モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

先週,“西武鉄道小手指車両基地に後部標識板を装着した10000系電車がいるよ”という知らせがあった.側窓には発駅が新秋津で着駅が魚津という車票が貼られているという.この春に池袋線から引退した10000系が,どこかへ譲渡される……魚津といえば,富山地方鉄道だろうか.ということで,発日として記されていた日曜日に,新秋津へ出かけてきた.
E8A_8068
新101系の全電動車編成263に牽かれた10000系4輛は既に停車していた.

10000系の番号は新101系方から順に
10102+10606+10206+10106……あれ?10102って……わざわざ方向転換して組み込んでいることになる.中間の2輛は,どちらもパンタグラフ付きの電動車である.10206には補助電源装置や電動空気圧縮機,パンタグラフを取り付け,10606は主制御装置とパンタグラフを備えているから,これで電動車1ユニットということになる.主制御装置は10,506にも取り付けられていたわけだから,そっちでもよかったのではないかとも思うが,なにかの理由があってのことだろう.
 両先頭車はトイレを備えていることは共通ながら,西武秩父・池袋方先頭車だった10706は普通のトイレであり,飯能方先頭車である10106と10102のトイレは車椅子対応トイレであるという違いがある.それよりなにより,側扉の数が,前者は1枚で後者は2枚という,大きな相違点がある.譲渡先での使い勝手を考慮したものだろう.
E8A_8073
反対側にはEH200-13が連結済みだった.

発車までには,まだ間がありそうだったので,東所沢へ先回りして.駅の出外れの陸橋で通過を待ち構えることにした.
 既に何人かの同好の士が待ち構えていたが,実に穏やかで和気藹々,雑談しながら列車を待った.
E8A_8090
やってきた10000系4輛.10000系がよく見えるように考えたのと,架線柱の処理に悩んだ末で決めたポジションだったが,細いケーブルが車体に掛かってしまった……
E8A_8097
それっと道を渡って(もちろん,クルマや人の往来を確かめて,安全に)見送る.新秋津で進行方向が変っているから,手前は10106ということになる.


着駅が魚津ということは,譲渡先は富山地方鉄道であることに間違いなく,実際,魚津からは富山地方鉄道の電車に牽かれて稲荷町の車庫に搬入されたとの目撃情報を得ている.

富山地方鉄道には初代レッドアローの5000系が譲渡されて16010系として活躍しているから,四半世紀ぶりの再会を果したことになる.

これからこの4輛はどのように整備されることになるのだろうか.いまのところ富山地方鉄道からはなにも発表されていないので,真実は不明である.
 けれど,5000系改め16010系の前例,そして現地の輸送事情を考慮するならば4輛そのままでの使用は考えづらい.
 2輛の電動車のうちどちらかは,パンタグラフを含めて電気関係部品を,どちらかの先頭車に移植しての3輛編成となるのではないか.それとも,中間車の機器類を両先頭車に移植しての2輛編成化だろうか.
 あるいは……まさかまさまの妄想として,中間電動車の片側に運転室を新設しての2輛編成化はないだろうか.別編成の電動及び制御機器が別送で富山に送り込まれている必要があるし,車端部にある側扉の移設または車体延長が必要になる.まぁ,現実的ではあるまい.
 トイレは,16010系でも使用されていないので閉鎖,または撤去されるだろうか.
 形式はどうだろう.同社では通常,電動車の出力にちなんだ数字が充てられることになっている.ということは,種車の主電動機をそのまま使うとなれば,定格150kWだから換算で200馬力.ということは初の2万番代,20000系となるのか?こちらも興味津々である.
D8A_8385
僕が(多分)西武線内で記録することができた10000系第2編成の飯能方先頭車10102.今年3月1日の夕刻,飯能行き“むさし23号”の先頭に立って練馬高野台を通過する勇姿である.


