モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

   
今年ももう9月下旬.次のNo.124の予告も公表したところでの,No.123のご報告である.

今回の第一テーマは,なんといっても“セノハチ”.山陽本線の瀬野と八本松の間の,いわゆる“セノハチ”.この区間の勾配への挑戦については,昭和の初めのC52投入から現在のEF210-300番代まで,連綿と語られ続けている.
 今回は昭和30年代半ばから電化完成寸前まで,個性豊かなD52たちが最後の輝きを見せていた時代の写真と物語である.
 写真と文章を披露してくださったのは相澤靖浩,宇田賢吉,三品勝暉,そして八木邦英のみなさん.いずれも昭和30年代に青春時代真っ盛りだった,熱烈な蒸気機関車ファンである.なかでも宇田さんはこの区間で蒸機の加減弁を握ったエキスパート.
 写真が超一級であるのは間違いないが,お話も最高に密度が濃い.巻頭から60頁に亘って繰り広げられたグラフと文章によって,読者は濃い煙に巻きこまれることだろう.

そんな中から,ちょっと趣の変わった写真を1枚.トリミング違いで表紙と11頁に掲載した,三品さん撮影の,昭和35/1960年3月の瀬野機関区風景をお目に掛けよう.
 僕には,力闘が展開される中で,ほっと一息つかせてくれる,優れた清涼剤と感じられた情景だった.無理をお願いして,トリミングを違えて表紙に使わせていただいたのは,そんな理由である.
ネガ№1007瀬野駅
この風景で不思議なのは,背景に写っている代用倉庫.どう見ても足回りを失った“だるま”なのだが,車体は木製ではなく鋼製.昭和30年代といえば,まだまだ,木製のワム3500なども現役として大活躍中の時代.そんな時に鋼製貨車が代用倉庫って…….なお,トリミングは表紙とも本文掲載写真とも異なり,有蓋貨車の車体に焦点をあてている.写真:三品勝暉

最初はワ12000と思ったのだけれど新しすぎる,ではワ22000かしらとも思ったのだけれど,扉が違う…さらに観察してみれば側板のディテールからはワム23000ではないかという結論に達した.しかしこれとてデビューは昭和13/1938年だから,もったいないことには変わりない.どういういきさつだったのだろうか.今となっては全てが謎の中であるとは思うが.

紹介したい写真はたくさんあるが,ここではもう1枚だけお目に掛けよう.
相澤A37
相澤さんが遭遇した,D52の重連牽引貨物列車.セノハチの重連といえば後補機が頭に浮かぶのだが,希にはこういう運用もあったそうである.昭和35/1960年1月1日 写真:相澤靖浩

第2テーマは,佐藤久さんのアルバムから,国鉄パシフィックキのハイライトシーン.昭和一桁の秋田から昭和29/1954年の小倉まで.セノハチの力強さに対して各地の優美なパシフィック機をお目に掛けた.その中で白眉は…….
018_67
上越線渋川付近の利根川橋梁を駆け下るC57.今も変わらぬ名撮影地の,もっとも古い時代の写真かもしれない.なにより雪をかぶった山々と客車の取り合わせ,そして手前の道路橋…大正橋…の欄干を取り込んでの構図は,とても偶然の産物とは思えない.印画紙からの製版なので紙目などがでているが,そんなことは問題ではなく作品に惹き込まれてしまう.昭和22~23/1947~1948年頃 写真:佐藤 久

そして締めくくりは西 和之さんによる,英国式100フィートポニーワーレントラス桁の考察と観察.

