モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

昭和47/1972年夏のことである.期末試験が終わってから終業式までの間の試験休みを利用して北九州から西九州を一周した.いつものように京都始発の夜行急行“天草”の自由席に乗って小倉に降り立ち……と,思っていたのだが,ネガを見返してみたら,山陽本線の小月付近でスナップした朝景の前方に写っているのは,なんと20系ではないか.さて,特急寝台車に乗る原資はどこから得たのか……そして列車は“あかつき”かそれとも“彗星”か…?いやいや,今はそれを詮索するときではない.とにかく小倉に降りたったのは間違いなく,その日は西鉄北九州線の電車や筑豊本線の蒸機列車などを撮影し,門司港発の長崎行き夜行列車に乗った.

目的は長崎電軌の電車である.とにかく浦上の車庫で木造電車を撮影したい!
T116-10
浦上の車庫で休む木造車162.もう1輛の168を,組立暗箱で撮影することができた.昭和47/1972-7-14

車庫の皆さんのご厚意によって,その願いは,なんとか叶えられた.前年の暮れに買ったばかりの組立暗箱を展開して撮影していたら,同好の士…といっても随分歳上の…がおられるのに気付いた.名刺を頂いてビックリ.昭和42/1967年1月号の鉄道模型趣味(TMS)誌の表紙を飾った広島電鉄車輛群やレイアウトの作者として名前を覚えていた,越智 昭さんだったのである.

しばし一緒に車庫風景を撮影し,再会を約して,各々の次の目的地へ向かったのだが,この出逢いが,ぐるりぐるりと巡り回って,昭和50/1975年の“とれいん”に吉川文夫さんと一緒に作品を発表してくださったり,昭和52/1977年にうちの会社からの高松吉太郎さんの“東京の電車道”刊行(その後大阪と京都へ続く),“レイル'80 Summer”での越智さん撮影による“海軍呉工廠の機関車たち”,服部重敬さん執筆と撮影による“北陸の私鉄”を発表していただくことができた,遠いきっかけとなるということは,お互いにまだ知る由もない.だって,こちらはまだ大阪の一介の高校生なのである.

いつもながら余談が長い.この時の長崎訪問では,さまざまな電車との出会いもあったわけだが,木造車のほかに印象に残ったのが,150番代の電車だった.
TM115-28
車庫前の停留所に停車中の152.他の電車たちと比べ,やや細身で屋根が深く,腰の高いスタイルが気になる存在だった.隣に写っている215という電車も,正面窓の上隅を三角形に切り取った表情が独特だった.昭和47/1972-7-14
T116-04
154のサイドビュー.全長を11mに短縮し,しかも中央扉を完全に撤去して鋼体化された結果の姿であるとは後に知ったことだが,予め知っていたとしても,信じられない出来栄えである.昭和47/1972-7-14

150番代が箱根登山鉄道小田原市内線から昭和32/1957年に譲り受けた電車で,200形は長崎最初のボギー車だという程度の知識はあった.けれど,さらに興味をもったものだから,大阪へ帰ってから,交通科学館の図書室で古い鉄道ピクトリアルなどの資料を繰ってみた(インターネットなんて,想像もできない時代である).
 150番代の電車は5輛あって,さらに遡れば,151と152は王子電軌から東京都電を経て小田原へ,153から155の3輛は玉川電車から小田原へ移籍したということだった.長崎入りに際しては,いずれも木造車体を鋼体化し,長さを11mに短縮するという大工事が施された.特に153形と呼ばれることもある153~155は,3扉だったのを2扉にしたため原形の面影は全くなくなったという.

4年後の昭和51/1976年に長崎を再訪した.その間に木造車はなかば観光電車化し,162の車体が緑一色に変更されていた.
 150・153形は,この時は151が162と並んだ状態で留置されていたのを撮影している.
T342-25A
162と並んだ151.側扉が開いているが,長崎へやってきてから車のステップが1段に改造されていることの証明となっている.昭和51/1976-7-21

162はこのあと,昭和54/1979年に廃車となったが個人が譲り受け,長与町の“あや幼稚園”に寄贈の上で保存され,現存している.

