モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

   
先週に続いて東急電鉄関連の話題.

4月19日,総合車両製作所から1件のリリースが発表された.題して
“東急電鉄5000系(初代)通称『青ガエル』の保存について の保存について”

確か,上田交通(現在は上田電鉄)で使われていたトップナンバーは20余年前に陸送で長津田へ移送されて整備保存,その後,山手線渋谷駅ハチ公広場前に車体短縮の上で移設,現在は秋田県大館市で保存されているはず…….
という,あなたの記憶は,正しい.

では,他に“青ガエル”はあったっけ?
あったのである.1980年に長野電鉄へ譲渡されモハ2510となって赤とクリームに塗られ“赤ガエル”として親しまれたデハ5015が.
 この,元デハ5015は,1997年に廃車の後に,長野県須坂市の“トレインギャラリー NAGANO”の敷地内で保存展示されたのは,とれいん本誌でもご紹介したからご記憶の方も少なくないだろう.
 その“トレインギャラリー NAGANO”は,昨年春に惜しくも閉館となって,“赤ガエル”の行方を気に懸けていたいたところへの,朗報である.

総合車両製作所が,創立10周年を迎えた記念事業の一環として横浜事業所へ引き取り,同地で保存するとのこと.
 リリースでは今年から来年にかけて横浜へ移送,復原整備の予定とされている.ということは長電時代のままではなく,東急電鉄時代の姿が甦ることになる.実際,リリースには,デハ5037の公式写真が掲載されていた.
11-東急5037-S32
昭和32/1957年製のデハ5037を先頭とする3連.この写真は,当時の東急車輌製造が撮影した,“青ガエル”生誕時の写真として,あまりにも有名である.当時,三井信託銀行(現在は三井住友信託銀行)の信託車輛制度が適用されたこともあって,三井信託銀行の社史にも掲載されチタほどに.しかし,カラー写真であったとは夢にも思わなかった.それとも,現在のデジタル技術に寄るカラー復元の成果だろうか…….写真:総合車両製作所

なお,4月20日付けの“トレインギャラリー NAGANO”ウェブサイトには,“5月中に横浜へ旅立つ”と記されている.


さて,続いては同じ5000系列でも現在の車輛.そのうちの,東横線用5050系の話題である.
今年2月20日付けのここで,
----
乗り入れてくる東急電車にも,5050系の60番代後半のうち1本に残っていた新形列車無線アンテナ未装備編成を見掛けなくなったし,さらに乗務員室との仕切壁の窓が埋め込まれた編成が出現しているのも見掛けている
----
と記している.

そのうちの,アンテナ増設が未完了だったのは,5166の編成だった.写真は2月16日に石神井公園での出会い.
H8A_5419
石神井公園での折り返し列車に使われていたのに遭遇したのは,ラッキーだった.そしてこのあと3月16日から翌日に掛けて,なんと総合車両製作所へ甲種輸送されたとの目撃談が鉄道フォーラム(会員制)で報告された.

これで列車無線アンテナ未増設編成は僕の地元ではいなくなったと思っていたのだけれど,3月31日,元住吉検車区での“相鉄・東急新横浜線開業相互直通運転”開始1年前の,鉄道ネットワーク7社局車輛勢揃いという撮影取材を終えての帰り道,祐天寺のホームで東横線ウォッチングをしていたら……
H8A_7981
やってきた横浜高速鉄道Y500系の第5編成の屋根には,まだアンテナが増設されていなかった.

その存在は確認していたし,ときおり見掛けてはいたのだけけれど,まだ改造されていなかったとは.

この日は,先のブログに記した“乗務員室との仕切壁の窓が埋め込まれた”編成も,やってきた.5167編成である.同様の改造を施されているのは5167,5168,5169の3編成である.5166も同じ改造を受けるのだろうと思っていたのだけれど,総合車両製作所へ搬入されたということは,別の改造が施されるのかもしれない.もしかしたら中間車を挟んだ10輛編成化か……?
H8A_8097
改造の様子が一目でお判りいただけるだろう.窓を埋めたばかりではなく,客室側に張り出していることも判る.行先は……石神井公園だった.地元で待ってると,なかなか遭遇しないのに.

ということで,Y500の第5編成と5050系の5167~5619の4編成という,目を離せない存在が,また増えた.

