モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

   

WM-20090620-01
我 が家の引き出しに大事にしまわれている1本のカセットテープがあります.「駅」という題名で,片面30分,計60分です.1985年,アポロン音楽工業株 式会社が販売し,¥2,000であった.ということはテープの裏面からわかりますが,当時どのような状況で,どこで買ったのか,自分で買ったのかすら忘れ てしまいました.けれど,かなり聞き込んでいたことは間違いなく,今でもこのテープのことを折に触れて思い出すのです.
 
ナレーション, 音楽は一切なく,A面には西鹿児島駅・ホーム.B面には青森駅・ホームの音が入っているのみです.列車の入線,発車のアナウンス,レールのジョイント音, ホームを歩く人々の足音…….目をつぶって聴いていると,駅のベンチに腰掛けてあたかもその場にいるような感覚を味わえます.
 ただ1日のどこかの30分間を切り取って,通して録音しただけではなく,うまく編集されていているのが特徴です.

た とえば好んで聴いていた,B面の青森駅は,朝8時29分発車の盛岡駅特急「はつかり8号」の乗車案内アナウンスから始まり,弘前行き普通列車の発車.大館 からの普通列車の到着,上野からの急行「八甲田号」の到着,盛岡行き普通列車の発車…… と続き,上野からの特急「ゆうづる5号」の到着アナウンスにかぶ さるようにして,改札口付近の雑踏と駅員さんと乗客のやりとりが聞こえてきます.後半はまたホームに戻り,20時15分,「あけぼの6号」上野行きがホー ムから離れるところで終わります.青森駅の1日が30分に凝縮されているような感じです.
 当時,わけもわからず一生懸命聴いていた時は,青森な んてとてもとても遠い地のように感じていました.だけど,聞き慣れないアクセントの方言で次々と話される「大館」,「弘前」,「八戸」,「三厩」などの地 名や,列車ごとに違う機関車や電車のホイッスル,レールの継ぎ目を拾う音などを聴きながら「どんなところなんだろう」,「どんな列車が走っているのだろ う」と想いを巡らせ,楽しんでいたのです.
 特に,列車が到着するたびに流れる,

「お疲れさまでした.青森,青森です.駅出口は,到着した列車のうしろの方向です.函館行き連絡船にお乗りの方は,到着した列車のまえの方向へお進み下さい.連絡船は10時15分の出航.「十和田丸」です.」

という駅員さんの案内は,遠くから聞こえる青函連絡船の“ボ〜〜〜ッ”という汽笛の音と相まって,さらなる旅情をかき立てられたものです.

た だ,1つとても疑問に思っていたことがありました.盛岡方面,弘前方面のどちらから到着する列車の乗客に対しても,青函連絡船の乗り場は「到着した列車の 前の方向へ,駅出口は到着した列車のうしろの方向へ」と案内しているのが不思議でなりませんでした.連絡船の乗り場はいったいどこにあるのだろうか,青森 駅の構造はどうなっているのかな?と思っていました.

それは,このテープを初めて聴いてから,20年以上経ったのちにその謎を手に取るように理解することになるのです.

青森駅はスイッチバック構造になっていて,ホームに入ってくる列車はすべて,北海道の方へ先頭を向けて停車するのということがわかったのでした.
  青函連絡船の廃止は1988年ですから,当時の名残はどれだけ残っているのかと思いましたが,テープのアナウンスで聴いた通りに“到着した列車の前の方 向”へ長いホームをずっと歩いていくと,連絡船への跨線橋はまだ残されていました.かつてこの跨線橋を我先にと連絡船へ急ぐ人々で賑わったのでしょうね.
 連絡船の情景はなくなってしまったけれど,函館行きの特急も1日に何本も発着していますし,本州から北海道へ渡る拠点の駅であることに変わりはないのです.

いよいよ来年2010年12月には東北新幹線の八戸〜新青森間延伸で,東北新幹線が全通することになります.これにより,並行在来線の八戸〜青森間は第三セクター「青い森鉄道」が経営を引き継ぐことになります.青森駅はまた一つ大きな変化を迎えます.
 時代の流れと共に変わってゆく青森駅の今後を見守りたいと思います.

