モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

京都市電2号電車……いわゆるN電が国の重要文化財に指定された.このところ,230形蒸気機関車に始まって院電ナデ6141東京地下鉄道1001ED1610000(EC40)蒸気動車ホジ6014と,鉄道車輛が毎年指定されるようになったのは,喜ばしいことである.

N電…残念ながら,僕は趣味的に眺めることができなかった.京都へは家族で何度も出かけていると思うのだが,子供心にも,残っていない.
 それだけに,憧れというか悔しさはひとしおで,いずれなんらかの形でまとめてみたかったテーマであった.

N電…これは我々のような趣味人にだけ通じる愛称であって,路線名としては京都市交通局堀川線というのが正しいようである…は,京都駅前から北野までの,きわめて短い距離を結ぶ電車ながら,その沿線は変化に富んでいた.
TBB29005
高崎の田部井康修さんが昭和29/1954年に撮影された,西洞院松原でのN113号電車.狭い狭い街路を走り抜ける,N電沿線の代表的な表情のひとつである.ちなみに写りこんでいる洋食店“吉長亭(よしちょうてい)”は,今も盛業中とのこと.写真:田部井康修

田部井さんがN電,それも昭和20年代の姿を記録しておられることは,かねてアルバムを拝見していたから知っていた.そのどれもが未発表ということなので,今回のグラフに提供していただいた次第.それにしても昭和29/1954年撮影のカラー写真は,貴重であるばかりでなく,ほとんど褪色していないことにも驚かされた.
HG016
N電沿線のふたつ目の表情は,京都らしからぬ(?)広々した空の下を走る堀川沿い.通りの西側には二条城の白い壁が展開している.番号の頭の“N”が取れて一斉改番されてからの姿である.レイルに掲載したのはトリミングしているが,ここではほぼノントリミングでお目に掛けよう.写真:J.Wally.HIGGINS

J.Wally.HIGGINS=ヒギンズさんのことは,レイル読者にもNo.78に掲載の“宇治川のおとぎ電車”でご存じだろう.今回,縁があってヒギンズさんのネガやポジを管理している名古屋レール・アーカイブスとの協力関係により,ヒギンズさんのモノクロ写真を,レイルで順次ご紹介できることになった,その第1回目のテーマが,N電というわけである.
 年が明けた1月に発売予定のNo.118における第2回目のテーマは,“東京・山手線をめぐる”.こちらもお楽しみに!

話が少し逸れた.

京都駅前から北野までの沿線風景は,福田静二さんから提供の所蔵写真を主体として構成した.最初は“同じ場所が何度も出てきて飽きないか”と懸念したが,並べてみたら,時代ごと,季節ごとに表情が大きく異なっていて,とてもバラエティ豊かなグラフページとなった.

N電の探求でやっかいなことのひとつ……それがほとんど全てではあるのだが,京都市に買収される以前の資料が,ほとんど全くといってよいほどに残されていないのである.
 電車そのものについても,製造所銘板に梅鉢鐵工場の名はあるものの,肝心の製造年が記されていない.
 だから,N電,京都電気鉄道(略して京電)の歴史解明は困難極まりないものだった.
 ところが今回は,地元の皆さんが情熱を燃やしてくださり,とりわけ遠藤晃一さんは,なんと,交通局で保存されていた膨大な資料を分析して,番号の変遷ばかりでなく車体寸法や材料の相違,台車や主電動機の種類などについて,詳細極まる表を作成されたのだった.その表は,理解しやすいように彩色もされていて,さて,カラーページの乏しいレイルで,どのように扱うことができるのか,しばし悩んだのだったが,やはりオリジナルを尊重する以外になかろうということで,カラー8頁のうち2頁を,この表に充てることにした.
 でも,出来上がってみたら,その効果は絶大でとても見やすく,思い切ってよかったと,密かに自画自賛したことである.
 京都市交通局所蔵資料からは,車体や台車の組立図を含む,たくさんの図面も掲載することができた.

