モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

   
昨日3月30日,横浜地下鉄の上永谷車庫(車両基地)へお邪魔してきた.前回の訪問は5年前の3月23日だった.その時の目的は3000V形編成.その概要は同日付のここでご案内している.
 3000V形第1編成は日本車両製で,“PQモニタリング装置”を備えるのが特徴だった.ところが増備の声は聞こえてこず,どうしたかと思っていたら……
 横浜地下鉄開業50周年の節目にデビューする4000形のお披露目が催されたのだった.
 もっともこの40000形,主要機器や性能的には3000V形に準じていて,主制御装置はハイブリッドSiC,メーカーも同じ三菱電機である.
 今回の総合製作担当は川崎車両で,当初は3000V形の第2次車として企画,発注されていたものの,内装や車体デザインなどが大幅に異なることから新形式が起こされて4000形のデビューになったのだという.
H8A_7195
3000V形と並んだ4000形第1編成.平面と直線的なエッジを際立たせたデザインを採用した外観デザインは,どう見ても別形式がふさわしいと思う,新しさである.

第1編成の車輛番号は,湘南台方から1号車4621+4622+4623+4624+4625+4626.両端が付随車で,中間4輛は電動車である.
 4号車は朝の混雑時間帯には女性専用車となる.
H8A_7233
台車は日本製鉄のモノリンク式ボルスタレスで形式は電動車がSS162MB,付随車がSS162TB.車輪はともに波打ち輪心を採用している.
H8A_7334
客室全景.全ての車輛に優先席と車椅子スペース(フリースペース)を設けている.画面奥の床が赤いのは優先席を示す.一般部は床がブルーで壁面がグレー.

腰掛の袖仕切りは,3000V形ではポリカーボネイト製だったが,今回はガラス製に変更した上で,寸法も拡大している.
 独特の1,500mm幅を継承した各側扉鴨居部には17.5インチの液晶モニターを2面ずつ設けている.またそのモニターの間には千鳥配置で1輛に3基ずつ防犯カメラを設置している.
 貫通扉には,3000V形に引き続いて横浜をイメージする図柄を配して衝突防止策としている.
H8A_7370
貫通扉とその周辺.扉のガラス面には横浜をイメージする図柄が配されている.写真は4号車から4号車を向いて撮影しているので,女性専用車の表示が貼られている.
H8A_7306
運転室.ブレーキ・マスコンは3000V形に続いて右手操作式のワンハンドルタイプとなった.通常のATO運転ではコンソール中央にある2つの白いボタンを同時に押して発車する.

この4000形,営業運転は5月2日からスタートの予定である.その後,令和4年度中に第5編成までが,令和5年度中に3編成が投入される予定となっている.
 入れ替わりとして,1992年に投入された3000A形が引退することになっている.
DSCN1389
営業運転開始後しばらくの間,正面と側面上部に“4000DEBUT”の装飾を施しての運転となる.


////隠す用
自社広報

   
3月20日の午後,京都市内の山陰本線円町駅に近い京都アスニーこと京都市生涯学習総合センターで,鉄道友の会の島秀雄記念優秀著作賞贈呈式が催された.本来ならば東京で受賞者一同が会して行なわれるのだが,昨年に続いて,COVID-19感染拡大に伴う諸制限の影響で各地分散開催となったものである.
 この会場で贈呈されたのは,今年1月13日付けのここでお伝えした,レイルNo.116所載の“京都電気鉄道電車 京都市交通局2号電車について”に対して,であった.著者は小野田滋,加藤幸弘,遠藤晃一,大菅 直の4人.小野田さん以外は京都にお住まいということで,京都支部例会の場を利用しての開催となった……はずが,1月からの蔓延防止等重点措置のあおりを受けて,例会はお休みとなってしまった…….どうなることかと思っていたのだが,同じ日の同じ時刻に,同じ場所で贈呈式だけを開催するということに決まったのは,3月に入ってからのことである.
 前回,高田 圭さんによるレイルNo.109の時も,高田さんの地元である京都支部例会の場での贈呈式だった.