そして今日はもうひとつ,特別な話題を次のエントリに記したので,続けてご覧いただきますよう!

////隠す用
自社広報

   
2205H1

【オススメ記事】
今では色とりどりの新形電車が行き交う東急電鉄目黒線と多摩川線.1990年代までは目蒲線として1本の路線であり,旧形車の牙城となっていました.そんな時代の情景を再現すべく,今回の紙成模型塾の題材としてピックアップされたのがデハ3500形とサハ3250形です.いつもとはちょっと趣の変わった模型塾が,往年の実物写真とともに展開されます.
 MODELERS FILEも,除雪用気動車という,毛色の変わった車輛がテーマです.JR北海道が導入したキヤ291の詳細と,それの元になった新潟トランシス製ENR-1000形のバラエティ,そして親戚ともいえるJR西日本の除雪用気動車キヤ143も併せて採り上げています.

【目次】
MODELERS FILE-----------------------------------
  3 MODELERS FILE 北海道旅客鉄道
    キヤ291形 ラッセル気動車
    DE15後継の最新鋭雪掻車登場!
    併せて新潟トランシス製ENR-1000形+JR西日本キヤ143形
                       まとめ:前里 孝
             写真:山谷 憲嗣/奥野 和弘/奥野 満希子/
                石黒 一明/橋本 祐太/来住 憲司
         取材協力・資料提供:JR北海道/
         JR西日本/えちごトキめき鉄道/あいの風とやま鉄道
------------------------------------------------
 14 中古市場のCタンクを改造してテンダー機関車を作ろう! 高崎 功
 30 紙成模型塾 第六十三講 東急デハ3500形/サハ3250形
                        講師:井門 義博
 38 大湯鉄道のポーターと客貨車を作る        菊地 俊夫
 46 飯田線の流電たち ~華麗な転色姿を振り返る~  鹿倉 明祐
 58 第7回 池袋鉄道模型芸術祭
 66 E131系0番代の製作              藤江 伸之助
127 紙成模型塾 型紙 東急デハ3500形(デハ3507)・サハ3250形
                        講師:井門 義博
------------------------------------------------
 18 Coffee Cup /前里 孝
    春の京都で一日を過ごす
 20 線路は続くよいつまでも 第141回 /信沢 あつし
    花壇に鎮座したKATO-WORKS
    栃木県葛生の駒形石灰工業専用線
 22 おとなの工作談義 /床次 滋孝
    つくるを知れば模型は3倍楽しくなる
    第81回 祝ろっこう40周年
 26 N GAUGE EURO REMIX /解説:橋本 孔明
    第44回 チェコ・オーストリアの新製品紹介
 44 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション /山中 洋
    第36回 ベンダー・ペンチ・プライヤー
 56 モデリング・リサーチ・センター
    第104回 空研ぎと水研ぎ /検証:P.S.
 64 台鉄ナビ
    文:邱 浚嘉 翻訳:濱川 真由美
------------------------------------------------
 69 新車登場
 90 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第130回:おもちゃを走らせる
 91 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第96回:小田急こども運賃50円とロマンスカーミュージアム
 92 伝言板
114 BOOKS
115 甲種・特大 運行計画 2022年5月
116 各種募集のご案内
118 新車登場INDEX
120 いちぶんのいち情報室
124 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
125 Combo Caboose・掲載広告索引
------------------------------------------------
2022年4月21日(木)発売
定価:1,595円(本体1,450円)

eshumi-kounyu
amazon

////隠す用
自社広報

   
R122
国重要文化財キハ42000・キハ07形
2021年10月15日,文化審議会から国重要文化財として“キハ四二〇五五気動車(キハ〇七形四一号気動車)を指定すべきとの答申が出されました.福岡県門司港駅構内の九州鉄道記念館で保存されているキハ07 41のことです.そのキハ07形と同系車が主テーマです.
小野田滋さんからは文化財としての意義解説,地元のベテランファンである大塚 孝さんは文化財に指定されたキハ07 41そのものと最後まで豊後森機関区に配置されていた仲間たちについての思い出と考察,そして藤田吾郎さんはキハ07のバリエーションを纏めてくださいました.いずれも珠玉の稿です.
北海道から四国九州まで,全国で活躍していた頃のキハ42000…キハ07の元気な姿も,多くの方から寄せられた貴重な写真で,存分にご覧いただきます.


