モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

   
1月に発売のレイルNo.121は,おかげさまで各方面から大きな反響をいただいている.
 表紙には千葉県の九十九里鉄道片貝駅風景.その表紙を開くと花輪線を走るピーコックの4-4-0機である5500形が顔を出す.今となってはどちらも遠い歴史の中に埋まってしまいそうな鉄道や車輛である.けれど,そういう存在にこそスポットライトを当てて,現代に蘇らせるのが,“レイル”の役割の一つだと思っている.
 九十九里鉄道は,このところお馴染みのヒギンズさん,5500形は,前回のNp.120で煙室延長や斜め煙突のC51などを披露した佐藤 久さんの撮影である.
 ヒギンズさんの関東小私鉄は東武日光軌道線,伊庭r機交通,常陸電鉄,鹿島参宮鉄道,銚子電鉄,総武流山電鉄,九十九里鉄道,小湊鉄道,秩父鉄道,川崎市電,そして江ノ島鎌倉観光と続く.
 解説は関田克孝さんと花上嘉成さんのお二人にお願いした.出来上がってきた原稿は,お二方ともに,いつも以上に,とても熱が入っていたものだから,一つの文章にまとめてしまうのが,とても惜しくなった.そこで,新しい試みとしてお二人の解説を併記することとした.どのような反響があるか,ちょっと不安だったけれど,思いのほか,大勢の方から“面白い方法で楽しかった”などとご賛同をいただいたので,ほっと胸をなでおろしているところである.
HG003_012_009
ヒギンズさんの写真の神髄はモノクロにありと銘打ちながら,今回はカラー写真が1枚,“紛れ込んで”いる.それは銚子電鉄のデハ301.住宅が増えているとはいえ,今でも少しは面影が残っている撮影ポイントだが,注目は,デハ301の塗色である.こんな色の試験塗装が実施されていたのだそうである.君ヶ浜-犬吠 昭和38/1963年12月28日 写真:J.W.HIGGINS

江ノ島島鎌倉観光と聞いて“懐かしい”と思ったあなたは,充分にベテランの域に達している.そう,今の江ノ島電鉄である.江ノ電の愛称はずっと変わらないけれど.
 その江ノ電の昭和50年代の思い出を披露してくださったのは,三浦 衛さん.40年前の思い出だから,既に充分“歴史”の範疇である.
 話題は,江ノ島鎌倉観光という社名の時代としては唯一となった完全新造車であるデハ1000形を宙賃素して,その頃の江ノ電の情景である.今では信じられないかもしれないが,その頃の江ノ電は,平日の昼間などガラガラで,1000形の開発を担当された方から“箱根登山鉄道はアジサイなどでうまく観光客を誘致できているのが,とても羨ましい”という言葉が出たほどである.
MR034
新しいと思っていた江ノ電1000形も,もう登場してから40年以上が経過した.沿線風景も変化がないようなあるような…….ここ峰ヶ原信号場の線路配置だけは,今も変わらない.本書ではヒギンズさんの写真による昭和30年代と,三浦さんの撮影された昭和50年代半ばを対比することができる.この写真は三浦さんが撮影された,ピカピカの1000形と300形の出会い.昭和55/1980年11月 写真:三浦 衛

江ノ電の次が,佐藤さんの古典蒸機と東北の私鉄.前回のC51では,煙室延長や斜め煙突のC51が働いている貴重な写真が盛沢山だったけれど,今回も,ボルジッヒのテンホイラー8850形が東北で過ごしていた姿を筆頭に5500形,6750,6250,5500,4110,3200,2500,2400,2120,1150,960といった鉄道省所属の古典機.そして105,3030,1210,115,1730といった買収,再買収機が続く.
 さらには津軽鉄道,横荘鉄道西線という私鉄の,生き生きとした姿が記録されている.締めくくりは,後に秋田中央交通となった,五城目軌道.西尾克三郎さんが奥羽本線の列車から撮影された一日市(現在の八郎潟)に停車中の列車が有名だが,佐藤さんは終点まで乗って行かれたようで,衝撃的ともいえる列車写真を撮影されている.
SH1_1_003
その衝撃的な列車の姿は,レイルに見開きで掲載しているので,ぜひともそちらでご覧いただきたいと思う.ここでは駅に停車中の旅客列車をお目に掛けよう.なお機関車の次位につながれている2軸客車,レイルでは“正体不明”と記したが,どうやら新潟鐵工所に注文して落成したばかりの“新車”であるようだ.昭和8/1933年末 写真:佐藤 久

