モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

昨年の台風19号では,各地の鉄道が大きな被害を受けた.去る7月23日に全線での運転を再開した箱根登山鉄道や,この冬に新しい桁を掛けて運転再開を目指す上田電鉄も,そのうちのひとつである.
 JR東日本の水郡線も,橋桁が流され橋脚が傾くなどによって,10月13日から不通となった.
 水郡線といえば,昭和初期まで8700形が本線列車を牽いており,当時の趣味人に注目されたこともある.また40年代中頃までDD13が牽引する客車列車が運転されていて,冬季は古い暖房車ホヌ30が使われていたことが記憶に残るファンもおられることだろう.
 僕はといえば,昭和52年の暮れだったか翌年の初めだったか……日立電鉄に残っていた旧相模鉄道の電気式気動車を電車化したモハ13の採寸と撮影に行った時の往路,常磐線の水戸から常陸太田まで載ったのが最初だったと思う.
 その後はなかなか縁がなくて,次はずっと後の平成19年…2007年の2月,キハ100系の置き替え用として新型車キハ130系が投入された折り,両運転台のキハE131とキハE132を見せてもらうために常陸大子の水郡線営業所を訪問するまで,30年の時が流れることになる.
 それからさらに13年半が経った先月,久し振りに沿線に立ち寄ることができた.とはいえ,残念ながら主な目的は別にあり,沿線観察は何ヵ所かの“つまみ食い”に限られた.

それらの中で,僕の気持ちでは“真っ先”だったのが,袋田と常陸大子の間に架かる,第六久慈川橋梁である.
F8B_0997
左岸の上流から見た工事現場.これまでは6基の橋脚が立っていたのが,1基になる.桁は,下路トラスとなるようである.
F8B_0964
同じ左岸の下流側に架か道路橋から見た工事現場全景.JR東日本水戸支社が発表している完成予想図ではトラス桁は緑色に塗られることになっている.
F8B_0989
手前が真新しい橋台.右が旧来の橋台.水面からの高さを,これまでより大幅に確保していることが解る.古い橋台は,古いといっても昭和2/1927年の開業だからコンクリート製である.橋脚は石積みだったようだが.
F8B_1003
そして,唐突に途切れた線路.約1年の間に線路脇の枝や葉が覆いかぶさるように大進出した.

このブログのテーマにしようと思っていた矢先の11月20日,JR東日本水戸支社から,これまで2021年夏とされていた運転再開時期を,20201年3月末まで繰り上げると発表があった.喜ばしいことである.余談だが,水戸支社はこれまでhttp://www.jrmito.com/top.htmlという独自ドメインによるサイトを維持してきたが,12月10日には本社サイトに統合されるとのこと.ちょっと残念.

さて次は常陸大子.ここには営業所が置かれ,転車台や古いプレートガーダーを活用した跨線橋があった.その様子を見ようというわけである.
F8B_1048
改札口から見たホーム上屋と跨線橋.ホーム上屋は木と新しい鉄骨の折衷.跨線橋の骨は古レールである.そして桁はどこから転用されたのか下路式のポーナル桁が健在だった.
F8B_1072
18メートルと思しきバランスト型上路桁の転車台も見ることができた.帰宅後に見比べてみれば,塗装は更新されているけれど,Hゴム支持窓の近代的な牽引車も,13年前と同じであるように見える.本当に転向するためだけの転車台だから,使用頻度は高くなさそうである.
F8B_1066
最後にお目にかけるのは,前回見掛けた記憶が薄い,廃コンテナ利用の倉庫.JR化後に新製されたコンテナですら倉庫になっている現在,貴重なC10である.それも各表記までオリジナルのまま.梅田-汐留間専用という標記まで読み取ることができる!末長く活用して欲しいものである.

と,いうことで,今回は車輛が全く登場しないエントリとなった.たまにはこういうのも悪からじ…おたのしみいただけただろうか.

