モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

   

とれいん5月号の“伝言板”でもご案内した通り,今日から東京池袋の“ギャラリー 路草”で,慶應義塾大学鉄研三田会の写真展が始まった.
 COVID-19騒ぎのあおりで,この2年ほど,写真展の開催が激減してしまっていた.それがこのところ,ようやく復活の兆しが見えてきたよう艦実のは,気のせいではないだろう.
 ということで,僕も久し振りの写真展観覧を楽しんできた次第.
DSCN2076
会場は東京池袋,東口にある“Gallery 路草 路(東久ビル東五号館)”.そう,西武鉄道クハ2098や京急デハ812-6,東急デハ7702の先頭部が置かれているビルである.ギャラリーは,その14階にある.

数えて29回目となった,鉄研三田会の写真展.今年の内容は,どうだろうか……
DSCN2083
受け付け付近から,適度にパーティションで仕切られた会場を一望する.順路は画面右側から反時計回りが推奨.
DSCN2079
受け付けのすぐ右側には懐かしの蒸気機関車風景が並ぶが,その一面を過ぎると同じ機関車でも電機やディーセル機,そして電車や気動車が織り成す情景が主役となる.
DSCN2080
外国の鉄道情景の比率が高いのも,鉄研三田会写真展の特徴のひとつかもしれない.台湾鉄路から欧州の電機や蒸機,路面電車の作品が並んだ一角.
DSCN2082
最終コーナーは,想い出の都電風景.会場の地元である池袋東口をはじめとする,都内各ポイントを巡る.

第29回鉄研三田会写真展
■開催日時
2022年5月19日(木)~24日(火)
11時~19時(最終日は16時まで)

■場所
藤久ビル東五号館(電車のあるビル)14階ギャラリー路草 路
東京都豊島区南池袋2-25-5
TEL.03-5843-3371


この会場ではこのあと,6月30日から7月5日まで,早稲田大学鉄道研究会70周年記念 稲門鉄道研究会第7回写真展“鉄路の記憶2022”が開催される.こちらも楽しみ!

////隠す用
自社広報

   
立て続けにお声掛けいただいた報道公開に翻弄されているうちに,5月も10日を過ぎてしまった.そして気がつけば,3月17日付のここで“西武鉄道旧2000系最後の8輛編成が引退へ”と題して“それまでの間に,せめて2007編成の細部など,記録に精を出すことにしよう.”と記した,西武鉄道旧2000系2007編成のお見送りも,できずに終わってしまった.
 何度か沿線に出向く用事もあり,少しは時間の余裕を見て,沿線や駅で待ってみたのだけれど,ついにヘッドマーク付きの姿は,僕の目の前に姿を見せてくれなかった.
 4月24日には,僕の地元である池袋線沿線で有終の美を飾る臨時列車が運転されたというのに.その週末は東京におらず…….
 とても悔しい思いをしていたら,池添智和さんが,惜別のヘッドマークが貼られた,2007編成各態の写真を送ってくださったので,それを順にご覧いただくことで,この2007編成をしのびたいと思う.
Dsc05624
まずは高田馬場での,新宿の超高層ビル群を背景に向かってくる新所沢行き.写真:池添智和
Dsc05627
振り返って,E235系電車との出会い.2000系が登場してから今日まで,山手線の主役は103系から205系,E231系,そしてE235系へと代替わりを重ねてきた.写真:池添智和
Dsc_0023

高架化工事たけなわの東村山駅に到着する本川越行き快速急行.この時期,なぜかレアな列車に充当されることが多いような気がした,とは,池添さんの感想.運用担当者が気を利かせてくれていたのだろうか.写真:池添智和

Img_3654
これも数少ない,多摩湖行き急行.写真:池添智和
Dsc05595
西武新宿発の上石神井行きなんて,数多く存在していそうだと思うのは沿線外住人の感想.実際には数少ない存在なのだそうだ.ダイヤ改正で消滅してしまった,西武新宿発の多摩湖行き各停も記録されている.地元で,丹念に追いかけられた成果である.写真:池添智和
Img_3826
半袖でも汗ばむほどの陽気となった休日の,田無駅でののどかな撮影風景.石神井公園駅が高架複々線化で失われた今,両側にホームのある中線での折り返し風景は,貴重な存在となった.写真:池添智和

