昨年7月30日付けのここで,“久し振りのしなの鉄道沿線で見たこと”と題して,8年振りに訪問した,しなの鉄道の断片をお話しした.それは“ろくもん”と115系のすべてをご覧いただくMODELERS FILEの取材のためだった.
 それから11ヵ月.その時の念願が叶って,新形車SR1系の撮影のために現地を再訪することができた.
 京急電鉄新1000形1890番代久里浜工場で撮影した,ほとんどその足で信濃へ向かって出掛け,到着したのは西上田の近くの真横撮影場所.
F8C_9808
115系で練習したのち,長野発軽井沢行き“軽井沢リゾート2号”の山側撮影で,今回の取材は始まった.

ライナー車,一般車ともに撮影を終えたところで,ちょっと時間を作って上田へ戻り,3月28日に復旧したばかりの上田電鉄別所線の千曲川橋梁観察に向かう……今日,6月17日が,別所線のうち上田原と別所温泉の間が開業して100周年の記念日だそうである.
 前回は流されなかった右岸の踏切から落橋の様子を遠望しただけだったから,今回は左岸の踏切に接近して観察することにした.
F8A_9998
やってきた別所温泉行き.右端はこちらの存在を知りつつもフレーム内に登場してくれた(!!)撮影の人.
F8A_9985
踏切から各部を眺めてみる.多くの部材はリベット接合のままであり,古い桁のそれを活用している様子が知れる.しかし各構造材の多くははボルトで接合されている.

上田電鉄によれば,約7割の部材が再利用であり,新造が約3割とのことである.素人目には,桁は新しいけれど,垂直材や斜材は再利用であるように見える.

もっと粘っていれば陽の廻りもよくなってくるのだけれど,今回の目的は違うところにある.ちょっと後ろ髪を引かれつつ,しなの鉄道の沿線へ戻り.屋根上などの撮影に勤しむことにした.

あけて4月26日は月曜日である.
DSCN9366
朝6時前の小諸駅前.8年前と比べてみどりの窓口やキヨスクがなくなっていたのに,びっくり.みどりの窓口の跡地に,洒落た喫茶室が開業していたのが,救いだった.

平日,長野以東のしなの鉄道線でのライナー車は,早朝の小諸から長野への“しなのサンライズ”に使われ,若干の間合運用をこなした後,夕刻の“しなのサンセット”までお休みとなる.
 “しなのサンライズ”の6輛編成も魅力的ではあるが,やっぱり象徴としての浅間山を背景にした列車写真を撮りたい.そこで,小諸から東へ向かって御代田と平原の間での撮影に挑んだ.
G8B_0067
幸いにして雲はほとんどなかったけれど,雪もほとんど残っていなかった.こればっかりは,現地へ赴いて,その場になってみないとわからない……運次第ということ.

お願いしてセッティングしていただいた戸倉の車庫での撮影はお昼過ぎから.昼ご飯をどこでどうしようか,ちょっと迷ったけれど,戸倉の駅構内に蕎麦屋があったことを思い出した.
DSCN9408
折りしも“ろくもん”が停車中.平日なのにお客さんでにぎわっていたのが,なによりのこと.
DSCN9410
駅前通り.戸倉・上山田温泉への玄関口である.駅の本屋は……撮り忘れていた!
DSCN9411
昔ながらの駅の待合室の蕎麦屋さん.店名は“かかし”だそうである.

ちなみに,しなの鉄道沿線での駅の蕎麦屋は,軽井沢と黒姫,そしてこの戸倉の3駅が健在なのだそうである.

と,いうことで,今回の取材結果は,とれいん6月号のMODELERS FILE
で堪能していただきたい.この次にしなの鉄道を訪れる時には,仕事を忘れてSR1系の乗り心地を味わいたい.