モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

   
沿線にお住まいの方以外は,なんのことやらと思われるだろう.
 実は3月から東急電鉄目蒲線ではなく目黒線3020系第3編成(3123編成)が,“新幹線ラッピング”を纏って走っているのである.
 そして5月中旬からは,東横線5050系4000番代第5編成(4105編成)が追加された.
 なんで東急に新幹線?と疑問に思うのが普通の反応だろう.
 昨年の3月に開業した東急新横浜線の存在が,その理由.
 この新線開業によって,東急沿線から新幹線への乗り換えが一挙に便利になった.JR東海も呼応して朝6時発の新横浜始発広島行きを設定して,新大阪に最初に到着する列車とした.
 その開業から1周年を迎えてのJR東海と東急電鉄が手を組んでのラッピング,という次第である.東海道新幹線開業60周年記念という意味もあるのだろうか.
8BA_9181
ということで,まずは3123編成.捉まえることができたのは奥沢駅の田園調布方.昼下がりの逆光ではあったが高曇りだったので,各部分,潰れずに撮影することができた.2024-5-25

通過に際して側面を見たら,戸袋部分に名古屋のテレビ塔や東寺の五重塔,生八橋などが描かれている.そして“enjoy! WEST”のロゴが.
 このあと4000番代のラッピング編成が来ないかと,多摩川の駅で待ち構えていたら……
8BA_9219
4105編成がやってきた!が……

この時ばかりは,普段大好きな相模鉄道21000系も,にっくき存在となった.

折り返しはうまく撮れそうな場所を思いつかず,自由が丘の駅はずれで見送ったら,幸いにして渋谷行きだった.
8BA_9317
その渋谷行き.でもこれではせっかくの側面ラッピングがほとんど見えない.

そこで渋谷からの折り返しを待つことにした.
8BA_9348

が,しかし.

ご覧の通りであった.意気消沈とはこのこと.

そういえばこの場所からの渋谷方面行きでは,電車の背景に“お菓子のホームラン王・ナボナ”という王貞治の広告で関東では有名な,亀屋万年堂の広告が見えたのだけれど,見えない.なんで?と思って帰り道に前を通ってみたら,店舗が移転してしまっていた.もっともそれ以前に,隣接して高いビルが建てられたから,でもあるわけだったが.

この4105編成は,当然のことながら西武線にも顔を出すはずなのに,一向に見掛けない.どうなってるの?と思っていたら,先週の日曜日朝に目撃情報が.
 そこで家事を切り上げて出向いた,富士見台駅.
8CA_0320
ようやく! しかも列車種別は“Fライナー 快急”,行き先は飯能である.晴れれば逆光の場所だけれど,曇りが幸いして綺麗に納まった.幸いにして普通電車と重なることもなく.2024-6-2

ということで,次は乗ってみよう,でも車内は普通の5050系4000番代なのだろうなぁと思っていたら.6月3日に東急電鉄からニュースリリースが発表された.題して
“新幹線ラッピングトレイン車内でなつかしの「ひかりチャイム」を使用します. ~JR東海とコラボレーションした車内広告のジャック(貸切)も行います~”
 本文によれば,7月1日から3123編成で,秋頃からは4105編成でもチャイムを使用することになっている.ただし,2003年まで車内で使われ,今では山陽新幹線区間の駅で使われているオリジナルのままではなく,向谷 実さんが現代風にリファインするのだという.どんな感じに聞こえるのだろうか.楽しみなことである.


////隠す用
自社広報

   
とれいん2024年6月号は,もう見ていただけただろうか.今月も盛り沢山の記事の中で僕が担当したMODELERS FILEは,去年の秋にデビューしたJR西日本の227系500番代“Urara”.
 227系電車は既に広島と和歌山地区で使われており,3番目のバリエーション展開ということになる.構想発表の時点から“どこが違うのだろうか”と,実物の観察を楽しみに待っていた電車である.
 しかし昨年2月の報道公開には行くことができず,現車に接することができたのは,ようやく取材に出掛けた翌日早朝7時半,2輛編成と3輛編成の2バージョンがあるのは広島地区用と同じ.臨機応変に組み合わせて2輛から7輛までの運用をこなしている.その最大の7輛編成を捉えるべく,前日深夜に到着したまま,眠い目をこすりつつ捉えるべく出向いた,倉敷駅でのことだった.
8BA_4302
糸崎発岡山行きの1708M列車.以前は115系の8輛編成だったそうだから,1輛の減車ということになる.2024-4-11

