モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

先月発売の,とれいん10月号は,もうご覧いただけただろうか.
 僕の担当は東京地下鉄有楽町線・副都心線の17000系と半蔵門線の18000系を併せてご紹介するMODELERS FILEだった.
 17000系は地元の西武鉄道池袋線に姿を見せてくれるからよいとして,18000系は自社路線である半蔵門線は全線地下区間だから東武東急の沿線に出掛ける必要がある.しかも,営業運転に就いているのは,まだ2本だけ.
 本拠地は東急田園都市線内の鷺沼だから,遭遇の確率は田園都市線の方が高そうだ,というのは僕にでも想像できる.
 ということで,田園都市線には何度通っただろうか.時には空振り覚悟で……やっぱり収穫なしという日も,あった.せっかく出会えても,8月12日のここでも記した通り,対向列車に“被られる”ことも,あった.東武線方面に行ってしまうと,最大で4時間半は,もどってこないから,“一発必中”に賭けること数次…….
 まか,なんとかなって,表紙向けの写真も,2度目のチャレンジでモノすることができたし次第.
 心残りは,3号車に“PQモニタリング台車”を装着した18000系第3編成の写真を掲載できなかったこと.17000系第6編成のそれは,うまく捉まえることができたから,まだしも,ではあるが.

表紙の写真を撮った日は,朝のうちにたまプラ-ザで第2編成に遭遇することができて,タイトルカット用が撮影できた.あの場所は,実はレイルのNo.102で“ハイカラ路線 田園都市線”というグラフを,早川昭文さんの写真によって構成した際に“いずれは”と思い続けていたポイントであった.その折り返しは回送で,おそらく鷺沼に入庫したはずだが,続いて昼過ぎに第1編成と長津田で出会うことができた.その折り返しは押上行きだったから,鷺沼へ引っ込んでしまわなければ2~3時間ほどで戻ってくるだろうと予想して,青葉台で待ち構えてみた.
G8A_6412b
僕が大好きなアウトカーブである.光線もトップライトから低くなってきて色もやや赤味を帯びて……逆にマンションの影に怯えなくちゃならなかったけれど,まずまず.でも,僕には背景の料理の仕方が難しかったというか,ちょっと相性が…ということで,昼の長津田が“イチオシ”となった.

それで今日のタイトルだけれど,有楽町線・副都心線用の17000系には,8輛編成も含まれる,というか,そっちの方が数は多い.
 既に5月から甲種輸送列車で近畿車輌から到着しているのに,まだ営業運転が始まらない.そこで,8月半ばの第4編成甲種輸送の途上で,せめて真横だけでも観察しよう……来住憲司さんに協力していただいて,なんとか両側面を捉まえることができた.とれいんの8月号に掲載されている時刻から,相模貨物あたりに長時間停車するだろうと予想し,ちょっと先回り.うまく行けば駅の上り方の跨線橋から屋根を上を撮れるかも……あれ?影も形もなかった.
G8A_5686
道路脇にはこんな立て看板が…….廃止されてしまったようである.居合わせた同好の士も“久し振りに来てみたら…”.ちょっとがっかり.そういえば三鷹電車区を跨ぐ跨線橋も…….
G8A_5657
気を取り直して,せめて発車だけでもと,柵越しに捉えたのがこの写真である.

とにかく,主制御装置のメーカーが10輛編成の三菱に対して日立であること,車体断面が違っていることだけは確認できた.あとは営業運転開始を待つしかない.

8輛編成の17000系が営業運転に就役していないのが,既定方針通りなのかどうかは知る由もないが,7000系は検査期限切れであろう廃車が始まっている.
 そこで8輛編成の電車の数が減っている分をどうずるかと思っていたら,久し振りに10000系に8輛編成が登場した.
 これは第1~5編成が編成短縮対応となっているからできること.9月はじめに,第6編成が短縮されたのを見ている.
 ……中旬には第4編成も短縮された.さらに月末には第1編成も!
G8A_6657
相模鉄道21000系報道公開の朝.“行き掛けの駄賃”で17000系が来ないかと待っていたら,姿を見せたのは,10000系第5編成だった.大倉山 2021-9-3
DSCN0939
夕方,石神井公園に向かう時にやってきたのが,第4編成だった.正面窓下の細いカラシ色のストライプは第1編成から第4編成までの外観的な特徴のひとつ.2021-9-17
DSCN0931
車号が10104なのに8号車である.短縮対応の編成は,室内号車札が,差し替え式になっているのが車内での特徴である.
DSCN1182
再びの石神井公園.この日は反対方向の始発列車として入線してきたのが,8輛の第1編成だった.“8cars”の表示が向う側なので,ちょっと判りづらいから,次に出会った時にはきちんと撮らねば.2021-10-1

