モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

今日の朝,お彼岸の墓参りで賑わう中央本線沿線を,八王子へ向かった.
 目的は,相模鉄道21000系の甲種輸送.
 この輸送は本誌9月号に掲載した通り,21日に最初の4輛が厚木から相模貨物へ向かい,続いて今日の未明に残りの4輛が厚木を出発して相模貨物で先着していた4輛を組み込んで川崎貨物経由新鶴見へ向かい,武蔵野線を経由して八王子へ,ここで再び分割して本日と明日,東急電鉄の長津田へ搬入する,という行程である.わざわざ川崎貨物へ立ち寄るのは,編成の向きが逆転するのを防ぐため,である.

僕が八王子駅にたどりついた時点では,下り到着線にはEH200-18が牽引する貨物列車が停車していた.
G8A_7982
コンテナ車とタンク車の混成は,中央東線一部貨物列車の特徴である.この写真ではタンク車は見えないが.現在,タンク車とコンテナ車が1本の列車に組まれている例は,他にもあるのだろうか.

甲種輸送列車到着の時刻になっても中央本線の貨物列車が発車せず,ちょっとやきもきさせられたけれど,11時10分,DE10 1666に牽かれた相模鉄道21000系第1編成が姿を見せた.時刻変更があったのだろう.臨時列車でのこのような手配は,しばしば行なわれることである.
G8A_7994
列車は静かに入線してきた.ホーム上にはこの列車がお目当てのファンが多数(僕もだ!)いたけれど,少なくとも僕の周辺では,至って平穏無事であった.
G8A_7998
途中,4輛目と5輛目の間は分割のために自動連結器に交換されていた.その模様を写したら,たまたま側窓に“はちおうじ”の駅名標が映りこんだ.八王子デハほかに,こんなに濃い紺色の電車はやってこない……はず.
G8A_7998b
写真を反転させて“はちおうじ”がちゃんと読めるようにしてみた…….ちょっとお遊び.

少し新宿方に移動し,機回しでDE10がやってくるのを待つ.
G8A_8006
待機していたら,中央快速電車のE233系と21000系とDE10が並ぶシーンを捉えることができた.

そして横浜線長津田駅.八王子方…東急電鉄的にはつくし野方…にある陸橋から,入換作業を観察.
G8A_8041
横浜線長津田駅から東急電鉄授受線への押し込みを終えて21000系から離れ,駅へ戻るDE10 1666.

ちなみに本日は21501~21801の4輛が長津田入りしている.明日は21101~21401の4輛である.

さてこの相模鉄道21000系の長津田入り,その目的は,9月9日付けの“相模鉄道21000系デビュー”でも記した通り,いわずとしれた東急電鉄新横浜線経由目黒線への直通運転に備えての各種試験実施である.
 2023年3月までに運転開始予定とされているこの直通運転は,まだ発表されていないことが多い.乗り入れに関係するのは相模鉄道,東急電鉄のほか,東京都交通局東京地下鉄がある.さらに,羽沢横浜国大ではJR東日本のE233系もからみあう.
 これらのうち,どこの会社のどの車輛が通常の営業運転で行き交うことになるのか…….東急電鉄の3000系は,新たに完成し,目撃されている中間車の車号から類推して,大掛かりな改番が実施されるようだし.

まったくの個人的な希望を申し上げさせていただくとすれば,西武鉄道池袋線から,せめて新横浜までは直通列車を運転していただけると嬉しい.そうなれば,東海道新幹線を使う時に,乗り換えの必要がなくなるのだから…….


////隠す用
自社広報

T2110

【オススメ記事】
最長で約100kmにも及ぶ長距離,そして最大5社間を相互に直通運転しているのが,東京地下鉄有楽町線・副都心線と半蔵門線です.その2路線に登場した最新鋭電車17000系と18000系は,どこに共通点があり,また独自の個性を発揮しているのか,両車ともに営業運転を開始したこの機会に,徹底比較観察を試みました.図面も満載です.
 本誌のMODELERS FILEを参考に製作された,JR東日本の総合検測車East i-EことクモヤE491系電車と,しなの鉄道SR1系200番代の作品をお楽しみください.
 関西の模型クラブ“どうりん”では,2020年も恒例の競作を実施しました.今回のテーマは“私鉄の車輛”.バラエティ豊かな車輛をお楽しみください.
 群馬県沼田市のボールドウィンが修復後15年を迎えて行なわれたお色直しの様子がレポートされています.
 一般記事や好評の連載記事も充実満載です.