明治初頭から末年頃まで,170連もの多くが普及したこのトラス桁.数が多かったからといってしまえばそれまでではあるものの,今もなお22連もが現存し,鉄道橋として現役の桁も5例あるということに,まず驚かされる.
 西さんはそれら現存ずる桁のひとつひとつ観察し,時代とともに変化した様子を把握し,改造の経緯や手法までもを,理論立てて類推してゆく.
 車輛の歴史を辿る趣味的研究では,古い時代の写真から判明することが多いけれど,橋桁そのものの記録写真が,それほどたくさん遺されているとは,とても思えない.
 そのご苦労はいかばかりか…….あ,いやいや,それこそが趣味の醍醐味ではないか.さらに西さんの稿は,橋梁について詳しい知識を持たない僕のような者にも,とても解りやすい構成と文章で纏めてくださっている.それが,なによりも嬉しいことである.
05伊達橋200ft_DSCN9932
道路橋として現役の国道399号線“伊達橋”.100フィートにしては長いではないかと思われたあなたの目は正しい.昭和53/1978年になって3連の100フィート桁を大改造して誕生した200フィート桁なのである.100+100=200ではないのか? はい,違います.その理由は,本文で,ぜひ!平成29/2017年9月8日 写真:西 和之

現役の鉄道橋としては,なんといっても神戸電鉄の加古川橋梁が立派だと思う.鮮やかなブルーに装われた2連の桁を,最新のインバータ制御電車が渡っていく姿は,ぜひカラーでお目に掛けたくて,裏表紙用として,追加でご提供いただいたものである.
DSC_6116
平成の電車が明治の桁を駆け抜けて行く.時間の積み重なりを実感できる情景である.神戸電鉄加古川橋梁 令和3/2021年9月30日 写真:西 和之


ということで,駆け足でレイルNo.123をご紹介した.
 次のNo.124では,煙三昧から一転して,ヒギンズさんの私鉄電車が第1テーマである.後半には蒸気機関車に関する稿を2編掲載しているが,いずれもが,これまでにない経緯と切り口によるものである.乞ご期待!



////隠す用
自社広報

   
T2210_H1_4.qxd

【オススメ記事】
あれほど全国的に勢力を誇っていたDD51も,残りわずかとなりました.JR東日本
では僅か2輛が残るだけ.今月はその2輛のうちの御召列車牽引経験4回という
誉れの機関車,DD51 842を主役の座に据えて細部まで観察してみました.20年前
の御召列車牽引時の晴れ姿とともに,現在の姿を堪能してください.
 新連載として,京都鉄道博物館で催されている特別展示車を,折に触れて採り
上げることにしました.その第1回目は,現役唯一の存在となった建築限界測定
車オヤ31形の31号車です.普段は見ることができない室内や,点検台に上がって
の屋根上観察など,密度濃い紹介となりました.
 3年振りに開催された国際鉄道模型コンベンション.その概観と企業ブースの
展示を掲載しています.
 同日に催された全国高等学校鉄道模型コンテストのレポートも見逃せません.
 好評の連載をはじめ,多くの一般記事も満載です.


【目次】
MODELERS FILE-----------------------------------
  4 MODELERS FILE 東日本旅客鉄道
     DD51 842
     御召列車牽引の栄誉にあずかる東のDL    まとめ:前里 孝
          写真:荒川 好夫(RGG)/川崎 大輔/前里 孝/脇 雅恵
                    取材協力・資料提供:JR東日本
注目記事----------------------------------------
 16 不定期連載 京都鉄道博物館 特別展示車コレクション
     第1回 西日本旅客鉄道 オヤ31形31号   まとめ:足立 繁和
          写真:五十嵐 弘幸・篠原 大介 協力:京都鉄道博物館
------------------------------------------------
 3・24 E3系R18編成"とれいゆつばさ"の製作    中川 武人
 48 鉄道模型コンテスト2022
    第14回 全国高等学校鉄道模型コンテスト
 56 札幌市交通局A1200形の製作          中川 良一
 60 第21回国際鉄道模型コンベンション
 67 JAMコンベンション2022 企業ブースリポート
------------------------------------------------
 22 線路は続くよいつまでも 第146回 /信沢 あつし
    製材所のトロッコは3輛編成だった!
    木曽上松 のむら木材株式会社
 28 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
    Vol.97 ジャックロンドン・スクエア
 32 Nゲージ古典機への誘い /小川 謙二
    第31回NORTH BRITISH/DUBS(英)
 36 英国鉄道へのいざない
    第17 回サマーセット&ドーセット線
 40 "林"発掘再生工場Season5
    工場長:林 信之
    第6回 泣かされる?流し込みウェイト鉄道模型社製C56
 42 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション
    第41回 ルーペ・作業台ほか /山中 洋
 44 モデリング・リサーチ・センター
    第109回 タミヤ円すいヤスリ/検証:P.S.
 46 Coffee Cup /前里 孝
    電気機関車の運転…宇田賢吉さんの講演から
 54 必読! 誰も教えない基礎・応用テクをプロモデラーが伝授
    Nキット上達への道 /解説:P.S.
    第11回:グリーンマックス国鉄身延線低屋根編-(1)
 59 台鉄ナビ
   文:邱 浚嘉
   翻訳:黃 昱嘉
 ------------------------------------------------
 73 新車登場
 94 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
   第135回:サウスショアーの凸電
 95 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
   第101回:夏休みの宿題(英語編)
 96 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大 運行計画 2022年10月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引
------------------------------------------------