 こんなこと,はじめてではないか?
 今後の動きが,とても気になるところである.


////隠す用
自社広報

相模鉄道21000系の珍道中…失礼!…に興奮してしまい,JR東日本の最新形車紹介が遅れた.しかし今日,諸元などが入手できたのを機会に,少し詳しくご案内する次第.
 今回は,同じ相模でも,JR東日本の相模線用E131系である.とはいえ,この相模線も元をたどれば相模鉄道を名乗っていたからややこしい.
 その経緯を語りだせば長くなるし,いろいろ複雑に絡まり合っているから,中途半端な知識で書いてしまうと間違いだらけ!になること必定である.今年が最初の区間の開業からちょうど100周年になることだけは,間違いない事実である.
閑話休題
JR東日本の相模線は平成3/1991年に一挙全線電化を果たし,車輛も“玉突き”ではなく,205系が新造投入された.それも正面などに独自デザインを採り入れた“相模線オリジナル”である.
dsa_3943
まるで地下鉄乗り入れのための非常用貫通扉が設けられたようなデザインの正面.このスタイルの採用理由は“子供たちに前面展望を楽しんでもらいたい”だった.写真はパンタグラフがシングルアーム化される以前,本誌“205系特集(平成20/2008年7月号=通巻403号)”での取材に際しての撮影である.上溝 2008-4-29

そして,全線電化30周年と開業100周年という節目の今年,登場するのがE131系600番代である.
 既にこの春から房総地区での活躍が始まり,本誌6月号(通巻558号)のMODELERS FILEで詳しく紹介した.8月中旬には,来春に営業運転開始が予定されている,東北本線宇都宮地区と日光線用の600番代がお披露目された.

この600番代は,房総地区用や宇都宮地区用と,どこが同じでどこが違うのだろうか.その詳細はいずれ本誌でご紹介することとして,特徴を列挙すれば,
  1. 4輛編成で車種構成は八王子・橋本方からクモハE131-501~+サハE131-501~+モハE130-501~+クハE130-501~.
  2. オールロングシート.
  3. トイレなし.
  4. 日常的な併結運転を実施しない.
  5. 線路設備モニタリング装置は第11,12編成のクモハE130とクハE131に装備し,580番代となる.ただし座席配置などの違いにより自重や定員は若干異なる.
の5点だろうか.
主要機器は,主制御装置の形式がSC123Aに“A”が追加されている以外,主電動機も含めて既存2種と変らない.暖地使用ではあるが,耐雪ブレーキは装備されている.
G8A_7798
9月22日に国府津車両センターで催された報道公開でお目見えした第1編成G01.手前が茅ヶ崎方先頭車のクハE130-501.これまでのクハE131はトイレを装備していたが,今回初めてトイレなしとなった.日常的な併結運転を行なわないので,密連の下の電気連結器は装備されていない.
G8A_7937
続いてモハE130-501.茅ヶ崎方にPS33Hパンタグラフを装備している.主制御装置は山側床下に取り付け.
G8A_7960
新形式のサハE131-501.クハE130-501~とともに電動空気圧縮機と補助電源装置を山側床下に取り付けている.

ラインカラーは相模川と湘南の海をイメージしたブルー濃淡.併せて前面の縁取りも房総用や宇都宮地区用と違って濃いブルーに彩られている.
 各側面に2台ずつのホーム状況監視用カメラが取り付けられているのは従来の2種と同じだが,相模線では当面,ワンマン運転の予定はない.
G8A_7859
モハE130-501の客室を橋本・八王子方から見る.腰掛の表地がブルー濃淡になっていることのほかは,他地区用と同じ色遣いである.

