モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

トップページ > >
////隠す用
自社広報

秩父鉄道沿線には何度も通っている.とれいん平成20/2008年10月号の本誌で特集を組んだ際はもちろんのこと,それ以前の平成18/2006年5月号では国鉄165系改め3000系と西武鉄道から譲り受けて急行電車用に改造した6000系を紹介している.12系客車は平成24/2012年6月号だった.元東急8090系の8500系は平成25/2013年6月号で紹介した.
 鉄道を離れ,釜山神社という山の上のお宮さんへの初詣や,秩父地域一帯でしか売っていないお酒を買い求めるための訪問も数知れない.
 ところが2020年に限っては,山の空気を味わいたいと思いつつもチャンスは巡ってこず,気づけば秋となった.
 今年は“SLパレオエクスプレス”の運転がない.C58 363が全般検査を受けているからである.その代わりに電気機関車が牽引していることも承知していた.“いちぶんのいち情報室”でお伝えしているとおり,このところ秩父鉄道の電気機関車がとてもカラフルになっているから,それらが12系客車を牽くシーンは,ぜひとも記録しておかねば…とも思ってはいた.
 それがつい先週,何気なく秩父鉄道のウェブサイトを眺めていたら,画面に“ELパレオエクスプレスの運転は9月27日まで”というお知らせがあった.
 気づいてしまったからには行かねばならぬ.ということで,天気図を睨み付けて決めた訪問日が,本当の最終日,9月27日であった.

秩父鉄道では全線乗り放題の“秩父路遊々フリーきっぷ”を発売している.羽生から三峰口まで片道と,あと少し乗れば“元が取れる”値段である.長瀞以西に限定すれば,もっと安い.そして西武鉄道沿線の住人のためには,西武の割引運賃とセットになった“秩父フリーきっぷ”も用意されている.僕が後者を握りしめていたのは,いうまでもないこと.

さて当日.お昼前に御花畑の駅に到着した僕は,どこで写そうかと三峰口方先頭車に陣取って沿線の下見.そうしたら武州中川の駅に到着時,構内が橙色の花で覆いつくされているのが見えた.それっと飛び降りたのだけれど,同じ思いだったのだろうか,何人かの同好の士も席を立った.
E8A_7532
橙色の花に包まれるようにして武州中川を通過する“ELパレオエクスプレス”.先頭は赤い506.2輛目はピンクだから504だろう.ゆっくりゆっくり走る列車を見送る駅員さんの姿が印象的だった.

さてこの橙色の花,形はコスモス(秋桜)に似ているのだけれど,こんな色のコスモス,僕は見た記憶がない.
E8A_7514
これがその花のクローズアップである.雰囲気に共通点は多いけれど,花びらの付き方が違うような気がするし,葉というか茎も異なっているんじゃないかと思う.

疑問の解明は帰宅後のこととして,ひとまず続行列車で三峰口へ向かうことにする.けれどやってくるまでには間がある.そこで少し駅の観察…….
DSCN5184
時の流れが止まったようなホームと上屋.画面左手は普通の貨物側線で,今でも木材がたくさん置かれているから,なんだか貨物扱いが続いているような雰囲気.右手にはかつて,石灰石の積み込み場があり,山懐までインクラインの線路が敷かれていた.

この石灰石運搬の線路は,昭和50年代のとれいん誌上で松井大和さんが記事にしてくださっている.最近では平成28/2016年3月号(通巻495号)で信沢あつしさんが“線路は続くよいつまでも”のテーマとして採り上げておられる.
DSCN5176
駅本屋も,少なくとも僕が記憶にある昭和50年代から,なにも変っていないように思える.秩父鉄道の,ほとんどの駅はこの武州中川と同じように,昔の面影を自然な形で保っている.少なくとも昼間は無人駅になっていないこともあって,趣味的にはとても好ましい状態といえる.

そして三峰口.
E8A_7577
“ELパレオエクスプレス”は,既に機回しを終えていた.今度は504が先頭に立つ.