広島地区用とは,形はもちろん同じである.でも,アクセントカラーが赤から桃色になった,ただそれだけで大きく印象が違って見えるから不思議.ちなみに広島のは……
F8A_3008
瀬野と八本松の間で捉えた糸崎行き.ちなみに広島地区では徳山が運用範囲の西の端.““Urara”は三原から姫路の間だから,227系は山口,広島,岡山,そして兵庫と瀬戸内各県の全てで姿を見ることができるようになったわけである.下関に達するのが,楽しみ.2020-11-22

さて倉敷駅に降り立つのは,実は初めてである,今を去ること56年前(!),米子から乗り通した伯備線列車を捨てて糸崎へ向かうために気動車急行“吉備”に乗り換えたことは,いつかどこかで記したかもしれない.
DSCN9653
倉敷駅といえば,10年ほど前に8階建から3階建への減築で話題となった.僕は元の駅本屋は知らないわけだが,ただ現在だけを見るならば,なんの違和感もない駅本屋である.ちなみに駅前のペデストリアンデッキは,昭和55/1980年の8階建駅本屋新築とほぼ同時に完成したもので,岡山県内で初めての施設だったそうだ.
DSCN9649
今の倉敷駅には北口もある.その駅前にも回廊型ペデストリアンデッキがあってその真ん中にはアンデルセンの童話がテーマだという時計台が建っている.

なんで?と思った貴方は,若い.駅北側に展開していたクラボウ(倉敷紡績)工場跡地の再開発で誕生した“倉敷チボリ公園”というテーマパークが建設され,その玄関口だったのである.平成9/1997年に開園したものの,わずか10年余で閉園してしまい,この時計が残ったということ.跡地は写真にも見えるアリオというショッピングモールやアウトレットモールなどとして再々開発されている.

そして岡山.岡山訪問は211系特集の取材で平成21/2009年5月にお邪魔して以来だから15年振りということになる.
 岡山といえば岡山電軌.折しも“KURO×夢二”電車が4月8日から走りはじめるという案内をいただいていた.だから見に行きたかったのだけれど,残念ながら運行予定と僕のスケジュールが,まったく合致しなかった.残念.
8BA_6890
せめて,ということで夕暮れ前の大雲寺前電停で捉えた7401.1980年に登場した7000形の姉妹車だが,これは完全新造車.それにしても安全地帯からのこういうアングルは,僕にとっては新鮮な体験だった.

大雲寺前から向かったのは出石小学校跡に開設されている下石井公園.目的は……
8BA_6925
“D51 917 満開の桜添え”であった.少々馴染みのない番号で,説明板も存在しないようなのでよく解らないが,ぐるっとひとまわり……あれ?テンダーの銘板が…….

帰宅後に調べてみたら,昭和46/1971年に東北地区から新見機関区へやってきた機関車だった.同じ時期に浜田へ行ったD51 1は記憶に濃いのだけれど.
 テンダーの銘板については,他の研究と合わせて,そのうち纏めてお話できることになると思う.

岡山でおいしいものといえば米に魚にお酒に果物に和菓子……色々数え切れないが,今回発見したのが,これ.
名称未設定 1
周囲に余計なものが映り込んでいたので切り抜いたら少々いびつになってしまったが,岡山木村屋のパンである.


泊った宿の1階ロビーにパン売場があって,珍しいと思っていたら,実はパン屋さんが経営している宿なのだという.そしてそのパン屋さんは東京銀座の木村屋で修行して独立,大正8/1919年に創業したお店であると,やはり久し振りに訪れた岡山模型店の赤木さんが教えてくださった.
 ということで,滞在中の朝ご飯は,全部,これだった.上に写っている“ジャージー牛乳パン”の原料の蒜山ジャージー牛乳は,オハヨー牛乳とともに,岡山の牛乳の二大ブランドだと,僕は思う.


////隠す用
自社広報

   
今週初め,5月20日の昼下がり,西武の新101系263編成に牽かれた6輛編成の電車が小手指駅へ到着した.
 電車はしばし停車の後,しずしずと車両基地へと…….
8BA_8981
そのシーンから3時間前,僕のカメラ内時計では10時38分のこと.武蔵野線の新秋津駅構内での歴史的シーン.左が新101系263系,右が8000形8261編成.去年の構想発表までは,世の中の誰もが思いもよらなかった併結の瞬間である.
※クリックして展開するサイズがいつもより大きいです.ご注意ください.