そして4月26日に,横瀬までの特別列車を最後に,2007編成は西武線から姿を消した.これで車輛の大きな変化は一段落……ではない.
 折りしも今日5月12日,今年度の事業計画が発表され,40000系が3編成増備されることが明らかになった.落成すれば,,また,いろいろな動きが生じることだろう.シングルアームパンタグラフへの交換や,初期40000系への新形無線装置搭載改造なども,進められる.

さて,その,今年度の西武鉄道事業計画だが,40000系3編成の増備や,各所での高架化及び地下化工事のほか,池袋駅と豊島園駅のリニューアルという項目が含まれていた.遊園地としての“としまえん”が閉じられた豊島園駅の模様替えは理解できるが,池袋駅は?と,読み進めていったら,

英国・ロンドンにある“キングスクロス駅”を彷彿とする意匠にすることで,スタジオツアー東京への玄関口として,期待感を醸成します.だそうである.
池袋駅2番ホーム
柱には擬(たぶん)煉瓦を張り,ホームドアにも煉瓦積みを表現したラッピング(たぶん)が施されるという.画面左端は後者ホームの1番線.写真:西武鉄道
池袋駅1番ホーム
その1番ホームにの壁にはクラシカルデザインの時計が下げられている.こうなると,きっとどこかに“9-3/4ホーム”もあるのではないかと,期待するわけだが,さて,どうだろうか.それともそれは,豊島園駅での演出か? それにしても,描かれている電車2000系というあたり,思わず微笑んでしまった.なおこの写真は,ウェブサイトで公開されているニュースリリースには掲載されていない.写真:西武鉄道

来年のオープン目指して系各進行中のテーマパーク“スタジオツアー東京”が,鉄道の側でも準備が始まることになる.

ようこそハリー・ポッター!


////隠す用
自社広報

   
半世紀以上に亘って近鉄特急のシンボルとして君臨し続けてきた12200系“新スナックカー”は,2021年2月に定期運用から退いた.しかし,その後も団体臨時列車などで活躍し,それが終了してからも,何編成かが解体されずに各地の車庫に留置され続けてきた.
 2021年11月には,それらの中から4輛1編成を活用した新しい観光特急“あをによし”の具体的な構想が発表され,12200系の新たな活躍場所が明らかになった.
 この“あをによし”は,観光列車として大阪と奈良,京都を結ぶのが目的であり,これまでの同社のさまざまな観光列車の経験と実績を活かした工夫が凝らされることになった.
 先々週のここで記した“次の題材を求めて長駆の移動”とは,この電車の撮影取材のことであった.

まずは外観.特徴的な貫通路とそのカバーは撤去され,非貫通となった.車体塗色は“紫檀(したん)メタリック”と呼ばれる濃い茶色……紫とも……すごくデリケートな色合いとなった.
I8A_0160
京都方から見た編成全体.系列名は19200系.“ひのとり”の次ということで9000番代,新スナックか-から200番代を引き継いでの19200系……だろうか.貫通扉跡には,往年の“羽根付き”特急マークを連想させる,砲金製のオーナメントが取り付けられている.写真全部 東花園車庫 2022-4-23

各形式は京都方から4号車19200,3号車19351,2号車19251,1号車19301.
 システム的には12200系から変わらず,自重なども,さまざまな改造にもかかわらず数値は同じである.外観的には,前述のとおり全面が非貫通となり,それに伴って連記連結器が撤去されたことが大きな変化.あとは室内のアコモデーションや大形車椅子対応トイレ新設に伴う側扉の移設と幅の拡大だろう.