運転室も基本的には同じ機器配置.中央部は扉があり,必要があれば貫通路として使うことが可能である.
G8A_7834
貫通路から見た運転室.画面には写っていないが,間通路には非常用梯子が備え付けられている.

さてこの相模線用E131系500番代.すでに5編成が落成済みで,11月18日からの営業運転開始に備えtレ習熟試運転に勤しむ毎日である.

そしてE131系の次の投入線区は……? だって,少なくとも100番代,200番代,300番代,400番代が空いてるではないか!

※2021.10.07:形式に関する記述一部修正

////隠す用
自社広報

今日の朝,お彼岸の墓参りで賑わう中央本線沿線を,八王子へ向かった.
 目的は,相模鉄道21000系の甲種輸送.
 この輸送は本誌9月号に掲載した通り,21日に最初の4輛が厚木から相模貨物へ向かい,続いて今日の未明に残りの4輛が厚木を出発して相模貨物で先着していた4輛を組み込んで川崎貨物経由新鶴見へ向かい,武蔵野線を経由して八王子へ,ここで再び分割して本日と明日,東急電鉄の長津田へ搬入する,という行程である.わざわざ川崎貨物へ立ち寄るのは,編成の向きが逆転するのを防ぐため,である.

僕が八王子駅にたどりついた時点では,下り到着線にはEH200-18が牽引する貨物列車が停車していた.
G8A_7982
コンテナ車とタンク車の混成は,中央東線一部貨物列車の特徴である.この写真ではタンク車は見えないが.現在,タンク車とコンテナ車が1本の列車に組まれている例は,他にもあるのだろうか.

甲種輸送列車到着の時刻になっても中央本線の貨物列車が発車せず,ちょっとやきもきさせられたけれど,11時10分,DE10 1666に牽かれた相模鉄道21000系第1編成が姿を見せた.時刻変更があったのだろう.臨時列車でのこのような手配は,しばしば行なわれることである.
G8A_7994
列車は静かに入線してきた.ホーム上にはこの列車がお目当てのファンが多数(僕もだ!)いたけれど,少なくとも僕の周辺では,至って平穏無事であった.
G8A_7998
途中,4輛目と5輛目の間は分割のために自動連結器に交換されていた.その模様を写したら,たまたま側窓に“はちおうじ”の駅名標が映りこんだ.八王子ではほかに,こんなに濃い紺色の電車はやってこない……はず.
G8A_7998b
写真を反転させて“はちおうじ”がちゃんと読めるようにしてみた…….ちょっとお遊び.

少し新宿方に移動し,機回しでDE10がやってくるのを待つ.
G8A_8006
待機していたら,中央快速電車のE233系と21000系とDE10が並ぶシーンを捉えることができた.

そして横浜線長津田駅.八王子方…東急電鉄的にはつくし野方…にある陸橋から,入換作業を観察.
G8A_8041
横浜線長津田駅から東急電鉄授受線への押し込みを終えて21000系から離れ,駅へ戻るDE10 1666.

ちなみに本日は21501~21801の4輛が長津田入りしている.明日は21101~21401の4輛である.

さてこの相模鉄道21000系の長津田入り,その目的は,9月9日付けの“相模鉄道21000系デビュー”でも記した通り,いわずとしれた東急電鉄新横浜線経由目黒線への直通運転に備えての各種試験実施である.
 2023年3月までに運転開始予定とされているこの直通運転は,まだ発表されていないことが多い.乗り入れに関係するのは相模鉄道,東急電鉄のほか,東京都交通局東京地下鉄がある.さらに,羽沢横浜国大ではJR東日本のE233系もからみあう.
 これらのうち,どこの会社のどの車輛が通常の営業運転で行き交うことになるのか…….東急電鉄の3000系は,新たに完成し,目撃されている中間車の車号から類推して,大掛かりな改番が実施されるようだし.

まったくの個人的な希望を申し上げさせていただくとすれば,西武鉄道池袋線から,せめて新横浜までは直通列車を運転していただけると嬉しい.そうなれば,東海道新幹線を使う時に,乗り換えの必要がなくなるのだから…….


