モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

   
今年も早いもので半分が過ぎ去ろうとしている.お蔭様でレイルも4月発売のNo.122や,その前のNo.121がご評価いただいているようで,手持ちの在庫が,いつもに比べて少なくなっている.迷っておられる,そこのあなた,ぜひ早い目のご決断を!

さてそのレイルNo.122,メインテーマハキハ07・42000の一統だった.
 昨年度の新規国重要文化財に指定されたこの流線形気動車の歴史とバリエーション,そして文化財指定の意義,指定された車輛そのものであるキハ07 41についての思い出と保存への経緯を纏めたものである.

このところ国重要文化財に新規指定された鉄道車輛については,毎年,多くの人々のご協力をを得て,特集を展開してきた.
 最初は平成27年度指定の鉄道省230形.レイルではNo.99で,9900形とともに採り上げた.
 続いて翌年,東京地下鉄道1001号電車と鉄道院ナデ6141が指定された.レイルではNo.103で,京阪の“びわこ”とともにご報告した.
 2017年…平成20年は,初めての電気機関車,鉄道省ED4000形ED4010とED16形ED16 1だった.これの紹介は,なんと!No.107No.108,そしてNo.109の3回に亘ってグラフと記事を掲載している.
 その次は,蒸気動車となってJR東海の“リニア・鉄道館”で保存されているホジ6014.レイルでのご案内はNo.112だった.
 そして平成31/2019年は,京都電気鉄道…京電から京都市電N2となった,いわゆる“N電”.レイルNo.116が,“N電”三昧となったのは,まだ記憶に新しい.

そして……前置きがいつも以上に長い!

今回のキハ07・42000の一統,僕は,たった一度の邂逅だった.それは昭和43/1968年3月24日,早朝の米子駅でのことだった.番号はキハ07 214.いわゆる金太郎塗りとなっていたうちの1輛である.製造は昭和27/1952年10月の新潟鐵工所.いまから思えば,まだ車齢は15年.僕ヨリ1年早いだけで,エンジンはもちろんディーゼルだし変速機も新造時から液体式で総括制御が可能…現にキハ20系と手を繋いでいた….“古い”というには新し過ぎる車輛だったのだけれど,印象は“古いディーゼルカーだ!”だった.
TM005_28
米子駅境線ホームである0番線に停車中のキハ07 214.車齢15年にしては傷みが激しくないだろうか.そして手を繋ぐ20系気動車,形式がよく判らない.画面右手の“特急8号車”の札は,もちろんキハ82系“まつかぜ”のものである.写真:前里 孝

この時は福知山線の夜行急行で米子へ向かい,機関区を一巡りして伯備線列車の乗客となり一路倉敷へ.そこで西進して糸崎へ行ってC59とC62にご対面.そのまま急行に乗って湯愚ATAの大阪駅へ戻って,福知山線蒸機牽引定期最終列車の発車を見送るという,すごく泡他らしい旅立った.そして,僕にとって,初めての長距離緑でもあった.
 米子駅ではキハ07とともに,C11バック運転の境線混合列車も撮影している.

またもや話が脇道へ逸れた.現在は九州鉄道記念館で保存されているキハ07 41が,今回の国重要文化財指定車輛である.国鉄最後の機械式変速機の気動車として昭和43/1968年まで宮原線で働き,廃車後は長らく豊後森の扇形庫で保管,その後,大分運転所へ移管されていたのだが,今となっては,誰が“解体するな保存せよ”の号令を飛ばしたのか,不明なのだそうである.
 逸れにもまして,保管されていた豊後森でも大分でも,現場の人たちが慈しんで手入れをし続けてきたこと,それが九州鉄道記念館への収容に繋がり,さらには国重要文化財への指定となって“結実”したことになる.
 御召車輛となった栄誉があるわけでもなく,ただ日常の交通を支えただけのこのキハ07 41にとっては,本当に,数え切れない幸運に恵まれての“いま”だといえよう.

それにしても,である.京都市電“N2”に続いて,現役時代の写真をを探すのに苦労させられたことである.宮原線の起点である豊後森へは,久大本線のD60や8520を求めて多くのファンが通い詰めているのだけれど,いざ“宮原線のキハ…”と話を切り出しても“いやいや,あそこ,C11だったから”と,足を踏み入れた人の,なんと少なかったことか.

