モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

東京では高輪地区の再開発工事が盛んに行なわれている.
 その高輪地区というのはなにか,といえば,田町電車区と品川客車区と東京機関区の跡地をまとめて再開発しようという企てで,その一環として高輪ゲートウェイ駅が開業した.そのための大規模な線路移設と仕上げ工事の模様は,昨年11月21日のここでお伝えした.
 その文中に
----
そういえば今回の線路切り替えによって,明治時代の高輪付近鉄道風景として有名な,海面に築かれた築堤を行く線路が,姿を消したことになる.
 その築堤の途中に架かる鉄橋の名残りであり,低すぎるガードとして一部で有名な高輪橋架道橋も,新駅整備と周辺再開発の影響で姿を消すとか消さないとか…….
-----
と記している.確かに線路は失われたのだけれど,構造物が土の中に埋まっていたのだそうだ.そのことが12月7日にJR東日本から発表された.
スライド1
遺構が発掘されたポイントを示す地図.まさに高輪ゲートウェイ駅の真ん前である.写真:JR東日本
DSCN6230
線路切り替え前の,品川と田町の間.画面左手に見えるのが高輪ゲートウェイ駅の大屋根だから,まさにこのあたりの地面下から出土したということのようである.2019-8-1

僕の手許にある古い古い写真の中に,“芝金杉”とメモされたプリントがある.
2-007
機関車はテンダーとキャブの一部しか写ってない.おまけに逆光なので,客車の様子も,よく判らない.1輛目は小型の荷物車のようにもみえるが.テンダー機関車だということは,撮影年代は明治20年代のようにも思えるが,線路は単線なのか複線なのか…….所蔵:前里 孝

芝金杉が,金杉橋周辺のことだとすれば,今回の発掘場所からは離れている.けれど,改めて確認してみたら,実は汐留を出ですぐの辺りから品川の直前ぐらいまでずっと海上築堤だったとのこと.だとすれば,昨年切り替えが行なわれなかった区間…現在の浜松町駅から田町駅あたりの地中には,まだ遺構が眠っている可能性がある.
 そうならば,昨年11月に記した“海面に築かれた築堤を行く線路が,姿を消した”は,誤認識だったということになる.すみません.
写真2
今回リリースに添えられた写真のうちの“写真2”.単線を複線に改築したようには見えないが,かといって単線にしては少し幅が広いような気もする.写真:JR東日本

リリースの末尾には“一般の方を対象とした見学会を計画しています”という一節がある.ぜひとも参加して,この目でこの遺構を確かめてみたい.いつのことになるのだろうか.実現したら,“レイル”ででも,ずっと気になっている原宿駅のことも含めて,詳しくお伝えしたいと思っている.楽しみが,また,増えた.

※2020.12.14追記:JR東日本のウェブサイトで一般見学会の要領が発表された.トップページの画面を下のほうへスクロールしてゆくと[ニュースリリース]のセクションが現れる.それの12月10日の上から3番目に掲載されている.またはトップの[企業・IR…]をクリックし.[企業情報]の[ニュースリース]をクリックすることでも到達することができる.

////隠す用
自社広報

先週のここでは,13年ぶりに訪問したJR東日本水郡線沿線のことを記した.残りの駅などは,またの機会の楽しみに取っておこうかと思ったのだけれど“立ち寄ったのは,あの2ヵ所だけではないでしょ?”と,見透かされたような反応をいただいてしまった…….
 そこでリクエストにお応えして,ということでもないのだが,バラストの積み込み駅として,一部のファンには有名な西金(さいがね)駅の様子を,ちらっとお話してみようと思う.別に出し惜しみをしているわけではなく,本当にちらりと寄って垣間見ただけである.
F8B_0889
この駅に到着したのは午後2時ちょうどぐらい.駅本屋は完全に逆光での撮影となった.たたずまいは,13年前と大きくは変わっていなさそうである.

