モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

   
いまや日本海縦貫線の貨物列車牽引機として主役の座を占めるEF510.その新しいバリエーションとして九州地区及び関門トンネル用の300番代が登場したことは,本誌の2022年1月号や,昨年12月9日のここでお伝えした.

それにしてもEF510という機関車,息の長いことである.思い起こせば最初にお目見えしたのは2002年である.量産が始まったのは翌年の2003年のことだけれど,それからでも19年が経過している.もっとも,同じJR貨物の直流機のEF210は,最初に登場したが1996年だから,途中でシステムの変更が行なわれているとはいえ,もう26年が経つ! 両形式とも,いかに使い勝手がよい機関車だという証であろう.
 本誌では2002年2月号のMODELERS FILEでご紹介した.
C8A_7325
羽越本線4090列車を牽いて南下するEF510-14.すっかり地域に馴染んだ姿を見せてくれた.越後寒川 2019-9-16

このEF510に“異端”ともいえる500番代が誕生したのは2010年のこと.JR東日本が,“北斗星”や“カシオペア”の牽引を担当していたEF81の老朽化が著しいとして導入したものである.JR貨物とも全く無縁というわけではなく,同じJR東日本が受託していた常磐線の貨物列車の牽引を担当することにして,合計15輛が田端運転所に配置された.とりわけ509と510は車体が“カシオペア”客車とお揃いの銀色に塗装されて,さらなる“異色”ぶりを見せた.
 北海道新幹線開業に伴ってJR貨物に移籍したのは既定方針だが,東日本大震災によって常磐線が不通となり,貨物列車が大幅減となったのは,目論見外れだったに違いない.
 この500番代は2010年4月号9月号のMODELERS FILEで詳細をお伝えしている.
l7a_9027
“北斗星”を牽く,銀色のEF510-509.JR貨物への移籍後は流れ星やストライプは外され,本当に銀色一色となった.僕は残念ながらまだ実見てきていない.栗橋-東鷲宮 2014-3-8

そして3番目…4番目?…のバリエーションとして登場したのが300番代というわけである.
川崎車両でのお披露目では,残念ながら外観のみの公開で,運転室の撮影は叶わなかった.しかし,JR貨物のご厚意により,たくさんの写真を提供していただくことができた.
 あす21日に発売の本誌2月号にも掲載したが,スペースの都合でほんの2枚を小さく掲載できただけとなった.そこでそれを補うという意味も含め,今日のブログで広くお目に掛ける次第.
055A4078
川崎車両兵庫工場でお披露目されたEF510-301.ここでは,本誌や当日のブログに掲載できなかった1エンド側をお目に掛けることにしよう.2021-12-9 写真:来住憲司

この銀色の300番代を,“カシオペア”用と重ね合わせる人は少なくない.けれど,JR貨物からの発表にもある通り,元イメージはステンレス鋼製車体を持つEF81の300番代である.遡ればEF30,もっと昔に戻ってEF10のステンレス鋼製車体を思い浮かべる人も,あるだろう.しかし長らく九州地区の電気機関車の塗色として親しまれてきた赤も,車体裾やナンバープレートの地色に生きている.新しいのはスカートと台枠側面の青だが,これとて直流機の青15号類似色と考えれば,全てが伝統色を引き継いでいることになる.
 12月9日のブログでは“アムトラックの機関車を思い浮かべる”というコメントもいただいた…….

さてその運転室である.ちなみに2エンド側を示すが,基本番代機では運転台背面のスイッチ類の配置が1エンド側と異なっている.300番代でも同じように違っていると思われる.
20211209001
最初は運転台コンソール付近.レバーは,左から機関車だけにブレーキを効かせる“単弁”,その右が列車全体にブレーキを効かせる“自弁”,少し間を置いて右手がマスコンレバー,その直右が前後進切替レバーである.左端の赤いレバーは汽笛弁.メーター類はいずれもアナログ指針式で,左端の横軸ボビン式は左が交流電圧計,右が直流電圧計.各種表示等の右が圧力計,そn右は130km/hまで刻まれた速度計.その右のボビン式3連メーターは第1,第6主電動機の,そして全電流計.その右は機関車各部の状態を示すモニター.画面右端の運転時刻表挿し(モニター)下には交直流切換スイッチが見える.さらにその右のモニターはGPS情報を利用して列車位置情報などを把握して運転を支援するシステム,PLANETS用である,写真:JR貨物
20211209008
運転台背面から補助席(昔なら助士席)側を望む.画面右側の日除けの右に見える赤いツマミとその上の筒は信号炎管である.写真:JR貨物
20211209007
運転台背面.基本番代機の1エンド側では画面左側の壁面に多数のスイッチ類が並んでいる.天井には空調装置からの風吹き出しグリルが配されている.写真:JR貨物