150形は1980年代に入ってから新型車に追われるように順次廃車となり,151と152が事業用として残り,そして151と152の番号を振り替えて(いずれも路面電車同好会の文献による),二代目ともいえる151が,箱根登山鉄道時代の塗色を再現した上で動態保存車的に残された.
長崎3.19.9
箱根登山鉄道時代の塗色を再現した151.車体頂も違うし側窓の幅や数も異なっているが,深い屋根は小田原時代のままであり,正面の面持ちも往年の香織が残っているような気がする.浦上車庫 平成16/2004-4-26 写真:服部重敬

そして元熊本市電の601や元仙台市電1051,東京都電701とともにイベントなどに際して多くの人から注目される存在となったが,平成31/2019年3月末をもって惜しまれつつ廃車となった.

廃車後は,アスベストが使われている可能性があるので譲渡はできないとのことで解体やむなしとされていたが,調査の結果,アスベストが存在しないことが判明し,保存が可能となった.
 そこで今年の春,小田原市在住の人々を中心として,いわゆるクラウドファンディングによる資金集めがスタートした.保存場所も確保されているという.
 興味と関心のある方は,

小田原ゆかりの路面電車。64年越しの里帰りプロジェクト

をご覧いただき,支援してくださればと思う.

最後に,箱根登山鉄道から提供していただいた小田原での現役時代の姿をお目にかけて,本日の締めくくりとしたい.撮影は宮松金次郎さんである.
S290324-市内線202-緑町
緑町付近を走る202.長崎の151(二代目)である.昭和29/1954-3-24 写真:宮松金次郎 提供:箱根登山鉄道
S290324-市内線202-市役所前
市役所前での202.正面窓の幅は中央だけ広くて後の姿と異なっているが,それでも面長の印象は変らない.屋根の深さもこの電車の特徴といえる.昭和29/1954-3-24 写真:宮松金次郎 提供:箱根登山鉄道

小田原への凱旋里帰りの日が,待ち遠しい.


※:2020.08.28:タイトル一部修正
※:2020.09.01:車号一部修正

////隠す用
自社広報

現代の東急電鉄5000系は,その構成が複雑極まることでファンの間では有名である.その一端は2013年4月18日のここで前頭部分のバリエーションについて少しだけ観察してみたこともある.
 その他に側窓部と幕板および腰板のステンレス後半の仕上げの違いや空調装置の種類……バラエティは数え切れないほど.中でも4000番代は,系列が4000経過と思ったら5050系4000番代なのであり,さらにその中でも第10編成は車体幅が5000系と同じだったり……. 5050系の8輛編成は5176編成の中間車1輛が総合車両製作所のsustina車体だし,5177編成にはスノウプラウがついた.主制御装置もそれ
までの5050系とは違っているようだし.そして今年登場した5178編成は,さらに変化が…….

そして5178編成の時に少し記した,4000番代が増える予兆…が,いよいよ7月中旬から僕の地元にも姿を見せはじめた.
DSCN4144
初めて遭遇できたのは7月29日のことだった.ひばりヶ丘駅に到着する,元町・中華街行き快速急行である.
DSCN4149
真っ先に気付いたのは,側扉横のコーポレートマークの変化.これまではTOKYU CORPORATIONだった英社名が,TOKYU RAILWAYSに変更されていたこと.

この変更は,昨年8月に落成した追加用の新造車4611と4711で既にお目見えしてはいたものの,編成全体に及んで,しかも営業運転に入っている姿を見るのは,僕にとってはこの日が最初だった.
 今後は,在来車も順次このマークに貼りかえられるのだろう.
DSCN4148
手前が7号車4711,奥が6号車4611である.この時に,おや?と思いながら撮影できなかったのが腰板の帯の違い.
DSCN4301
約1週間後に石神井公園で捉まえた,太さの差.練馬の駅はホームドアが完備してしまったので,こういう観察が不可能になったのである.

