モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

   
一昨日,4月16日朝の阪急電鉄京都線正雀駅周辺は,心地よい興奮に包まれていた.
 最初に発表されたのは2023年10月6日,このブログで紹介したのは少し遅れて10月12日となったが,その直後からアクセスが急上昇.いまもなお,検索サイトから訪ねてきてくださる方が絶えない.
 そんな人気の阪急2300系,既に速報サイトでは紹介が始まっていることだろうが,ここでは,僕の目で見たままの,真新しい2300系をお伝えしてみよう.
8BB_7836
公開が始まって間もない時間帯.運転室はTV局や新聞社などの取材陣で満員.ヘッドマークは報道公開用の特製品ではなく,実際に使用されるものである.

編成は梅田方から順に2300(Tc)+2800(M)+2900(M')+2350(T)+2450(T)+2850(M)+2950(M')+2400(Tc).
  このうちの2350が,今回最大注目の座席指定車“PRiVACE(プライベース)”である.
8BA_8033
縦長の窓がずらりと並んで車体の中央に幅の広い両開き扉が配された“PRiVASE”,2350.1座席1窓という配置から,かつてのスロ50やスロ51に思いを馳せた僕は,頭が古い? 中央出入口は,もちろんナロハネ10!

側扉幅は,見た目には随分と広く感じるのだが,実際には一般扉と同じ,1,300mm幅だそうである.
 車体中央に乗降口を配するのは,乗り心地のよい部分をデッキでつぶすとは……とか,乗降時に混雑して遅延の原因になるのでは?……などという声も聞こえてきそうだが,座席指定ならば遅延は杞憂かもしれない.それよりも,側扉数を最小限に絞ることで定員を確保できるというメリットがあるのかも.
 ちなみに座席配置は山側(京都に向かって左)が1人,川側(右)が2人である.
M8B_0155
プライベースの客室.2人席では肘掛だけではなく,衝立も設けられていて“個室感覚”を強調している.1人席の床近くにペダルが見える通り,回転式クロスシートである.さすがに.もちろんリクライニングする.
M8B_0256
リクライニングさせた2人席.肘掛にはテーブルを内蔵する.まるで長距離特急車のようだ.腰掛表地は阪急伝統のオリーブ色.そして壁面をはじめとする内装には木目調をふんだんにあしらっている.

長距離特急といえば,フリーWi-Fi,全座席への電源コンセント設置,大形荷物置き場も設けているあたりを見ると,本当にそのまま,夢の名古屋あたりまで走っていってしまいそうである.アテンダントも乗車するし.

さて一般車.
 こちらは車端部を除き通路を挟んで2/2人掛け転換式クロスシートが並ぶ.
M8B_0147
表地はやはりオリーブ.ストライプがあしらわれているのがプライベースとは異なる.床の模様も独自のデザインで差別化がは
かられている.


そして運転室.
M8B_0215
阪急標準の両手操作T形ハンドルを備える運転席.貫通式ながら他車との併結運転を考慮していないので,開放感は充分.

なお台車は日本製鉄のボルスタ付きモノリンクFS579M(動力台車)とFS579T(付随台車).主制御装置は新京阪以来の電動が守られて東洋電機製造製のハイブリッドSiC素子適用のRG6054-A-M.補助電源装置は同じ東洋電機製造製のRG4109-A-Mを採用している.

この2300系とプライベース,営業運転は7月から開始とアナウンスされている.現状,2300系は1編成だけで,他は9300系のうち6編成に“PRiVASE”車を組み込んでの営業運転開始となる予定.組み込み用の2350形2356~2361は既に搬入されている.ということは,2300系はあと5編成が製造されて12編成での運転,というのが最終的な姿なのだろう.

営業運転開始が,待ち遠しい!

////隠す用
自社広報

   
今頃2月の?とおっしゃる勿れ.物事には順番というものがありまして…….でも,順番通りにことが運ばないのも,世の常(というのだろうか?).早くお話したいと思いつつも,なかなか順番が回ってこなかったというのが実情である(論理が破綻していないか?).


戯言はともかく,久し振りの211系観察である.2月の,といえば,いうまでもなく上毛電鉄800形の報道公開で大胡の車庫を訪問した時のこと.