締めくくりの稿は,高見彰彦さんの“汽車電車と記念写真”の第4回目.いつも通り,古今東西,さまざまな話題の中にいろいろな車輛や人々が登場する.その中で,とりわけ目を惹いたのが,1070形1086の側水槽に取り付けられた1本のロッド.
YB11
側水槽下部,歩み板の直上に延びる1本のロッド.機関車前部,連結器の解放テコからキャブ側面に達している.キャブ側にはストロークの大きなテコがある.所蔵:高坂史章

空気ブレーキが未装備だから昭和初期の撮影だろう.同様のロッドやワイヤーや空気シリンダーは,峠の頂点で列車を停車させずに後補機を切り離すための装置として,東海道本線の函嶺越えや関ヶ原のD50,山陽本線でのセノハチ越えのC52やD52,電気機関車ではEF59やEF67で見ることができる.けれど,昭和初期に1070形を後補機に使っていた峠道を,僕は知らない.
 だとすれば,考えられるのは駅や操車場での入換作業用といことになる.さて真相は?


ということで,今回もバラエティ豊かな稿が集まってきた“レイル”である.どうぞお見逃しなきよう,早めにお求めくださいませ.

ちなみに次のNo.122は,恒例(?)となった,国重要文化財がメインテーマ.今回は,昨年10月15日に答申があったキハ07 41である.保存車から端を発して,キハ07グループ全体の解説や,北海道から九州まで全国各地での活躍の模様も存分に収録している.4月下旬の発売を,楽しみにお待ちいただきたいと思う.


////隠す用
自社広報

   
2019年1月10日のここで,“JR東日本のATOとヘッドアップディスプレイ試験運転”と題した自動運転試験のレポートをお話した.
 あの時は営業列車運転終了後の深夜に,試運転列車は走った.自動運転の体験もさることながら,普段は目にすることができない時間帯の山手線各駅ホームの表情が,とても印象深かった.
 それから約3年,JR東日本では,今度は昼間の営業時間帯に試運転を実施し,その最終日に報道公開するというので,2月末の慌ただしい時期にもかかわらず,興味津々で参加してきた.2月25日午前のことである.
 前回は大崎駅に集合して出庫してくる列車を待ち受けたのだが,今回は大井町駅集合で,品川電車区…ではなくて東京総合車両センターから出庫列車に乗り込んでの取材となった.
 供試編成はトウ17.ちなみに前回はトウ24編成だった.
DSCN0607
今や希少な存在となった事業用電車クモヤ143の2連が待機する脇を,試験列車は出庫して行く.ちなみに右が143-8,左が143-9だった.

出庫後は,そのまま外回りの本線へ.1号車であるクハE234-17が先頭となっての運転ということになる.
車内では幾つかのグループに別れて順番に説明や観察を体験することになる.僕のグループは最初にATO(Automatic Train Operation)で実現できる省エネルギーについての説明,次が実運転における欄カーブの実際を大形モニターで観察,そして最後が運転室撮影の純だった.
DSCN0610
加速度は従来と同じだが,これまでの最高速度に達する前にノッチオフとして惰行運転の時間を長くし,そしてブレーキをかけはじめるタイミングを遅く,減速度を高くすることでと同じ表定速度を確保する.これによって消費電力を節減…従来と比べて10%程度は楽に省エネ運転を実現できる.と説明してしてくださったのは,運輸車両部次世代輸送システム推進センターの鈴木康明次長.