【目次】
MODELERS FILE-----------------------------------
  4 MODELERS FILE 東京地下鉄
    有楽町線・副都心線17000系
    半蔵門線18000系
    東京地下鉄にお目見えした最新の姉妹車を比較観察する
           まとめ:前里 孝 写真:来住 憲司/前里 孝
                取材協力・資料提供:東京地下鉄
------------------------------------------------
 3・44 英国鉄道へのいざない
    第11回 ロンドン・パディントン駅
 24 東の電化区間を見守る白い“ダッシュ”
    JR東日本E491系“East i-E”を作る      中村 文人
 32 鉄道模型コンテスト2021
    第13回 全国高等学校鉄道模型コンテスト
 38 鉄道模型同好会どうりん 2020年競作
    私鉄の車輛 コロナに負けずに作りました
 48 ボールドウィン3号機100歳
    修復から15年を経てお色直しお披露目イベント準備中
               よみがえれボールドウィン実行委員会
    2021年の活動レポート:信沢あつし
                  写真:信沢あつし&トロッ子
 52 全盛期の東北本線の花形特急583系はつかりの再現 その2
                           高橋 和志
 64 しなの鉄道SR1系200番代を作る         茂野 智行
------------------------------------------------
 28 Nゲージ古典機への誘い /小川 謙二
    第27回 LOWCA(英)/COCKERILL(ベルギー)
       DECAUVILLE(仏)/PORTER(米)
 50 線路は続くよいつまでも 第134回 /信沢 あつし
    上松Ωループ下に残っていた762mm
    木曽上松の木曽森林管理署周辺(2016年4月2日)
 56 入門者必読! 誰も教えない基礎・応用テクをプロモデラーが伝授
                 /Nキット上達への道/解説:P.S.
    第3回:グリーンマックス 201系編-(3)
 58 モデリング・リサーチ・センター  /検証:P.S.
    第97回 チョッパーII
 60 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
    Vol.91 アムトラック・サーフライナーカー
 66 Coffee Cup /前里 孝
    芳賀・宇都宮LRT沿線の現況を見てきた
 68 台鉄ナビ
    文:邱 浚嘉 翻訳:濱川 真由美
 70 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション
    第29回 テンプレート /山中 洋
------------------------------------------------
 72 新車登場
 93 輝け!日本の運転会
 94 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第123回:ヴァーニイのドックサイド
 95 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第89回:けいきゅうキッズチャレンジ
     ~鉄道ダイヤグラム作成体験~
 96 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大 運行計画 2021年10月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引
------------------------------------------------

2021年9月21日(火)発売
定価:1,595円(本体1,450円)

eshumi-kounyu
amazon

////隠す用
自社広報

J85

【第85号の主な内容】
特集 昭和40年代 九州の煙
   日本の原風景を行く 久大本線           
   昭和40年代後半の九州の蒸気機関車    Ⅰ       

 山陰本線の蒸機,東から西へ    Ⅰ       
 七尾線 冬のC56           
  オランダ   “ミュージアム スチームトラム ホールン メデンブリク” 

とれいん11月増刊
定価:3,300円(本体3,000円)
A4判横綴じ84ページ
(内カラー16ページ)
2021年9月21日(火)発売

eshumi-kounyu
amazon

////隠す用
自社広報

気がつけば今年ももう9月,それも半分以上が過ぎ去った……おなじようなセリフを,なんど繰り返していることだろう.
 我等がレイルも,7月にNo.119を刊行して,いまやNo.120の編集追い込みに大童状態である.このNo.120では……という前に,恒例の,No.119の編集こぼればなしなどを…….

僕たちの年代の汽車好きには憧れの存在だった20系寝台客車を特集したのは,もう2年ちょっと前のNo.110でのことだった.お蔭様でご好評をいただき,増刷したにもかかわらず,在庫は残り少なくなった.

ならば牽引機の特集もぜひ!とのお声がたくさん寄せられているのだけれど,こちらはなかなか公式写真で特集を組むほどのストックがない.そもそも,メーカーで落成時に取られた機関車の数は,本当に少ないのではなかろうか.どうしよう…….
 などと考えあぐねているうちに,JR東日本ではレール輸送を機関車牽引から専用の気動車キヤE97系に移行が始まってしまった.そうなれば,“ブルートレイン牽引用”として誕生した機関車の中でたった1輛だけの現役機となった,高崎車両センターのEF65 501の行方が案じられる.
 ならばこの機関車に的を絞って,取材を申し込んで形式写真と細部写真をじっくり撮影して過去の写真を皆さんから募って……とも考えたのだけれど,このご時勢,鉄道現場での撮影取材はなかなか実現が難しい.
 そこで思い切って現状の写真は抜きにして,ずっと温めてきた,ふちい萬麗さん形態帯分類記事を核として,この機関車の全盛期の姿を展開するのが,むしろ“レイルらしい”のではないかと,ようやく頭の中で考えがまとまった.
 EF65 500番代が登場した頃……僕はまだ小学生である.いわゆる“よん・さん・とお”で,ようやく中学生.その後は蒸気機関車に現を抜かしていたし.
 ということで,今回大変お世話になったのが,早川昭文さんと吉田修平さんのおふたりというわけである.
C063-02
関東地方でのEF65 500番代撮影の定番ポイントで,富士山バックの“富士”を見事に射止められたのが吉田さん.このポイントは,今では自動車専用道の完成によって“失われた世界”となってしまったようだ.三島-函南 昭和53/1978年2月26日 写真:吉田修平

