モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

   
こないだパリへ行ったのは,いつだっただろう……記憶を少し辿っててみると,答はすぐに出た.2007年9月のこと,レイルヨーロッパが主催する,ユーロスター英国国内新路線開業記念のプレスツアーにお誘いをいただいた時である.成田からエールフランス航空のボーイング777に乗って.
 シャルル・ドゴール空港で降りて,そのまま駅へ向かうと,RERの電車が待っていた.
cimg7178
大きな時計の下の表示板には“全ての列車はパリへ行く!”

北駅まではすいすいと…でも,指定された宿までは道路の大渋滞に巻き込まれて,集合時間に間に合わなかったという,苦い思い出も,甦ってきたけれど,だからこそというべきか,鉄道の便利さも再確認できた,パリの思い出である.
cimg7244
翌朝,東駅から乗ったのは,開業して間もない,ストラスブール経由チューリヒ行きの路線.今ではこの塗装も“旧デザイン”となって,歴史記録に分類されるわけだが.

旅はストラスブールで途中下車して翌日チューリヒへ.さらにシティナイトライン(CNL)の寝台車に揺られてベルリンへ.ベルリンからはICEに乗ってケルン,ケルンからブリュッセルへはタリスで,そしてユーロスターに乗ってロンドンのセントパンクラス駅へ!という行程だった.
 香港,韓国,インド,タスマニア,オーストラリア,そして日本から僕と桜井寛さんという,個性豊かなジャーナリストのチームだった.
 この旅の模様は,当時のとれいん誌で詳しくレポートしたから,古くからの読者なら,ご記憶の方も多いだろう.

それから15年後の11月16日,フランス政府観光局……今は正式にはフランス観光開発機構(ATOUT-FRANCE)……から1通のメールが到着した.タイトルは“【記者発表会】エールフランス航空 日本就航70周年記念”.

会場は東京日本橋のビル群の一角.
DSCN6267
ここがエールフランス日本支社事務所ではなくて,実際の事務所は青山四丁目交叉点のすぐ近くにある

会見は,エールフランス航空/KLMオランダ航空 日本・韓国・ニューカレドニア支社長であるボリス ダルソー(Boris Darceaux)さんによる開会の辞に続いて,エールフランス・KLMグループ取締役執行役員 副社長 コマーシャルセールスのアンリ ドゥ ペイルロング(Henri de Peyrelongue)さんから,最近の同社の情勢と今後の事業展開についてのプレゼンテーションがあった.
 それによれば,この3年間で需要は急激に落ち込んだ.けれど,COVID-19の蔓延時期も,そしてウクライナでの戦争が始まった今年2月24日以降も,エールフランスは,一日たりとも日本とフランスとの定期便を休止することはなかったと,誇らしく報告があった.
 今年の半ばから需要は再び急速に回復しつつあり,2023年の座席供給量は2019年の7割程度を確保する予定.そのため,同社では新機材の投入や空港ラウンジへの設備投資を積極的に行なう予定しているという.
DSCN6290
プレゼンテーション中の,アンリ ドゥ ペイルロングさん.

実は11月27日(記者会見の2日前)が,日本就航スタートの記念日だったということで,中盤は70年の歩みがムービーで紹介された.その冒頭に登場したのが……
DSCN6296
ロッキードスーパーコンステレーション! 僕が幼い頃に絵本だったか新聞だったかで見た“尾翼が3枚もある飛行機”の正体.“AIR FARNCE”の文字が大書されていて,親に,読み方を教わり,世界地図でその場所を一所懸命に探したものである.それがフランスという国の存在を知った,最初だと思う.傍らで説明するのはボリス ダルソーさん.