WM-20090620-02
青森駅 駅舎 初めて青森駅の改札を通った日.長年思い描いていた青森駅の情景をやっと目で確認することができた. 2007-1-1

WM-20090620-03
かつての連絡船への跨線橋.ホームから階段へは板でふさがれているため上がることはできない.2007-1-1

WM-20090620-04
出発を待つ大阪行き「日本海」 画面の右奥がかつての連絡船乗り場へ続く階段 2007-1-1

////隠す用
自社広報

   

5月下旬,久し振りに大阪の日本橋(にっぽんばし)を訪れた.前回の訪問はいつのことだったか,考えるのも恐ろしいほどの歳月が経っているのは間違いない.
 今回の日本橋訪問の本来の目的は,先ごろオープンした“ボークス ホビースクエア 大阪”での打ち合わせだったのだが,なにしろ久し振りであるから,少し早い目に現地へ到着し,周辺を散歩してみた.
 “前回”の風景からなにがどう変っているのかすら,思い出せないほどの変貌ぶりではあるが,表通りから1本横へ入ってみると,少なくとも雰囲気的には子供の頃の印象が色濃く残っている,ような,気はした.
 表通りで,記憶と現在の,あらゆるものの位置関係を再構築するのに役だったのは,なんといっても“高島屋大阪東別館”.
 難波の本店には何度か連れて行ってもらった記憶があるものの,こちらの印象は,どうも薄い.そもそも,記憶に残っているこの建物は,高島屋ではなくて松坂屋なのである.記録によれば高島屋に“変身”したのは,松坂屋が天満橋に移転した後の昭和41/1966年のことだというから,無理もないこと.
 とはいえ,第一期工事が竣功したのは昭和9/1934年のこと.二期工事は昭和12/1937年の落成だというから,松坂屋だったのは32年間.高島屋になってからは43年間ということになるから,いまではもう立派な“高島屋”.
 今回の訪問を機に,近代建築物に詳しい友人に教えてもらったところでは,この建物を設計したのは,静岡の出身で主に名古屋で活躍した鈴木禎次という人だという.ならば,大阪であっても松坂屋の建物を担当したというのは,松坂屋の出自を考えれば,充分にうなづけること.夏目漱石の義弟であるということもこの人のエピソードであるらしいのだが,それはまた別のお話し.
 まぁ,レイアウトにデパートを建てようという人はそれほど多くはないだろうが,僕の場合は,駅舎などを観察しているうちに建築物全般へと興味の対象が拡がった,ということ.だから,線路の見えない街路を歩いていても,気の休まることなど,ないのである.まったく困ったものである.

120-1
高島屋東別館の全容.鉄骨鉄筋コンクリート造りの7階建て.堺筋沿いにはいくつもの立派な百貨店があったが,今も戦前の建物を使っているのは,ついにここだけになってしまった.

120-2
アールデコ調というのだろうか.たっぷりと装飾を施した表通りのエントランス.

120-3
一方で裏へ回ってみると,表通りとの外観の落差に驚かされる.増築計画が実現しなかった,という風情である.

120-4
もっと不思議な光景が,これ.北面なのだが,外壁はちゃんと仕上げられているのに,通りとの間にまったく別の建物が建ち並んでいて隠れてしまっている.最初からこうだったのか,それとも何時の間にかこうなってしまったのか…….京都の高島屋や東京渋谷の東急109横あたりにも似たような情景は存在するが,事情は異なっているようである.はて.

////隠す用
自社広報

   
T0907

とれいん最新刊 7月号(通巻415号)のご案内です

【今月のオススメ記事】
●MODELERS FILE特集
1番目は京成電鉄の三代目スカイライナーの詳細をお目に掛けます.京成電鉄の全面的な協力を得た,他誌の追随を許さない綿密な取材による写真と解説で構成しています.
 2番目は,E233系電車の,他社への供給の第一号として落成した,相模鉄道の11000系です.甲種輸送中から長期間の取材の成果を,とくとご覧ください.
 3番目は,懐かしのキハ30,そして国鉄最終期に登場した2扉ロングシートのキハ37です.東京郊外の久留里線にひっそりと生き続ける姿をお目に掛けます.

●紙成模型塾 第19講 キハ30形気動車
講師は,前回(2007年2月号,No.386)でもご登場いただきました佐藤哲也さんです.さまざまな路線で活躍するキハ30系列通勤形気動車の作例をご覧下さい.キハ35・36のパーツリストも掲載しました,もちろん巻末には型紙付きです.


