モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

   
先週土曜日の東急電鉄長津田での取材時,待ち合わせていた取材メンバーから“八王子にシキ611がいたよ”と教えられた.そうだ,久しぶりに公開情報となった,中央本線での特大輸送は今日だったんだ.とれいん8月号の“甲種・特大情報”にスケジュールを掲載していたのだが,今日だったということが,頭から抜けていた.仮に覚えてたとしても,ぼくの長津田へのルートからは大きく外れるから,“行掛けの駄賃”にはリスクが大きい寄り道になるわけだが.
 特大輸送,なんと魅惑的な言葉だろう.古の“闊大貨物”ならばなおさらのことだけれど,昭和40年代に,現在の呼び方に変更されてしまったから,それはしょうがないこと.
 思い返してみれば,福知山線の伊丹だか塚口だかに,なにやら“変な形”の貨車が留置されていて,それが“大物車”であることを知るのは,中学生の頃のことだった.
 各地へ旅行するようになってから,時折沿線で出会うことはあったものの,そのころには運転情報など得られるはずもなく,撮影は,たぶん,ほとんどできていないと思う.
 JR貨物や各方面からのご協力を得てとれいんで特大輸送の運転情報を掲載するようになってからは,特大輸送を目指して出掛けてこともあれば,出先で時間調整して待ち構えたことも,なんどかある.近年は運転される本数そのものが減っていることに加え,このところは詳細の運転計画の決定が締め切りに間に合わないということが続いているのが,とても残念で申し訳ないと思っているところである(今回の情報掲載に際して,一部駅名に誤植があったのは,それとはまったく別問題である.失礼しました).

さて8月6日午後の八王子駅.ホームにはちらりほらりと同好の士が見えるが,いたって平和な雰囲気.夜明け前から停車しているのだから,熱心な人々は,午前中に訪問観察を終えていたのだろう.
I8A_5723
留置線で待機中の9497列車.いや,八王子からの9495列車というべきか.いやいや,留置中だから列車番号はないだろう.甲府方に連結されているのはHD300-37.今年の2月に落成したばかりの,新車である.

それにしてもHD300,気が付けば数が増えたものである.新鶴見ではそろそろDE10の活躍は終わりが近いのではなかろうか.
I8A_5716
シキ611の全景.梁はB1.昭和46/1971年の日本車輌製で,5輛製造されたシキ610形の,唯一の現役車である.
I8A_5772
伝統の日通マーク.トラックなどを含めて続々と新ロゴに移行し,このロゴは残存数が激減している.
I8A_5780
しんがりを務めるのはヨ8629.末広町発南松本行きの車票が挿されている.今年の4月に川崎車両所で全般検査を受けたばかりのようである.

ということで,行先は南松本.7日に到着して荷卸しのあと,翌8日に南松本を発って9日に宇都宮貨物ターミナルへ帰着した.もっとも現車の常備駅表示は小山のままとなっているが,実際にはどうなのだろうか.

 ちなみにシキ611の票挿しにも車票は入れられていて,シキ611B1,変圧器とあり,第3限界,最大高4080mm,最大幅2,960mm,最大長さ10,280mm,貨物下面と軌条面との間隔152mmと読めた.大高さはうまく読み取ることができなかった.ちなみにこれは,改札を出て自由通路のデッキから観察したものである.

さて,次に特大貨物と出逢うことができるのは,いつのことだろうか.


////隠す用
自社広報

   
8月4日のここで,
--------
 2月頃に本線上から姿を消し,3月に甲種輸送で総合車両製作所への入場が確認された5166編成が,7月に番号を4112と改め,10輛編成化を実施して出場した.組み込まれた2輛はまったくのステンレス鋼無塗装無ラッピングという出で立ちだったというのだから,これが“Q SEAT”編成というのは,間違いないことだろう.
--------
とお伝えした,その東急電鉄4112編成が,今日の午後,長津田検車区で鉄道趣味誌向けに公開された.
I8A_5219
渋谷方から見た編成全景.