EF65 500番代に牽かれる客車は,どれがベストマッチングだろうか,というのは,しばしば議論のテーマとなる.一方で20系客車がもっともよく似合う機関車はどれだろう,というのもまた,意見の分かれるところである.
 No.110の20系客車では,さまざまな機関車に登場してもらった.そこで今回は,20系から24系25形までの組み合わせを集めるべく,努力した.
 そのわがままに応えてくださったのが,早川さんである.
HA-018
神足駅の外れで撮影された“日本海”のスナップ.20系客車の深い屋根に圧倒されないように,というわけでもなかろうが,パンタグラフを目一杯上げたEF65 500の姿は迫力満点だった.神足-向日町 昭和43/1968年10月16日 写真:早川昭文

早川さんはこの写真を,“いい写真ではありません”と謙遜されるが,いかにも秋の朝らしい冷たい空気が画面に溢れている,すぐれたスナップ写真であると,僕は思う.

僅かな期間しか運転されなかった“とびうお”“銀鱗”でのEF65 500番代重連運転も,しっかりと捉えられている.

大舞台から降りてからの姿も,せっかくなので何点かお目にかけ,裏表紙では“手前味噌”で両毛線の霜取り機関車を使わせてもらったのだけれど,ここでミスをしでかしてしまった,撮影日が,実際より9年も遡ってしまったのだった.正しくは平成22/2010年1月19日.伊勢崎市の華蔵寺公園からC6120が搬出される,その日の早朝,“行き掛けの駄賃”だった.失礼いたしました.

さて,第2テーマは京都市N電のその後……北野線(堀川線)の廃止から60年の節目となる今年である.宮崎繁幹さんのご努力によって,国重要文化財に指定された栄えある電車ながらも現役時代の姿がほとんど残されていない“2号電車”の写真が新たに発見されたこと,京都市の市電に関する図面や資料類が誌の文化財に指定されたこと,それを祝う展覧会が企画されたこと…さまざま交錯する中での,“その後”企画である.
 遠藤晃一さんによる,さらなるN電考察も意義深いことだった.そして愛知県岡崎市在住の藤井 建さんから寄せられた,愛知県でのN電の活躍の思い出も,貴重である.
kurachi01_158(車庫前)
前照燈が屋根上にあるので別の電車のように見えるが,N電である.車庫前で下N電同士が顔を合わせた貴重なシーン.この写真撮影後,まもなくN電は廃車となった.岡崎市内線は,奇しくも京都市電北野線廃止の翌年,昭和37/1962年6月に全線廃止となっている.岡崎車庫前 昭和29/1954年1月 写真:倉地満孝 所蔵:名古屋レール・アーカイブス

そうそう,花上嘉成さんからは,堀川での着物職人の作業とN電との出会いという,雅趣溢れる写真をご提供いただいている.これも必見である.

締めくくりは,高見彰彦さんの“汽車電車と記念写真”の第2回目.京急電車,目蒲電車から出征兵士を乗せたC50,流電からD52へど,話題が転がるように展開して行く.
KD40-
背景のモハ51と思しき電車の定員が“130人”と記されているのに対して,該当する電車が…….ということで,高見さんを大いに悩ませた記念写真.所蔵:高見彰彦

ということで,今回も盛りだくさんの内容でお届けしたレイルNo.119.まだご覧になっていない方は,ぜひともお近くの書店や模型店へ,ご注文を! お店にご不便な方のために,e-shumi.jpでも承っています.どうぞよろしくお願いします.