説明を受けている間,各駅に停車するたびに,前駅からの所要時間と停止位置目標とのずれが報告される.所要時間は,所定が何分なのか知らないのでどの程度正確なのか不明だが,停止位置のずれは,小さい場合には数センチ以内,大きくて10数センチ,ほとんどは一桁センチだった.まことに優秀といわざるを得ない.
 とはいえ,それを実現するために加減速がぎくしゃくしてしまっては,及第にはならない……体感では,加減速は極めてスムーズで,ノッチオフブレーキの欠け肇のショックもほとんど感じられない.唯一停止直前のブレーキの抜け方が,ベテラン運転士に比べると,ちょっと少なめで“カクン”と停止するような気がしたのは,気のせいだろうか.

続いて,そのスムーズさをモニターで観察する.
DSCN0627
モニターを前に,刻々と変化する状況を説明し,その様子を解説してくださったのは,次世代輸送システム推進センターのチーフエンジニアである横山啓之さん.現在のデジタルATC(D-ATC)によるパターンと実際の加速具合などとの違いを,一目で理解できた.
DSCN0622
モニターの傍らでは日立製作所のユニホームを着用した係員がデータ採取と確認に大童.前回は三菱電機と日立製作所のシステムが試験されたが,今回,少なくともこの日は日立製のシステムでの試験だったのだろう.

そしていよいよ運転室添乗.与えられた区間は鶯谷秋葉原駅到着まで.前回は日暮里から上野までの間だった.奇しくも,ほぼ同じ区間での乗車体験ということになる.
 ちなみに2社でペアを組んでの添乗.僕がコンビを組んだのはI社のIさん.かつてノ^とパソコンの解説で健筆を揮されていて,PCについての知識を,誌面を通じてたくさん学ばせてもらった方である.
H8A_6550
鶯谷と上野の間を走行中.左手はコンソール上にあるがただ手を置いているだけでなんのレバーもスイッチも操作していない.画面手前の緑色のボタンを3秒程度押すことによって列車は発車する.本来は誤操作を防ぐためにツーボタン操作でのスタートとなるべきだが,試験ということで“インチング”スイッチを活用している.これは前回も同様だった.

インチングとは,停止位置が少しずれた時に操作して正しい位置に修正するための機能である.山手線では停車時にTASC(Train Automatic Stop Control=定位置停止装置)を使っているので,停止位置はかなりの精度が保たれているわけだが.
H8A_6599
秋葉原駅での停止位置目標と実際のずれは,たったの約3センチだった.

そして14時前,2時間とちょっとの山手線2周の旅を終えたトウ17編成は,大崎駅から東京総合車両センターの地下線へ到着した.
 そこでJR東日本の代表取締役副社長で鉄道事業本部長でもある市川東太郎さんから締めくくりの挨拶ああり,取材陣からの質疑応答が行なわれた.
DSCN0665
加速や減速,乗り心地はよくなってきているので,今後さらにレベルアップしたいと挨拶する,市川東太郎副社長.

今後の目標としては,2030年頃までには山手線でのATO運転を開始したいとのこと.同時にワンマン運転も推進することになるが,ATOが優先されるだろうこと,さらにその後には無人運転の実現を目指しているとの豊富が語られた.
 これからの,技術の進展と熟成を見守り続けるのも,趣味のひとつといえるだろう.