実はこの賞では,受賞作品を出版掲載した出版社にも記念のプラーク(盾)が贈呈されることになっていて,レイルNo.103の,中山嘉彦さんによる“日本初の連節車 京阪電気鉄道60型・びわこ号”が受賞した時には,東京都内の会場で,僕もご相伴に与った.前回は理事である小野田滋さんと鹿山 晃さんが事務所へ出向いてくださって,ありがたく頂いたものであるる.
 そして今回.なにしろほとんどの著者が京都にお住まいで,さらに小野田さんも鉄道友の会理事として同席される……となれば,僕もその場にいなければ不自然ではないか.
 ということで,他の用事を済ませることも兼ねて,半年ぶりの上洛となった次第.

贈呈式は20日の午後の開催であるから,それまでどこでどう過ごそうかと思案していたら“梅小路公園の広軌1形の観察会をやります”と,お声がけをいただいた.これは行かずばなるまい.幸いにして取った宿が京都駅八条口の西側,堀川通りに面していたから,電車やバスに乗るまでもない.のんびり散歩で大宮通りを渡ればもう梅小路公園の東端.
DSCN0984
公園の北辺中央には“市電ひろば”があって,505,703,1605,890の4輛が保存されている.一部は店舗として活用されていて内装などに手が加えられているが,解体の憂き目にあうよりは……と思うことにしよう.

そのすぐ横にはチンチン電車のりばが.N電27号が動態保存されている.最初は梅小路機関区の扇形庫周囲を走っていたのだが,この公園が整備されるに際して軌道を新設し,“最新”の架線レス蓄電池電車に変身している.
DSCN0988
反対側のチンチン電車のりば.立派な上屋つきである.運行は週末と夏休み時期の一部平日.運賃は片道150円,1日乗車券が310円.この日は想像していたよりずいぶんと頻繁に運転されていた.

そして上の写真のすぐ左手に車庫があって,広軌1形29号が鎮座していた.
H8A_7055
29号の全景.今回の4人の著者に京都市の方も加わって,“あーでもない”“こーでもない”と,保存状況や改造交換部品の状況,翻ってどの部分がオリジナルを保っているのか……賑やかな観察会であった.

京都市電1形といえば,いわゆるN電の印象が深い.それもそのはずで,広軌…1,435mm軌間の1形は昭和20年代半ば過ぎに営業から退いてしまっているから.その意味で,よくぞこの29号が解体を免れ,なおかつ復元整備が実施されて保存されていることは,まことに意義深いことである.これからも大切に保存の上,なんらかの文化財指定がなされることを,大いに期待したい.

“観察会”がお開きとなったのは,もうお昼前.中央卸売市場の敷地の一部を活用したホテルの食堂街で昼食を摂り,久し振りの山陰本線で円町へ向かうことになった.しかし確か,丹波口の駅は高架化で北のほうへ移転したはずなのに,目の前には,立派な駅が.? と思ったら“梅小路京都西駅”が開業していたのだった.その駅に向かう途上で渡った歩道橋が,妙なカーブを描いていると思ったら,なんと,元の貨物連絡線の跡地だった!
DSCN1052
“怪しげなカーブの道を見たら廃線跡と思え”というセオリー(?)は,歩道橋にも適用されるのだった!
DSCN1049
南を振り返るとこの風景.間違いなく貨物連絡線である.画面左手が梅小路機関区の扇形庫である.夏にはビヤガーデンとして活用されている(目の前の小屋に“KIRIN”の文字が)から,廃線跡歩きも,可能といえば可能である.それにしても,“スラブ軌道の廃線跡”って…….

ようやく円町に辿り着いた.支部例会ではなくなったものだから,全くの“無観客”かと思ったら,そうでもなくて,多くの有志会員がお祝いに駆けつけてくださっていた.その中には,N電のグラフ頁へのたくさんの写真提供や撮影場所鑑定に多大の協力をしてくださった福田静二さんや,前年度受賞者である高田 圭さんなどの姿も,あった.

贈呈式は京都支部支部長である加藤幸弘さんによる前説に続き,小野田滋さんの司会で始まった.
 最初は京都育ちで市電にも造詣が深く思い出もたくさんお持ちの,須田 寛会長によるご挨拶.
 表彰状は小野田さん,加藤さん,遠藤さん,大菅さんの順に授与された.記念盾は遠藤さんが代表として受領.
DSCN1083
須田会長から表彰状を受け取る遠藤晃一さんと,記録写真撮影中の三増晃嗣会員.ホワイトボードに記された“島賞”のレタリングは須田さんの作品である.