2022年9月21日(水)発売
定価:1,694円(本体1,540円)


eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

   
J89H1-H41

【第89号の主な内容】

特集:佐竹保雄特集            わが“山科”の記憶

  蒸機時代の山科    -大型蒸機の活躍-    
  電化後の山科    -電化特急が花盛り-    
  京都周辺の列車    -懐かしの蒸機たち-   

とれいん
11月増刊
定価:3,300円(本体3,000円)
A4判横綴じ84ページ

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

   
相変わらず,天気予報,天気図から目を離すことができない日々を過ごしている.
 先週は千葉県方面の予報を,ずっと眺め続けていた.ポイントは市川市.僕が住んでいる練馬区とは,同じであるようなものだけれど,でも微妙に異なる.片方で雨が降っていても,もう一方では晴れ間が覗くことも,あるから.
 そうしてやってきた9月11日.向かった先は地下鉄東西線行徳駅にほど近い,行徳駅前公園.市川蒸気鉄道クラブの運転会会場であった.
DSCN4130
2019年5月12日以来,3年とちょっと振りに眺める行徳駅南口駅前.なにも変らないように見えるけれど,画面左側の敷地では高層マンションの建設工事が始まっていた.まだまだ発展を続ける行徳なのである,

3年前の5月は,竹内史行さんが製作された5インチゲージ,二つ目玉の79613の撮影が,主な目的であった.
 そして今回は,実に2年半振りに再開された運転会の様子を取材するのが,目的.
 休止中にも整備は続けられていて,その模様は本誌の2021年2月号12月号の,2度に亘って渋谷映輔さんがレポートしてくださっている.
DSCN4099

公園に到着してびっくり仰天.線路の内側を一周する長蛇の列.全部,乗車を待つお客さんである.そういえば,この改札口も,運休中に美しく整備されたのだった.


本線では竹内さんの9600を筆頭に,本線には溢れかえる乗客を捌くために何輛もの機関車が走り回っている.
 だから機関区は静かなのだろうと思って覗いてみると……
I8A_7777
ご覧の通り.6輛もの機関車が出区準備中.それも,ほとんどがテンダー機.メンバーたちが,この日を待ちになっていた様子を強く感じることができる情景だった.
I8A_7853
変わらず元気よく快走する79613と竹内さん.
I8A_8123
小川精機のドイツ24形には再開を祝うヘッドマークが.図柄は……中秋の名月と餅つきの兎.

そういえば前の晩,通りがかった和菓子屋で恒例の焼き団子を買って帰って食したのだった,残念ながら我が家では満月を拝むことは叶わなかった.でも,今日の,まん丸のヘッドマークに描かれた名月が,充分にかわりを務めてくれたと思う.

閑話休題.
午後にはすっかり雲も切れ,汗ばむほどの陽気となった.お客さんは相変わらず途切れない.でも,人も機関車も,嬉々として公園内を走り続けるのであった.
I8A_8182
このような併走も,しばしば見ることができた.

そして14時58分,この日野最終列車が出発して行った.
I8A_8262
終列車を告知するプラカードを掲げながらの出発.

この日野詳報と,今年に入ってからの線路整備の模様は,本誌11月号でレポートの予定.乞うご期待!