車号は渋谷方から4112+4212+4312+4412+4512+4612+4712+4812+4912+4012.
“Qシート”車は,そのうちの4412(サハ)と4512(デハ)である.
I8A_5127
その4412(手前)と4512(奥).もちろん完全新製車だが,ほかの8輛とは,側扉など外観的な仕様はほぼ同一である.
I8A_5536
4412の客室,クロスシート状態.いまや見慣れた風景となった.6000系用の腰掛とは少し仕様が異なるそうだが,見掛け上は変わるところがなさそうである.室内燈は電球色のLEDを採用.
I8A_5667
念願の,新しい機器箱も運転室側から見ることができた.相鉄線乗り入れ用機器を収納するためのスペースだが,今のところ実装されていない機器が多く“準備工事”状態だった.

“Qシート”の営業開始はまだ先のことだが,相互直通運転が始まったら,ロングシート状態での営業入りという妄想も浮かんでくる,運用範囲は…….

詳しくはいずれまた!

それよりも(?),同時に公開された3000系用中間車も,見ていただくことにしたい.
I8A_5240
目黒方から見た第1編成.ごく近いうちに3101へと改番される予定なのだが,今日のところはまだ旧番号のままだった.列車種別・行先表示はフルカラーLEDに取り替えられている.
I8A_5329
手前が日吉方3501(デハ),奥が3401(サハ).5000系がベースの車体だから,断面も雨樋も,窓の形も,いろいろ異なっている.
I8A_5410
客室内も5050系最新バージョンを思わせる仕様.腰掛の背摺は一般的な形状だが.側扉上の情報表示装置は既存車にも設置された.

……本線上での試運転はいつになるのだろうか.4112編成は既に準備が整っている様子だったが.

目撃談としての続報を,お待ちいただきたい!


////隠す用
自社広報

   
7月29日東急電鉄のウェブサイトに“お知らせ”として,東横線への“Q SEAT”導入がアナウンスされた.
 “Q SEAT”とは,4年前の3月29日に“東急電鉄6020系にクロス・ロング転換シート導入 横浜高速鉄道Y500系第7編成登場”と題して最初の案内をお伝えし,11月15日付けのここで現車をご紹介した,大井町線の有料着席サービスの名称である.
 今回はそのサービスを東横線にも拡大する,ということのようである.
 案内には“2023年度以降に…一部の10両編成車両のうち、4号車・5号車をロング・クロス転換車両にいたします”“4号車・5号車には、「Q SEAT」の車体ラッピングを行います。”とある.

リリース用車両

大井町線の“QSEAT”車がオレンジのラッピングであるのに対して,東横線用は赤.ロゴは同じである.写真:東急電鉄

H8A_4202
今年はじめ,8500系撮影取材の途上で出会った,6020系の“Q SEAT”車.青葉台-田奈 2022-1-21

東横線で10輛編成といえば,5050系4000番代のことに間違いはない.4000番代は現在,11編成があって,東急から東京地下鉄を経由して東武東上線や西武池袋線への優等列車“F-ライナー”を主体に運用されている.うち1編成は特別仕様の“HIKARIE”編成だから,残り10編成が該当することになる.
 “HIKARIE”を含むこれらの編成には,かねてお伝えしている通り,運転室周辺に改造が施されていて,それはたぶん,相鉄乗り入れ対応改造だろう,目にみえる改造部分は今年5月26日のここで,“西武池袋線で見た東急電車と東京地下鉄電車の話題”と題してお目に掛けた.
 同様の改造は8輛編成の一部である5167から5169の3編成にも施されていて,その様子は4月21日にお話している.

リリースではこのあと,営業線での運行開始時期や詳しい運行区間,料金などについては“改めて”お知らせします.とだけ記されている.
 けれど,リリースが出たということは,現車のお目見えも近いだろうと思うのが自然だろう(本当か?).
 2月頃に本線上から姿を消し,3月に甲種輸送で総合車両製作所への入場が確認された5166編成が,7月に番号を4112と改め,10輛編成化を実施して出場した.組み込まれた2輛はまったくのステンレス鋼無塗装無ラッピングという出で立ちだったというのだから,これが“Q SEAT”編成というのは,間違いないことだろう.
 改造前の5166編成の姿は4月21日付けのここでもお目に掛けたが,今日は,東急8500系MODELERS FILEに際してたくさんの写真を提供してくださった深尾 丘さんからいただいていた写真を,ご本人の了解をいただいたのて,お目に掛けることにしよう.
TKK5866_20160327_DJ0_0034
多摩川の駅に到着する5166…横浜方先頭だから5866…編成.2016-3-27 写真:深尾 丘

となると,“一部の10輛編成”と記された“一部”が具体的には何編成になるのか,どれが種車なのか…興味は尽きない.僕は,いまのところ,5050系の中で運転室付近の改造を施した5167~5169の3本ではないかと,勝手に妄想しているのだけれど.