////隠す用
自社広報

山手線電車に乗ると必ず目を向ける,原宿駅宮廷ホームの様子が変だった.先週のここで記した宮下公園へ向かう途上のことである.
 すぐさまホームに降り立って観察することにしたのだけれど,そのホームも,しばらく見ないうちに様変わりしていた.外回りと内回りのホームが分離したのは,もちろん承知してはいたが,その内回り電車ホームに大きな柵が設けられていたのである.
DSCN6080
なんのための柵かと思ったら,元の外回り電車用スペースに安全確保策を講じているようであった.工期は2021年夏頃まで,とのことである.

それより気になるのは,宮廷ホームを囲っているフェンスである.
DSCN6083
下草の繁茂が著しいが,それはかなり以前から見られたこと.新設された柵の手前に軌陸車が留置されているのも,なんとなく見慣れた光景.一時期,ずっと点燈していた上屋内の照明が消えているのは,大いに気掛かりな材料といえる.でも信号機は撤去されていない.

もっと近づいてみれば,詳しい様子が判明するかもしれないと思い,竹下口から表に出てみた.
DSCN6095
しっかりしたコンクリート製の基礎の上に,柵は建てられていた.仮のものではなさそうである.

あまりのぞき見するのも,いかがなものであるかとは思うが,出入口から垣間見たところによれば,構内には建設資材が置かれ,プレハブの詰所あるいはそれに類する建物を見ることができた.なんらかの工事の拠点として活用されているように思える.
 線路は,柵の外側では下草が生い茂っているのに対して,内側は,それなりに手入れされている風情であったこと.

そんなことを観察して,ちょっと安心して駅に戻った.改札に入る前に観察するべきは,旧本屋解体の進み具合である.
DSCN6100
建物全体がネットに覆われてしまい,まさに工事たけなわの様相を呈していた.駅前の道路から建物の様子をうかがうことは,既に不可能となっていた.
DSCN6107
風見鶏は健在であったが,その付近の屋根上では,ロープを掛けてなにやら作業中.撤去は時間の問題かもしれない.

ちなみに,ひと月前,10月16日の状況は以下の通り…….
DSCN5724
道路側にはネットが全体に掛けられていた.
DSCN5742
線路側に回ってみれば,解体作業は南端部分で進んでいるものの,主要部分はまだ手が付けられていなかった.

次のひと月で,作業はどのぐらい進むだろうか.

宮下公園での撮影を終え,駅の近くでの用事を済ませての帰り道,外回りホームに降りたってみた.これまでは正月以外には立ち入ることができなかったエリアである,
 そこで見ることができた風景は…….
F8A_1235
山手線内回り電車.E235系第38編成.手前の線路上に置かれた作業道具が気にはなるが,まずますの編成写真をスナップ撮影することができた.
F8A_1247

そして山手貨物線を南下する相模鉄道12000系第4編成.標準レンズで10輛編成をフレームにおさめることが可能である.ちょっと横長の写真になるけれど,作業道具はトリミングで充分にかわすことができる.

一方で,山手線外回り電車の撮影は,ほとんど正面(編成後尾)しか捉えることができなくなってしまったのが,ちょっと残念.何度かかよっているうちに,もっといいアングルを見出すことができるかもしれない…そういう発見ができることを期待しよう.


////隠す用
自社広報

T2012

【今月のオススメ記事】
キハ40・キハ47とその一族は,国鉄時代の最終期に全国津々浦々まで配属された一般型気動車です.登場から40年を経た今もなお,JR西日本管内の非電化路線ではまだまだ,主力とした活躍を続けています.さらに片運転台のキハ47を両運転台に改造して誕生したキハ41というユニークなキャラクターも交えて,実物解説と模型作品を誌面上に展開しました.紙成模型塾もキハ47です.キハ41として仕上げることもできるように工夫されています.
 畑 大蔵さん制作の関西鉄道"早風"は,きめの細かい精密な工作による16番の佳品です.
 箱根登山鉄道に登場した2輛編成の"アレグラ"第2編成の搬入に際し,下回りを中心とするディテール取材の機会を得ました.実物の構造観察と模型化への参考に役立つことでしょう.
 アムトラックでの北米大陸横断の旅は,いよいよ終着駅に到着します.英国鉄道へのいざないでは,黎明期の蒸機が勢揃いします.
 その他の一般記事や好評の連載記事も充実満載です.

