モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

気がつけば今年ももう9月,それも半分以上が過ぎ去った……おなじようなセリフを,なんど繰り返していることだろう.
 我等がレイルも,7月にNo.119を刊行して,いまやNo.120の編集追い込みに大童状態である.このNo.120では……という前に,恒例の,No.119の編集こぼればなしなどを…….

僕たちの年代の汽車好きには憧れの存在だった20系寝台客車を特集したのは,もう2年ちょっと前のNo.110でのことだった.お蔭様でご好評をいただき,増刷したにもかかわらず,在庫は残り少なくなった.

ならば牽引機の特集もぜひ!とのお声がたくさん寄せられているのだけれど,こちらはなかなか公式写真で特集を組むほどのストックがない.そもそも,メーカーで落成時に取られた機関車の数は,本当に少ないのではなかろうか.どうしよう…….
 などと考えあぐねているうちに,JR東日本ではレール輸送を機関車牽引から専用の気動車キヤE97系に移行が始まってしまった.そうなれば,“ブルートレイン牽引用”として誕生した機関車の中でたった1輛だけの現役機となった,高崎車両センターのEF65 501の行方が案じられる.
 ならばこの機関車に的を絞って,取材を申し込んで形式写真と細部写真をじっくり撮影して過去の写真を皆さんから募って……とも考えたのだけれど,このご時勢,鉄道現場での撮影取材はなかなか実現が難しい.
 そこで思い切って現状の写真は抜きにして,ずっと温めてきた,ふちい萬麗さん形態帯分類記事を核として,この機関車の全盛期の姿を展開するのが,むしろ“レイルらしい”のではないかと,ようやく頭の中で考えがまとまった.
 EF65 500番代が登場した頃……僕はまだ小学生である.いわゆる“よん・さん・とお”で,ようやく中学生.その後は蒸気機関車に現を抜かしていたし.
 ということで,今回大変お世話になったのが,早川昭文さんと吉田修平さんのおふたりというわけである.
C063-02
関東地方でのEF65 500番代撮影の定番ポイントで,富士山バックの“富士”を見事に射止められたのが吉田さん.このポイントは,今では自動車専用道の完成によって“失われた世界”となってしまったようだ.三島-函南 昭和53/1978年2月26日 写真:吉田修平

EF65 500番代に牽かれる客車は,どれがベストマッチングだろうか,というのは,しばしば議論のテーマとなる.一方で20系客車がもっともよく似合う機関車はどれだろう,というのもまた,意見の分かれるところである.
 No.110の20系客車では,さまざまな機関車に登場してもらった.そこで今回は,20系から24系25形までの組み合わせを集めるべく,努力した.
 そのわがままに応えてくださったのが,早川さんである.
HA-018
神足駅の外れで撮影された“日本海”のスナップ.20系客車の深い屋根に圧倒されないように,というわけでもなかろうが,パンタグラフを目一杯上げたEF65 500の姿は迫力満点だった.神足-向日町 昭和43/1968年10月16日 写真:早川昭文

早川さんはこの写真を,“いい写真ではありません”と謙遜されるが,いかにも秋の朝らしい冷たい空気が画面に溢れている,すぐれたスナップ写真であると,僕は思う.

僅かな期間しか運転されなかった“とびうお”“銀鱗”でのEF65 500番代重連運転も,しっかりと捉えられている.

大舞台から降りてからの姿も,せっかくなので何点かお目にかけ,裏表紙では“手前味噌”で両毛線の霜取り機関車を使わせてもらったのだけれど,ここでミスをしでかしてしまった,撮影日が,実際より9年も遡ってしまったのだった.正しくは平成22/2010年1月19日.伊勢崎市の華蔵寺公園からC6120が搬出される,その日の早朝,“行き掛けの駄賃”だった.失礼いたしました.