そんな中で,辛うじて見つかったのが,加地一雄さんの豊後森発車の後ろ姿と,早川昭文さんの麻生釣発車の後ろ姿というわけである.
HA005
その,麻生釣を発車する恵良方面行きキハ07 41.撮影者の早川さんの記録ではどの駅だかよく判らないとのことだったが,地図と衛星写真,そして“ストリートビュー”というインターネットツールの助けを借りて,撮影ポイントを特定することができた.昭和42/1967年8月26日 写真:早川昭文

このグラフでは,他にもポイント特定で“GOOGLE”のお世話になった.本当に便利な,そして恐ろしい世の中である.
 早川さんをはじめとする,同志社大学鉄道同好会OB会の皆さんには,大いにお世話になった.
 そしてなにより,藤田吾郎さんにはキハ07のバリエーションを解説したいただいたのだが,それとともに,数多くの所蔵写真を提供してくださった.とても豪華なグラフを組むことができたのは,そのお蔭である.
 表紙を新色のキハ07 34で,裏表紙を旧塗色のキハ07 33で飾る,しかもお野味日に同じ日とが撮影した写真で,という,まるで最初から意図して準備したのかとおもう演出が可能だったのも,藤田さんのお蔭.
 そしてその撮影者は合葉清治さん.古くからのモデラーならば,必ずや記憶にあるお名前のはずである.かつて“とれいん”誌上では何度も登場していただいているし.

グラフの究め付けは,桜咲き誇る出雲坂根でのキハ07 18.撮影者は,国電や客車の研究と撮影で有名だった豊田泰太郎さん.
キハ_0718
今や存続が懸念されている木次線の,穏やかだった時代の春の情景である.レイルの場合は発売日の季節にこだわって写真を選ぶ必要はないのだが,この写真は,本来は表紙に…と思ったのだが,どうにもトリミングし難く,合葉さんの大原での写真に切り替えることにして,巻頭見開き写真とした次第.昭和40/1965年4月27日 写真:豊田泰太郎

実はこの写真,表紙に使おうと思ったのはよかったのだけれど,経年劣化が著しく,うちの社の脇に打診してみたら“難しい!”との返事.それでも諦めきれず,製版所に特に無理をお願いして,腕を揮っていただいた結果というわけである.本当はオリジナルの状態もお目にかけたいところがふぁ,そこは“言わぬが花”ということで,結果だけを存分イオ楽しみいただきたい.

ということで,併載の“汽車電車と記念写真”完結編と,60年前の撮影地を求めて…尾道古井戸レポートについてお話するスペースがなくなってしまった.高見さん,宇田さん,相澤さん,ごめんなさい! 読者の皆さんは,ぜひ,手に取ってお楽しみください! ただし,今のところ在庫が少ないです.お早めに!


////隠す用
自社広報

   
T2207

【オススメ記事】
近鉄特急の主役として50年以上も活躍を続けてきた“新スナックカー”こと12200系.定期列車の運用からは退きましたが,4輛が19200系“あをによし”として,より豪華に生まれ変わりました.今月号ではそのMODELERS FILEと,いち早く自作された模型作品2点,独自図面などを一挙にお目に掛けています.
 “Nゲージ古典機への誘い”は,日本車輌製のタンク機関車たちをご紹介します.
 好評の連載をはじめ,多くの一般記事も満載です.