運転区間については,元町・横浜中華街から渋谷は当然として,問題はその前後.副都心線を経由して東武東上線や西武池袋線にもやってくるのか?はたまた相模鉄道線にも乗り入れるのか?
 西武の“S-TRAIN”とのからみも気になるところ.
 いや,“Q SEAT”はやっぱり横浜方面行きとして,その代わりに,例えば今は西武線から菊名行きとなっている列車を,列車種別はともかく,日吉から新横浜へ乗り入れさせるとか……先週には悲観的な予想を記したばかりの,西武沿線から新横浜まで乗り換えなしの直通が可能になる?
 さらには,地下鉄乗り入れ仕様で登場させた西武の“Laview”の運命は……
 沿線住民の妄想は膨らむばかり……

そして8月6日,“Qシート”車のお披露目が実施された!


※2022.08.06:一部の写真撮影日と形式数字修正.


////隠す用
自社広報

   
7月22日,横浜地下鉄新横浜駅の,さらに深い地下で,東急電鉄相模鉄道のレールが繋がった.締結のセレモニーは,鉄道・運輸機構の主催.これから各種試験,検査,訓練運転などを行なって来年春の開業を目指すことになる.
DSCN3360
案内図に示されていた会場入り口は,まさに工事現場であり,この,完成予想イラストが,ほぼ唯一の目印だった.横浜市交通局のキャラクター“はまりん”も登場している.

横浜市内での相模鉄道線と東急電鉄線との相互乗り入れ計画については,2018年1月18日のここで,相鉄20000系電車お披露目に関連したことがらとして……どちらが主体なのかは,人によってそれぞれ捉え方が異なるだろうが……お伝えしたのが最初だと思う.
 その中で触れている通り,相鉄は羽沢横浜国大駅から新横浜駅までの新線を建設,東急電鉄は日吉から新綱島を経て新横浜駅までの新線を建設して列車を相互に直通運転するということになるわけで,この日は双方からのびてきた線路敷設が,新横浜駅で1本に繋がるめでたい日ということで,セレモニーが実施されたわけである.
 この工事には,横浜市交通局も深く関与している.なぜならば,工事案内の写真にもアルト織り,地下鉄新横浜駅の,さらに深い地下を掘って,新しい新横浜駅が建設されたわけで,そのためには地下鉄駅の構造物を大改造する必要があったから.ちなみに新線の新駅は,地上から33mの深さに位置している.


式典は開会の辞,挨拶,工事施工報告に続いて斉藤鉄夫国土交通大臣や黒岩祐治神奈川県知事などによる祝辞があり,いよいよレール締結へ.
 とはいえ,記念の“ゴールデンスパイク”打ち込みが行なわれたのは,もう昔の話.今回は,犬釘に代わるボルトですらなく,なにしろばねでレールを抑え込むパンドロールと呼ばれる,クリップ状の線ばねでレールを抑え込む方式であり,パンプーラーという専用の器具を使って“手前に引く”という作業になる.
I8A_3467
レール締結の儀式は,合計37名によって,2回にわけて実施された.写真は国土交通大臣をはじめ,国会議員が参加した第1回目の模様.

次は,実際に施工を担当した各社の実務者によるお清め.そしてテープカットとくす玉割りへと進む.
I8A_3524
左手でくす玉割り,右手ではテープカットが展開した.

そして締めくくりは,締結されたレールの上をモーターカーで“通り初め”.
I8A_3529
通り初めの誉れを担ったのは,作業用車らしからぬ洒落た(失礼!)カラーリングのモーターカーだった.

この洒落たモーターカー,どこが保有しているものなのか確かめ損ねてしまった……キャブに,東急電鉄の“のるるん”や相鉄の“そうにゃん”を載せてやれば,さらに壮観だったかもしれないと思うのは,外野ならではの感想だろう.あ,まだ施設は鉄道・運輸機構から各社に引き渡されていないのだから,無理な話というものかもしれない.