EF510-301は無事に門司機関区へ到着し,機関区構内での試運転を実施したのち,年が明けてからは北九州貨物ターミナル構内で試運転,さらに今週初めには熊本操での目撃情報も上がっている.初期の性能確認作業は順調に進んでいるようである.
 一日も早く,本線での列車牽引の勇姿を見たいものである.

※2021.01.21:記事は昨晩のうちに出来上がっていたのですが,操作上の手違いにより,公開が遅くなりました.お待ちいただいていた皆様には,申し訳ありませんでした.

////隠す用
自社広報

   

T2202

【オススメ記事】
編成によって車体やディテールがさまざまに異なっている西武鉄道2000N系電車.それらの中でも池袋線で異彩を放っていた編成が姿を消しました.最後まで原形に近い姿を保って多数のパンタグラフや電動発電機などを残していた2063編成です.併せて6年前に2000N系で最初に廃車となった,試験的にインバータ制御装置を搭載していた2097編成も採りあげました.地元ならではの観察によって出来上がったMODELERS FILEです.
 紙成模型塾は,昨年掲載のMODELERS FILEから生まれた作品,JR東日本のクモヤE493系新牽引電車です.
 外国の鉄道は英国の万能テンホイラーと,スイスの大私鉄SLS(ベルン・レッチュベルク.シンプロン)です.


【目次】
MODELERS FILE-----------------------------------
  4 MODELERS FILE 西武鉄道
     2000系電車 2063・2097編成
     姿を消した池袋線の特異編成2本     まとめ:竹内 虎輔
    写真:山下 満/池添 智和/土屋 隆司/前里 孝 協力:西武鉄道
注目記事----------------------------------------
 20 紙成模型塾
     第六十一講 JR東日本クモヤE493系     講師:中村 文人
131 型紙 JR東日本クモヤE493系
     クモヤE492形車体・クモヤE493形車体    講師:中村 文人
------------------------------------------------
3・42 英国鉄道へのいざない
     第13回 英国の万能テンホイラー機
 34 冗車会作品集 Part.2
 62 ローカル電車に恋をした。            市川 豊光
     地方私鉄の変わり種電車たち 
 67 15年振りのお色直しボールドウィン3号機 100歳を祝う会
     よみがえれボールドウィン実行委員会 2021年10月24日レポート
                           信沢 あつし
 70 さいたま鉄道模型フェスタ2021
74 Products Data file
     トミックス製 JR北海道 キハ183系500・550番代(16番)
------------------------------------------------
 26 おとなの工作談義 /嶽部 昌治・大田 崇史・五十嵐 弘幸
    つくるを知れば模型は3倍楽しくなる
    第78回 ガラスケースの作品たち
 40 線路は続くよいつまでも 第138回 /信沢 あつし
    2つの謎の線路は大正期のレール!?
    茨城県潮来市牛堀の北斎遊学館(2) (2021年11月22日)
 46 入門者必読! /解説:P.S.
    誰も教えない基礎・応用テクをプロモデラーが伝授
    Nキット上達への道
    第5回:グリーンマックス 201系編-(5)
 48 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション /山中 洋
    第33回 GSIクレオスの重力式エアブラシ
 50 N GAUGE EURO REMIX /解説:橋本 孔明
    第43回 スイスの私鉄
    ベルン-レッチェベルク-シンプロン鉄道(その3)
 54 モデリング・リサーチ・センター  /解説:P.S.
    第101回 パワーピンバイス
 58 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
    Vol.93 CPKC 誕生へ
 68 台鉄ナビ
    文:邱 浚嘉 翻訳:濱川真由美
------------------------------------------------
 76 新車登場
 94 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第127回:ラウンドハウスの貨車(その2)
 95 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第93回:撮った写真を楽しむ
 96 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大 運行計画 2022年2月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引
------------------------------------------------

2022年1月21日(金)発売
定価:1,595円(本体1,450円)

eshumi-kounyu
amazon

////隠す用
自社広報

   
R121

◆懐かしの関東地方小私鉄
今では季節を問わず観光客で大賑わいの江ノ島電鉄ですが,存続が危ぶまれた時代もありました.流れを変えた要因はいくつもあるでしょうが,画期的な新造車1000形の投入も,大きな役割を果たしたのは間違いないところです.その1000形がデビューした40年前の江ノ電沿線風景と思い出を,三浦 衛さんが語ってくださいました.