京電の探求といえば,同志社大学職員であり鉄道同好会の顧問だった大西友三郎さんが第一人者だろう.その成果は地元新聞社の連載や鉄道友の会京都支部講演,鉄道ピクトリアルの京都市電特集号などで発表されている.
 大西さんは,歴史調査のみならず,模型製作も写真撮影も趣味としておられ,その写真や資料の多くは,今では福田静二さんの手元で大切に保存されている.
 今回のレイル刊行に際しても,その成果は随所に散りばめられているし,そもそも表紙の写真が,大西さん撮影による北野終点での8号である.
NOF02-3
北野神社の鳥居前,今出川通りを挟んで南側にあった,N電の停留所に停車中の8号.北野の終点付近の線路は変更が行なわれており,鳥居の位置だって時代によって異なる.そういうことは,“大阪もん”の僕では,なかなか気付くことができない事実であった.鳥居と8号の間を京都市電今出川線の架線が横切っている.トリミングはレイルの表紙と少し異なるが,鳥居の全景を入れるために電車を左に寄せているのは大西さんの意図を活かしたつもりである.写真:大西友三郎

昔,西尾克三郎さんから頂いた明治期の京都市内電車のアルバム写真も,ようやく日の目を見させることができた.石井行昌子爵が撮影された市内風景で,写っている電車は,のちのN電ではなく,京都市に引き継がれなかった小型車ばかりだが,沿線風景の多くは大きくは変わっていない.なおかつ,“これらの電車とN電とは異なる車輛である”という証しとするためにも掲載したかったものである.
21-01
北野のすぐ手前,下ノ森に停車中の七条行き電車.このあたりの風景は現在では大きく変わっている.なおレイルでの写真説明では“燈篭の跡地は三角形の小さな溘焉として残っている”と記しているが,“燈篭の跡地は三角形の小さな公園として残っている”が正しい.なんという誤変換.写真所蔵:前里 孝

最後は,海を渡ったN電.米国の実業家であるゴールドマンさんが譲り受けて南カリフォルニアに現存する19号のレポートである.最初は僕自身の“手前味噌”で1981年夏の訪問記.そして2020年2月に現地を訪問された蔵重信隆さんが寄せてくださった現状報告である.写真で見る19号は,40年前とほとんど変わらない姿を保っているのが嬉しい.動態であるかどうかは判然としないが,アグレッシブな彼らのことである,きっとその気になれば,すぐに走り出すことが可能になるだろう.
34
さまざまな1,067mm軌間の車輛たちと一緒に,なかよく車庫で休む19号.空気が乾燥しているカリフォルニアならではの保存状態である.2020年2月24日 写真:蔵重信隆

ということで,1冊まるごとN電,という本が出来上がった.京都市電の本はこれまでに数えきれないほど刊行されているが,100頁にも及ぶ大冊で“N電だけ”というのは,ほとんど例がないと思う.
 正直なところ,今だからいえることだが,不安がないわけではなかった.けれど今のところは,各方面からお褒めをいただいている.いやそれはひとえに,資料を詳しく調べて原稿を執筆して表をまとめた遠藤さんたちや,解説などにお骨折りくださった福田さんたちの情熱とご協力の賜物である.
 探索に難渋を究めた保存車2号の写真を,N52号時代の原形と昭和初期,そして現役最終期の姿を揃えて収録することができたのも,そのお蔭である.
 京都市や交通局,平安神宮や北野商店街,京都府立京都学・歴彩館などからの格別のご厚意にも,心から御礼申し上げます.


////隠す用
自社広報

T2101

とれいん2021年1月号 ‟特集:小田急電鉄”が12月21日に発売となりました!
早速、お買い求めいただきました皆様、ありがとうございました。

なお、これからお買い求めいただくご予定の方もいらっしゃると思いますので、
多数お取り扱いいただいている書店の一部を下記にご紹介します。
ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。

なお、ご紹介した書店でも品切れの可能性がございますので、最新の在庫状況をそれぞれの書店に確認してくださいますようお願い申し上げます。
(※注意:弊社では各書店の最新在庫状況を把握することはできません)