////隠す用
自社広報

西武鉄道新宿線にドラえもんが登場した.名付けて“DRAEMON-GO!”.
E8A_7779

上石神井車両基地で開催されたお披露目式.テープカットに臨むのは,右から喜多村樹美男 西武鉄道代表取締役社長,梅澤道彦 シンエイ動画代表取締役社長,伊藤善章 藤子・F・不二雄プロ代表取締役,岩上 宏 西武鉄道上石神井駅管区長.ドラえもんは,残念ながら雨天のため欠席となった.


ラッピングされた電車は30000系8輛口の第1編成である38101.
E8A_7828
側面はドラえもんのテーマカラーであるブルーに覆われ,正面と側扉が“顔”に仕立てられた.側扉は1枚おきである.
E8A_7894
その側扉.窓が目玉,その下に赤い鼻,左右にヒゲ,そして鈴と赤いリボンが,直線的にデザインされていて,すっかりこの電車に融け込んでいる.ラッピングと関係あるのかないのか,車号の書体が変化しているのにも気付く.
E8A_7900
先頭車の乗務員扉脇には“50th”文字とドラえもんが.これはコミック連載開始から50周年を迎えた記念のロゴマークである.

お楽しみはまだこれから.客室に入ってみれば……
E8A_7981
一面のドラえもんである.腰掛の表地や吊り手は“ドラえもん色”のブルーに装いを改めている.袖仕切りには,有名なタケコプターをはじめとする各種ひみつ道具を駆使している,さまざまなドラえもんが描かれている.さて,左に見えるドラえもんがもぐりこもうとしている穴は,なんでしょうか.

数え切れないほどのドラえもんのひみつの道具のなかで,もっとも知られているのは,なんといっても,どこでもドアだろう.これが登場しないわけはないのだがと思ったら……なんと!
E8A_8014
“どこでも貫通扉”だった.反対側からみれば,ちゃんとドラえもんの背中が描かれている.

車内幕板や天井の中吊り広告も,もちろんドラえもんづくしである.そのテーマは,11月20日からの公開が決定したアニメ新作“STAND BY ME ドラえもん 2”.大人になったのび太としずかちゃんの結婚を巡るラブストーリーも織り込まれているという.

この電車の楽しみは,まだ終わらない.
E8A_7961
腰掛の背摺に4次元ポケットがプリントされていて,あたかもドラえもんのひざの上に座っているような気分を味わうことができるのである.

まったく至れり尽くせり.なおこの表地には,クラボウが商品化している抗菌・抗ウィルス機能繊維加工技術“CLEANSE(クレンゼ)”を取り込んだ,住江織物製のモケットが採用されている.

さてこの30000系38101編成,今日,10月8日の夕方から営業運転に就役している.明日以降は一般の運用に組み込まれ,主に新宿線,拝島線,多摩湖線で使われることになっている.
 スマートフォンをお持ちの方なら,“西武線アプリ”の中の列車走行位置画面で,運転中のこの編成の現在位置や列車種別,行先などを確認することができる.もちろん,仕業に就いている時に限るが.
 運行期間は今のところ,“当面の間”とだけ発表されている.今後の動向が気になる…….
 なお,9月3日付けのここで写真をお目にかけた,池袋線の40000系40151編成に施されている“映画ドラえもんのび太の新恐竜”ラッピングは,予定通り10月中旬で終了するとのことである.


////隠す用
自社広報

カメラマンの松本正敏です。
2020年10月1日に鉄道博物館で10/3から開催される新収蔵資料展「鉄道写真家南正時作品展~蒸気機関車のある風景~」の内覧会にお邪魔してきました。
この度鉄道博物館へ鉄道写真家・南正時さんより寄贈される蒸気機関車を中心とした作品の中から約70点を博物館内スペシャルギャラリーに展示されます。
半世紀にわたる鉄道写真家としての作品の中、北海道から北陸地方までの日本の自然と生活のある風景を走る蒸気機関車の姿を中心に写真展示され、南さんが撮影に使用されたカメラや著作物の一部も展示されています。
また、鉄道博物館所蔵の蒸気機関車の模型(1/15)も展示され写真と模型が同時に楽しめるようになっていました。
内覧会では南さんに撮影時の思い出を語っていただきました。途中、我が師匠と機関車談義になるハプニング?(笑)もありましたが、とても和やかな内覧会でした。
本来会場の写真撮影は禁止ですが、取材として撮影許可いただきその様子を紹介いたします。
鉄道写真家の大先輩の写真展。とても素敵な写真展でした是非お出かけ下さい。