その思い出話にちなんで,今回のヒギンズさんは,ネガアルバムから昭和30~40年代の関東地方小私鉄を中心にピックアップしてみました.廃止されてしまった路線,現存はするものの大きく変貌した鉄道……時の流れをお楽しみください.

◆東北の古典蒸機と小私鉄 昭和10年頃

佐藤 久さんのアルバムからは,昭和10年代の東北に在籍していた古典蒸機と買収線区を含む私鉄路線を巡ります.機関車を中心とする車輛はこれまでも紹介されていますが,沿線風景は,地元ファンならではの貴重な記録といえましょう.

◆汽車電車と記念写真 第4回
“汽車電車と記念写真”は,ついに第4回目を迎えました.高見彰彦さんの情熱は,留まることを知らない勢いです.流線形C5343や6200・6270形改造のタンク機1070形にまつわるエピソードなど,見逃すことはできません.

2022年1月21日(金)発売
定価:3,960円
(本体3,600円 税率10%)

eshumi-kounyu
amazon

////隠す用
自社広報

   
2020年春の答申から同年9月30j日付官報告示を経て国指定重要文化財となった“京都電気鉄道電車(京都市交通局二号電車) 明治四十四年、梅鉢鉄工所製”について,1冊丸ごと京都市電北野線”というレイルNo.116を刊行したのは同じ年の10月だった.
 そして12月24日付けのここで,そのレイルNo.116の紹介と企画裏話を披露しているのだけれど,その中で,“正直なところ,今だからいえることだが,不安がないわけではなかった”と記している.
 いや,今にして思えばこれは,かなり控えめな表現であって,“不安がイッパイ”というのが,本当の本音であった.
 編集作業の最後の最後まで“販売政策上の抑えとして,別のテーマをひとつかふたつ,合わせて掲載しようか”などという考えが,僕の頭の中で渦巻いていた.
 本を作るというのは,この仕事に何十年携わっていても,世に出してみなければ反応が解らないもの.お蔭様で“レイルとしては”まずまずの結果を得ることができたのは,本当に幸いなことであった.

今回の鉄道友の会島秀雄記念優秀著作賞受賞対象は,小野田滋,加藤幸弘,遠藤晃一,大菅 直の四方の共同執筆である“京都電気鉄道電車 京都市交通局2号電車について”である.
 僕自身は,その稿とともに,回りを取り巻く,いろんな方々の写真なども,実のところ一体のものではないかとも思っているけれど.
NOF02-22-8
堀川通りを北上中の6号電車.撮影は大西友三郎さん.N電…京都電気鉄道研究の泰斗として忘れることのできない方である.写真や資料は福田静二さんがしっかりと引き継いでおられる.写真:大西友三郎


その成果を得ることができたのは,無茶でわがままで厚かましい僕のお願いを,本当にやさしく受けとめてくださった皆さんのご協力とご厚意の賜物であること,いうまでもない.心から感謝しています.
 そして,それらの成果を評価してレイルNo.116をお求めくださった,大勢の読者の方々にも,もちろん,お礼を申し上げます.ありがとうございました.
NTF01-1
北野線廃止の最終日を待たずに引退したためか,2号電車の現役時代の写真探索には,本当に多くの人々の手を煩わせてしまった.No.116刊行時点では,田野城喬さんが探し出してくださった中村進一さん撮影の,昭和20年代か30年代前半撮影と思われるこの写真ともう1カット,大正時代の京極小学校前,昭和10年頃の杵屋栄二さん撮影写真の4点が確認できただけだった.中村さんは,昨年,残念ながら亡くなられたとのことである.写真:中村進一