授与のあとの松田清宏副会長のご挨拶の中に,京都支部が関与する島賞受賞は今回が3作目であるとのお話があった.と,いうことは,あれ?全部,レイルに掲載させていただいた稿だということか.それは思いつかなかった!
DSCN1113
そして最後に記念写真.左から大菅さん,加藤さん,須田会長,遠藤さん,小野田さん,そして松田副会長.※記念写真撮影の時だけマスクを外しています.

レイルを造り上げるのに協力してくださっている方々,レイルを購読していただいている皆さん.そして今これを読んでくださっている,全ての皆さんに,心から感謝申し上げます.ありがとうございました.これからもご指導賜りますよう,お願いいたします.


////隠す用
自社広報

   
2021年7月号(通巻559号)で,新旧2000系2輛編成の現状を紹介,今年の2月号(通巻566号)では新2000系のうち池袋線での異端車2編成を採り上げるなど,このところ,西武鉄道2000系づいている,とれいんである.
 そもそも2011年に9月号11月号で新旧2000系全般について,模型と実物での詳しい紹介記事を掲載したことに始まる“ブーム”であるわけだが,今年に入ってから,その2000系の動きが激しい.2輛編成について纏めたその直後から廃車が続き,3月15日には,ついに旧2000系8輛編成で最後まで残っていた2007編成の引退が発表されたのである.

旧2000系は,もっぱら新宿線で使われてきたから,池袋線ユーザーの僕には馴染みが薄くて…とは,既に何度も記していることである.けれど,西武鉄道としては初めての新性能4扉車であり,貫通扉つきの正面と彫りの深い前面窓回りの組み合わせは,昭和50年代の西武ファン…のみならず,電車好きをあっといわせたものである.
 だから,チャンスがあれば少しでも撮影しておこうと思ってはいるものの,なかなか,真ままならないのが世の常.トップナンバーも,3年ほど前に,ようやく捉まえることができたという体たらくであった.
 そして気がつけば,旧2000系8輛編成は,またたくまに数が減り,2007の編成しか残らなくなっていたのである.“このままではいけない”と,一念発起(?)して向かった井荻の駅でも,振られること数度ならず.新宿線では付属編成が西部新宿方にも所沢方にも,自由に(!)連結されるもものだから,10輛編成では,効率が悪い.そもそも正面に番号が記されていないから……と,口をつくのは愚痴ばかり.

ようやく運が巡ってきたのが今年の2月.3度目のCOVID-10ワクチンを接種した翌々日のことだった.
H8A_6425

幸いにして所沢方面行きが重なることもなく,停車中の編成全体を写し込むことができた!

H8A_6438
発車時には,1輛ずつの写真も撮影することができた.お目に掛けるのは,西武新宿方のパンタグラフ付き電動車2107.

パンタグラフがシングルアームだったり空調装置が新形であること,側面に列車種別・行先表示装置や前頭部のスカートが取り付けられているこなど,最終期の姿を記録できたことを,よしとしたい.

気をよくして,折り返しは屋根上を記録.
H8B_6485
モハ2307.機器配置も配管も,新2000系とは大きく異なっていることを,再認識.

そして一昨日,西武鉄道と西武トラベル連名のリリースで,この2007編成が引退することが発表されたのだった.そこには,
 “2022年3月29日(火)から,2007編成の前面に引退記念ヘッドマーク,車体側面にステッカーを掲出して運行します.”とのこと.
無題b
引退記念のヘッドマーク・ステッカーのデザイン.写真:西武鉄道

引退はまことに残念だが,どのように貼られるのか,それはそれで楽しみではある.

リリースに西武トラベルが名を連ねているのは,引退記念ツアーが催行されるから,
 ツアーは4月24日(日)と26日の2回.
 前者は池袋発(!)を朝の8時頃に出発して足が窪まで行き,小休止の後に折り返して今度は拝島へ.もう一度休息してから西武新宿へ16時頃到着するというスケジュールである.おうぶで切るのは,親子連れ限定である.
 後者は昼前の新所沢発で秩父線の横瀬に向かい,ホームで点線を見学の後に横瀬車両基地の敷地内で編成の撮影ののち,現地解散.こちらは大人ひとりでも参加できる.
 ……待てよ?現地解散ということは,2007編成は横瀬に留置,搬出ということになるのか? だとすれば,本当のラストランということになる.イベントの中に“車体への寄せ書き”という項目もあるから,たぶん,そうなのだろう.