運転日は毎月第2日曜日.見学はもちろん,乗車も無料である.


////隠す用
自社広報

   
先週のここで,久し振りに阪急神戸線に乗ったことをお話した.梅田で乗って,降りたのは夙川.待ち合わせまでには少し間があった……正しくは,充分な余裕をもって,できれば周辺散策でもと思っての,予定の行動ではある…….
 そこで,最初は降りたそのまま,ホームの先端で,安全に気をつけながら,電車がやってくるのを,待つ.なにか目当てというか,目星があったのではなく,本当の“でたとこ勝負”これが本来のカメラハイクであろう.変わり種に出逢えればラッキー,そうでなくて普通だという…….

最初にやってきたのは8000系8003編成の普通電車.思わず第3編成”と言いそうになるが,阪急では車号末尾が0から始まるから,第4編成ということになるのが,元来の沿線住民ではない身としては,いつまでも戸惑ってしまうことである.
 続いては同じ8000系の特急.正面になにか付いていると思ったら…….
H8A_6834
第1編成だった.懐かしい“H”マークとともに,貫通扉には“MEMORIAL 8000”のヘッドサイン.一瞬“もう廃車?”と早とちりしたが,そんなはずはない.ではなぜ?

2019年にデビュー30周年を記念した“Classic8000”の装飾が施されたのが最初で,リニューアル工事を終えた2021年に衣更えして“MEMORIAL8000”が誕生したものである.
 今ではヘッドサインは外されたものの,“H”マークは健在のはすである.
H8A_6845
続いて姿を見せたのは“さくら”のヘッドマークを取り付けた7000系7027編成.複数の編成に装着される,阪急恒例の行事である.

この次の特急を待って外へ出ることにする.が,その前に少し周囲を見回して…….
この夙川駅で気になる施設は,なんといっても甲陽線との分岐.甲陽線といえば,建設当初の目論見など興味深い歴史がある.僕自身との関わりといえば,甲子園に住んでいた頃,学校のクラブ活動で付き合いのあった大社中学校へ行くために何度か乗ったこと,高校の頃には,やはり沿線にあった夙川学院に勤務しておられた趣味界の大先輩の一人を訪問するために乗ったことが記憶に残っている.その頃走っていた電車は610系か800系か……写真を撮った記憶は,あまりない.それよりも当時は女子校だった夙川学院の校門を潜る時の“ドキドキ”を,忘れることができない.もう半世紀以上も前のことなのに.
DSCN0842
画面中央奥に見える,ちょっとヒョロヒョロッとした線路が,甲陽線と本線との車輛のやり取りのための引き上げ線.平坦である引き上げ線に対して,本線は急な勾配であることがわかる
DSCN0845
振り返って梅田方を見る.このような切り取り方をしてしまうと,ここが支線との分岐駅であることを感じることができない.でも実際には,柵の向う側を,さきほどの引き上げ線から続く急カーブの線路が通っている.架線が見えるのが,その証し.

というところで,改札の外へ出る.何十年ぶりだろうか,この駅で降りるのは.神戸線全通と同時,大正9/1920年に開業したこの駅,阪神・淡路大震災では駅前のビルが倒潰するなどの被害はあったものの駅そのものに壊滅的な被害はなく,3月1日には甲陽線が,4月初旬にはこの駅と岡本駅との間で運転が再開されている.
DSCN0857
駅本屋.いつごろの建物なのか見当がつかないが,震災後の新築ではないと思う.かといって,最初の開業時のものでも,なさそうである.
DSCN0856
一方で,振り返ったところに佇んでいたこの公衆トイレ.画面左の赤いレンズの燈具がついた非常ベルの左側,囲みの中にはレリーフ状の女の子が,でも,右側の非常ベルの横のレリーフは,ご婦人のようにも見える.

なにしろトイレだから,まじまじと観察するのも憚られて,真相は不明のままになってしまったが,なんとなく“阪神間モダニズム”を感じるのは,僕だけ? 

というところでお昼.ご飯を食べるために,駅前の大通り,山手幹線への探検に旅立つ僕であった.

※2022.09.14:学校名修正

↑このページのトップヘ