以前から何種類かの異色機は存在していたものの,このところで急速にカラフルになったのは,今年の夏に開催されるはずだった東京オリンピックのためなのだそうである.
 そのオリンピックの聖火リレーコースにこの地域が含まれており,秩父と親鼻の間では客車で聖火を運ぼうという企画がたてられ,その牽引機として色を増やしたという.
 現在のバリエーションは,302が水色,502が黄色,504がピンクに白帯,505が緑色と白帯,506が赤色である.加えて201が黒にデッキ周辺警戒塗装となっているが,これは“SLパレオエクスプレス”をサポートするのにふさわしい色,ということのようである.
E8A_7572
広々とした転車台の周辺.昨年春まで“鉄道公園”として展示されていた機関車や電車や貨車たちは,きれいさっぱり消え去り,この夏に“SL転車台公園”として再整備されたから.秋には正式オープンの予定である.

復路の列車は武州日野の近くの鉄橋で撮った.その頃から空に雲が急速に増えたものだから,秩父駅の売店に立ち寄って長瀞の酒蔵で醸造された酒を仕入れ,御花畑から飯能行き直通列車に乗って帰路につくこととした.
 こうして久し振りの秩父行を終えたわけだが,家では宿題をこなさねば……と,調べてみたところ,よく知られているコスモスとは,出自は同じメキシコなど中米であり,同属ではあるものの別種であって,交配のできない関係にあるという.和名はキバナコスモスといい,その名の通り,もっと黄色い花をつける種もあるようだ.大正期に日本へ渡来しているらしいが,ではなぜ,これまで僕の印象Jに残っていないのだろうか.それがちょっと不思議.こちら方面も探究をはじめれば,奥の深い世界に誘い込まれそうである.


////隠す用
自社広報

今年は伊豆半島東海岸に縁が深かった.JR東日本の特急“踊り子”交代劇にともなう新旧車輛をMODELERS FILEで紹介しようということになったからである.

伊豆半島へ初めて行ったのは昭和38/1963年の夏休み,家族旅行の途上であった.初めて東京というところを訪問したこの時のことは別の機会にも,何度かお話したことがあるかもしれない.
 伊豆急は開業してからまだ2年.あのハワイアンブルーの電車のことは,なにも覚えていない.だから,行ったのは伊東までで,伊豆急行線内には足を向けていないのかもしれない.どこかに片付けてあるはずのアルバムを見れば,全ては判明する,はず,だが.

その後は昭和40年代末に会社の着物部門との合同社員旅行で伊東の保養所に行っただけで,昭和50年代末の家族旅行まで間があく.その後も,伊豆高原での報道公開には毎年のように通い続けてはいるものの,日常の風景は伊東の親戚訪問のついでにスナップはしているものの,貨物列車や100形などの本格的な走行写真は,ついぞ撮影しないままに終わってしまった.

そんな中で,伊豆稲取と片瀬白田と,そして川奈の鉄橋…ちゃんとした名前は知らない…は,何度か訪問したことがある.
dsc_0018R
僕にとって初めてのデジタル一眼レフとなったニコンD200の初撮影は,川奈の鉄橋であった.2007年4月21日.やはり親戚訪問の帰り道,だったと思う.

なんだか色調が気に入らなかったのだけれど,このブログに掲載しようと思ってニコン純正のViewNX-iというソフトウェアでホワイトバランスを“晴天”に,ピクチャーコントロールを“風景”に変更しただけで,見違えるように,引き締まってしまった.
i7a_6835R
続いては2011年の大晦日,朝である.被写体は,ハワイアンブルーのリバイバル塗装をまとったリゾート21.でも主目的は,やっぱり親戚訪問であった.

そして今年.冒頭で記した理由によって,2月の251系に始まり4月のE261系,そして今回のE257系2000番代と伊豆詣でが続くことになった.

前もって撮影場所をいろいろ研究して思案をめぐらすのは昔から変らない.ただ,かつては1/25000地形図がほとんど唯一の頼りだったのが,現代では衛星写真が日常的に利用できるのが大きな変化といえる.まぁそれでも,実際に出向いてみたら線路脇の下草が生長していたり周辺で道路工事や建物の建築工事が進行中であったりということも,多々ある.だから,現地へ到着してみるまでヒヤヒヤである.
 日射しの加減も大切.時刻表と時計と雲の動きを睨み合わせながらドキドキドキドキ.曇り日ならではのポイントで待っていたら,お目当てがやってくる直前に雲が切れて完全逆光になってしまう…こともある.
 狙っていた列車が来ない.これも天候と同じく,だれをも責めることができない,大切で決定的な要素である.