友人から“小田急8000形が小田原方面に向けて海老名を出たよ”という報が届いたのは5月18日の深夜……暦の上では日付が変わって19日になってまもない頃だった.
 それっとばかりに飛び出すわけにもいかず,家を出たのは夜が明けてから.
 新松田からだと沼津で折り返して丹那を通って……熱海が昼頃だろうかと見当をつけ,“絶対に対向列車と被らない場所”と,“周囲の情景の特徴で一目で撮影場所が特定できること”を条件として向かった先が国道1号線の馬入橋.
8BA_8764
EF65 2074に牽かれて姿を見せたのは12時49分のことだった.今日ばかりは“幸いにして”日が射していなかったので逆光に頭を悩まされることにはならなかった.

馬入橋といえば,夏至の頃(今年ももう間もなくだ!)に何度か狙った,佐川急便のスーパーレールカーゴを久しく撮っていない.カメラの高感度性能が向上した今こそ,狙うことができるわけだし,JR貨物の今年度の事業計画の中に“新世代の貨物電車開発”という項目が含まれていたことにも,待っている間に思い当たったことである.

閑話休題.今日はどこまで行くのか…….
 横浜羽沢か新鶴見信号場か,それとも川崎貨物か.西武40000系では横浜羽沢で1泊する.新鶴見信号場なら付け替えの機関車は選び放題(それは違うと思うが)だけれど,そのまま新秋津まで行ってしまうと向きが変ってしまうではないか,ならば川崎貨物!
8BA_8801
京急電車の小島新田駅にほど近い,川崎貨物駅(元の末広町)に顔を出してみたら,ちゃんと到着していたけれど,電車の周囲に人の気配はなかった.

ということで,19日はゲームセット.
 でも冷静になってみれば,“向きが”というのは,僕が勝手に思い込んでいただけで,実際にはどっち向きが都合よいのか,それは西武鉄道の人々が決めることなので,そのまま秋津へ向かったかもしれないのだけれど.

では20日はどうなるのか,いろいろこれまでの実例と経験から思いを巡らせてみたのだけれど,朝のラッシュ時を避けながら小手指へお昼早い時間帯に到着させるためには,川崎貨物を早朝に出る必要がある.ここでもきのうと同じ“被らない”と“場所を簡単に特定できること”を条件に考えたら,僕の頭には1ヵ所しか思い当たらなかった.
8BA_8816
それがこの駅.南武線の尻手である.昨日と同じEF65 2074に牽かれて姿を見せたのが,6時33分のことだった.ホーム上のこととて,僕と同じことを考えた人たちとどのように……と思いはしたが,極めて平和有効裡,和やかなムードであった.ほっ.

新鶴見信号場で停車するのは間違いないが,どのぐらい停車するのか…….えいっとばかりに新秋津までワープ,とも思ったけれど,気がついたら(?)御幸跨線橋を渡っていた僕である.
8BA_8856

お目当ては,ずっと奥の方に止まっていた.新川崎ふれあい公園の金網にしがみついてこの1カットだけを抑えて早々に退散…….雨が激しくて.


そして冒頭のシーンに繋がるわけである.

さらに移動して小手指に到着するころには雨もやんだ.やれやれ.
8BA_9013
小手指駅3番線から,大きく身をくねらせつつ車両基地に向かう263編成と8261編成.

見送ったところで空を見上げたら,なんと薄日が射してきた.なんだか8000形の明るい未来を示すように.
 未来といえば,西武ではどんな色でどのような形式番号になるのだろうか.8000系のままでよいような気もするが,新交通システムの8500系と重複するよなぁ.そもそも,いつごろお目見えするのだろうかと,いろいろ考えつつ,事務所に向かったのであった.
……と,思ったら,今日,小手指の車庫線で6000系,40000系,20000系と並んで留置されていたとの連絡があった.行きたかった!


////隠す用
自社広報

   
T2406H1

【オススメ記事】
JR西日本の岡山地区は,ながらく国鉄形電車の牙城でした.そこへ姿を見せたの
が"Urara"こと227系500番代電車です.広島や和歌山,奈良地区で一足早く走
り始めている0番代や1000番代をベースとしながら,内装や外装に岡山地区オリ
ジナルのデザインを組み込んだ電車の全貌をご覧ください.
 かつて,夜の山陽路を走り新大阪と宮崎を結んだ客車寝台急行"夕月".寝台
車と指定席ばかりで組まれた編成は光り輝いていましたが,わずか3年間で消滅
してしまいます.ベテランモデラーの田中敏一さんが,その誇らしい姿を13ミリ
ゲージ作品で再現しました
 イギリス駆け足の旅の3回目はロンドンのターミナル駅などをご紹介.