211系については,本誌の2009年11月号で大特集を組んだ.おかげさまで各方面からご好評をいただき,既に売り切れである.
 この時に,交直流の415系1500番代も“ほぼ同じデザインの車体を持つ415系1500番代も仲間でしょう.”と,仲間に入れてやったら“あれはシステムとしては211系とは全く別の電車だ”というご指摘をいただいたのが印象に残っている.それはそう,231系の時にも,地下鉄乗り入れ車はほどほどにして209系500番代をテーマに含めときにも同じご指摘をいただいた.
 でも,そのあたりのニュアンスは,モデラーの貴方になら,きっと理解していただいていたことと,信じている.

前置きが長くなった.高崎の211系である.
8BA_2320
中央前橋からシャトルバスで前橋駅に到着したら,いきなり変種の211系が現われた.

この変種,実は昨年夏に信越本線でD51 498の真横撮影に際しても遭遇している.出自はその時に調べた.
 202年4月から.A28編成に対して施されたラッピングで,帯色を両毛線のラインカラーである黄色と,沿線の山々をイメージした緑色を絡み合わせに変更したものである.絡み合わせ方は,両毛地区の生糸や絹織物のをイメーシしたものだという.
 なお,客室も腰掛背摺の表地を,前橋,桐生市,栃木,小山市の“市の花”をモチーフにした柄に変更している.
 登場してから既に3年を経過しているが,特に終期は発表されていないので,当面は走り続けることになるのだろう.

それにしても,なんで高崎経由で帰宅するのに反対側ホームにいたの?という疑問を抱いた方は少なくないだろう.その答えは,写真の右端にある.小山方面行きのホームは充分な幅があるのに,レールは敷かれていない.なぜ?と観察に行ったわけである.
 もちろん,ちょっと眺めただけで疑問が解けるはずはない.でも,なんらかの都合によって,小山方面行き待避線は敷かれなかったのだ,敷くことができる構造なのに,ということは,理解できた.
8BB_2328
上屋の形だって,柱の建っている位置だって,どうみてもその左にはレールが敷かれてしかるべき構造と寸法である.
8BA_2344
入れ替わりにやってきた6輛編成のC6編成.

構造を確かめることができて満悦のうちに高崎へ.ここでもしばらく211系を眺め……いやいや,発車してゆく電車,到着する電車,東京方面からの電車を除けば,全部211系.
8BA_2360
到着する両毛線454MのA32編成.クモハの霜取りパンタグラフを上昇させている.


$FILE4 2378
8BA_2378
発車してゆく横川行き143MのA56編成.本誌でのMODELERS FILE以来,変化なし……ではなく,例えばスカートはスノウプロウ機能を備えた強化タイプに取り替えられている.

そして……
8BA_2418
東京方面から到着したE231系K-27編成.

折り返しの湘南新宿ラインで池袋まで直行.この日は2階建グリーン車を奢っての旅だった.往路を含め,いろいろ沿線風景を観察した.この車中の話題も,まだお話できていない.毎週,今度こそはと思いつつ…….


////隠す用
自社広報

   
横濱模型鉄道倶楽部からご案内がありました。

「2024年4月28日(日)開催を予定しておりました
 横濱模型鉄道倶楽部 第47回  O/OJゲージ公開運転会は諸般の事情により中止することになりましたことをお知らせいたします。
楽しみにされていた皆様にはご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。
ご理解のほど、何卒よろしくお願い致します。」

(とれいん2024年4月号 98ページにて告知)
////隠す用
自社広報

   
雪が積もった2月以来,西武鉄道池袋線の電車には,目立った動きがなく……と思っていたのだけれど,実は先月の半ば,池添智和さんから新宿線方面からのお便りをいただいていたのである.
 それを自分の目でも確かめたくて,うずうずしていたのだけれど,なんだかんだとまとまった時間が取れず,今年も年の初めは“いぬ,にげる,さる”であっという間に通り過ぎてしまった.
 そのお便りというのは…….
Img_0026 2081 (2)
2081の編成が6連化の上で新宿線方面に移動したされた.また,2079の編成は8輛のままで新宿線で走りはじめている.写真は小平駅に到着する2081編成.写真:池添智和