さて,第2テーマは京都市N電のその後……北野線(堀川線)の廃止から60年の節目となる今年である.宮崎繁幹さんのご努力によって,国重要文化財に指定された栄えある電車ながらも現役時代の姿がほとんど残されていない“2号電車”の写真が新たに発見されたこと,京都市の市電に関する図面や資料類が誌の文化財に指定されたこと,それを祝う展覧会が企画されたこと…さまざま交錯する中での,“その後”企画である.
 遠藤晃一さんによる,さらなるN電考察も意義深いことだった.そして愛知県岡崎市在住の藤井 建さんから寄せられた,愛知県でのN電の活躍の思い出も,貴重である.
kurachi01_158(車庫前)
前照燈が屋根上にあるので別の電車のように見えるが,N電である.車庫前で下N電同士が顔を合わせた貴重なシーン.この写真撮影後,まもなくN電は廃車となった.岡崎市内線は,奇しくも京都市電北野線廃止の翌年,昭和37/1962年6月に全線廃止となっている.岡崎車庫前 昭和29/1954年1月 写真:倉地満孝 所蔵:名古屋レール・アーカイブス

そうそう,花上嘉成さんからは,堀川での着物職人の作業とN電との出会いという,雅趣溢れる写真をご提供いただいている.これも必見である.

締めくくりは,高見彰彦さんの“汽車電車と記念写真”の第2回目.京急電車,目蒲電車から出征兵士を乗せたC50,流電からD52へど,話題が転がるように展開して行く.
KD40-
背景のモハ51と思しき電車の定員が“130人”と記されているのに対して,該当する電車が…….ということで,高見さんを大いに悩ませた記念写真.所蔵:高見彰彦

ということで,今回も盛りだくさんの内容でお届けしたレイルNo.119.まだご覧になっていない方は,ぜひともお近くの書店や模型店へ,ご注文を! お店にご不便な方のために,e-shumi.jpでも承っています.どうぞよろしくお願いします.


////隠す用
自社広報

相模鉄道では,2018年に東急電鉄線乗り入れ用20000系,翌年にJR東日本線乗り入れ用12000系と,立て続けに新形車を登場させてきた.JR東日本との相互直通運転は2019年11月30日から始まり,山手線東側住人の僕にとって,横浜ネイビーブルーは山手線の風景として,すっかり融けこんでいるように思う,今日この頃である.
 もうひとつの20000系は,羽沢横浜国大から新横浜を経由して東横線の日吉までの“東急新横浜線”の開業をもって正式デビューとなる.今のところ,その完成は来年度下半期……2023年3月まで……とされている.しかしそれまでの間,遊ばせておくわけにもゆかないし,相模鉄道としては運転も検修も,新方式のシステムになじんでおく必要もあることから,7000系の置き替えを兼ねて,既に自社線内での営業運転に就役させている……というのは,ご存じの方も多いだろう.
 今回登場した21000系は,10輛編成が単位である20000系の,8輛編成版である.なぜ8輛編成なのかといえば,同じ東急電鉄とはいっても,10輛編成は東横線方面にしか行くことができない.目黒線は,現在は6輛編成に過ぎない.とはいえ,8輛と10輛で運転されている相模鉄道線に6輛編成の列車が入り込むのは,いろいろ不都合が多くなるだろう.ということでの8輛編成である,と,思う.
 実際,間もなく東急3000系に増結用中間車が落成し始めるし,東京地下鉄でも9000系中間車を製造して南北線の8輛編成かを実施することを,設備投資計画で発表している.
 東京都交通局は,三田線の新形車である6500形を8輛編成で製造している.この電車は,まだ報道公開されていないが,現車は既に落成している.

そして相模鉄道21000系である.
 9月3日に厚木操車場で,鉄道趣味誌向けの報道公開が実施された.当日はあいにくの空模様だが,外観撮影時にはほぼ止んだ状態で,車両部や広報の皆さんの行き届いた手配もあって,まずは充分な写真を撮影することができた.
G8A_7342
羽沢横浜国大,新横浜方から見た“そうにゃん”表示中の21000系第2編成.車号は,こちら側から21102+21202+22202+21302+21402+21502+21602+21702+21802と,途中の欠番はない.