この西金は,昨年の水害の後,11月1日から今年の7月までは水戸方面の列車の折り返し駅となっていた.さながら水郡南線の終着駅のように.
 ちなみに水戸と常陸太田及び常陸大宮の間は昨年10月15日に運転を再開し,11月1日からはそれが西金まで延長されたということである.この区間が不通になったのは,西金と上小川の間に架かる第2久慈川橋梁の橋脚が傾いたためである.福島県側では磐城浅川と里白石の間の第2社川橋梁が被害を受けたため不通となっていたが,県境を越えて常陸大子の間も,同じ11月1日に運転再開された.
 次の上小川を含めて袋田までの間が復旧したのは今年7月4日のことである.この日からは代行バスが西金発着から上小川発着に変更された.なぜ袋田発着ではないのかといえば,多分,袋田駅は国道から離れている上に周辺の道路が狭く,バスの往来が不自由であるためではないかと,思う.
F8B_0899
駅の水戸方にある踏切から構内の様子を探っていたら,警報機が鳴った.やってきたのは水戸行きのキハE131-6+キハE132-6だった.
F8A_0911
広い構内にホキ800が留置されている風景は変わらないが,心なしかその数は減っているように思える.ホームから観察できる範囲でもっとも若い番号はこのホキ862だった.

ホキ800が数を減らしているのは気のせいではなく,近い将来に予想される,バラスト運搬方法の大変革への備えかもしれない.それは,機関車牽引ではなく気動車扱い…もしかしたらハイブリッド?の動力車にホッパー車を挟んでの輸送になるのかもしれないと……というのは,僕の妄想である.
F8A_0941
今度は水戸方面から,キハ132-4+キハ131-4の2連がやってきた.画面左端の駅名標下部には代行バスへの案内があり,最下段には,[袋田駅と袋田駅入口バス停は約850メートル離れているから乗り換えはできない]旨の注意書きがある.
F8A_0958
駅前に戻って構内を見下ろしたら,ホキ800の内側が見えた.正式な色名は,多分,トビ色2号だと思う.その記憶が正しければ,ワム80000などと同じ色ということになる.実は単なる錆止め塗料の赤茶色なのかもしれないが.

似た色に赤3号というのがあって,それはホキ2500やコキ5500,コキ50000の色である.模型的には,こちらの色で塗るのが,感じとしてはよいのかもしれない.あれ?もしかしたら,本当に赤3号だったかも…….などと考えながら,常陸大子方面に向かったのだった.



////隠す用
自社広報

昨年の台風19号では,各地の鉄道が大きな被害を受けた.去る7月23日に全線での運転を再開した箱根登山鉄道や,この冬に新しい桁を掛けて運転再開を目指す上田電鉄も,そのうちのひとつである.
 JR東日本の水郡線も,橋桁が流され橋脚が傾くなどによって,10月13日から不通となった.
 水郡線といえば,昭和初期まで8700形が本線列車を牽いており,当時の趣味人に注目されたこともある.また40年代中頃までDD13が牽引する客車列車が運転されていて,冬季は古い暖房車ホヌ30が使われていたことが記憶に残るファンもおられることだろう.
 僕はといえば,昭和52年の暮れだったか翌年の初めだったか……日立電鉄に残っていた旧相模鉄道の電気式気動車を電車化したモハ13の採寸と撮影に行った時の往路,常磐線の水戸から常陸太田まで載ったのが最初だったと思う.
 その後はなかなか縁がなくて,次はずっと後の平成19年…2007年の2月,キハ100系の置き替え用として新型車キハ130系が投入された折り,片運転台のキハE131とキハE132を見せてもらうために常陸大子の水郡線営業所を訪問するまで,30年の時が流れることになる.
 それからさらに13年半が経った先月,久し振りに沿線に立ち寄ることができた.とはいえ,残念ながら主な目的は別にあり,沿線観察は何ヵ所かの“つまみ食い”に限られた.

それらの中で,僕の気持ちでは“真っ先”だったのが,袋田と常陸大子の間に架かる,第六久慈川橋梁である.
F8B_0997
左岸の上流から見た工事現場.これまでは6基の橋脚が立っていたのが,1基になる.桁は,下路トラスとなるようである.
F8B_0964
同じ左岸の下流側に架か道路橋から見た工事現場全景.JR東日本水戸支社が発表している完成予想図ではトラス桁は緑色に塗られることになっている.
F8B_0989
手前が真新しい橋台.右が旧来の橋台.水面からの高さを,これまでより大幅に確保していることが解る.古い橋台は,古いといっても昭和2/1927年の開業だからコンクリート製である.橋脚は石積みだったようだが.
F8B_1003
そして,唐突に途切れた線路.約1年の間に線路脇の枝や葉が覆いかぶさるように大進出した.

このブログのテーマにしようと思っていた矢先の11月20日,JR東日本水戸支社から,これまで2021年夏とされていた運転再開時期を,20201年3月末まで繰り上げると発表があった.喜ばしいことである.余談だが,水戸支社はこれまでhttp://www.jrmito.com/top.htmlという独自ドメインによるサイトを維持してきたが,12月10日には本社サイトに統合されるとのこと.ちょっと残念.