これらすべての条件がクリヤーされて列車が見えて……まだ安心はできない.人や車や虫や鳥は,いつ,どこへでも現われる.パトカーが御召列車と併走してくることすら,ある.それは幸い,僕自身の体験ではないけれど.
D8A_7954
久し振りに訪問した川奈の鉄橋は,谷間の樹木によって上路トラスの大部分が隠れてしまうようになった.その中の1本は飛び抜けて育ち,架線柱より高くまで伸びていた.おまけにこの日は東海道本線に障害があってダイヤが乱れていた……写真は上り“スーパービュー踊り子”の直前に富戸へ向かって行った普通電車.もう,ギリギリである.2020-2-21

この撮影ポイント,飲食店の駐車場だったのが,建築関係の事務所の駐車場になったため,余所者が客として立ち入ることはできなくなった.この時は事務所の方が承知してくださったからよかったのだけれど,大勢が同時に押しかけたら,やっぱり迷惑だろう.
 ということで,8月の訪問では,誰でもいつでも自由に撮影することができる,国道の道路端でポイントを探してみた.
E8A_6778R
真夏の午後3時頃だから,太陽が山に隠れる心配はない.しかし問題は谷間に“生える”たくさんの電柱である.2020-8-21

あれほど樹木の背が高くなっているのに,それを上回る生長ぶり……いや,そんなことは冗談にもあり得ない.昔からのポイントは,やっぱりよく考えた末の選択の結果なのだということを再認識させられた.
 でもトラス桁はよく見える.さて,どっちを採るべきか.
 丹念に時間をかければ,もっとよい角度が得られる可能性はある.精進せねば.



////隠す用
自社広報

いつもどおり,この稿を書いている今日は,10月に発売予定のレイル No.116の追い込み真っ盛り.7月にお届けしたNo.115の作業が,なんだかはるか昔のことだったように感じる.

さて,そのレイル No.115は,題名の通り,色とりどりのテーマの取り合わせで,“特大大盛”状態であった.
 最初はJR貨物の2車体交直流機EH500.東京郊外で国鉄型電気機関車のウォッチを続けてこられたふちい萬麗さんの,EH500が登場してからの記録である.
 わが国鉄としてはEH10以来の2車体機.交直流としては初めてというユニークさとともに,東北本線や青函トンネルでのED75やED79の重連運転を解消することを目的として開発された…….試作機がお目見えしてから量産が始まるまでの長い時間,量産が始まってから次々と登場した,さまざまなバリエーション.
 それらを追い回した日々のことは,なんだかつい昨日…とはいわないまでも一昨日のできごとのような気がする.
 けれど時の流れはいつも通りに冷徹で,気がつけば四半世紀近い時間が流れているのだった.
 製造時のバリエーションの他,経年によるディテールの変化も子細に述べられていて,この機關車の最近の状況をまとめて知ることができる,貴重な資料としてお役立ていただけるものと思う.
dsb_6995
僕がデジタルカメラで撮影した,(恐らくは)最初のEH500.E655系の公式試運転の日,東鷲宮と栗橋の間である.ふちいさんがおっしゃる“北斗星”牽引に備えてのヘッドマーク掛けを,盛んに取り付けていた頃である.平成19/2007-7-24

なお今回ふちいさんは,EH500以前の“東芝”製電気機関車であるEF58やEF65,ED75などにも言及されている.