中間の電動車と付随車を1輛ずつ抜いての8輛編成で,これは“自在に編成を組むことができるように”という,20000系のコンセプトが見事に生かされたアレンジの結果である.

主制御装置は日立製作所のVFI-HR14210,補助電源装置は東洋電機製造製のSVH260-RG4084A-M,電動空気圧縮機はクノールブレムゼのVV180-T,台車は日本製鉄のSS184,いずれも20000系と同じ機器である.


G8A_7297
中間電動車21402.パンタグラフを海老名方に備えている.21202,21402,21502,21702が電動車である.
G8A_7434
室内の表情も20000系と極めて似ている.変更点は天井に吊られていた21.5インチ液晶モニターによる情報・広告表示装置がなくなり,側扉鴨居部の装置が増設されたこと.

液晶画面の変更は,実は21000系からではなく,20000系の第2次車での変更点でもある.同時に防犯カメラ設置やユニバーサルデザインシートの高さ変更し,一般席にも設けたこと,さらにユニバーサルデザインシート上部には荷物棚の新設なども実施されていて,これらも20000系2次車や12000系での変更点でもある.
G8A_7508
左から,やや座面を高くしたユニバーサルシート,液晶画面が増設されて防犯カメラが新設された側扉鴨居部,そして一般座席.

運転室の風景も,基本的には20000系と同じである.ただ,現在はまだ各乗り入れ先の保安装置扱いスイッチ類は取り付けられておらず,ホーム監視用CCTVモニターなどと同じく,準備工事が施されているだけである.

室内の表情も20000系と極めて似ている.変更点は天井に吊られていた21.5インチ液晶モニターによる情報・広告表示装置がなくなり,側扉鴨居部の装置が増設されたこと.
G8A_7464
20000系で見慣れた運転台.運転士の左手方面や,この写真に写っていない範囲の各部に“取り付け準備工事”をうかがうことができる.直通運転が始まったら見ることができなくなる,ある意味貴重な状況といえる.

さてこの21000系電車.9月6日から相鉄線内での営業運転を開始した.充当されたのは,報道公開にも使われた第2編成である.
 では第1編成は?といえば,本誌の9月号をお持ちの方なら既にお気付きの通り,今月下旬に厚木から長津田へ甲種輸送されることになっている.その目的はといえば,皆さんならすぐに合点がゆかれるだろう,“乗り入れ先での各種試験など”とのこと.従って,この第1編成には,長津田行きまでの間に,第2編成では準備工事となっている各種保安装置などが設置されることになっている.
 東急線内に滞在するのはどのぐらいの期間なのか,いつごろ,東急線の本線に姿を見せるのか,などは,残念ながら未公表である.でも,たぶん,運のよい人は“あれ?なぜここにこの電車が?”という場面に遭遇することができることだろう.
 夢は膨らむばかり.

※2021.09.13:ユニバーサルデザインシートに関して修正と加筆

////隠す用
自社広報

先週に続いて,とれいん9月号MODELERS FILEで採り上げた小湊鐵道取材の落ち穂拾い集.
 今週は,里見駅に留置されていた古典貨車3輛の中から,2輛の無蓋貨車の話題.
 この無蓋貨車については,小湊鐵道の資料ではトム10形のトム11と12となっている.ところが,インターネット上の趣味人に寄る際とではさまざまな説があり,どれが本当なのか,よく判らない.なお形式は,本誌では資料によってトム10形と記したが,どうやらトム1形が正解のようである.
 それもそのはず,なにしろ検査標記の一部が僅かに残るだけで,車号などは全く読み取ることができないほどに“熟成”されているから.
DSCN0180
本誌ではモノクロでしかお目に掛けることができなかった.カラーで見ると,その“枯れ具合”が,実に芸術的であることが,より鮮明となるだろう.写真はワフ1の隣に連結された,トム11と思われる無蓋車.
DSCN0185
編成(?)の上総中野方に組み込まれた,トム12と思われる有蓋車.荷台にはミルク缶のようなドラム缶のような容器が積まれ,その上には自動車ようなオブジェが鎮座している.
d87s3990
今から16年前の2005年には,2輛揃って上総牛久駅の側線に留置されていた.2005-7-23

写真手前が上総中野方で,端梁にバッファーを取り外した穴が見えるこの貨車の側面にはトム11という番号が,はっきりと残っていた.

