先週のここで,“この電車も,しばらく姿を見ていないのである”と記した西武鉄道2000系2063編成.なんと,週明けの月曜日に目撃することとなった.

午後一番の用事で駅前まで出掛けたついでに,いつもの場所で9000系を待っていた,ほどなく池袋行きの準急で姿を見せてくれたものだから,気をよくして折り返しを待っていたら……
DSCN7844
10分も経たないうちに池袋行きの各停としてやってきたのだった.

不意打ちだったものだから,せっかくの順光場所なのに顔が日陰に入ってしまった.けれど気を取り直して中間車を観察してみると……
DSCN7845
ダブルパンタグラフは健在であった.列車種別・行先表示は,正面も側面の幕式のままである.ほっ.

電動発電機はどうなのか…それは,こちら側からは見ることができない.

折り返しは,電動発電機を見るために,江古田駅の西端で待ち構えることにする.
DSCN7867
9000系の飯能行き急行を見送って,しばし後にやってきた2063の編成.電動発電機はパンタグラフのない電動車についているはず…….

振り返って床下に目を凝らしたが,なにやら直径の大きな円筒形部品は見えたが,しかと確かめることはできなかった.今日はここまで.

次の機会はいつだろうかと思いながら池袋へ出かけた翌日の帰り道.ホームを見たら9000系が飯能行きの急行として停車中ではないか,思わず乗ってしまいそうになったが,そういうわけにはいかない.
 ……と,すぐ隣に到着した2000系の行先表示が幕式.だとすれば,9000系に乗って練馬へ先回りすれば,電動発電機を取り付けている1側を反対側のホームから観察できるではないかと思い立って発車間際の9000系に乗ったら“次は石神井公園……”.列車種別は見ていたのに,準急と思い込んだ僕である.
 石神井公園では端っこの1番線に停まるのか中央寄りの2番線に停まるのか,運次第である.さて……到着してみたら,次の飯能行き各停は2番線とある.反対側ホームで待ち受けることにしたのは,いうまでもないことである.
DSCN7879
所沢方電動車ユニットの2164にはちゃんと電動発電機が取り付けられていた.表面が他の機器に比べて綺麗に見える.
DSCN7880
池袋方電動車ユニットの2364にも,電動発電機は健在であった.こちらは他の機器と同じ程度にウェザリングされている.
DSCN7884
ということで,発車を見送った.言い忘れていたが,列車無線アンテナは旧型のままである.ちなみに,画面左後方壁面に見える“小山クリニック”とは,かつて80系電車のと同じ車体を敷地に創られた国電・省線電車好きで知られた小山憲三さんの医院の,代替わりした現在の名称である.

あとは室内がどうなっているかを確かめなくちゃである.
 よいことが3度続くように願った昨日だったが,そういう幸運はなく,出会うことはできなかった.次の課題である.
 でも,池袋駅で側扉が開いた瞬間にちらっと見た限りでは,腰掛は座面も背摺りもバケットタイプではないように見えたけれど.

そして今日,今月号の最終追い込みで事務所にいたのだが,銀行に行かなければならないことを思い出して,午後少し遅い時刻に駅前まで……
DSCN7915
姿を見せた準急が幕式.9000系かと思ったけれど,戸袋窓が透明ガラスだから2000系,それも2063ということになる.

これは折り返しを待つしかない.
DSCN7938
まさかの急行!だった.コンパクトカメラの制約から,早いシャッタースピードを得ることができなくて,頭が少し流れてしまったけれど,赤い種別幕が,急行の証である.

この瞬間,すっかり機嫌よくなってしまった僕は,我ながら単純であると思う.
 けれど,風は少し強くて冷たかったものの,日射しは数日前から続く“光の春”である.画面から感じ取っていただければ幸いである.

春はもうすぐ来るのに違いない!