その室内だが,客室の基本は2号車を除く全車に設備される“ツイン席”.2号車は“サロン室”.車椅子スペースは3号車にあり,車椅子対応トイレもこの車輛にある.
H8A_9998
“ツイン席”は,京都線において西側,奈良線において南側が間にテーブルを挟んだ向い合わせ席.通路を挟んだ反対側は,窓に対して45度の角度で腰掛が備えられている.間に挟まるテーブルは二等辺三角形ということになる.2号車以外の3輛には大形荷物置き場も備えられる.
I8A_0072
2号車はサロン席.グループ客向けの半個室で,1室定員4名の部屋を3組備える.京都線での西側,奈良線での南側にあり,側窓は近鉄随一の寸法となる,縦1.2m×横2m.

京都方の約1/3のスペースには,これまた往年のスナックコーナーを彷彿させる販売コーナーがある.カウンター内の棚には,スナックカーのロゴプレートが,さり気なく飾られている.
 またインテリアの調度品は“贅を凝らした”と表現するのがふさわしい豪華さで,どこまでも上品な雰囲気を追及している.
H8A_9914
そのサロン席を持つ2号車の外観.超特大の側窓に,いやがおうにも目を惹き付けられる.

車体側面にはもうひとつの特徴として,大胆なラッピングが施されている.これは正倉院御物のひとつである“螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんごげんびわ)”の花柄が,金色に輝く.

愛称の“あをによし”は,奈良に掛る枕詞である.万葉集にも27首に用いられており,例えば巻5の798,“悔しかもかく知らませばあをによし国内(くぬち)ことごと見せましものを”という山上憶良の詠がある.
 このことから,この列車は三都市を結ぶとはいえ,目的地は奈良であることが,明らかといえよう.
H8A_9932
奈良方先頭車19301.撮影取材時,隣りには12200系の12253+12353が訓練用として留置されていたので,オリジナルと改造後の比較も可能だった.それにしても正面中央のオーナメントの立派なこと!

なお,この19200系の種車は,12200系の中でも最後に新造された1974年製の12256+12156+12056+12356である.ちなみにこの編成は御召列車への起用やエリザベス女王のご乗車という,誉れの経歴を持っている.

さてこの“あをによし”.4月29日から営業運転を開始した.いまのところ予約状況は極めて好調とのことである.なお運転時刻や運転日は,近畿日本鉄道ウェブサイトの特設頁で公開されている.


////隠す用
自社広報

   
タイトルが“東武鉄道”だから,先週のエクストラ版の続報と思われた方も,多いだろう.実は,僕もそのつもりでいた.

でも実際には,同じ“新しい”でも,4月26日に発表された,本当に(?)最新のN100系情報となった.
 このところ,新しい構想や計画,そして報道公開が立て続けで,嬉しい悲鳴というのが実感である.先週,南栗橋から長駆の移動で撮影した“新車”のことも,いましばらくお待ちいただくことにしたい.すみません.

さて,その“N100系”については,昨年11月11日のここで“東武鉄道に次世代スペーシア N100系登場!”と題して第一報をお届けしている.ただ,その時点では6輛編成であることや定員が212名であること,アルミ合金製で製造担当は日立製作所であること,そして製造されるのは4編成であること,などをお伝え出来ただけで,風変わりな先頭車の窓形状の理由などは,明らかにされなかった.
N100パース
前回お目に掛けたのと同じイメージイラスト.先頭車に配された六角形の側窓が注目された.後でお目にかける平面図から,描かれている先頭車は東武日光方,1号車ということが判る.写真:東武鉄道