帯幅が狭いのが新造車で,太いのが在来車である.在来編成に帯幅の異なるグループがあるのは,実は知らなかった.ましてや,その境界がどの編成であるのか,などというのは,実はこれからの研究課題である…….

さて,室内も観察することができた.
DSCN4291
元町・中華街方先頭車である4011の車内銘板(実はステッカーであること,いつだったも記した).これでは4011が2010年から存在しているみたいだ! 右に見えるのは,当世,各社で実施しているウィルス感染防止策の証しである.

あれ? 2010年には東急車輌の製造年表示って,元号ではなかったか?ちょっと手許の写真を調べてみたところでは,2008年の相模鉄道11000系では“平成20年”だった.
DSCN4296
そして新造車4611の車内銘板.同じ場所で製造されたのだけれど,社名は新しい.
DSCN4294
腰掛の形と色遣い,床の様子などは5178編成と同じである.ほかの乗客がいるので全体を写すことができなかったけれど,隣りの車輛と比べれば変化が解るだろう.

さて在来の8輛は元のどの編成なのか.それはいつもの鉄道フォーラムに改番前の8輛と新造車2輛を繋いだ状態が目撃されたという報告があったことにより,5073編成であることが判明している.


東急電鉄といえば,渋谷駅前に鎮座していた“青ガエル”こと初代5000系5001lが,予定より3ヵ月遅れて秋田県の大館市に旅立ったそうである.流転を重ねたこの電車の車体が新天地で末長く大切にされることを願いたい.

青ガエルといえば,現代の5122編成に施されたラッピングは1年延長されたものの,その期限が8月31日に迫っている.どうなることか……
DSCN4490
一番最近に見かけたのは8月12日のこと.出掛けた先の自由が丘で帰宅の電車を待っていた時に反対側ホームに姿を見せたのが,5122編成だった.


////隠す用
自社広報

T2009

【今月のオススメ記事】
犬吠埼を愛らしい電車が走る銚子電鉄.さまざまな譲渡車が入れ替わりで在籍し,いつも多くのファンに注目されてきました.今回は元京王電車の3000形と2000形を主役に据えて,歴史の重みを感じさせる,外川駅などのストラクチャーにも目を向けて総合的に紹介してみました.
 箱根登山鉄道は昨年10月の台風19号による災害で不通となっていましたが,7月23日に全線での運転を再開しました.そこで試運転の模様や初日の様子,復旧作業の状況などを,MODELERS FILE特別版として採りあげました.
 毎年恒例の,鉄道模型同好会“どうりん”メンバーによる競作,今回のテーマは“赤い電機”です.赤い電機といえば国鉄電気機関車ですが,“どうりん”メンバーならではの,バラエティ豊かな作品群です.
 6月号のMODELERS FILEで採りあげたJR東日本のE491系総合試験電車,岡本真和さんが現在の姿を詳細に描いてくださいました.折り込み図面としてお目にかけます.
 その他の一般記事や好評の連載記事も充実満載です.