◆汽車電車と記念写真 第5回
完結編の今回は東武鉄道の客車にはじまり,9850形マレー機,国鉄の現場での記念写真,C59など,縦横無尽に展開します.
◆60年前の撮影地を求めて
山陽本線沿いを走るバスの窓から撮影された写真の撮影場所を求めて現地を探索する,相澤靖浩さんと宇田賢吉さんの共作です.

2022年4月21日(木)発売
定価:3,960円
(本体3,600円 税率10%)

eshumi-kounyu

////隠す用
自社広報

   
4月10日の昼12時20分,東急電鉄田園調布駅を“美しい時代へ - 東急グループ 100th”と記されたヘッドマークを掲げた列車が出発した.
 今年9月2日に,現在の東急グループの出発点とされている目黒蒲田電鉄の設立総会が開かれてから100周年となるのを祝う企画のスタートとして運転を開始した,“東急グループ100周年トレイン”である.

これからお目にかける写真は,田園調布駅での出発式に先駆けて催された,元住吉検車区での,車輛そのもののお披露目の模様である.
DSCN1556
ラッピングによって掲出されるヘッドマークには,2本のレールと数字の“1”を“安全,安心や環境を象徴する”緑で記し,続く“0”をコーポレートカラーの赤で,二つめの“0”を“お客様や豊かさを表す”黄色であがいたもので,それぞれが重なり合うことで,成長を続けてゆく決意を表現している,という.
H8A_8429
掲出された車輛は,目黒線用3020系の第1編成.3821は蒲田……日吉向きだが,演出のために最初は“目黒”を表示して据え付けられていた.
H8A_8539
車体側面にも,“100th”のロゴを散りばめたラッピングが施されている.

車内も,すべての広告枠が“100th東急グループ”に埋め尽くされている.
 幕板には,“TOKYU TRAIN HISTORY”として歴代車輛を紹介するとともに,“TOKYU百年絵巻”として沿線風景の変化を写真で綴っている.中吊りは“100th”ロゴの横にご挨拶を記した横長ポスター.車種によって,横長1枚タイプと通常サイズ2枚セットの2種類がある.
DSCN1572
写真は昭和20年代からの5000系や玉電200形など,僕の世代にとってあこがれの電車たちのセクション.古い歴史的写真には荻原二郎さんや宮田道一さんなど,お馴染みの名前が,撮影者としてちゃんと記されている.
DSCN1587
“TOKYU百年絵巻”は,渋谷地区再開発のイメージ図で締めくくられている.

目黒線の3020系には,独自の掲示として,“田園調布の100年”シリーズポスターが掲出されている.
DSCN1577
戸袋部などに掲示されているのは,田園調布の100年.写真は移築復元された旧田園調布駅本屋が竣工したときの写真.改めてみれば,もう22年も前の歴史となっていた…….

4月10日から目黒線で走り始めた“東急グループ100周年トレイン”は,2023年3月末まで走り続ける.
 第2陣は4月13日には池上線に登場.17日には田園都市線,20日には世田谷線,25日には東横線,27日には東急多摩川線と,次々登場する.そしてしんがりは4月29日の大井町線が予定されている.それぞれ,どの編成にラッピングが施されるのか.ウォッチして回らなければ.
 なお,ラッピングは各線区とも共通デザインで,室内の掲示も,“田園調布の100年”以外は同じ内容であるという.
 また,東急電鉄では4月8日から,100周年関連情報の場として,ウェブに特設頁を設置している.これから先,どんな情報が飛び出してくるのか,楽しみなことである.

※2022.04.16追記:池上線は7000系第10編成にラッピングが施されたようである.
※2022.04.19:追記:現在の田園調布駅舎は,移築ではなく新しい材料を使った“復元”であろうとのご指摘を高見彰彦さんからいただいた.出展は東急電鉄のニュースリリースである.感謝申し上げます.
////隠す用
自社広報

   
本誌2021年9月号の“いちぶんのいち情報室”2021年7月8日のここで“伊豆急行にやってきた209系電車”と題してその到着を,そして4月号で愛称や外観デザインをお伝えした,伊豆急行の新形電車3000系が,4月1日に報道公開及び一般公開された.