【目次】
特集------------------------------------------------
  6 MODELERS FILE JR西日本
     キハ40・47系 その現状と特徴について
                        まとめ:岡本 真和
      写真:岡本 真和/北野 勝也/北岡 信/来住 憲司/脇 雅恵
                  取材協力・資料提供:JR西日本
3・18 西のキハ47系列競作企画
     それは1枚の画像がSNSでアップされたことから始まった……
     「キジも鳴かずば撃たれまい」
 24 紙成模型塾 第五十四講 /講師:岡本 真和 生徒:平野 聰
     キハ41 2つの顔を持つ両運気動車を作る(前編)
131 紙成模型塾 型紙 キハ47-0・1000番代(キハ41)
     その1:車体/その2:前面・妻面・パーツ他
------------------------------------------------
  4 Products Data file カトー製 NYC"20世紀特急"(N)
 30 関西鉄道 早風を作る
              模型製作:畑 大蔵/本文協力:水野 誠・KKC
 34 英国鉄道へのいざない 第6回 黎明期の蒸気機関車(歴史編)
 38 アムトラック北米大陸横断の旅
      第4回(最終回) オールバニからニューヨークまで/横山 光男
 46 MODELERS FILE 箱根登山鉄道 3100形 第2編成
     下回りを中心とするディテールを真新しい状態で観察する
                まとめ:前里 孝 写真協力:来住 憲司
                  取材協力・資料提供:箱根登山鉄道
 58 保科賢太郎の白昼夢★綺譚 終ハリ 小さな車輛群
 68 1:1 762mmゲージ特殊軽量機関車を作る
     木製レプリカ完成披露内覧会(2020年10月25日)
     よみがえれボールドウィン実行委員会
                    写真・レポート 信沢 あつし
------------------------------------------------
 28 線路は続くよいつまでも 第124回 /信沢 あつし
    晴れた日にはフジセーが見える
    旧岩崎醤油の残された煙突と線路(2007年12月9日)
 42 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
    Vol.86 オートラックにミニカーを積載する
 50 おとなの工作談義 つくるを知れば模型は3倍楽しくなる
         /嶽部 昌治・宮原 一巧・辻 匡祥・田坂 航大
    第73回 3Dも汚しも得意な新世代
 54 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション
    第19回 溶剤・リターダー(1) /山中 洋
 56 モデリング・リサーチ・センター
    第88回バローベヤスリ/検証:P.S.
 62 "林"発掘再生工場Season4 /工場長:林 信之
    第5回 回るものには巻かれなさい,東急7000系
 64 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第103回 UM5形無蓋コンテナの解説(3)
    UT5形タンクコンテナの解説(1)
 70 台鉄ナビ
    文:邱 浚嘉 翻訳:濱川 真由美
-----------------------------------------
 72 新車登場
 93 輝け!日本の運転会
 94 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第113回:カワイの電気機関車(その7)
 95 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第79回:阪急電車×"すみっコぐらし"スタンプラリー
 96 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大 運行計画 2020年12月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引

2020年11月20(金)発売
定価:本体1,450円+税

eshumi-kounyu
amazon

////隠す用
自社広報

4階建の空中公園に衣更えした,渋谷の宮下公園に行ってきた.
 3年ほど前から大掛かりな改修工事を行なっているのを電車の窓から眺め続けていたのだけれど,この夏にようやくオープンした.そこで新しいカメラハイクのポイントとして訪問のチャンスをうかがっていたところ,渋谷方面へのほかの用事も兼ねて,ようやく実現したというわけだる.
 歴史を繙けば昭和のはじめに公園として開園し,東京オリンピックに際して“東京ではじめての空中公園”という触れ込みで地上を駐車場,その屋上を公園に整備したのだという.僕が知っているのは,その姿である.空中庭園とはいうもの,せいぜいが山手線の築堤と同じ高さだから,雄大な眺めが展開しているわけでもなく,線路との間には木が生い茂っていたから,列車の写真撮影には,おおよそ不向きな公園であった.
 それが10年ほど前に最初の再々整備計画が持ち上がったものの,たくさんの問題が発生して紆余曲折があり,さらに本来なら今年の3月に開園のはずが,COVID-19のあおりを受けて8月まで延期という顛末であった.