////隠す用
自社広報

T2110

【オススメ記事】
最長で約100kmにも及ぶ長距離,そして最大5社間を相互に直通運転しているのが,東京地下鉄有楽町線・副都心線と半蔵門線です.その2路線に登場した最新鋭電車17000系と18000系は,どこに共通点があり,また独自の個性を発揮しているのか,両車ともに営業運転を開始したこの機会に,徹底比較観察を試みました.図面も満載です.
 本誌のMODELERS FILEを参考に製作された,JR東日本の総合検測車East i-EことクモヤE491系電車と,しなの鉄道SR1系200番代の作品をお楽しみください.
 関西の模型クラブ“どうりん”では,2020年も恒例の競作を実施しました.今回のテーマは“私鉄の車輛”.バラエティ豊かな車輛をお楽しみください.
 群馬県沼田市のボールドウィンが修復後15年を迎えて行なわれたお色直しの様子がレポートされています.
 一般記事や好評の連載記事も充実満載です.


【目次】
MODELERS FILE-----------------------------------
  4 MODELERS FILE 東京地下鉄
    有楽町線・副都心線17000系
    半蔵門線18000系
    東京地下鉄にお目見えした最新の姉妹車を比較観察する
           まとめ:前里 孝 写真:来住 憲司/前里 孝
                取材協力・資料提供:東京地下鉄
------------------------------------------------
 3・44 英国鉄道へのいざない
    第11回 ロンドン・パディントン駅
 24 東の電化区間を見守る白い“ダッシュ”
    JR東日本E491系“East i-E”を作る      中村 文人
 32 鉄道模型コンテスト2021
    第13回 全国高等学校鉄道模型コンテスト
 38 鉄道模型同好会どうりん 2020年競作
    私鉄の車輛 コロナに負けずに作りました
 48 ボールドウィン3号機100歳
    修復から15年を経てお色直しお披露目イベント準備中
               よみがえれボールドウィン実行委員会
    2021年の活動レポート:信沢あつし
                  写真:信沢あつし&トロッ子
 52 全盛期の東北本線の花形特急583系はつかりの再現 その2
                           高橋 和志
 64 しなの鉄道SR1系200番代を作る         茂野 智行
------------------------------------------------
 28 Nゲージ古典機への誘い /小川 謙二
    第27回 LOWCA(英)/COCKERILL(ベルギー)
       DECAUVILLE(仏)/PORTER(米)
 50 線路は続くよいつまでも 第134回 /信沢 あつし
    上松Ωループ下に残っていた762mm
    木曽上松の木曽森林管理署周辺(2016年4月2日)
 56 入門者必読! 誰も教えない基礎・応用テクをプロモデラーが伝授
                 /Nキット上達への道/解説:P.S.
    第3回:グリーンマックス 201系編-(3)
 58 モデリング・リサーチ・センター  /検証:P.S.
    第97回 チョッパーII
 60 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
    Vol.91 アムトラック・サーフライナーカー
 66 Coffee Cup /前里 孝
    芳賀・宇都宮LRT沿線の現況を見てきた
 68 台鉄ナビ
    文:邱 浚嘉 翻訳:濱川 真由美
 70 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション
    第29回 テンプレート /山中 洋
------------------------------------------------
 72 新車登場
 93 輝け!日本の運転会
 94 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第123回:ヴァーニイのドックサイド
 95 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第89回:けいきゅうキッズチャレンジ
     ~鉄道ダイヤグラム作成体験~
 96 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大 運行計画 2021年10月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引
------------------------------------------------

2021年9月21日(火)発売
定価:1,595円(本体1,450円)

eshumi-kounyu
amazon

////隠す用
自社広報

J85

【第85号の主な内容】
特集 昭和40年代 九州の煙
   日本の原風景を行く 久大本線           
   昭和40年代後半の九州の蒸気機関車    Ⅰ       

 山陰本線の蒸機,東から西へ    Ⅰ       
 七尾線 冬のC56           
  オランダ   “ミュージアム スチームトラム ホールン メデンブリク” 

とれいん11月増刊
定価:3,300円(本体3,000円)
A4判横綴じ84ページ
(内カラー16ページ)
2021年9月21日(火)発売

eshumi-kounyu
amazon

↑このページのトップヘ