続いてボリス ダルソーさんから,日本発着便について今後の計画が発表された.それによれば,現在の日本発着便は,成田発着便を週3便,羽田発着は週5便,そして関西空港は週3便を運行している. それに対して,来年の夏ダイヤでは週10便程度まで増便し,夜便は毎日運航とする計画である…….
 機材は最新のボーイング777-300を投入し,フルフラットでフルアクセスで,フルプライバシーを確保したビジネスクラスに衣更えする.そして,休止していたファーストクラスも復活する.
DSCN6315
ラ・プルミエール(La Première)のシート.シートというより,ホテルのラウンジである.長さ2mのベッドにもなる.もちろんシートだけではなくケータリングも一流のシェフが監修したメニューが用意される.

続いて,持続可能な航空燃料開発や,より経済的なエンジンの運用方法……例えば地上でのタキシングではエンジンを1基だけで移動するとか……の研究開発を行なう…….

21世紀の今日,日本から憧れの外国や地域へ向かうためにもっとも一般的な手段は,飛行機であることに間違いないだろう.
 その飛行機だが,目的地の国や地域の会社の便に乗るのが最善であるというのが,僕の持論…というほどのものではないけれど…である.
 だって,例えばエールフランスならば,2007年9月の便で2回目に出てきた機内食は,ご覧の通りの内容だった.
cimg7166
野菜類は日本産にちがいないだろうし,水もエールフランスの文字はあるが日本製.でもワインはペイ・ドックのシャルドネ,チーズもドレッシングもフランス産.砂糖がドイツの会社の製品というのはご愛嬌.

半分以上はフランスに到着したも同然.おまけにサーブするクルーの間で飛び交う言葉はフランス語.

ということで,記念記者会見に乗じての,改めての“目的地の会社の飛行機に乗りましょう”論(!?)なのであった.

※2022.12.02:副社長アンリ ドゥ ペイルロングさんの名前のつづり及び一部記述訂正
////隠す用
自社広報

   
今日11月24日の午前,鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)と東急電鉄,そして相模鉄道の共催により,神奈川東部方面線の新横浜駅公開とダイヤ概要発表会が開かれた.
 この新しい駅の工事進捗状況は,今年7月28日のここで,“神奈川東部方面線(東急・相鉄直通線)新横浜駅レール締結式と最近の東急沿線車輛の話題”と題してお伝えした.
 あれから4ヵ月.工程は順調に進み,階段や壁面,ホーム状の設備などはほとんど完成し,エスカレーターなども運転開始を待つばかりとなっていた.ホームドアも稼動していた.それもそのはず,11月2日に東急電鉄から発表されている通り,11月3日から習熟運転が始まっているのだから.
J8A_6274
最初に姿を見せたのは東急電鉄5050系4110編成.いわゆる“Shibuya Hikarie”号である.10時49分に日吉方から1番線に到着して,11時13分まで停車した後に,折り返して行った.

続いては“東急電鉄 8輛編成”とあった.それを待ち構えていたら,4番線に,なにやらYOKOHAMA NAVYBLUEの電車が……相鉄の20000系20103編成だった.そうと知っていたら,ホームの羽沢横浜国大方で待ち構えていたのに……
J8A_6286
モダンなデザインの駅名標の向うに到着した相鉄20000系電車.相鉄線内の試運転中だったのだろう
J8A_6291
そして11時17分にやってきた“東急電鉄8輛編成”は,3000系3109編成.まだ営業運転に就いていない,8連化完了編成である.

3000系の8連化については,8月7日付のここでお伝えした通り改番が実施されていて,新横浜方の先頭車は3109から3809に改番されていた.目黒方は3009から3109に改められたことになる.

この3000系到着と入れ替わるように相鉄20000系は折り返して発車して行った……一瞬,逆線走行かと思ったがそんなわけはない.あとで確かめてみたら,ホームはずれにダブルクロスがあって,ちゃんと転線できるようになっていた.安心.

そして11時32分,相鉄20000系が再度のお目見え.
J8A_6317_01
11時32分,羽沢横浜国大方面からやってきた20000系20106編成.感度はISO25600相当.流石に粒子(違うけれど)は粗いけれど,それにしても,こういう風景が普通に撮れてしまうのだから,技術の進歩に感謝である.43分には日吉方面に発車して行った.あれ? ということは,東横線を走る!