続くは8620,いわずと知れた,大正期に大量産された旅客列車陽蒸気機関車である.
 なにしろ数は多いし使用範囲は全国に及ぶ,さらに活躍期間は半世紀以上…JR九州での動態保存機58654を勘定に入れれば1世紀!
 このような機関車を一挙に,完璧な形で述べることは,実質的に不可能である.でも,断片的にでも手元に集まった資料を公開することによって,さらに新事実が掘り出されたり,これまでの情報の誤りが発見されることもある.そこが趣味の面白さであって,相手を非難するようなことさえしなければ,みんなで楽しく,探求の度合いを深めることができるのだ.
 それを実践されたのが高見彰彦さん.なにしろ国鉄現役蒸機にはまったく縁のない世代なのだそうだが,だからこそというべきか,これまでの先入観にとらわれない考察を展開されているのが,とても興味深い.
Y03大礼森本
昭和の御大礼に際して御召列車をけん引した78678の晴れ姿.台紙に貼られた密着焼き写真で,職員や関係者への記念品と思われる.同様の台紙付き写真はほかの地区でもたくさん制作されている.所蔵:森本 寿

なお,8620から派生して和歌山線五条駅へと話題が飛び,同駅の転車台の変遷についても触れられている.その中で,昨年たまたま訪問した折に僕が撮影した,駅構内の各景を添えさせていただいる.

三番目は西 和之さんの“OVERALLROOF”.耳馴染みのない言葉かもしれないが,要は,大屋根.関西ならば阪急梅田駅や南海難波駅…….関東ならばどこだろう……地上時代の東急渋谷駅は該当するのか?
 西さんが採り上げられたのは,僕には意外な駅ばかりだった.私鉄の大ターミナルというのはひとつだけで,他は中規模私鉄の始終点ばかり.その中でもさらに意外だったのは,たった一つの“大ターミナル”である阪和電鉄(!)天王寺駅だった.今回いわれてみるまでは,あれが“大屋根”であるという認識,全くなかったのだ.
DSC_5150
深夜か早朝かと思うほど,みごとに人がいない,天王寺駅阪和線ホームと大屋根.ここではオリジナルのカラーでお目にかけよう.写真:西 和之

そして締めくくりは,荒井友光作品集の第5回目.名古屋駅とその周辺で見かけた客車の中から,木造車と買収者と,そして戦災復旧車をピックアップしてみた.もちろん,“まっとうな”客車もたくさん撮影しておられるのだけれど,あえて編者の好みを前面に押し出しての選択であった.もっとも,解説をお願いした藤田吾郎さんからは,紛れ込ませておいたマイ38などは“不適格(?)”ととして除外されてしまったから,僕の好みなど,まだまだまっとうなのかもしれない(本当か?).
arai350694
戦災復旧客車の中で見ることができなかったのが,これ.国電の叩き直しは何輛か遭遇しているが,半流線形の妻板を持つグループには,ついにお目にかかることができなかった.写真はクハ55131を復旧したオハ71からスユニ7252に改造された車輛である.このブログのためにトリミングを変えてみたら,隣につながるのは2軸ボギーのTR71台車を履いた,二重屋根の2・3等合造車である.名古屋 昭和33/1958年5月5日 写真:荒井友光
arai350534
今回登場する客車の中で,もっとも古そうなのがこれ.明治41/1908年新橋工場製ボギー車.もっとも撮影は昭和29/1954年だから,車齢は50年に達していない.現在では半世紀を越した電車が大手私鉄でたくさん走っている…木造車と全金属製車とでは比較にならないけれど.写真:荒井友光

ということで,現代から明治後期までの車輛や建築物が勢揃いしているレイル No.115.ちょっとでも興味を持ってくださった方は,お見逃しなく全国の有名書店や模型店,またはe-shumi.jpでお求めくださいますよう,お願いいたします.

////隠す用
自社広報

T2010

【今月のオススメ記事】
MODELERS FILEは,今年3回目の“踊り子”です.来年春に引退する予定の185系の後継車として登場したE257系2000番代です.車体塗装とインテリアのリニューアルによって,どのようにイメージチェンジを果たしたのか.とくとご覧ください.
 東武鉄道7300・7800系の観察は11回目を迎え,ますます微に入り細を穿つ記事に仕上がりました.
 小川謙二さんの全自作によるNゲージの古典機関車,今回は汽車会社(汽車製造)製の機関車たちです.参考実物写真は常総鉄道9号機を鮮明なオリジナルプリントからお目にかけます.
 好評連載の英国鉄道へのいざない,アムトラック北米大陸横断の旅は,制限厳しい外国鉄道実地訪問事情によって欲求不満(?)気味の皆さんへのプレゼントです.
 その他の一般記事や好評の連載記事も充実満載です.