【目次】
注目記事----------------------------------------
  4 あをによしが奏でる 新しい奈良の風景
  6 MODELERS FILE 近畿日本鉄道
    19200系電車
    京都・大阪,そして奈良を慈しむための最新観光特急車
             まとめ:前里 孝 写真:来住 憲司/前里 孝
     取材協力・資料提供:近畿日本鉄道・近鉄車両エンジニアリング
 18 近畿日本鉄道 19200系 あをによしを作る
                     製作・作図:岡本 真和
 28 明紫色に輝く“あをによし”       米田 昌訓(HMC)
------------------------------------------------
 3・32 広島電鉄3950形 3952号の製作      市木 春友
 58 国立模型技術研究所
     江ノ電のおもちゃを走らせよう!    木村 則之(レイバンズ)
 60 グランシップ トレインフェスタ2022
 68 第60回 静岡ホビーショーから
------------------------------------------------
 38 線路は続くよいつまでも 第143回 /信沢 あつし
    リアルナローゲージのリアル蒸気
    愛知こどもの国の2フィート6インチ
 40 必読! 誰も教えない基礎・応用テクをプロモデラーが伝授
    Nキット上達への道 /解説:P.S.
    第8回:グリーンマックス 東急7000系編-(2)
 42 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S.
    第106回 コーンプライヤー
 44 おとなの工作談義 /床次滋孝
    つくるを知れば模型は3倍楽しくなる
    第83回 DIY 動力メンテナンス2022
 48 “林”発掘再生工場 Season5 /工場長:林 信之
    第3回メーカーに感謝!カツミ製自由型ED65-1000
 50 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション /山中 洋
    第38回 バイスほか
 52 Nゲージ古典機への誘い /小川 謙二
    第30回日本車輌(日)
 56 台鉄ナビ
    文:邱 浚嘉 翻訳:濱川真由美
---------------------------- --------------------
 73 新車登場
 92 輝け!日本の運転会
 94 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
   第132回:BUCOのOゲージ(その1)
 95 子連れ鉄日記 /写真・文:山本晃司
   第98回:T-Trakモジュールを作る(その2)
 96 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大 運行計画 2022年7月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124  いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引
------------------------------------------------

2022年6月21日(火)発売
定価:1,595円(本体1,450円)

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

   
J88

【第88号の主な内容】

特集:北海道のC62重連と古典蒸機

追憶 C62重連 感動のドラマ   
北海道古典蒸機巡りの旅と    東北の蒸機

 真冬の東北沿線風景
 大釈迦峠 奥羽本線電化前

 碧き貴婦人へのオマージュ
   蒸機牽引のオリエント急行を中心に   

とれいん
8月増刊
定価:3,300円(本体3,000円)
A4判横綴じ84ページ
(内カラー8ページ)

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

   
6月11日,京成電鉄からのお誘いにより,“3400形・3600形リバイバルカラー車両撮影会ツアー in 宗吾車両基地”を取材させていただいた.今年2月6日のここで,最近20年の品川駅の変貌ぶりをお伝えした中でJR東日本主催の有料機関車撮影会について触れた.その後,本誌の3月号Coffee Cupではさらに踏み込んで,その撮影会そのものや近年の有料撮影会のこともご紹介した.
 そこで,というわけでもないのだろうが,京成電鉄でも同じような企画が立案され,京成トラベルサービスが主催者となって,その第1回目がこの日に実施されたというわけである.

集合は京成上野駅改札前.午前8時前には大勢の参加者が集まりはじめ,いつもの週末とはちょっと違った賑わいを見せていた.
 ちなみにこのツアー,参加費用は6,000円(!)で募集人数は100名.5月19日から受け付けがスタートしたが,あっという間に満員御礼となったという.
DSCN2464
9時9分,1番線を発車した3400形8輛編成は,途中駅をどんどん通過して宗吾参道を目指す.京成のロングシート車で京成高砂や京成津田沼を通過するのは,初体験のような気がする.

なにしろ8輛編成で定員100名だから,車内はゆったりしていることこの上ない.おまけに,報道陣にはスタッフ車である最後尾の車輛が割り当てられていたから,3400形の室内を,存分に観察することができた.一般の参加者も,それに近い楽しみ方ができたに違いない.

列車は快調に走って10時過ぎには京成佐倉へ到着,“スカイライナー”の出庫を待ってしばし停車の後……そういえば“スカイライナー”,昨年秋から全部の列車の運転を復活しているそうだ.経営的には難しいとところもあるのだろうが,“心意気やよし”である.
 そして宗吾参道の駅へ入構の後,折り返して車両基地へと向かう.いつもの報道公開では車庫沿いの道を歩いてゆくところ,らくちんであるとともに,得難い体験でもあった.

車庫内では仕立検査庫での機器撮影,留置線での4編成並び撮影などを,4つのグループに分かれて順番に楽しむ趣向.仕立検査庫前には京成電鉄や関東鉄道,京成トラベルサービスの各社がオリジナルグッズの販売コーナーも設けられた.
I8A_2275
車庫内にはリバイバルカラーに装われた3600形3688編成が留置されていて,台車や床下機器,などを間近で見ることができた.写真は蓋を開けて構造が見えるように設定された主制御装置箱.
I8A_2257
屋根上点検台では空調装置やパンタグラフ周辺の配管などが撮影し放題.京成上野方パンタググラフは上昇した状態での展示だった.架線の電源は,もちろん切られている.