////隠す用
自社広報

   
D8A_0999
約1年半毎のペースで開催されている,ジオラマ作家はがいちよう氏と,同氏の主宰するジオラマ工作教室「渋谷クラフト倶楽部」の作品展.
 会場は今までと同じく,有楽町駅前の東京交通会館B1Fゴールドサロン.会場手前の部屋は渋谷クラフト倶楽部の会員,奥の一室には芳賀先生の作品が展示されています.
D8A_0968
D8A_0970
山野順一朗さんの“機関車 ~ねじ式より~”.本誌の読者ならば阿里山のシェイであることは直ぐにお分かりでしょうが,当作品はつげ義春の短編漫画に登場する機関車をモチーフとして,炭庫部分の割れた硝子窓の内側に主人公が乗車するというシーンをGゲージ相当のスケールで再現しています.
D8A_0982
D8A_0983
鈴木 雅晴さんの“憧憬 since 1968”.こちらはSF映画の名作「2001年宇宙の旅」に登場するスペースポッドとモノリスを1/8スケールで再現したもの.モノリスは各辺の比率を原作通りに再現,ポッドは300個以上のチップLEDとマイコンを用いて,コックピットの照明を作り込んだ拘りの作品です.
D8A_0990
D8A_0991
岸本 祐司さんの“鍍金工房 ~ねじ式より~”.山野さんと同様,つげ作品をモチーフとしながら,こちらは室内に置かれたグラインダーや壁の品書きなど,いくつかの短編のエッセンスが投影されているようです.
D8A_0989
D8A_0987
佐藤 耕作さんの“陰影礼讃”.谷崎潤一郎の有名な随筆に表現された和風建築の影と暗がりの美しさをジオラマで追求した一作です.
D8A_0998
D8A_0996
高谷 俊昭さんの“旧七戸郵便局”.文化遺産として七戸町に現存する昭和初期の建築を1/80相当のスケールで再現.傍らの大木や,丹念に作り込まれた室内など丁寧な工作が光ります.
D8A_1001
こちらは芳賀一洋先生の“人形の鬘(かつら)を売る店”.過去に様々な画題にもなった,パリに実在する店を立体的な絵画として表現した作品です.
 鏡を用いて奥行きを表現した店内には様々なポーズの人形や鬘が並び,周囲の外壁には青空と雲が描かれて独特の世界観を醸し出しています.
D8A_1003

会期は今週土曜日まで.交通至便な場所での開催であり,皆様ぜひ足をお運びください!
D8A_0965


■16th  はが いちよう展&渋谷クラフト倶楽部展
東京交通会館 B1F ゴールドサロン
03-3215-7933(会場直通)
会期:2月27日(日)~3月5日(土)
11:00~20:00(最終日は18時まで)
(Report:平野 聰)
////隠す用
自社広報

   
もう先週金曜日のこととなってしまった.ほぼ一週間が経って,各方面のニュースサイトでは紹介しつくされた感もある……と,今日のブログのテーマになるのかどうなのか,ちょっと迷っていたのは,事実である.けれど,今週のはじめから,2019年10月24日付けここで“鉄道総合技術研究所 燃料電池ハイブリッド電車 R291系 報道公開”と題してご紹介したエントリへのアクセスが,俄に増加していることに気づいた.検索サイトを経由してのアクセスが多いようだが,とにかく,みなさん,ちゃんと読んでくださっている様子なので,ご期待に沿うべく,採り上げることにした次第.

その報道公開は2月18日,配置区であるJR東日本中原電車区……ではなくて,大船車両センター中原支所で実施された.案内を一瞥して“あぁ,大船へ行かなくちゃ”と早合点した僕がいたというのは,ナイショである.
H8A_5486
編成は扇町方がFV-E991,鶴見方がFV-E990.写真は手前がFV-E991で,電動車である.

車種記号はFV-E991がMzc,FV-E990がTzc'ということになる.新機軸システム車輛の形式の与え方については,鉄道各社が苦労されているようだが,どれが電動車でどれが付随車なのか,現物をパッと見ただけでは区別が付かないのは困ったものである.いっそ,JR東海の新特急車のように,記号を堂々と(?)クモハやモハ,クハなどとしてくださるのが,嬉しかったりする.もっとも,外部の人間で困るのは我々のような“好き者”だけかもしれないが.