【主な書店一覧】
旭屋書店 新越谷店
旭屋書店 なんばCITY店
東京旭屋書店 池袋店
東京旭屋書店 船橋店
アバンティ ブックセンター 京都店
あゆみBOOKS 杉並店
井戸書店 神戸市
オリオン書房 ノルテ店
カドヤ書店
喜久屋書店 宇都宮店
喜久屋書店 倉敷店
紀伊國屋書店 梅田本店
紀伊国屋書店 吉祥寺東急店
紀伊國屋書店 京橋店
紀伊國屋書店 熊本光の森店
紀伊國屋書店 神戸阪急店
紀伊國屋書店 笹塚店
紀伊國屋書店 新宿本店
紀伊国屋書店 西武渋谷店
紀伊国屋書店 玉川高島屋店
紀伊國屋書店 横浜店
ACADEMIA 港北店
ACADEMIA くまざわ書店 津田沼パルコ店
ACADEMIA くまざわ書店 東急プラザ蒲田店
くまざわ書店 アピタ宇都宮店
くまざわ書店 綾瀬店
くまざわ書店 イトーヨーカドー大森店
くまざわ書店 稲毛店
くまざわ書店 エスパル仙台店
くまざわ書店 エミオ池袋店
くまざわ書店 大手町店
くまざわ書店 大船店
くまざわ書店 勝田台店
くまざわ書店 公津店
くまざわ書店 甲子園店
くまざわ書店 相模大野店
くまざわ書店 相模原店
くまざわ書店 サンリブもりつね店
くまざわ書店 品川店
くまざわ書店 高崎店
くまざわ書店 鶴見店
くまざわ書店 天王寺店
くまざわ書店 沼津店
くまざわ書店 八王子店
くまざわ書店 東大和店
くまざわ書店 福島エスパル店
くまざわ書店 ペリエ千葉本店
くまざわ書店 本厚木店
くまざわ書店 馬込沢店
くまざわ書店 ランドマーク店
くまざわ書店 和光店
啓林堂書店 学園前店
啓文堂書店 笹塚店
コメリ書房 鈴鹿店
三省堂書店 池袋本店
三省堂書店 海老名店
三省堂書店 小田原店
三省堂書店 下北沢店
三省堂書店 成城店
三省堂書店 名古屋本店
ジュンク堂書店 芦屋店
ジュンク堂書店 池袋本店
ジュンク堂書店 大泉学園店
ジュンク堂書店 大阪本店
ジュンク堂書店 大宮店
ジュンク堂書店 吉祥寺店
ジュンク堂書店 近鉄あべのハルカス店
ジュンク堂書店 三宮店
ジュンク堂書店 三宮駅前店
ジュンク堂書店 天満橋店
ジュンク堂書店 西宮店
ジュンク堂書店 姫路店
ジュンク堂書店 藤沢店
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店
丸善ジュンク堂書店 盛岡店
書泉グランデ
書泉ブックタワー
代官山 蔦谷書店
大和書店
竹島書店 江古田南口店
ときわ書房 本店
ときわ書房 本八幡店
ときわ書房 八千代台店
明屋書店 中野ブロードウェイ店
久美堂 本店
久美堂 伊勢原店
久美堂 小田急店
久美堂 玉川学園店
久美堂 本町田店
久美堂 四丁目店
ブック・デポ書楽
ブックファースト アトレ吉祥寺東館店
ブックファースト アトレ吉祥寺店
ブックファースト 梅田2階店
ブックファースト エビスタ西宮店
ブックファースト 新宿店
ブックファースト 宝塚店
ブックファースト デュー阪急山田店
ブックファースト 中野店
ブックファースト 野田アプラ店
ブックファースト ボーノ相模大野店
ブックファースト ルミネ川越店
ブックファースト ルミネ町田店
文教堂 赤坂店
文教堂 伊勢原店
文教堂 すすき野とうきゅう店
文教堂 成瀬店
文教堂 登戸駅店
文教堂 二子玉川店
文教堂 代々木上原駅店
別所書店 修成店
星野書店 近鉄パッセ店
本の店 太陽堂
丸善 京都本店
丸善 津田沼店
丸善 広島店
丸善 松本店
丸善 丸の内本店
未来屋書店 栃木店
有隣堂 厚木店
有隣堂 アトレ恵比寿店
有隣堂 アトレ大井町店
有隣堂 アトレ亀戸店
有隣堂 アトレ川崎店
有隣堂 アトレ目黒店
有隣堂 グランデュオ蒲田店
有隣堂 白旗店
有隣堂 新百合ヶ丘エルミロード店
有隣堂 STORY新宿店
有隣堂 たまプラーザテラス店
有隣堂 テラスモール湘南店
有隣堂 東急プラザ戸塚店
有隣堂 戸塚モディ店
有隣堂 トレッサ横浜店
有隣堂 長津田店
有隣堂 西口店
有隣堂 藤沢店
有隣堂 本店
有隣堂 町田モディ店
有隣堂 ヨドバシAKIBA店
有隣堂 ラスカ小田原店
有隣堂 ららぽーと海老名店
有隣堂 ルミネ横浜店
リブロecute大宮店
リブロ 南町田グランベリーパーク店