この区間の山手線は南北に走っていて,公園はその東側にあるから,上から見下ろした写真を順光線で撮りたければ午前中がよいということになる.けれども一方で,東側に背の高い空中公園があるわけだから,とりわけ陽の低いこの季節には,線路は影の中であること間違いない.となれば11時ごろからが狙い目だろうか…….
 と思いつつ現地に到着したのは10時前のことだった.
 幸か不幸か,天候は快晴の予報に反しで寒い曇り日であった.そして2階と3階は店舗スペースであって,11時まで立ち入ることができないことを,現地へ到着して初めて知った!
 ということで,まずは4階の公園から線路を見下ろせばどのようになるか,場所探しをしていたら,
F8A_1106
いきなり展開したのが,山手線E235系と相模鉄道12000系の併走である.

公園の北端には背の高いビルがあって,原宿方面への展望をのぞむことはできない.そこで南端から渋谷方面を眺めてみると,
F8A_1134
今度は北行きのE233系と南行きのE231系の行き違い.背景にはスマートフォンの大きな広告が展開するが,それが掲げられているのは,つい先日までの東急百貨店東横店西館である.その向こうには東急プラザ,FUKURASビルが聳える.さらにその向こうにはセロリアンタワー東急ホテルが顔をのぞかせる.

南北の真ん中あたりに吹き抜けの大きな階段があって,そこは自由に立ち入ることができる.そこから写真は撮れるのだろうかと,ファインダーを除きはじめたら機関車の音が聞こえてきた.この時間帯に貨物列車はないと思うのだけれど,一応待ち構えていたら,貨物線の南行きを国鉄色の単機回送が通り過ぎて行った.
F8A_1138
僕が立っているのは3階.見上げると4階の公園,見下ろすと2階フロアーである.もう少し広いレンズで道路まで取り込んでもサマになるかもしれない.この場所の欠点は,列車が来るタイミングを量るのが難しいということだろう.

機関車が行き過ぎてからモニターで確認したらJR東日本のEF64 1031だった.長岡車両センターの機関車である.横須賀線用のE235系……今日になって,12月から営業運転を開始すると発表があったようである.取材はどうなるだろうか……を新津から運んできた帰り道…にしては.南行きである.さて.

そうこうしているうちに時計の針は11時を指した.3階の南端から渋谷駅を眺め直してみることにした.地上の一角に残る旧来の飲食街との対比を捉えたかったから.
F8A_1172
“のんべい横丁”と呼ばれるこの一角,周囲がすっかり整備されて,存在感はひときわ増したような気がする.

そしてお昼がやってきた.旅客列車に遅れが出ていなければ,青森からの3086列車が通過するはずである.
F8A_1200
珍しく(?)この一瞬だけ太陽が顔を見せてくれた.公園もまずまず賑やか.新しい宮下公園の表情を捉えることができたと,思う.ちなみに今日の牽引機はEH500-39であった.

公園の奥に見える建物はsequence MIYASHITA PARKというホテルである.東面以外ならば線路を望むことができそうである.ちょっとチャレンジしてみたくなるシチュエーションではないか.

さてこの新しい宮下公園の全体像は,写真と文章だけでは伝わっていないと思う.そこでお目にかけるのが,現地に掲げられた見取り図である.
DSCN6124
これで一目瞭然,だろうか.公園も24時間いつでもたちいることができるわけではなく,朝8時から23時までである.だから早朝の臨時列車撮影などには不適…というのが目的の場所ではないのだから,