JR東日本での水素ハイブリッド車輛は今回が最初ではない.2009年10月29日のここで“JR東日本 クモヤE995形 蓄電池電車再来”と題してご紹介したクモヤE995が,一時的に燃料電池を搭載していた.ただし,それは“NE-TRAIN”キヤE991から燃料電池搭載に際して一旦は廃車となり,“機械扱い”として燃料電池を搭載し,この年2009年に蓄電池をリチウムイオンに換装するに際して再登録された車輛がある.

開発に際しての苦労は,純粋に技術的なことがらだけではなく,水素タンクが,圧力容器に該当するものだから……水素ステーションを走らせるようなものである…….消防などの法規制を,どのようにしてクリヤーできる車輛に仕立て上げるか,という点も大きい.
 鉄道総研のE991系は,とりあえずは研究所構内だけでの走行だからまだしも(それでも楽ではない様子ではある),乗客を乗せないとはいえ,昼間の本線上で試験運転を行なうのだから,必要不可欠な条件となる.そのあたりは,鉄道総研や水素自動車の実用化がスタートしているトヨタ自動車とも連携しながらの研究開発となっている.
H8A_5542
蓄電池と主制御装置…この場合は電力変換装置と呼ぶ……は,FV-E991の床下に搭載している.ともに車体幅一杯の大きさである.

台車は,軸梁式ボルスタレスでDT960系とTR919系である.
電力変換装置は補助電源装置と一体タイプで,形式はSC947,日立製作所製だった.
 水素タンクはFV-E990の屋根に4群に分けて搭載されている.この日は見下ろせる場所がなかったので,カメラの可動式液晶モニターを駆使し,両腕を精一杯挙げて撮影したのが,次にお目にかける写真である.
H8A_5585
燃料電池装置は電池2基おさめた車体幅一杯の箱を2組,FV-E990の床下に取り付け.起動時に発生する水蒸気の発生実演も行なわれたが,気温が高くなり,とりわけスチールでは印象的な絵柄とはならなかった.ちょっと残念.
H8A_5656
タンク(正式には水素貯蔵ユニット)から出ている太い配管が,いかにもものものしい.空調装置は能力38.4kWだから約33,000kcal/h…該当する在来の空調装置はEV-E310系AU736ということになる.

そういえば,どこかで見掛けたことのある車体デザインだと思う方も多いだろう.正解は,思っておられる通り,烏山線で使われているEV-E301系がベースである.製造担当も同じ総合車両製作所である.
 大きく異なっているのは,水素タンクを屋根に搭載しているFV-E990が低屋根構造となっていることだろう.
H8A_5678
客室の全景.内装もEV-E301系に準じている.試験車では内装は省略または簡素化されることが多いのだが,EV-E103系に準じて設けられた.しかも腰掛の表地には“大自然の山並みと飛び交うHYBARI”をイメージした色と柄が特注されている.

両車とも連結寄りには車椅子スペースも用意されている.側窓には横引きカーテンも取り付けられて豪華だが,実際には試験運転に際して外から中が見えないようにするための実用品だそうである.

愛称は,HYBARI.説明資料によれば,“鳥のヒバリは春の訪れを告げる鳥として知られています.HYBARIのロゴも大地に春の息武器を吹き込むイメージをデザインしました”とある.ちなみにフルスペルは“HYdrogen-HYBrid Advanced Rail vehcle for Innovation”とのこと.頭の“HY”は水素とハイブリッドのふたつを兼ね備えている.

さて運転室.どこかで見たことある風景と思ったら,今や南武線の主力であるE233系と,ほぼ同じ機器配置.さらにいえば,EV-E301系とも共通するレイアウトとして,運転士が違和感なく乗務できるように配慮しているのだそうであある.
H8A_5713
左手操作のワンハンドルマスコン・ブレーキはJR東日本標準.その他のメーター類も,確かに違和感のない配置である.で,あれ?信号炎管が見えない.見落としたのだろうか.