【目次】
注目記事----------------------------------------
  3 MODELERS FILE 銚子電鉄3000形と2000形概説
     四国へ旅立った元京王車6輛が関東に帰還し大活躍!
              解説:新田 剛志 写真:なんこう/平野 聰
                  取材協力・資料提供:銚子電気鉄道
 10 MODELERS FILE 銚子電鉄外川駅を観察する
                 写真:中部 浩佐・松井 大和・平野 聰
 14 “本銚子駅”撮影セット製作       製作・写真:山中 洋
MODELERS FILE 特別版---------------------------
 16 箱根登山鉄道全線で運転再開!
    登山電車の足音が戻ってきた!
         まとめ:前里 孝 取材協力・資料提供:箱根登山鉄道
------------------------------------------------
 24 千葉・津田沼で生まれ変わった 京成青電と新京成吊掛電車
    【其の五】モハ100形全鋼車グループ(2) -下 新京成特別修繕車
                   写真:宇野 昭 解説:久留 欣彦
                 調査協力:小山 泰功 作図:山賀 一俊
 32 私のStay Home 模型ライフ
    模型展示棚を作る                平井 憲太郎
 36 鉄道模型同好会「どうりん」2019年競作
    “赤い電機”
 41 近鉄電車大集合! 近鉄ファンによる16番作品集
 48 保科賢太郎の白昼夢★綺譚
     其ノ三 保科銘木店 作品群
130 折込図面E491系 電気・軌道総合試験交直流電車 作図:岡本 真和
-----------------------------------------
 46 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション /山中 洋
    第16回 ピンバイス・ドリル刃・関連製品
 54 線路は続くよいつまでも 第121回 /信沢 あつし
    自粛解除で群馬の根利(ねり)へ
    よみがえれボールドウィン実行委員会
 56 N GAUGE EURO REMIX /解説・写真:橋本 孔明
    第35回【番外編】欧州訪問記(その1)
 60 “林”発掘再生工場Season4 /工場長:林 信之
    第2回 自由型を自由に再生 カツミ製EB10改造の“EB90”
 62 Coffee Cup /前里 孝
    THE ROYAL EXPRESSが北海道へ!
 64 モデリング・リサーチ・センター /検証:P.S.
    第85回 神ふで(その2)
 66  おとなの工作談義
    つくるを知れば模型は3倍楽しくなる
    第70回 一発逆転コアレスモーター動力
    嶽部 昌治・牛久保 孝一・松本 信弘・岡本 泰祐・荒木 孝智・床次 滋孝
 70 台湾鉄道ナビ
    文:邱 浚嘉 翻訳:濱川 真由美
-----------------------------------------
 72 新車登場
 93 輝け!日本の運転会
 94 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第110回:カワイの電気機関車(その4)
 95 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第76回:阪急電車アイスキャンディメーカー
 96 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大 運行計画 2020年9月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引


2020年8月21(金) 発売
定価:本体1,450円+税




eshumi-kounyu
amazon

////隠す用
自社広報

既にインターネットのニュースなどでご覧になった方もあるかもしれないが,8月11日に,東京地下鉄有楽町線と副都心線の新型車17000系が新木場車両基地で報道公開された.
 その構想は昨年3月26日に発表された中期経営計画“東京メトロプラン2021”の中で,半蔵門線の18000系とともに発表されていた.
 17000系の現車が完成したのは今年の1月.下松の日立製作所から越谷貨物ターミナルまで甲種輸送列車で運ばれ,以来半年以上.ようやくお披露目の日がやってきたというわけである.
E8A_5847
新木場・渋谷方から見た17000系編成.アルミ合金製ダブルスキン構造を採用した車体は,10000系に続いて丸味を帯びた顔が特徴で,全体的にモダンスタイルを基調としている.

有楽町線のカラシ色と副都心線の茶色のラインカラーを側面肩部と窓下にあしらい,正面にも巡らせている.それ以外は例によって無塗装仕上げである.
 銀座線の1000系や丸ノ内線の2000系のレトロ調デザインから方針変換かと思って質問してみたのだが,実はそうではなくて,沿線環境や,当分の間併存する10000系のスタイルと違和感が生じないように検討を重ねて結果なのだという.
 また,10000系にはじまり1000系,2000系と採用されてきた空気笛は,残念なことに,今回は取り付けられなかった.理由は,乗り入れ先線区との関係により,という説明があった.