愛称は“アロハ電車”.
 60年前の開業時から,伊豆急といえば“ハワイアンブルー”.最初の100系電車に採用され,その後の“リゾート21”や,JR東日本から譲り受けた元113・115系の200系,東急電鉄からの8000系にも,カラーリングデザインの要として採用されてきたイメージが“ハワイアン”.今回もそれが継承されたというわけである.
H8A_8288
伊豆高原駅3番線で展示中の3000系.伊東方先頭車はスカートと正面窓下がハワイアンブルー基調の塗装とラッピング.海側側面には白地に赤のラッピングが施されている.
H8A_8227
海側の赤に対して山側はハワイアンブルーが基調.そして一面に描かれているのは,ハワイ周辺の海に棲息する“ホヌ”と呼ばれるウミガメを中心に,ハイビスカス,イルカ,モンステラなどのイラストが散りばめられている.

扉の脇に貼られているのは,アロハ電車と伊豆急の社名を英語で表記した周囲をオリーブで包み込んだエンブレム.
H8A_8262
伊豆急下田方先頭車は,スカートと正面窓下が赤地となっている.


これらのデザインは,“非日常”を強調したという.この車輛が,元来はJR東日本の通勤電車であったことを,乗客たちに忘れてもらおう,という意図があるのだという.

意表を突いたアイデアは外観にとどまらない.

車内に入れば,座席配置などは見慣れた風景だが,側扉の内張りに,“南国伊豆”のさまざまな海岸風景が描かれている……ラッピングされているのだ.
H8A_8112
弓ヶ浜海岸.
H8A_8114
白浜大浜海岸……全部で12種類の,伊豆の風景が客室に出現する.全体の約半分の扉に,合計12種類のラッピンが施されたことによって,ムキ質ナステンレス鋼地肌の面積が大幅に減って,種車の面影を薄めることに成功している.

このラッピング,全部で12種類だという.1輛当たり4枚の扉に施されているから,4輛編成で16枚.ということは,4枚は同じ絵柄が登場することになるわけだが,一挙に見渡すことができるわけではないから,全く気にならない.
 どの扉にどこの風景が描かれているのかは,乗ってみてのお楽しみとしよう.
H8A_8100
ようやく客室全景.座席配置から,ようやく209系の面影が感じられることだろう.

この,元JR東日本の209系2100番代,今回譲り受けて3000系となったのは4輛編成2本の8輛である.新旧番号対照は下記のとおり.

Y-1編成(1996年 JR東日本新津車両製作所製)
伊豆急下田方からクハ3051(クハ208-2109)+モハ3201(モハ208-2118)+モハ3101(モハ209-2118)+クハ3001(クハ209-2109)

Y-2編成(1994年 東急車輌製)
伊豆急下田方からクハ3052(クハ208-2101)+モハ3202(モハ208-2102)+モハ3102(モハ209-2102)+クハ3002(クハ209-2101)

そして元来は6輛編成のC609編成であるY-1編成の残り2輛,モハ209-2117とモハ208-2117も,予備車……部品確保用だろう……として譲渡されている.なおY-2編成も,6輛編成のC601編成だったわけだが,こちらは伊豆急へやって来る前に中間車は抜かれている.

なおY-2編成のクハ3052の室内には“1”の,Y-1編成のクハ3001には“8”の号車表示がある.ということは,4輛編成2本ながら,実質的には8輛固定編成での運用が前提なのだろうか.伺ってみると,基本的にはその通りなのだが伊豆急線内では過剰な輸送力となる可能性もあるので,実際の運用方法などは,現在なお検討中とのことだった.

この新しい3000系電車,4月1日午前には伊豆高原での報道公開に続いて一般見学会が行なわれ,午後も会場を伊豆急下田に移動して見学会が実施された.そして4月3日の日曜日には伊豆高原車両基地で車輛撮影会も実施された.

そして4月30日には営業運転が始まる予定である.

僕たちにとって気になるのは,この3000系は,これからどのぐらい増えるのだろうかということ,そして同時に現在の8000系や2100系に,どのような影響を与えるのか,ということである.
H8A_8304
伊豆高原駅構内で洗車機を通るクモハ8257の編成.中間車はモハ8101,伊豆急下田方はクハ8001だが,東急電鉄でのクハ8001ではない.そしてクモハ8257はクハ6017を電装した車輛で,東急時代はクハ8015……変遷は複雑である.今後さらに変化するのだろうか.


↑このページのトップヘ