会期: 2020年10月3日(土)~2021年1月11日(月・祝)
会場: 鉄道博物館 本館2階 スペシャルギャラリー1
入場料:無料ですが、鉄道博物館の入館料のみでご覧いただけます

※展示の開催に合わせて南さんのトークショウが以下のスケジュールで行われます。
開催日:2020年10月10日(土)・11日(日)・14日(水)
時間:①13:00~ ②15:10~(各回約1時間)
場所:本館2F スペシャルギャラリー前
料金:無料(入館料のみ)
定員:各回20名(着席)立ち見でも参加OKですがソーシャルディスタンスにご協力を

鉄道博物館について
開館時間  10:00~17:00 (入館は16:30まで)
    ※新型コロナウイルス感染防止のため、開館時間を短縮しております。
休館日    毎週火曜日、年末年始
アクセス    JR大宮駅よりニューシャトル
    「鉄道博物館(大成)駅」下車、徒歩1分

入館料 ※価格はすべて税込み


一般     小中高生   幼児(3歳以上未就学児)
前売料金(前日まで) 1,230円   510円 210円
当日料金1,330円  620円310円
その他詳細は鉄道博物館ホームページをご覧ください。

Z6F_1095_01
Z6F_1017_01
Z6F_0998_01
Z6F_1049_01
Z6F_1044_01
Z6F_1013_01
Z6F_1088_01
Z6F_1024_01
Z6F_1073_01
Z6F_1102_01
Z6F_1113_01
Z6F_1129_01
Z6F_1136_01
奥様と。


////隠す用
自社広報

秩父鉄道沿線には何度も通っている.とれいん平成20/2008年10月号の本誌で特集を組んだ際はもちろんのこと,それ以前の平成18/2006年5月号では国鉄165系改め3000系と西武鉄道から譲り受けて急行電車用に改造した6000系を紹介している.12系客車は平成24/2012年6月号だった.元東急8090系の8500系は平成25/2013年6月号で紹介した.
 鉄道を離れ,釜山神社という山の上のお宮さんへの初詣や,秩父地域一帯でしか売っていないお酒を買い求めるための訪問も数知れない.
 ところが2020年に限っては,山の空気を味わいたいと思いつつもチャンスは巡ってこず,気づけば秋となった.
 今年は“SLパレオエクスプレス”の運転がない.C58 363が全般検査を受けているからである.その代わりに電気機関車が牽引していることも承知していた.“いちぶんのいち情報室”でお伝えしているとおり,このところ秩父鉄道の電気機関車がとてもカラフルになっているから,それらが12系客車を牽くシーンは,ぜひとも記録しておかねば…とも思ってはいた.
 それがつい先週,何気なく秩父鉄道のウェブサイトを眺めていたら,画面に“ELパレオエクスプレスの運転は9月27日まで”というお知らせがあった.
 気づいてしまったからには行かねばならぬ.ということで,天気図を睨み付けて決めた訪問日が,本当の最終日,9月27日であった.

秩父鉄道では全線乗り放題の“秩父路遊々フリーきっぷ”を発売している.羽生から三峰口まで片道と,あと少し乗れば“元が取れる”値段である.長瀞以西に限定すれば,もっと安い.そして西武鉄道沿線の住人のためには,西武の割引運賃とセットになった“秩父フリーきっぷ”も用意されている.僕が後者を握りしめていたのは,いうまでもないこと.

さて当日.お昼前に御花畑の駅に到着した僕は,どこで写そうかと三峰口方先頭車に陣取って沿線の下見.そうしたら武州中川の駅に到着時,構内が橙色の花で覆いつくされているのが見えた.それっと飛び降りたのだけれど,同じ思いだったのだろうか,何人かの同好の士も席を立った.
E8A_7532
橙色の花に包まれるようにして武州中川を通過する“ELパレオエクスプレス”.先頭は赤い506.2輛目はピンクだから504だろう.ゆっくりゆっくり走る列車を見送る駅員さんの姿が印象的だった.