電動車比率は4M6Tで編成は新木場方から
17100+17200+17300+17400+17500+17600+17700+17800+17900+17000.
 うち17200,17400,17700,17900が電動車でそれぞれ新木場方にシングルアームパンタグラフを搭載している.
 補助電源装置は17500と17600にハイブリッドSiCの三菱電機製を取り付けている.電動空気圧縮機は17600と17800にオイルフリースクロールタイプを取り付け.
 主制御装置は三菱電機製のフルSiC適用VVVFインバータ方式で1C1M4群方式.主電動機は永久磁石同期式電動機で定格出力205kW,歯数比は7.07,台車は日本製鉄製ボルスタ付きモノリンク式である.

室内で最初に目を惹くのは,カラシ色…黄色の背摺りと濃い茶色の座面,そして赤みがかった茶色の吊り手というカラーコーディネーションである.使われる両線区のラインカラーを意識したものに間違いない.
 いまや必須ともなった防犯カメラは,1輛あたり4ヵ所の側扉鴨居部に取り付け.室内燈はフラットなカバーで仕上げられた埋め込みタイプを使っている.
E8A_5935
ほぼ真っ白な壁面と,対称的な色の濃い床,そしてラインカラーを意識した腰掛や吊り手も印象的な客室.

腰掛の袖仕切りが全面ガラスとなったのは,意外な印象だがこの17000系が最初なのだそうである.貫通扉や荷棚も全面ガラス製である.
DSCN4392
側扉上部の情報表示用液晶モニターと防犯カメラ.明るい茶色の吊り手とフラットなLLED室内用にも注目.
DSCN4479
TIS(車輛制御情報管理装置)などをおさめた共通機器箱とATC/ATS装置箱.後者には日立の銘板が取り付けられている.

保安装置は西武型ATS,車内信号式ATC,東武式T-D-ATC,ATOのほか,CBTC(無線列車制御システム)の準備もされている.列車無線はデジタル空間波無線とアナログ空間は無線の両方を積んでいる.西武東武東急横浜高速の各路線に対応しているのはもちろんだが,東京地下鉄だけはデジタルのみとなっている.
E8A_5889a
運転室.両手操作式T形ハンドルを中心として前面と右手に合計3面の液晶モニターを備えている.速度計や圧力計も液晶モニターに表示する方式である.

今後のスケジュールだが,9月には乗務員の訓練運転を開始し,2021年2月には営業運転粗スタートする.
 なおいまのところ10輛編成は2021年4月までに合計6本が落成する予定で,2021年5月から翌年にかけて8輛編成15本も投入されることになっている.入れ替わりで開業以来半世紀近く活躍を続けてきた7000系が,ついに引退のときを迎えることになる.
D8A_8429
今年の3月1日,折り返しのために石神井公園の引き上げ線に入る,最初の開業以来の立役者7000系第2編成.最初は側窓が2段の6輛編成.後に追加された4輛は側窓の高さが異なる上に,最初から一段下降窓だった.この電車については本誌2012年1月号“東京の地下鉄道”の中で山下 満さんの解説により詳しく紹介している.

////隠す用
自社広報

JR東日本の中央快速電車では,トイレ取り付けとそれに伴う編成組み替え工事が進行中である.その最初の編成は昨年5月30日のここでお伝えした通り,10輛固定のT37編成である.
新しい編成は東京方から
クハE233-37-モハE233-37-モハE232-37-サハE233-537-モハE233-237-モハE232-237-サハE233-37-モハE233-437-モハE232-437-クハE232-37

トイレを取り付けたのは4号車のサハE233-537の高尾方山側(中央快速電車は東京駅では通常と逆向きになるので地理的には海側なのだが,国鉄/JRでの呼称では山側ということになる).本来はモハE232-237のパンタグラフがある部分である.
 その後,改造済み編成は少しずつ増え,今年3月14日からはトイレの使用が許されるようになった.現状,何編成が改造済みであるのかは,日常の観察ができない線区なので把握しているわけではないが,恐らく3月時点では6本程度だったと思われる.全編成へのトイレ設置と2階建グリーン車組み込みの完了は2024年春頃の予定とされているから,まだ4年近くあるとはいえ,合計58編成への取り付け改造を完了するのは,なかなかにたいへんなことと思う.
 改造工事を促進……予備車を確保するために常磐線から209系1000番代2編成が中央快速に転用された