“京都市電北野線…N電”は,その後も新たな人々とのご縁を,僕に与えてくれた.
 そのひとつが,京都市主催の展覧会とその企画への協力である.
 直接的には昨年の春に京都市交通局関係の簿冊…古文書…が京都市の有形文化財に指定されたことに始まったことである.
 その企画の中で,京都市文化財保護課のみなさんとのやりとりがあり,6月18日にスタートした展覧会は,COVID-19騒ぎの影響を受けて途中休館を挟みながら12月5日まで延長開催となった.
 結果として,会場となった歴史資料館としては最高の数字を記録したとのことで,とにかく喜ばしいことであった.僕にとっては,自分が撮影した写真を展示していただくという,具体的なお手伝いもできたのが,嬉しいことであった.
DSCN1852
“2号電車の現状”ということで展示していただいた,平安神宮での保存状態の写真.地元の方ならいつでも撮影できるだろうと思うのだが…….大正時代の2号電車と並べての展示というのが,なんとも晴れがましかった.

そしてこの有形文化財指定と展覧会,さらに,現役時代の2号電車の写真が新発見されたことから,レイルNo.119の第2テーマ“京都市電北野線廃止から60周年”へと繋がるわけである.時間的な制約から,一度は挫折しかけたのだけれど,“無理無茶”をお願いして執筆していただいたお蔭で,主電動機の取り替えと運用面から見た戦後のN電の魅力を記録に残すことができたのだった.
HY03
この巻では,花上嘉成さんが,N電にまつわる思い出話と,堀川でのN電と染物屋さんの作業との取り合わせ風景を披露してくださった.写真:日比野浩一 所蔵:花上嘉成

ちなみのこの写真の撮影者である日比野浩一さんは,群馬県渋川市の伊香保温泉で復元保存されている,伊香保電車27号と組み合わせられているブリル台車を所有しておられた方である.その経緯はレイルNo.91で花上さんが詳しく解説してくださっている.あれから8年,27号電車には排障器などがつけ加えられたと聞くが,まだ見に行くことができていない.
N104現役
レイルNo.119では,岡崎の藤井 建さんから,N電が移籍した先である岡崎市内線の稿を頂戴することができた.写真は,その中に登場する,N104号電車の京都時代の姿である.掲載時点では撮影者や撮影日が不明だったが,その後,宮松慶夫さんからご連絡があり,撮影者は宮松金次郎,撮影場所は四条堀川,撮影日は昭和7年4月10日で,ほぼ間違いないだろうということが判明した.これも“ご縁”の一環だろう.所蔵:藤井 建

僕とN電との繋がりがまだ続きそうなお話も耳に入ってきていて,それにもお手伝いできれば,と思っていたところへの今回の受賞の報せであった.

世の中,ご縁というのはぐるりぐるりとめぐり回っていて,世の中,不思議な縁は数知れない.僕など,そのご縁の中で,ぷかぷかと浮かびながら生かしていただいているようなものと思う.

なにはともあれ,年明け早々,ありがたいお話であった.

これからも,さまざまな繋がりの中で,皆さんと一緒に楽しみながら,いろいろなことを記録し,お伝えしてゆきたいと,改めて思っているところである……あれ?なんだか前回の締めくくりと同じになってしまった.



////隠す用
自社広報

   
今,令和4年最初のブログを書いている今,我が家の回りは銀世界.もちろん本当の雪国に比べれば,ままごとのようなものだけれど.

雪!となれば,途端にはしゃいでカメラを持ち出す僻は,何時までたっても癒りそうにない.今日も今日とて,帰宅途上の西武線練馬駅でひとときを過ごしたことである.
DSCN3410
30000系8連の第12編成による池袋行きと,同じ30000系8連第4編成プラス2連第4編成による飯能行き快速の出会い.LEDの白い光が,雪の白さを際立たせてくれた.

Laviewこと001系の電球色LEDも,また違った趣きを醸し出していたが,撮影は,タイミングを失してしまった.次の機会には…….

と,夜の雪景色を楽しんでいるうちに姿を見せた池袋行き快速の30000系.運転室の横を見れば,CIマークの下に“SEIBU”の文字.正面の車号を見れば38808…….
 去年最後の…まだ1週間前だけれど…ここで話題になった,新宿線から移籍してきた編成のうちの1本だった.
DSCN3429
連結器周辺に雪の薄化粧を施され,2連を従えた10連で池袋へ向かう.向うへ走り去るのは40000系の最新第7編成の小手指行き準急.