さてこの橙色の花,形はコスモス(秋桜)に似ているのだけれど,こんな色のコスモス,僕は見た記憶がない.
E8A_7514
これがその花のクローズアップである.雰囲気に共通点は多いけれど,花びらの付き方が違うような気がするし,葉というか茎も異なっているんじゃないかと思う.

疑問の解明は帰宅後のこととして,ひとまず続行列車で三峰口へ向かうことにする.けれどやってくるまでには間がある.そこで少し駅の観察…….
DSCN5184
時の流れが止まったようなホームと上屋.画面左手は普通の貨物側線で,今でも木材がたくさん置かれているから,なんだか貨物扱いが続いているような雰囲気.右手にはかつて,石灰石の積み込み場があり,山懐までインクラインの線路が敷かれていた.

この石灰石運搬の線路は,昭和50年代のとれいん誌上で松井大和さんが記事にしてくださっている.最近では平成28/2016年3月号(通巻495号)で信沢あつしさんが“線路は続くよいつまでも”のテーマとして採り上げておられる.
DSCN5176
駅本屋も,少なくとも僕が記憶にある昭和50年代から,なにも変っていないように思える.秩父鉄道の,ほとんどの駅はこの武州中川と同じように,昔の面影を自然な形で保っている.少なくとも昼間は無人駅になっていないこともあって,趣味的にはとても好ましい状態といえる.

そして三峰口.
E8A_7577
“ELパレオエクスプレス”は,既に機回しを終えていた.今度は504が先頭に立つ.

以前から何種類かの異色機は存在していたものの,このところで急速にカラフルになったのは,今年の夏に開催されるはずだった東京オリンピックのためなのだそうである.
 そのオリンピックの聖火リレーコースにこの地域が含まれており,秩父と親鼻の間では客車で聖火を運ぼうという企画がたてられ,その牽引機として色を増やしたという.
 現在のバリエーションは,302が水色,502が黄色,504がピンクに白帯,505が緑色と白帯,506が赤色である.加えて201が黒にデッキ周辺警戒塗装となっているが,これは“SLパレオエクスプレス”をサポートするのにふさわしい色,ということのようである.
E8A_7572
広々とした転車台の周辺.昨年春まで“鉄道公園”として展示されていた機関車や電車や貨車たちは,きれいさっぱり消え去り,この夏に“SL転車台公園”として再整備されたから.秋には正式オープンの予定である.

復路の列車は武州日野の近くの鉄橋で撮った.その頃から空に雲が急速に増えたものだから,秩父駅の売店に立ち寄って長瀞の酒蔵で醸造された酒を仕入れ,御花畑から飯能行き直通列車に乗って帰路につくこととした.
 こうして久し振りの秩父行を終えたわけだが,家では宿題をこなさねば……と,調べてみたところ,よく知られているコスモスとは,出自は同じメキシコなど中米であり,同属ではあるものの別種であって,交配のできない関係にあるという.和名はキバナコスモスといい,その名の通り,もっと黄色い花をつける種もあるようだ.大正期に日本へ渡来しているらしいが,ではなぜ,これまで僕の印象Jに残っていないのだろうか.それがちょっと不思議.こちら方面も探究をはじめれば,奥の深い世界に誘い込まれそうである.


////隠す用
自社広報

今年は伊豆半島東海岸に縁が深かった.JR東日本の特急“踊り子”交代劇にともなう新旧車輛をMODELERS FILEで紹介しようということになったからである.

伊豆半島へ初めて行ったのは昭和38/1963年の夏休み,家族旅行の途上であった.初めて東京というところを訪問したこの時のことは別の機会にも,何度かお話したことがあるかもしれない.
 伊豆急は開業してからまだ2年.あのハワイアンブルーの電車のことは,なにも覚えていない.だから,行ったのは伊東までで,伊豆急行線内には足を向けていないのかもしれない.どこかに片付けてあるはずのアルバムを見れば,全ては判明する,はず,だが.