さて次は常陸大子.ここには営業所が置かれ,転車台や古いプレートガーダーを活用した跨線橋があった.その様子を見ようというわけである.
F8B_1048
改札口から見たホーム上屋と跨線橋.ホーム上屋は木と新しい鉄骨の折衷.跨線橋の骨は古レールである.そして桁はどこから転用されたのか下路式のポーナル桁が健在だった.
F8B_1072
18メートルと思しきバランスト型上路桁の転車台も見ることができた.帰宅後に見比べてみれば,塗装は更新されているけれど,Hゴム支持窓の近代的な牽引車も,13年前と同じであるように見える.本当に転向するためだけの転車台だから,使用頻度は高くなさそうである.
F8B_1066
最後にお目にかけるのは,前回見掛けた記憶が薄い,廃コンテナ利用の倉庫.JR化後に新製されたコンテナですら倉庫になっている現在,貴重なC10である.それも各表記までオリジナルのまま.梅田-汐留間専用という標記まで読み取ることができる!末長く活用して欲しいものである.

と,いうことで,今回は車輛が全く登場しないエントリとなった.たまにはこういうのも悪からじ…おたのしみいただけただろうか.

////隠す用
自社広報

山手線電車に乗ると必ず目を向ける,原宿駅宮廷ホームの様子が変だった.先週のここで記した宮下公園へ向かう途上のことである.
 すぐさまホームに降り立って観察することにしたのだけれど,そのホームも,しばらく見ないうちに様変わりしていた.外回りと内回りのホームが分離したのは,もちろん承知してはいたが,その内回り電車ホームに大きな柵が設けられていたのである.
DSCN6080
なんのための柵かと思ったら,元の外回り電車用スペースに安全確保策を講じているようであった.工期は2021年夏頃まで,とのことである.

それより気になるのは,宮廷ホームを囲っているフェンスである.
DSCN6083
下草の繁茂が著しいが,それはかなり以前から見られたこと.新設された柵の手前に軌陸車が留置されているのも,なんとなく見慣れた光景.一時期,ずっと点燈していた上屋内の照明が消えているのは,大いに気掛かりな材料といえる.でも信号機は撤去されていない.

もっと近づいてみれば,詳しい様子が判明するかもしれないと思い,竹下口から表に出てみた.
DSCN6095
しっかりしたコンクリート製の基礎の上に,柵は建てられていた.仮のものではなさそうである.

あまりのぞき見するのも,いかがなものであるかとは思うが,出入口から垣間見たところによれば,構内には建設資材が置かれ,プレハブの詰所あるいはそれに類する建物を見ることができた.なんらかの工事の拠点として活用されているように思える.
 線路は,柵の外側では下草が生い茂っているのに対して,内側は,それなりに手入れされている風情であったこと.

そんなことを観察して,ちょっと安心して駅に戻った.改札に入る前に観察するべきは,旧本屋解体の進み具合である.
DSCN6100
建物全体がネットに覆われてしまい,まさに工事たけなわの様相を呈していた.駅前の道路から建物の様子をうかがうことは,既に不可能となっていた.
DSCN6107
風見鶏は健在であったが,その付近の屋根上では,ロープを掛けてなにやら作業中.撤去は時間の問題かもしれない.

ちなみに,ひと月前,10月16日の状況は以下の通り…….
DSCN5724
道路側にはネットが全体に掛けられていた.
DSCN5742
線路側に回ってみれば,解体作業は南端部分で進んでいるものの,主要部分はまだ手が付けられていなかった.

次のひと月で,作業はどのぐらい進むだろうか.

宮下公園での撮影を終え,駅の近くでの用事を済ませての帰り道,外回りホームに降りたってみた.これまでは正月以外には立ち入ることができなかったエリアである,
 そこで見ることができた風景は…….
F8A_1235
山手線内回り電車.E235系第38編成.手前の線路上に置かれた作業道具が気にはなるが,まずますの編成写真をスナップ撮影することができた.
F8A_1247

そして山手貨物線を南下する相模鉄道12000系第4編成.標準レンズで10輛編成をフレームにおさめることが可能である.ちょっと横長の写真になるけれど,作業道具はトリミングで充分にかわすことができる.