同じ頃,6000系の6105編成も新宿線所属となったそうである.例によって運転席頭上のモニターが撤去されているとのこと.
Img_0125 6105
西武新宿行き急行として田無駅を発車する6105編成.写真:池添智和


この移動によって,6000系の若番は最初の2編成を含めて6103~6106,そして6108編成の7本が新宿線配置となったわけである.道理でこのところ,6000系の姿を見掛けないわけである.特に地下鉄直通列車は40000系ロングシート仕様に出会うことが増えたような気がしていたのは,気がしていただけではなかったのだ.納得.池袋線に残っている6107編成も運転室のモニターが取りはずされているから,最終的には転属するのだろうか.

池添さんは,新宿線6000系について,種別表示が変更されていることもお知らせくださった.
Img_0118 6104
列車種別の文字に黒い縁取りがある.写真は6104で,6103も同様とのこと.なおこれは6101,6102編成と同じ様式だそうである.

そんなこんな,仕事の段取りを考えながら電車を待っていたら,この数日,ちょっと面持ちの変わった6000系を目にするようになった.考え事をしながら目の前を通過して行くのを眺めているだけだから,どこが?というのがよく判らなかった.そこで,今日の午後,駅前の銀行へ行く用事の前後に少し時間をとって,いつもの場所で6000系を待ち構えてみた.その結果はといえば…….
DSCN6751
6115編成.どこも変化した様子はない.見慣れた6000系であった.
DSCN6805
待つこと30分.次に現われた6000系はアルミ合金製の6157編成.あれ?貫通扉が.
DSCN6824
3本目の6000系は6151編成だった.あれぇぇ?
DSCN6838
貫通扉窓の上辺が黄色い.なにかを識別する必要ができたのだろう.

6000系で識別マークといえば,有楽町線への糊入れが始まって間もない頃,スカートに大きな“S”の字が貼られていたことがある.短い期間のうちに消えてしまったから,残念ながら写真は取りそこねているはずなのだが.大きな“S”がふたつも貼られていたのだから,網膜にはしっかりと焼き付けられている.

どうにも気になって,夕方,今度は優等列車が停まる練馬駅に出掛けてみた.
DSCN6885
ステンレス鋼の6111編成である.こちらも見慣れた6000系であった.
DSCN6886
運転台.これもいつも通りの風景である.

次に登場したのは,昼間も見掛けた6157編成.停車後に後部運転台を覗いてみたら……

DSCN6902
速度計下の番号プレート右側に,黄色いテープが2本.最初の1本には“VVVF更新車(東芝)とある.その右は“地下鉄非対応車”.なんと.

貫通扉窓の黄色は,やはり非乗り入れ車識別用だったか!
でも,モニターは外されていない.もしかして臨時で乗り入れ非対応にしたのか?

ますます疑問は深まる.そこで,石神井公園へ移動して,もしも6000系が現われたら練馬まで乗ってみれば,走行中にさらに観察できるだろう…….
DSCN6907
現われた6152編成.外観に変化はない.
DSCN6909
でも,黄色いテープに“地下鉄非対応車”とある.そしてモニターは残っている.

もうちょっと待ってみようと練馬まで乗って行くのは取り止めて…….
DSCN6913
6155編成.これも窓に黄色はない.
DSCN6922
でも,非対応車.
DSCN6931
はてさて.

しかし,通過列車の貫通扉窓上辺を見つめ続けるというのは,動体視力が問われる趣味となりそうだ.

※2024.04.06:2000系に関する写真説明訂正

////隠す用
自社広報

   
とれいん2024年4月号は,もう見ていただけただろうか.
 東京地下鉄から日比谷線用03系の,4社目の譲渡車として上毛電鉄の800形をMODELERS FILEで採り上げた.僕にとって日比谷線の印象は3000系ではあるのだが,それはもう遠い歴史の世界になってしまったようである.
 現に,譲渡先のひとつである長野電鉄では,元3000系が03系で置き替えられている.
 3000系といえば,京王帝都電鉄井の頭線の3000系も,かつて各社に譲渡されて活躍を続けてきたが,今回の03系譲渡によって,松本電鉄ではなくアルピコ交通では元東武20000系によって4編成中3編成が置き替えられている.
 また,北陸鉄道浅野川線では,井の頭3000系の牙城だったのが,これまた03系への置き替えが終わった.
 そして今回の上毛電鉄への譲渡である.ここでも20年以上もの間,京王帝都3000系の独壇場だったところへの登場であり,同社として初のインバータ制御車でもあり,大いに期待されてデビューといえよう.
 