その後は昭和40年代末に会社の着物部門との合同社員旅行で伊東の保養所に行っただけで,昭和50年代末の家族旅行まで間があく.その後も,伊豆高原での報道公開には毎年のように通い続けてはいるものの,日常の風景は伊東の親戚訪問のついでにスナップはしているものの,貨物列車や100形などの本格的な走行写真は,ついぞ撮影しないままに終わってしまった.

そんな中で,伊豆稲取と片瀬白田と,そして川奈の鉄橋…ちゃんとした名前は知らない…は,何度か訪問したことがある.
dsc_0018R
僕にとって初めてのデジタル一眼レフとなったニコンD200の初撮影は,川奈の鉄橋であった.2007年4月21日.やはり親戚訪問の帰り道,だったと思う.

なんだか色調が気に入らなかったのだけれど,このブログに掲載しようと思ってニコン純正のViewNX-iというソフトウェアでホワイトバランスを“晴天”に,ピクチャーコントロールを“風景”に変更しただけで,見違えるように,引き締まってしまった.
i7a_6835R
続いては2011年の大晦日,朝である.被写体は,ハワイアンブルーのリバイバル塗装をまとったリゾート21.でも主目的は,やっぱり親戚訪問であった.

そして今年.冒頭で記した理由によって,2月の251系に始まり4月のE261系,そして今回のE257系2000番代と伊豆詣でが続くことになった.

前もって撮影場所をいろいろ研究して思案をめぐらすのは昔から変らない.ただ,かつては1/25000地形図がほとんど唯一の頼りだったのが,現代では衛星写真が日常的に利用できるのが大きな変化といえる.まぁそれでも,実際に出向いてみたら線路脇の下草が生長していたり周辺で道路工事や建物の建築工事が進行中であったりということも,多々ある.だから,現地へ到着してみるまでヒヤヒヤである.
 日射しの加減も大切.時刻表と時計と雲の動きを睨み合わせながらドキドキドキドキ.曇り日ならではのポイントで待っていたら,お目当てがやってくる直前に雲が切れて完全逆光になってしまう…こともある.
 狙っていた列車が来ない.これも天候と同じく,だれをも責めることができない,大切で決定的な要素である.

これらすべての条件がクリヤーされて列車が見えて……まだ安心はできない.人や車や虫や鳥は,いつ,どこへでも現われる.パトカーが御召列車と併走してくることすら,ある.それは幸い,僕自身の体験ではないけれど.
D8A_7954
久し振りに訪問した川奈の鉄橋は,谷間の樹木によって上路トラスの大部分が隠れてしまうようになった.その中の1本は飛び抜けて育ち,架線柱より高くまで伸びていた.おまけにこの日は東海道本線に障害があってダイヤが乱れていた……写真は上り“スーパービュー踊り子”の直前に富戸へ向かって行った普通電車.もう,ギリギリである.2020-2-21

この撮影ポイント,飲食店の駐車場だったのが,建築関係の事務所の駐車場になったため,余所者が客として立ち入ることはできなくなった.この時は事務所の方が承知してくださったからよかったのだけれど,大勢が同時に押しかけたら,やっぱり迷惑だろう.
 ということで,8月の訪問では,誰でもいつでも自由に撮影することができる,国道の道路端でポイントを探してみた.
E8A_6778R
真夏の午後3時頃だから,太陽が山に隠れる心配はない.しかし問題は谷間に“生える”たくさんの電柱である.2020-8-21

あれほど樹木の背が高くなっているのに,それを上回る生長ぶり……いや,そんなことは冗談にもあり得ない.昔からのポイントは,やっぱりよく考えた末の選択の結果なのだということを再認識させられた.
 でもトラス桁はよく見える.さて,どっちを採るべきか.
 丹念に時間をかければ,もっとよい角度が得られる可能性はある.精進せねば.



↑このページのトップヘ