一方で,山手線外回り電車の撮影は,ほとんど正面(編成後尾)しか捉えることができなくなってしまったのが,ちょっと残念.何度かかよっているうちに,もっといいアングルを見出すことができるかもしれない…そういう発見ができることを期待しよう.


////隠す用
自社広報

T2012

【今月のオススメ記事】
キハ40・キハ47とその一族は,国鉄時代の最終期に全国津々浦々まで配属された一般型気動車です.登場から40年を経た今もなお,JR西日本管内の非電化路線ではまだまだ,主力とした活躍を続けています.さらに片運転台のキハ47を両運転台に改造して誕生したキハ41というユニークなキャラクターも交えて,実物解説と模型作品を誌面上に展開しました.紙成模型塾もキハ47です.キハ41として仕上げることもできるように工夫されています.
 畑 大蔵さん制作の関西鉄道"早風"は,きめの細かい精密な工作による16番の佳品です.
 箱根登山鉄道に登場した2輛編成の"アレグラ"第2編成の搬入に際し,下回りを中心とするディテール取材の機会を得ました.実物の構造観察と模型化への参考に役立つことでしょう.
 アムトラックでの北米大陸横断の旅は,いよいよ終着駅に到着します.英国鉄道へのいざないでは,黎明期の蒸機が勢揃いします.
 その他の一般記事や好評の連載記事も充実満載です.

【目次】
特集------------------------------------------------
  6 MODELERS FILE JR西日本
     キハ40・47系 その現状と特徴について
                        まとめ:岡本 真和
      写真:岡本 真和/北野 勝也/北岡 信/来住 憲司/脇 雅恵
                  取材協力・資料提供:JR西日本
3・18 西のキハ47系列競作企画
     それは1枚の画像がSNSでアップされたことから始まった……
     「キジも鳴かずば撃たれまい」
 24 紙成模型塾 第五十四講 /講師:岡本 真和 生徒:平野 聰
     キハ41 2つの顔を持つ両運気動車を作る(前編)
131 紙成模型塾 型紙 キハ47-0・1000番代(キハ41)
     その1:車体/その2:前面・妻面・パーツ他
------------------------------------------------
  4 Products Data file カトー製 NYC"20世紀特急"(N)
 30 関西鉄道 早風を作る
              模型製作:畑 大蔵/本文協力:水野 誠・KKC
 34 英国鉄道へのいざない 第6回 黎明期の蒸気機関車(歴史編)
 38 アムトラック北米大陸横断の旅
      第4回(最終回) オールバニからニューヨークまで/横山 光男
 46 MODELERS FILE 箱根登山鉄道 3100形 第2編成
     下回りを中心とするディテールを真新しい状態で観察する
                まとめ:前里 孝 写真協力:来住 憲司
                  取材協力・資料提供:箱根登山鉄道
 58 保科賢太郎の白昼夢★綺譚 終ハリ 小さな車輛群
 68 1:1 762mmゲージ特殊軽量機関車を作る
     木製レプリカ完成披露内覧会(2020年10月25日)
     よみがえれボールドウィン実行委員会
                    写真・レポート 信沢 あつし
------------------------------------------------
 28 線路は続くよいつまでも 第124回 /信沢 あつし
    晴れた日にはフジセーが見える
    旧岩崎醤油の残された煙突と線路(2007年12月9日)
 42 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
    Vol.86 オートラックにミニカーを積載する
 50 おとなの工作談義 つくるを知れば模型は3倍楽しくなる
         /嶽部 昌治・宮原 一巧・辻 匡祥・田坂 航大
    第73回 3Dも汚しも得意な新世代
 54 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション
    第19回 溶剤・リターダー(1) /山中 洋
 56 モデリング・リサーチ・センター
    第88回バローベヤスリ/検証:P.S.
 62 "林"発掘再生工場Season4 /工場長:林 信之
    第5回 回るものには巻かれなさい,東急7000系
 64 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第103回 UM5形無蓋コンテナの解説(3)
    UT5形タンクコンテナの解説(1)
 70 台鉄ナビ
    文:邱 浚嘉 翻訳:濱川 真由美
-----------------------------------------
 72 新車登場
 93 輝け!日本の運転会
 94 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第113回:カワイの電気機関車(その7)
 95 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第79回:阪急電車×"すみっコぐらし"スタンプラリー
 96 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大 運行計画 2020年12月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引

2020年11月20(金)発売
定価:本体1,450円+税

eshumi-kounyu
amazon

↑このページのトップヘ