【目次】
MODELERS FILE------------------------------------
  4  MODELERS FILE 西日本旅客鉄道
      227系500番代電車 Urara
      岡山地区に登場のJR西日本最新形電車
             まとめ:前里 孝 写真:来住 憲司/前里 孝
                    取材協力・資料提供:JR西日本
------------------------------------------------
3・22 B6に三美のお立ち台を!
    三美鉱業の石炭ホッパーと単線の木造機関庫を作る   松川 詠一
 14 急行 夕月
     夕空に浮かぶ月を追って西駆したハネムーンエクスプレス
                            田中 敏一
 54 第9回 池袋鉄道模型芸術祭 Part.2
 57 岐阜鉄道模型クラブ35周年記念作品集 Part.2
 62 イギリス一周駆け足の旅 第3回        大島 仁知
 68 クリーニング"ヨシ!"              福嶋 信人
     アッサリしすぎるあの製品を明後日の方向へリアルにする
     工作の合間にちょっと一工夫 
    収納はどこまで圧縮できるのか?           なんこう
 72 柏崎トレインアトラクション2023
 75 第18回鉄道模型市から
------------------------------------------------
 20 線路は続くよいつまでも 166回 /信沢 あつし
    田浦旧海軍倉庫の線路跡で妄想する
    横須賀田浦港町の海軍軍用線跡
 28 コンさんの工作メモ /今野 喜郎
    第5回 万力切りの功罪
 30 おとなの工作談義
    つくるを知れば模型は3倍楽しくなる
    第93回 16番真鍮界に新星現る /長元 輝・依田悠希・堀口 斗夢
 34 英国鉄道へのいざない
    第27回 元ボランティアが語るSVRの一日
 38 N GAUGE EURO REMIX /解説:橋本 孔明
    第51回 スイス関連の最新製品紹介
 42 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
    Vol.107 ケーブルカー博物館
 46 ABC of DCC Evolution 【第6回】
    専門知識ゼロでも絶対使えるようになる!
               /解説:加坂 紳(soundtrackage)
 50 "林"発掘再生工場Season5 /工場長:林信之
    第21回ちょっと変わった機関車だけど……珊瑚製7800

 52 入門者必読! 誰も教えない基礎・応用テクをプロモデラーが伝授
   Nキット上達への道 /解説:P.S.
     第25回:グリーンマックス江ノ電1000形タイプ-①
 69 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
   第155回:3条ウォーム(その3)
 70 台鉄ナビ
   文:邱 浚嘉  翻訳:黃 昱嘉
------------------------------------------------
 78 新車登場
 99 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
   第121回:東日本大震災・津波伝承館への旅(後編)
100 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大輸送実績 2024年4月分
   JR東日本在来線車輛の動き 2024年3月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引
------------------------------------------------
2024年5月21日(火)発売
定価:1,694円(本体1,540円)


eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

   
先週,5月10日の前後に,多くの鉄道事業者から今年度の事業計画,あるいは設備投資計画が発表された.各社それぞれに興味深い内容だったが,関心の的は,やはり新造車輛計画ではなかろうか.

最初は,今年10月から営業運転開始を目標とする近畿日本鉄道(近鉄)8A系.同社としては20数年振りの新形一般車である.
 20m級4扉,L/C座席装備で奈良・京都線用だという.目を惹くのは系列名.これまでの近鉄の番号体系からは大きく逸脱した命名法である.単なる思いつきとは思えないから,これまでの単純な4桁番号が飽和状態となっていることもあっての設定なのに違いない.“8”といえば奈良線では800系以来のイニシャル数字.その新体系の最初ということで“A”なのだろう.でもこれだけでは形式や車号は表現できないから,きっと,例えば第1編成は8A101~8A401,第10編成は8A110~8A410……? 編成輛数が変わったり主制御装置が変更されたら,AがB,C……と続くのだろう.アルファベットなら数字より“包容力”があるから,変化への備えは万全.
 では他線区用は……大阪線用は2A,名古屋線が1A,南大阪線が6A……さて,当たっているか外れるか.
img_394483_1
先頭車の外観と客室.よく描き込まれたイメージ図だと思ったら,近畿車輌構内で撮影された“本物”だそうである.この車体の様子から,ステンレス鋼ではなくアルミ合金製であることがうかがわれる.内装で気になるのは画面右端の緑色の腰掛.写真:近畿日本鉄道