そこで,締切を過ぎてから(!),この写真を手掛りに,16年の間に方向転換していないことを前提として,じっくりと車号の判定を試みたわけである,
DSCN0353
再び現代の姿.上総中野方にバッファー跡がある無蓋車.
DSCN0354
五井方にバッファー跡の残る無蓋車.

仔細に観察してみると,例えば連結器受のアングル材のボルトの数や標識燈掛けの形などから,やっぱり上総中野方におバッファーあとがある個体が,トム11と判定して間違いなさそうである.
ではもう1輛がトム12ということになるのだが……
 ことはそう簡単ではない.旧型貨車保存図鑑というウェブサイトの中に小湊鐵道のセクションがあって,その中に2003年に撮影されたというトム“10”の写真が掲載されているのだった.
 このトム“10”の写真では端梁にバッファー跡の穴が写っていて,撮影地である上総山田駅の線路配置から,それが五井方であることが判る.ということは,現在,トム12とされている貨車は,実はトム10なのだということになるわけだが,さて,真相は…….

さてこの無蓋車,トム11は2軸ともプレート輪心なのだが,もう1輛の五井方,即ちバッファー穴のある側の車輪がスポーク輪心である.これも番号判定の手掛りとなるわけだが,旧型貨車保存図鑑に掲載されているトム10がまさにその通りなのである.しかも,ちょっと位置は移動しているが標識燈掛けの形はそのものズバリだし,連結器回りのボルト数なども一致する.ということで,どうやらトム10と断定してよさそうである.

うむ.あとひと月早く,このウェブサイトに辿り着いていれば…….

気を取り直して.自分で撮影した写真をさらに仔細に観察しているうちに,トム10であろう貨車の台枠に,銘板を発見してしまった.
3078c
本誌の19頁に掲載した写真を思いっきり明るくし,右端だけをトリミングして切り出した結果が,この画像である.

ブレーキハンガーの左側,台枠側面に楕円形の銘板の下半分が見えるだろう.文字は…読み取れない.取り付け位置は,足踏みブレーキの反対側.セオリー通りである.
 ということは,もう1輛のトム11にも残っている可能性があるというわけである.取り付けられているとすれば,里見駅では貨物扱いホーム側ということになる.バッファー痕のある端梁の写真は,まさにそちら側からの撮影である.台枠,観察したはずなのになぁ…….

※2021.09.03:タイトル小修正

////隠す用
自社広報

今月の とれいん もうご覧いただけただろうか.
 僕の担当は小湊鐵道だった.今回の取材でも,記憶に残るできごとがたくさんあった.なにより,路線が2ヵ所に亘って寸断されているという,困難な時期であるにもかかわらず,親身になって対応してくださった小湊鐵道の皆さんには,心から感謝しているところである.ありがとうございました.
 そのおかげで纏めることができた今回のMODELERS FILE.キハ200を14輛全部についてご紹介するとともに,唯一の非冷房現役車となったキハ209については形式写真や車輛内外の細部写真,真横観察など,実物ファンにもモデラーにも存分に楽しんでいただける内容になったと自負しているところである.
 それに加えて,他誌ではなかなか目が向けられない貨車についても,創業以来の古典貨車に加え,今年になってから新たに購入された2輛のホッパー車と3輛の長物車も経緯や用途などをご紹介した.
 半世紀以上に及ぶ小湊鐵道の“静寂”を破った,元JR東日本のキハ40についても,もちろん紹介している.折しも,先行の2輛のうち1輛が取材途上の7月10日から,一般の営業運転に就役しはじめた.残る4輛,とりわけ,7月末になって搬入されたばかりの3輛の動向については未確定の部分が多く,その詳細については,次のお楽しみ!