これで工事は着々と淡々と進むのかと思ったら,今年の6月12日付けで総合車両製作所横浜製のE233系10輛固定編成が新造された.JR東日本からの公式資料だから間違いない.編成は
クハE233-71-モハE233-71-モハE232-71-モハE233-271-モハE232-271-サハE233-543-サハE233-43-モハE233-443-モハE232-443-クハE232-68
青梅線用青670編成の“次”という付番である.あれ?トイレ組み込み前の編成そのままじゃないか.なんか変だ.
 7月の中旬に,新宿あたりで妙にピカピカで前照燈がLEDの中央快速電車を見かけたような気がするのだが,きっとその編成だったのだろう.けれど,確信はなかった.それがつい先日,廃止された跨線橋の解体進捗進捗状況を確かめようと出向いた御茶ノ水の聖橋.そこで,ようやくご対面となった次第.謎は解けるだろうか.
DSCN4032
中央快速のE233系にはLED前照燈への換装編成が存在するから,絶対とはいえないが,有力な識別ポイント……と思って望遠レンズを覗いたら,当りであった.運行番号表示は,ほかの中央快速用と同じ位置.LEDは仕様変更されたのだろか,1/250秒のシャッターでも文字が欠けない.

編成番号はT71で予想通り.運行表示の位置は,1000番代以降は正面窓下に移動しているから,本当に中央快速仕様のまま追加新造したということになる.
 でも……
DSCN4033
クハE233-71の連結面寄り屋根にはアンテナの取り付け準備工事が施されている.前例から察して無線式閉塞システムATACS用だろう.中央快速にATACSの導入計画なんて,あったっけ? その代わりにラジオアンテナがない.全くのリピートというわけでもなさそう.
DSCN4034
4号車はやっぱりモハE233-271.ちゃんと高尾方にパンタグラフが取り付けられている.

ハテさて.車内はどうなのだろう.すぐに東京駅で折り返してくるはずだから,跨線橋観察を中断してホームへ.
DSCN4061
乗客が多くて内装の写真を撮るのは無理.そこでまず銘板.
DSCN4055
照明は直管タイプのLED.その横に防犯カメラを取り付け.このカメラはほかの中央快速E233系と同じ製品のようである.

側扉上の情報省時用液晶モニターも在来の中央快速用E233系と同じ4:3タイプだった.腰掛も仕様変更はなさそうだ…….運転室内も大きな変化はない印象……と観察しているうちに,早くも新宿到着.東西自由通路を観察しなくちゃなので,慌てて下車.そのレポートは,また次の機会に!

で,ホームでもたもたしていたら,早くも次の電車がやってきた…….209系500番代だった.ラッシュ時間帯前なのに!
DSCN4085
しかも高尾行き中央特快である.運用時間帯と範囲が拡大されたのだろう.編成番号は81だった.

そういえば,飯田橋駅の探索をしていた時にも遭遇したなあと,写真を探してみたら,この日と同じ時間帯…16時前後に東京駅で折り返しだった.
DSCN3751
牛込橋から見た209系1000番代の東京行き.そんなつもりをしていなかったものだから,完全に流れてしまっているが,間違いなく209系1000番代である.

はてさて.トイレ取り付けの全体工程はどのような段取りになっているのか,
 それにもまして,新造E233系は中央快速で使い続けられてトイレ取り付けなどが行なわれるのか,それともどこかへ転じるのか.ATACSをキーワードにするならば埼京線増発だが編成方は異なる.そうでなければ,209系500番代が残る京葉線へ行くのか…….謎は深まり,増えるばかりである.

↑このページのトップヘ