これはなにかといえば,すみっこぐらし……ではなくて乳母車をはじめ,大形荷物を持っている乗客が安心して過ごすことができる“やさしさ”を確保した“やさしば”と呼ばれるスペースである.
img_394483_4
客室全景.車椅子スペースと優先席は,“やさしば”とは別に用意されている.大阪線用ではトイレも用意されるのだろうか.写真:近畿日本鉄道

大阪線と奈良線では,どちらも山越えがある.けれど大阪線の榛原から長谷寺へかけての30‰以上の連続上り勾配や,多少緩和されたとはいえ“青山越え”などは勾配とその距離が桁違い.だから別系列とせざるを得ないのだろう.
 なお,この仕様では京都地下鉄への乗り入れはできないはずである.それはまた,別に企画されるのに違いない.

8Aの営業運転は10月から.ということは,夏には訓練運転が始まっていなければならない.さらにいえば,早ければ5月中にも近畿車輌からの搬入が行なわれるのではないか.
 ちなみに現在のところ,この8A系は4輛編成12本,合計48輛が今年度中に製造されることになっている.
 来年度には引き続いて9編成36輛が投入されるほか,大阪線用の4輛編成2本8輛,名古屋線用の4輛編成3本12輛,南大阪線用4輛編成3本12輛の新造が計画されている.

続いては名古屋鉄道.新形式ではないが,大幅なモデルチェンジを施された9500・9100系が登場する.
9500系背景有り
正面の扉が中心からオフセットした非常用から,中央に位置して幌を取り付けることができる貫通扉に変更されたのである.写真:名古屋鉄道

これは営業運転中の車内で異常事態が発生した場合,併結する他の編成へ避難することができるよう配慮したものである.
C8A_9065
これがオリジナルデザイン.趣味的には別形式といってよいほどの変貌ぶりである.やっぱり“顔”は大切なのである.新川検車支区 2019-10-1

今年度は9500系(4輛編成)が3本,9100系(2輛編成)が2本製造される.改めて採り上げる必要があるかもしれない.

東京では京王電鉄の2000系が発表された.2000系というから1000系に続く井の頭線かと思ったら京王線用だった.京王線は5000系が一般仕様で装備されるのかと思っていたのだが,あの顔は“京王ライナー”専用として,ブランドイメージを高めようとしているのかもしれない.
 で,2000系.総合車両製作所で製造を担当するステンレス鋼製で,20m級4扉ロングシート……なのだが.
02_新型車両②
なんとも愛らしく,まぁるい顔である.側面はステンレス鋼無塗装仕上げだから無機質になるのはやむを得ないところ,けれど,せめてということか,まぁるい模様のラッピングが各所に施されている.写真:京王電鉄
04_大型フリースペース(仮称)
車椅子や乳母車,大形荷物などに対応するためのスペースが設けられる.写真:京王電鉄

同様の設備は西武40000系を皮切りとして,京都市交通局20系でも備えられているが,今回の特徴は先頭車ではなく中間の5号車だということ.京王線ではこの部分がエレベーターに近い位置,なのだそうである.それとともに,かつて6000系に組み込まれた5扉車も中間車だった.ということは,最混雑ゾーンでもあるのだろう.
 2026年1月に最初の1編成10輛がデビューし,続いて3編成30輛の合計40輛の投入が発表されている.
 しかしそうなると,京王線では“早くも”7000系の引退が始まることになる.なんとも時の流れは残酷である.

そして我が(?)西武鉄道.これも新形車ではない.40000系である.けれど,鉄道事業計画に盛り込まれたのは“8輛編成”だという.なにしろ“3編成24輛”と明記されているのだから.48000番代ということになるのか?
K8A_5099
現在の10輛編成40000系.そういえば,8輛編成は池袋線か新宿線か.写真はそうッ俊の夕陽を正面に浴びて反応を目指すロングシート第9編成.富士見台 2023-3-14

同じ投資計画には,来年度以降の計画として新宿線での有料着席サービスの刷新,という項目が記されている.“特急車輛の”と書かれていないところに深い意味づけを感じるのは僕だけではないはずである.さらに写真説明に“置き換え対象の10000系”と記されている.今の40000系による“Sライナー”ではない,別のプログラムなのだろう.興味津々である.

大手私鉄だけではなく,既に本誌の“いちぶんのいち情報室”でお伝えしている通り,四国の高松琴平電鉄では令和7年度に,伊予鉄道では今年度末に7000系という,いずれも新造車の導入計画が発表されている.日本全国,目を離すことができない.

※2024.05.17:大阪線勾配区間の記述を補足

↑このページのトップヘ