【目次】

MODELERS FILE------------------------------------
10 京成電鉄 AE形
     第三世代のスカイライナー登場!
     写真:松本 まさとし/前里 孝/京成電鉄 協力:京成電鉄
22 相模鉄道 11000系
     -JR線への直通運転を見据えた7年ぶりの新型車輛-
     撮影:高見 一樹/前里 孝 解説:高見 一樹 協力:相模鉄道
62 JR東日本 キハ30・キハ37
     今も久留里線で活躍する国鉄通勤型ディーゼルカー
     写真:編集部(特記以外)/佐藤 哲也/高橋 政士 まとめ:編集部
--------------------------------------------------
4 Products Data file
     トミックス製 琴電3000形(16番)
6 静岡ホビーショー2009
     国内最大の模型イベントで発表された新製品をリポート
34 新連載! Nビル(仮称)新築工事
     連載第1回:身近なビルを観察しよう! /藤野 瑞樹
38 山陽路のEF61
     旧製品のキットを軽加工.入念な塗装で見栄え良く!
     製作:井上 栄一/協力:木村 則之
42 10周年を迎えた“関N”
     第10回関西Nゲージ合同運転会
     取材:西原 功/撮影:松本 まさとし
50 MODELERS FILE FRAGMENT
     JR東日本203系通勤形直流電車
     -常磐緩行線主力車輛の屋上を観察する-
     /撮影・解説:高見 一樹
52 読者投稿作品紹介
     鉄道模型レイアウト“里山風景” /森野 憲輔
53 名古屋の模型店探訪
     ホビーショップ八田,ラディッシュ,HOBBY SHOP 輪夢
54 ペーパー工作を志す人の必修科目 紙成模型塾
     第19講 キハ30形気動車 
     /講師:佐藤 哲也 友情出演:中村 雄一
68 キハ30系の通ひ路 /撮影:平井 憲太郎・前里 孝
70 続・初めてのスケールモデル
     エンドウのディーゼルはすべてが中級機だった
     所蔵・解説:林 信之/協力:石井 幸男・茂木 隆之
163 紙成模型塾型紙 付録1 キハ30形(車体) /作図:佐藤 哲也
165 紙成模型塾型紙 付録2 キハ30形(内張り・ドア等)
                    /作図:佐藤 哲也
--------------------------------------------------
32 Coffee Cup /前里 孝
     京成電鉄 昭和49年正月
72 輝け!日本の運転会
74 連載 サンフランシスコ ベイエリア乗物めぐり
     第3回 ミュニメトロの沿線風景を楽しむ
     文・写真:新宮 琢哉/写真協力:牛島 裕康
78 都築雅人の煙情日記 ~21世紀を生きる蒸機たち~
     第16回 台湾 台湾鉄路管理局 平渓線
     1,067mm軌間
82 欧州鉄道玉手箱
     MÁV CAF waggon+G.Tim-Co.
     ハンガリーの客車工場とHO作品
     文と実物写真:橋爪 智之 模型作品:福岡 久尚 
     実物写真:亀山 靖
86 いちから始める小型鉄道 乗る鉄入門
     第20回 夢は次から次へと……
     製作・解説:鈴木 靖彦(道楽ぼーず)
90 不定期連載 Nゲージで綴る昭和の名列車
     第26回 急行“筑紫”・“さつま” /大島 仁知
94 カルタゴサロン
     沼尻鉄道の現役時代を知るストラクチャー
     「旧長瀬産業組合」の角度 /中部 浩佐@KBMC
     Oナローで木曽森を!
     第1話 ホイットコムMO型3t製作記 /畑中 博
98 新車登場
121 姫のシロクニ その20 /大橋 枝実
     20代女性・デアゴスティーニのC62キットを作ってます!
122 伝言板
146 日本の車窓から /島田 萌
     第16窓 静岡で鉄分補給(その1)
147 きんぐ おぶ ほびぃ? /小森 太郎万作・なんこう
148 いちぶんのいち情報室
156 BOOKS
157 甲種・特大 運行計画
158 新車登場INDEX
160 とれいんスケール呼称早見表
161 Combo Caboose・掲載広告索引

定価:本体1,429円+税

////隠す用
自社広報

   
J36

蒸機の時代最新刊 No.36のご案内です

■第36号の主な内容(登場順)
平機関区と「ゆうづる」
晩年の「C62 3」
最後のスチームアイランド「Java」
私の機関車美学 (私鉄編 1)
大場谷地峠越え“ハチロク”花輪線
C51回想 その3 九州
越見北線の8620形
鉄道開業99周年記念SL運転会 C57 1
放出にて 片町線
東北本線のC59とD51

2009年6月20日(土)

定価:3,300円(本体3,000円)

zaiko3

////隠す用
自社広報

   
HK-20090617
全く鉄道以外の用事で、ロンドンにいます。

今の旅行は、ケータイとPCがあるので、世界中ほとんどどこでも日本とつながってしまいますね。

でも、ホテルの部屋では、デジカメの電池、ケータイ、パソコンとコンセントが足りなくなるぐらいのタコ足配線です。

荷物も充電器の類ばかり増えて、結構重くなります。

そう思って、今はやりのVAIO-Pを購入しました。Gパンのヒップポケットに押し込まれた、あのCMに惹かれたわけではないのですが、どんどん増える荷物を減らすには、PCを軽くするのが一番と思ったのが、大きな理由です。

しかし、このマシン、本当に遅い(怒)
この写真の状態で、今ブログを書いています、が、いささかイライラぎみ。
鉄道に関係ないとはいっても、どこかで「鉄」をしてストレス解消をしなければ…

↑このページのトップヘ