取材しておきながら誌面に反映することができなかった題材も,いつものことながら多い.
そこで,せめてこのブログで,一部だけでもお楽しみいただこう,というのが今週のテーマである.

ではなにを……と,さんざん悩んだのだけれど,結論は,駅.そのトップはいうまでもなく,里見である.
 20年ほど前,初めて訪問した時には,無人駅で,行き違い設備も撤去されていたと記憶している.それが今では,駅員さんが常駐し,線路やホームも整備されて上総牛久駅に継ぐ,立派な基幹駅となっている.
 加えて,昨年になって五井機関区から移動してきたという,2輛の無蓋車と1輛の有蓋緩急車が,実に何とも風雅なアクセサリーとして,この駅をひときわ引き立てている.
G8A_3116
記事のタイトルカットには駅に進入してくるキハ208と貨車の取り合わせをお目に掛けたが,そこから振り返った風景が,これである.列車後尾なのだから,本当ならば尾燈を燈しているはずなのだが,入換作業に備えて前照燈が点いたものだから,駅本屋と気動車を主題にした,別の1枚の絵を描くことができてしまった.

え?右側通行なんて不自然……ではない.昔から,私鉄でも国鉄でも,例えば行き違いがない場合には駅本屋にもっとも近いホームに列車をつけて発着させることが,当たり前に行なわれてきた.むろん,それなりの信号設備が備わっていることが条件ではあるが.
 ちなみに小湊鐵道ではそのような設備がないので,例えばこの里見での折り返しに際しては,係員の誘導によって飯給(いたぶ)方に引き上げて2番線ホームに据え付けられる.1番線と2番線の間には中線があるのだけれど,五井方には車止めがあって通り抜けることはできない.行き違い設備復活に際して配線変更がなされたものらしい.いずれ,この駅から発していた砂利取り線のことを含めて,探究してみたいと思っている.

続いては……もうひとつの基幹駅である上総牛久……ではなく,上総中野方の隣りの駅である飯給へ向かった.
DSCN0270
どこをどう読めば“飯給”が“いたぶ”になるのか,とにかく“いたぶ”である.今では正真正銘の無人駅である.線路を挟んでホームの反対側は桜並木となっていて,春には,やっぱり一幅の絵が描かれる.

この飯給の駅には,10年ほど前,もうひとつ名物が誕生している.それはギネスブックへの登録を目指して建設された,巨大トイレである.
DSCN0256
この板囲いの中が,トイレである.残念ながら(?)女性専用ということで,内部の写真は,ない.

残念ながら登録はならなかったらしいが,この広々とした空間,それも屋根のない,青空や星空の下で用を足すというのは,どんな気分だろうか,いつの日にか体験したいとは思うが,それは,たぶん,叶わないだろう.
 訪問した時点では,この駅に発着する列車はなかった.けれど,8月20日,めでたく復活した.今ごろはきっと,草生した線路も生き返っていることだろう.

そしてようやく,上総牛久……の,前に上総川間に寄り道.
DSCN0165
第2次世界大戦後に開設された無人駅である.だから,駅本屋には,それほど趣きがあるわけではない.

けれどホームの反対側に回ると,風情は一変する.
G8A_3060
ここまで周囲に融け込んでしまっている駅って,現代には希有の存在ではないかと思うのだが,いかがだろう.

そして……
DSCN0158
駅の外れの“勝手踏切”からの光景である.駅だけではなく線路も,どこが境界線なのか.じつにまったく,緩やかな光景である.ずっと失われないで欲しい.

ようやく上総牛久.
DSCN0119
里見とともに行き違い可能駅である.駅の本屋は里見よりも一段立派に見えるが,実際には同じぐらいの大きさのようだ.なぜそう見えるのか,それは,この駅は樹木に覆われていないからではないか,と,思う.ほかの駅の本屋も,同じポリシーのデザインが採用されているが,趣きはその駅ごとに違っている.やっぱり,印象というのは周囲の環境に左右されるのだろう.