【目次】
MODELERS FILE-----------------------------------
  6 MODELERS FILE 東日本旅客鉄道
    E257系2000番代 直流特急形電車
    ペニンシュラブルーのニューフェイス  まとめ・写真:前里 孝
------------------------------------------------
3・40 古典機への誘い
     第23回 汽車製造(日)               小川 謙二
  4 Products Data file
     カトー製国鉄8620形/花輪線貨物列車セット(N)
 18 東武鉄道 7300・7800系 ~“カステラ電車”たちの記録~
     <Vol.11>国鉄モハ63系更新の7300系(2)
     後パンタ車4輛固定先頭モハとそのクハ
         写真・動向記録:林智春(特記以外) 文・作図:山賀 一俊
         調査協力:上田 康晴/織田 広志/小山 泰功/
         久留 欣彦/宮田 敦彦/矢田和之  写真協力:織川和 也
 28 アムトラック北米大陸横断の旅
     第3回 シカゴからオールバニまで         横山 光男
 32 英国鉄道へのいざない 第5回 英国の動態保存事情
 36 保科賢太郎の白昼夢★綺譚 其ノ四 縁側で月見
 48 注目の新・模型スポット紹介!
     ボンジュック/K トレインワールド
 52 “林”発掘再生工場Season4
     第3回 何だか可愛い?模型社製EF18,EF15  工場長:林 信之
 60 ありがとうフジ模型
    70年の歴史をコレクションと思い出話で振り返る
                        木村 則之(レイバンズ)
------------------------------------------------
 44 Diesel Power in USA! /佐々木 也寸志
    Vol.85 Greenbrier Multi-Max(TM)
 50 線路は続くよいつまでも 第122回 /信沢 あつし
    昔の工業地帯に残る現役トロッコ
    東京都内の鋼材倉庫2006年2月1日
 54 国鉄時代の私有コンテナ /吉岡 心平
    第101回 UM5形無蓋コンテナの解説(1)
 58 工作に役立つアイテムを紹介 ツールセレクション
    第17回 模型用彫刻刀・キサゲ /山中 洋
 64 モデリング・リサーチ・センター
    第86回バリ取り棒/カンナヤスリ/検証:P.S.
 66 おとなの工作談義
    つくるを知れば模型は3倍楽しくなる
    第71回 パワーパックの相性問題
    /嶽部 昌治・牛久保 孝一・松本 信弘・岡本 泰祐・荒木 孝智・床次 滋孝
 70 台湾鉄道ナビ /文:邱 浚嘉 翻訳:濱川 真由美
-----------------------------------------
 72 新車登場
 93 輝け!日本の運転会
 84 E.NUKINAのB級コレクター道 /貫名 英一
    第111回:カワイの電気機関車(その5)
 95 子連れ鉄日記 /写真・文:山本 晃司
    第77回:近鉄特急“ひのとり”
 96 伝言板
118 BOOKS
119 甲種・特大 運行計画 2020年10月
120 各種募集のご案内
122 新車登場INDEX
124 いちぶんのいち情報室
128 月刊とれいんバックナンバーのご案内・とれいんスケール呼称早見表
129 Combo Caboose・掲載広告索引

2020年9月19(土) 発売
定価:本体1,450円+税

eshumi-kounyu
amazon

////隠す用
自社広報

J81

【第81号の主な内容】
特集:信濃の鉄道
---------------------------------------------------------
初秋の小海線,冬の飯山線
飯山線を訪ねて
信濃の鉄道を巡って
篠ノ井線D51の思い出   
飯山線C12牽引急行と長野のC58   
初めての信濃行
川中島にて
---------------------------------------------------------
米国ストラスバーグ鉄道       


とれいん 11月増刊
定価:本体3,000円+税
A4判横綴じ84ページ
(内カラー8ページ)
2020年9月19日(土)発売

eshumi-kounyu
amazon

↑このページのトップヘ