これでホームでの試運転列車見学はおしまい.地上改札の見学へ移動……と思ったら,東京地下鉄の9000系9115編成が2・3番線に停車していた.
 これで東急5080系と相鉄21000系がやってくれば,この駅に出入りする予定の車輛は揃うことに,なる,の,だろうか.

行程は南北に設けられた改札口の見学へと進む.
 この駅は東急と相鉄の共同管理駅なのだが,改札口は,北側が東急電鉄,南側が相模鉄道が運営することになった.
DSCN6228
北改札口.ライン照明と白を基調としたデザインによって“先進性”を表現しているという.
DSCN6236
南改札口.相鉄が推進する“デザインブランドアッププロジェクト”に準拠して,煉瓦をモチーフとするとともに,ダークグレーを使って横浜を想起させるデザインとなっている.画面手前の床面にある細長い突起部分に改札機が設置される.

さて順序が逆になったが,本日のテーマのひとつである運行計画の概要.相模鉄道運輸車両部計画課長の小澤 公さんと東急電鉄鉄道事業本部運輸部運転計画課長の脇田智大さんから,詳しく説明があった.
 営業開始日こそ発表されなかったが,東横線,目黒線,相鉄線ともに具体的な運転本数や所要時間が発表された.両社ともに特設サイトを設けて詳しく紹介している.
東急電鉄特設サイト
相模鉄道の相鉄・東急直通線特設サイト
J8B_6223
今日の報道公開は,このシーンで始まった.左から,そうにゃん,相模鉄道羽沢横浜国大駅長の丸山雄二さん,JRTT新横浜鉄道建築建設所所長の早崎 登さん,東急電鉄日吉駅長の金子 進さん,そして,のるるん.

僕が注目したのは,東横線でのワンマン運転が始まること,相鉄線の西谷と横浜駅との間に区間列車が設定されること,いずみ野線に特急が復活し,東急線に直通することなど.
 あとは,どこの会社の車輛が新横浜やあるいは相鉄線に向けて乗り入れてくるのか,そして相鉄の車輛がどこまで乗り入れるのか……残念ながら発表はなかった.
 明らかになる日が待ち遠しい.

さて,今日は昨晩の雨が嘘みたいな快晴.報道公開を終えてそのまま戻るのがもったいなくて,そして東横線を走る相鉄電車を見たくて,まずは日吉の駅で地下から顔を出すシーンを狙ってみた.
J8A_6360
地上へ顔を出して4番線へ向かう20107編成.引き上げ線で折り返しを待つのは東京地下鉄9000系9112編成.左端の線路が新横浜へ向かう線路.

日吉駅の引き上げ線は,かつて2本あったが,そのうち1本が新横浜線の渋谷行き本線に転用されてしまったものだから,どうやって折り返しているのかと思ったら,開業前の本線を一時的に使っていた.開業後は,多くの列車が新横浜線に乗り入れるから1本で足りることになる.

もう1本,東急の電車が出てくるところを待ってみたのだけれど,忙しい折り返しの列車と見事に被ってしまった,次…と待っていると相鉄電車が戻ってきてしまいそうなので渋谷行きの先頭車に飛び乗って…新丸子停車中に姿が見えたから飛び降りて(!)ホームでパチリ.
J8A_6369
それが,この写真である.東急線内での試運転風景が,記録できた.

開業までには,もう1度,あるいは何度か,通うことになるのだろうか.相鉄線内を試運転する東急電車も記録しておきたいし.

と,また,課題が増えてしまった僕である.


////隠す用
自社広報

   
2212H1
【オススメ記事】
東京都心,秋葉原から筑波研究学園都市を目指して関東平野を貫く,つくばエクスプレスこと首都圏新都市鉄道.開業以来順調に乗客数が増加し,2020年の春に輸送力増強用の新形式社TX-3000系が登場しました.すっかり沿線に馴染んだころあいを見計らってのMODELERS FILEです.その精悍さをご堪能ください.
 不定期連載としての京都鉄道博物館特別展示車紹介,2回目は配給車クモル145とクル144です.
 先月号に続き,三年ぶりの関西合同運転会や軽便鉄道模型祭などのイベントレ
ポートも目白押しです.
 模型作品は"SLやまぐち号"オハ35系が白眉.