※2020.11.13:のんべい横丁の記述一部修正

////隠す用
自社広報

先週のここでの最後に,“西武遊園地経由で多摩湖線へ.そこで見たものは……次回以降のお楽しみ!”と記した.西武鉄道山口線に乗るのは何年ぶりのことだっただろうか.随所に残るかつての路線の痕跡を楽しんでいたら,あっという間に西武遊園地に到着してしまった.
 そこで見たものは……タイトルに記してしまったから,ヒミツでもなんでもない.4輛編成になってワンマン化改造された9000系電車である.
 ……その前に西武遊園地のホームで気づいたこと,それは上屋の柱.2005年新年号の西武特集では,当時の沿線各地に残っていた古レールを捜し回ったのだが,この駅は抜けていたと思う.改めて観察してみたら,1902年の英国ボルコウ・ボーン(Bolckow, Vaughan & Co)の銘が,何本かのレールから読み取ることができた.仕向け先はIJRすなわち鉄道作業局だった.かつては石神井公園駅でも同類を見ることができたが,駅の高架化に際して消滅している.だからいまや貴重な“現役”かもしれない.
DSCN6060
山口線から多摩湖線ホームをみたところ.柱4本分だけが古レール製である.
DSCN6062
そのうちの1本から読み取ることができるBV&Co. 1902 IJRの銘.読みやすくするためにコントラストを上げるなどの加工を施している.

閑話休題…か?
山口線からすぐに乗り継ぐことができたはずの列車は,かつての“L-Train”,レジェンドブルーに装われた9108編成だった.池袋線から姿を消してから1年以上も消息不明で安否を気遣っていたのだけれど,この10月から,4輛編成となって多摩湖線で再デビューを果たしたのである.
 次にやってきたのは,立て続けに改造を終えて営業運転を開始した9105編成だった.
 お客さんが乗ってこないうちに客室を観察.中間車にはもとから車椅子スペースが設けられていた9200と9900が活用されているが,今回,先頭車にも同様のスペースが設けられた.中間車と異なっているのは窓下にヒップレスト状のクッションが設けられていること.
F8A_0534
9105の連結面寄りに新設されたフリースペース.9005にも同様の設備が設けられている.
F8A_0533
客室全景.一見すると以前と同じ風景のようだが,腰掛はバケットタイプに交換され,中央付近に握り棒(スタンションポール)が新設されている.

続いて運転室を観察する.運転席前面頭上のモニターは以前からあっただろうか.
F8A_0541
マスコンの形が異なっているような気がする.なお速度計左手に見えるのは,デジタル無線アンテナ装備に関連するのNECロゴ付モニターで,今回の9000系に限らないことである.

ということで,3年前に撮影した9104の運転室の写真を見直してみた.
R7A_1932
マスコンは101系由来の日立製作所製である.速度計左手の列車番号設定器は旧型である.

ということで,101系ワンマン車と同じく,デッドマン機能付きのマスコンに交換されているということになる.101系と同じだとすれば,ほかにはワンマン切換スイッチ,誤開扉防止装置設置,運転士マイクからの車内放送機能が装備されているはずである.いや,はずではなく,今回は記事化のため正式に西武鉄道にお訊ねして教えていただいたのだから間違いない.そのお答えによれば,列車種別表示器は撤去されているそうである.

ここまで観察したところで発車時刻になった.外観をどこで撮影するか,かぶりつきで線見.結果,武蔵大和と八坂の間が,目星をつけていた通り日回りや背景がよいことが判明した.ここは複線区間のようにみえるのだが,実は回田(めぐりた)という信号場である.
F8A_0549
やってきたのはさきほどの9105編成.秋の日は低くて動きが早く,この場所の撮影最適時間帯は少し前…お昼ごろだったようで,車体にケーブルの影が掛かり,正面は少し蔭ってしまった.
F8A_0564
こちらは9108編成.9105編成を撮影したのとは異なる踏切からの撮影である.こちらの方が建物の影も少ない.最初からここにすればよかった.列車無線アンテナは新型に交換されている.列車種別表示窓は確かに真っ暗である…あれ?

前から2輛目の電動車,9205の屋根が変だ.パンタグラフが2基になっているではないか.あとでどこかの駅で確認しなくちゃ,
F8A_0631
これが9205の9905寄りに増設された,いかにも真新しいパンタグラフ.萩山の駅での撮影である.

引き通しの取り回しはどうなのだろうというところに思いが至ったのは帰宅後のことだった.萩山の跨線橋から観察できたかもしれないのに.“次こそ”である.

さて,現在池袋線に残っている9000系は9101,9104,9106,そして9107の4本だと思う.一方で新101系ワンマン編成は8本(と,4輛とも電動車の編成が1本)である.今後,どのようになるのか,新宿線系統にも積極的に目を向けなければ…….

※2020.11.06:信号場の よみ 訂正

↑このページのトップヘ