////隠す用
自社広報

相模鉄道では,2018年に東急電鉄線乗り入れ用20000系,翌年にJR東日本線乗り入れ用12000系と,立て続けに新形車を登場させてきた.JR東日本との相互直通運転は2019年11月30日から始まり,山手線東側住人の僕にとって,横浜ネイビーブルーは山手線の風景として,すっかり融けこんでいるように思う,今日この頃である.
 もうひとつの20000系は,羽沢横浜国大から新横浜を経由して東横線の日吉までの“東急新横浜線”の開業をもって正式デビューとなる.今のところ,その完成は来年度下半期……2023年3月まで……とされている.しかしそれまでの間,遊ばせておくわけにもゆかないし,相模鉄道としては運転も検修も,新方式のシステムになじんでおく必要もあることから,7000系の置き替えを兼ねて,既に自社線内での営業運転に就役させている……というのは,ご存じの方も多いだろう.
 今回登場した21000系は,10輛編成が単位である20000系の,8輛編成版である.なぜ8輛編成なのかといえば,同じ東急電鉄とはいっても,10輛編成は東横線方面にしか行くことができない.目黒線は,現在は6輛編成に過ぎない.とはいえ,8輛と10輛で運転されている相模鉄道線に6輛編成の列車が入り込むのは,いろいろ不都合が多くなるだろう.ということでの8輛編成である,と,思う.
 実際,間もなく東急3000系に増結用中間車が落成し始めるし,東京地下鉄でも9000系中間車を製造して南北線の8輛編成かを実施することを,設備投資計画で発表している.
 東京都交通局は,三田線の新形車である6500形を8輛編成で製造している.この電車は,まだ報道公開されていないが,現車は既に落成している.

そして相模鉄道21000系である.
 9月3日に厚木操車場で,鉄道趣味誌向けの報道公開が実施された.当日はあいにくの空模様だが,外観撮影時にはほぼ止んだ状態で,車両部や広報の皆さんの行き届いた手配もあって,まずは充分な写真を撮影することができた.
G8A_7342
羽沢横浜国大,新横浜方から見た“そうにゃん”表示中の21000系第2編成.車号は,こちら側から21102+21202+22202+21302+21402+21502+21602+21702+21802と,途中の欠番はない.

中間の電動車と付随車を1輛ずつ抜いての8輛編成で,これは“自在に編成を組むことができるように”という,20000系のコンセプトが見事に生かされたアレンジの結果である.

主制御装置は日立製作所のVFI-HR14210,補助電源装置は東洋電機製造製のSVH260-RG4084A-M,電動空気圧縮機はクノールブレムゼのVV180-T,台車は日本製鉄のSS184,いずれも20000系と同じ機器である.


G8A_7297
中間電動車21402.パンタグラフを海老名方に備えている.21202,21402,21502,21702が電動車である.
G8A_7434
室内の表情も20000系と極めて似ている.変更点は天井に吊られていた21.5インチ液晶モニターによる情報・広告表示装置がなくなり,側扉鴨居部の装置が増設されたこと.

液晶画面の変更は,実は21000系からではなく,20000系の第2次車での変更点でもある.同時に防犯カメラ設置やユニバーサルデザインシートの高さ変更し,一般席にも設けたこと,さらにユニバーサルデザインシート上部には荷物棚の新設なども実施されていて,これらも20000系2次車や12000系での変更点でもある.
G8A_7508
左から,やや座面を高くしたユニバーサルシート,液晶画面が増設されて防犯カメラが新設された側扉鴨居部,そして一般座席.

運転室の風景も,基本的には20000系と同じである.ただ,現在はまだ各乗り入れ先の保安装置扱いスイッチ類は取り付けられておらず,ホーム監視用CCTVモニターなどと同じく,準備工事が施されているだけである.

室内の表情も20000系と極めて似ている.変更点は天井に吊られていた21.5インチ液晶モニターによる情報・広告表示装置がなくなり,側扉鴨居部の装置が増設されたこと.
G8A_7464
20000系で見慣れた運転台.運転士の左手方面や,この写真に写っていない範囲の各部に“取り付け準備工事”をうかがうことができる.直通運転が始まったら見ることができなくなる,ある意味貴重な状況といえる.

さてこの21000系電車.9月6日から相鉄線内での営業運転を開始した.充当されたのは,報道公開にも使われた第2編成である.
 では第1編成は?といえば,本誌の9月号をお持ちの方なら既にお気付きの通り,今月下旬に厚木から長津田へ甲種輸送されることになっている.その目的はといえば,皆さんならすぐに合点がゆかれるだろう,“乗り入れ先での各種試験など”とのこと.従って,この第1編成には,長津田行きまでの間に,第2編成では準備工事となっている各種保安装置などが設置されることになっている.
 東急線内に滞在するのはどのぐらいの期間なのか,いつごろ,東急線の本線に姿を見せるのか,などは,残念ながら未公表である.でも,たぶん,運のよい人は“あれ?なぜここにこの電車が?”という場面に遭遇することができることだろう.
 夢は膨らむばかり.

※2021.09.13:ユニバーサルデザインシートに関して修正と加筆

↑このページのトップヘ