【目次】
MODELERS FILE-----------------------------------
  6 MODELERS FILE 首都圏新都市鉄道
     TX-3000系電車
     デビュー2年余ですっかり沿線に馴染んだ新エース
                       まとめ・写真:前里 孝
                取材協力・資料提供:首都圏新都市鉄道
注目記事----------------------------------------
 024 不定期連載 京都鉄道博物館 特別展示車コレクション
     第2回 西日本旅客鉄道 クモル145形+クル144形
     まとめ:足立 繁和 写真:大須賀 正裕・五十嵐 弘幸(特記のぞく)
                        協力:京都鉄道博物館
------------------------------------------------
 3・16 SLやまぐち号を作る                 高橋 哲夫
  4 Products Data file カトー製 JR東海300系0番代(N)
 40 2022 鉄道模型大集合 IN OSAKA
     三年ぶりの関西合運(前編)
 50 第47回 日本鉄道模型ショーから
 57 第60回 全日本模型ホビーショー2022
 64 第18回 軽便鉄道模型祭 Part.1
------------------------------------------------
 22 Coffee Cup /前里 孝
    EF58 61の博物館入りと東急電鉄8500系を惜別するホテルルーム
 30 線路は続くよいつまでも 第148回 /信沢あつし
    木曽森林鉄道86号機の塗装を剥ぐ
    上松町赤沢森林鉄道 No.86塗装修復(1)
 32 英国鉄道へのいざない
    第18回 ワルツのしらべ
 36 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
    Vol.98 サンノゼ駅
 48 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S.
    第111回 サンディングホルダーセット
 60 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション
    第43回 情景用シート他 /山中 洋
 62 必読! 誰も教えない基礎・応用テクをプロモデラーが伝授
    Nキット上達への道 /解説:P.S.
    第13回:グリーンマックス 国鉄 身延線低屋根編-(3)
 70 台鉄ナビ
   文:邱 浚嘉
   翻訳:黃 昱嘉
------------------------------------------------
 72 新車登場
 94 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
   第137回:インターアーバン・ワールド(その2)
 95 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
   第103回:3年ぶりに大宮の鉄道博物館
 96 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大 運行計画 2022年12月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引
------------------------------------------------
2022年11月21日(月)発売
定価:1,694円(本体1,540円)

eshumi-kounyu
amazon
////隠す用
自社広報

   
11月12日,東京の新しい台所として定着しつつある豊洲市場にほど近い公開空地に,1輛の蒸気機関車がお目見えした.
J8B_4258
山崎孝明江東区長や喜多村樹美男西武鉄道社長をはじめ地元自治会関係者,鈴木健夫芝浦工業大学理事長,佐藤元哉芝浦工業大学附属中学高等学校校長,そして附属中学高等学校の生徒の皆さんによって催された除幕式.

1886年(明治19年)に英国のナスミスウィルソンで製造されたこの機関車は,軸配置1B1で,鉄道作業局ではA8クラスと分類されたのちの500形や600形,700形と同系の機関車である.
 4輛が鉄道庁から発注されたが,日本に到着してすぐに日本鉄道へ貸渡し,後に譲渡されている.明治27/1894年には鉄道作業局に返却,明治32/1899年には房総鉄道に譲渡,1907年には国有化,1909年の機関車称号改正により400形を名乗ることになった.
 それもつかの間,大正3~4/1914~1915年には4輛とも払下げとなり……だから“鉄道省400形”ではなく“鉄道院400形である……,3輛が東上鉄道(現在の東武鉄道東上線)へ,1輛が川越鉄道へ移動……なんとも複雑な経歴だが,東上鉄道の3輛のうち2輛は釜石製鉄へ,1輛は三井三池から美唄へと遍歴した.
 川越鉄道の1輛は5号機を名乗った.川越鉄道はその後,武蔵水電という会社を経て西武鉄道(旧)が独立,昭和20/1945年には武蔵野鉄道と合併して西武農業鉄道となり,すぐに西武鉄道(新)に改称した…….これで落ち着くかと思いきや,昭和36/1961年になって八高線の丹荘から発する上武鉄道が借り入れて1965年まで使用…….西武への返却後はユネスコ村で展示されたが平成18/2006平成2/1990年の同園閉鎖後は西武鉄道横瀬に移送され,つい先日まで保管され続けたのだった.
J8A_4285
137年の歴史を刻んだ機関車の全景.置かれたレールには特段の銘はなさそうだが,足元の石垣が,ずば抜けた文化財なのである.