もっと夜の雪と電車をテーマのスナップを楽しみたかったのだけれど,なにやら“降雪に伴い電車に遅れが…”発生しはじめたので,ちょっと後ろ髪を引かれつつ,家路についた.
 このまま降り続いたら,あしたの朝はどうなるのだろうか.晴れてくれたなら,一眼レフを持ち出そうか……などと,交通事業者の皆さんのご功労をよそに,ちょっと心が弾むのだった.

さて,年越しの一週間も,月刊誌編集に携わるものの宿命として,相変わらず慌ただしいものではあったが,前回記した通り,ほんの少しは“区切り”をつけることもできた.いうまでもなくお節と雑煮とお酒と…….
DSCN3261
元旦,目の前に現われたのは沼津桃中軒の三段.

10年ほど前にここで紹介したような気もしたのだが,検索しても出てこない…….
 桃中軒といえば,ご存じの方も多いだろう,沼津駅の老舗…を通り過ぎて草分けのひとつといえる駅弁屋さんである.この店の名前を関した浪曲師の物語も,ある.中学生のころ,毎日グラフかアサヒグラフに登場した沼津駅の物語に登場したのが,このお店を知った最初だと思う.
 感心したのは,お重に,発泡スチロールなどではなく,本当の木を使っていることや,飾りを兼ねた仕切の葉っぱ…葉蘭というのだそうだが…がプラスチック製ではなく,本物の葉っぱだったりすること.いや,おいしいのは,もちろん大前提.

なんで今年のお節が沼津なのかといえば,それは昨年春に,元沼津機関区勤務の山梨孝夫さんと幸夫さん兄弟の手によって,静岡新聞から“国鉄沼津機関区の百年”が刊行されたから.そして,その刊行に際して,ほんの少しばかり,お手伝いすることができたことによる.
 この本については,とれいんの昨年6月号“BOOKS”でもご紹介したから,ご記憶の方も多いだろう.ちなみにModels IMON書泉グランデなどでも取り扱っている.定価は税込み5,500円である.

続いては雑煮.僕が上方出身なのだから,味噌仕立てに丸餅,そしてかしわという取り合わせだろうと思われた方があるかもしれないが,残念ながらそれは少し外れ.なぜなら,味噌ではなく澄ましだから.我が家の雑煮は,なぜか子供のころからそうだった.
 結婚してからは,東京生まれである奥方の好みで切り餅がほとんど,というか,かつて東京で丸餅を見付けるのは,簡単ではなかった.
DSCN3295
今年の雑煮.ちゃんと丸餅である.それもなぜか紅白.

近年は近所でも年末になると丸餅を扱う店が増えたような気がする.だから少し選択の余地があって,今回買って来たのは,余目町農業協同組合製.
DSCN3239
そして合わせるお酒.左は大館の北鹿という酒蔵の“北秋田”.右は盛岡のあさ開という酒蔵の“十八(とおあまりやっつ)”.

これまで見たことがなかったのが,右側の“十八”.なにしろワインのような色,栓を抜いたとたんに拡がる独特の香り……仕込みに日本酒を使っているという製法にも惹かれるところ大,なのだが,餅も含めての共通点は,東北.
 となれば,勘のよい読者は“レイルの最新刊!”と気づかれるだろう.

表紙にも採り上げた煙室延長C51を含む,昭和10年代の東北地方におけるC51の活躍振りを撮影された佐藤 久さんに“あやかった”.

佐藤さんの蒸機グラフはC51に止まらず,まだまだ続く予定.今月発売予定のNo.121では,昭和10年代東北地方に棲息していた古典蒸機と私鉄路線の機関車と情景をお目にかける音になっている.
 とれいんでの広告では後に鉄道省矢島線となる横荘鉄道の列車風景をお目にかけているから,ここでは鉄道省機をご覧いただこう.
SH1_18_075
秋田駅構内で入換作業に勤しむ8850形8863.ボルジッヒではなく川崎造船所製だが,3軸固定の炭水車をみなければ,区別はつきづらい.昭和10年頃の姿だろう.写真:佐藤 久

新しい話題の提供,歴史的できごとの記録,どちらも大切だと思う.

今年も,僕の限られた時間と能力を,できるかぎり使って皆さんと一緒に楽しみながらお届けしたい.ご支援ご協力を賜りますよう,お願いします.


↑このページのトップヘ