その検査庫の隣の留置線には,3400形2本と3600形4輛編成1本,そして最後のスカイアクセス線色となった3050形第6編成の4本がきれいに頭を並べて参加者を待ち受けていた.
I8A_2519
手前から3448の上野行き特急,3438の東成田行き快速,3668の ちはら台行き普通,そして3056の成田空港行き快特.
I8A_2323
通路を挟んで反対側には,編成から離れた3500形の3555と3556が.これは展示車ではなく留置車なのだろうが,撮影は自由であり,格好の妻板観察の題材となっていた.

仕立検査庫の向かい側には保存車輛群のスペースがある.いつもの報道公開では,気持ちの上でも時間的にも余裕がなく,じっくりと車輛を観察できたのは,この日が最初かもしれない.
I8A_2456
一番奥には“青電”204が.行先札は“手動パタパタ式”で,随時行き先を変更するサービスが実施されていた.左に見えるのはブリル27MCB2台車.大正10/1921年製のモハ20形用で,最後はレール運搬貨車チ7で使われていたのを,平成4/1992年に保存したものだという.

そして11時50分.参加者は上野から乗ってきた3400形に乗車し.宗吾参道の駅を経由して車庫船の最も奥へと移動.3400形撮影会のスタートである
I8A_2699b
手前2本,奥1本を空けて,余裕をもって8輛編成が撮影できるセッティングは,お見事としかいいようがない心尽くし.

さきほどの4グループを2グループに編成しなおして,それぞれ15分間ずつとの撮影タイムは,参加者にとって今回のツアーのハイライトとして思い出に残ったことだろう.

そして参加者は,またもや3400形に乗車して宗吾参道駅へ.そして解散となったわけだが,ホームで家路への電車を待つ参加者たちの顔は,参加費の何倍も満足したという表情であった.

ちなみに今度の日曜日には,リバイバルカラーの3600形に乗車して,同じツアーが開催される.こちらも残念ながら,既に満員である.
 これからも,京成電鉄らしさに満ちた企画が,リーズナブルなお値段で催されることを期待したいものである.



////隠す用
自社広報

   
5HK_7704n

ご無沙汰していました。カメラマンの松本正敏です。
この度、鉄道開業150周年の一環で、2022年6月9日より、JR東日本のE2系を東北・上越新幹線開業時の200系の塗装を復元された列車の運行が始まりました。
E2系はJ66編成を使用。当面の間は東北新幹線東京⇔仙台、上越新幹線東京⇔新潟を走行させるとの事。
早速、東京近郊ですが、写真をゲットしてきましたのでご覧ください。
あらかじめイラストで報道発表はされており、どんなのだろう?と思っていましたが、実車はなかなかお似合いではありませんか!(笑)
やっぱり国鉄カラーは良いですね。強いて申し上げるならば、E2系ですからライトの位置は仕方がありません(ノーズがスッキリしている)が、
屋根とサイドのサカエ目(雨といの位置?)に細い緑のラインは欲しかったかなぁ。
でも、良い感じなのでこれから何度か撮影に出向いてみようと思います。
ちなみに、車内では懐かしの「ふるさとチャイム」も復活しているとの事。撮影だけでなく乗車ももちろん楽しそうですね。
運行運転時間は前日22時以降に[JR東日本運行情報ウェブサイト]にて
[200系カラー新幹線(E2系)運転スケジュール]を公開しているとの事なのでそちらをご参照下さい。

5HK_7503n
6/9の初日、高いビルにて待っているとやって来ました!v( ̄∇ ̄)v

5HK_7516n
屋根が綺麗なうちに俯瞰から!パンタグラフもグレーに色を合わせるなどこだわりが!

5HK_7711n
6/10、駅ではサイドも見やすいアップを狙います。丁度、E2系のオリジナル色とすれ違っていました(笑)

写真は後続にE3系が連結されていますのですべて上り列車です。
単独を撮る(見る)なら上越新幹線運用(6/12に初乗り入れしました)か東北新幹線福島⇔仙台がねらい目ですね!!
デハ、いざ!

↑このページのトップヘ