームアウト寸前である.傾いているし.大網-永田 2013-9-26

なんとか当該編成の全景を今日のブログに掲載したい……と思っていたら,いつも積極的にニュースを寄せてくださっている橋本祐太さんが,回送の列車に遭遇しました,と,写真を寄せてくださった.
YH9_7256
武蔵浦和駅を通過する回送列車.牽引はEF65 2088だった.2021-7-6 写真;橋本祐太

この列車は,さまざまな目撃情報を調べてみたら,7月6日の早朝に幕張を出発して蘇我へ行き,折り返して京葉線,武蔵野線,東海道本線経由で横浜羽沢駅に達し,ここで深夜になるのを待って熱海へ向かい,伊東線内で日付けが変って深更に伊東着,その後は自走で伊豆高原に到着したという.

さて伊豆急行ではこの電車をどのように使うのだろうか.6輛編成のままということは,あまり考えられない.中間車2輛を抜いた4輛編成で使う……抜いた車輛はどうするのか.2輛編成を作る?いや,部品確保というのが無理のない予想だろう.
 もうひとつ,中央で分割して3輛編成2本,という想像もできる.現在の元東急電鉄8000系がそうであるように.
 接客設備としては,腰掛はセミクロスシートに改装されているのは両先頭車だけだし,トイレは1輛の中間車に装備されているだけである.これらをどのように解決するのか…….

そしてこの209系は何編成が導入されるのか…….現在の8000系すべてを置き替えるというのは,かなり大掛かりな事業になるし,そもそもJR東日本から,そんな数の余剰車がすぐに発生するのかという問題がある,
 だとすれば,考えられるのは,8000系のリニューアル工事を実施するために,工事期間中の不足車輛を補うのが導入目的…….ならば今回の6輛,またはあと少しの投入ですむのかもしれない.ただそうなると,8000系の更新完了時点では車輛の総数が増加することになる…….

想像は膨らむばかりである.
 結論は,2022年春と予告されている営業運転投入が近づけば,徐々に明らかになってゆくことだろう.E261系“サフィール踊り子”“踊り子”へのE257系投入が完了して,話題が一服した感のあった伊豆半島.再び注目の対象となった.

※編集部注:甲種輸送情報については,今回の件を含め,設定状況などにより事前に公表されない場合があります.ご了承ください.

↑このページのトップヘ