……駆け足で4つの駅を巡った.この他にも馬立,上総鶴舞(つい最近,この駅にもユニークなトイレが設置されたとのこと.ぜひ見に行かなくちゃである),海士有木,上総山田……奥の方には,もっともっと.

それらは,また次の機会に!


////隠す用
自社広報

今日の午後,JR東日本の宇都宮運転所で,日光線と東北本線用E131系の報道関係向けお披露目が催された.
G8A_5726
日光方から見たE131系600番代第2編成.編成番号はTN2.明るい海色だった房総地区用から,205系日光線仕様から引き継いだレトロ調の茶濃淡の帯がシックである.製造は総合車両製作所の新津事業所である.宇都宮運転所 2021-8-19

E131系は既に千葉地区での営業運転が始まっている.本誌でも6月号(通巻448号)のMODELERS FILEとして詳しくお伝えしているが,今回の日光線・東北本線用は,房総地区用が2輛ユニットであるのに対して3輛ユニットとなっていることが大きな違いである.
 また,寒冷地の勾配線区である日光線での使用に備えて,黒磯方先頭車であるクモハE131-601~の運転席上には霜取り用パンタグラフを備え,両先頭台車及び中間電動車の日光方には空転を防止するためのセラミック粉噴射装置を取り付けている.クハE130の屋根上には,房総地区用ではスペースが準備されただけだったブレーキ用抵抗器も,実際に搭載された.

そうそう,先に編成を記すべきだった,この,小山車両センター配置のE131系は600番代となり,編成は黒磯方からクモハE131-601~+モハE130-601~+クハE130-601~である.
 これらのうち,中間電動車モハE131-601~が新形式である.この電動車は,日光方台車だけに主電動機を備え,黒磯方は付随台車とした,いわゆる0.5M(編成で1.5M)方式である.
G8A_5851
黒磯方先頭車,屋根上に,僅かながら,折り畳まれた霜取り用パンタグラフが見える.

主制御装置は房総地区用と同じ日立製作所製ながら,クモハE131がSC126,モハE130がSC127と新形式となっている.電動空気圧縮機と補助電源装置は房総地区用と同様のタイプをクハE130に取り付けている..
DSCN0588
2群の装置がおさまる装置箱のうち片側だけを使ったような,特異な外観の,モハE131用主制御装置SC127.日立製作所製である.

さて室内.一部に向い合わせ式のクロスシートが採用された房総地区用と異なり,オールロングシートである.トイレはクハE130に大型車椅子対応タイプが設備された.
G8A_5903
クハE130の客室を運転室側から見る.一番奥がトイレである.腰掛の表地は,車体の帯色と軌を一にした茶濃淡を採用.鴨居部には千鳥状に情報表示装置を取り付け.側扉脇には半自動扱い開閉スイッチが設けられている.防犯カメラは両車端妻板上部に装備されている.
G8A_5861
運転室.基本的な機器配置は房総地区用と同じである.運転席頭上に車外ホームの様子を映し出すモニターが備えられているのも同様である.

さてこのE131系600番代,全部で15編成が投入される予定となっている.配置は小山車両センターである.8月上旬に最初の2編成が到着し,続く第3,第4編成も新津付近の信越本線で試運転を行なったのが目撃されている.
 15編成のうち2編成には線路設備モニタリング装置が取り付けられるが,房総地区用と同じように,番号が区分されるのだろうか.興味津々である.
 営業運転開始は来年春頃とアナウンスされている.

E131系は,この他に相模線へも投入される.こちらは500番代の4輛ユニット2編成が,7月12日と27日に国府津車両センターへ配置されている.全部で12編成48輛を投入の計画.営業運転開始は日光線・東北本線よりも早い秋頃の予定と発表されている.報道公開が待ち遠しい.

※2021.08.20:ブレーキ用抵抗器記述追加

↑このページのトップヘ