2030年頃には実用化したいという目標のもと,3月末から始まる予定の実証実験では,南武線の登戸と川崎の間,南武支線の尻手と浜川崎の間,そして鶴見線で実施されることになっている.この試験のために,中原支所と鶴見線営業所,そして扇島の3ヵ所に充填所が設けられる.そのうち扇町駅構内では70メガパスカルで,他の2ヵ所では35メガパスカルでの充填となる.70メガパスカルで充填した場合の航続距離は約140kmである.
 どのような走りっぷりを見せてくれるのか,是非とも沿線で観察してみたい.

////隠す用
自社広報

   
T2203
【オススメ記事】
半世紀近くの間,宅地開発の進展とともにその勢力を拡大し続けた東急8500系電車にも,完全引退の日が近づき,ついに残り3編成となりました.そこで1月に引退した非軽量車体を基本とする編成を加えた3編成にスポットライトをあて,最終の姿を記録しました.それが今月のMODELERS FILEです.
 “チームおやびん”からは,戦後通勤輸送の立役者となった73系電車の作品集が披露されています.新しい車輛では16番作品のJR北海道261系“はまなす”編成も圧巻です.
 恒例の年越し運転レポート,今回も大勢の方から寄せられました.今月号で一挙公開です.
 今年も中止となったニュルンベルク・シュピールヴァーレンメッセですが,ROCOとFLEISCHMANNのふたつのブランドについて,いち早く詳細な新製品情報をお届けすることができました.


【目次】
MODELERS FILE-----------------------------------
  4 MODELERS FILE 東急電鉄
    8500系電車
    8630・8631・8637編成+α
    完全引退間近となった田園都市線の立役者
         まとめ:前里 孝 解説協力:深澤 利緒/深尾 丘
       写真:深尾 丘/土屋 隆司/前里 孝 協力:東急電鉄
------------------------------------------------
3・44 全盛期 京急旧1000形の再現 (その1)
                    作・製作中写真:高橋和志
 16 Nゲージで再現する英国優等列車          吉村 紅
 24 チームおやびん 73系電車作品集
 36 ROCO・FLEISCHMANN 2022年最新製品情報
        特別協力:Modelleisenbahn GmbH/チムニー
             /Spielwarenmesse eG Nürnberg
             /シュピールヴァーレンメッセ日本代表部
 48 年越し運転レポート 2021→2022
 58 紙成模型塾 第六十一講 JR東日本クモヤE493系
     屋上機器・床下機器編          講師:中村 文人
 70 キハ261系“はまなす”を作る           大場 雅人
 73 伊豆急行線貸し切り団体列車「湘南日光」運転!
                         Report:近藤 桂一朗
131 紙成模型塾  型紙
     JR東日本 クモヤE493系(屋根上・床下機器)  講師:中村 文人
------------------------------------------------
 22 線路は続くよいつまでも 第139回 /信沢 あつし
    霞ヶ浦の歴史を垣間見た湖岸堤の踏切
    茨城県行方市荒宿・西蓮寺造船所等
 54 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション /山中 洋
    第34回 プラスチック用ニッパー
 56 モデリング・リサーチ・センター
    第102回 パワーピンバイス(2) /検証:P.S.
 60 おとなの工作談義 /嶽部 昌治・大田 崇史
    つくるを知れば模型は3倍楽しくなる
    第79回 楽しき店内競作
 64 台鉄ナビ
    文:邱 浚嘉 翻訳:濱川 真由美
 66 Coffee Cup /前里 孝
    JR東日本の車輛撮影イベント
 68 蕗狩通信  /北村 昌三
    第45回 鉱山電機のナベトロ編成
------------------------------------------------
 74  新車登場
 94  E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
     第128回:ラ・ベルの木製キット (その1)
 95  子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
     第94回:ディーゼル機関車を作る (前編)
 96  伝言板
118 BOOKS
118 運転会情報
119 甲種・特大 運行計画 2022年3月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引
------------------------------------------------

2022年2月21日(月)発売
定価:1,595円(本体1,450円)

eshumi-kounyu
amazon

↑このページのトップヘ