////隠す用
自社広報

T2101


【今月のオススメ記事】
小田急電鉄です.東京新宿を起点として相模,箱根,江ノ島,そして近年では多摩丘陵地帯への大切な交通機関として地元の人々に愛され,そして観光客から親しまれてきました.とりわけ小田急ロマンスカーは週末特急の時代からSE車3100形登場,NSE,LSE,HiSE,RSE,EXE,VSE,MSE,最新のGSEまで,連綿と人気を保ってきました.
 今回のMODELERS FILEは,小田急ロマンスカーの中から最新のGSE70000形と最長命だったLSE7000形を採り上げ,通勤車は初のステンレス車である1000形のリニューアル車10輛編成と最新モードの5000形まで4形式を一挙に紹介するという豪華版です.
 懐かしの風景は昭和30年代末から40年代にスポットライトを当て,小田急電車の色と形の変遷,沿線風景の移り変わりを偲んでみました.
 模型作品は9000形,GSE70000形,1000形ワイドドア車,5000形など代表的な車種が16番とNで勢揃い!
 紙成模型塾は小田急初の20m大型車デハ2600形です.今月は先頭車の型紙が添えられています.
 その他の一般記事や好評の連載記事も充実満載です.

【目次】
特集:鉄路を走る色とりどりのロマンス 小田急電鉄  
------全面協力:小田急電鉄

3・92 小田急Nゲージ作品集
            浅野貴雄・大島 仁知(昭和の名列車)・亀田 聡・
            木下 貴博・小林 克也・小林 慧大・徳山 大祐
  4 ロマンスカーミュージアム4月中旬オープン!
  6 カラーグラフ 鉄路を走る色とりどりのロマンス
 16 懐かしグラフ ありし日のロマンス
 20 小田急が一番面白かった昭和40年頃          楠居 利彦
 28 MODELERS FILE GSE 70000形
     最新の展望室付き小田急ロマンスカー まとめ・写真:前里 孝
 35 折込図面 LSE 7000形電車           作図:前里 孝
         GSE 70000形電車     作図:吉田 健太郎(A;Train)
 44 MODELERS FILE 1000形 リニューアル車10連
           写真:箕川 公文・前里 孝・平野 聰(本誌)
 52 MODELERS FILE 5000形
           小田急線の新標準通勤車 まとめ・写真:前里 孝
 64 MODELERS FILE LSE 7000形 最長命の小田急ロマンスカー
                  まとめ・写真:前里 孝(特記以外)
 74 小田急1000形・5000形を作る   小川明人(相模大野模型クラブ)
     ステンレス車の最古参&最新型をプラ板から自作!
 78 額縁顔に魅せられて
     三者三様にキットを組み立てた小田急9000形
                 加藤 勝司・加藤 幸夫・大久保 健二
83 模型で辿る小田急発展史
            伊藤 正光・大久保 健二・箕川 公文・宮下 洋一
 90 70000形GSEを作る
     実車の落成前に製作した作品を大幅リニューアル!
                  下藤 直之(鉄道模型同好会とな会)
100 グリーンマックスエコノミーキット
     小田急1000形ワイドドア車を組む         製作:P.S.
106 Nゲージで綴る昭和の名列車
     第42回 小田急ロマンスカーの系譜         大島 仁知
112 紙成模型塾 第55講 小田急デハ2600形(NHE)
     小田急初の20m大型通勤車を作ろう! Part1   講師:箕川 公文
197 型紙小田急2600形
     先頭車(クハ2650・2850)
     客扉・窓枠・妻面ほか(先頭車・中間車共通)
------------------------------------------------
189 渋谷に装い新たに U-TRAINS & U-TRAINS ANNEXオープン!!
132 N GAUGE EURO REMIX
     第37回【番外編】欧州訪問記(その3)      解説:橋本 孔明
------------------------------------------------
118 線路は続くよいつまでも 第125回 /信沢 あつし
   電気店から発掘された100年前の線路
   長野県諏訪町のマルヤス電気跡地(2020年9月19日)
120 Nゲージ古典機への誘い /小川 謙二
   第24回 HANOMAG(独)
124 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S.
   第89回 細切りのマスキングテープの切り出し
126 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
   第104回 UT5形(2)
   UT6形・UT7形・UT9形タンクコンテナの解説(1)
130 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション
   第20回 溶剤・リターダー(2) /山中 洋
136 台鉄ナビ
   文:邱 浚嘉 翻訳:濱川 真由美
------------------------------------------------
138 新車登場
159 輝け!日本の運転会
160 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
   第114回:箱根登山鉄道モハ1(その1)
161 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
   第80回:JR西日本元日乗り放題きっぷの旅(2020年版)
162 伝言板
184 BOOKS
185 甲種・特大 運行計画 2021年1月
186 各種募集のご案内
188 新車登場INDEX
190 いちぶんのいち情報室
194 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
195 Combo Caboose・掲載広告索引