そう,高輪海上(海中)築堤で使われていた石を組み上げたものなのである.
 現地及び移築して保存される石垣を除けば,たくさんの石が発生したわけである.その活用について,令和3/2021年11月には佐賀県の佐賀城公園に長さ10mの築堤を再現する計画が発表された.今回の利用は,それに続く……完成は佐賀県に先んじることになった……既に完成しています…ものである.
J8A_4320
機関車の傍らに設けられた高輪海上築堤の説明板と,石単独の展示.

話は機関車に戻って……,キャブ内.
J8A_4359
極めてシンプルな機器配置.壁面中央が圧力計で,メーター類は,これひとつ.右手灰色のレバーは逆転機.保護のアクリル板による反射で少し見え難いが,逆転機の向うのレバーが加減弁.画面左端が手ブレーキハンドルである.

この日はお披露目ということで,特別に発煙や汽笛吹鳴,走行音の再現なども行なわれた.汽笛や走行の音は,明治村で運転されている9号機関車…1912年(明治45年)ボールドウィン製Cタンク機…から採られたものだという.

キャブの公開は,当面,月曜日から土曜日までの午前9時から午後5時の間とされている(臨時に変更される可能性は,ある).
 煙や音の演出は,いまのところスケジュールが公表されていない.
J8A_4344
後方から見た右側面.前方頭上を,ゆりかもめが走る.

さてさて,この機関車がこの地で保存されることになった経緯.
 芝浦工業大学附属中学高等学校の前身となる東京鐵道中学が大正11/1922年に開校して以来,令和4/2022年で100周年を迎える,その記念事業の一環として,というのが最大の理由である.
 東京鐵道中学開学が鉄道50周年記念事業のひとつであったこと,東京鐵道中学…芝浦工業大学工業高等学校の学舍が池袋にあったから,東上鉄道に払下げられた同形の3輛は,同校のすぐそばを往来していたというご縁もある,と,僕は思うのである.

海沿いで,なおかつ公開空地という制約から上屋を設けることができないという,永続的な保存のためには厳しい条件にあるこの機関車だが,工業系学校だから,実習という名目での保守作業も可能かもしれない.傷みやすいということは,小まめな手入れが必要なわけで,むしろ良好な状態を維持できるのかも,と,期待を抱く,僕である.

※2022.11.18:佐賀城公園の石垣は完成済み,ほか一部修正

////隠す用
自社広報

   
とれいん11月号のMODELERS FILE,もうご覧いただけただろうか.テーマは久し振りの京成電車で,わずか2編成が残るのみとなった3600形である.

この3600形は,京成トラベルサービス主催の撮影ツアーが開催されるほどに,最近の京成ファンには注目の存在となっている.このツアー,3400形の回には僕も取材させていただき,6月16日付のここで“京成電鉄3400形乗車と撮影の旅”と題してレポートした.
I8A_2347
3400形ツアーの一コマ.3600形4輛編成も顔を見せた.リバイバルカラーの3688編成は屋根上を撮影することができた.その写真の一部は,今回の記事中でも使わせていただいている.