そういえばこの駅,改めて観察してみれば2面3線であることに気づいた.セレモニー会場となった線路は中線であり,両側にホームがあるから,主に折り返し列車が使うのだろう.駅そのものの管理は東急?それとも相鉄?

利用者として最大の興味と関心は,どこの電車がどこまで直通運転を実施するのか,ということ.どうやら東京都三田線と西武東武東京地下鉄は相鉄線内へは行かなさそうな……ということは,わが西武池袋線で相鉄20000系や21000系電車に乗る,ということも,なさそうな感じ…….いや,これはあくまでも,今のところの,僕の勝手な想像である.

この日,久々の東横線乗車ということもあって,朝,祐天寺の駅で少し電車ウォッチングをしていたのだけれど,やってきた17000系8輛編成は第13編成.すでに5月26日のここで遭遇をレポートしている.残念.
I8D_3403
僕がこの電車の第14,15編成に出会うことができるのは,いつになるのだろう…….

東急電車といえば,7月15日,半蔵門線の錦糸町駅に行ったのだが,約束の時刻にはまだ少し間があったので,ホームにいたら……
DSCN3097
現われたのは東急電鉄8500系8637編成だった.あれほどたくさんいた8500系も,いよいよこの1本だけ.今日はいいことがあるぞ!と思わせてくれた出逢いであった.

これから始まること,間もなく終わること,さまざま体験できた,7月中旬の1週間であった.

※2022.07.29:タイトルの一部変更及び駅の深さ追記

////隠す用
自社広報

   
今年は新橋と横浜の間に鉄道が開業してから150周年の節目である.本当ならばもっと以前から,さまざまな企画で盛り上がっていただろうに,にっくきCOVID-19感染拡大のあおりを受けて,すべてが“自粛モード”の中,具体的な催しの発表が本格化したのは,ようやく春を過ぎるころからとなった.
 当然のことながら,鉄道発祥の地である東京と横浜では歴史展示などが数多く企画され,横浜の横浜市歴史博物館企画展示室では早くも3月から“みんなでつなげる鉄道150年 鉄道発祥の地よこはまと沿線の移り変わり―”が始まっている.
 一方の東京方で,日本の鉄道の起点である新橋では,お馴染みの旧新橋停車場鉄道歴史展示室において,昨日から“新橋停車場、開業!”がスタートした.
DSCN3266
館の前の歩道橋から見た旧新橋停車場全景.完成してから20年近くを経て街路樹も生長し,覆い隠される部分が増えてきた.

この旧新橋停車場鉄道歴史展示室は,このブログでは,開館から5年目の夏に催された,“特急“燕”とその時代展”を2009年8月13日付けでご紹介したのが最初だったと思う……実はその前年の“制定80周年 トレインマークの誕生”では,かなりお手伝いしたはずなのに採り上げていない……なんでだ?と思ったら,このブログが,まだ始まっていなかった…….
 その翌年以降“日光道中“,“日本の観光黎明期~山へ!海へ!鉄道で~”,“会津”,“成田へ―江戸の旅・近代の旅”,“富士山と鉄道”,“東京駅開業とその時代”,“鉄道が野球とかかわる時”,“温泉と文芸と鉄道”,“駅弁むかし物語”,……さらにその後,2018年には“没後20年 工業デザイナー 黒岩保美”,2019年には“流線形の鉄道 1930年代を牽引した機関車たち”が催された.このふたつは,どうやら,とれいん本誌で紹介したようだ.ちなみに前者は2018年9月号(通巻525号),後者は2019年9月号“通刊537号)である.
 ところが,その後はぱったりと“新橋”の文字が登場しない.
 それは,やはりCOVID-19の影響も大きく,新橋独自の企画展が催されなくなってしまったからである.

……と,満を持して開催されたのが,今回の“新橋停車場、開業!”ということなのである.

入口から階段を上がる途中の壁面から今回の展示が……と思ったのだが,それは,たまたま更新された展示物が,今回のテーマに近いものが多かったというだけだそうだ.
DSCN3274
入口から眺めた展示室の,ほぼ全景.右手の壁面からスタートして,室内をジグザグ状に巡るのが正しい順路だそうだが.