2020年12月21日(月)発売
特別定価:本体1,836円+税

eshumi-kounyu
amazon

★多数お取り扱いいただいている書店一覧
////隠す用
自社広報

J82

【第82号の主な内容】

特集:
小寺康正作品集・関西本線

関西本線撮影行
C12,C56が往く 雪の飯山線
C61への慕情 奥羽本線 秋田から青森
仙台を走った蒸機たち
---------------------------------------------------------
ペンシルバニア鉄道博物館


とれいん 2月増刊
定価:本体3,000円+税
A4判横綴じ84ページ
(内カラー8ページ)
2021年12月21日(月)発売

eshumi-kounyu
amazon

////隠す用
自社広報

インターネット上のニュースサイトでは,その日のうち…場合によっては報道公開の現場からほぼリアルタイム…に公開されているから,すでにご覧になった方もおられることだろう.誌面用写真の撮影と観察が主目的の僕には,とてもまねのできないことである.
 けれど,時間が経過している分,より詳しい情報をお伝えすることができることも,少なくない.最終的には誌面で詳細をお目に掛けることになるのだけれど,それまでには,さらに時間を要してしまうのが,歯がゆいことも,ある.

今回のJR東日本E235系1000番代も,公開日程の加減からちょっとお待たせしてしまった新車のひとつとなった.
F8A_3232
報道陣の前でポーズをとる,E235系1000番代第1編成基本11輛.正面には青とクリームの“スカ色”グラデーションが施され,側面のラインは従来通りの横方向に“スカ色”がラッピングされているので,山手線用とは印象が大きく変わった.撮影場所は大船電…ではなく,鎌倉車両センターである.

このE235系1000番代は,すでに2018年9月6日づけのここで,その概要をお伝えした.本誌の“いちぶんのいち情報室では,総合車両製作所新津事業所で落成して大船まで回送される様子や,同じ総合車両センターの横浜事業所で製造された2階建てグリーン車の新津までの回送シーンも掲載している.

基本スペックは,MT比は基本編成が6M5Tで付属編成は2M2T.最高運転速度は時速120キロ.主制御装置は山手線用と同じSiC(シリコンカーバイド)素子を使った1C4M方式のSC104-A.電動空気圧縮機はクノールブレムゼ製VV180-T2.0.補助電源装置はSC107-A.
 目新しいのは非常走行用電源装置を設備していることで,6号車モハE234-1201と2号車のモハE234-1301の山側床下に取り付けている.この2輛のモハE234では,蓄電池取り付けに伴って空気ダメの艤装スペースがなくなり,床下から屋根上に移動しているのが趣味的には興味深いことである.
DSCN7057
東芝製の非常走行用蓄電池.形式はMB6という.画面左に見えるのが三菱電機製の主制御装置.
T7B_7750
非常用蓄電池を取り付けた2輛のモハE234は,空気ダメを屋根上に搭載した.写真はモハE234-1301.

線路設備モニタリング裝置も備える予定だが,この第1編成…F01編成には取り付けられていなかった.

さて室内.普通車はすべてロングシートである.トイレは横須賀方先頭車1号車クハE234と6号車モハE234-1201~に大型車椅子対応タイプを設置している.
F8A_3338
腰掛背摺りの青が印象的な普通車客室.袖仕切りは完成予想図よりも大型化されているが,座面近くの“くびれ”はどういう意図だろうか.吊り手の色は灰色となった.奥にみえるピンクの壁は大型車椅子対応トイレ.写真はモハE234-1201.

グリーン車は,これまでのE217系やE231,E233系よりもハイグレードなイメージに仕上げられた.
F8A_3444
グリーン車2階客室.写真は一般タイプトイレ付きの5号車サロE235.通路には朱色のカーペットを敷いて高級感を演出している.座面は赤紫系,背摺りは灰色の取り合わせ.すべての座席に交流100Vの電源コンセントを装備.客室内ではフリーWi-Fiを利用することが可能である.

このE235系1000番代は今後,約4年の間に基本51編成,付属46編成の合計745輛を鎌倉車両センターに投入の予定である.これまでにそれぞれ6編成ずつが落成しており,来週月曜日の12月21日から営業運転を開始する予定となっている.そして年度内には3編成ずつの追加が計画されている.

本格的営業が始まったら,さっそく試乗に行って営業運転が始まってからでないと観察できないことを確かめよう.撮影取材もしなくちゃ! である.


↑このページのトップヘ