実は以前から3600形を採り上げたいという希望はあって,構想を練っていたところへのこのツアー.気運は一気に盛り上がったのである.
 真横写真撮影などには,沿線住民であり,大の京成ファンである平野の協力で,大いに助かったことである.
 しかし僅か2編成しか在籍しない電車だけに,車庫取材の手配には広報の皆さんのお手を,大いに煩わせることになってしまった.ようやく実現したのは9月14日のことである.
I8A_8535
残暑厳しい一日だったが,空にはほとんど雲もなくて,絶好の撮影日和.どちらの編成のステンレス車体も機嫌よく輝いてくれた.広報と検車区の皆さんには本当にご厄介おかけしました.心から感謝しております.

取材の締めくくりは沿線での列車写真撮影.天気図を睨みつける日が続いた.いくら天気がよくても肝心の電車が運用に入らなければ空振りということになる.この日ならどうか?と目星をつけて早起きして宗吾参道近くの線路端に出掛けたのが9月26日のことだった.
 日の出から20分,6時半には上野行きとして僕の目の前を3688編成が通り過ぎて行った.運行番号は09.この後は京成臼井と上野の間を往復する運用のようだというのが,いろいろ調べて得た情報である.ならばユーカリが丘と京成臼井の間で待ち構えるのがよいかも……ということは,少し時間に余裕がある.
J8A_0293
日の出直後というのは人間にもペットにも散歩に絶好の時間帯.電車と並走する人や犬が大勢いた.写真は3748と並走する少年と犬.でも犬の足や顔の向きが,なんか変だ……
J8A_0295


なんだか僕と遊びたかった様子.いつまでもこっちを見て,でもご主人様はそんなことお構いなく,どんどん前に進んでしまった…….

去年の秋,南海本線の沿線で撮影していたら,やっぱり散歩中の犬が近寄ってきて,いきなりの“へそ天”.犬や猫を飼ったことのある人なら,これがどういう場面なのか,ご理解いただけるだろう.見も知らぬ人間には,ふつう,見せない態勢なのに.犬っころには好かれるんだよなぁ.
 というような一幕をまじえながらの撮影が一段落したら,あとは一気に執筆と編集作業.途中で3668編成が宗吾の車庫でなにやら工事中…という目撃情報もあったけれど,自身の目で確かめに行く余裕はなかった.だから本文では確たることを書くことができなかったのだけれど.

11月に入って間もない2日の午後,日暮里方面に出掛ける用事があって,そのまま京成沿線に足をのばした.3668編成が使われていることの多い金町線目指して.

京成高砂にたどり着いたのは,もう午後4時.いそいそと金町線の中間改札へ向かったら,停まっていたのが3668編成.
 まずは屋根に目を向けたら,空調装置の間に,円筒形の真新しい無線アンテナが.
DSCN5116
これで,この編成は来年4月以降も京成線内を走ることができるわけである.
DSCN5117
乗務員室運転室の中には棒状のアンテナも取り付けられていた.

運転室は,しげしげと覗き込むわけににもいかないが,運転席の右手に,新しいモニターを確認することができた.
DSCN5120
11月号6頁の写真と見比べていただければ,どこが変化したかがご理解いただけるだろう.

そして降り立った柴又の駅……対向列車は
DSCN5125
芝山鉄道カラーの3500形だった.こちらは列車無線アンテナが運転室上部についているのが確認できた.

それともうひとつ……車掌室側の窓に,なにやら札が.
DSCN5130
芝山鉄道開業20周年記念ヘッドマークだった.

帰宅後に調べてみたら,10月27日から掲出を始めたばかりとのこと.運用予定は,芝山鉄道のウェブサイトで公開されている.
DSCN5135
さらに折り返しての金町行きで,ようやく編成全体を撮影することができた.

思わぬ収穫も得て,改めて駅構内を見渡してみたら,
DSCN5147
ワンマン運転開始のお知らせであった.このポスターでは開始日が未決定となっているが.10月24日のリリースで,2022年11月26日からと発表された
DSCN5164
僅かな時間であれこれ見聞して金町線を完走.初めて降り立った京成金町駅であった.

※2022.11.11:一部写真差し替え

↑このページのトップヘ