実際には目移り著しく,想定とは異なる迷走状態となりそうである.けれど,それはそれで,正しい企画展の観覧方法の一つだとは思う.一巡してから,振出しに戻れば,新しい視点で眺めなおすことができるわけだし.
 気になるならば,展示説明書きの“序章”から“第一章”“第二章”と巡れば,間違いはない.
DSCN3279
第一章では,実は判然としていない,開業時点での新橋停車場の,もっとも古い時期のものと思われる絵図面が展示されている.出典は兵庫県の九鬼家所蔵図面である.

九鬼家図面といえば,レイルNo.105で中川常伸さんが纏められた“有馬線で使われた機関車とその現況”に登場する鉄道技術者の旧宅に収蔵された図面を思い出す読者も多いだろう.
DSCN3283
新橋駅模型.この模型の見どころは,駅本屋もさることながら,約151mと推定されるホームの長さにある.単なる都市間鉄道ではなく,最初から長距離幹線鉄道を企図していたことが,一目で解るのだ.実は新橋駅の開業時の図面は未発見で.九鬼家文書などの文献と発掘された遺構から推定するしかないようなのである.

展示は横浜桜木町の様子も解説し,そのあと,車輛編に移る.最初の10輛の機関車についての簡潔な,しかし間違いのない説明と写真,そして150形原形と160形の1/80模型も展示されている.
 そしてその横にはバルカンファンドリーの銘板が.150形のものであるのは明らかだが,鉄道博物館で製作されたレプリカだろうと,念のため確認したら,担当学芸員である馬場菜生さんが“本物ですよっ!”と…….
DSCN3305
バルカンファンドリー 製造番号614の製造銘板.本物である.

そして列車は走り始める.
DSCN3320
駅の情景や列車を描いた錦絵が展示室中央のガラスケースに展示されている.これも複製ではなく,オリジナルとのこと.照明が暗めの設定になっているのは,主に錦絵が光によって劣化するのを防ぐためだという.

これらの錦絵は,鉄道博物館収蔵品ではなく,個人蔵とのことで,そういわれてみれば,褪色しやすい赤をはじめとして,色が本当に鮮やかなまま保存されているのが,感激ものである.
 なお錦絵は会期途中で展示替えが行なわれることになっている.繰り返し訪問しなくちゃである.

そして,本当の最終章,しめくくり的に,レイルNo.117でお目に掛けた,松鷹文庫の高輪築堤を走るA8牽引列車と,初代品川駅に停車中する8または9号機の第2次改造前,後の190形の写真が掲げられている.印刷に使ったデジタルデータからのプリントだから,レイルでご覧になった方にも,改めて見ていただく価値は充分以上にあると思う.

旧新橋停車場鉄道歴史展示室
会 期 2022年7月20日(水)~2022年11月6日(日)
会 場 旧新橋停車場 鉄道歴史展示室
〒105-0021 東京都港区東新橋1-5-3 電話 03-3572-1872

開館時間 10時-17時(入館は閉館の15分前まで)
休館日 毎週月曜日(ただし祝祭日の場合は開館で翌日休館)
入場料 無料

ということで,地元に的を絞ってコンパクトに,しかし密度は充分以上に高く纏められたこの企画展,どうぞお運びくださいませ.

と,思っていたら,とれいん8月号“伝言板”でも掲載した,大宮の鉄道博物館で7月23日に開幕する企画展“鉄道の作った日本の旅150年”のご案内を,改めていただいた.

会期:2022年7月23日(土)から2023年1月30日(月)
   ※前期:7月23日(土)から10月24日(月)
   ※後期:10月29日(土)から2023年1月30日(月)
会場:鉄道博物館 本館2階 スペシャルギャラリー
入場料:無料 ※鉄 道博物館の入館料のみ
 昭和20年8月15日当日の東北本線一ノ関-尻内間の実際に運転された列車状況など,これまで知られていなった資料が存分に展示されることになっている.


注:展示室内は撮影禁止です.ここに掲載した写真は,事前に東日本鉄道文化財団の許可を得て撮影したものです.

※2022.07.27:担当学芸員さんからのご指摘により一部修正.

↑このページのトップヘ