応募はお早めに…といいたいところだが,いまこれを書いている3月17日の午後10時前時点で,前者は申し込みができるものの,後者は“満席御礼”状態!その告知文の中に“明日(3/16)”とあるから,発表当日中に満席になった模様である.残念!

それまでの間に,せめて2007編成の細部など,記録に精を出すことにしよう.



////隠す用
自社広報

   
T2204
【オススメ記事】
JR東日本が地域輸送用電車の新標準タイプとして投入を続けているE131系電車.
その第3バージョンが相模線で本格的な活躍をはじめました.この機会に,4輛固定編成,ロングシート,トイレなしという仕様で,カラーリングも地域の独自性を発揮した500番代を仔細に観察したのが,今回のMODELERS FILEです.
 模型作品では実質的にはフルスクラッチビルドともいえるC12です.今は亡き日中線や川俣線を頭の中に描きつつ製作したのは新澤仁志さんです.
 紙成模型塾は,新年号の南海特集でも触れられた,南海電鉄の国鉄直通用サハ4801です.形式こそ電車ですが,実質的には国鉄タイプ客車でした.
 好評の連載をはじめ,その他にも多くの記事が満載です.

【目次】
MODELERS FILE-----------------------------------
  4 MODELERS FILE 東日本旅客鉄道
     E131系 500番代電車
     相模野台地と湘南を結ぶE131系の新バージョン
        まとめ:前里 孝 写真:土屋 隆司/前里 孝/脇 雅恵
                         協力:JR東日本
------------------------------------------------
3・46  C12顛末記
       C56キットの設計から派生した真鍮自作     新澤 仁志
 14  701系をみんなで作ろう
             製作:チームおやびん/撮影:松本まさとし
 22  紙成模型塾 第六十二講 南海サハ4801形
     南海に唯一輛の南紀直通客車        講師:辻 匡祥
 54  全盛期 京急旧1000形の再現 (その2)
                    作・製作中写真:高橋 和志
127  紙成模型塾 型紙
      南海サハ4801形 (ボディ,妻板,雨樋,客扉など)
                         講師:辻 匡祥
------------------------------------------------
 30 Nゲージ古典機への誘い /小川 謙二
    第29回雨宮製作所(日)
 34 英国鉄道へのいざない
    第14回 ウェールズの小さな汽車たち
 38 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
    Vol.94 アムトラック50周年塗装機関車
 42 おとなの工作談義 /嶽部 昌治・大田 崇史・辻 匡祥
    つくるを知れば模型は3倍楽しくなる
    第80回 ディープなる電動貨車の世界
 52 線路は続くよいつまでも 第140回 /信沢  あつし
    使われなかった線路は昔のレール!!
    茨城県鉾田市有限会社みのわ
 59 台鉄ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:濱川 真由美
 60 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション /山中 洋
    第35回 金属用ニッパー・ハサミ
 62 入門者必読! Nキット上達への道/解説:P.S.
    誰も教えない基礎・応用テクをプロモデラーが伝授
    第6回:グリーンマックス 201系編-⑥
 64 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S.
    第103回 Mr.マスキングテープ
 66 Coffee Cup /前里 孝
    C56 135が大井川鐵道へ
------------------------------------------------
 68 新車登場
 90 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第129回:ラ・ベルの木製キット(その2)
 91 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第95回:ディーゼル機関車を作る (後編)
 92 伝言板
114 BOOKS
115 甲種・特大 運行計画 2022年4月
116 各種募集のご案内
118 新車登場INDEX
120 いちぶんのいち情報室
124 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
125 Combo Caboose・掲載広告索引
------------------------------------------------
2022年3月19日(土)発売
定価:1,595円(本体1,450円)

eshumi-kounyu
amazon

////隠す用
自社広報

   
J87

【第87号の主な内容】
特集:厳寒・北の大地を巡る

 北海道・冬・撮影紀行    
 日本海縦貫線 羽越本
 五能線8620とDF901との邂逅

100歳を迎えたバイエルンの名機    S3/6:3673

とれいん5月増刊
定価:3,300円(本体3,000円)
A4判横綴じ84ページ
(内カラー8ページ)

eshumi-kounyu
amazon

↑このページのトップヘ