その六角形の側窓は両先頭車に共通で,6号車となる浅草方の運転室直後は定員7名の“コックピットスイート”,1号車である東武日光方は1輛全部が“コックピットラウンジ”と命名された特別スペースとなっている.浅草方先頭車の連結面寄りは“コンパートメント(区分室)”.1室定員4名の部屋を4室設置している.
N100_コックピットスイート
プライベートジェット機をイメージしたデザインだという,コックピットスイート.運転室と客室との仕切りには大きな窓が設けられ,天窓こそないものの広い展望を満喫することができる.床面積は11平方メートル.定員は7名である.写真:東武鉄道
N100_コックピットラウンジ
東武日光方先頭車に設けられるのがこのラウンジ.日光金谷ホテルや外国大使館別荘のインテリアをモチーフにしたデザインを採用し,4,2,1名掛けのソファを配し,連結面寄りにしつらえられたカウンターから飲み物などが提供される.20名の定員が設定されている.写真:東武鉄道
N100_コンパートメント
浅草方先頭車の連結面寄りに設けられたコンパートメント.ソファは“コ”字状に配置されている.テーブルは折りたたみ方を変えるなどによりレイアウトと変更することが可能である.4名×4室で合計16名.写真:東武鉄道
N100_プレミアムシート
東武日光方から2輛目,2号車がプレミアムシート車.東側が1人掛け,西側が2人掛けの回転クロスシート.近鉄“ひのとり”などと同じバックシェルタイプを採用して隣接する席に気兼ねなく背摺を倒することができる.そのリクライニングは電動式で,ピッチは120cm.定員35名.浅草方には1台分の車椅子スペースを備えている.写真:東武鉄道
N100_スタンダードシート
今の100系“スペーシア”と同じ110cmのピッチを有する2/2人掛けシートを配置する.3~5号車が該当する.合計定員130名である.写真:東武鉄道
N100_ボックスシート
5号車の東武日光方に設けられるのが,固定向かい合わせで幅80cmの腰掛を配したボックスシート.通路を挟んで1組ずつ,合計定員4名である.
写真:東武鉄道
これで定員の合計は,212名となった.
 なお,1,3,4号車の浅草方デッキと6号車東武日光方デッキには機器室やパウダールーム風のスペースが,平面図に描かれている.
 2号車の東武日光方には洋式トイレが2室設けられている.
 5号車の浅草方には大形車いす対応トイレや多目的室,通常の洋式トイレ2室がある.
座席配置図

付属設備を含めたインテリアの配置状態を描いた平面図.左が浅草,右が東武日光方である.写真:東武鉄道

導入時期は,2023年と改めて発表された.また,使用線区は東武伊勢崎線,日光線,鬼怒川線で,列車は浅草と東武日光及び鬼怒川温泉間とも明記されている.

ということで,お伝えしたインテリアの概要である.昨年11月11日の第一報では,その追記で,次のようなことを記した.
---------
※2021.11.13追記:イラストの先頭車はラウンジではないかとのご意見をいただいた.異形窓の採用も,そのように考えれば納得できるような気がする.となれば,一番奥の車輛の窓配置が異なっているような気がするのも,そこが個室であると考えれば,納得できるかもしれない.
---------
と,なんだか結果的に,読者の方からのアドバイスによって,予測はほぼ正解に達していたようである.

さらに詳しくは,追っての発表を待ちたい.
S7C_4340
そして最後にお目にかけるのが,この3月に,100系“スペーシア”初の廃車となった104編成の,在りし日の姿である.撮影は姫宮と東武動物公園の間.2018年10月23日であった.



////隠す用
自社広報

   
4月21日の午後,東武鉄道 の南栗橋車両管区に,新しい汽笛が響き渡った.
みんなが待ちかねていた,C11 123の構内試運転が行なわれたのである.
北海道から到着して3年余,ようやく迎えたこの日である.

本当はもっと詳しくお伝えしたいところなのだが,撮影を終えてから,次の題材を求めて長駆の移動を余儀なくされ,ついさきほど,ようやく宿にたどり着いたところ.そこで,まずは,元気よく走る姿を1枚だけ,お目に掛ける次第.

詳しい紹介は,追ってのお楽しみとして,お待ちいただければ幸いである

写真はいつもの倍ぐらいのサイズになっています.クリックして驚かれませんよう!

H8A_8875b
キャブや炭庫,側水槽,デフレクタなど,みんな新しい.デフレクタにはバイパス弁点検窓も開けられた.けれどスカートのない煙突などの特徴は残されている.まさに新しいC11の誕生である.ちなみにオリジナルの部材は,釧路での寄せ書きが記されたキャブなどは,保存されているそうである.

↑このページのトップヘ