ということで,久し振りに出向いた上毛電鉄線である.2月14日に開催された報道公開の様子は,翌日のここでお伝えした.
 その時点でMODELERS FILEの題材として採り上げることは決まっていたわけで,例によって補強取材のために,都合3度の追加訪問を敢行することとなった.そこで,今日はその間に見掛けた,上毛電鉄線の日常の一部をご紹介してみようと思う.

報道公開の終了後,真横や屋根上を追加撮影するための下見を兼ねて,大胡から先,西桐生方面へ向かった.恥ずかしながら,初乗車である.
8BB_2255
赤城駅で並んだ上毛727と東武桐生線の12258.特急“りょうもう”としてリバティこと500系もやってくる.

桐生の一帯は鉄道路線の密集地でもあって,この駅から歩いて行ける範囲には,わたらせ渓谷鐵道の大間々駅がある.実際,この赤木駅の駅本屋外壁には……
DSCN5903
“赤城駅”の上にひらかなで“おおまま”とも記されている.駅名としてではなく,旧大間々町の中心地域であることを示す表記であるようだが.両毛線の岩宿駅までは,歩いて行くには,ちょっと遠いか.

東京地下鉄03系の,両毛電鉄線への搬入は陸送ではなく,千住から線路上を経由した.どこに接点が?と思ったのも,赤城駅を訪問した目的のひとつだった.
8BA_2266
その答が,これ.画面左が上毛電鉄線,右が東武線.さらにその右の線路は東武の留置線.上毛電鉄線と東武線との間に,ちゃんとシングルスリップが生きている.

上毛電鉄の全面的なご協力によって,2月の18,19日に真横や屋根上を撮影することができた.列車写真や表紙向けの写真も,なんとか抑えることができた.でも…….
 やっぱり行先表示は“試運転”や“回送”ではなく,営業状態がよいのに決まっている.でも2月は短くて締切が早い.おまけに,営業運転は平日の中央前橋と大胡の間の1往復だけ! どうしよう…….
 まぁでも,とにかく本文の目処を先にたてておいて,初日に賭けるしかないでしょ.
 ということでまだ暗いうちに起き出して向かった上毛電鉄線.途中の車窓から見上げる空には雲が拡がっていて,どうなることかと思ったのだが,目星をつけていた上泉駅の東側に到着する頃には,ほぼ雲ひとつない快晴となった.上州名物からっ風も,ない.
 そればかりか眼前の左から右へ,秩父山塊,荒船,妙義,浅間,榛名,赤城はもちろんのこと,その奥には中央アルプス?いや八ヶ岳か?そして榛名の右には谷川連峰が.気が回らなくて東の方を観察しそこねたのだけれど,もしかしてたぶん,筑波も見えていたかもしれない.
 こんなにめでたい門出は,なかなかそうそう,あるものではない.

ここからの写真は,クリックした時の大きさがいつもより大きいです.ご注意ください.
8BA_3206
“本番”直前の西桐生行き711編成.画面右が妙義で左に浅間と妙高が.
8BA_3041
妙義と浅間と榛名と,そして谷川連峰.手前,桃ノ木川に架かる下路桁は昭和40年3月のトピー工業製.銘板にはKS-12,支間31.4m,傾斜角48度37分とあった.
8BA_2932

谷川連峰のアップ.撮影地点からの距離は60キロ程度だろうか.
8BA_3173
最初はアルプスかと思ったのだが,帰宅後に地図で確かめたら,八ヶ岳だった.赤岳,横岳,硫黄岳のようだが,自信はない.距離は谷川よりさらに遠く,80キロはありそうだ.

目的を果たした後,居合わせた同好の士にお訊ねしたら,浅間妙義はともかく,谷川や八ヶ岳はいつも見えるわけではない,とのことだった.本当にラッキーであった.

この幸運が,いつまでも続きますように!


↑このページのトップヘ